びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫 余命。 【医師出演】びまん性大細胞型B細胞リンパ腫が再発したらどうする?二次治療とその先の治療

間垣親方も罹った『悪性リンパ腫』余命・予後は〇年だった?!原因・症状・治療・予防対策方法とは

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫 余命

日本人がかかるリンパ腫の最も有名なものとされているのが、アグレッシブ・リンホーマ(Aggressive lymphoma で全体の約35% にも及ぶという結果があります。 療法との関係 最近になってリッキサン(rituximap 一般名をリツキシマブという薬がよく使用され今後さらに主流になりつつあると考えられていますが、今までは主にCHOPが一般的と考えられていました。 リッキサンは抗がん剤で悪性リンパ腫にもかなり高い確率で効果があると期待されているものです。 この薬の最も支持されている理由は副作用が圧倒的に軽減され体への負担も軽くなりBリンパ球を徐々に消滅させていくという優れものです。 スポンサーリンク びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫のがん細胞の上にあるCD20というたんぱく質を認識するワクチンがあり、CD20にワクチンがくっつく事でキラー細胞ががん細胞を攻撃するので健常組織に対してダメージも少なく放射線をかけた部位にもゼヴァリンの使用が可能になり、その逆でも問題ありません。 治療 治療は男女、年齢、患者さんの経済状況や家族、親戚の支え等をトータル的に判断してお医者さんが判断することが多いです。 あくまでも患者さんや家族が承諾することが大前提です。 上記でも述べたように今現在はCHOP療法ではなくリッキサン(rituximap という抗体医薬を使用することになります。 これは後者のほうが完治する確率が高いからです。 ある程度進行したものにはその効果が期待できないかもしれませんが割と初期やその次の段階くらいのものですと飛躍的に効果が得られる可能性が高いです。 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に使用する抗がん剤治療では、悪性のものから中・高悪性リンパ腫の患者に対しては抗がん剤治療の効果が高く長期生存も期待できるのに対して、低悪性の場合には、効果が少ないという結果があります。 ゼヴァリンと抗がん剤を組み合わせる事で悪性のものにも効率が良くなる事が分かってきていますが、副作用がはっきりとしていない為、 まだ浸透はしていない治療法になります。 ゼヴァリンとはCD20抗原とがん化したB細胞の周りに均等に付着しているものでアイントソープという放射線を有するものでかなりの効果が期待できるものです。

次の

びまん性大細胞性B細胞リンパ腫について

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫 余命

本記事の内容• びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のステージ分類 Lugano分類 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の病変がどのくらい全身に広がっているかによって治療方法が変わってきます。 ステージ分類は全身への広がりの指標となります。 診断前に 全身のCT検査をすでに行っていると思われますが、それに加えていくつか行ったほうがよい検査があります。 骨髄検査です。 骨髄中に検出された時点で、全身の骨の中にリンパ腫細胞がすでに広がっている状態です。 痛みのある検査ですが、重要な検査です。 骨髄中の液体を吸引する検査 (骨髄穿刺吸引)が特に痛いです。 骨髄組織を取り出す検査 (骨髄生検)も同時に行います。 数回針を刺すことになります。 骨髄検査(骨髄穿刺吸引+骨髄生検)そのものは10分~15分で終了します。 骨髄浸潤の確認のためには、 骨髄穿刺だけでなく骨髄生検も行います。 どんなふうに行うかについては、映像を見たほうが早いと思います。 下のYoutube動画をご確認ください。 骨髄検査も、診断のときの検査と同様に 病理検査・ フローサイトメトリ・ 遺伝子検査などに提出します。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞が確認されれば、骨髄浸潤が確定します(下図 HE染色とCD20染色 骨髄浸潤しています)。 もし可能であれば、 PET-CT検査も行います。 施設状況や時間的猶予からPET-CT検査を行う余裕がない場合もあります。 PET-CT検査は病変の広がりを通常のCT検査よりも正確に行うことができます。 ここまでの検査で骨髄浸潤やリンパ節以外の臓器への浸潤などがあれば、 中枢神経(脳や脊髄)への病変の精査も行います。 MRI検査や 脳脊髄液検査です。 MRI検査は閉所恐怖症の人には行うことが難しいかもしれません。 脳脊髄液検査は 腰椎穿刺といって、背骨である腰椎と腰椎の間を細い針で刺して、その中を流れる脳脊髄液という液体を採取する検査によって行います。 痛みはそれほどでもありませんが、時間がかかります。 検査後によく頭痛が起こります。 どのようにして行うのかについては、こちらも映像を見たほうがわかりやすいです。 下のYoutube動画をご確認ください。 上記の各種検査の結果から、ステージを確定させます。 ステージ確定は2014年に出版された Lugano分類に基づいて行います J Clin Oncol. 2014 Sep 20;32 27 :3059-68. 昔はAnn Arbor分類というものを使っていましたが、2014年からはLugano分類に取り込まれて、更新されました。 予後予測の観点からLugano分類のほうがAnn Arbor分類よりもよいです。 多くの場合は最初から全身に広がっていると言えます。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後指標 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後指標として、 「国際予後指標 IPI 」があります。 1993年に提唱された予後指標で、2000症例以上を対象にして、長期生存に影響する因子を見つけました N Engl J Med. 1993 Sep 30;329 14 :987-94. その結果、年齢と全身状態の他に、血中のLDHが高い、ステージが3か4である、リンパ組織以外の病変が2か所以上である、といったことが長期生存に影響することがわかりました。 リツキシマブ(商品名:リツキサン)の登場により、長期生存率はすべてのステージで大きく上昇しましたが、 高齢 、全身状態不良、血中LDH、ステージ3~4、リンパ組織以外の病変が2か所以上、というのはやはり統計学的にも明らかに長期生存に影響しています 下図 J Clin Oncol. 2010 May 10;28 14 :2373-80. 治療は年々進歩しており生存率予測にはもはや適していない状態であるとはいえ、高齢、全身状態不良、血中LDH、ステージ3~4、リンパ組織以外の病変が2か所以上、という国際予後指標 IPI を構成する因子が多いほど生存に影響するといえます。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の由来細胞の種類を免疫染色を用いて分類した場合、 胚中心B細胞由来に分類されたほうが、生存率が高い可能性が示唆されていますが、必ずしも高いとは言えません。 免疫染色を用いて由来細胞を分類するには、 Hansアルゴリズムを使用します(下図 Blood. 2004 Jan 1;103 1 :275-82)。 CD10染色、BLC-6染色、MUM1染色で分類します。 診断と同時に簡単にできるため、よく行われます。 2004年に報告された後ろ向き研究では、胚中心B細胞由来のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫のほうが、そうでないものより全生存率が統計学的に有意に良好でした(下図 Blood. 2004 Jan 1;103 1 :275-82)。 これ以降Hansアルゴリズムが用いられるようになってきましたが、後ろ向き研究はバイアスが発生しやすく、信頼性があまり高くありません。 再現率も低いです。 その後2018年に報告された後ろ向き研究では、胚中心B細胞由来であるかどうかは、 生存率へ影響しませんでした 下図 Br J Haematol. 2018 Aug;182 4 :534-541。 Hansアルゴリズムによる分類は予後に影響するとは必ずしも言えません。 その他、遺伝子発現パターンで分類する方法も提唱されていますが、確定的なことはまだ言えません。 MYC蛋白の発現が免疫染色で確認できた場合は、生存率に悪い影響があります。 2013年に報告された、大規模ランダム化臨床試験の事後解析の結果です(Blood. 2013 Mar 21;121 12 :2253-63)。 再発しやすいタイプと言えます。 この試験では、MYCが関連する染色体転座 8q24転座 も、 FISH検査という遺伝子検査を行い確認していますが、8q24転座のあるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫もまた生存率に悪い影響がありました(下図)。 MYC発現だけでなくBCL2も 同時に発現している場合はさらに生存が悪化する可能性があります。 2012 Oct 1;30 28 :3452-9)。 MYCとBCL2の両方を発現しているびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の場合を 「Double expression」もしくは 「Double expressor」と表現するようになってきています。 さらに、 MYC領域の染色体転座 8q24転座 と同時に BCL2領域の染色体転座 18q21転座 がある場合は、きわめて予後不良です(J Clin Oncol. 2012 Oct 1;30 28 :3452-9)。 通常の抗がん剤治療の奏功が乏しく、長期生存はかなり低下します(下図)。 MYCやBCL2の領域の転座は FISH検査という遺伝子検査で確認します。 両方とも転座がみられるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫は 「Double hit」と表現され、治療が通常のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と異なるようになってきています。 診断時のFISH検査の結果を確認することが とても大切です。 他の後ろ向き研究でもDouble expressionやDouble hitでは同様のよくない結果が報告されています J Clin Oncol. 2012 Oct 1;30 28 :3460-7. Blood. 2013 May 16;121 20 :4021-31。 治療開始前の PET-CT検査で腫瘍量が多いと生存率が低下する可能性が指摘されています。 大規模臨床試験の際に治療開始前にPET-CTで腫瘍量を測定し、予後との関連を調べた研究があります Blood. 2020 Apr 16;135 16 :1396-1405. この研究では腫瘍量が多い群と少ない群で解析しました。 腫瘍量が多い群は少ない群とくらべて、無増悪生存期間・全生存期間ともに統計学的にも明らかに低下していました 下図 左:無増悪生存 右:全生存. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 治療開始までに行うこと ステージ決定や予後因子の検査の他にも、治療開始までに行うことがあります。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療では、 アントラサイクリン系の抗がん剤を使用しますが、この薬剤は 心臓への毒性があり、心機能が低下していると使用することができません。 心臓超音波検査で心機能をかならず確認します。 中枢神経へのリスク評価も必要です。 たとえ脳などの中枢神経に診断時に病変がなくても、リスクが高いと、治療後数年で中枢神経に再発してしまいます。 通常の抗腫瘍薬による治療は脳などへの治療効果は乏しいため、 中枢神経に対する予防的抗腫瘍薬投与の必要性を調べます。 精巣、卵巣、乳腺、硬膜外、腎臓、副腎、骨髄、後腹膜リンパ節への浸潤は中枢神経再発のリスクになります。 また LDHが高く、かつリンパ組織以外の病変が2つ以上ある場合も中枢神経再発のリスクが高いです(J Clin Oncol. 2016 Sep 10;34 26 :3150-6. 「Double expression」と 「Double hit」の場合も中枢神経再発のリスクが高いです Blood. 2016 May 5;127 18 :2182-8. これらのリスクがある場合は、中枢神経の再発を防ぐための予防的抗腫瘍薬投与を推奨します。 抗がん剤治療を開始すると生殖能力に影響が出ます。 女性の場合は妊娠しにくくなります。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の場合、治療開始までにあまり時間がなく、現実的にはできることは少ないです。 適切な相手がいれば、受精卵の凍結保存も検討できますが、時間がなく命にかかわる状況になりかねません。 男性の場合は、精子の凍結保存です。 すぐに可能なので、状態が不良で直ちに治療が必要ということでなければ行うことができます。 問題となるのは、治療開始前のセカンドオピニオンが現実的に困難であるということです。 状態がよければセカンドオピニオンは可能ですが、時間がない場合がしばしばあります。 どのような治療を行うべきかということは、 極めて重要です。 時間がなかった場合は治療開始しつつ、全身状態が改善し、病院から出ることが可能になった時点で、希望があればセカンドオピニオン(場合によっては転院)を行います。 次項ではびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の初回治療について解説します。 生存率予測というよりは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫全体の中での比較的予後の指標です。 参考文献 Recommendations for initial evaluation, staging, and response assessment of Hodgkin and non-Hodgkin lymphoma: the Lugano classification. J Clin Oncol. 2014 Sep 20;32 27 :3059-68. A predictive model for aggressive non-Hodgkin's lymphoma. N Engl J Med. 1993 Sep 30;329 14 :987-94. J Clin Oncol. 2010 May 10;28 14 :2373-80. Confirmation of the molecular classification of diffuse large B-cell lymphoma by immunohistochemistry using a tissue microarray. Blood. 2004 Jan 1;103 1 :275-82. Differential prognostic impact of GELTAMO-IPI in cell of origin subtypes of Diffuse Large B Cell Lymphoma as defined by the Hans algorithm. Br J Haematol. 2018 Aug;182 4 :534-541. MYC status in concert with BCL2 and BCL6 expression predicts outcome in diffuse large B-cell lymphoma. Blood. 2013 Mar 21;121 12 :2253-63. Concurrent expression of MYC and BCL2 in diffuse large B-cell lymphoma treated with rituximab plus cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone. J Clin Oncol. 2012 Oct 1;30 28 :3452-9. Immunohistochemical double-hit score is a strong predictor of outcome in patients with diffuse large B-cell lymphoma treated with rituximab plus cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone. J Clin Oncol. 2012 Oct 1;30 28 :3460-7. Blood. 2013 May 16;121 20 :4021-31 Vercellino L, Cottereau AS, Casasnovas O, et al. High total metabolic tumor volume at baseline allows discrimination of survival even in patients aged 60 to 80 years responding to R-CHOP. Blood. 2020 Apr 16;135 16 :1396-1405. CNS International Prognostic Index: A Risk Model for CNS Relapse in Patients With Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated With R-CHOP. J Clin Oncol. 2016 Sep 10;34 26 :3150-6. Impact of dual expression of MYC and BCL2 by immunohistochemistry on the risk of CNS relapse in DLBCL. Blood. 2016 May 5;127 18 :2182-8.

次の

中枢神経系原発悪性リンパ腫|東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫 余命

悪性リンパ腫の治療について ステージを確認しないまま、治療に入ることはありますか?. 義父(80歳)が「びまん性大細胞B細胞リンパ腫」と診断されました。 現状1領域なので、ステージ1。 骨髄と脳脊髄液の検査をして、ステージ1か4になる。 しかしその病院は重篤患者のみの受け入れということで、別の病院にて検査・治療をするように言われ紹介状をもらいました。 紹介状の病院に行くと、骨髄等の検査は高齢者には辛いだけ。 最初から抗がん剤で治療したほうが腫瘍がなくなるという症例がある。 とのことで、即入院、即抗がん剤治療に入ると言われ驚いてしまいました。 2回抗がん剤治療をして合わなければ、放射線治療になるそうです。 検査をせず、ステージを決定しないまま治療に入ることなんてあるのでしょうか? 今回は検査の日を決めるだけと聞いていたので、子供達は付いて行かず義母だけが先生の話を聞きました。 一緒に行くべきだったと後悔しています。 結局義父がごねた為、即入院せず、来週入院予定です。 補足ご回答ありがとうございます 最初に県内で一番規模の大きい、医大病院の血液内科にかかり、「びまん性~」の診断を受けました。 その医大では、受け入れる余裕がないため、骨髄移植が必要な重篤患者や若くて進行の早い人を優先しているそうです。 そのため骨髄と腰椎穿刺を含め治療は、協力病院でと、紹介状をもらいました。 ここまでは、他の家族も同席しています。 協力病院は悪性リンパ腫の治療実績が県内で一番多い所です。 患者は年配の方ばかりのようで、主治医によると70歳以上の患者ですぐに抗がん剤治療を始めた方が、いい結果がでる症例が出ている。 と義母に説明があったそうです。 治療は2週間入院、2週間自宅を2回 もし合わなければ、最初の医大で放射線を当てる外来治療に変わるとのことです。 協力病院には設備がないと説明 少し分からない部分があります。 義母さまが主治医から 聞いた話を、どこまで正確に質問者様に伝えているかです。 最初に「びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫」と診断したのは、 血液内科の血液内科医師ですか。 血液内科の診療科がある 病院でしたら、かなり大きな総合病院かと思います。 まず悪性リンパ腫と確定して、ステージが軽いのでそこでは 治療しないというのは、聞いたことがありません。 また 「重篤患者のみの受け入れ」という病院も聞いたことが ありません。 病気の広がりを見る、骨髄穿刺もされていないのですか。 高齢とはいえ、骨髄穿刺は血液内科医師でしたら日常 普通に行っている検査で、外来の処置室でもでき局所麻酔の 約20分ほどで終わる検査です。 その検査で、骨髄にリンパ腫細胞が浸潤(転移)しているか 否かで、おっしゃるとおりステージも変わってきます。 普通はステージを確定しないことには、治療計画・治療方針も 決められないと思います。 悪性リンパ腫はステージ1でも4でも、 またどんな病型でもまずは化学療法(抗がん剤)を先行します。 ステージによって、化学療法を何回(何コース)するかを 決めます。 最初の病院では、ステージが軽いからと他の病院を紹介したら、 今度は即入院・即化学療法とのこと。 ではなぜ最初の病院で 治療してくれないのでしょうか。 ここが疑問に思います。 血液内科がある病院でしたら、どちらも大きな病院でしょう。 病院のHPもあるかと思いますので、一度両方の血液内科のスタッフを 調べられたらいかがでしょうか。 これから紹介先の病院に入院となっても、化学療法を始める前に 義母様だけでなく、ご家族のどなたかが同席されたほうがよいかと 思います。 そこでインフォームドコンセント(病状説明)を しっかり聞いてください。 まず病型は「びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫」かを確認すること。 ステージは?化学療法は2コース?放射線は1回照射何グレイで、何回 行うかなどです。 もちろん具体的に、主治医よりそのような説明があれば 良いわけですが、その説明があいまいだと困りますね。 化学療法を始めるには、同意書を取られると思います。 しっかり聞いて 納得いくものでしたら同意、疑問に思ったらセカンドオピニオンも 考慮に入れるのも良いでしょう。 義父様がご高齢であるため、化学療法(抗がん剤)の各薬剤も減量療法 になるかと思います。 通常は、R-CHOP(アールチョップ)療法が標準治療となります (抗がん剤5種類の頭文字からこのような呼び方をしています)。 高齢ということで、この療法なら何割減量しての治療か、またはこの薬剤の どれかを抜くかなどしっかり聞いてください。 R-CHOP療法は、4剤を順次点滴で半日・Pのプレドニン(錠剤)は連続5日間の 服用です。 この1回の治療が終わると、3週間は休薬期間といってリンパ腫 自体の治療はいたしません。 長くなりましたが病状説明では、ご家族のどなたかが必ず同席されるのが 良いかと思います。 どうぞ義父さまをお大事に・・・。 ----------------------------------------------------------- 補足 事情が分かりました。 協力病院で骨髄穿刺、場合により腰椎穿刺の検査も 行うのでしょう。 それでステージも確定するかと思います。 そこでいよいよ 化学療法ですが、biweekly(バイウィークリー=隔週)療法のようですね。 1回治療後、副作用の出方の様子をみるため2週間入院。 異常がなければ 2回目の治療後は退院、後は通院で外来治療を2回(都合、3コース?) ということでしょうか。 R-CHOPの標準量では、高齢者の方にはキツイ治療となるため減量しますが、 減量する分だけ3週間休薬では薬剤の効果が薄れます。 そのため休薬期間を つめたのが、2週間サイクルのbiweekly療法です。 R-CHOPもRのリツキサンを抜くのか、心筋障害の副作用があるH アドリアシン) の薬剤を変えることも、高齢者の場合あります。 また高齢者の患者さんでは、R-CHOPではない治療法かもしれません。 お書きになっている様子から、義父様の全身状態は良いようですね。 いよいよ治療となる前は、今度はしっかり主治医の説明に同席されてください。 リンパ腫患者、本人です。 病期が初期であっても末期であっても、抗がん剤治療から入ります。 高齢ですので、一刻も早く治療を始めたいのがドクターの思いだと思います。 使える抗がん剤の種類も限られます。 抗がん剤の効果がなければ、自家移植や骨髄移植なども治療としてありますが、高齢のため、移植治療はできません。 なので、一刻も早く効果のある抗がん剤を見つけ、放射線治療で腫瘍をやっつけたいところだと思います。 病院の対応に納得いかないのであれば、セカンドオピニオン、サードオピニオンと行ってください。 義父・義母様とも高齢でしょうから、病院任せにする世代ですから、若い方々が動いであげてください。 担当医に直接、申し出しにくい場合は病院の相談窓口で相談してみてください。 セカンド、サードと行くのはご家族だけでも可能ですから。 患者本人が行く必要はありません。 納得いく病院で納得のいく治療をされることをオススメします。

次の