自粛意味。 「自粛」の意味と使い方!「自粛要請」とは?「禁止」との違いも解説!【類義語・対義語】|語彙力.com

「不要不急」の外出自粛とは、具体的に何を指すのか。小池都知事はどんな説明をした?【新型コロナ】

自粛意味

自粛 じしゅく : 自ら進んで、自信の行動や言動を慎むこと 「自粛」の意味を詳しく 「自粛」とは、「 自分自身の意思で、自らの行動や言動を慎むこと」という意味を持つ熟語です。 他人のすすめや助言が最終的な決定になるのではなく、 自らの意思で、というところがポイントになります。 最近では大規模な災害やパンデミックの発生時、また、芸能人が不祥事を起こした時など、しばしば見かけることが増えました。 意思による行動の制限であるため、 絶対的な強制力を伴った意味ではありません。 そのため、実際に使用する場合には、受け取り手の価値観によって、その意味合いが変わってしまうため、注意を払う必要があると言えるでしょう。 業界全体への影響を考慮し、行きすぎた価格競争を 自粛する。 某有名人が自身の過ちを反省し、当面の活動 自粛を発表した。 地方自治体からの要請に従い、当社はイベントの開催 自粛を発表した。 上記の例文のように、「自粛」は企業や行政などの 公的組織や、名の知れた有名人などが社会に対し大々的な発表をする際によく用いられます。 「行動を〜」「営業を〜」などと言った言葉を前に伴って、使用されることが多い単語になっています。 その場合でも基本的な意味合いは変わりません。 「自粛」の語源 「自粛」という単語が一般的に使われ始めたのは、昭和前期、太平洋戦争開戦前後であると言われています。 総力戦が謳われた当時の日本において、戦時中としてそぐわない内容を含むものには検閲が入り、中止勧告が出ることがしばしばでした。 そうした中、当時の落語家が不適切と取られかねない噺を自ら封印したことで、広く使われることになったと言われています。 自重:ひたすらに我慢して、軽はずみな行動を避けること• 自制:自分の感情や欲望を制限すること• 制限:物事や行動に、一定の限界を設けること• 禁止:ある行為を行わないように命令すること 「自粛」が公的組織などが自らの意思で行動を慎むこと、という意味があるのに対し、最も近い意味を持つのが「自重」です。 その意味合いはほとんど同じですが、「自粛」が公的な主体を想定しているのに対し、より 個人的な出来事や行動に対して用いられるのが、「自重」という単語です。 また「自制」に関しても自らの意思で制限すること、という点では同義ですが、その制限対象に違いがあります。 「自粛」が行動の制限であるのに対し、「自制」は 食欲などの欲望や、恋心などの感情がその対象です。 続いて「制限」と「禁止」ですが、どちらも行動に対する単語という意味では「自粛」に近いものがあります。 しかし、「自粛」は主体の意思がその発端であるのに対し、「制限」や「禁止」は 外的要因により、主体の行動に影響が出ることを指します。 そのため、行動に対する拘束力にも違いがあり、「自粛」「制限」「禁止」の順でその拘束力は強まります。 こうしたニュアンスを履き違えると大問題になってしまう場合があるため、正しく押さえておくことが重要です。 「自粛」の英語訳 自粛を英語に訳すと、次のような表現になります。

次の

「自粛(じしゅく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

自粛意味

自粛とは「 自分から進んで、行動や態度を改めて慎むこと」という意味です。 読み方は「じしゅく」です。 近年よく聞かれるのは、大きな災害などで多数の犠牲者が出る事件があった後などに、エンタメ性の強いテレビ番組やコマーシャルなどを「自粛」する流れです。 同じように、一般の人たちの間でも、祝い事や旅行などを「自粛」する人たちもいます。 多くの人々が悲しみに暮れ、娯楽もないところに避難している人たちがいる。 それなのに関係ないところでぬくぬくと過ごしている人間が楽しい気分になっている場合ではない、不謹慎だから慎むべき。 そのような意見がよく聞かれるので、こういった自粛が行われるのです。 しかしこのような自粛ムードに対する意見は様々で、辛い時だからこそ明るい番組が見たい、楽しい話題が必要だと思う人たちも少なくありません。 そういった声は被災地からも聞こえてきます。 非常時だからこそいつもの番組で日常の気分を取りもどしたいという意見もあります。 センシティブな状況でどのような配慮が必要なのかということは、良く見極めねばなりませんね。

次の

「自重」「自粛」「自制」の意味の違いと使い分け

自粛意味

自粛 じしゅく : 自ら進んで、自信の行動や言動を慎むこと 「自粛」の意味を詳しく 「自粛」とは、「 自分自身の意思で、自らの行動や言動を慎むこと」という意味を持つ熟語です。 他人のすすめや助言が最終的な決定になるのではなく、 自らの意思で、というところがポイントになります。 最近では大規模な災害やパンデミックの発生時、また、芸能人が不祥事を起こした時など、しばしば見かけることが増えました。 意思による行動の制限であるため、 絶対的な強制力を伴った意味ではありません。 そのため、実際に使用する場合には、受け取り手の価値観によって、その意味合いが変わってしまうため、注意を払う必要があると言えるでしょう。 業界全体への影響を考慮し、行きすぎた価格競争を 自粛する。 某有名人が自身の過ちを反省し、当面の活動 自粛を発表した。 地方自治体からの要請に従い、当社はイベントの開催 自粛を発表した。 上記の例文のように、「自粛」は企業や行政などの 公的組織や、名の知れた有名人などが社会に対し大々的な発表をする際によく用いられます。 「行動を〜」「営業を〜」などと言った言葉を前に伴って、使用されることが多い単語になっています。 その場合でも基本的な意味合いは変わりません。 「自粛」の語源 「自粛」という単語が一般的に使われ始めたのは、昭和前期、太平洋戦争開戦前後であると言われています。 総力戦が謳われた当時の日本において、戦時中としてそぐわない内容を含むものには検閲が入り、中止勧告が出ることがしばしばでした。 そうした中、当時の落語家が不適切と取られかねない噺を自ら封印したことで、広く使われることになったと言われています。 自重:ひたすらに我慢して、軽はずみな行動を避けること• 自制:自分の感情や欲望を制限すること• 制限:物事や行動に、一定の限界を設けること• 禁止:ある行為を行わないように命令すること 「自粛」が公的組織などが自らの意思で行動を慎むこと、という意味があるのに対し、最も近い意味を持つのが「自重」です。 その意味合いはほとんど同じですが、「自粛」が公的な主体を想定しているのに対し、より 個人的な出来事や行動に対して用いられるのが、「自重」という単語です。 また「自制」に関しても自らの意思で制限すること、という点では同義ですが、その制限対象に違いがあります。 「自粛」が行動の制限であるのに対し、「自制」は 食欲などの欲望や、恋心などの感情がその対象です。 続いて「制限」と「禁止」ですが、どちらも行動に対する単語という意味では「自粛」に近いものがあります。 しかし、「自粛」は主体の意思がその発端であるのに対し、「制限」や「禁止」は 外的要因により、主体の行動に影響が出ることを指します。 そのため、行動に対する拘束力にも違いがあり、「自粛」「制限」「禁止」の順でその拘束力は強まります。 こうしたニュアンスを履き違えると大問題になってしまう場合があるため、正しく押さえておくことが重要です。 「自粛」の英語訳 自粛を英語に訳すと、次のような表現になります。

次の