おおかみ の おしっこ。 おおかみこどもの花の家HP 花の家イベント

「オオカミ(ウルフ)尿 340g」オオカミの尿のニオイで、効果的な害獣対策! あっと解消 本店

おおかみ の おしっこ

オオカミ(ウルフ)尿は、多くの害獣が天敵となる狼(ハイイロオオカミ)の尿100%の動物除けです。 野生の動物はテリトリーにマーキングをして互いの存在を知らせる習性があります。 この野生のマーキング習性を利用して、 狼が天敵となるサル、クマ、シカ、イノシシ、野良犬、野ネズミ、ハクビシンなどの動物を寄せ付けない、有効的な獣害被害対策商品です。 自然排泄のハイイロオオカミの尿だけを使用し、添加物などを一切使用していませんので、動物、自然に優しい天然の動物プロテクションです。 高齢の方や女性にも設置が簡単• 液体が乾燥したら注ぎ足すだけなので、 維持が容易• 1箇所あたりわずかな量で高い効果を発揮するため、 優れた費用対効果が期待できます。 8L 約380m 約760m 稀にオオカミ(ウルフ)尿補充を忘れたり、雨などで薄まることにより、動物が再び侵入することがあります。 特に収穫前の 動物被害が多発する時期には、蒸発前に補充すること、雨が容器に入った場合には一旦破棄して充填することを、おすすめいたします。 専用容器以外に、プラスチック容器やペットボトルもお使いいただけます。 できるだけ小さめの容器(100ml以下がおすすめ)をご用意ください。 液がこぼれない程度の両側面に直径1cm位の穴を開けてください。 設置方法は専用容器と同じです。 オオカミ(ウルフ)尿はJAS有機適合資材! (株)アファス認証センター「資材内容確認書」により、オオカミ(ウルフ)尿がJAS法・JAS規格、『アファス有機農産物及び有機農産物加工食品の基準』に適合したものであることが認められました。 食の安全性が強く求められ、農薬や化学肥料を使わない有機農産物のニーズが高まっています。 狼の尿100%のオオカミ(ウルフ)尿は、人や自然、動物に優しい動物よけとして、既に広くご利用いただいていましたが、厳しいJAS規格認証センターの検査にてJAS有機適合資材との確認を得ることにより、安全性を客観的に裏づけ、実際のJAS有機認定事業者様にもご利用いただき、より食の安全を考慮されオーガニック食品をご購入いただく消費者の皆様にご安心いただけるようになりました。 狼尿は採取時期によって色・ニオイが違います 狼の尿は、かなり臭いですか? 人によって個人差はありますが、屋外での使用の場合、さほど人には臭いを感じさせないといわれています。 屋内では使用しないでください。 他の商品のように動物が臭いに慣れることはありませんか? 哺乳類の天敵に対する禁忌行動は、哺乳類の匂いに対する情動や行動を先天的に決める脳内の神経回路によって行われていることが、東京大学理学系研究科によって証明されており、天敵に慣れてしまうということは考えられにくいです。 どういうところで使われていますか? ゴルフ場、農家、果樹園などの他、景観を変えられない文化財や、一般の民家でもご使用いただいています。 サルにも効果がありますか? 特に対策が難しいサルに対して効果を発揮したことから、全国でサル対策として採用が広まっています。 飼い犬がいるのですが、影響はありませんか? おとなしい小型犬だと、怖がったりおびえたりして近づかないことがあります。 大型犬だと警戒して吠えることがあります。 哺乳類以外のカラスやヘビなど、全ての動物に効果はありますか? 沖縄のハブに効果があったという報告はありますが、完全に実証されていません。 カラスへの使用は対象としていないため検証していません。 また、同じ動物であっても天敵に対する反応は固体差があるため、全ての動物に効果があるとは言い切れません。 注意事項• 使用期限はございませんが、開封後は酸化が始まるため、色やニオイが変化する場合があります。 効果に影響はありません。 オオカミ(ウルフ)尿は、天敵を嫌がる動物の習性を利用して、対象となる動物を近づけにくくするものです。 自然の動物の本能を利用した商品ですので、効果は動物個体差がございます。 本品は屋外用です。 効果を保証するものではございませんので、他の方法との併用もお勧めいたします。 輸入品の為、容器形状、ラベルは予告なく変更する場合がございます。 散布すると、すぐに蒸発し効果がなくなる為、容器に入れて侵入を防ぎたい場所の周囲に設置してください。 容器は専用容器の他に、専用容器と似た構造の物でも代用可能です。 (雨が直接入りにくい形状の物をご使用下さい。 肉食動物である狼の強い酸性尿のため、植物に直接散布すると変色します。 必ず容器に入れてご使用ください。 オオカミ(ウルフ)尿は保護施設で飼育されているハイイロオオカミの尿を自然の排泄によってのみ採取しているため、販売数に限りがございます。 ディスペンサー(容器)は別途お買い求めいただけます。 (現在、340g1本につき、容器6個プレゼント中!) オオカミ(ウルフ)尿の仕様.

次の

狼尿100%本物の効果はウルフピーだけが効果検証されています

おおかみ の おしっこ

挑戦!畑で野菜を作ります!(by花)イベント 成長の巻き 「土からやり直すんだ」 え〜っ! またまた、韮崎(偽)さんが、劇中同様のお言葉。 それは確かに、花かあさんも何度か失敗して、土からやり直してから成功したんですが。 え〜っ! でも、優しい(偽)韮崎さんは、花かあさん達が出かけている隙に、こっそり土からやり直してあげたのでした。 って、これで良いですか? コマツナ失敗して、トマト失敗して、三度目の正直だから、劇中と一緒で良いですか?! ええと、何年も使われていなかった田んぼを畑として使おうという事だったので、やはりどうにも、手を入れないとダメだろうとの事で、ジャガイモ達はさらに植え直されたのでした^^; 写真をクリックすると、秘密の作業の全てが見られます。 この動画を撮っていた秘密の装備がこちら 数々の秘密が追加される予定の、おおかみなハウスで、現在は畑を見渡すおおかみEYEが動作中です。 そして、そのおおかみEYEが捉えた秋ジャガイモ植え付けの様子。 こちらが8月13日。 土からやり直したのは14日でした。 きっと、劇中同様の大豊作ですよね! ねっ! そして、「ウネを作れ」「もっと高く」とお相手もなく、かあさん達もまだ寝床な夜明け前から、(偽)韮崎さんの作業です。 クリックすると動画が見られます。 8月17日 土をしばらく落ち着かせて、植え付け直していただきました。 お一人で、本当にありがとうございました。 そして、9月3日がこちら。 そして、おおかみなハウスの中にはお子様用のおもちゃ。 ソーラーおおかみが赤外線の動体を感知するとライトで威嚇、このおもちゃがゴトゴトと音を立てるのです。 じつはこちら輸入品。 クリックすると動画が見られます。 さて 9月5日の畑の様子。 夜に土から出て来て、茎の根本を食べるそう。 立山があるので、富山は滅多に台風被害は無いそうで。 クリックすると一日の様子が見られます。 9月17日 台風一過で、枯れた茎を掘り出してみたら、、、根腐れをおこしていました。 もともと、ここが田んぼだったので、まだまだ「土からやり直すんだ」が足りなかったのと、今年は、とっても雨の日ばかりだったので、ダメになってしまったのですね。 秋も深まって、赤とんぼがやって来て、、、と言いたいのですが今年はまだまだ、とっても暑いです。 地下の方、お芋の種は育って来ているのですが、、、 10月9日 台風24号がかすめて行きました。 あり合わせで風除けを作ってしのぎます。 クリックすると動画が見られます。 10月12日 台風も無事やり過ごして、雑草をむしります。 なにか大きなカメラもいますが、気にせず雑草抜きです。 10月13日 さて、ジャガイモも生長して来たので動物除けの、おおかみピ〜(おしっこ)も本気の体勢で3つに増やします。 まだ、動物被害無し。 写っているのは一頭だけですが、10頭程の群れで、お家から200m程下です。 秘策!おおかみおしっこも出し惜しみ無しで迎え撃ちます。

次の

狼のおしっこは効いたのか? ーハクビシンとの闘い2014〜16ー

おおかみ の おしっこ

詳細は「」を参照 従来はオオカミの近縁種とされていた(イエイヌ)は、近年ではオオカミの一亜種 Canis lupus familiaris とする見方が主流になりつつある。 ただし、日常語としての「オオカミ」には通常、イヌは含まれない。 イヌはオオカミが飼い馴らされてしたものと考えられている。 アメリカアカオオカミ、コヨーテ、アビシニアジャッカルとは相互に交配可能で、野生下でも雑種個体が生じ、繁殖力も有しているため生物学的種の定義に照らせば亜種であり、別種ではない。 種と亜種の区分は慣習的不合理性が残存していることの一例である。 亜種によってはが危惧される。 日本で古来「狼」と呼ばれてきた動物は絶滅したとされるであり、タイリクオオカミの一亜種と見なされる。 ニホンオオカミは、12万 - 13万年前に枝分かれした亜種であり、ハイイロオオカミと同じ種であるとの遺伝子解析結果を、岐阜大の石黒直隆教授と松村秀一教授らのチームがまとめた。 はイヌとオオカミの違いが出る部分としてを挙げる。 オオカミの胸郭はイヌの胸郭よりも幅が狭く、深い(上下の高さが高い)。 それはオオカミの胸郭が深いのはが比較的長く、狭いのは肋骨が後方に寝ているためだという。 具体的には肋骨頸(肋骨上部の胸椎と関節する部分)が前方に曲がっているために、肋骨体(肋骨の主部)が立ち上がっている形状になっているイヌの胸郭に対して、オオカミの胸郭は肋骨頸の曲がりが殆どないため後ろに寝てしまうのだという。 オオカミの胸郭は幅が狭くても深さがあるためにイヌの胸郭と容積的には大差がないが、深呼吸をする際にはオオカミの胸郭は普段は肋骨を寝かせている分だけ、一層胸郭の容積を大きくすることができ、イヌよりも深い呼吸が出来るのだという。 分布・亜種 [ ] 亜種の分布 北半球に広く分布する。 分布域が広いタイリクオオカミは多くの亜種に細分化される。 現存の亜種は33(絶滅含め39亜種)に分類されてきたが、近年の研究で現存13亜種、絶滅2亜種への統合が提案されている。 Canis lupus albus(、) 北端部に分布。 Canis lupus arabs() に分布。 非常に減少。 Canis lupus arctos() 北部と東部、、、に分布。 Canis lupus baileyi() かつて南西部から北西部にかけて分布していた。 1970年代に一度野生絶滅したが、現在アメリカやに再導入されている。 Canis lupus cubanensis() 、との一部に分布。 Canis lupus hattai() 、に本来分布。 Canis lupus hodophilax() 樺太・北海道を除くに本来分布。 Canis lupus italicus() からアルプス南部に分布。 Canis lupus familiaris() イエイヌは1万5千年以上前にを飼い慣らした動物であるという説が有力。 Canis lupus lupus(、、) 東部から、、南部、、、、地域に分布。 Canis lupus lycaon() の南東部と南部の小さな範囲に分布。 との交雑が心配されている。 Canis lupus nubilus() アメリカの西岸、南東部、カナダ東部、に分布する。 Canis lupus occidentalis(、) カナダ北西部、アメリカ北西部の、、に分布。 分布を拡大している。 Canis lupus pallipes() からにかけて分布。 形態 [ ] 頭骨 大きさは亜種、地域によって異なる。 体胴長100 - 160、肩までの体高60 - 90cm、体重は25 - 50。 大きい個体では50kgを超えるものもいるが、雄が54キロを超えるのは稀である。 一般に雌は雄の体重より10 - 20パーセント程度小さい。 現生のイヌ科のなかで最大。 高緯度ほど大きくなる傾向がある()。 記録上ではアラスカで捕獲された体重79. 3kgの雄、ユーラシア大陸ではウクライナで殺された 86キロのものが最大としている。 体色は灰褐色が多く、個体により白から黒まである。 子供の時期は体色が濃い。 北極圏に住む亜種はより白い。 体毛は二層に分かれ保温や防水に優れ、夏毛と冬毛がある。 又、姿勢においては頭部の位置がイヌに比べて低く、頭部から背中にかけては地面に対して水平である。 頭から鼻にかけての頭骨のラインはイヌより滑らかで、イヌよりも顎の筋肉量が多く、頬骨の位置が高いため、イヌと比較して吊り目になっている。 又、尾の付け根上部にスミレ腺を持つ。 生態 [ ] オオカミは雌雄のペアを中心とした平均4 - 8頭ほどの社会的な群れ(パック)を形成する。 群れはそれぞれ縄張りをもち、広さは食物量に影響され100 - 1000平方キロメートルに及ぶ。 縄張りの外から来た他のオオカミはたいてい追い払われる。 稀に、仲間とうまくコミュニケーションがとれなかったり、群れのリーダーを決める争いに敗れ群れから孤立し単独で活動しているオオカミもおり、これが「」の語源にもなっている。 群れと順位 [ ] 群れは雌雄別の順位制を伴い、通常は繁殖ペアが最上位であるが、順位交代もする。 最上位から順にアルファ、ベータと呼び、最下位の個体をオメガと呼ぶ。 順位は常に儀式的に確認しあい維持される。 群れはたいてい繁殖ペアの子孫や兄弟で血縁関係にあることが多い。 他の群れを出た個体が混ざることもある。 狼の群れの頭数は最多で42頭にもなったという記録があるものの、平均して概ね3-11頭の間である。 しかし、大規模な群れでも主に仕事を行うのはペアであり、最も効率が良いのはペアの狼とされている。 単独の狼が成獣のムースを仕留めた記録はあるが、例え怪我で弱っている個体といえど、300-800キロにもなるムースを40キロ程度の狼が仕留める事は極めて危険である。 そのため、普通は最低でも2頭の狼を必要とする。 狩り [ ] を狩りする2頭のオオカミ• オオカミは肉食で、・・野生の・などの有蹄類、などの小動物を狩る。 餌が少ないと人間の生活圏で家畜や残飯を食べたりする。 シカなどの大きな獲物を狩る時は群れで行動し健康体を狩る場合もあるが、通常は長時間の追跡を行い獲物の群れの弱い個体(病気、高齢、幼体)を捕まえることが多い。 最高速度の時速70キロメートル なら20分間、時速30キロメートル前後なら7時間以上獲物を追い回す事ができる。 捕らえた獲物を先に食べるのは上位の個体である。 オオカミは追いかける途中で諦める事が多く、リカオンなどと比べると諦めやすい性格といえる。 1972年オンタリオでは35回獲物に狙いを定めそのうちの16頭の鹿を殺す事に成功している所が観察された。 繁殖 [ ] 幼獣• 繁殖は一夫一妻型で群れの最上位のペアのみが行うが、例外的に他の個体が繁殖することもある。 期は年1回で冬季に行われる。 妊娠期間は60 - 63日、平均4 - 6頭の子を産む。 雌は巣穴を作りそこで子育てを行う。 父親や群れの仲間も子育てを手伝う。 子は目が開くのは12 - 14日で、20 - 24日経って動きまわるようになり、20 - 77日の間で群れを認識する社会性が育ち離乳する。 固形食は大人がて与える。 8週ほどで巣穴を離れるようになる。 子は1年も経てば成体と同じ大きさになるが、性的に成熟するには2年ほどかかる。 成熟したオオカミは群れに残るか、群れを出て新たな場所に移り、配偶者を見つけ(この過程で1匹になることを一匹狼という)、新たな群れを形成する。 コミュニケーション [ ] はオオカミのコミュニケーションの一つ。 オオカミは、表情、吠え声などで群れの内外とコミュニケーションを取る。 表情やしぐさは群れの順位を確認する際に良く使われる。 遠吠えは、群れの仲間との連絡、狩りの前触れ、縄張りの主張などの目的で行われ、それぞれほえ方が異なるといわれる。 合唱のように共同で遠吠えすることもある。 寿命 [ ] 飼育下での平均寿命は15年ほどである。 動物園で20年生きた記録がある。 野生では、他の動物と同様に幼齢時の死亡率が高いが、成熟個体は5 - 10年ほど生き、稀に10年以上生きる個体も見つかる。 絶滅地域への再導入 [ ] オオカミの住処や獲物である草食動物を人間が奪ったため、オオカミは人間に駆除される危険を冒してまでを襲うようになった。 そのため家畜を襲う害獣であるとして人間がオオカミを駆逐し、絶滅させてしまった地域がある。 そうした地域のなかにはオオカミの絶滅の後、天敵を失った大型の草食動物が異常に増加し、地域の植物が食べ尽くされたことによって森林が消滅し、逆に大量の草食動物が餓死し既存の生態系を攪乱せしめたという例がある。 こうした撹乱された生態系を以前のものに戻す対策として、アメリカ合衆国のでは、絶滅したオオカミを再び導入し、成功を収めている。 の剥製(• の展示) 日本固有のオオカミのうち、・・に分布していたものは、( Canis lupus hodophilax または Canis hodophilax)と呼ばれる。 大きさは中型の日本犬ぐらいで、毛色は白茶けており、夏と冬では毛色が変わったとされる。 はに鷲家口(わしかぐち)にて捕獲された若いオスの個体を最後に目撃例がなく、絶滅したと見られる。 「(明治43年)8月に址にあった農業試験場(松平農試場)で捕獲されたイヌ科動物がニホンオオカミであった」との論文が発表された が、この個体は標本が現存していない(により焼失。 写真現存)ため、最後の例と認定するには学術的には不確実である。 ニホンオオカミの標本は、頭骨はある程度残っているが、や全身骨格の標本が極めて少なく、日本国内では数点しか知られていない。 日本国外では、鷲家口で捕獲された個体の仮剥製と頭骨が、に保管されている。 また、が長崎ので飼育していたニホンオオカミの剥製1体が、に保存されている。 日本では関東・中部地方において秩父のや奥多摩のでオオカミをとして祀っており、山間部を中心とした狼信仰が存在する。 オオカミを「大神」と当て字で表記していた地域も多い。 日本各地に残るの伝承はニホンオオカミの習性を人間が都合の良く解釈したという説がある。 眷属としてのオオカミのは山間部においては五穀豊穣や獣害よけ、都市部においては火難・盗賊よけなどで、19世紀以降には憑き物落としの霊験も出現する。 眷属信仰は中期に成立するが、幕末には(安政5年)にが大流行し、コレラは外国人により持ち込まれた悪病であると考えられ、憑き物落としの霊験を求め眷属信仰は興隆した。 そのため憑き物落としの呪具として用いられる狼遺骸の需要が高まり、また同時期に流行したやの拡大によって狼の獣害も発生し、明治以降、家畜を襲う害獣として懸賞金まで懸けられた徹底的な駆除などの複合的な原因によって絶滅したと思われている。 エゾオオカミの剥製(• の展示) 一方、および・に生息した大型の亜種は、 Canis lupus hattai と呼ばれている。 大きさはほどで、褐色の毛色だったとされている。 ではを「狩りをする神(オンルプシカムイ)」「ウォーと吠える神(ウォセカムイ)」など地域によって様々な呼び名があるが、雅語としての「大きな口の神(ホロケウ)」は北海道全域で通じる。 伝承では英雄を助ける、主人公を騙して夫にしようとする、いたずら好きなど様々な性格で語られるが、カムイのオオカミは白い毛を持つとされる。 明治以降、入植者により毛皮や肉目的で獲物のが取りつくされ、入植者のつれてきた牛馬などの家畜を襲って害獣とされ、懸賞金まで懸けられた徹底的な駆除により数が激減し、などの飼い犬の病気の影響やの大雪によるが重なった結果、ごろに絶滅したと見られる。 狼に関する文化 [ ] ヨーロッパや中国など牧畜が盛んであった地域では家畜を襲う害獣として忌み嫌われる傾向にあり、逆に日本(北海道を除く)のように農業が盛んであった地域では、農作物へ被害をあたえるシカなどの害獣を駆除する益獣として、怖れをもたれると同時に慕われもした。 また、アイヌやなどのように、狩猟採集生活が盛んであった民族でも神格化されることがある。 牝狼の乳を吸うロームルスとレムス• の『』によると、にてとの双子を産んだは牝狼であるとしている。 また、の建国神話では、双子の建国者であるとは牝狼に育てられたとされる。 牝狼の乳房を吸う双子を描いたローマ時代の像がに所蔵されている。 においては、狼はしばしば死や恐怖の対象として描写される。 では巨大な狼であるが神々の敵として描かれている。 童話の『』では、狼は赤頭巾を食べようとする悪役として描かれている。 中旬には、「」と呼ばれる巨大な狼(大とも)が出現したとされ、中部地方を震撼させた。 しかし、オオカミは一匹だけで大きな獲物を狩る習性はなく、臆病な動物であるため、科学的に見てこの事件にオオカミは関わっていないとされている。 でも、狼は邪悪な害獣として扱われることが多く、では、やと同じく『』を象徴する動物として扱われることがある。 人間が狼に変身するについての記述が古代よりしばしば見られる。 ヨーロッパで狼を忌み嫌うのは中世キリスト教が、土着の信仰を駆逐するため人狼伝説を利用してきた影響も大きい。 中世のヨーロッパでは、人狼の存在が信じられており、昼間は人間の姿をしている人狼が、夜間には狼の姿で他の人間を襲い、の武器(など)でなければ倒すことが出来ないなどとされた。 古代ローマのであるは著書『』において、人狼が現われたという噂を紹介したうえで、このような変身の存在はでたらめであると否定している。 イギリス本土の諸島では早い段階で狼が駆逐されたために、人狼の伝説は外国起源のものであり、魔法使いや巫女はたいてい猫や兎に化けることになってしまった、という説をが唱えている。 北アジアの・の中核となった氏族のには、戦いで置き去りにされた子供とという牝狼の間に誕生した子供たちが阿史那氏の祖先であるという神話伝承があり、狼は阿史那氏のトーテムであったほか、近代のでもトルコ民族の象徴として親しまれたりナショナリズムの象徴となったりしている。 インドにはオオカミが子供を育てたという噂が多数あり()、特にという少女の事例が知られる。 科学的観察に基づく話としてのが有名である。 日本語のオオカミの語源は大神(おおかみ)とするように、日本では古くから狼信仰が存在している。 『』には狼のことを「かしこき神(貴神)にしてあらわざをこのむ」と記述されており、また(逸文)には「」として神格化されたことが語られている。 山の神としてとも結びついており、近世において狼信仰の中心となったや秩父のはオオカミである。 猿久保では、オオカミがお産する穴を発見したら、をに詰め村人が巣穴の前に供えた。 オオカミはお産を無事に終えると空になった重箱を村人の家まで返却したというがある。 オオカミを題材とした作品など [ ]• オオカミが登場する童話には、『』、の『』、『』、の『』、米国の昔話『オオカミになった弟』などがある。 も参照。 日本のや漫画、絵本にもキーパーソンとしてオオカミはしばしば登場する。 『』のオオカミ一族、『』のモロ(山犬の神)、『』のウォー(仇を育てた狼)など育て親のイメージの役割と『』のラッパ狼、『』のモリアーティ教授など悪役のイメージのものが多い。 また『』のガブ、『』シリーズのオオカミさんのように主役のパートナーとして登場する作品が現れるようになってきた。 ロシアのアニメーション『狐と兎』でもウサギを手助けするキャラクターのひとりとしてオオカミが登場する。 また、アメリカのファンタジー小説『』に登場する老魔術師とその妻なども、主人公を助ける重要なキャラクターである。 オオカミを孤高の象徴として捉えた作品が登場するようになってきた。 『狐と兎』の作家の代表作品、『』ではオオカミの子が人々の平和と悲しみの時代の記憶をたどる非常に重要な役割を持って登場する。 の作品『』、『』などのシリーズではである主人公を通してオオカミの孤高性が多く語られる。 アニメーション『』の主人公たちは人間に姿を変えることのできる狼であり、オオカミの神性と孤高が描かれた。 『やっぱりおおかみ』は仲間を探して旅をする一匹狼の絵本。 結局仲間は見つからず、舌打ちする内容。 コンピューターゲームには、日本古来のオオカミの神性を題材とした『(おおかみ)』などがある。 団結の象徴として、のではマスコットにオオカミ(愛称ロビー)を採用している。 の台本・作曲による交響的物語『』は子ども向けクラシック音楽入門作として名高い。 アメリカのファンタジー小説『』では、部族ごとに群れをなし、厳しい掟によって自らを律するオオカミたちの生態が描かれている。 画像 [ ]• Boitani, L. , Phillips, M. 2018. Canis lupus errata version published in 2020. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e. T3746A163508960. Downloaded on 10 April 2020. 今泉忠明『絶滅野生動物事典』(KADOKAWA、2020年) P85. 今泉忠明『野生イヌの百科』データハウス〈動物百科〉、2007年、第2版、15頁。 、「」『ANIMATE』第4巻、農大動物研究会、2003年、 2019年5月6日閲覧。 マイタウン福井 朝日新聞社. 2007年1月9日. の2007年10月6日時点におけるアーカイブ。 Natural History Museum Picture Library. The Trustees of the Natural History Museum, London. 2016年3月5日時点のよりアーカイブ。 2019年5月6日閲覧。 - アイヌと自然デジタル図鑑• ベヤリング・グウルド『民俗学の話』訳、角川書店〈角川文庫〉、1955年、43頁。 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年、1119ページ。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 に関連の辞書項目があります。 、 、• (で狼の意味の名を持つ)• - 「血に飢えたオオカミ」と綽名を付けられた。 東西のオオカミを巡る価値観の違いを示す例。 - にで発見された二人の少女。 オオカミに育てられたとされた。 ただし、その真実性は疑問視されている。 外部リンク [ ]• Mech, L. 2004. In: IUCN 2007. 2007 IUCN Red List of Threatened Species. Wolf Specialist Group 1996. In: IUCN 2007. 2007 IUCN Red List of Threatened Species. Wolf Specialist Group 1996. In: IUCN 2007. 2007 IUCN Red List of Threatened Species. Wolf Specialist Group 1996. In: IUCN 2007. 2007 IUCN Red List of Threatened Species. [ ]• - (2012年12月2日アーカイブ分)(日本語) [ ]• (日本語)•

次の