松江 シティ。 全室源泉温泉かけ流し 松江シティホテル別館 宿泊予約【楽天トラベル】

ご宿泊プラン一覧

松江 シティ

松江シティRagazza 原語表記 松江シティFC Ragazza 呼称 松江シティFC ラガッツァ クラブカラー 黄、 赤 創設年 所属リーグ 所属ディビジョン 2部 ホームタウン ホームスタジアム 収容人数 360 運営法人 松江シティFC株式会社 代表者 吉岡健二郎 監督 テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 松江シティFC株式会社 本社所在地 690-0061 白潟本町30 設立 2017年4月20日 事業内容 サッカークラブ運営 代表者 吉岡健二郎 資本金 850万円 外部リンク 松江シティFC Ragazza(まつえシティFC ラガッツァ)は、を中心に活動する、クラブチーム。 2部に所属している。 概要 [ ] 、松江市内で活動していた城南レディース・天娘SC・ベルーガの3チームからなる新チーム 松江レディースフットボールクラブRagazza(Ragazza松江)が創設される。 「Ragazza(ラガッツァ)」とは、で「女の子」という意味。 、と兄妹(提携)チームとなり、 松江シティRagazzaに名称を変更。 県リーグは4勝2分で初優勝を果たした。 、出身で元のが加入。 県リーグは、6戦全勝で2連覇を果たした。 1月、昇格をかけた入替戦を勝ち抜き、中国リーグ初昇格を決めた。 、岩国エンジェルス戦に勝ち中国リーグ初勝利を挙げた。 最終的に12チーム中9位となり、リーグ残留を決めた。 シーズンから中国リーグが2部制となり、2部で戦うことになった。 中国リーグ2部では、6チーム中3位の成績で終えた。 、中国リーグ2部では、昨年より順位を一つ下げ、6チーム中4位で終えた。 、松江シティFCの下部組織となり、 松江シティFC Ragazzaに名称を変更。 クラブ名変遷 [ ]• 松江レディースフットボールクラブRagazza(2007-2014)• 松江シティRagazza(2015-2019)• 松江シティFC Ragazza(2020-) 成績 [ ] 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 皇后杯 監督 2014 2位 7 4 2 1 1 16 7 9 予選敗退 2015 優勝 14 6 4 2 0 27 3 24 予選敗退 2016 優勝 18 6 6 0 0 61 2 59 予選敗退 2017 9位 9 11 2 3 6 15 40 -25 予選敗退 2018 中国2部 3位 15 10 4 3 3 39 16 23 予選敗退 2019 4位 13 10 4 1 5 20 17 3 予選敗退 2020 タイトル [ ]• (2015、2016) 選手 [ ] 過去の所属選手 [ ]• (2016) 脚注 [ ].

次の

全室源泉温泉かけ流し 松江シティホテル別館 宿泊予約【楽天トラベル】

松江 シティ

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 松江シティFC株式会社 本社所在地 690-0061 白潟本町30 設立 2017年4月20日 事業内容 サッカークラブ運営 代表者 吉岡健二郎 資本金 850万円 外部リンク 松江シティスポーツクラブ MATSUE City Sports Club 国籍 専門分野 教育系 スポーツ 設立日 2012年1月16日 代表者 中路修 活動地域 主な事業 スポーツ振興、地域貢献活動 郵便番号 690-0061 事務所 島根県松江市白潟本町30 主な協力組織 島根県サッカー協会 松江支部 松江シティフットボールクラブ(まつえシティフットボールクラブ、: MATSUE City football club)は、のを本拠地とするクラブチーム。 登録チーム名・呼称は 松江シティFC。 の1つ。 概要 [ ] 、JFAフットボールセンター認定の を拠点に、サッカーを中心とした総合スポーツクラブ創設の中心チームとして活動し、その先に将来的構想としてJリーグへの加盟を目指している。 松江市内などの子ども向けサッカースクールのコーチとして選手を派遣したり、地域イベントへの参加なども行っている。 歴史 [ ] 前史 [ ] 、前身となる 松江RMクラブを創設。 、 ヴォラドール松江 に改称。 、1部で2年連続優勝。 で準優勝となり、昇格を決めた。 2011年 - 2018年(中国リーグ時代) [ ] 2011年 島根県サッカー協会松江支部の代表チームとして運営組織の新規立ち上げと合わせ、ヴォラドール松江を母体とした新クラブ 松江シティフットボールクラブを設立。 中国リーグでは7位に終わったが、中国地区予選を突破したことによりに出場した。 (初戦敗退。 ) 2012年 新たな運営法人として松江シティスポーツクラブを設立。 その記者会見で、2020年までにに参入したいとする目標を明らかにした。 また、新監督にA級ライセンスを保持しているが就任した。 第17回島根県サッカー選手権大会決勝でを破り、初めて島根県代表の座を得た。 天皇杯1回戦では山口県代表のに0-3で敗退するも、会場となったには1,700名を超える観客が集まり、注目度の高さを窺わせた。 中国リーグは、昨年を上回る3位で終えた。 2013年 中国リーグは4位に終わった。 3位のとは勝ち点差が18もあり、不本意なシーズンとなった。 また、全国社会人サッカー選手権大会の中国予選では1回戦でにPK戦の末敗れた。 第18回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに0-1で敗れ、天皇杯への連続出場も叶わなかった。 2014年 やなどJリーグ経験者が加入するなど戦力補強を敢行し、中国リーグで初優勝を果たした。 しかし、第19回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに敗れ、天皇杯出場はならなかった。 また、デッツォーラ島根ECにリーグ戦でも敗れた(連敗した)ことを理由に9月19日付けで小川が解任し、ヘッドコーチであったが監督代行に就任した。 では、島根県勢初のベスト8に進出した。 昇格をかけて戦うに初出場したが、1次ラウンドで敗退となった。 2015年 監督代行だった片山博義が監督に就任。 スポンサー並びにパートナー企業としてを迎え基盤を強化。 チームもJリーグ経験者が新たに5名完全移籍で加入するなど大幅な戦力補強を敢行した。 中国サッカーリーグでは17勝1分の無敗でリーグ連覇を決め 、が得点王(他1名と同率)、実信がアシスト王にそれぞれ輝いた。 第20回島根県サッカー選手権大会決勝でもデッツォーラ島根ECに雪辱を果たし、以来の2回目の出場を決めた。 天皇杯では1回戦でJFLのに勝利し、天皇杯初勝利を飾った。 2回戦では、のに0-3で敗れた。 では、1回戦でにPK戦で敗れた。 、島根県サッカー協会の常務理事である鈴木惠朗が GM に就任した。 では、昨年に続いて1次ラウンド敗退となった。 、片山の監督退任を発表した。 、が監督に就任した。 2016年 松江市営陸上競技場で行われるホームゲーム7試合を有料試合(高校生以下は無料)として開催した。 第21回島根県サッカー選手権大会決勝では、に快勝し2年連続3回目の出場を決めた。 天皇杯では1回戦でのに1-4で敗れた。 中国リーグは勝ち点1差の2位。 では準々決勝で敗退した。 2017年 第22回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに勝利して3年連続4回目の天皇杯出場を決めた。 4月20日、経営基盤の強化などを目的に 松江シティFC株式会社を設立した。 社長には鈴木惠朗GMが就任した。 天皇杯では2回戦でJ1のに0-3で敗れた。 中国リーグは2年連続で2位の成績。 また、がリーグ新記録となる35得点をマークした。 は決勝でに敗れて準優勝。 では1次ラウンド敗退となった。 2018年 第23回島根県サッカー選手権大会決勝でSC松江に勝利して4年連続5回目の天皇杯出場を決めた。 天皇杯では1回戦でSRC広島に4-0で勝利するも、2回戦ではJ1のに延長戦の末1-2で敗れた。 中国リーグは開幕から13連勝で5試合を残して3年ぶり3回目の優勝を決め 、最終的に18戦全勝でリーグを終えた。 は決勝でを破り、島根県勢として初優勝を飾った。 は1次ラウンドを3戦全勝(1位)、決勝ラウンドを2勝1分の成績で優勝した。 12月6日、理事会でからのJFL入会が承認された。 この年の公式戦成績は35試合33勝1分1敗 であった。 2019年 - (JFL) [ ] 2019年 2月、4月に下部組織となるユースチーム(U-18)を内に設立することを発表する。 4月21日、第24回島根県サッカー選手権大会決勝でSC松江に勝利して5年連続6回目の天皇杯本戦出場を決めた。 天皇杯では1回戦でのにPK戦で敗れ、3年ぶりに初戦敗退となった。 しかしリーグ戦は開幕から11戦未勝利(4分7敗)と低迷、浮上のきっかけを掴めないまま15位で迎えた最終節、負けたら地域リーグ降格となる最下位・とのアウェイでの大一番に辛くも勝利し 、通算5勝10分15敗の15位でJFL残留を決めた。 シーズン終了後、田中が監督を退任し 、コーチの実信が監督に昇格した。 クラブ名変遷 [ ]• 松江RMクラブ 1968-2007• ヴォラドール松江 2008-2010• 松江シティFC 2011- チーム成績・歴代監督 [ ] リーグ戦 [ ] この節のが望まれています。 松江RMクラブ(-2007) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 2006 1部 2位 21 10 6 3 1 24 14 10 敗退 2007 4位 15 10 5 0 5 26 25 1 ヴォラドール松江(2008-2010) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 2008 1部 優勝 38 14 12 2 0 43 10 33 県予選敗退 2009 優勝 37 14 12 1 1 58 10 48 3位 35 18 11 2 5 50 36 14 松江シティFC(2011-) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 7位 18 18 5 3 10 28 37 -9 県予選敗退 廣瀬康彦 3位 38 18 12 2 4 36 25 11 1回戦敗退 4位 25 18 7 4 7 39 34 5 県予選敗退 優勝 38 18 12 2 4 50 20 30 小川秀樹(-9月) (代行、9月-) 優勝 52 18 17 1 0 70 4 66 2回戦敗退 片山博義 2位 40 18 12 4 2 48 16 32 1回戦敗退 2位 44 18 14 2 2 82 18 64 2回戦敗退 優勝 54 18 18 0 0 76 4 72 2回戦敗退 15位 25 30 5 10 15 26 51 -25 1回戦敗退 位 カップ戦 [ ] (出場6回) 回 年月日 時期 会場 得点 対戦相手 1回戦 0 - 3 山口 1回戦 1 - 0 鹿児島 2015年 2回戦 0 - 3 J1 1回戦 松江市陸 1 - 4 J2 1回戦 4 - 0 熊本 2017年 2回戦 0 - 3 J1 1回戦 4 - 0 広島 2018年 2回戦 1 - 2 J1 1回戦 2 - 2 延長 2 - 4 香川 (出場6回) 回 年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 1回戦 3 - 6 1回戦 3 - 2 2014年 2回戦 2 - 1 2014年 準々決勝 0 - 3 1回戦 1 - 1 4 - 5 1回戦 5 - 0 2016年 2回戦 1 - 2 2016年 準々決勝 0 - 1 1回戦 3 - 1 2017年 2回戦 2 - 1 2017年 準々決勝 丸岡SPサ 2 - 1 2017年 準決勝 0 - 0 4 - 2 2017年 決勝 1 - 2 1回戦 4 - 1 2018年 2回戦 4 - 2 2018年 準々決勝 1 - 0 2018年 準決勝 2 - 0 2018年 決勝 3 - 2 タイトル [ ] リーグ戦 [ ]• :3回• 2014,2015,2018• 1部:2回• 2008,2009 その他 [ ]• :1回• :1回• 島根県サッカー選手権大会(島根県予選):6回• 2013,2015 - 2019 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 黄 紺 黄 FP(2nd) 白 赤 赤 GK(1st) ピンク ピンク ピンク GK(2nd) 青 青 青 GK 2nd チームカラー [ ]• 黄、 赤 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 島根電工 2017年 - 2016年は袖 2016年は「おたすけ隊 住まいの」表記 鎖骨 なし - - 背中上部 山陰中央新報 2018年 - 2015年 - 2016年は胸 2017年は袖 2015年は「 SUN SAN CLUB さんさんクラブ 山陰中央新報社」表記 背中下部 ナカバヤシ 2018年 - 2017年はパンツ 袖 なし - - パンツ カナツ技研工業 2020年 - 2018年5月 - 12月は袖 ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• - 2010年 :• ホームスタジアム:• 準ホームスタジアム: 観客数 [ ] 年度別観客数 年度 所属 合計 入場者数 最多入場者数 最少入場者数 平均 入場者数 試合数 ホームゲーム 開催スタジアム 入場者数 相手 会場 入場者数 相手 会場 2019 10,482 1,544 360 699 15 松江市陸12、浜山陸上3 会場別観客数 年度 自治体 会場 収容人員 ホームゲーム観客数 試合数 合計 平均 最多 最少 2019 24,000 12 8,429 702 1,544 407 5,901 3 2,053 684 1,017 360 下部組織 [ ]• レディースチーム。 兄妹チーム。 2部に所属。 ユース• U-18ユースチーム。 2021年4月に内に設立する予定。 ジュニアユース• U-15ジュニアユースチーム。 4月から松江市内で活動する「デルソーレ松江フットボールクラブジュニアユース」と提携。 2018年4月から正式に下部組織となり、「松江シティフットボールクラブジュニアユース」と改称。 昇格を目指している。 ジュニア• U-12ジュニアチーム。 スクール• 小学生を対象としたサッカースクールを開催している。 2018年度より小中学生が対象の「松江シティFC GKスクール」を新設。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• プレスリリース , 日本フットボールリーグ, 2019年1月15日 , 2019年1月16日閲覧。 人工芝のフィールドや陸上トラックの他、フットサルコートなどを持つ。 照明設備も有し、夜間の試合開催にも対応する。 時期は不詳ながら「松江RM 友の会」を名乗った時期もある。 「 ヴォラドール」とはで「 トビウオ」 volador という意味。 読売新聞 2012年3月4日付• 朝日新聞デジタル 2012年3月3日付• 松江シティFC公式サイトニュースリリース 2012年2月1日付• 最終節では、リーグでこれまで1度も勝ったことのなかったデッツォーラ島根ECに勝利した。 (2017年4月21日) -• (2018年9月11日) - 山陰中央新報• (2018年10月15日) - 山陰中央新報• プレスリリース , , 2018年12月6日 , 2018年12月6日閲覧。 (2019年2月8日) - 山陰中央新報• (2019年4月22日) - 山陰中央新報• (2019年5月26日) - 山陰中央新報• (2019年12月2日) - 山陰中央新報• レギュレーションでは下位2チームが地域リーグ降格となるが、3位のがJ3リーグ加盟を認められたことにより、降格が最下位の1チームのみとなりJFL残留となった。 外部リンク [ ]• matsuecityfc -•

次の

全室源泉温泉かけ流し 松江シティホテル別館 宿泊予約【楽天トラベル】

松江 シティ

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 松江シティFC株式会社 本社所在地 690-0061 白潟本町30 設立 2017年4月20日 事業内容 サッカークラブ運営 代表者 吉岡健二郎 資本金 850万円 外部リンク 松江シティスポーツクラブ MATSUE City Sports Club 国籍 専門分野 教育系 スポーツ 設立日 2012年1月16日 代表者 中路修 活動地域 主な事業 スポーツ振興、地域貢献活動 郵便番号 690-0061 事務所 島根県松江市白潟本町30 主な協力組織 島根県サッカー協会 松江支部 松江シティフットボールクラブ(まつえシティフットボールクラブ、: MATSUE City football club)は、のを本拠地とするクラブチーム。 登録チーム名・呼称は 松江シティFC。 の1つ。 概要 [ ] 、JFAフットボールセンター認定の を拠点に、サッカーを中心とした総合スポーツクラブ創設の中心チームとして活動し、その先に将来的構想としてJリーグへの加盟を目指している。 松江市内などの子ども向けサッカースクールのコーチとして選手を派遣したり、地域イベントへの参加なども行っている。 歴史 [ ] 前史 [ ] 、前身となる 松江RMクラブを創設。 、 ヴォラドール松江 に改称。 、1部で2年連続優勝。 で準優勝となり、昇格を決めた。 2011年 - 2018年(中国リーグ時代) [ ] 2011年 島根県サッカー協会松江支部の代表チームとして運営組織の新規立ち上げと合わせ、ヴォラドール松江を母体とした新クラブ 松江シティフットボールクラブを設立。 中国リーグでは7位に終わったが、中国地区予選を突破したことによりに出場した。 (初戦敗退。 ) 2012年 新たな運営法人として松江シティスポーツクラブを設立。 その記者会見で、2020年までにに参入したいとする目標を明らかにした。 また、新監督にA級ライセンスを保持しているが就任した。 第17回島根県サッカー選手権大会決勝でを破り、初めて島根県代表の座を得た。 天皇杯1回戦では山口県代表のに0-3で敗退するも、会場となったには1,700名を超える観客が集まり、注目度の高さを窺わせた。 中国リーグは、昨年を上回る3位で終えた。 2013年 中国リーグは4位に終わった。 3位のとは勝ち点差が18もあり、不本意なシーズンとなった。 また、全国社会人サッカー選手権大会の中国予選では1回戦でにPK戦の末敗れた。 第18回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに0-1で敗れ、天皇杯への連続出場も叶わなかった。 2014年 やなどJリーグ経験者が加入するなど戦力補強を敢行し、中国リーグで初優勝を果たした。 しかし、第19回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに敗れ、天皇杯出場はならなかった。 また、デッツォーラ島根ECにリーグ戦でも敗れた(連敗した)ことを理由に9月19日付けで小川が解任し、ヘッドコーチであったが監督代行に就任した。 では、島根県勢初のベスト8に進出した。 昇格をかけて戦うに初出場したが、1次ラウンドで敗退となった。 2015年 監督代行だった片山博義が監督に就任。 スポンサー並びにパートナー企業としてを迎え基盤を強化。 チームもJリーグ経験者が新たに5名完全移籍で加入するなど大幅な戦力補強を敢行した。 中国サッカーリーグでは17勝1分の無敗でリーグ連覇を決め 、が得点王(他1名と同率)、実信がアシスト王にそれぞれ輝いた。 第20回島根県サッカー選手権大会決勝でもデッツォーラ島根ECに雪辱を果たし、以来の2回目の出場を決めた。 天皇杯では1回戦でJFLのに勝利し、天皇杯初勝利を飾った。 2回戦では、のに0-3で敗れた。 では、1回戦でにPK戦で敗れた。 、島根県サッカー協会の常務理事である鈴木惠朗が GM に就任した。 では、昨年に続いて1次ラウンド敗退となった。 、片山の監督退任を発表した。 、が監督に就任した。 2016年 松江市営陸上競技場で行われるホームゲーム7試合を有料試合(高校生以下は無料)として開催した。 第21回島根県サッカー選手権大会決勝では、に快勝し2年連続3回目の出場を決めた。 天皇杯では1回戦でのに1-4で敗れた。 中国リーグは勝ち点1差の2位。 では準々決勝で敗退した。 2017年 第22回島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根ECに勝利して3年連続4回目の天皇杯出場を決めた。 4月20日、経営基盤の強化などを目的に 松江シティFC株式会社を設立した。 社長には鈴木惠朗GMが就任した。 天皇杯では2回戦でJ1のに0-3で敗れた。 中国リーグは2年連続で2位の成績。 また、がリーグ新記録となる35得点をマークした。 は決勝でに敗れて準優勝。 では1次ラウンド敗退となった。 2018年 第23回島根県サッカー選手権大会決勝でSC松江に勝利して4年連続5回目の天皇杯出場を決めた。 天皇杯では1回戦でSRC広島に4-0で勝利するも、2回戦ではJ1のに延長戦の末1-2で敗れた。 中国リーグは開幕から13連勝で5試合を残して3年ぶり3回目の優勝を決め 、最終的に18戦全勝でリーグを終えた。 は決勝でを破り、島根県勢として初優勝を飾った。 は1次ラウンドを3戦全勝(1位)、決勝ラウンドを2勝1分の成績で優勝した。 12月6日、理事会でからのJFL入会が承認された。 この年の公式戦成績は35試合33勝1分1敗 であった。 2019年 - (JFL) [ ] 2019年 2月、4月に下部組織となるユースチーム(U-18)を内に設立することを発表する。 4月21日、第24回島根県サッカー選手権大会決勝でSC松江に勝利して5年連続6回目の天皇杯本戦出場を決めた。 天皇杯では1回戦でのにPK戦で敗れ、3年ぶりに初戦敗退となった。 しかしリーグ戦は開幕から11戦未勝利(4分7敗)と低迷、浮上のきっかけを掴めないまま15位で迎えた最終節、負けたら地域リーグ降格となる最下位・とのアウェイでの大一番に辛くも勝利し 、通算5勝10分15敗の15位でJFL残留を決めた。 シーズン終了後、田中が監督を退任し 、コーチの実信が監督に昇格した。 クラブ名変遷 [ ]• 松江RMクラブ 1968-2007• ヴォラドール松江 2008-2010• 松江シティFC 2011- チーム成績・歴代監督 [ ] リーグ戦 [ ] この節のが望まれています。 松江RMクラブ(-2007) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 2006 1部 2位 21 10 6 3 1 24 14 10 敗退 2007 4位 15 10 5 0 5 26 25 1 ヴォラドール松江(2008-2010) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 2008 1部 優勝 38 14 12 2 0 43 10 33 県予選敗退 2009 優勝 37 14 12 1 1 58 10 48 3位 35 18 11 2 5 50 36 14 松江シティFC(2011-) 年度 所属 順位 勝点 試合 勝 分 敗 得点 失点 得失 天皇杯 監督 7位 18 18 5 3 10 28 37 -9 県予選敗退 廣瀬康彦 3位 38 18 12 2 4 36 25 11 1回戦敗退 4位 25 18 7 4 7 39 34 5 県予選敗退 優勝 38 18 12 2 4 50 20 30 小川秀樹(-9月) (代行、9月-) 優勝 52 18 17 1 0 70 4 66 2回戦敗退 片山博義 2位 40 18 12 4 2 48 16 32 1回戦敗退 2位 44 18 14 2 2 82 18 64 2回戦敗退 優勝 54 18 18 0 0 76 4 72 2回戦敗退 15位 25 30 5 10 15 26 51 -25 1回戦敗退 位 カップ戦 [ ] (出場6回) 回 年月日 時期 会場 得点 対戦相手 1回戦 0 - 3 山口 1回戦 1 - 0 鹿児島 2015年 2回戦 0 - 3 J1 1回戦 松江市陸 1 - 4 J2 1回戦 4 - 0 熊本 2017年 2回戦 0 - 3 J1 1回戦 4 - 0 広島 2018年 2回戦 1 - 2 J1 1回戦 2 - 2 延長 2 - 4 香川 (出場6回) 回 年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 1回戦 3 - 6 1回戦 3 - 2 2014年 2回戦 2 - 1 2014年 準々決勝 0 - 3 1回戦 1 - 1 4 - 5 1回戦 5 - 0 2016年 2回戦 1 - 2 2016年 準々決勝 0 - 1 1回戦 3 - 1 2017年 2回戦 2 - 1 2017年 準々決勝 丸岡SPサ 2 - 1 2017年 準決勝 0 - 0 4 - 2 2017年 決勝 1 - 2 1回戦 4 - 1 2018年 2回戦 4 - 2 2018年 準々決勝 1 - 0 2018年 準決勝 2 - 0 2018年 決勝 3 - 2 タイトル [ ] リーグ戦 [ ]• :3回• 2014,2015,2018• 1部:2回• 2008,2009 その他 [ ]• :1回• :1回• 島根県サッカー選手権大会(島根県予選):6回• 2013,2015 - 2019 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 黄 紺 黄 FP(2nd) 白 赤 赤 GK(1st) ピンク ピンク ピンク GK(2nd) 青 青 青 GK 2nd チームカラー [ ]• 黄、 赤 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 島根電工 2017年 - 2016年は袖 2016年は「おたすけ隊 住まいの」表記 鎖骨 なし - - 背中上部 山陰中央新報 2018年 - 2015年 - 2016年は胸 2017年は袖 2015年は「 SUN SAN CLUB さんさんクラブ 山陰中央新報社」表記 背中下部 ナカバヤシ 2018年 - 2017年はパンツ 袖 なし - - パンツ カナツ技研工業 2020年 - 2018年5月 - 12月は袖 ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• - 2010年 :• ホームスタジアム:• 準ホームスタジアム: 観客数 [ ] 年度別観客数 年度 所属 合計 入場者数 最多入場者数 最少入場者数 平均 入場者数 試合数 ホームゲーム 開催スタジアム 入場者数 相手 会場 入場者数 相手 会場 2019 10,482 1,544 360 699 15 松江市陸12、浜山陸上3 会場別観客数 年度 自治体 会場 収容人員 ホームゲーム観客数 試合数 合計 平均 最多 最少 2019 24,000 12 8,429 702 1,544 407 5,901 3 2,053 684 1,017 360 下部組織 [ ]• レディースチーム。 兄妹チーム。 2部に所属。 ユース• U-18ユースチーム。 2021年4月に内に設立する予定。 ジュニアユース• U-15ジュニアユースチーム。 4月から松江市内で活動する「デルソーレ松江フットボールクラブジュニアユース」と提携。 2018年4月から正式に下部組織となり、「松江シティフットボールクラブジュニアユース」と改称。 昇格を目指している。 ジュニア• U-12ジュニアチーム。 スクール• 小学生を対象としたサッカースクールを開催している。 2018年度より小中学生が対象の「松江シティFC GKスクール」を新設。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• プレスリリース , 日本フットボールリーグ, 2019年1月15日 , 2019年1月16日閲覧。 人工芝のフィールドや陸上トラックの他、フットサルコートなどを持つ。 照明設備も有し、夜間の試合開催にも対応する。 時期は不詳ながら「松江RM 友の会」を名乗った時期もある。 「 ヴォラドール」とはで「 トビウオ」 volador という意味。 読売新聞 2012年3月4日付• 朝日新聞デジタル 2012年3月3日付• 松江シティFC公式サイトニュースリリース 2012年2月1日付• 最終節では、リーグでこれまで1度も勝ったことのなかったデッツォーラ島根ECに勝利した。 (2017年4月21日) -• (2018年9月11日) - 山陰中央新報• (2018年10月15日) - 山陰中央新報• プレスリリース , , 2018年12月6日 , 2018年12月6日閲覧。 (2019年2月8日) - 山陰中央新報• (2019年4月22日) - 山陰中央新報• (2019年5月26日) - 山陰中央新報• (2019年12月2日) - 山陰中央新報• レギュレーションでは下位2チームが地域リーグ降格となるが、3位のがJ3リーグ加盟を認められたことにより、降格が最下位の1チームのみとなりJFL残留となった。 外部リンク [ ]• matsuecityfc -•

次の