素直 類語 連想。 ラグナロック・ガイ

もしも/夜行バス

素直 類語 連想

13 ID:F5aA3A800. ・ブクマ:ブックマークのこと。 ・日刊:日間ランキングのこと。 日間とも。 ・割烹:活動報告のこと。 ・チート:その作品で他の誰も所持していない・及ばない強い能力・状態のこと。 ・俺TUEEE:チート状態にある主人公が大活躍する展開のこと。 ・ハーレム:複数のヒロインに好意を寄せられている状態のこと。 ・チーレム:チートかつハーレムである状態のこと。 ・テンプレ:人気のある展開・要素、またはそれに素直に従っている作品のこと。 テンプレートとも。 ・エタる:連載を中断して投げ出すこと。 エターとも。 ・底辺:ブックマークが100以上付いた作品が無い作者のこと。 ・中流:底辺ではないが、書籍化作品も無い作者のこと。 目安としては、作品のお気に入り登録件数100以上、10000未満。 ・上流:高ポイント(総合評価10000pt以上)を獲得した作者のこと。 ここまでくれば書籍化も夢ではない。 ・連投:事前に書きためておいた作品を同日のうちに連続して投稿すること。 ・初期ブースト:連載開始から一ヶ月程度の間、極めて頻繁に投稿することによって短期間にポイントを集めること。 ・垢転生:【マナー違反】アカウントを削除して再取得し、別の作者であるかのように振る舞うこと。 ・打ち上げ【マナー違反】:作品を晒しスレで宣伝して短期間にポイントを集めること。 ・複アカ【規約違反】:複数のアカウントを取得すること。 【Q&A】 Q:複アカでポイントを水増しするのは有りですか? A:絶対いけません、規約違反です。 Q:垢転生はやってもいいのですか? A:いけません。 マナー違反です。 Q:絶対面白いのにブックマークどころかPVすら僅かです。 A:最初はそれが普通です。 タイトル・あらすじ・ジャンルとキーワードの取捨選択はかなり重要です。 活動報告やTwitterで宣伝したり、積極的に他の作者の作品に感想やレビューを書くことも重要です。 Q:エタってもいいですか? A:完結させるべきです。 読者はエタった作者からは逃げます。 最悪打ち切りという形でもいいので完結させましょう。 Q:エタるのが怖くて連載が始められません。 A:まずは短編や中編から始めてみましょう。 ある程度活動していればそのうち応援してくれる人が現れます。 しっかり作品を完結させている実績と読者の応援は、長編を軌道に乗せる手助けにもなります。 総レス数 4 7 KB.

次の

ラグナロック・ガイ

素直 類語 連想

・少年サンデーコミックス版• 第1巻: 1985年2月• 第2巻: 1985年4月• 第3巻: 1985年6月• 第4巻: 1985年9月• 第5巻: 1985年12月• 第6巻: 1986年1月• 第7巻: 1986年2月• ・バーガーSC版• 第1巻: 1991年7月• 第2巻: 1991年7月• 第3巻: 1991年8月• 第4巻: 1991年9月• 第5巻: 1991年10月• 第6巻: 1991年11月• 第7巻: 1991年12月• コミックターミナル 日本漫画学院・NMG COMICS 電子書籍版• 第1巻:2010年9月• 第2巻:2010年9月• 第3巻:2010年10月• 第4巻:2010年10月• 第5巻:2011年2月• 第6巻:2011年2月• ガイのバラード 作詞:、作曲:、編曲:渡辺博也、歌:岡崎つぐお (週刊少年サンデー創刊1500号を記念して1985年により発売された『WINGS OF FREEDOM』(LB28-5006)に収録。 ) 脚注 []• 『』第一部『』第51章と推定される。 「ドゥエルガル」の名は北欧神話の「」に由来していると推定される。 彼は非常に小柄な体格の老人で、すぐれた工学技術をもち、神話において神々のために武器を作ったたちを連想させる設定である。 R・N・H・C=リフレクス・ナーブ・ハイパー・クリスタルと略される。 これを戦闘服にコーティングすると、着る者が意識した場所が瞬時に強化される。 リーダー格の「スクライカー」、最年少と思われる「リュタン」の名は、に伝わる Skriker 、に伝わる妖精リュタン に由来している可能性がある。 リュタンは悪ふざけが過ぎる少年として描写され、たとえば自分たちをガキと見くびったメルダーの兵士の首を締め、ハニーに咎められると素直に従う振りをして首の骨を折ってしまう。 またガイと会った時も必要以上にからみ、殴りかかったが彼に顔を殴られてし、スクライカーに止められる。 ハニーたちに「肉を噛み切って血をすする」と威嚇する「赤帽子ゴブリン」の名は、妖精のおよびに由来していると推定される。 有名な悪戯好きと紹介される「ピクシイ」も妖精に由来していると推定される。

次の

素直の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

素直 類語 連想

現状は まったくの独自研究 現状のこの記事は、投稿者が勝手に自分の判断で別々の出典から材料を集めて、説を合成しているのでです。 ウィキペディアでは禁止されています。 誰が性的に奔放か、そうでないか、『淫蕩について』という書物を見つけて、その出典に忠実に書いているわけでもなく、文献の中から「淫蕩について」という章を見つけてその出典に忠実に書いているわけでもありません。 『淫蕩について』とか『性的に奔放な人について』などのように明らかに、それにテーマを絞った文献も用意しないで書いているので独自の研究になってしまっているのです。 ウィキペディアで「淫蕩」という記事を書きたかったら、『淫蕩について』という単行本か「淫蕩について」などといった論文などをまず用意しなければなりません。 もしも「性的に奔放な人」という記事を書きたかったら、『性的に奔放な人』というタイトルの単行本や「性的に奔放な人について」「性的に奔放な人に関する調査」などの論文を用意しなければなりません。 もし用意できないのなら、そういうことについて書いてはいけないのです。 まったく投稿者が勝手に、世の中から自分の思いつき、自分の連想で恣意的にピックアップしているのでなのです。 ウィキペディアでは禁止されている行為です。 この世には性的に奔放な人などというのは、数千万人~数億人あるいはそれ以上います。 その中から、ウィキペディア投稿者が自分の判断で勝手に恣意的に、特定の人や特定の宗教をピックアップしてはいけません。 そういう選択は、『淫蕩』や「性的に奔放な人に関する調査」などの出典の記述に従わなければならないのです。 ウィキペディアでは「逆引き」で情報を調べて、材料を集めて書いてはいけません。 たとえばビル・クリントンのニュースに「彼は淫蕩だ」と書かれていても、ある投稿者がそれに気づいたからといって、「淫蕩」の記事にビル・クリントンを勝手に書いてはいけません。 そんなことをしては、投稿者の個人的な体験をただ強調しているにすぎない、投稿者の個人的な連想を記述しているにすぎないことになります。 淫蕩な人などというのは、古代から調べればほぼ無限にいます。 それなのに、たまたま投稿者が知っていたビル・クリントンが「淫蕩」とされていたからといって、それを代表のように書いてはいけないのです。 もう少しわかりやすく言いましょうか? ビル・クリントンを挙げて、他の政治家を挙げていませんね。 政治家には性的に奔放な人は大勢いますが、一体どの研究者が、「性的に奔放な人」という論文なり単行本として、そのリストの上位にビル・クリントンを挙げたというのですか? 出典が無いでしょう? ユリウス・カエサルだって性的に奔放でしたよ。 権力を持っていた男性では、性的に奔放な人は無限にいますよ。 他の数十万人の性的に奔放な政治家について挙げない、というのは、投稿者の独自の判断、独自の研究、なのです。 結局、明白に『淫蕩』とか『性的に奔放な人』というタイトルの出典が無いのにもかかわらず記事をでっち上げていることによって独自の研究になっているのです。 また、たとえば、ちょっと考えてみてください。 注意していただきたいのですが、決してそういうタレントについて書けと説明しているのではありません。 その反対なのです。 ウィキペディアでは事実だからといって、何かを書いてはいけません。 あくまで、あるテーマを扱う出典(ここでは「淫蕩」と明白にタイトルをつけた出典)で、代表的な事例として挙げてあるものでなければ、たとえ事実であろうが、ウィキペディア投稿者が勝手にピックアップしてはいけないのです。 芸能界だって、事実として性的に奔放な人、をいちいち挙げていたら、世界中の芸能人 数万人について記述できる、ということになりますが、ウィキペディアではそういう勝手なピックアップは許されていないのです。 あくまで、特定の研究者が出典の中で、そういう無限にいる中からたとえば5名なり10名なり20名のリストを「性的に奔放な人」の代表として挙げていたら、その出典にしたがって、その通りにその10名の名を挙げるべきなのです。 ウィキペディア投稿者が、無限にいる「性的に奔放な人」の中から、自分の好みや思い付きや連想で勝手にピックアップしてはいけないのです。 それと、ウィキペディアは類語辞典ではありません。 連想辞典でもありません。 興味本位で語彙の羅列をしてはいけません。 --() 2012年12月6日 木 12:09 UTC それと、『淫蕩』という出典も提示せず、「性的に奔放な人」という出典も提示せずに、性感染症について記述している章も独自の研究です。 ルール通りに削除しなければなりません。 --() 2012年12月6日 木 12:11 UTC それと、ウィキペディアでの出典の正しい用い方は、出典に書かれている趣旨を、そのまま素直に、しかも紹介することです。 ウィキペディアでやっていけないことは、ある文献を見た時の自分のや自分の独自を記事本文に書いてしまうことです。 それはやってはいけません。 --() 2012年12月6日 木 12:30 UTC それと、ひとつのタグの中に、複数の出典をごちゃまぜに挙げてはいけません。 個々の本文のどれが、どの出典と結びついているか、まったく検証不可能になってしまいます。 ウィキペディアのルールであるに違反していますので、そういう文は残してはいけません。 また、出典を示すタグの中に、出典を読んだ時の投稿者の感想や自分の心に浮かんだ連想を付け加えてはいけません。 それでは出典を示しているというよりを不正利用している、独自研究を展開する場と悪用している、と判断されます。 --() 2012年12月6日 木 12:45 UTC --() 2012年12月6日 木 12:45 UTC 出典を適切な記事で用いること ウィキペディアでの正しい出典の用い方というのは、出典がテーマとして明示している名称の記事で用いることです。 たとえば、仮に、(なぜかこの「淫蕩」で強引に用いられようとした痕跡のある)中野明著『裸はいつから恥ずかしくなったか - 日本人の羞恥心』という文献を読んで、そこに書かれていた情報をウィキペディアに注入したかったら、(この「淫蕩」という記事ではなくて) 「」という記事、あるいは「」という記事において出典として用いるのが正しい使い方です。 --() 2012年12月6日 木 14:07 UTC しかも出典の主旨のとおりに書くべきです。 投稿者が出典を読んだ時に心に生まれた連想を書いてはいけません。 ウィキペディアは連想ゲームの場ではないのです。 また連想で思い出したトリビア(豆知識)の記述も控えるべきです。 本文や脚注に書く豆知識も原則的に、Aという記事ならば、「Aについて」という単行本や論文に書かれているものに限定すべきです。 そうでないと、投稿者の独自の判断ばかりで情報を加算していることになり、独自の連想、独自の研究になってしまいます。 --() 2012年12月6日 木 14:07 UTC.

次の