ブロー ディア 花。 ブローディア

ブローディア

ブロー ディア 花

>> ブローディア ブローディア 別名:トリテレイア、ヒメアガパンサス 科・属名:ユリ科・トリテレイア属/ 原産地:アメリカ/ 学名:Triteleia 分類: 球根植物 寒さ: 強い 暑さ: 休眠する 草丈: 40cm〜50cm 花径: 1.5cm〜2cm 花色: 青、紫、ピンク、白、黄色、赤 増やし方: 分球 場所: 日当たりを好む 用途: 花壇、鉢植え 花言葉: 守護、淡い恋 ブローディアは以前、ブローディアエア属だったのですが、今はトリテレイア属になり、前の属の名残が今も名前に残っています。 最近はトリテレイアという名前で呼ばれる事も少なくありません。 種類がいくつかあり、青色の花を咲かせる種類はアガパンサスを小さくしたような花をしているので、ヒメアガパンサスという別名があります。 下のはブローディア・ルディーという種類で、青と白のコントラストが美しい花を咲かせます。 一つの球根から比較的多くの花が咲きます。 作業カレンダー(暖地基準) 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 開花時期 開花 場所 日向 日向 植え付け 植え付け 植え替え 植え替え 分球 分球 掘り上げ 掘り上げ 肥料 肥料 お礼 肥料 鉢の水やり 表面が乾けば与える 表面が乾けば与える ブローディア 6月上旬、自宅の鉢植え ブローディアの全体 6月上旬、自宅の鉢植え ブローディアのアップ 6月上旬、自宅の鉢植え ブローディアの育て方 植え付け 時期は10月頃に行うのがよいと思います。 鉢に植える場合は5号鉢に4、5球を目安に深さ3cmから4cmほどに、用土は花の培養土や自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土3、パーライト1などに、あれば元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜて植え付けます。 庭植えでは苦土石灰、元肥に腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで、深さ5cmぐらい、間隔は8cmぐらいで植え付けます。 場所 日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。 水やり 鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。 冬も水を切らさないように与えます。 庭植えの場合、特に与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。 肥料 鉢植えでは元肥マグァンプK(中粒)を混ぜ込んでいなければ、緩効性の化成肥料などを置き肥します。 花壇では植え付け時に元肥を混ぜ込んで植え付け、春に骨粉入りの油かすなどを、花後のお礼肥に即効性の化成肥料などを与えます。 その後の年は秋と春に骨粉入りの油かすなどを与え、花後のお礼肥に即効性の化成肥料などを与えます。 その他はを参考にしてください。 花がら摘み 咲き終わったら花がらは取り除き、全ての花が咲き終わった花茎は切り取ります。 球根の堀上げ 鉢植えでは7月頃に葉が枯れたら掘り上げて乾燥保存させるか、秋の10月頃に植え替えてもかまいません。 花壇では数年植えっぱなしでもよく、よい花が咲かなくなったら、10月頃に分球を兼ねて植え直します。 関連リンク.

次の

【とやま産直】新鮮球根 ブローディア コリーナ10球入り

ブロー ディア 花

トリテレイア(ブローディア)とは• 基本情報• 特徴 トリテレイアは、かつてブロディアエア属に含まれていた14種が、独立してトリテレイア属となりました。 を小さくしたような花形から、ヒメアガパンサスとも呼ばれています。 園芸的に栽培されるのは、主にトリテレイア・ブリッジシー( Triteleia bridgesii)、トリテレイア・ラクサ( T. laxa)の栽培品種といくつかの原種です。 花壇で楽しむほか、切り花としても人気があります。 花茎の先に小花が放射状につき、花色も豊富です。 秋に球根を植えつけると、冬から早春にかけて芽を出して2枚の葉を展開し、初夏に花茎が伸びて開花します。 旧属名からとった「ブローディア」の名前でも扱われることがあります。 基本データ 園芸分類 球根 形態 多年草 原産地 北アメリカ西部 草丈/樹高 30~70cm 開花期 5月下旬~7月 花色 白,赤,ピンク,黄,緑,青,紫,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 普通 耐暑性 普通(夏は休眠) 特性・用途 落葉性.

次の

ブローディア

ブロー ディア 花

以前はブローディアエア属に分類されていたので、その名残でブローディアと呼ばれることもあります。 園芸では、秋植え球根として扱われます。 鉢植えや庭植えで楽しみます。 秋~春に生長して、初夏に開花した後、茎葉が枯れて夏は球根の状態で休眠します。 球根から線状の細い葉を2~3枚出し、初夏に花茎を長く伸ばしてその先端に10数輪の花を咲かせます。 花は先端が6つに裂けたラッパ型で上向きにつきます。 色は青、紫、白、黄色などがあります。 由来 トリテレイアはギリシア語のトリア 3つ とテレイオス 完全 からなり、花の各器官が3の倍数で成り立っている構造にちなみます。 例えば、雄しべが6つ・雌しべの先端 柱頭 が小さく3つに裂けている・花びらが6つに裂けているなどです。 全くの余談ですが、エンレイソウの学名であるトリリウムは「3を基本の数としたユリ」という意味で、こちらも花の各器官が3の倍数で成り立っているところに由来します。 種類 〔〕内は学名、T.はTriteleiaの略 ラクサ〔T. laxa〕 花色は青、濃い紫、白、花茎は30cm~60cmになります。 ブリッジシー〔T. bridgesii〕 青紫色の花を咲かせます。 花茎は30cm~40cmになります。 グランディフロラ〔T. grandiflora〕 アメリカ西部、カナダに分布します。 花は釣り鐘型で色は青や白です。 その他の画像• ・霜や凍結に気をつける• ・2~3年に1回分球する• ・夏の休眠期は断水する 栽培カレンダー 主な作業の適期 植え替え・分球 10月中~11月上 日常の手入れ タネを採るのでなければ、花の咲き終わった花茎は付け根から切り落とします。 日当たり・置き場所 日当たりのよい場所を好みます。 霜に当てなければ戸外でも冬越しできます。 ただし、寒風に当たると葉先が傷むので鉢植えはベランダなど風の避けられる場所の方がよいでしょう。 寒冷地での露地植えは霜よけが必要です。 水やり・肥料 葉を出して生長している時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 花後は徐々に水やりの回数を減らして、休眠期の夏は完全に水を断ちます。 休眠期の鉢植えは雨の当たらないところに置きます。 肥料は植え付ける際、土にあらかじめ混ぜておき、生長期~開花期に、ときどき液体肥料を与えます。 肥料はたくさん与える必要はありません。 かかりやすい病害虫 とくにありません。 植え付けと用土 植え付けの適期は10月-11月です。 植え付ける深さは鉢植えで3-5cm、庭植えで5cm-10cmです。 5号鉢に3~5球が目安です。 球根が増えすぎて窮屈になると花付きが悪くなるので2~3年に1度、秋に分球を兼ねて植え替えを行います。 植え替え、分球の必要がない限りは植えっぱなしでよく、毎年掘り上げる必要はありません。 野生種は山の傾斜地に自生するものが多く、水はけのよい土壌を好みます。 鉢植えは赤玉土7:腐葉土2:川砂1で混ぜた用土を使います。 ふやし方 球根がよくふえるので秋の植え付け時期に球根を分けてふやします。 また、花後に黒いタネができるので、それをまいてふやすこともできます。 関連する植物• シュロソウ(ユリ)科 大きく広がった3枚の葉が特徴的です。 山野草として扱います。

次の