リトル ペギー マーチ。 愛のシャリオ

アイ・ウィル・フォロー・ヒム [歌詞和訳] リトル・ペギー・マーチ:Little Peggy March

リトル ペギー マーチ

「愛のシャリオ」は1961年にフランク・プゥルセルとポール・モーリアが変名で、そしてレイモン・ルフェーブルも加わったというもので、当時のフランチ・ポップスの巨匠たちが集まって作ったインストゥメタル作品です。 低音部から高音部への移行やリフレインなど、一曲の中で多様に変化する覚え易いメロディは抑揚に富んでおり、強い印象を聞く者に残します。 このインストゥメタルにJacques Plante(カナダの有名なアイス・ホッケーのゴールキーパーは同姓同名)がフランス語の歌詞を付けて、ペトゥラ・クラークが歌ってヒットとなりました。 フランス語の歌詞は、若い二人が「Chariot」(ここでは荷馬車でしょうか)に乗って、新しい土地を目指すといったもので、力をあわせて開拓する、またその喜びを表現しています。 そしてこの歌をアメリカでリトル・ペギー・マーチがカバーした際に、より簡潔で力強い英語の歌詞を付けたラブ・ソングとしたことで驚異的な大ヒットとなり、リトル・ペギー・マーチは一躍スターダムに登りました。 60年代の始めの頃は、複雑な歌詞よりも、愛する人に付いて行くといった単純なラブ・ソングが好まれました。 でも本当は「愛のシャリオ」の歌のように、愛するあなたと一緒に二人で人生を切り開いて行く、とした方が正しいのではないでしょうか。 この「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」が印象深く使われていたのが、ウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg:1955-)が主演して記録的な大ヒットとなった、1992年の映画「天使にラブソングを…」(The Sister Act)です。 大好きなマギー・スミスも共演していて、楽しくて感動的なコメディ映画でした。 映画の始めでは懐メロとして歌われた「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」の歌が、最後にはイエス・キリストを讃える賛美歌、ゴスペルに変わるといったアイデアは秀逸でした。 ちょっと大げさな歌詞も修道女たちが歌う賛美歌として聴くと、元のラブソングとは違った信仰の強さを現した感動があります。 しかし、もう少し深く考えて見れば、キリスト教の宗教的な解釈でなくても、自分よりも良いところ、優れたものを持っている人に学び、付いて行くことで得られる幸福、そんな映画のテーマを表現した歌として使われていたことが分ると思います。

次の

I Will Follow Him 和訳と歌詞の意味を海外の解釈を参考に解説! Sister Act

リトル ペギー マーチ

「愛のシャリオ」は1961年にフランク・プゥルセルとポール・モーリアが変名で、そしてレイモン・ルフェーブルも加わったというもので、当時のフランチ・ポップスの巨匠たちが集まって作ったインストゥメタル作品です。 低音部から高音部への移行やリフレインなど、一曲の中で多様に変化する覚え易いメロディは抑揚に富んでおり、強い印象を聞く者に残します。 このインストゥメタルにJacques Plante(カナダの有名なアイス・ホッケーのゴールキーパーは同姓同名)がフランス語の歌詞を付けて、ペトゥラ・クラークが歌ってヒットとなりました。 フランス語の歌詞は、若い二人が「Chariot」(ここでは荷馬車でしょうか)に乗って、新しい土地を目指すといったもので、力をあわせて開拓する、またその喜びを表現しています。 そしてこの歌をアメリカでリトル・ペギー・マーチがカバーした際に、より簡潔で力強い英語の歌詞を付けたラブ・ソングとしたことで驚異的な大ヒットとなり、リトル・ペギー・マーチは一躍スターダムに登りました。 60年代の始めの頃は、複雑な歌詞よりも、愛する人に付いて行くといった単純なラブ・ソングが好まれました。 でも本当は「愛のシャリオ」の歌のように、愛するあなたと一緒に二人で人生を切り開いて行く、とした方が正しいのではないでしょうか。 この「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」が印象深く使われていたのが、ウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg:1955-)が主演して記録的な大ヒットとなった、1992年の映画「天使にラブソングを…」(The Sister Act)です。 大好きなマギー・スミスも共演していて、楽しくて感動的なコメディ映画でした。 映画の始めでは懐メロとして歌われた「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」の歌が、最後にはイエス・キリストを讃える賛美歌、ゴスペルに変わるといったアイデアは秀逸でした。 ちょっと大げさな歌詞も修道女たちが歌う賛美歌として聴くと、元のラブソングとは違った信仰の強さを現した感動があります。 しかし、もう少し深く考えて見れば、キリスト教の宗教的な解釈でなくても、自分よりも良いところ、優れたものを持っている人に学び、付いて行くことで得られる幸福、そんな映画のテーマを表現した歌として使われていたことが分ると思います。

次の

64年【EP】リトル・ペギー・マーチ / さよなら!初恋

リトル ペギー マーチ

「 愛のシャリオ」( Chariot, : I Will Follow Him : Sul mio carro)とは世界的にしたである。 別題で「 恋のシャリオ」もある。 概説 [ ] 「 アイ・ウィル・フォロー・ヒム」 の 初出アルバム『I Will Follow Him』 Wind Up Doll リリース 規格 7インチ・シングル 時間 2分25秒 、(作曲) ノーマン・ギンベル(作詞) チャート最高順位• 第1位()• 第1位() シングル 年表 Little Me 1962年 アイ・ウィル・フォロー・ヒム 1963年 I Wish I Were a Princess 1963年 とがにJ. なお、クラークのレコーディングに際して、がアレンジを担当している。 モーリアは後年、自叙伝 の中で変名を用いたことについて、フランス人であることを示す実名を用いるよりもヒットの可能性があることから一計を案じたことを述懐している。 愛のシャリオ• ペトゥラ・クラーク• がにイタリア語でカヴァー。 夢の幌馬車• フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラが1962年にセルフカバーした際には、この日本語題が使用されていた。 愛のファンキーシャリオ• フランク・プゥルセルが70年代のの時に出したディスコバージョンで蘇らせた。 アイ・ウィル・フォロー・ヒム• ジョッシー• - 2018年にリリースした「Life In The Sun」にスカパンクアレンジされた"Peggy March Cover"が収録されている ラブ・ユー ラブ・ユー ラブ・ユー• - 原題は「I Will Follow You」とタイトルを変えて発売された。 歌詞の"him"の所を"you"に変えて歌っている。 恋のシャリオ ポール・モーリア・グランド・オーケストラがにセルフカバーした際に邦題として採用された。 ラブ・ユー・ラブ・ユー・ラブ・ユー• の『 』では、調に編曲されて再び注目を浴びた。 この作品では歌詞中の「him」を「Him」、即ちキリスト教における「主」に置き換えており、修道女が一生涯の愛を神に捧げることへの誓いを熱烈に歌い上げるという解釈で用いられている。 また、 2019年にのゲームアプリ『』のCMにおいて替え歌を使用。 ゲームに登場するキャラクター達がゴスペル風に合唱する内容で、『』のパロディでもある。 脚注 [ ]• 「Une vie en bleu - PAUL MAURIAT」 著:Serge Elhaik、2002年(輸入書籍)• 関連項目 [ ]• 先代: 「」 ナンバーワンシングル - (3週) 次代: ジミー・ソウル 「」.

次の