あぶり出す 類語。 うねりとは

「ご指摘」の意味や言い換え方は?類語や敬語・例文が気になる!

あぶり出す 類語

スポンサーリンク 「ご指摘」の意味や使い方は? まず最初に 「ご指摘」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「ご指摘」は「指摘」という名詞に敬語の接頭辞「ご」を付けた、丁寧な言葉です。 「指摘」の「指」は、文字通りには手先の指のことですが、漢字の成り立ちをみると、てへんに旨という字から成り立っています。 旨は 「スープが旨い(うまい)」といった語句からも分かる通り、 「おいしい食べ物」という意味があります。 このため 「指」は元来は手においしい食べ物を持つことを示し、転じて「指さす」ことを表すようになりました。 一方「摘」はてへんに「啇」というつくりになっています。 「啇」にはそもそも「多い」という意味があり、元来は果実をたくさん拾い集めることを示したとされます。 ここから 「摘」は、 「つかみ取る」、「選び取る」こと、さらには 「要点をまとめる」、「他人の秘密を発表する」といった意味にも広がりました。 こうしたことから、 「指摘」は 「全体の中から大事なこと、注意すべきことなどを具体的に取り出して、はっきり示すこと」という意味になります。 単に指し示すだけでなく、とりわけ「多くの中からあやまりを指し示し、暴き出すこと」という意味合いを強く持ちます。 また 「指でつかみ取る、摘み取る」という動き自体を示すこともあります。 この丁寧な形が「ご指摘」ですから、主にはビジネスシーンなどで、「こちら側の間違いなどを指し示していただく」という趣旨で使われることが多い言葉だといえます。 「ご指摘」の言い換え方は? 次に 「ご指摘」の言い換え方について見ていきましょう。 「ご指摘」を言い換える言葉をまとめておきますね。 ご教示• ご指導• ご意見 「ご指摘」の言い換え方をご紹介しましたが、ここに例示したそれぞれの語句が、「ご指摘」と全く同じ意味で、どれを言い換えに使用しても不都合がないかというと、そうではありません。 スポンサーリンク やはりおのおのにニュアンスが異なりますので、使用する際には注意が必要です。 例えば「」は 「教えていただく」という意味になります。 「やり方についてご教示願います」などと使います。 また「」では、表面的な操作法というよりも、ものごとの中身や意義、技術そのものを深く、長期間教わるというイメージがあります。 一方「ご鞭撻」は 「努力するよう励ますこと」という意味ですので、一般にはビジネスの挨拶文などで 「今後ともご指導、ご鞭撻たまわりますよう、よろしくお願いします」などと、定型的に使うことが普通です。 「ご指摘」は前述したように、 「全体の中から誤りを見つけて、指し示す」といった意味合いがあります。 基本的には悪い点をあぶり出す、取り出すという用例が一般的です。 このため、言い換える場合としては 「当方の誤りをご教示くださり、誠に恐れ入ります」や、 「ご意見をいただいた点につきましては、早急に善処いたします」といった言い方が適切となるでしょう。 「ご指摘」の類語や敬語・例文を教えて! 最後に 「ご指摘」の類語や敬語、例文を見ていきましょう。 「指摘する」の類語には次のようなものがあります。 要望する• 指示する• 名指しする• 指さす• 指名する• 指定する• もの申す• 異議を唱える• 摘発する 敬語表現の「ご指摘」の類語としては、 「ご要望」、「ご教示」、「ご意見」、「お示し」、「ご指定」、「ご指名」などとなります。 「ご指摘」の例文としては次のようなものが挙げられます。 先般ご指摘いただいたとおり、早速修正させていただきます。 当方の手落ちにつきまして、ご指摘くださりまことにありがとうございました。 契約書の案文を作成いたしましたので、ご一読の上、訂正箇所等がございましたら、ご指摘のほどをお願い申し上げます。 「ご指摘」の類語や例文をまとめてご紹介しました。 類語や例文を知ることでその言葉に対してより一層、理解が深まると思うので是非、参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご指摘」の 詳しい意味や正しい使い方、そして言い換え方や類語、例文について詳しくご紹介しました。 同じような言葉でも使うシーンによってはしっかりと選ばないといけませんし、正しい認識で相手に伝える為には意味もしっかり理解しておかないといけませんね。

次の

浅薄とは|意味・読み方・使い方、類語・対義語・英語表現を解説

あぶり出す 類語

選民意識とは? 選民意識とは選ばれた存在だと意識すること 選民意識とは、選ばれた存在だと意識するという事です。 自分自身が他の人とは違い、選ばれた人間であり、格が上であると思い込んでいる意識の事を選民意識といいます。 俗にいう、エリートと呼ばれる人の中にはそのような選民思想を強くもつ人が多く周囲とは住む世界が違うのだと思っています。 そのため、威圧的な雰囲気や態度、または言動などが目立ち特別意識がとても強い傾向があります。 選民意識とはエリートな人間だと勘違いしている意識 選民意識とは、エリートな人間だと勘違いしている意識という事です。 選民意識が強い人は、エリートだと勘違いしている人が多く学生の頃からその意識がありリーダー格になったり威張る行為が目立ちます。 そのまま大人になった場合、職場でも同じように周囲との違いや差を見せつけようと威嚇したり誰も寄せつけないような雰囲気を醸し出します。 選民意識とは神に近い存在だと信じる意識 選民意識とは、神に近い存在だと信じる意識という事です。 極端に選民意識が強い人は、自分自身を神に近い存在だと信じこみ選民思想が強くなり宗教的な価値観を持ち出します。 そのため、周囲を巻き込んで自分を重宝させようと脅しをかけたり暗示をかけ自分自身を神に近い存在だと思い込ませようとするのです。 それだけ選民思想や特別意識が強い傾向がある場合には、周囲も気づくほどになっているので事が大きくなる前に対処をするようにして下さい。 選民意識とは特別意識が強く存在自体を偉いと感じている 選民意識とは、特別意識が強く存在自体を偉いと感じている事です。 上記でも説明しましたが、選民意識とは自分自身の存在を偉く大きい存在だと感じているという事なのです。 歴史上でいえば、イエスキリストなど宗教における奉っている存在だと思い込んでいます。 選民意識が強い人は、自己主張が激しく我が強い傾向があります。 周りに流されない強い意志があるといえばプラスですが、協調性がないとも取れる特徴なのです。 選民意識が強い人は、自分の意見や考えに絶対的な自信をもっているため、周囲からどれだけ反対され間違いを指摘されようとも簡単には自分自身の意見を曲げる事はありません。 それだけ自分の意見や考えに自信があり、例え結果的に間違った方向だったとしても、自分に非があるとは考えません。 あくまで、選民思想ですので間違った考えや意見も1つの主張だと思い正す事はしません。 上記でも説明しように、選民意識が強い人はエリート意識が強く周りとの違いを見せつけたがる特徴があります。 そのため、周囲から迷惑がられたり嫌われる傾向がありますが本人は至ってそのような事は気にも留めておらず自分が選ばれたエリートである事には変わりはないので強い自信をもっています。 特別意識が強いため、プライドが高く周囲にあまり気を許さず醜態を晒すのを嫌がる面があります。 いつも完璧な存在でなければいけない、多くの人に注目されていると思っている節があります。 ある意味、自意識過剰ではありますが強い選民意識があるのでプライドが崩れる事はないのです。 また関連記事では、プライドが高い人の特徴診断について詳しくご紹介しています。 選民意識が強い人はプライドが高い傾向があるため、周囲から嫌われやすい傾向があります。 少しでも自覚があるという人は、自分自身で気づき改善していくためにもぜひ特徴診断をチェックし直す方法についてよく理解してみましょう。 特別意識や選民意識が強い傾向の人は、なかなか素直に人の意見や考え方に耳を傾ける事ができません。 凝り固まった自尊心や、自信が自分自身を覆っているため純粋の人の話が入ってこないのです。 選民意識とはそれだけの影響を自分自身に与えている場合もあり、意識が強ければ強いほど純粋に人の意見や考えを受け入れる事はできません。 また、このような人は自分の間違いも素直に認める事ができず時として他人に責任を擦りつけてしまう事もあります。 そういった行為は、人からの信頼や信用を失う可能性が十分にあるのです。 特別意識や選民意識が強い人は、自分がエリート的な存在である事に誇りをもっています。 もちろん学歴や、容姿また性格など人とは違う優れた部分だけに関して強烈な自信やプライドをもっているのです。 だからこそ、エリートである自分を重要視しています。 周囲とは違った、何よりも選ばれた存在だという事に優越感を抱きある意味差別視をしている特徴もあります。 それだけ強い意識や自信またプライドをもっているため、鼻につくような態度や周囲が不快に感じるような態度で違いをアピールする傾向があるのです。 職場や友達、先輩や後輩など選民意識が強い人というのはどの場面においても存在します。 そのような人と初めて接する人は、強いエリート意識や選民思想に驚きを隠せず動揺してしまいます。 しかし、強い特別意識をもつ人とも上手に付き合っていかなければならないのが現実です。 適度な距離感というのは具体的に、相手と必要以上の会話をしないという事であったり、同じ空間になるべくいないようにするという事なのです。 あからさまにしてしまうと、もちろん相手も気づきややこしくなる場合があるので気づかれない程度に接する機会を減らしていく事が最善でもあります。 やはり、特別意識や選民思想が強い人の意見というのは真に受けない事が得策なのです。 こちらが真に受けいちいち反応を示していては、身が持ちません。 選民意識が強い人は、自分が正しい人間で選ばれた存在なのだとアピールし周囲から羨ましがられ重宝されたいという欲が少なからずあります。 だからこそ、相手からの挑発にまんまと乗ってしまっては思う壺なのです。 自分の思い通りにしようと絡んできたり、挑発を受けた場合でも否定する事なく軽く受け流してみて下さい。 あまりおすすめできない付き合い方ではありますが、仕事のメンバーであったりどうしても同じ行動を余儀なくされたり必要以上の事を話さなければいけない時はしっかりと指摘し特別意識を否定する事も重要なのです。 エリート意識の強い相手ですので、簡単には受け入れません。 否定をしたり、怒ってしまい自分自身を否定されたような気分になるため必要以上に気分を害してしまうケースもあります。 しかし、そうする事によって自分の存在意義を改めて考え直し協調性や周囲への配慮のなさなど多くの事に気づかされる事もあるのです。 どうしても耐え切れないという場合、頼りにできる相手に全てを打ち明けてみるというのも付き合い方の1つなのです。 特別意識や選民意識が強い人というのは、思っている以上に厄介な存在でもあります。 スイッチがどこにあるのか分からず、人とはズレた価値観や考え方の持ち主ですのでポイントを間違えれば大事になってしまう可能性も十分に考えられます。 まずは、選民意識が強い人に悩まされているならば決して1人では抱え込まず他の人に相談をしてみて下さい。 また、間に入ってもらうというのも良いかと思います!上記で紹介した付き合い方の他にも、最善の策はいくらでもあります。 状況や、自分の現状など様々な事を配慮した上で1番の付き合い方を実践してみて下さいね。 何よりも重要な事は、自分自身の選民思想や特別意識をよく客観視する事でもあります。 客観視というのは、理解する事ではありません。 大まかな面でも良いので、自分自身の感情や考え方また価値観など冷静に把握するという事です。 選民意識をもつ事で、引き起こされる悪影響や周囲へ与えている事など改めて客観視した時になぜ手放さなければならないのか本質が見えてくるかと思います。 当たり前の事ではありますが、特別意識が強い人は周囲の人に対する思いやりや優しさが欠落している傾向があります。 小さい事でも、誰にでも優しく接するという心や気持ちを何よりも忘れずに意識を改善していきましょう。 まずは自分自身の根本的な意識をよく知り、選民思想を抱いていた部分や間違っていた改善すべき意識を理解してみましょう。 その上で、周囲との歩幅を合わせ独り善がりにならない努力をしてみて下さい。 選民意識を手放し自分自身をよく見つめ直しましょう! 選民意識や特別意識、また選民思想というのは時として自分の人生に悪影響を及ぼし家族や恋人、友人などとの関係性を悪くする場合があります。 人から指摘をされるよりも、まず自分自身をよく見つめ直し客観的に意識を理解し周囲との関係性や根本的な意識を改善するようにしましょう。

次の

『トラウマ類語辞典』

あぶり出す 類語

浅薄の読み方と意味 「浅薄」という語は「せんぱく」と読みます。 意味は「ものの見方や考え方が浅く、薄っぺらで浮ついていること」を表します。 浅薄の使い方 「浅薄」は名詞ですが、日常会話や文章では「考えが甘い」「思慮が足りない」などを意味する形容動詞として用いられるのが一般的です。 たとえば前述の「浅薄な知識」あるいは「浅薄な言動」「やることなすことが浅薄すぎる」「浅薄に判断する」といった形で表現されます。 浅はかとの違い 「浅薄(せんぱく)」という言葉は「あさはか」と混同されがちですが、「浅薄」と「あさはか」は全く別の言葉です。 非常にまちがいやすいので、読むときには注意が必要です。 「あさはか」は漢字で「浅はか」と書きます。 「はか」はひらがなが基本です。 漢字で書くことはありません。 一部に「浅墓」という当て字も見られますが、これはまちがいです。 「浅はか」の「はか」は接尾辞ですので、単独では意味を持ちません。 語源も「墓」ではなく「量をはかる」という意味から来ています。 もともと「あさはか」は面積や容積が足りないことを示す言葉でした。 それが転じて、「思慮や配慮が足りないこと」を意味するようになりました。 「浅はか」の接尾辞の「はか」は語源の名残といえるでしょう。 浅薄の類義語 浅薄と同じ意味の類義語としては「浅はか(あさはか)」「軽薄(けいはく)」「皮相(ひそう)」などをあげることができます。 「浅はか」は、すでに説明したように、「浅薄」と混同されやすい言葉です。 「浅はか」と「浅薄」は漢字も語源も違いますが、意味はほぼ同じです。 次に「軽薄」は「態度や言葉にじゅうぶんな配慮がないこと」「浅はかで軽々しいこと」を意味する言葉です。 古くは「お世辞」や「お追従」の意味もありましたが、時代を経るうちに「歯の浮くようなお世辞やお追従で、人の機嫌を取ろうとする人」を意味するようになりました。 現代では「お世辞」や「お追従」の意味は希薄になり、軽薄は「浅はかで軽々しい人の言動」という意味合いが強くなっています。 類義語の3番目の「皮相」は、「物体の表面」「うわべ」という意味のほかに、「物事をうわべだけで判断し、その本質を理解するに至らないこと」などを意味します。 要するに「浅はか」が深さや奥行きがないことを示すのに対して、「軽薄」は重みがないことを、「皮相」は厚みがないことを示す言葉と考えてよいでしょう。 浅薄の対義語 浅薄と真逆の意味を持つ対義語としては、「深厚(しんこう)」「重厚(じゅうこう)」「深遠(しんえん)」などをあげることができます。 「深厚」は、意味がとても深く厚いこと、人の態度や気持ちが心の奥底からわき起こった本音の表れだということを意味します。 「重厚」は、人や物の外観や性質がどっしりしていて、落ち着きを感じさせることを意味します。 「深遠」は意味や内容が奥深く、簡単には見通せないほど遠大なことを意味します。 類義語と対義語の例文 類義語「浅はか」の例文.

次の