北陸本線。 JR北陸本線の路線図

北陸本線を走る列車たち

北陸本線

北陸本線を走る列車たち 北陸本線を走る列車たち 3月14日に北陸新幹線の長野-金沢間が開業すると同時に、富山県内の路線は並行在来線として第3セクター「あいの風とやま鉄道」に移行し、定期列車は全て普通列車となり特別急行列車等は無くなり見られなくなる。 北陸新幹線とトワイライトエクスプレスを撮りながら集めた、北陸本線を走る列車の姿を整理してみた。 5 ・「寝台特急」トワイライトエクスプレス Twilight Express 大阪-札幌間を運行している臨時寝台特別急行列車。 大阪発札幌行きは1,495Kmを22時間、札幌発大阪行きの上りは1,509Kmを23時間かけて運行する日本一の長距離旅客列車で、大阪11:50発が富山に16:30、札幌14:05発が次の日の朝の8:01に富山に到着する。 途中、雪が降っていたのか、ヘッドマークが雪で隠れている。 太陽が昇り雪化粧した山肌をバックにゆっくりと進む。 北越急行の681系2000番台・683系8000番台「スノーラビットエクスプレス」、JR西日本の681系0番台「ホワイトウイング」が使用されている。 また、車両不足が発生した場合「サンダーバード」で運用される683系4000番台が代走している。 ・「特急」北越 JR西日本と東日本が金沢-新潟間を北陸本線と信越線経由で、毎日5往復運行する特別急行。 JR東日本の485系電車の6両編成が使用されている。 名古屋-富山間は7往復運行されている。 金沢総合車両所の683系2000番台のうち、基本的には側面に青とオレンジ色の帯の入った専用車両が使用されている。 前身は特急列車「雷鳥」・「スーパー雷鳥 サンダーバード 」で、後に「サンダーバード」に改称された。 全列車が681系と683系電車で運転されている。

次の

ザッツ北陸本線【ブルーレイ】 :VB

北陸本線

JR西日本と北越急行の681系・683系がそれぞれ使用された。 ほくほく線の普通列車の一部は、日本初のシアター・トレイン「ゆめぞら」で運転。 詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 かつて特急「いしかり」にも使用された旧国鉄色の編成も活躍した。 特急の合間を縫って413系による普通列車も運転。 7kmを約22時間、上りは1,508. 5kmを22時間50分で走破した。 現役最後の国鉄急行形電車となったが、新幹線開業と引き換えに引退。 永らく活躍してきた、交流50・60ヘルツと直流の3電源対応のEF81形にも、引退の日が近づく。

次の

ザッツ北陸本線【ブルーレイ】 :VB

北陸本線

北陸本線の運賃・路線図・時刻表 北陸本線とは 北陸本線とは、JR西日本が運行している、米原駅から金沢駅までを結んで走っている路線のことです。 この区間の営業キロ数は176. 6キロメートルほどとなっています。 JR西日本は、北陸3県と近畿地方・中国地方を中心に鉄道路線を持つJRグループの会社で、本社は大阪府大阪市にあります。 JRグループ内でのコーポレートカラーは青色となっています。 目次 北陸本線の運賃 JR各線の 大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。 小児の場合は大人の料金の半額(5円の端数は切り捨て)になります。 ただし、JRの場合は他の私鉄各線とは違って運賃体系が複雑で、普通運賃の場合、JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)と、JR北海道・JR四国・JR九州の各社でそれぞれ異なります。 2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。 幹線または地方交通線のみを利用する場合、東京・大阪の電車特定区間のみを利用する場合、山手線内・大阪環状線内のみを利用する場合でも、それぞれ運賃は異なります。 注意:下記の運賃表は 令和元年 2019年 10月1日消費税増税後の改定運賃を表示しています。 本州3社内の幹線の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ (運賃計算キロ) 片道運賃 (基準額) 1から3キロ 150円 4から6キロ 190円 7から10キロ 200円 11から15キロ 240円 16から20キロ 330円 21から25キロ 420円 26から30キロ 510円 31から35キロ 590円 36から40キロ 680円 41から45キロ 770円 46から50キロ 860円 51から60キロ 990円 61から70キロ 1,170円 71から80キロ 1,340円 81から90キロ 1,520円 91から100キロ 1,690円 電車特定区間の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 東京 大阪 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 220円 220円 16から20キロ 310円 310円 21から25キロ 400円 400円 26から30キロ 480円 470円 31から35キロ 570円 560円 36から40キロ 650円 650円 41から45キロ 730円 730円 46から50キロ 820円 810円 51から60キロ 940円 940円 61から70キロ 1,100円 1,100円 71から80キロ 1,270円 1,270円 81から90キロ 1,450円 1,440円 91から100キロ 1,610円 1,610円 山手線内・大阪環状線内の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 山手線内 大阪環状線内 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 200円 200円 16から20キロ 270円 260円 北陸本線の路線図と時刻表 北陸本線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。 その他、 JR西日本の公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。 公式ホームページへのリンクは次のとおりです。 ICOCAの購入方法 交通系ICカード「ICOCA」は、JR西日本のICOCAエリア(北陸・中国・四国・近畿の営業エリア)の駅の「みどりの窓口」、または「みどりの券売機」(おとな用通勤のみ)および「ピンク色の自動券売機」で発売されています。 ただし、一部の窓口や券売機の機種によっては購入できないことがあります。 「みどりの窓口」で「ICOCA定期券」を購入する際、または磁気定期券から「ICOCA定期券」への交換(発行替え)をする際は、「ICOCA定期券購入申込書」に必要事項を記入するため、通常の無記名で購入する方法とは若干異なります。 なお、「ICOCA」はクレジットカードでも料金を支払って購入することが可能です。 通学定期券と塾への通学 通学定期券は、自宅最寄駅と学校最寄駅間の「乗車距離の短い経路」「定期運賃の低廉な経路」「著しく迂回とならない経路」のいずれかで発売します。 したがって、利用目的としては自宅と学校との往復が原則になってくるため、塾やアルバイト先など、利用者自身の都合による区間の変更や目的外の経路の選択はできません。 JR西日本のモバイル専用アプリ JR西日本では、JR西日本管内の在来線(特急列車を含みます)および新幹線の列車の運行に関する情報を提供する スマホ用のアプリ「JR西日本 列車運行情報 アプリ」を無料でダウンロードできるサービスを行っています。 このアプリは公式ホームページのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかからダウンロードすることが可能です。 アプリが持っている便利な機能としては、列車が今どこにいるのか・どれくらい遅れているのかを手持ちのパソコン・スマートフォンなどから一目で確かめられる機能などがあります。

次の