鉢巻ゴリラ。 ゴリランダー育成論 : 【ハチマキゴリランダー】一意専心!ドラムアタック!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

あ〜らよ♪出前坊やがゴリラに覚醒!「ゴリラ一丁 スタミナガーリックにらそば野郎」お湯を入れるだけでお手軽

鉢巻ゴリラ

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

【実食】ゴリラ一丁 スタミナガーリックニラそば野郎 お、お前その姿‥!!

鉢巻ゴリラ

Contents• はじめに はじめまして!hiyokoです! ゴリラが行動したら相手は死ぬ構築で1800を記録したので紹介したいと思います。 ジャングルの教え ジャングルの教えが勝ち方を教えてくれました。 ジャングルの教えとは? A. ジャングルの教えを一言で言うならば、一撃一殺です。 簡単に言うと、「高火力技で殴って一撃で倒せば勝ち」という考えです。 また、ジャングルの教えと言えば、6世代トリプルバトルですね。 ヒヒダルマのフレアドライブで広大なトリプルの大地を駆け抜けていたのは良い思い出です。 構築経緯 一番高火力の技は爆発技ですが、自分が倒れてしまう爆発技を除くと一番高火力の技は破壊光線等の威力150の技となります。 威力150の技と言えば、がオメガルビー・アルファサファイアの時代にトリプルバトルで使っていたです。 その記事を参考に、私含めた3名で数値の高いポケモンで高火力技を上からぶち当てていく構築を考えました。 晴れブラストバーンの火力は等倍ならほとんど確定1発で持っていけますが、高耐久のポケモンには8割程度しか入らないこともあるため油断はできません。 めざめるパワー 地 は、この構築で重いヒードランに対して撃ちます。 S操作のあるリザードンは強いと思ったので追い風も採用しました。 晴れブラストバーンの火力指数は脅威の71212です。 さらに、ハードプラントZの火力は珠ハードプラントくらいのため、等倍ならある程度のポケモンを確定1発で倒すことができます。 珠ハードプラントが無反動で撃てると考えると、かなり強いと思います。 気になる地震ですが、リザードンのめざめるパワー 地 と併せてヒードランを落とすときに使います。 めざめるパワー 地 を採用しない理由ですが、地震ですとウツロイドに対して9割前後のダメージが入るため、地震の方が強いと判断しました。 勝てなさそうな構築に対しては、眠り粉で眠らせれば有利な展開になる可能性があります。 ハードプラントでD4振りコケコ確定1発 ハードプラントZでH4振り霊獣ランドロス確定1発 クサZの火力指数は50100と、ゴリラパの中では少し控えめです。 晴れ鉢巻フレアドライブ 以下、ゴリドラ で等倍のポケモンはほとんど死にます。 また、半減でも一撃で持っていけるくらいの火力はあるので、ゴリドラはほとんどのポケモンに対して効果抜群だと言えます。 B無補正のHBクレセリアくらいなら81. クレセはバナナ。 おやつ。 クレセリアなどのポケモンをゴリドラで一撃一殺したときは、「はいバナナ」と言ってあげましょう。 ちなみに、雨下のゴリドラの火力はメガガルーラの親子愛おんがえしとほぼ同じ火力だったりします。 ゴリドラは雨天決行 ゴリドラの火力指数は101088です。 他のポケモンとは桁が1つ違います。 さすがジャングルの王者。 岩技は岩雪崩と悩みましたが、相手の素早さを下げられる点を評価して岩石封じにしました。 相手の素早さを下げて次のターンにゴリドラで一撃一殺です。 上記の4匹では、バンドリなどの砂パに確実に負けてしまうので最速砂かきドリュウズを抜ける最速スカーフフェローチェを採用しました。 威嚇が入ってなければ、膝で耐久振りメガガルーラも倒せます。 エスパーZの火力はまさにジャングルの教えに相応しく、耐久に振っているガルーラも一撃で倒すことができます。 素早さは耐久に振っているサンダーを抜けるようにし、ついでに準速ドラン抜きにしました。 最近のガルーラは耐久に努力値を割いている個体もいるため、素早さが低いこともあるのでガルーラに行動される前にサイコキネシスZで一撃で倒すことも可能です。 特化フェローチェのどくづき耐え 準速ドラン抜き サイコフィールド下のサイコキネシスZの火力指数は78828です。 2ターンではフシギバナが特性の葉緑素により一番速くなると思うので、ハードプラントZで1匹倒します。 メガリザードンはおいかぜを選択します。 このターンでフシギバナが倒されていてポケモンの数が3-3の状態になっており、おいかぜにより上から殴れる状態になっていればほぼ勝ち確定です。 理想的な状態で3ターン目を迎えた場合はヒヒダルマを出し、ゴリドラと晴れブラストバーンで上から制圧できれば勝ちです。 ヒヒダルマが上から殴れる状態になれれば勝ちです。

次の

【剣盾S7シングル最終18位】御三家ゴリラサイクル

鉢巻ゴリラ

はじめに 構築記事ではお久しぶりです。 ざんくらです。 TNは今迄「はぐるま」でしたが、今作から「くるは」になりました。 よろしくおねがいします(?) 剣盾始まってから最初のシーズン、 本当に楽しかったです。 新ポケ達はもちろん、ックスでプレイングの幅が広がったこともあって、純粋に対戦を楽しめました 環境初期は 輝石+祟り目ドラパルトの状態異常サイクルや ロンゲスタートの壁構築を使ったり、中期は トリルからの鉢巻&張り切りアップリューで遊んだりと、いろんな構築を試したりしてました。 構築名の「嚮壁虚造(きょうへききょぞう)」は、 「実在しないものを存在するかのように捏造すること」という意味らしいです。 今回の構築のコンセプトはこの言葉通り(?)「壁を貼らずに壁展開をすること」。 積みに持たせた 半減実によって、 疑似的に壁展開の動きを再現します。 いろいろとおかしい。 以下自分の思考整理も含めて、この構築についてつらつらと書いていこうと思います。 常体だったり敬体だったり。 気分と読みやすさ次第。 構築経緯 相変わらず 「を使いたい」というところから構築スタート。 相棒龍として長年連れ添ったが不在なためドラパルト、と試し最終的に に構築単位で強くなれるに確定。 受けへの崩し枠を探している際、崩し性能と抜き性能を同時に持てる今迄になかったタイプの積みとして ファントムの性能が非常に気に入り、この時点で構築の軸をファンクスの3体に確定させた。 この3体で起点にし難い に対する積みアタッカーとして最初はバイウールーを採用していたが、最終的には飛行タイプの強みに惹かれ アーマーガアに変更。 起点作り役として、 最初はオーロンゲの二枚で回していたが、オーロンゲの対策が進みあまりにもその性能を活かせないと判断し、オーロンゲを泣く泣く解雇。 壁を貼る代わりに半減実を積みアタッカーに持たせまくって積みターンの弱さを補完、オーロンゲの枠には、が動き辛いキッス・雪ゴリラへの性能及び純粋な対面性能・起点つくり性能の高さを評価して を採用した。 基本選出 基本は カバ+積み2。 アーマーガアが見える場合に初手カバを投げるのであれば、ケアに裏(以下ファントムとします。 扇風機のファン+でファントム、流行れ)を添えます 相手にや等、イトケが一撃で倒される可能性のある場合は +積み2で動きます どちらのパターンでも、 「かが突破される状態」で裏の積みが動けるよう試合展開をコンできるようにします。 また、相手の初手が明確に読める場合は、それに合わせて初手から積みを投げる動きも視野に入れます。 及び相棒枠。 剣盾でも居てくれて泣いて喜んだ。 ゲーフリさんの靴は舐めると甘い 調整ついて、初期に用いていた壁前提珠個体を流用したためHP10n-1、A特化、Sは ひと巻き最速スカーフサザン抜きまで振って、陽気珠の影打ちダメージが落ちるところまでBに振って残りD 技構成ついて、ギアソーサーギンジまでは確定。 えらい。 ただやっぱりギアソーサーを外すと終わる。 シーズン終盤には呪い持ちや鬼火持ちが見られたため、今後はそう易々とはいかないかもしれない 特記するべき事項として、 オッカのみが最強だった。 主に発動対象は、、雪ゴリラ、ドラパルト。 最悪カバが展開できなくともダイスチルで落とせばいいと考え、オッカに変更した ックスの追加効果について、ダイサンダーは あくびや後出しに勝ち筋が作れ、またダイアタックは サザンに挑発を打たれた場合のS逆転手段として有用。 どちらの追加効果も非常に強い 上から打つダイスチルも強く、HPが半分程度残っていて一方的にできれば 、にも殴り勝てるいかれぽんち具合。 のサマダメも抑えられる また、いつもの如く 、等の身代わり主軸にも強い。 えらい。 よりも素のSが高く、で打点を持てる点が高評価 調整について、 を素で抜きたかったので陽気最速。 採用当初はキッスに対するダイスチルのダメージを考えてA振り切り珠だったが、ステロからの展開を考えて、 対面からドラパサザンと殴り合える耐久振りハバンに変更。 型破りで天然ヌオーを破壊できる都合上、 対用や用の、に対して外しのリスクを負わずかつ ダイホロウで殴り合いに強くなるシャドークローが欲しい場面もあった。 スペースが足りない ・ 使用感 火力が十二分に足りていて、とにかく強い。 アーマーガアの居ないptはこの一匹で壊滅されられることも少なくなく、A147は伊達ではなかった 龍の舞さえ積めばスカーフ雪ゴリラの上を取れるのも偉い。 また、ハバンをもたせることで龍入り構築に対して強気に初手に投げられるのが本当に強かった を起点にしたいが、常に 鬼火に怯えなければならない 問題を抱える。 アーマーガアの前で悪巧みを積むだけでゲームが終わることもしばしば 調整について、ダイジェットで ドラパルトを抜くためには臆病S振りが確定。 火力も心もとないため、CS振り切りで落ち着いた。 火力が足りないから控え目にしたいし、耐久があまりに足りていないためHに振りたい。 最速ドラパルトが絶滅したら控え目HCベースが良いかと思います 技構成について、一致技2つは確定、崩しと抜き性能の為に巧みも確定。 ドラパを倒すため、及び ダイアークによるックス同士の打ち合いに強くなるため悪の波動。 を重く考えるならが欲しい ・ 使用感 悪だくみダイジェット枠としては強力な対抗馬が存在するが、 アーマーガアにやりたい放題できる点、ダイアークによって相手の等とも打ち合える点、相手のに明確な有利が付く点を加味してこちらに軍配が上がった ラムのみは、欠伸で誤魔化そうとするや、毒を入れて処理しようとするヌオー等に非常に強く出られる 10万でギャラを落とせなかったり、 ゴリラをジェット二発で落とせないのはほんとに弱い。 火力が足りない。 エアスラ霊獣くださいという思いが強い 話の本筋とは全く関係ないですけど、 略称ファントム(扇風機のファン+)を浸透させたい。 って口に出すのあまりに長いからもうちょっとなんとかなりませんか。 を起点に出来るを探してたどり着いた。 中盤は コットンボディプレバトンのバイウールーを使っていた(強かった)が、選出画面での圧力とを透かせない(もふもふも乗らない)ためこちらに変更 調整について、Sをダイジェット一回で最速リザ抜き、HBを身代わりがナットの無振りジャイロを確定で耐えるところまで振って残りA 技構成について、 きしかいせいは時の圧力(ダイナックル威力100)のために採用。 積んだ後に出てきたを殴り散らかす。 身代わりを活用すれば威力200も夢ではないが、正規の起死回生使用はあまり現実的ではない ・ 使用感 ソクノの仮想敵は。 カバやバンギで削りを入れておけばを起点にすることすら可能、ということで採用した。 が、結局あまり選出は出来なかった。 選出できたときは3タテする パーティに存在するだけでの選出抑制になっていた実感があるので、採用し得かもしれない。 調整は、Sを岩石封じで抜き、HDをのを2耐えまで振った。 もともと放射を採用する予定で、物理特殊どちらも火力を削りたくなかったため無補正としたが、馬鹿力の火力を考えると意地っぱりがよい。 ゴリラの前で行動できるようにするためだけに襷を持たせている。 技構成について、裏に繋ぎやすい技かつメインウェポンとして岩石封じとバークアウト、馬鹿力は、やへの打点。 電磁波はやドラパルトに打ち込むことで、裏のがダイジェットを押さずに制圧する筋を取ることが出来るようになる。 が不採用なのは純粋に枠が足りないため。 は大抵相手のを一体持って行ってくれるので、総ダメージ量的には満足する。 の 足りない火力を補いかつ強力な初手誘導要因としての採用。 挑発やラム等が見えない、素直に仕事が出来そうなpt以外には裏から出したいが、だいたい仕事ができるので初手に出ていく有能なカバ 調整は、の巧みダイジェットを耐えるようDに割いたHBベース、のつもりだったが、計算間違えてたみたいで余裕で死ぬので意味のない感じになっています。 おかしいな。 技構成について、地面技を切って 身代わりサザンに屈しないボディプレス、 対面のとラム持ってるアピしてくるギャラキッスに打つ岩石、残り欠伸ステロ ボティプレスは果てしなく微妙。 サザン入りに出しやすくなるのは偉いが、実際サザンに打つことはほとんどなかった。 副産物的に、挑発してくるタチフサグマをワンパンできたりしたが、汎用性を考えると吹き飛ばしで良い気がする ・ 使用感 ボディプレスが非常に諸説あるが、とりあえず強い。 イトケのおかげでウオノラゴンやミトム、の前でも行動することが出来、不意のラム持ちに破壊される点以外は信頼できる。 カバの前でミミに切らせたら、裏のかノクスのダイスチルでしばけるのでかなり有利になる 鉢巻雪ゴリラが増殖しているので、その点についてはかなり選出しにくい 以上が個体各論的なアレになります この構築で厳しい・並び メモ書き程度に簡単に箇条書き。 ・ 通す以外に勝ち筋がない。 はアイヘで怯まされる。 唯一に地面技が欲しいと思った相手 ・キッスギャラパル以外のラム 考慮外のラムで突破されると、裏が誰も起点に出来なくて詰みます ・鬼火、鬼火ドラパルト 起点にし難いことこの上ない。 ・アーマーガア++ がで完全に止まり、ノクスがアーマーガアで止まり、はで止まる。 相手に先にを切らせてを通すか、こちらので相手のバンドリどちらかを無理やり持っていく筋を考える。 アーマーガアを通したほうが良さそうだが試したことはない。 信用がないので...。 これは一例であり、 それぞれの積みアタッカーが完全に止まる駒を配置している構築に対しては、 如何に相手のックスを消費させるかorで誤魔化すかを考えて立ち回る必要がある。 の電磁波で麻痺を入れると、しびれを嫌ってそのにを切りにくくなるため、それも考慮に入れる。 おわりに というあたりで、だいたい書きたい事は書けた気がします。 こんな長い記事に付き合ってくださってありがとうございました、ほんとに。 最終日に最高205位、そこから一敗して今シーズン締めましたので、一応最終レート的なアレもそこそこあるような気もします。 従来の価値観に引きずられるのは良くないですが、今迄レート2000という数字を目標にしてきた分、順位でしか結果が得られないシステムに関しては微妙なモヤモヤは残りますが。 まぁまぁまぁといった感じで。 (配信ではアーマーガアの型は違います) もしよろしければ、こちらもお願いします 最後に、用ということでもう一度だけPT画像を貼っておきますね。 ぜひ使ってあげてください。 展開の仕方さえ理解できれば強いはず ではでは、一年お疲れ様でした。 このあたりで締めようと思います。 もし何か質問等あれば、 zahnradpokeにお願いします。 わかる範囲であればなんでもおこたえいたします 来シーズンは+ドラパルトの状態異常サイクルか、トリルをなんとか詰めていきたいですね。 どちらもパワーのある動きだとは思うんだ。

次の