ゲンタマイシン軟膏 効能。 ゲンタマイシン軟膏の効果と副作用【抗生剤軟膏】

【薬剤師が執筆】ゲンタシン軟膏の3つの効果と2の副作用まとめ

ゲンタマイシン軟膏 効能

「ゲンタシン軟膏」ってご存知ですか?これはお薬の名前で、細菌による感染症の治療に用いる塗り薬です。 一本で実にいろいろな皮膚の病気を治すことが出来ると言われています。 小さなお子様がいらっしゃるお母様の中には、「ステロイドが含まれているものは、確かに効くけど、癖になってしまいそうで・・・」などと、皮膚に関する薬には非常に慎重な方が多いですよね。 けれどゲンタシン軟膏には。 ステロイドは含まれていないので、安心して使う事が出来ます。 そこで気になるのが、ゲンタシン軟膏はどのような皮膚トラブルに効くのか?というところでしょう。 そこで今回は「ゲンタシン軟膏の効能がよく効く7つの皮膚の不調」と題してご紹介します!きちんと効能を理解しておくことで、もっと効果的にゲンタシン軟膏を使うことが出来ますよ、ではご覧ください。 ブツブツが痛い&痒い「ヘルペス」 ヘルペスという病気は、口に出来るイメージがありますが、それだけではありません。 お腹に出来るタイプを帯状疱疹・口の周辺部に出来るものを「口唇ヘルペス」・性器に出来るものを「性器ヘルペス」と言います。 これらの病気は全て、「ヘルペスウィルス」が悪さをすることによって引き起こされる病気なのですが、実はゲンタシン軟膏では治すことはできません。 治すには、抗ウィルス剤を体内に摂りこまなければいけないのです。 けれど、ゲンタシン軟膏は別の面でとても役に立っています。 それは、赤いボツボツが出ている患部が、炎症を起こしたり他の細菌に感染しないような殺菌作用を持ち合わせているのです! やけどで出来た水ぶくれが破けた! 熱いお鍋に触ってしまったりと日頃のちょっとした不注意でやけどををしてしまうこともありますよね!皮膚の表面が赤くなって、触るだけでヒリヒリしてくると思います。 それで済めば良いのですが、ひどい時には水ぶくれになって患部が膨れてしまうことも珍しくはありません。 ゲンタシン軟膏は、水ぶくれになっているところに塗っても効果はありませんが、水ぶくれが破けてしまった際には効果を発揮します。 抗菌・殺菌作用のあるゲンタシン軟膏で、これ以上炎症をひどくしないようにするのがポイントです。 デリケートゾーンを掻いたら、赤くなってしまった 女性のデリケートゾーンって、本当にムレやすい環境にあると思います。 生理中はもちろんの事、女性ホルモンの関係でおりものが増えてしまう事があるので、痒みが発生しやすいのです。 もちろん患部に直接触れるナプキンやショーツを着替えるのが一番の方法ですが、どうしても我慢できなくて掻いてしまったら、痒みに加えて痛みまで加わってきたという方はいらっしゃいませんか? それはおそらく、デリケートゾーンを引っ掻いてしまい、そこから炎症を起こしているのだと思います。 そのような時は、抗菌・殺菌作用のあるゲンタシン軟膏で皮膚が正常な状態に戻る手助けをしてあげましょう。 赤ニキビに悩まされている 本来、肌は自分の力で菌を殺して、ニキビが出来ない状態を作り上げます。 けれど、疲れが溜まっていたり風邪を引いていたりと、本人の免疫力が低下している場合はニキビが出来やすくなってしまうのです。 ニキビは、毛穴に雑菌が入り込み炎症を起こしている状態ですから、一刻も早く菌を消滅させることが大事です。 そんな時は、ゲンタシン軟膏をお使いになられてはいかがでしょうか? 抗菌・殺菌作用があるので、気になるニキビに塗ることで炎症を抑えることが出来るのです。 ステロイドも含まれていないので、安心して使うことが出来ます。 なかなか傷口がふさがらない傷口 包丁で指を切ってしまった後など、なかなか傷口がふさがらずにぐちゅぐちゅしてしまう事があるでしょう。 そんな時は、ゲンタシン軟膏をお使い下さい!なんと傷にも効果を発揮するのです。 ゲンタシン軟膏に含まれている「ゲンタマイシン」という成分は、殺菌効能がある抗生物質の事です。 ゲンタマイシンが0.1%も含まれているゲンタシン軟膏は効き目抜群です! 傷絆創膏は、患部が更に化膿してしまうから出来れば使いたくないという方も、ゲンタシン軟膏ならその心配はありません。 おできが潰れて痛い! おできは、身体の中でも血行不良の部分に出来やすいので、お尻などに出来る方が多いと思います。 残念ながら、出来てしまったおできをゲンタシン軟膏で小さくすることはできません。 けれど、もしそのおできが潰れてしまったら・・・ゲンタシン軟膏が大活躍するときです!潰れてしまったおできから、雑菌が入り込んでしまい化膿しては大変です! そのようなときは、きちんと患部の表面にゲンタシン軟膏を塗って、雑菌を消滅させていきましょう。 子供のおむつかぶれを何とかしたい! 小さなお子様をお持ちのお母様は、一度は悩まれた事があると思います。 そう、夏に引き起こしやすい「おむつかぶれ」です。 ただでさえ汗をかきやすく、体温が高いお子様のおむつの中は、ムレムレです!ですから、お尻の穴の部分が赤くただれてしまう事があるでしょう。 そんな時に、良く皮膚科の医師が処方するのがゲンタシン軟膏です。 ステロイドも使用していないので、お子様にも安心してお使い頂けるからです。 以上、ゲンタシン軟膏の効能がよく効く7つの皮膚の不調についてお伝えしました。 ゲンタシン軟膏をご存知でなかった方にも、その効能がきちんと伝わっていれば嬉しい限りです。 覚えておいて頂きたいのは、ゲンタシン軟膏は抗菌・殺菌作用はありますが、抗ウィルス作用はないという事です。 ですから、ヘルペスなどのウィルスによる病気そのものは治癒できません。 あくまでも、ウィルスが引き起こした病気は、二次感染を防ぐものだと覚えておきましょう!ゲンタシン軟膏についての正しい知識を持つことで、より効果的に使用出来ることは間違いありません。 ぜひこれを機に覚えて頂ければ幸いです。 まとめ ゲンタシン軟膏の効能がよく効く皮膚の不調 ・ブツブツが痛い&痒い「ヘルペス」 ・やけどで出来た水ぶくれが破けた! ・デリケートゾーンを掻いたら、赤くなってしまった ・赤ニキビに悩まされている ・なかなか傷口がふさがらない傷口 ・おできが潰れて痛い! ・子供のおむつかぶれを何とかしたい!.

次の

テラマイシン軟膏の効能とステロイドの強さ!陰部には使える?

ゲンタマイシン軟膏 効能

ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリーム(一般名:ゲンタマイシン硫酸塩)は1970年から発売されている外用抗生剤になります。 外用抗生剤とは皮膚に外用する(塗る)お薬で、抗菌作用(細菌をやっつける作用)を持っているお薬だという事です。 ゲンタシンは外用抗生剤の中でも「アミノグリコシド系」というタイプの抗菌薬が含まれています。 外用剤は病変部にのみ作用するため、飲み薬のように全身には作用しにくく、余計な副作用がでにくいというメリットがあります。 しかしあくまでも局所に対する効果になるため、皮膚の深い場所の感染や広範囲の感染には向きません。 塗り薬はたくさんの種類があるため、それぞれがどのような特徴を持つのかは分かりにくいものです。 ゲンタシンはどんな特徴のあるお薬で、どんな患者さんに向いているお薬なのか、ここではゲンタシンの効能や特徴・副作用について紹介していきます。 1.ゲンタシンの特徴 まずはゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームの特徴をざっくりと紹介します。 ゲンタシンはアミノグリコシド系に属する抗菌薬になります。 抗菌薬とは菌(細菌)をやっつけるお薬の事ですので、塗り薬であるゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームは主に皮膚の細菌感染に対して用いられます。 細菌には様々な種類がいますが、大きく分けると• グラム陽性球菌(ブドウ球菌、連鎖球菌など)• グラム陽性桿菌(リステリア菌、クロストリジウムなど)• グラム陰性球菌(淋菌、髄膜炎菌など)• グラム陰性桿菌(大腸菌、クレブシエラなど) の4種類があります。 このうち、ほとんどの菌はグラム陽性球菌かグラム陰性桿菌に属し、その他のグラム陽性桿菌やグラム陰性球菌はあまり見かけることはありません。 アミノグリコシド系は主にグラム陰性桿菌に対して強い抗菌力を持ち、またグラム陽性球菌に対しても多少の抗菌力を持っています。 主要な菌に幅広く効くため、頼れるお薬になります。 しかし皮膚の感染症の8割ほどはグラム陽性球菌であるため、グラム陽性球菌に対してそこまで強い抗菌力を持たないゲンタシンは、重症の皮膚感染症にはあまり向かないことが多い面もあります。 抗菌薬は種類によって効く菌が異なります。 幅広い菌に効果を示すお薬もあれば、特定の菌のみにしか聞かないようなお薬もあります。 一見すると多くの菌に効く抗菌薬の方が良いようにも思われます。 確かにどの菌が原因かどうか特定できないような感染症では、多くの菌に効く抗菌薬を使った方が治る確率は高いでしょう。 しかし、だからといって一概に幅広く効く抗菌薬が良いとは言えません。 なぜならば、多くの菌に作用してしまう抗菌薬は、様々な菌に中途半端に作用してしまう事で耐性菌を作ってしまいやすいというデメリットがあるからです。 【耐性菌】 特定の抗菌薬に対して耐性を獲得し、その抗菌薬が効かなくなってしまった細菌の事。 細菌が様々な抗菌薬に対して耐性を獲得してしまうと「多剤耐性菌」となり、治療をする事が困難になってしまう。 ゲンタシンも抗菌薬である以上、耐性菌のリスクもあるお薬です。 実際、ゲンタシンは1970年から長く使われているため、現在はゲンタシンに耐性を獲得している菌も少なくありません。 特にゲンタシンは皮膚感染症の主要な原因菌であるグラム陽性球菌に対しては穏やかに作用するため、不十分な作用となり細菌を耐性化させてしまう事もあります。 ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームを用いる際にはこのようなリスクも理解し、ゲンタシンによる治療を継続していても改善が不十分な場合は漫然と使い続けることは避けなくてはいけません。 ゲンタシン軟膏・クリームは外用剤であるため、その副作用は多くはありません。 健常な皮膚においては、ゲンタシンは角質をほぼ通過せず体内に吸収されないため、皮膚の表面にいる菌はしっかりとやっつけてくれる反面で、体内に入って副作用を起こす事は少ないお薬です。 しかし角質が壊れた状態の湿疹や皮膚炎・潰瘍といった部位に塗ると多少体内に吸収されてしまう事が分かっています。 ゲンタシンをはじめとしたアミノグリコシド系抗菌薬は、強い効果がある一方で身体に負担をかけてしまう事もあります。 特に内耳と腎臓に負担がかかりやすく、これにより難聴・腎障害といった副作用が生じる事があります。 外用剤のゲンタシンでこのような副作用が生じる事は極めて稀ですが、絶対に生じないとは言えないため、一定の注意は必要になります。 以上からゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームの特徴としては次のような事が挙げられます。 【ゲンタシンの特徴】 ・アミノグリコシド系の抗菌薬(細菌をやっつけるお薬)である ・グラム陰性桿菌に強い効果を示し、グラム陽性球菌にも穏やかに効く ・古くから使われており、耐性菌(ゲンタシンが効かない菌)も多くなってきる ・長期・大量使用による副作用の難聴・腎障害に注意 スポンサーリンク 2.ゲンタシンはどんな疾患に用いるのか ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には、次のように記載されています。 【効能又は効果】 <適応菌種> ゲンタシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌 <適応症> 表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染 ゲンタシンが効果を示す菌は、上記のような菌が主になります。 細菌には、• グラム陽性球菌• グラム陽性桿菌• グラム陰性球菌• グラム陰性桿菌 の4種類がいます。 このうち、グラム陽性球菌とグラム陰性桿菌の2種類がほとんどを占めます。 ゲンタシンはグラム陰性桿菌(大腸菌、クレブシエラ、緑膿菌など)に強い効果を発揮します。 またグラム陽性球菌(ブドウ球菌、レンサ球菌など)にも穏やかに効くお薬になります。 そのためゲンタシンが使われる疾患としては、上記のような菌が皮膚に感染している状態になります(上記のブドウ球菌・連鎖球菌はグラム陽性球菌であり、その他はすべてグラム陰性桿菌になります)。 またびらんや潰瘍といった、皮膚が傷ついている状態だと細菌が巣食いやすいため、このような皮膚に細菌が二次感染してしまった状態の治療にも用いられます。 【びらん(糜爛)】 表皮の欠損で、皮膚の一番上の皮が浅くえぐれてしまっているような状態。 なおゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームの有効率は、• 表在性皮膚感染症への有効率は82. 湿疹及び類症の二次感染への有効率は69. 慢性膿皮症の二次感染への有効率は64. びらん・潰瘍の二次感染への有効率は57. 9% と報告されています。 ただし、最近は耐性化も進んでいるため有効率は低下してきている印象があります。 3.ゲンタシンにはどのような作用があるのか ゲンタシンはどのような作用機序によって細菌をやっつけているのでしょうか。 抗菌薬は「静菌作用」を持つものと「殺菌作用」を持つものがあります。 静菌作用というのは、「細菌の増殖を抑える作用」です。 細菌を殺すわけではなく、それ以上増殖させないように作用することで、穏やかに抗菌作用を示します。 対して殺菌作用というのは、「細菌を殺す作用」です。 直接細菌にダメージを与えることで、強力な抗菌作用を示します。 どちらも抗菌作用ですが、殺菌作用の方がより強い効果である事が分かります。 ゲンタシンはと言うと「殺菌作用」を持つお薬になり、強力に菌をやっつけてくれる作用を持ちます。 ではゲンタシンはどのようにして細菌を殺すのでしょうか。 ゲンタシンをはじめとしたアミノグリコシド系抗菌薬は、細菌の細胞内にあるリボソームという細胞内小器官に結合し、リボソームのはたらきを邪魔する事でその作用を発揮します。 リボソームというのは、DNA情報を元に種々のタンパク質を合成するはたらきを持ちます。 ゲンタシンがリボソームのはたらきをブロックすると、細菌は必要なタンパク質を合成できなくなってしまいます。 すると、細菌が生きるために必要なタンパク質の合成までも行えなくなってしまうため、細菌は死んでしまうのです。 例えば細菌の細胞の壁の原料もタンパク質ですから、リボソームのはたらきが邪魔されると、細菌は自分の細胞の形状を保てなくなり、死んでしまいます。 このような作用によってゲンタシンは次のような菌に殺菌作用を示します。 グラム陰性桿菌は、• 大腸菌• クレブシエラ属• エンテロバクター属• プロテウス属• セラチア• モルガネラ・モルガニー• プロビデンシア属• 緑膿菌 などが挙げられます。 ただしゲンタシンは嫌気性菌には効果がないことが多いため、• バクテロイデス属(グラム陰性桿菌) には効きません。 具体的には、• 黄色ブドウ球菌 への効果は比較的しっかりしています。 実際、皮膚の細菌感染症の多くは、表皮ブドウ球菌などのグラム陽性球菌であるため、このような菌に対して効果を示すゲンタシンは、皮膚感染症によく用いられているのです。 ただし、• レンサ球菌 はゲンタシンが効かない事も多いため、注意が必要です。 例えば、「伝染性膿痂疹(とびひ)」はブドウ球菌やレンサ球菌が原因となりますが、ゲンタシンが効かないレンサ球菌の可能性もありますから、ゲンタシン以外の抗菌薬を選択するのも手でしょう。 スポンサーリンク 4.ゲンタシンの副作用 ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。 また副作用はどのくらい多いのでしょうか。 ゲンタシンは副作用発生率の詳しい調査は行われていません。 しかし全体的に見れば外用剤であるゲンタシンの安全性は高く、副作用は少ないと言って良いでしょう。 生じる副作用もほとんどが軽度のもので、• かゆみ• 水疱、湿疹 などです。 いずれも重篤となることは少なく、多くはゲンタシンの使用を中止すれば自然と改善していきます。 またゲンタシンをはじめとしたアミノグリコシド系で注意すべき副作用として、• 腎障害• 難聴 があります。 ゲンタシンをはじめとしたアミノグリコシド系は内耳や腎臓といった臓器に負担をかけることのあるお薬ですので、長期間・高用量のゲンタシンが体内に入ってしまうとこのような副作用が生じる事があります。 これは主に注射剤のゲンタシンで注意すべきもので、外用剤のゲンタシンで生じることは極めて稀です。 実際、角質が破壊されていない皮膚にゲンタシンを塗っても、ゲンタシンはほとんど体内に吸収されない事が確認されていますので、ゲンタシンが内耳や腎臓を傷めるという可能性はかなり低いと考えられます。 しかし皮膚の角質バリアが破壊されているような状態(皮膚に潰瘍や皮膚炎などがある場合)では、ゲンタシンは体内に多少吸収される事が確認されています。 重症熱傷例にゲンタシンを3日間塗布した研究においては、尿からゲンタシンが検出されており、ここから体内に吸収されている事が分かります。 ゲンタシン軟膏でのゲンタシン排泄率は0. 4~5. 2%、ゲンタシンクリームでのゲンタシン排泄率は5. 1~30. 3%と報告されており、軟膏よりもクリームの方が体内に吸収される率が高い事が分かります。 5.ゲンタシンの用法・用量と剤形 ゲンタシンの外用剤には、 ゲンタシン軟膏(0. ゲンタシンの使い方は、 1日1~数回患部に塗布するか、あるいはガーゼなどにのばしたものを患部に貼付する。 と書かれています。 実際は皮膚の状態や場所によって回数や量は異なるため、主治医の指示に従いましょう。 また抗菌薬は、大量・長期間使っていると耐性菌を出現させてしまうリスクになります。 そのため、ゲンタシンをはじめとした抗菌薬は、必要な期間のみしっかりと使い、漫然と長期間使い続けないように注意が必要です。 6.ゲンタシンの使用期限はどれくらい? ゲンタシンの使用期限って、どのくらいの長さなのでしょうか。 「家に数年前に処方してもらった外用剤があるんだけど、これってまだ使えますか?」 このような質問は患者さんから時々頂きます。 これは保存状態によっても異なってきますので、一概に答えることはできませんが、適正な条件で保存されていたという前提(室温保存)だと、「3年」が使用期限となります。 7.ゲンタシンが向いている人は? 以上から考えて、ゲンタシンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリームの特徴をおさらいすると、 ・アミノグリコシド系の抗菌薬(細菌をやっつけるお薬)である ・グラム陰性桿菌に強い効果を示し、グラム陽性球菌にも穏やかに効く ・古くから使われており、耐性菌(ゲンタシンが効かない菌)も多くなってきる ・長期・大量使用による副作用の難聴・腎障害に注意 というものでした。 ゲンタシンは細菌をやっつけるお薬になりますので、細菌感染している皮膚や細菌感染が強く疑われる皮膚に塗るお薬になります。 メリットとしては、1970年から使われており使用実績が多いお薬だという点があります。 多くのデータがあるため、安心して使う事が出来る外用抗生剤です。 使い慣れている先生も多いため処方される事も多いお薬ですが、近年では耐性菌も多くなっているため、漫然と長期間使うべきではないでしょう。 皮膚の感染症の多くはグラム陽性球菌ですが、ゲンタシンがもっとも得意とするのはグラム陰性桿菌です。 つまり、皮膚感染症はゲンタシンはある程度の効果は期待できるものの、本領が発揮できないことも多いのです。 そのため、ある程度の期間使用しても効果が得られない場合は、ゲンタシンが効かない菌であるか、ゲンタシンに耐性を持った菌の可能性もありますので、ゲンタシン以外の抗菌薬に変更する必要があります。

次の

ゲンタシン軟膏の効能がよく効く7つの皮膚の不調

ゲンタマイシン軟膏 効能

目次 必要な場所から読んでください• ゲンタシンとは? ゲンタシンは、アミノグリコシド系剤と呼ばれる種類の 感染症治療薬(いわゆる抗生物質)です。 主成分としてゲンタマイシン硫酸塩を含有しています。 1963年にアメリカで発見された薬で、グラム陽性球菌およびグラム陰性桿菌という 細菌のタイプに対する効果が高いという特徴があります。 日本では、1968年に承認・販売され、現在でも使用され続けています。 ゲンタシンはこんな時に使用します ゲンタシンは、 細菌に感染して発熱や咳(注)、炎症(軟膏)が起きた時に使用します。 現在では、敗血症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、中耳炎に対して注射剤が用いられています。 さらに表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染といった皮膚の感染症の治療に軟膏剤またはクリーム剤使われています。 そのため、「 細菌を殺す塗り薬」などと医師に説明されることが多いようです。 軟膏剤にもクリーム剤にもステロイドは含んでいませんので、「 非ステロイド」と強調されることもあります。 ゲンタシンの種類・形状・サイズについて ゲンタシンは、以下の通り様々な種類が発売されています。 軟膏や注射などの種類のことを剤型と呼びます。 0~6. 0~6. 0~6. そのため、これらの細菌が原因となる以下の感染症に対して効果を示します。 ゲンタシン軟膏0. 表在性皮膚感染症 ゲンタシンは、 表在性皮膚感染症(皮膚の表面の感染症)の原因となる細菌に効果を示します。 日本国内の臨床試験では、表在性皮膚感染症に対して、82. 伝染性の表在性皮膚感染症に対しては、ゲンタシン軟膏もしくはゲンタシンクリーム を1日1回~数回患部に塗布することで、短期間で効果が期待できます。 慢性膿皮症 慢性膿皮症は、皮膚への細菌感染が原因で起こる病気で、ニキビと似たような炎症性の膿を含むできものが繰り返しできます。 ゲンタシンは、この原因である細菌に対して効果を示します。 また、このできものの後は、他の皮膚感染症にかかりやすくなります。 その感染を『 二次感染』と呼びます。 慢性膿皮症の二次感染の原因となる細菌に対しても、ゲンタシンは有効です。 感染を抑制することにより治療を促進することが知られており、臨床試験では、64. びらん・潰瘍の二次感染 皮膚にびらんや潰瘍ができると、その部分の防御力が弱くなりますので、皮膚の感染症(二次感染)を起こしやすくなります。 ゲンタシンは、 びらん・潰瘍の二次感染の原因となる細菌に対して効果を示し、その有効性は57. ゲンタシン注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60には以下の効能・効果があります。 敗血症、肺炎 敗血症や肺炎は、命にかかわる重篤な感染症です。 ゲンタシンは、 敗血症や肺炎の原因細菌に効果を示します。 日本国内の臨床試験では、その有効性が緑膿菌およびブドウ球菌属が原因の敗血症に対しては72. 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 外傷や熱傷(火傷)、そして手術後は傷がありますので、通常時よりも感染症にかかりやすくなります。 その傷を介した感染を『 二次感染』と呼びます。 二次感染の原因となる細菌・微生物に対しても、ゲンタマイシンが殺菌的効果を示します。 日本における臨床試験の結果では、ゲンタシン注の使用により67. 膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、中耳炎への効果 膀胱炎、腎盂腎炎といった尿路感染症の原因細菌に対してもゲンタシンは殺菌効果を示します。 緑膿菌、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、セラチア属、ブドウ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属による膀胱炎には70. また 腹膜炎や中耳炎にも効果を示し、腹膜炎に対する有効率は、82. Sponsored Link ゲンタシンの副作用 ゲンタシンの使用による、これまでに報告がある副作用は以下の通りです。 ゲンタシン軟膏0. ですので、 通常の使用においては、重大な副作用は報告されていません。 「 腎障害、難聴」については、「(長期・広範囲・大量使用)耳鳴り・めまい・難聴・腎障害の発症の可能性とその対処法」をご覧ください。 ゲンタシン注の副作用一覧 主な副作用 種類 0. その場合には 使用を中止してください。 そしてそのことを医師に伝えてください。 (長期・広範囲・大量使用)耳鳴り・めまい・難聴・腎障害の発症の可能性とその対処法 ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリーム(外用剤)を投与した熱傷の患者4名に重症の難聴が出たことが報告されています。 投与量は不明ですが、そのうちの2名は外用剤の使用だけで第8脳神経障害の副作用が出たとのことです。 そのため、外用剤でも長期間、広範囲、大量使用した際、もしくは熱傷に用いた際には、注射剤と同様に 腎障害や難聴という重大な副作用がでる可能性があるとされています。 医師の指示通りに適切に使用すればこのような症状になることはないと考えられますので、ゲンタシン軟膏もしくはゲンタシンクリームを 長期連用、もしくは大量に使用することは避けてください。 注射による重大な副作用とその対処法 ゲンタシン注の投与によりショックを起こしたとの報告があります。 このため、ゲンタシン投与後は医療従事者が、状態の観察を十分に行うこととなっています。 もし、チアノーゼ、呼吸困難、血圧降下などの症状があらわれた場合には、すぐに適切な処置を行うことになっています。 病院で治療している間に発現する副作用になりますので、これらの処置については医師の判断で行われます。 また、急性腎不全は検査で判断できますので、定期的な検査が行われます。 そのため副作用が発生しても、速やかにそして適切に対応してもらえるので安心できると思います。 そして、 第8脳神経障害の症状に気付いた場合には、すぐに医師に伝えてください。 Sponsored Link ゲンタシンの用法用量・使用方法 ゲンタシン軟膏0. 軟膏もしくはクリームを患部に塗布します。 または、ガーゼなどに軟膏もしくはクリームをのばして、それを患部に貼付します。 患部を石けんなどや水で洗って、完全に乾燥させてから、薬剤を塗布または貼付することが推奨されています。 薬剤に触れますので、手も清潔にしてから行います。 塗布する場合には、 少量を患部に塗って、なでるようにすりこんでください。 強くすりこむ必要はありません。 また、塗布した後は、ガーゼなどで患部を覆っても構いません。 ゲンタシン軟膏0. ゲンタシン軟膏0. 症状が改善してくると、使用することを忘れがちになりますので、しっかりと治すために忘れないようにしましょう。 また、 軟膏およびクリームは、目に使ってはいけません。 ゲンタシン軟膏0. ・熱くなる場所や直射日光があたる場所から遠ざけて保管してください。 ・凍結してはいけません。 ゲンタシン注10、40、60の用法・用量 対象 用法・用量 成人 1日体重1 kgあたり3 mg(ゲンタマイシン硫酸塩として)を3回に分割して、筋肉内注射または点滴静脈内注射します。 成人(増量する場合) 1日体重1 kgあたり5 mg(ゲンタマイシン硫酸塩として)を限度に増量します。 それを3~4回に分割して注射します。 小児 1日体重1 kgあたり2. 0~2. 5 mg(ゲンタマイシン硫酸塩として)を2~3回に分割して、筋肉内注射または点滴静脈内注射します。 点滴静注する場合は、30分~2時間かけて注射します。 また、用量は年齢、症状に応じて減量することがあります。 Sponsored Link ゲンタシンが効くまでの時間 ゲンタシンの有効成分である「ゲンタマイシン」は、急速な殺菌効果を示し、数時間で細菌の数を減少させることが分かっています。 効果が高い細菌種の場合は、2時間程度で減少します。 そのため、 軟膏、クリーム、注射の使用後は数時間程度で細菌に対する効果が出ると考えられます。 そして、疾患の症状が改善するまでの時間です。 これは症状や細菌の種類、数の影響を受けますので、ゲンタシンを使い始めた翌日から改善効果を感じる方もいますし、数日かかる方もいるということになります。 ゲンタシンの効果持続時間や使用間隔 ゲンタシン軟膏0. そのため、 使用間隔が6時間~24時間間隔(1日1回~数回)となっています。 これは医師が症状や検査結果により判断しますので、医師の指示に従ってください。 ゲンタシン注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60の効果持続時間と使用間隔 有効成分であるゲンタマイシンの血中濃度半減期(濃度が半分になるまでの時間)は、投与経路により異なりますが、2~4時間となっています。 効果の持続時間は6~8時間程度だと考えられますので、 投与間隔は8時間毎(1日3回)となっています。 Sponsored Link ゲンタシンが効かない!そんな時の対処法 ゲンタシンを使用しても効かない場合には、次の2種類のケースが考えられます。 ゲンタマイシンの適応外の細菌・微生物、ウイルスが感染症を起こしているケース ゲンタシンの有効成分である『ゲンタマイシン』は、多くの細菌に対して殺菌効果を持っています。 残念ながら全ての細菌に効果があるわけではありません。 そのような細菌が感染して疾患を引き起こしている場合には、ゲンタシンを使用しても効かないということになります。 表在性皮膚感染症について見てみると、国内の臨床試験での有効率が82. なお、ゲンタマイシンの適応菌種は以下の通りです。 ブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌、セラチア属 また、ゲンタマイシンは抗生物質ですので、 ウイルスに対しては効果が期待できません。 そのため、ヘルペス感染(帯状疱疹)やはしか、手足口病などのウイルスが原因の皮膚症状には全く効果を示しません。 ですので、細菌が原因の皮膚感染症だと思って使っても、 ウイルスが原因の場合には「ゲンタシンが効かない」となってしまいます。 さらに皮膚のかぶれを引き起こす カンジダ性皮膚炎などの真菌が原因の感染症にも効果はありません。 医師でなければ、表在性皮膚感染症と勘違いすることもありえますので、そういう場合に使ってもゲンタシンは効きません。 ですので、数日間ゲンタシン軟膏・クリームを使用しても症状が改善しない場合には、薬を変更する必要があります。 医師に症状が改善しないことを伝えて、薬を変更してもらいましょう。 なお、注射薬の場合には医師が判断しますので、任せておけば大丈夫です。 Sponsored Link ゲンタマイシンに耐性をもった細菌が感染症を起こしているケース 「 耐性菌」という言葉を聞いたことがある方もいることでしょう。 この耐性というのは、ゲンタマイシンなどの抗生物質が効きにくくなった状態のことです。 抗生物質は細菌や微生物を殺す薬ですので、「 適切な量」を「 適切な期間」用いることで十分な効果を発揮します。 適切に用いると、細菌や微生物が全滅します。 ただ、例えば全滅する前の中途半端な段階で抗生物質を止めてしまうと、生き残っている細菌が薬に慣れてしまい、薬が効きにくくなります。 これを「 耐性」を獲得したといい、薬が効きにくくなった細菌のことを「 耐性菌」と呼びます。 ゲンタマイシンに耐性を持った細菌に対しては効果が弱くなるか全く期待できなくなります。 ですので、数日間ゲンタシンを使用してもほとんど症状が改善しない場合には、薬を変更する必要があります。 ゲンタシン軟膏やクリームを使っている場合には、医師に症状が改善しないことを伝えて、薬を変更してもらいましょう。 注射の場合には医師が適切に対応します。 Sponsored Link ゲンタシンの使用がお勧めできない人 ゲンタシン の禁忌 ゲンタシンは、 ゲンタシンや他のアミノグリコシド系抗生物質およびバシトラシンに対して過敏症を起こしたことがある方は使ってはいけないこと(禁忌)になっています。 もし 過去に抗生物質を使ってアレルギーなどの過敏症を起こしたことがある方は、予め医師・薬剤師に相談してください。 どの薬が該当するか分からない場合には、薬を使ってアレルギーを起こしたことがあることだけでもお伝えください。 ゲンタシン 軟膏0. 妊娠中の使用は問題ありませんので、妊娠中の皮膚の感染症に使われている外用薬です。 授乳中も同様に問題ありません。 もし使うことが気になる方は、産婦人科の主治医に確認してみると良いでしょう。 ゲンタシン 軟膏0. ステロイドを含んでいませんし、副作用の発現率も少ないためです。 乳児・小児に対して、ゲンタシン軟膏もしくはクリームが処方された場合でも、心配せずにお使いいただけます。 ただ、医師の指示(使用部位・使用期間など)は守ってお使いください。 ゲンタシン 軟膏0. ゲンタシン 軟膏0. 細菌による皮膚感染症に効果を示しますが、一方、ウイルスや真菌(カビの仲間)には効果を示しません。 また、ステロイドを含んでいませんので、血管や毛穴のつまりが原因の炎症に対しては効果が期待できません。 そのため、皮膚の炎症でも以下のような症状には使用がお勧めできません。 ・ 白ニキビ(閉鎖面皰)、黒ニキビ(開放面皰)といったニキビの初期の状態は、細菌感染の前の段階ですので、ゲンタシンの効果が期待できません。 ・ 口唇ヘルペスや帯状疱疹などのヘルペスウイルスが原因の皮膚症状には、ゲンタシンの効果が期待できません。 ・ 性器カンジダ症などのカンジダ感染は、「カンジダ菌」という真菌が原因の感染症です。 細菌と似た名前ですが、カンジダ菌にはゲンタマイシンは効果を示しませんので、ゲンタシンの効果が期待できません。 ・いわゆる 水虫も、白癬菌という真菌が原因の感染症です。 そのため、ゲンタシンの効果が期待できません。 ・いぼ痔が細菌の感染症と思っている方もいるかもしれませんが、いぼ痔は肛門周辺の血管や組織の物理的なトラブルが原因で起きています。 ですので、 いぼ痔を治療する効果は期待できません。 ただ、痔の周辺に細菌の感染が確認できた場合にゲンタシンを使うことはあります。 ゲンタシン注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60の原則禁忌 患者さんまたは血の繋がった家族で、 過去にアミノグリコシド系抗生物質によって難聴を起こしたことがある場合などは、難聴のリスクが高くなるおそれがありますので、原則として使わないこととなっています。 使うかどうかは医師が判断しますので、ご家族に難聴の方がいる場合には、その旨を医療従事者にお伝えください。 ゲンタシン注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60の慎重投与 ゲンタシンの注射剤に関しては、以下の方には慎重に投与することとなっています。 以下に該当する場合には、医療従事者に情報をお伝えください。 ・腎障害がある場合 ・肝障害がある場合 ・重症筋無力症 ・高齢者 ・食事を口から摂れない場合、全身状態が悪い場合 ・低出生体重児、新生児 Sponsored Link ゲンタシンと他の抗菌外用剤を比較 ゲンタシン軟膏とドルマイシン軟膏との違い この二つの軟膏の違いをまとめるとこのようになります。 ゲンタシン軟膏 ドルマイシン軟膏 分類 医療用医薬品(処方せんが必要) 一般用医薬品 成分 ゲンタマイシン硫酸塩 コリスチン硫酸塩 バシトラシン 効能・効果 表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染(外傷・火傷なども含む) 外傷・火傷等の化膿予防及び治療、膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹、グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患、化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍 この二つの軟膏の大きな違いは、 「分類」の違い、つまり医療用医薬品と一般用医薬品ということでしょう。 ゲンタシン軟膏は医師の処方が必要ですので、医師の判断そして指示で使うことになります。 安心して使いたい方にお勧めです。 一方、ドルマイシン軟膏はドラッグストアやインターネットで購入できますので、気軽に抗生物質の軟膏を使いたい方にお勧めとなります。 また、ドルマイシン軟膏には、二種類の抗生物質が含まれています。 一つ一つを比べると、ゲンタマイシン硫酸塩が幅広い細菌に効果を示しますが、ドルマイシン軟膏に二種類含まれていることにより、効果を示す細菌の種類(抗菌スペクトル)がゲンタシン軟膏と近いものになっています。 効能・効果については、記載の詳しさが異なりますが、 対象疾患としては同じような内容と考えて構いません。 なお、皮膚の感染症、ニキビなどに使われる抗生物質を含む「処方薬」は、ゲンタマイシン軟膏の他にもいくつかあります。 アクアチムクリーム、フシジンレオ軟膏、アクロマイシン軟膏、バラマイシン軟膏などです。 これらは殺菌効果を示す細菌の種類が異なりますので、細菌の種類や耐性菌の有無などを考えて使い分けされています。 ゲンタシン軟膏とリンデロンVG軟膏との違い この二つの軟膏の違いをまとめるとこのようになります。 ゲンタシン軟膏 リンデロンVG軟膏 分類 医療用医薬品 医療用医薬品 成分 ゲンタマイシン硫酸塩 ベタメタゾン吉草酸エステル ゲンタマイシン硫酸塩 効能・効果 表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染(外傷・火傷なども含む) 湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患: 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 この二つの軟膏の大きな違いは、 リンデロンVG軟膏にステロイドである「ベタメタゾン吉草酸エステル」が含まれていることです。 ゲンタシン軟膏に、「ベタメタゾン吉草酸エステル」を追加したものがリンデロンVG軟膏と考えて構いません。 ステロイドが含まれているので、免疫系が関わっている幅広い疾患に対して効果を示します。 進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症などはステロイドが治療効果を示すことがある疾患です。 ただ、ステロイドが含まれる分、使い方を間違えると症状を悪化させることもありますし、副作用も出やすくなりますので、注意が必要です。 Sponsored Link ゲンタシンとの併用に注意すべき薬 ゲンタシン 軟膏0. 医師の指示および処方がある場合には、他の軟膏やクリームと同時に使うこともできます。 ゲンタシン 注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60の併用 注射薬は、併用を注意すべき薬剤が以下の通りいくつかあります。 ただ、注射薬は病院で使う薬ですので、併用しても大丈夫かについては医師もしくは薬剤師が事前に確認します。 ですので、任せておいて大丈夫です。 薬剤名 起こる可能性がある臨床症状 デキストラン、ヒドロキシエチルデンプン 腎障害 エタクリン剤、アゾセミド、フロセミド 腎障害、聴覚障害の発現もしくは悪化 バンコマイシン塩酸塩、エンビオマイシン硫酸塩、白金含有抗悪性腫瘍剤 腎障害、聴覚障害の発現もしくは悪化 ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物、トルペリゾン塩酸塩、ボツリヌス毒素 呼吸抑制 シクロスポリン、タクロリムス水和物、アムホテリシンB、ホスカルネットナトリウム水和物 腎障害の発現もしくは悪化 Sponsored Link ゲンタシンは市販で手に入る? ゲンタシン軟膏およびゲンタシンクリームと同成分の外用薬は、日本では市販薬として販売されていませんので、残念ながら 同じものは市販で手に入りません。 海外の商品を個人輸入という形で取り寄せることは可能ですが、全く同じ商品でない可能性もありますので、利用する場合はご注意ください。 ただ、ゲンタシンと同様に、「抗生物質を含む」、「ステロイドを含まない」外用剤は数種類販売されていますので、お急ぎの場合はそちらを考えてみてはどうでしょうか? 例えば、『 ドルマイシン軟膏』、『 テラマイシン軟膏a』がこのタイプです。 また、ゲンタシン注は、病院にて筋肉内注射もしくは点滴で静脈内投与する薬ですので、処方せん医薬品(医師の処方が必要)のみとなっています。 従って、市販薬としては手に入りません。 ゲンタシンの添付文書について ゲンタシン(軟膏、クリーム、注)のさらに詳しい情報は、医療従事者が使用する「添付文書」というものに記載されています。 添付文書は、どの薬でも「 医薬品医療機器総合機構」の HP から検索することができます。 興味がある方は、そちらでご確認ください。

次の