電動 キック ボード 法律。 電動キックボードの特徴や選び方と人気おすすめ10選

規制の壁どう乗り越える?「シェア型電動キックボード」国内実証へ一歩 —— 国交省「具体化はこれから」

電動 キック ボード 法律

電動キックボードのシェアリングサービスを展開するベンチャー・Luupは、5つの地方自治体との連携を発表した。 写真は左から多摩副市長の浦野卓男氏、横瀬町長の富田能成氏、浜松市長の鈴木康友氏、Luup社長の岡井大輝氏、四日市市長の森智広氏、奈良市観光経済部長の梅森義弘氏。 シェアリング事業ベンチャーのは4月18日、電動キックボードの実証実験に向け、5つの自治体と連携協定を締結したと発表した。 連携協定の内容は、電動キックボードを用いた 実証実験、各市町内における公共交通の在り方に関する 協議検討、交通政策への 相互協力という3つの柱で構成されている。 記者発表には、浜松市、奈良市、四日市市、東京都多摩市、埼玉県横瀬町の首長や幹部が登壇。 いずれの自治体も、手軽な電動モビリティーインフラの整備による都市部の回遊性向上、それに伴う地域活性化や交通難民対策、インバウンド向けのモビリティーの確保などの課題解決に期待を寄せていると話す。 Luupは電動キックボードの安全面についても取り組む。 同社が提案する「独自の安全制御システム」でコアとなる機能は2つ。 1つはスマートフォンおよびキックボード側にあるGPSの走行位置情報を基にした危険地域での速度制限機能だ。 例えば、交差点のような人の密集するようなエリアに電動のキックボードが入り込んでいくというシチュエーションはとても危険だ。 Luupは仕様上、時速19. 5kmまでのスピードが出るが、そのような危険な地域にユーザーが近づいた際は、スマートフォンのアラートで知らせたり、徐々に速度を落としていくような制御ができるという。 もう1つは、走行ログをもとにしたユーザーの管理機能。 急発進・急停止や過度な蛇行といった「危険運転」を検知した際は、当該ユーザーに対し、その後の貸し出しを制限するような「運転スコアリング」のようなペナルティを付与するという。 Luupによると、現状同社が想定している電動キックボードは道路交通法で定められている車両における「原動機付自転車」(いわゆる原付)に該当するという。 しかし、同社は 「原動機付自転車の場合、前照灯や方向指示器などといった構造や装備があり、かつ道路運送車両の保安基準の適合を受けない限り公道を走ることはできない」と話す。 もちろん、電動キックボードを私道や、建物内など「公道以外」の仕切られた特定の場所で走らせることは問題ない。 しかし、実証に向けて公道走行ができる目処や突破口がなければ、本来目指すはずの「地域活性化」「交通難民対策」は実現できない。 公道の電動キックボード走行にまつわる関連法規制の問題をどうクリアするのか? これについてLuupは「現時点では、具体的な内容について回答できない」としており、記者発表では詳細まではわからなかった。 実際にLuupの電動キックボードに乗ってみたところ。 筆者は自転車は乗れるがキックボードに乗ったことはない。 だが、操作などはすぐに慣れる。 意外にスピードが出る印象だった。 一方で、政府や自治体はどのように「実証」を認めていくのか。 Luupと実証実験についての調整を進めている国土交通省の自動車局技術政策課の担当者は取材に対し、 「Luupから話をうかがっているのは事実です。 現在は原動機付自転車として適合しているかの確認をしている段階で、具体的な実証実験の話はこれからという認識です」と説明する。 また、今回の実証実験への協力を表明した自治体の1つ、浜松市の担当者は、Luupとの取り組みについて 「(公道での実証実験が)すぐにできるとは考えていない。 まずは、公共施設などの閉鎖空間で行っていくのではないか」と、まずは現実的なところから実世界との親和性を探っていく考えを示した。 Luupでは関係省庁と今後も密にコミュニケーションをとりながら、まずは実証実験の実現に向けた活動を進めていく考えだ。 日本にも小型モビリティ市場をつくれるか?.

次の

電動キックボードに乗るための知っておきたい法律まとめ

電動 キック ボード 法律

Contents• 電動キックボードは違法? 法律上は原付扱い 電動キックボードはおもちゃではなく、法律上は「原付扱い」となります。 そのため公道を走るためにはいろいろと手続きが必要なのです。 最近では大人も楽しめるキックボードとして、最高速度40kmといったハイパワーモデルもでています。 速度制限には注意が必要ですが、交通ルールを守れば電動キックボードで通勤することもできるのです。 ちなみに電動キックボードの定格出力によっては、自動二輪扱いになることもあります。 違法にならずに電動キックボードに乗る条件• 歩道を走らない• ヘルメットや運転免許が必要• 保安基準を遵守する 歩道を走らない 電動キックボードは歩道を走ることはできません。 販売会社がつよく注意喚起しているとおり、原則として「私有地や、制限のないレジャー施設、公園内での使用」となります。 手続きをしてナンバー取得をすると公道を走れるようにはなりますが、走れるのはあくまで車道で歩道は走ることはできないので要注意です。 公道仕様でなくても、電動キックボード自体が「原付扱い」なので、歩道を走ることは違法となります。 ヘルメットや運転免許が必要 電動キックボードで公道を走るためには、• 道路車両上の保安条件を満たしている(ライト、ウインカーなど)• ナンバープレートを車体へ取りつける• 自賠責保険に加入する• 税金をおさめる といった条件をクリアすることが必要です。 原付・自動二輪など自分の電動キックボードの種類に応じた運転免許を保持している必要があります。 またヘルメットをかぶることも必須、忘れずに用意してください。 保安基準を遵守する 電動キックボードが「車体の保安基準」を満たしていない状態で公道を走ると、いくら車体にナンバープレートが取り付けられていても違反となるので要注意です。 このあと保安基準を満たすにはどうすればいいのかといった具体的な方法をご説明しますが、「保安基準を満たしているか」については、ナンバープレートの交付時に各自治体でチェックが行われます。 交付は自治体の判断によって行われることになっています。 公道で電動キックボードに乗るための保安基準 必要な装備 保安基準を満たすためには、電動キックボードに下記パーツを装備する必要があります。 バックミラー• ウインカー• フロントライト• バックライト• 前後のタイヤ両方にブレーキ ネット通販などで購入の際、「公道走行可能」とかいてあっても、保安部品は別売りといった場合もよくありますので注意してください。 保安基準を満たしていないと車両不備で違法になります。 そしてナンバープレートを必ず車体へ取り付けてください。 ナンバー取得は自分が住所登録をしている市町村役場でできます。 車体の装備以外に必要なこと 電動キックボードを公道仕様に変更したら、下記義務が発生します。 免許証を所持• ヘルメットを着用• 軽自動車税を納税• 自賠責保険へ加入 保険は自動車損害賠償責任保険、または自動車損害賠償責任共済のどちらかに加入する必要があります。 違反した場合は罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)が課せられる可能性があるので忘れずにはいるようにしましょう。 いまはネットやコンビニで24時間受け付けているところもあります。 電動キックボードの公道走行で気をつけるべきこと 車体が保安基準を満たしていて、必要な手続きがなされていれば公道に出ることはできますが、気をつけなければならないこともいくつかあります。 車が多く走行する場所はさけて、まわりの環境をみながら安全に走れる場所で使いましょう。 また車道を走り、歩行者にぶつからないよう注意してのることが大切です。 大人もプロテクターをつける 公道ではプロテクターをつけることが推奨されています。 操作に慣れていないうちはもちろん、自分が操作をあやまっていなかったとしても、まわりに巻き込まれてしまう可能性だってあります。 プロテクターをつけるなど、なるべく自分の身を守れるよう、できれば公道ではヘルメットだけではなくプロテクターをつけたほうがいいでしょう。 プロテクターをつけることで、精神的にも落ち着いてライドを楽しむことができます。 まとめ この記事では電動キックボードを使うにあたり、違法でなく、安全に使うために知っておきたい法律、守るべきことをご紹介しました。 きちんと手続きを踏めば公道も走れて、便利で爽快な走りも楽しめる電動キックボードですが、なによりも安全が第一です。 怪我をしてしまってからでは遅いので、しっかりと法律を守って、まわりをよくみて使っていけば、安全で快適な電動キックボードライフがおくれるのではないでしょうか。

次の

電動キックボードの特徴や選び方と人気おすすめ10選

電動 キック ボード 法律

Contents• 道路交通法上の電動キックボードとは 道路交通法上、電動キックボードはおもちゃではなく、「原動機付自転車」に区分されます。 そのため歩道を走ることはできず、使える場所は私有地または、許可されたレジャー施設、公園などに限られています。 販売店によっては「公道走行可能」などと書いているお店もありますが、それはあくまで保安基準や、ナンバー取得などの手続きをクリアした場合のみです。 そのままの状態で市街地を走ることはできません。 原付扱い 電動キックボードは法律的には「原動機付自転車」、また定格出力によっては「普通自動二輪車 」に区分されます。 しかし定められた保安基準を満たして、ナンバープレート申請を行い車体に取り付ける、など必要な法律をクリアすれば公道を走ることもできます。 公道に出られるようになったとしても、走れるのは車道だけ。 今の日本の法律ではどちらにしても歩道を走ることはできないのです。 電動キックボードの操作は誰でもできる? 電動キックボードの操作はとてもかんたんです。 乗り方は、• ハンドルを握り、片足をボードの上にのせる• もうひとつの足で地面を蹴って前にすすむ• 安定したらアクセル またはギア を調整して加速• 止まる時はブレーキをかける とこれだけ。 練習のいる自転車とはちがって、コンパクトですっと乗れるのが特徴です。 モーターで進んでいくので、従来のキックボードのように地面を蹴り続ける必要はありません。 日本の公道で電動キックボードに乗れるの? 残念ながら現在の日本の法律では、誰でも気軽に公道で電動キックボードに乗ることはできません。 公園など公共の場でも禁止されている場合が多く、許可された公園やレジャー施設、そしておもに私有地での利用のみとなっています。 誰でも気軽に公道で電動キックボードに乗るということはできない 誰でも気軽に乗れるわけではないのですが、一定の条件をクリアして、ナンバー取得などの必要な手続きを行えば、公道走行ができる場合もあります。 公道を走るためには、まず車両の保安基準を満たして、最寄りの市町村役場でナンバー取得を行い、保険にはいり、税金をおさめるといった手続きが必要です。 公道走行用として使う場合は、公道走行キット 保安基準を満たすために必要なパーツ をオプションで購入できるモデルがおすすめです。 日本での電動キックボードの法律上の区分 海外では市街地で、通勤や通学に電動キックボードを使っているひとを見かける機会も多いのですが、それは規制が日本ほど厳しくないためです。 海外では市民だけでなく観光客も気軽に市街で乗れるのですが、日本では電動キックボード自体が「原付」扱いとなるため、かんたんに外を走ることはできないのです。 各自治体が新しい交通手段として規制緩和を求めていますが、2019年現在日本で市街地を走ることはできません。 道路交通法を守って電動キックボードで公道を走る 前提として運転免許 原付・もしくは自動二輪 を保持している必要はありますが、道路交通法をしっかり守り条件をクリアしていけば、電動キックボードは公道を走れるようになります。 ヘルメット着用義務もありますので、忘れずに用意してください。 車体の取り付け 公道を走るためには、道路運送法上の保安基準をまずは満たす必要があります。 電動キックボードに下記パーツを装備しましょう。 バックミラー• ウインカー• フロントライト• バックライト• 前後のタイヤ両方にブレーキ 保安部品は最初から車体についていることは少なく、公道走行キットとして別売りされている場合もあります。 もしなければ、自分自身で必要なパーツを買い揃えましょう。 そしてナンバープレートを必ず車体へ取り付けてください。 ナンバー取得は自分が住所登録をしている市町村役場でできます。 その他必要なもの 保安部品の装備、ナンバー登録だけでなく下記も必要になります。 免許証の所持• 電動キックボードに乗る際はヘルメットを必ず着用• 軽自動車税の納税• 保険への加入( 自動車損害賠償責任保険、または自動車損害賠償責任共済) 軽自動車税の納税方法は、ナンバー取得時に確認するのが確実ですでしょう。 また保険はネットでは24時間加入できますしコンビニでも加入できます。 ヘルメットの着用は義務ですが、そのほかにも慣れないうちはプロテクターなどを身につけると安心です。 まとめ この記事では、道路運送法上における電動キックボードの扱いについて、また公道を走るために必要なこと、注意したいことを解説しました。 日本ではまだまだ厳しい法規制がしかれていますが、ひとつずつクリアしていけば公道を走ることができます。 公道に出る際は、歩行者や障害物などまわりに充分注意して、車の走行が多い場所はさけるなど安全に留意して楽しく快適な走りをたのしんでください。

次の