アカネ ミルタンク。 ポケモンVC金銀:アカネのミルタンクが強い、倒せない!攻略・対策は?

【ポケマス】アカネ&ミルタンクの評価と覚えるわざ

アカネ ミルタンク

ダメージを稼ぎつつ「まひ」や「ひるみ」状態にするのは強力な点です。 火力を出すのは「」に任せましょう。 相手の攻撃を受けたら「」でHPを回復しつつ防御力を高めるようにしましょう。 関連記事 各ランキング ロール別 レア度別 タイプ別• 最新情報 最新アップデート情報• 新バディーズ情報一覧• ランキング• 初心者におすすめ記事• バディーズ一覧• ストーリー一覧 ソロストーリー• 修練&大修練 エクストラエリア• マルチストーリー• EXチャレンジ• アイテム一覧• わざ一覧• 掲示板•

次の

ミルタンク/対戦

アカネ ミルタンク

ミルタンクの歴史 第二世代 前述のとおりシナリオ中の難関として立ちはだかった他、対戦でも活躍した。 高い物理耐久と、当時としては低くない 、タイプ故の弱点の少なさ、回復技のを覚えるという利点を武器に重火力環境に対抗した。 タイプ一致のを当時から備えていたことも活躍の要員であり、当時を使用することが不可能であった点もによってある程度克服可能であった。 特殊技もとは覚えるが、と違い対策のは覚えない。 ケンタロスととは総合が互角のライバルなので意識して差別化する必要があった。 レベル50の最大物理耐久指数は31714で、カビゴンの31239とは明確な差別化点となりづらかった。 ともできるが、耐久型で尖った火力ではないミルタンクには不向き。 使い手の少ないを覚えるので、むしろそれでサポートをするのが一番ミルタンクらしくできたのかもしれない。 ニンテンドウカップ2000全国大会でも決勝進出者8人中1人が使用していた。 2010年代半ばの第二世代オフ会環境では、サンダーとのレベル55ダブルエースが主流となった。 特殊型のポケモンが苦手とするカビゴン、ケンタロス、バンギラスといったレベル55エースに対してかげぶんしんやのろい、ミルクのみなどで粘った後、のしかかりでダメージを刻みつつまひを撒いたりばくれつパンチで突破したりする構成がその頃のオフ会環境に対する解答となった。 第三世代 技としてでんじは、を、特性としてあついしぼうを獲得。 やなどの強力なアタッカーを抜ける素早さで環境に対抗した。 しかしこの世代ではかくとうタイプの強化が進み、やなどを警戒する必要があった。 この世代ではがまだ登場していないので、耐久特化の起点型としてはまだ今一つ。 特殊耐久ではに劣り、物理耐久もほぼ同じラインなので、型では劣化になりがちになる。 カビゴンが覚えない、回復技、カビゴンにはないの100という俊足で差別化する必要があろう。 入手するにはポケモンコロシアムかエメラルドが必須。 第四世代 特性としてきもったまを、技としてはステルスロック、アームハンマー、を獲得。 特にきもったまはや、などが強化されたこの世代では追い風となる特性であった。 ただ、この世代ではゴウカザルやガブリアスなどの高火力の速攻型アタッカーが環境を支配していたため、やなどの登場もあって、ミルタンクの素のスペックでは先制されて一撃で倒されるケースも増えた。 第五世代 隠れ特性そうしょくを獲得し、やをけん制することが可能になった。 あついしぼうを考慮すればノーマルタイプであるにもかかわらずタイプ、タイプ、タイプの3タイプを牽制できるなど、ある意味で玄人好みの色を帯びるようになった。 しかしこの世代ではこれまでにないほどかくとうタイプが強化されたため、その立場が第四世代までよりも悪くなった。 新規で言えばあたりがネックとなった。 ノーマルの耐久型としてはそれまでカビゴンというライバルが存在したが、今度はを獲得したの壁が厚くなった。 やはり耐久特化ではそれらの劣化になろう。 そうしょく型ではこの世代で初登場且総合種族値が全く同じであるがライバルとなったが、火力と特殊耐久ではあちらが勝っている一方で、物理耐久とではこちらが勝っていることから差別化は可能だった。 第六世代 がトップメタを支配したことにより素早さの100のタイプに対する解答がそのままミルタンクに刺さるようになった。 高威力の先制技が氾濫し、まひと回復技で粘り勝ちするというミルタンクの勝ち筋が通用しなくなった。 スペックに落ち目はなかったものの、環境の変遷のみで相当に追いやられることとなった。 一方、の相手へののしかかりが必中かつ2倍となったため、レート上位ので使われたラッキーのちいさくなるへの対策ができるようにはなった。 PGLのレート戦統計データを見ると、やステルスロック、で起点を作るタイプが主流であったことがうかがえる。 攻撃技はじしん、のしかかり、ちきゅうなげが採用率を伸ばしていた。 環境的な向い風はあったにせよとのシナジーはしばしば優先されており、のしかかりやちきゅうなげがミルタンクの技候補から完全に脱落する事態には至らなかった。 第二世代までに登場したポケモンによる限定戦である『ジョウトオープン』ではいずれのカテゴリでも使用率ベスト30選外であり、登場当初と比べると第二世代までのポケモンの中での立場は比較的悪くなっていることがうかがえる。 その『ジョウトオープン』では参加賞としてが配布され、第二世代を知る古参プレイヤーの思い出を刺激したが、X・Yで通常入手できる個体によって再現可能な個体であったためそれ固有の戦略的価値は無かった。 第七世代 の弱体化によって第六世代の頃から十分に勢いがあったの需要がさらに拡大し、ミルタンクの立場は第六世代よりも悪くなった。 の普及によるの増加などからどくどくの運用性が低下し、ミルタンクの勝ち筋が環境の変遷によってまた1つ負荷をかけられた格好となった。 型の刺さりも牽制する相手の1つであったの使用率が低下してから悪くなった。 それでもで野性出現する個体はを持っており、出現時期などを考えると中々シナリオでの利用価値が高いと言える。 シナリオ中ではが要所要所で回復イベントを行ってくれるので、戦闘中は切れを気にせず必要なところで贅沢にミルクのみを使用してしまうと良いだろう。 VC版金銀の個体をポケモンバンクに通して第七世代に連れて行くことができるが、その場合は隠れ特性そうしょくと個体値3V以上が確定なので、親個体として優秀なものが手に入ると言える。 そうしょくミルタンクの入手方法として見ても、第六世代までと異なりミニゲームを行う手間や群れバトルで粘る手間が必要ないため、この点でも旨味がある。 USUMリーグシングルバトルでは、、、、という技構成で、持ち物をにした起点作り方が主流化。 なげつけるは持ち物が固定なので実質使えないとの差別化点。 第八世代 『』の配信に伴い解禁。 、、を獲得したことがの解析により判明。 は以来となる再習得。 目ぼしいものだと没収された技は、程度。 それまで存在していたメジャーな型を組むためにおんがえし、やつあたりは無くても問題ない。 一般的な育成論 が低いが、その他はバランスのよい能力を有する。 特にとが高い。 素早さが高い割りに物理寄りの耐久型がメジャー。 で相手の行動を抑止しつつ、でと防御を上げる戦法もできる。 で回復できるので非常に突破が難しくなる。 この場合、はがオススメ。 攻撃技がノーマルタイプのみでもタイプに対応できるので使いやすい。 攻撃技としては、、、、など。 ただし先制技がないためやや使いにくいか。 他にも、など優秀な補助技を習得する。 隠れ特性はで、タイプの技が弱点であるポケモンを誘って出せるほか、、など相手を状態にするくさタイプの技の大半を無効化して攻撃を上げられる点が大きな利点。 この場合は単純に物理アタッカーとして起用させてもよい。

次の

アカネ

アカネ ミルタンク

特徴 「ダイナマイト プリティ ギャル」。 関西弁を話す。 主にのポケモンを使う。 攻守のバランスに優れ、なかなか攻めどころが見当たらない。 徐々に加速する連続攻撃が強力。 勝った直後は大泣きしてしまいとを貰えないが、会話が終了したあとに下にいると会話し、再びアカネに話しかけることで泣きやんでと()を貰える。 ゲームにおけるアカネ 所持ポケモン 金・銀・クリスタル アカネ 2000円 Lv. 電話番号の登録は毎日12~16時の間にの6階で可能。 再戦の申し込みは土曜日の昼に可能。 アカネ Lv. () Lv. () Lv. () Lv. アカネ ワールドリーダーズ・タイプエキスパート () Lv. () Lv. () Lv. アカネ ダウンロード チャンピオン ワタルにちょうせん! () Lv. () Lv. 対策 ・ アカネのポケモンで特に注意したい技はミルタンクの。 この技は連続で当たる度に攻撃力が増していくというもので、最高威力は480にもなる。 特に低レベルのポケモン中心ので戦う場合は苦戦の原因になりやすい。 高レベルのポケモンを使えば苦戦せずに勝てるのだが、どうしても低レベルのポケモン中心で戦いたいなら、この技が1発でも外れると威力がもとに戻ってしまうのを利用して、チコリータは、ヒノアラシは、ワニノコはを覚えさせるなどして、相手の命中率を下げながら戦うと良い。 ミルタンクはも使ってくるため、メスのポケモンで臨むと回避でき多少有利になる。 また、にはとを交換してくれるトレーナーがいるので、そのを使うのも有効である。 命令を聞かなくなる。 クリスタルでは要求してくるポケモンがゲームコーナーで交換できるに変わっているため、楽に入手できる。 ミルタンクの強さが目立つが、先発のもを覚えており、この段階では場違いな大技を出してくる可能性もあるため、油断大敵。 アカネのポケモンはタイプのみで、技構成も金・銀と変わらない。 ここでもタイプやはがねタイプが有効。 を使う場合、で素早さを上げ、で一気に倒してしまうのが効果的。 メロメロ予防のためにメスを連れて行くといい。 やはりミルタンクのころがるに注意。 どろかけのわざマシンは廃止されたが、のフラッシュの命中率が上がったためこのわざを使うか、コガネひゃっかてんで売っているのを使うと良いだろう。 ヒノアラシはフラッシュは覚えられないので注意。 金・銀・クリスタルと同様に、コガネひゃっかてんでワンリキーを交換で手に入れて戦う方法やヒワダタウンでずつきをしてを捕まえて戦う方法もある(のでワンリキー、じゅうたくちでを手に入れて戦ってもいい。 コイルは性別不明のため、メロメロは効かず大半のわざを半減にできるので戦いやすい。 ヘラクロスの場合、ころがるは等倍なので注意)。 なお、ミルタンクは特性がであるため、ゴーストタイプであってもダメージを受けてしまう。 そのため、系統に交代しても返り討ちに遭うこともあるため、気をつけよう。 再戦時はとくせいを持つが強敵と言える。 状態異常やなどのダメージが無効になることを活かして、を積んで強力なわざを繰り出してくる。 また、とくせいのにも注意したい。 やからバトンタッチを受けたり、を使われたりすると効果が倍増してしまうからだ。 念のため必中技を覚えさせておくといい。 なお、キリンリキはタイプでもあるため先頭のポケモンはタイプでないほうがいい。 地方 ジムリーダー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - イッシュ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - アニメにおけるアカネ アカネ 英語名 Whitney 出身地等? 職業 ジムリーダー 声優 で初登場。 次の話にも登場している。 極度の方向音痴でたちに街を案内したものの道に迷いまくっていた。 コガネジムでのジム戦ではサトシに勝つものの、翌日にハワード牧場で行った再戦ではサトシに敗れた。 コガネ弁で話す。 手持ちポケモン• 再戦ではこの1体のみでサトシの3体を迎え撃った。 の登場人物 【レギュラー】 - - - - - 【ライバル】 - 【ロケット団】 - - - - - - - 【主要人物】 - - - - 【ゲスト】 - - - - - - - - - - - - - - 【家族】 - - - - - - - 【ジムリーダー】 - - - - - - - - - - - - - - - - 【四天王・チャンピオン】 - - 【その他ゲストキャラ】 - - マンガにおけるアカネ ポケットモンスターSPECIALにおけるアカネ 使いののであり、芸能人でもある。 元気いっぱいで負けん気が強く、マイペースな性格。 と一緒にラジオ番組に出演している。 関西弁で話す。 負けたり悪いことが起こったりするとすぐに泣き出してしまう。 手持ちポケモンは()など。 第9章にも登場。 ポケモンカードゲームにおけるアカネ でアカネのポケモンが登場。 アカネのポケモンのカードについては、を参照。 その他、アカネと名のつくトレーナーカードとして以下が登場している。 ポケモンマスターズにおけるアカネ トレーナーとして登場する。 が声優を務める。 この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。

次の