とうもろこし 美味しい 茹で 方。 とうもろこしのゆで方(ガッテン流)

ジューシーなとうもろこしの茹で方と茹で時間:白ごはん.com

とうもろこし 美味しい 茹で 方

Contents• とうもろこしの選び方と保存方法 まず、皮の緑色が濃くて、重く、粒がそろっているものを選びます。 ヒデは濃い茶色になっていると熟している証拠です。 とうもろこしの粒がびっしりとついているものが良品となります。 そして、とうもろこしにはヒゲがあると思いますが、実は、実一個に一本のヒゲがついています。 つまり、ヒデがふさふさしているほうが、実がぎっしりとしている証拠になりますので、そういったものを選びましょう。 また、とうももろこしは鮮度が落ちるのが早いので、調理するまでは、皮付きのまま保存指定おいてください。 それでも、買ったその日に調理するのがポイントです。 ゆでたら一本ずつラップします。 冷蔵庫であれば、2~3日くらいは保存できます。 また、横にしてしまうとストレスを感じてうまみ成分が逃げてしまうので、立てた状態で保存してください。 スポンサードリンク 美味しい茹で方1位と噂の「ためしてガッテン流」の方法 それでは、さっそく、とうもろこしの美味しい茹で方1位のガッテン流をご紹介します。 1.とうもろこしの皮をむいてヒゲをとる このときまで、皮はむかずに置いておくことが大切です。 調理の直前に皮をむきましょう。 2.鍋にとうもろこしと水を入れる 火をつける前の水の状態からとうもろこしを入れておくことが大切です。 大きな鍋を使って、とうもろこしが浸るくらいの水の量を入れます。 水の状態からとうもろこしを浸しておくことで、一粒一粒がよりジューシーになるのです。 よって、ここがポイントですよ! 3.水が沸騰してから3~5分ゆでる とうもろこしによって多少ゆで時間がかわるので調整します。 ゆでている間は、ゆでむらができないように時々ひっくり返します。 茹ですぎると旨味がが逃げてしまうので注意してくださいね。 4.火を止める 5.塩を1Lに対して塩30g(大さじ2杯)いれて4分ほど絡める 必ず、火を止めてから塩をしれてください。 6.ザルに上げて水気を拭きとる 水がついたままだと旨味が逃げてしまいますのですばやくふき取りましょう。 ちなみに、水の状態からとうもろこしを入れるとジューシーに仕上がりますが、沸騰した後にとうもろこしを入れるとしゃっきりとした食感になりますので、お好みで選んでください。 まとめ 以上、とうもろこしの茹で方1位のためしてガッテン流の茹で方をご紹介しました。 賛否両論はあると思いますが、ネット上では、このゆで方が1位だと思っている方が多いので、是非試してみてくださいね。 スポンサードリンク.

次の

シャキシャキ美味!お湯から5分*とうもろこしの茹で方 by まこりんとペン子

とうもろこし 美味しい 茹で 方

朝一もぎたての新鮮なとうもろこしって、生で食べても甘くて美味しいですよね!そんなとうもろこしの茹で方ですが、みなさんはどのように調理していますか? 人気のある茹で方 調理法 の中には、水から茹でる、お湯から茹でる、レンジでチンするなどがありますが、実は茹で方ひとつで、味も仕上がりも全く違うんです。 さらに、とうもろこしの茹で方は簡単なだけに、ほんの一手間加えるだけで、断然美味しくなったりもするんですよね! と言うことで今回は、とうもろこしを水から茹でる場合と、お湯から茹でる場合、とうもろこしを電子レンジで調理する場合の3通りで、出来上がりの違いの比較も交えながら、お伝えしていきます。 もちろんそれぞれの工程で、一手間を加えた人気の茹で方でお伝えします。 【茹で方】• 鍋にたっぷり水を入れ沸騰させる• とうもろこしを鍋に入れ3〜5分茹でる• 熱い状態の2を素早く冷水 塩水 につける• まず鍋には、茹でるとうもろこしがしっかり浸かるくらいの水を入れ火にかけます とうもろこしは一旦鍋から出しておきます。 そして、沸騰したらとうもろこしを鍋に入れるのですが、この時とうもろこしの皮は全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲは残しておきます。 このうす皮が付いた状態のとうもろこしを鍋に入れ、 3〜5分茹でます。 品種によって若干茹でる時間は異なりますが、長くても5分以上は茹でないようにしましょう。 長い時間茹で過ぎると、味が落ちてしまうんですね。 とうもろこしが茹で上がったら鍋から上げ、 そのまま素早く濃度3%程度の塩水につけて、熱を取ります。 鍋に水ととうもろこしを入れる• 火にかけ沸騰してから3〜5分茹でる• 熱い状態の2を素早く冷水 塩水 につける• とうもろこしの皮は全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲを残した状態にしておきます。 次に、鍋にたっぷりの水と先ほど下処理をしておいた、うす皮付きのとうもろこしを入れ、火にかけていきます。 そして、 鍋の湯が沸騰してから3〜 5分茹でて火を止めます。 品種によって若干茹でる時間は異なりますが、鍋が沸騰してからは、長くても5分以上茹でないようにしましょう。 この後の工程は『とうもろこしをお湯から茹でる』時と同じになりますが、とうもろこしを鍋から上げ、 そのまま素早く濃度3%程度の塩水につけて、熱を取ります。 とうもろこしのうす皮1枚を残して皮をむく• 水にくぐらせ塩をふる• ラップで包み600Wで5分加熱• 美味しさアップの重要ポイントもあります。 まず、とうもろこしを下処理します。 下処理は鍋でゆでる時と同様に、とうもろこしの皮を全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲを残した状態にします。 このうす皮1枚のとうもろこしをさっと水にくぐらせて、塩をまんべんなくふりかけ、両手で擦るように塩をなじませます。 この時、少し多めの塩を使うのがポイントですが、うす皮の上からなので、とうもろこしが塩辛くなったり、塩味がついてしまうということはありません。 これを ラップで包み、600Wで5分加熱します。 加熱後はラップのまま数分蒸らしておきます。 ある程度熱が取れたらラップから出して、うす皮とヒゲを取って出来上がり! この、とうもろこしを電子レンジで加熱調理する方法だと、 仕上がりは、とにかく甘みが強くて、そしてとうもろこしの味自体もかなり濃厚な感じになりますよ! ・ とうもろこしをお湯から茹でる シャキシャキした食感。 みずみずしい。 ・ とうもろこしを水から茹でる 柔らかくしっとりふっくら。 ジューシー。 ・ とうもろこしをレンジで加熱調理する 甘みが強い。 とうもろこしの味が濃厚。 どの方法も仕上がりの特徴がはっきり出て、好みに合った方法で調理すれば、とうもろこしを美味しくいただくことができると思います。 ちなみに 私 個人的には、断然レンジで調理したものが甘くて濃厚で美味しかったです! 実はこのレンジでの調理法ですが、穫れたてを直販しているとうもろこし農家さんから教えて頂きました。 なんといっても手軽で簡単美味しい、そして甘くて濃厚なため、 レンジ調理法を推奨する農家さんが増えているんだそうです。 私も以前は、とうもろこしのシャキシャキの食感が好きで、お湯から茹でることも多かったのですが、レンジ調理法を知ってからは、脇目も振らずチンしてます! 知らないと損する甘くて美味しいとうもろこしの見分け方 まず知っておきたいのが、とうもろこしは収穫した後、 鮮度が落ちるのがとても速いということなんですね。 それと同時に甘みもどんどん損なわれていきますので、 入手したらすぐに茹でるなど調理して、ラップに包んでおくようにします。 こうすることで甘いままのとうもろこしを保存でき、冷蔵庫に入れておけば、3日は美味しくいただくことができます。 また、とうもろこしの皮を剥くとさらに、甘みや鮮度が低下していくので、 調理する直前まで皮は剥かないようにします。 そして、とうもろこしを選ぶ際は以下の点に注意して選ぶようにしましょう。 皮の色が濃い緑色で艶がある• ヒゲの先が褐色でふさふさしている• 茎が太くて切り口が白いもの• ずっしり重いもの 畑で太陽の光をいっぱい浴びて甘くて新鮮なとうもろこしは、皮が濃い緑色で青々としていますが、収穫して時間が経つにつれて、薄く黄色掛かった色に変色していきます。 茎の切り口も、鮮度が良いと白くしっとりとしていますが、時間の経過とともに黒っぽくなり乾燥していくので、見分けるポイントとなります。 またとうもろこしのヒゲの本数は、とうもろこしの実の数と等しいので、ヒゲが多くふさふさしているものは、実がいっぱいつまっているといえます。 ヒゲは褐色で、しなやかなものを選ぶようにするのもポイントの1つです。 逆に、ヒゲが真っ黒になったものは、熟しすぎている可能性があります。 とうもろこしは熟し過ぎると甘みが弱くなっていくので、その一歩手前のものが、最も甘くて美味しいと言われています。 まとめ 今回、とうもろこしをお湯から茹でる方法、水から茹でる方法、レンジで調理する方法の3つをご紹介しました。 正直この方法ならどれで茹でても、普段とは一味違う甘くて美味しいとうもろこしが出来上がると思います。 後は仕上がりの部分で、それぞれ好みが分かれるといったところでしょうか。 鮮度の良い美味しそうなとうもろこしが手に入った時は、是非こちらの方法で調理して、簡単で美味しい甘くて濃厚なとうもろこしをお召し上がりくださいね!.

次の

とうもろこしの美味しい茹で方はお湯から?水から?皮付き?皮なし?

とうもろこし 美味しい 茹で 方

ジューシーで甘〜い茹でたてのとうもろこしは、夏のごちそう! その茹で方といえば、皮をむいて沸騰した湯に入れるのが定番。 でも実は、もっともっと甘くする方法があったんです。 その秘密を教えてくれたのが、伊勢丹新宿店の青果専属シェフ・鈴木理繪さん。 茹でるコツは、皮付き・水から・沸騰させない シェフ直伝、甘さを引き出すポイントは3つ。 「たったこれだけ!? 」という小さなコツですが、仕上がりの違いは歴然。 薄皮を数枚残すことで、とうもろこしのうまみを閉じ込めることができるんです。 緑色の皮ごと茹でてしまうと、皮の青臭さがとうもろこしの粒に移ってしまいます。 沸騰しないように中火にして3~5分茹で、薄皮を通して見える粒が黄色く鮮やかになったら茹であがり。 時間をかけてじんわりと熱を加えることで、とうもろこしのでんぷんがゆっくり、しっかりと糖に変わり、甘さを引き出すことができます。 とうもろこしが水に浮かないように、落とし蓋をしたり茹でながら菜箸で転がすことも上手に茹であげるポイントです。 水をかけたり、冷蔵庫で急冷させたりすると粒がシワシワになる原因に。 とうもろこしがしっかりと冷めたら薄皮をむきます。 とうもろこしは完全に皮をむいた状態でラップに包み、冷蔵や冷凍で保存が可能。 冷蔵なら1~2日、冷凍なら2~3週間のうちに使い切るようにしましょう。 冷凍したとうもろこしを使うときは、自然解凍するかそのまま加熱調理してOK。 美味しいとうもろこしの見分け方:皮、ヒゲ、切り口を見よ! 皮:緑が濃い皮付きを選ぶ とうもろこしは皮に筋目がまっすぐに入っていて、濃い緑色のものを選びましょう。 皮付きのもののほうが粒の水分量が保たれ、よりジューシーな味わいです。 ヒゲ:茶褐色のヒゲは鮮度が高い証拠 とうもろこしに茶褐色の「ヒゲ」が付いたままのものを選ぶのもポイント。 ヒゲが付いていることで、実の鮮度が保たれるほか、ヒゲの茶褐色は十分に熟れていることの証です。 切り口:茎の断面がきれいな丸だと粒が揃っている 生育中、何らかのストレスがかかり、粒の並びがねじれたりバラついたりしているものは、茎の断面が楕円だったりつぶれたようになっています。 鮮度のいいとうもろこしを選んだら、すぐに調理するのも大切なポイント。 収穫してから24時間を過ぎると甘みが落ち始めるため、買ったらまずは加熱! をお忘れなく。

次の