いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう動画。 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう続編・再放送はある?見逃し動画を無料で見る方法!|BROOKLYN

「いつ恋」のドラマ動画(1話~10話<最終回>)を見放題で視聴する方法

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう動画

幼いころに女手ひとつで育ててくれた母を亡くした杉原音(有村架純)は、育ての親である林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。 雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態だった。 音は、「あきらめること」を教え込まれてきたため、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。 曽田練(高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。 福島で、農業に従事する祖父・健二(田中泯)に育てられた練は、人を疑うことを知らない。 健二がだまし取られた畑を買い戻すために上京した練は、運送会社の先輩たちからひどくこき使われ、毎日へとへとになるまで働いていた。 給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っている。 そんな練には日向木穂子(高畑充希)という恋人がいた。 練のアパートに日常的に泊まっている木穂子は、何かとだまされがちで借金を作ってしまう練に金の工面もしていた。 練は、困惑しながらもそれを拒絶することができない。 ある日、練は、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から古ぼけた手紙を見つける。 「音へ」と書かれたその手紙を読んだ練は、これは絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、会社のトラックを飛ばして北海道へと向かう・・・。

次の

懐かしのあのドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を動画で見よう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう動画

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう ジャンル 脚本 演出 高野舞 出演者 エンディング 「明日への手紙」 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜 21:00 - 21:54 放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 10 特記事項: 初回・第2話・第5話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 初回の20:59 - 21:00に別途『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 放送直前カウントダウン』を放送。 『 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつかこのこいをおもいだしてきっとないてしまう)は、系「」枠にてからまで放送されたである。 主演はと。 略称は いつ恋(いつこい)。 第3回作品賞・脚本賞などを受賞した。 企画・制作 [ ] それぞれに辛い過去を背負っているにも関わらず明るく前向きに生きようとする主人公の音()と練()の二人を中心としながら、彼らを取り巻く四人の男女の想いが複雑に絡み合いながら物語が進んでいく群像ラブストーリーで、によるオリジナル脚本。 プロデューサーは、演出は並木道子、石井祐介、高野舞。 作中では前半はが発生する2011年前後と、後半では5年後となる2016年と、時系列が分かれた2部構成で物語が進む。 2015年に追加キャストが発表された。 また、同年に追加キャストならびに主題歌が発表された。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年4月)() 幼い頃に母を亡くした音(有村架純)は、北海道で養父母と暮らしていた。 一方、福島から上京した練(高良健吾)は、東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。 練には、木穂子(高畑充希)という恋人がいた。 ある日、練は、友人の晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から「音へ」と書かれた古い手紙を見つける。 練は、手紙を持ち主に届けるため、トラックで北海道へ向かう。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] 杉原 音(すぎはら おと) 演 - ](幼少期: 出身。 幼少期に母を亡くしている。 会話に時折を混ぜて話す。 職業はで、介護施設「春寿の杜」で勤務。 現状を受け入れながらも明るく前向きに生きる性格。 曽田 練(そだ れん) 演 - (幼少期: 出身。 東京で運送会社「柿谷運送」の引越しの仕事に就いている。 両親を早くに亡くしている。 心優しく、人を疑うことを知らない。 音が北海道で関わった人々 [ ] 林田 雅彦(はやしだ まさひこ) 演 - (第1話) 音の育ての父 林田 知恵(はやしだ ちえ) 演 - (第1話) 音の育ての母 白井 篤史(しらい あつし) 演 - (第1話) 音の婚約者。 実業家 仙道家によく遊びに行く人々 [ ] 日向 木穂子(ひなた きほこ) 演 - 広告代理店勤務の女性。 練の恋人。 市村 小夏(いちむら こなつ) 演 - (幼少期: ) 練の幼馴染で、好意を抱いている。 中條 晴太(なかじょう はるた) 演 - 練の友人。 小夏に好意を抱いているが、小夏の気持ちを知っており応援する。 仙道 静恵(せんどう しずえ) 演 - (第2話 - 第3話、第5話 - ) 音や練の理解者であり、自宅を彼らのたまり場として解放している。 介護施設「春寿の杜」に関わる人々 [ ] 井吹 朝陽(いぶき あさひ) 演 - () 介護施設「春寿の杜」を経営しているグループ企業の御曹司。 従業員をナンパする軽薄な性格。 経営者の父に対し愛憎を抱いている。 神部 正平(かんべ しょうへい) 演 - (第2話 - ) 介護施設「春寿の杜」の所長。 スタッフに対するパワハラを行う。 井吹 和馬(いぶき かずま) 演 - (第3話 - ) 朝陽の兄。 船川 玲美(ふなかわ れみ) 演 - (第2話 - ) 音と同僚のケアワーカー。 丸山 朋子(まるやま ともこ) 演 - (第2話 - ) 源 大輔(みなもと だいすけ) 演 - (第2話 - ) 西野 美織(にしの みおり) 演 - (第2話 - ) 松川 演 - 新人ケアワーカー 錦織 康司 演 - 井吹 征二郎(いぶき せいじろう) 演 - (第3話 - 第4話、第6話 - ) 音が勤務する介護施設「春寿の杜」を経営しているグループ企業の社長。 同然の経営を平気で行っており、企業の利益のために過去に他企業を何社も倒産させたほか、肉親をも冷酷に切り捨てる、いわゆる。 運送会社「柿谷運送」に関わる人々 [ ] 佐引 穣次(さびき じょうじ) 演 - 練が働く運送会社の先輩。 バツイチであり、冷淡な性格。 練が人を疑わないことをいいことに、彼に自分のミスを押し付けたりする。 また金に困っており、引越作業中に他人の物品を盗み出そうとする。 加持 登(かじ のぼる) 演 - 練、佐引の同僚 柿谷 嘉美(かきたに よしみ) 演 - 練が勤めている運送会社「柿谷運送」の女社長。 作中5年後でも行方を眩ましていた練を再就職させるなど包容力が高い。 その他 [ ] 曽田 健二(そだ けんじ) 演 - (第2話・第5話・第7話) 練の祖父。 福島で農家を営んでいる。 音の母 演 - (第1話・第6話) 明日香 演 - (第9話・最終話) 上京してきたばかりの女性。 困っていたところで音に声を掛けられる。 内藤三希也 演 - (第9話・最終話) 上京したての若者。 引ったくったとして居合わせたサラリーマンに追いかけられる。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「明日への手紙」()• プロデュース -• 演出 - 、、高野舞• 制作 -フジテレビドラマ制作センター• 制作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 1月18日 失くした手紙が繋いだ奇跡…二人は出逢った 並木道子 11. 」と断言している。 受賞 [ ]• 第3回(2016年)• 作品賞• 脚本賞(坂元裕二)• 新人賞(西島隆弘)• 2016年3月度月刊賞• 第88回(2016年)• 主演男優賞(高良健吾)• 作品賞・連続ドラマ 優秀賞• 主題歌賞(手嶌葵) 関連商品 [ ] 書籍 [ ]• 『「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」オリジナルサウンドトラック』 2016年2月24日、、PCCR-631 脚注 [ ] []• フジテレビ 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 SANSPO. COM. 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 2016年2月18日閲覧。 2016年4月22日. 2016年4月22日閲覧。 2016年3月22日. 2016年3月22日閲覧。 2015年11月26日. 2015年11月26日閲覧。 2015年11月26日. 2015年11月26日閲覧。 M-ON! Press 2015年12月13日閲覧。 2016年11月7日時点のよりアーカイブ。 2017年1月10日閲覧。 スポーツ報知 株式会社報知新聞社. 2016年2月15日. 2016年2月15日閲覧。 MVには音役の有村架純と音の幼少期を演じた平澤宏々路が出演している• 内田千惠子 2016年2月10日. 2016年2月17日閲覧。 ただ正芳 2016年2月16日. 医療介護CBnews. 2016年2月17日閲覧。 滝沢卓 2016年2月17日. 2016年2月17日閲覧。 2020年6月30日閲覧。 AERA dot.. 2016年5月10日. 2018年8月24日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年5月11日時点のよりアーカイブ。 2017年1月10日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年11月7日. 2016年11月7日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう動画

1ヶ月間のお試し期間を使えば無料で視聴できる上、期間内に解約すれば一切お金はかからない。 お試し入会時に1,300円分のポイントが貰えレンタル作品や漫画購入も可能。 有名雑誌100種類以上が読み放題できる。 新作も含めた漫画(電子コミック)全巻が20%OFFで購入できる。 過去・放送中のフジテレビドラマの見放題配信数は業界トップ 今なら 2020年3月27日調べ• 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~• リッチマン、プアウーマン• ラジエーションハウス• コンフィデンスマンJP• 続・最後から二番目の恋• 離婚弁護士• アライブ がん専門医のカルテ• ナースのお仕事3• ディア・シスター• 救命病棟24時 など全て見放題で配信中。 入会手順もめっちゃ簡単。 入会の解説手順を表示• まずはしお申込みをタップ。 アマゾン画面に飛ぶのでアマゾンアカウントでログイン。 (持っていない人は新規追加。 ログイン完了すると再度FODに戻ります。 アマゾンアカウントに登録してある決済方法を選択します。 最後にアマゾンペイ利用ボタンにチェック。 購入確定するとすぐに使えます。 有村架純• 高良健吾• 高畑充希• 坂口健太郎• 森川葵• 八千草薫• 西島隆弘• 高橋一生• 森岡龍• 松田美由紀• 満島ひかり いつかこの恋を思い出しきっと泣いてしまう|視聴者の感想と評価・評判• トムちゃん• 19歳・男性• いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう通称いつ恋。 有村架純さんが主演女優とゆう事で有村架純さんが好きな私はこの作品を身始めました。 最初は有村架純さんが出ている、ただそんな理由だけで身始めたのを覚えています。 内容は放送時間帯が月9とゆうこともあり、またタイトルからも分かる通り恋愛物。 この作品を当時高校生の時に見ていましたが同じ有村架純さん好きの友達とよくこの作品の話をしたり次回の予想などをしていました。 少し暗めの作品で主人公有村架純さんの純粋な気持ちさゆえになんでそんなるのなどとイライラしてしまうシーンや主演男優の高良さんとの複雑な関係に毎週ハラハラさせられました。 最初の頃の高良さんの役柄は訛りのある好青年とゆう印象だがおじいちゃんの死により一変してしまうとゆう内容にはとても驚かされそこを区切りにドラマが変わった感じになり二段階で楽しむことが出来ました。 人が変わってしまった高良さんを有村さんが思い続け最後は恋が実って良かったと思いました。 りりぃ• 30代・女性• 有村架純が演じる杉原音がなくした母からの手紙を、高良健吾が演じる曽田練が届けたのをきっかけに出会った二人。 音の方言がとても可愛かったです。 東京に着いたとたんはぐれてしまうなんてまさかの展開だったけど、それでも東京で独り暮らしを始めた音は本当にすごいと思いました。 介護福祉での勤務の様子が、慌ただしく寝る暇もなく、休みなんてもちろんない状況にも関わらず、いつも明るく元気で前向きな様子に強い子だなと思いました。 今時のゆとり世代には絶対無理でしょうね。 坂口健太郎が演じる中條晴太が、森川葵が演じる市村小夏に好意を抱きながらも、小夏は練が好きだと知って、ずっと見守ってそばで支えていたのを見て、とっても切なかったです。 音と練は再会したあと、お互い相手がいてぎくしゃくしながらも、やっぱり引かれ合っていく。 色んな壁を乗り越えながら最後はハッピーエンドだったので良かったです。 ドラマのタイトル通り、とっても切ない恋愛ストーリーでした。 rio mama• 30代・女性• ノリに乗ってる若手俳優の有村架純と高良健吾が初共演、主演というドラマ。 高良健吾の出身と一緒なのでどんな演技をする役柄なのかすごく気になりました。 それと「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」というタイトル、今までに聞いたことないくらい長くてビックリと共に深い意味が込められたドラマなのかなと思い、見ていました。 最終回で音 有村架純 が練 高良健吾 と朝陽 西島隆弘 をどっちを選ぶのかにドキドキしたのを覚えてます。 タイトル通り結ばれずにどっちも選ばないのかななんて思ってたらまさかの練でした。 結局最後はハッピーエンドで終わったんですが、タイトルと矛盾してるような?よく覚えているのが練の友人の晴太 坂口健太郎 が小夏 森川葵 に告白するシーン。 着ぐるみの顔部分を外したときの晴太の表情には女性の誰もがキュンキュンしたと思います。 人間性や恋愛を描いた今後の展開を続編としてまたやってほしいと思いました。 はなちゃん• 29歳・女性• 流れ星 最初から最後までぎゅっと胸が締め付けられるような、きゅんとするような切ない気持ちになるドラマです。 まずキャストが豪華で、今をときめく方達ばかり!自然な演技で内容がスッと入ってきました。 それぞれの登場人物のいろいろな気持ちが交差しまくりでハラハラする場面もありましたがそこも見所です。 気持ちがすれ違ったり勘違いが続いたり、見ていてもどかしい気持ちにもなりますが、嫌なハラハラではなく、本当にきゅんと甘酸っぱい気持ちになります。 一人一人が愛すべきキャラクターといいますか。 意地悪な役所の方達も暗い過去や背負っているものがあったり、どこか憎めません。 毎回テレビの前でドキドキしたり、何でーと叫びたくなったり、涙しそうになったりしました。 ありそうでないような設定で、切ない気持ちになることが多かったですが、浮世離れした設定ではないので気持ちも入り込みやすく共感しやすかったです。 それぞれのキャラクターものほほんとしていて、殺伐としたシーンでも重苦しくなりすぎないイメージでした。 切ないラブストーリーが見たい方にオススメです。 moka• 29歳・女性• まず月9にしては最初からみんな訳ありそうで暗い話だなと思ったが、見ていくうちにそれぞれの人生やその後が気になっていってついつい見てしまいたくなる内容だった。 後は、出演者も旬な役者も多かったし見ているだけでも華やかだったが、AAAの西島くんの演技だけがどうしても受け入れられなかった。 演技が臭いというかなんというか見ていられなかった。 相手が有村架純で救われた。 後は高良健吾の演技は安定していたし、やっぱり演技は上手いし男前だった。 だし、学生の時の淡い恋心みたいなものだったり、少しずつ世の中の厳しさみたいなものを経験していきながら、大人の階段を上がっているような何とも言えない青春のような甘酸っぱい記憶が蘇ってくるドラマだった。 いい思い出ばかりじゃなくて、辛い思いもして、それを背負って生きてるけど、大人になるにつれて、毎日は思い出さないし忘れちゃってるけど、ふとした時に、「はっ」と思い出すようなそんな記憶に残っている感覚を呼び戻してくれた感じがする。

次の