ナルト 陰陽遁。 【ナルト】性質変化と形態変化考察、2つの基礎について。

ナルトの最強キャラランキング最新!一番最強なのは誰!?

ナルト 陰陽遁

火影とは? 火影とは漫画の「NARUTO」「BORUTO」に登場する架空の忍 忍者 の里である「木ノ葉隠れの里」の長を指す役職のことです。 火影は里の象徴のため、火影になるには里の皆からの相当な支持が必要になります。 火影には忍としての実力は当然必要ですが、周りの人からの支持を集めるカリスマ性のようなものが必要となってきます。 ただ強いだけでは火影に選ばれることはありません。 実際に実力があり、本人も火影になることを望んでいるのにも関わらず周りからの支持を集めることができずに火影になれなかった忍も存在し、争いを招いたこともあります。 それくらい、火影という存在は木ノ葉隠れの里にとって大切なものなのです。 火影は木ノ葉隠れの里は里に住んでいる人全員に「火影様」と慕われる人格者でなければいけません。 歴代最強火影ランキング 第7位 カカシ happy birthday kakashi [ ] — naruto pics 🍥 shippudenpics• 年齢:46歳(BORUTO連載時)• 身長:181㎝• 体重:67. 得意な忍術:千鳥 六代目火影であり、木ノ葉隠れの里きっての天才忍者で、12歳で上忍になった逸材です。 忍術・体術・幻術全てを得意とし、追い詰められた局面でも冷静な判断力で幾度となく仲間を助けてきました。 かつて、父親を自殺で亡くしており、父親が忍としてのルールではなく仲間の命を優先したことで迫害された経験から、「ルールを守らない忍はクズだ」と言い切っている時代もありました。 自身のチームメイトのうちはオビトが命がけでカカシを守ろうとする姿勢に影響され、「ルールを守らない忍はクズだ。 でも、仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ。 」と改心します。 その際、オビトはカカシに自身の写輪眼を託し、絶命してしまいます。 実際はマダラに命を救われており、死んではいませんでした。 漫画「NARUTO」では、後にナルト・サスケ・サクラの担当上忍になり、一番初めにこのことを3人に教えます。 数々の悲しい経験がカカシを強く、そして仲間を大切にする素晴らしい忍者にさせました。 さて、そんなカカシの実力ですがオビトからもらった写輪眼を戦闘中に使用し、写輪眼の特殊能力である「忍術コピー」を得意としていました。 他里からも「コピー忍者のカカシ」と恐れられていたほどです。 しかし、忍界大戦後写輪眼を失ってしまうため、もうコピー忍術はできなくなってしまいました。 写輪眼がなくとも凄腕の忍であることには変わりませんが、他の歴代火影と比べると最強とは言い難いのかなと考えたため、7位に位置付けしました! 第6位 綱手 【悲報】元火影の綱手、暁メンバーに勝てない — 癒し少女 YURI qaxenelekony• 年齢:不明• 身長:不明• 体重:不明• 得意な忍術:怪力、百毫の術 五代目火影で、歴代火影唯一の医療忍者です。 初代火影の孫であることから愛称は「綱手姫」と呼ばれています。 三代目火影に師事しており、ナルトの師である自来也・大蛇丸と共に伝説の三忍として他里から恐れられる忍者でした。 木ノ葉隠れの里では基本的に3マンセルを組むことが今や一般的なのですが、その中に1人敵から攻撃を受けてもすぐに治療に取り掛かれるように医療忍者を同行させる制度を導入しました。 また、自身の医療忍術を医療忍者に伝授するなど木ノ葉隠れの里の医療発展に大きく貢献した人物です。 医療忍者は決して死んではいけないというルールを自身で作ったが、百毫の術という額に常に一定のチャクラをため続け、術を発動すると体の細胞分裂を急速に早め体を回復させるという忍法創造再生を身に着けたため、自身は最前線で戦うことができます。 同じく弟子のサクラも百毫の術を使えることから最前線で戦うことを許されています。 戦いの際は基本的には体術を得意とし、怪力で相手を攻撃する戦闘スタイルです。 怪力では間違いなく歴代火影最強でしょう。 以前、お風呂を覗いた自来也に攻撃をし、自来也を殺しかけたという過去もあり、一発でも攻撃を食らえば相当のダメージを相手に与えることができます。 自身も最前線で戦うことができ、且つ仲間の回復もできることから歴代最強の火影と呼んでもいいのかもしれませんが、他の歴代火影が強すぎるため6位に位置付けしました。 第5位 猿飛ヒルゼン 2月8日 猿飛ヒルゼンのバースデー!!! 年齢:享年69歳• 身長:163㎝• 体重:50㎏• 得意な忍術:口寄せの術 3代目火影で、伝説の三忍である自来也・大蛇丸・綱手の師匠です。 火影の就任期間は現時点では一番長く、四代目火影の波風ミナトが殉職した後に再度火影に就任するという歴代の火影の中でも異例の経歴を持っています。 得意な忍術は口寄せの術で猿魔を口寄せし、猿魔が棍棒に変化しそれを武器として戦うなど猿魔とのコラボレーション忍術を得意としています。 人柄も温厚で優しく、木ノ葉隠れの里の住民からも絶大な支持を集めていました。 しかし、優しすぎる性格が時に仇となることもあり、里抜けした大蛇丸を捕まえることができなかったり、同じく里の重役として里を守っていた志村ダンゾウの極端な思想を強く否定できなかったことが原因でうちは一族を滅亡へと追い込んでしまったりと木ノ葉隠れの里の闇を広げてしまう結果となりました。 しかしながら、確かな忍びとして実力と多大なる里の人からの信頼を得ており、「NARUTO」においては火影と言えば三代目という印象を持つ読者も多いのではないでしょうか。 猿飛ヒルゼンはプロフェッサーと呼ばれるほど忍術を使用し、大蛇丸やダンゾウの反応から見ても恐らく全盛期はとてつもなく強かったのだろうと安易に想像できますが、全盛期の場面があまりに少なかったため、歴代最強火影ランキング5位にしました。 第4位 千手扉間 いつか2代目火影をぼっちでやる。 — ハスキーは禁書3期が待ち遠しい ToaruLast• 年齢:不明• 身長:182. 体重:70. 得意な忍術:瞬身の術 2代目火影であり、初代火影の柱間の弟で、六道仙人の血筋を引いています。 自身は時空間忍術や水遁系の術を得意とし、水のないところでも高度な水遁の技を使うことができました。 また、術を生み出す才に長けており、影分身の術や飛雷神の術を編み出したのは二代目火影です。 同時に穢土転生の術等数多くの禁術も編み出しており、大蛇丸からは最も尊敬する忍びだと称えられています。 数多くの術を編み出しているがゆえに、その使い方を一番マスターしているのも二代目火影で、第四次忍界大戦時には穢土転生の術では、互乗起爆札という 札が札を口寄せし続け爆発を繰り返す技を披露しました。 スポンサーリンク 人柄はかなり厳格な人物で、忍びの世界にはルールが必要だと考え、木ノ葉隠れの里にもたくさんのルールや制度を作り、とにかく里を守ることに重きを置いて里の基盤を作りました。 そして、うちは一族のクーデターを恐れるあまりうちは一族を里の中枢から遠ざける政策を行い、結果そのうちは一族に対する冷遇がうちはイタチによるうちは一族の滅亡に繋がりました。 このように、里を守るためには手段を択ばない冷酷さも持っている人物でしたが、最後は里を守るために自身が囮になって殉職するなどどこまでも自身を貫きました。 第四次忍界大戦に穢土転生として復活した際は、戦術を考えることに非常に長けており、多彩な技を使ってオビトや十尾を追い詰めていたことから最強の忍の一人であることは間違いありません。 が、結果的に二代目の判断がうちは一族滅亡に追い込んだこと、禁術を生み出したが故いその後の忍びの世界が混乱してしまったことから歴代最強火影ランキング4位に位置付けしました。 第3位 波風ミナト 波風ミナトくっそかっこいいな〜〜あ!オイ!声優さん天才かよ、なんだアレ。 年齢:享年25歳• 身長:179. 体重:66. 得意な忍術:時空間忍術 4代目火影で、主人公のナルトの父親です。 時空間忍術を得意としており、そのスピードで後いう間に敵を片付けることから「木の葉の黄色い閃光」といって他里の忍から恐れられていました。 また、螺旋丸の開発者でもあります。 九尾襲撃の際に尾獣玉が里に飛ばされた際は自身の時空間忍術にて尾獣玉を里外に飛ばしたり、また自身も飛雷 神の術 を使いマーキングした場所ならどこでも飛ぶことができます。 一瞬で敵の懐に移動することができ他里の忍は「黄色い閃光を見たらすぐに逃げろ」と指令が出ているほどの実力者でした。 また、飛雷神の術の開発者は二代目火影・千手扉間だが、使い手としてはミナトが上だと扉間自身も認めています。 ナルトが生まれた日に、出産で封印が弱ったクシナを狙いオビトが九尾の封印を解いて里を襲った際に、禁術である屍鬼封神という封印術を使って陰の九尾のチャクラを自身に、陽の九尾のチャクラを当時赤子だったナルトに封印し絶命しました。 第四次忍界大戦中に穢土転生で復活した際は、九尾のチャクラをコントロールし忍大連合に大きく貢献しました。 四代目火影なしに忍び連合軍の勝利はなかったと言えます。 絶命したものの一人で九尾を封印したことや、九尾のチャクラコントロール、最強の時空間忍術の使い手であることから歴代最強火影ランキング上位に来ることは間違いありません。 しかし、上位2名は九尾封印の際絶命はしていないことから ナルトに至っては九尾をコントロールしている 歴代最強火影ランキング3位に位置付けしました。 第2位 千手柱間 千手柱間 初代火影。 木ノ葉隠れの里の創設者の一人で数多の忍一族から一目置かれ且つ恐れられた伝説的な忍。 「森の千手一族」の長であり、六道仙人の血筋でもある忍界において「最強の忍」「忍の神」と謳われ木遁忍術の使い手 — 現代野郎 suimatueee• 年齢:不明• 身長:185. 体重:74. 得意な忍術:木遁忍術 初代火影で木ノ葉隠れの里の創設者で、最強の忍として謳われ「忍の神」と呼ばれています。 弟の扉間と同じく六道仙人の血筋で六道仙人の息子大筒木アシュラのナルトの前の転生者です。 また、柱間唯一の血継限界の木遁忍術を使い、木遁忍術を使いたいがために初代の遺体から細胞を取り出し培養し移植しようとする忍びもいた。 大蛇丸・大和・マダラ等 また、仙術を使うこともでき、短時間で自然エネルギーを取り込むことができる使い手で、九尾を抑えるほどの威力を発揮します。 また、仙術により綱手の創造再生並みの回復力や、九尾モードのナルトをみて「チャクラ量は俺と張るな」と分析していることからとてつもない強さであることが分かります。 人柄としても、周りから慕われるリーダータイプで、おおらかな包容力と有無を言わせない威圧感を兼ね備えた不思議な人物で、だからこそマダラと気が合い友達になってしまったが故に一族と友情に挟まれて色んな事が複雑に絡まり合ってしまいました。 ただ、ナルトと同じでとにかく物事を前向きに進める力があり、忍同士の無意味な争いを減らすためうちは一族と手を取り合って里を作り、火影はマダラが孤立しないようにマダラに任せるという判断をしました。 しかし、周りの人にマダラが火影になることを大反対されたため、周りに後押しされるような形で柱間が初代火影に就任しました。 そこからは火影として他里との仲を取り持とうとし、平和な世の中を作ろうと奔走し、後を扉間に任せて殉職しました。 はっきりと殉職シーンは描かれていませんが屍鬼封神で封印されていることから殉職したことがうかがえます。 以上のことから強さを見ても、人柄を見ても歴代火影の中でも群を抜いていることが分かります。 しかしながら、強さだけならナルトといい勝負をするかもしれませんが、柱間が強く望んでいた平和な世の中が訪れるまでに相当な時間を有していることから2位に位置付けました。 第1位 うずまきナルト 【NARUTO】7代目火影さんが使える忍術少なすぎwwwww — ドラゴンコミック dragoncomic0813• 年 齢:32歳• 身長:166. 体重:50. 得意な忍術:影分身の術・螺旋丸 言わずと知れた「NARUTO」の主人公で、七代目火影で大筒木アシュラの現・転生者です。 前述したように幼いころ、母クシナに封印されていた九尾が暴走し里を襲った際に、父親である四代目火影・波風ミナトに九尾の陽のチャクラを腹に封印されました。 自分の意志とは関係なく封印をされてしまったため最初は九尾とナルトは敵対していましたが、後に和解しお互いのチャクラを練り合わせ、九尾のチャクラを体にまとった状態で戦うことができます。 また、六道仙人の血筋であり、アシュラの転生者であるナルトは六道仙人術を使えるようになり、同じく六道仙人の血筋であるサスケと六道仙人の母の大筒木カグヤを封印します。 ナルトの性格自体はとても明るいキャラクターですが九尾を封印された際両親は他界しているため天涯孤独になった上、里を襲った九尾が腹に封印されていることによりナルト自体が九尾のように扱われ、里の住人から迫害を受けていつもひとりぼっちだった過去があります。 次第に「火影になって里の皆に自分の存在を認めさせる」ことが目標となり、口癖のように口に出していましたが、ナルト自体が成長し、仲間も増え、強い忍者だと認識されるようになってからは平和な世の中を作るために火影になりたいというような描写が増えています。 次第に初代火影である柱間に近い思想を持つようになり、第四次忍界大戦終結の立役者となったナルトは他里の影たちからも評価を集め、他里の里との争いの終結への大きな道筋を作ることになりました。 忍としての実力は、最強と呼んで間違いないのではないでしょうか。 影分身に螺旋丸、仙術、九尾モード、六道仙術まで使えるとなると向かうところ敵なしと言って間違いありません。 実力だけでも柱間といい勝負、もしくは上回る力を持っています。 また、柱間が成し遂げたった「忍をひとつにまとめて平和な世の中を作る」という目標も叶え、今まで誰も成し得なかった平和な世の中への大きな一歩を踏み出しました。 以上のことから歴代最強火影ランキングの第1位はナルトで間違いないでしょう。 まとめ 以上歴代最強火影ランキングを発表いたしましたがいかがでしたでしょうか。 火影は皆強いのです。 強くないと火影は務まりません。 しかし、火影の仕事は強いだけではつとまりません。 0から里の人の信頼を勝ち得たこと、独りぼっちだったにも関わらず自分で仲間を増やしていったこと、憎しみに撃ち負けず仲間だけでなく他里との平和への尽力したこと、ナルトには歴代火影がしたくてもできなかった実績がたくさんあります。 以上のことからナルトが歴代最強の火影と言って間違いないでしょう。 ここに書いたことはほんの一部でしかありませんので他の記事も是非読んでみて下さい。

次の

ナルトの納得行かないポイント9選

ナルト 陰陽遁

妙木山の蝦蟇仙術の系譜に当たる。 陰陽遁を駆使するため通常の忍術が効かず、仙術か体術でなければダメージを与えられない。 また、4種以上の性質変化を融合させた求道玉が背中に浮かんでいる。 原理は不明だが浮遊能力を得る。 この術にはオビトとマダラが得た「六道の力」とナルトが得た「六道仙人モード」があり、前者は十尾の人柱力となることで、後者はハゴロモから仙術を授かることで開花する。 このうち六道仙人モードは、「この世の理を違えることなく理解し、味方につける」という独特の能力が覚醒する。 そのため、自然エネルギーを取り込む必要すらなく、ごく自然に仙術を使用することが出来る(それでも大技の使用には仙術チャクラの練り上げが必要だが、許容量は通常の仙人のそれを遥かに上回る)。 全のチャクラを体内に宿し、更にチャクラ体の六道仙人から力を授けられたことで開花した。 開眼以降は、ナルトの身体を拠り所として、遠くからでも尾獣達のチャクラを招集出来る。 身体的には、隈取が無くなった状態で瞳孔が十字になっている点が普段と異なる。 全身が黄色くなるチャクラモードにならずとも、求道玉を蹴り飛ばせる膨大なチャクラを有する。 後述のチャクラモードを「六道仙術モード」と呼ぶと誤解され易いが、『陣の書』によれば、この瞳孔のみが変化した状態を含めた、六道仙術チャクラを扱える状態を指して六道仙人モードと呼ぶらしい。 六道仙人から授かった右掌の陽の印がある状態では、特に凄まじい治癒能力を持ち、八門遁甲の陣を発動して瀕死になったや十尾を抜かれて同じく死にかけていたオビトの命を一時的に繋ぎ止め、を奪われたの左眼を即座に再生させたほど。 これ程の治癒能力は掌の印が消滅してからは見られないが、その後も他人の全身の大火傷を瞬く間に全快させる力を発揮しており、治癒力も六道仙術会得前よりは向上したままの模様。 各尾獣の性質変化を付与した様々な特性のを放つことができる。 この状態では新たな姿に変わることもでき、この姿では他の六道仙術の使い手同様に浮遊能力を体得した。 見た目は九喇嘛モードのコート状のチャクラがジャケット状になった姿。 錫杖ではなく黒棒を携え、チャクラの色が橙から黄に変化。 他のチャクラモードと明確に違うのは、顔のみ地肌が露出している点である。 the last時点ではまだ最終巻が出ていなかったため仙人九喇嘛チャクラモードで戦ったが、何故かこのチャクラモードの姿でも、浮遊能力でもって大筒木トネリと高速空中戦を展開出来ている。 「BORUTO」では、見た目は九喇嘛モードながら、六道仙術の最たる特徴である、隈取りが無い十字の瞳孔を併せ持つ姿も披露している。 以降の作品でも本気を出すと六道仙術を使用出来るのは間違いないが、上記の大戦末期でのみ見せたチャクラモードが他のモードと統合されているのか、別に存在するのは不明。 デメリットなんて後半からほとんど無視されてたよな。 つうかNARUTOの場合戦術 -- 名無しさん 2014-10-05 14:41:46• -- 名無しさん 2014-10-05 14:43:00• こうしてみると自来也すげえ。 他のキャラは尾獣の力とか変な細胞の力借りてるのにエロ仙人だけ修行だけで会得してる -- 名無しさん 2014-10-05 15:40:50• RPGでいうとNARUTOの世界では忍の上位職が仙人になるんだろうが、そこまでにいたれる条件が厳しいと。 -- 名無しさん 2014-10-05 16:15:03• オビト戦で一切使える素振り見せなかったのに唐突に使い出したミナト -- 名無しさん 2014-10-05 17:15:33• ナルトが仙術を使った時のミナト「これは自来也先生と同じ仙術!?」 -- 名無しさん 2014-10-05 17:26:12• 仙術チャクラは扱いが難しく自来也ですら少しカエル化してしまう。 またそれとは関係なく仙術チャクラをどれだけ多く練り長く維持できるか、などはまた別の適性ってことなのでは。 -- 名無しさん 2014-10-05 21:59:10• ミナトはコントロールは抜群に上手いけどチャクラ量はそこまで多くなくて仙術には向かないってことか。 九尾戦でも割とすぐバテてたし。 -- 名無しさん 2014-10-05 22:16:59• 永遠の万華鏡+スサノオ+九尾のマダラに対して仙人モード単体で圧倒した柱間どんだけ強いんだよ。 六道ナルトでやっと勝てるレベルか? -- 名無しさん 2014-10-09 17:59:45• 六道オビト程度を自分より強いってハッキリ言う柱間なんて今やナルトやサスケより弱いだろうよ。 -- 名無しさん 2014-10-09 19:27:37• ミナトが言うには神樹吸収前の六道マダラですら六道オビトより仙人の力は上らしいからな。 実際、中に八尾と陽九尾が入ってる分、神樹吸収する前でもオビトの上位互換だったし。 -- 名無しさん 2014-10-09 20:10:06• -- 名無しさん 2014-10-17 09:21:57• ナルトだけ何故棒なんだろ? -- 名無しさん 2014-10-17 16:43:09• ナルトが棒を肩の上に構えてるシーンが鉄パイプ構えてるみたいに見えて草。 -- 名無しさん 2014-10-21 12:53:19• とにかく妄想して回避しなされ -- 名無しさん 2014-11-29 13:11:08• 柱間の仙人モードは湿骨林由来って説があるな。 額の模様がカツユの目と同じなんだっけ -- 名無しさん 2014-12-10 09:41:50• 塩かけてみようぜ! -- 名無しさん 2015-01-06 20:38:40• そういえば自来也はペイン戦で餓鬼道に攻撃したときカエル化してたけど、あれってわざと? -- 名無しさん 2015-01-06 20:56:12• -- 名無しさん 2015-01-06 21:59:14• こんな化物合戦に命懸け&サポートありとはいえ参加したガイ -- 名無しさん 2015-02-20 11:25:16• ナルト自体は貰い物だからそこまで本人が強いって感じはしなかったむしろ柱間が単独で異常に強い -- 名無しさん 2015-02-21 17:05:58• 未だにナルトで一番カッコいいのはペイン戦の赤羽織仙人モードだと思う -- 名無しさん 2015-05-16 23:17:34• なので顔や手足が蛙に近くなってしまう。 -- 名無しさん 2015-05-17 05:08:06• 確かに自来也が下手くそなだけっぽいね。 大方、大玉螺旋丸用のチャクラ練ってたせいで気が抜けたってところかな? -- 名無しさん 2015-06-27 18:29:21• 自来也、フカサクに「まだ自分一人じゃできないのか?」とか言われたせいで微妙に立場が無いのがつらい。 少し疑問だが、自来也は自然エネルギーを常時取り込むためにフカサク様を肩につけてたけど、ミナトもフカサク様を肩につけて、常時自然エネルギーを取り込めるようにしたら、自来也と同等以上の使い手になるんじゃないか? -- 名無しさん 2015-07-03 23:57:47• 自身のチャクラ量の問題かもな。 自来也は自身のチャクラ量が多いから、仙術チャクラの扱いが多少下手でも送り込んでもらえれば使いこなせれる。 ミナトは扱いが上手くてもそもそもの自身のチャクラ量が少ないから一度に生成できるのは少量だし送り込んでもらってもカエル化しかねんという感じに -- 名無しさん 2015-07-04 17:10:57• 尾獣の能力とか身体的特性も仙術なのかな?血継限界使う奴もいるけど -- 名無しさん 2015-09-03 19:11:49• 卑雷神一人で発動できる時点でチャクラ量多いと思ってたけどお付きの特別上忍たちがショボすぎるだけだったのかも -- 名無しさん 2015-11-11 17:22:21• 座標固定、チャクラ量調整、「ちくわ大明神」という工程が何れも難解だから分担してると予想 -- 名無しさん 2015-11-11 18:31:47• メタ的な話になってしまうが、ミナトはイケメン枠だから蛙化しないんだと思う -- 名無しさん 2016-03-04 08:59:14• 仙術の一番の強みは感知能力だと思う。 恐らく数百キロ、下手したらそれより遥か先の戦場の様子をこと細かく知ることができるのは便利すぎる。 -- 名無しさん 2016-03-19 15:47:27• 赤衣纏った仙人モードのナルトめっさかっこよかった。 あれってペイン戦と劇場版ブラッド・プリズンにしか出てないのよね -- 名無しさん 2016-03-24 13:37:36• 戦闘能力も体改造しまくりのカブトだったとはいえあのイタチですら苦戦するレベルだし -- 名無しさん 2016-03-24 13:43:46• それに感知性能自体は通常の感知より下だし。 -- 名無しさん 2016-03-31 23:43:53• 白ゼツや穢土転生も感知出来てたから大丈夫だろ -- 名無しさん 2016-04-01 00:08:27• いずれにせよサクラがいつどうなるかも分からんのに大蛇丸のアジトでナルトもサスケも関係無い話まであんなダラダラお喋りしてたのは違和感 -- 名無しさん 2016-04-01 00:43:58• 無印劇場版二作目に出てきたゲレルの石も仙術に近いものだったのかな? 取り込むと肉体が呪印の状態2みたくなったし。 -- 名無しさん 2016-04-14 18:16:36• 「隈取は仙術会得の印」だとするなら、我愛羅の砂操作も仙術の一種?自然エネルギーを取り込んだ砂を操ってるとか? -- 名無しさん 2016-09-10 03:01:00• ガマ親ビンが守鶴のせいで寝不足だからとか言ってたような。 眼球にも変化ないしたまたま似た症状ってだけじゃね -- 名無しさん 2016-09-10 03:13:02• NARUTOの術のリスクって後半になると殆ど無視されてる -- 名無しさん 2016-09-11 18:00:16• ナルトとサスケの最終決戦で九匹分の尾獣チャクラに匹敵する程の自然エネルギーを受け取れたんだ?バランスが崩れて石化するだろあれ -- 名無しさん 2016-10-11 14:04:34• 九体の尾獣全てのチャクラで擬似的な十尾の人柱力状態になれている最終戦以降のナルトやサスケなら膨大な自然エネルギーを扱うだけの器がある -- 名無しさん 2016-10-16 03:46:24• NARUTOって術のリスクが後半は無視されるよね -- 名無しさん 2016-11-02 09:51:43• 穢土転生だけ使用者がほぼいなかったのもあってか他の術と比べ後になるほど欠点が浮き彫りになってたっけ。 仙人モードは尾獣チャクラと全く違う強さを持ってたから戦争でお蔵入りにならずに良かった -- 名無しさん 2017-02-23 03:23:52• サスケも使えるようになってるよねいつの間にか。 多分輪廻眼ゲットしてからだけど -- 名無しさん 2017-04-11 03:30:52• 呪印化が劣化仙術なのは後付けが過ぎる -- 名無しさん 2018-08-11 17:52:14.

次の

「陰陽遁」に関するQ&A

ナルト 陰陽遁

ここに登場する九星とは、 一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・ 六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星 という 9つです。 九星とよばれ、さらに水星や土星といった言葉があるため、 天体と関係した星占いのようなものと誤解される方がいるのですが、九星の 星は実際の天体とは何の関わりもありません。 水星や土星といった言葉の水 や土といったものは中国古代の五行説と呼ばれる考えに則ったものです。 こうした数が減る方向の巡りを九星では「陰遁(いんとん)」 と云います。 年家九星と月家九星は延々とこの陰遁が続きますから起点とな る年(月)さえ分かればあとは地道に数えていけばそれだけで求めることが 出来ます。 面倒なことがあるとすれば、この月や日は普通の暦の年や月ではなくて節切 りの年、月であることです。 これは二十四節気の節気と呼ばれる日で区切ら れた年や月ということで、例えば節切りの年は二十四節気の最初である立春 の日から始まる一年だと言うことくらいです(二十四節気の節気に日付が知 りたい場合は、Web こよみのページの「二十四節気計算」をご利用下さい)。 なぜカウントダウンする方向の陰遁なのかということに関しては、「そう決 まっているから」としか申せません。 なぜならこれは「占い」の話であって 暦計算や天体の運行などから生まれた意味を持った数字ではないので、その 法則に「必然性」が無いからです。 さてこうした年・月家九星と状況が少々異なるのは日家九星です。 カウントダウンの方向の陰遁ではなくて、カウントアップの方向です ね。 このカウントアップの方向の巡りを陽遁と云います。 「なるほど、日家九星は陽遁なんだ」 と早合点しないでください。 日家九星には陰遁も陽遁もあります。 この陰遁 と陽遁の切り替えは夏至の頃と冬至の頃に起こります(詳しく云えば、夏至 ・冬至にいちばん近い甲子の日に切り替わります)。 九星は 9個の組み合わせでありまた、六十干支とも密接に関係しているため 切り替わりのタイミングも、 9と60の公倍数である 180日を基本として切り 替えが起こるのですが、一年は365〜366日の長さですから、切り替えのタイ ミングはほぼ一年の半分の長さ 180日なので一年の半分離れた夏至と冬至の 時期に切り替えるとちょうど都合が良いのです。 年・月家九星は単純な陰遁のみなのに日家九星には陰遁と陽遁の二つがある のはと考えると、年・月はいつの年・月を採り上げても差ほど違いがあるも のではない(平均的には)ので切り替える必要はないのでしょうが、一年の 中で見れば季節の変化のように日常の生活感覚から見ても大きく変化するも のがあるため、これにあわせるために陰遁・陽遁という切り替えをするよう になったものと思われます。 九星(占い)の解説書を読んでも冬至から夏至の期間は自然界の万物が伸長 する時期なので陽遁、夏至から冬至は万物が衰微する時期なので陰遁とする といった説明がなされていますから、目にした季節の変化と連動する形に作 ったと言うことが分かります。 それは、陰遁・陽遁の巡りの基本は 180日、二つ合わせて 360日。 これは一 年の日数に近い数字ではあっても同じではありませんから、このままではい ずれ 夏至と冬至に最も近い甲子の日 で切り替えることが出来なくなってしまうと云うことです。 こうした問題は大体11年ごとにおこりまして、こうしたときにはどうするか というと「日家九星の閏期間」というものを設けて調整するのです。 更に困ったこととしては年・月家九星の候で既に述べたように九星の巡りは 占いのためにある意味好き勝手に決められた法則なので暦学的、天文学的な 必然性がありません。 とすると、例外を処理する「閏」の設け方にもこれだ というほど強い説得力を持った手順が示せないことです。 日家九星というものを考えついた誰かが「閏の入れ方」まできちんと決めて いてくれたなら問題が無かったのでしょうが、そうでなくて困った事態が発 生してから、日家九星を使っている人達が個々にこの困った事態を解決しよ うとしたため、日家九星の閏にはいくつもの計算方式が乱立している状態で す。 元々意味がないわけですから「それは間違い」とは言い切れないので、 こんなことになってしまっているわけです。 このため日家九星は「これが正解」というものが無くてそれを求めた人によ って「様々な日家九星」が出来てしまっています。 北半球の日本では確かに冬至から夏至は万物が伸長する時期ですが、この時 の南半球は・・・。 この説明では北と南の半球では日家九星の巡りは逆にならないといけないこ とになってしまいますね。 日家九星などを考えついた人の生きた時代には、 「南半球」なんて云う概念は無かったでしょうから、ただ自分の目の前の事 象と説明するのに都合良く陰遁・陽遁など考えついたのでしょうが、世界が 広がった今となってはこの考え自体が狭い世界での御都合主義以外の何者で も無かったことが分かってしまいました。 こんな風に考えると、幾ら「深遠な占術の意味」など語られても、ちょっと 信じる気には私はなれません。 まあ、ただの数字遊びで験担ぎみたいな軽いとらえ方であれば実害はないと 思いますが、これを人生を左右するような決断の判断材料にするのはどうか と思います。 まあ、信じる信じないはその人自身の問題ですけれど。 (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、 magazine. std koyomi. vis. jp までお願いします。 ) オリジナル記事: スクラップブック.

次の