外壁 塗装 アトモス 相場。 外壁塗装の予算がなくても絶対にやってはいけない8つの事

外壁塗装でアトモスを利用する効果と耐用年数を調べてみました。

外壁 塗装 アトモス 相場

外壁塗装の塗料の中に「 アトモス」という塗料があります。 通常より高めの価格になるため、どのような特徴があって耐用年数はどれくらいなのか気になる人も多いと思います。 そこでアトモスの特徴と塗装に使う場合の相場などについて見ていきます。 外壁塗装の塗料「アトモス」の特徴 アトモスは株式会社アペティーという会社が製造・販売している塗料です。 アトモスはホタテ貝殻などのセラミック素材を配合したセラミック塗料で、セラミック塗料の中では最高品質といわれる塗料です。 セラミック塗料といっても、基本的にはシリコンやフッ素塗料にセラミック成分を配合しているだけですので、耐用年数など塗料そのものの機能としてはもとの塗料によります。 フッ素塗料にセラミック成分が配合されているのであれば15年から20年、ベースがシリコン塗料であれば10年から13年となります。 見た目や質感は石彫風の外壁に仕上がるため、高級感が出ます。 セラミックが配合されている塗料の最大の特徴は「 親水性」にあり、塗膜に水が馴染みやすいので雨が降るたびにホコリや汚れを自然に洗い流してくれます。 また、弾力性もあるためひび割れにも強く、クラックを予防する効果もあります。 耐用年数的にはベースの塗料と同じとはいえ、塗料のメリットは多くなりますので検討の余地はあります。 アトモスで外壁塗装する場合の相場 アトモスで外壁塗装をする場合、1平方メートル当たりの単価は9,000円から14,000円となります。 価格的には一般的なシリコン塗料よりも1. 5倍ほどの相場となっており、アトモスで最も気になるのはやはり価格です。 30坪ほどの一般的な住宅でも150万円から200万円近い見積もりが出ることもあり、高級な塗料です。 費用対効果という面で見ると、一般的なシリコン塗料やフッ素塗料の方が優れているといえますので、外壁に高級感を求めつつ機能性も欲しい人で、予算に余裕がある人が検討すると良いと思います。 外壁塗装の価格を安くする方法 アトモスに限らず、外壁塗装の価格を安くするには、インターネットを使って複数業者に見積を取るのが一番です。 訪問業者やチラシ業者は営業マン(人件費)やチラシの印刷・配布(広告費)にお金をかけているため、ネットで集客している業者と比べると価格を高くせざるをえません。 また訪問業者やチラシ業者には、外壁塗装価格の相場がわからない人を狙って、不当に高い価格で工事を請け負う悪徳な業者もいます。 インターネットで複数の業者を比較することで、一番安い業者がすぐわかり、最安値の業者に見積もりを出すことができます。 訪問業者と比べると50万円から80万円も安くなっている人も多くいますので、外壁塗装業者を探すならインターネットから探すのが基本です。 ヌリカエなど、外壁塗装 専門のアドバイザーがいて相談にのってくれる会社もありますので、インターネットで探す中でもこのようなサービスが良いと思います。 利用料は 無料、 1分でまずは 相場を知ることができますので、外壁塗装を検討している人はぜひ利用してみてください。

次の

外壁塗装の料金・費用の相場ってどれくらい?

外壁 塗装 アトモス 相場

最後には見積もり例で実際の費用相場も確認できるので、あなたは 悪徳業者に騙されない知識が身に付きます。 外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが) 一般的に住宅の外壁塗装工事・屋根塗装工事の見積書は塗装業者によって書き方がバラバラで、 適正価格が分かりづらいと言われています。 そのため、 見積書が適正価格になっているかを判断するには塗装の 平米単価の相場を知る必要があるんです。 悪徳業者だと分かりづらいのをいいことに、多めに価格を算出していたりするので、適正価格で計算されているかを確認するために、屋根・外壁塗装の平米単価の相場はどのくらいなのか見ていきましょう。 初めに、 を説明した後、 を説明していきます。 知っ得ポイント!見積もり書は「平米単価」で計算されます。 塗装の単価は1㎡(平米)ごとで計算されるので、1㎡・1坪の単位を覚えておきましょう。 1㎡ = 約 0. 3 坪 1坪 = 約3. 外壁塗装の相談、または、適正な金額を出してくれる業者さん選びで不安を感じている場合は、 0120-164-917 相談受付24時間 に電話をかけて頂き、電話口で 「外壁塗装の相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。 例えば、塗料や塗装をするための道具など、様々なものに対して価格がつくことを知っておいてください。 価格を算出するには必ず単価が存在します。 そして、適正価格を判断するには、塗装の単価を知ることが必要不可欠です。 外壁塗装工事の平米単価の相場 住宅の外壁塗装工事の項目別にかかる平米単価の相場になります。 足場の種類別の特徴は『』を見ていただければ違いも分かりやすいです。 サイディング材の種類でも単価相場が変わってきます。 一般的な坪数での見積もり相場を確認できる、『』『』『』『』『』のそれぞれの相場ページを見てみましょう。 相場の考え方については、『』を合わせて見ていただくと、相場についての正しい考え方を身につけられます。 塗料の平米単価の相場 住宅の外壁塗装工事では、以下のような塗料の平米単価相場になります。 を学ぶことで、あなたに家に合う塗料を見つけることができます。 外壁用塗料メーカーでの塗料の単価 アクリル系やシリコン系など、その系統の単価だけではなく、塗料メーカーの毎の塗料単価も確認してみましょう。 以下の表は各メーカーでよく選ばれている塗料になります。 塗料のことでよく質問される『』『』『』についても事前に確認しておくことで、安心して外壁塗装工事に臨めるようになります。 実際の費用例も確認しておく お客様名 金額 施工内容 851,000円 外壁・付帯部 1,208,950円 外壁・屋根・付帯部 2,000,000円 外壁・屋根 1,140,000円 外壁・屋根塗装 1,100,000円 外壁・屋根塗装• 【屋根塗装工事】塗装の平米単価の相場 屋根塗装工事も、外壁塗装工事と同じように平米単価で価格が算出されます。 工事の内容・塗料などの平米単価相場を確認していきましょう。 しかし、この作業にはかなりの時間と人数が必要となるので、時間がないと 縁切りが行われないことも少なくありません。 必ず塗装業者に縁切りをしたのか確認することをお勧めしています。 屋根塗装では、火災保険を利用するとあなたが支払うはずだった費用を0円にできる場合があります。 詳しくは『』も合わせて確認いただければと思います。 屋根塗装が初めての人のために、屋根塗装の情報をまとめている『』も確認いただければと思っています。 あなたの安心・納得ができる情報になれれば嬉しいです。 屋根修理・リフォームの費用相場 屋根工事 費用の相場 屋根・雨漏り修理 5~30万円 塗装 40~80万円 葺き替え 60~200万円 カバー工法 80~120万円• 屋根工事・修理などの詳しい情報はこちらからご確認ください。 産業処分場によって費用が変わります。 屋根別の塗料の平米単価の相場 屋根の種類別で、塗料の塗り方や塗れる塗料が違うため、平米単価の相場が屋根の種類別で変わるため、以下の単価相場を見てみましょう。 以下の表は各メーカーでよく選ばれている塗料になります。 屋根塗装工事に関わる平米単価の相場を確認できたら、次は価格の算出時に必要なを確認し、適正価格を導き出しましょう。 塗装面積の求め方 項目ごとにかかる塗装の平米単価がわかったら、次は塗装価格を出すために必要な塗装の面積の求め方を覚えましょう。 一般的な規模(30坪から40坪程度)の2階建て住宅で、外壁と屋根を同時に塗り替える場合、その相場は80万円~120万円程度だと言われています。 塗装の価格は、外壁面積と塗料の平米単価によって決まるので、あなたの家の外壁面積がわかれば、費用の目安をある程度予測することも可能です。 3 1坪=3. 2~1. 7 この計算式は、建物の坪数を利用した、誰でも簡単にできる計算式です。 外壁塗装工事の係数は1. 2~1. 7くらいの範囲とされていますが、実際には一般的な1. 2を当てはめると良いでしょう。 実際に外壁塗装業者が計算する場合は、建物を測ったり、図面から正確に計算して見積もりを出します。 3 1坪=3. 2~1. 7 、この式で求められる数字はあくまでも目安ではありますが、塗装価格の予算を検討する上では大いに役立ちます。 2 79. 2 118. 2 158. 2 237. 1~1. 7 屋根の面積を求めるのに注意しないといけないのが「勾配数 傾斜面の傾きを示す度合い 」「屋根の形」の2つになります。 この2つの要因によって面積がまったく違ってきます。 ここでご紹介するのはあくまでも一般的な面積になりますが、予算を検討するのに大いに役立つはずです。 1階の床面積は実際にメジャーで家の縦と横の長さを図るか、図面を見て計算してみてください。 また、屋根塗装の係数は1. 1~1. 7くらいの範囲とされていますが、実際には一般的な1. 5を当てはめると良いでしょう。 5 150㎡ 屋根の面積もわかったら、次は面積分かかる塗装の平米単価から塗料価格を求めてみます。 さらに、塗装は3回塗りが基本で、下地を作るための下塗りは別の下地専用の塗料を使うので、中塗りと上塗りの2回分で計算します。 2㎡ 79. 8㎡ 118. 2=158. 4㎡ 158. 6㎡ 237. 【外壁】平米単価の相場を使った見積もり価格例 住宅の外壁塗装工事の面積を100㎡ 約30坪 、塗料の平米単価の相場はシリコン系塗料2,500円を使います。 適正価格の場合、適正価格でない場合の2通りで出してみます。 他にも塗装業者ごとによって、移動費・人件費・運搬費・その他手続き費などの価格が加わります。 【外壁・屋根】平米単価の相場を使った見積もり価格例 住宅の外壁塗装工事の面積を100㎡ 約30坪 、屋根塗装工事の面積を80㎡ 約30坪 、塗料の平米単価の相場はシリコン系塗料2,500円を使います。 他にも塗装業者ごとによって、移動費・人件費・運搬費・その他手続き費などが加わります。 塗装価格は条件によっても大きく変動します。 たとえば、塗装に使用する塗料の種類や、塗装を行う範囲、回数などによって、価格に大きな差が出ることもありますので、塗装業者から提示される見積書をしっかりと確認しましょう。 外壁塗装工事と屋根塗装工事の価格内訳 見積もり価格は6つの要素で決まる 住宅の外壁塗装工事を塗装業者に依頼すると、まずお見積もりが提出されます。 外壁塗装工事のお見積もりは、おもに次の6つの要素で決まります。 適正な価格で塗り替えを行うためにも、見積もりの見方を知っておきましょう。 塗料 塗料にはそれぞれ特徴があります。 リーズナブルだけれど耐用年数は短いもの、価格も耐用年数もちょうどよういもの、高いけれど長持ちするものなどさまざまです。 目的に合った塗料を選びましょう。 塗装の範囲 外壁だけではなく、雨どいやベランダ、屋根なども塗るのかなど、塗装範囲によって価格は変わります。 塗装を行う範囲をしっかり確認しておきましょう。 塗装の回数 塗装回数は、最低でも3回塗りが必要です。 回数が多いほど塗装が長持ちしますが、塗料を多く使う分、割高になってしまいます。 施工人数 作業に携わる人数は少ないほうが、人件費がかからず安くすみます。 工期 工期が短いほうが、人件費を減らすことができて、割安になります。 経費 足場や養生など、下準備の経費を含んでいるかどうかで見積もりは変わります。 副資材や消耗品の価格も含まれるかどうかも確認しておきましょう。 A社の見積もりでは、「一式」「その他工事など」とひとくくりで書かれており、工事内容がよくわかりません。 また塗料の種類も書かれていません。 A社のような見積もりの場合には、工事や塗料の詳細について確認すると安心でしょう。 詳細を質問しても回答をもらえなかったり、説明が専門用語の羅列で意味不明だったりする場合は、塗装業者そのものが信頼できません。 いくら見積もりが安くても、候補から外したほうがよいでしょう。 失敗しない外壁塗装工事のためには、相見積もりをとったうえで、それぞれの見積もり価格と項目を見比べることが必要です。 納得のいく価格で、明確な見積もりを出してくれる塗装工事業者に依頼するようにしましょう。 屋根・外壁塗装で大事なのは 適正価格で計算されているかどうかになります。 塗装業はお客様が一番騙されやすいと言われている業種なので、信頼のできる安心な屋根・外壁塗装業者で外壁塗装をしましょう。 外壁塗装に不安を感じているあなたへ ここまで読んでいただきありがとうございます。 塗装業者の適正価格と単価相場についてまとめて書いてきましたが、分かりづらいところはありましたでしょうか?不明点等あれば以下のまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。 あなたにとって安心・納得の情報になれば嬉しいです。 外壁塗装に失敗しないための5ステップ• 大切なお金、いくら外壁塗装が必要な時期だったとしても、1円も無駄にできませんよね。 もし、悪徳業者を選んでしまったら「安すぎ」や「高すぎ」な金額を提示されて、あなたのお家本来の、適正な費用が誤魔化されてしまう場合もあるため注意が必要です。 私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。 不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。

次の

外壁塗料「アトモス」の特徴は?効果や費用相場、施工例を紹介 【ファインドプロ】

外壁 塗装 アトモス 相場

外壁塗装 公開日 2019. 16 更新日 2020. 13 外壁塗料「アトモス」の特徴は?効果や費用相場、施工例を紹介 外壁塗料の一つである アトモス塗料は、高級感がありデザイン性が高いというメリットがあり、多くの方が検討されます。 しかし、もちろんメリットだけではなく、デメリットも存在します。 ですので、塗料の特徴やメリット・デメリットをよく理解して、納得した上で塗料を選ぶことが大切です。 また、外壁塗装は高い費用がかかるので、そう簡単にやり直しできるものではありません。 塗装の失敗を防ぐためにも、正しい知識を身につけておきましょう。 このページでは、アトモス塗料の特徴やメリット・デメリット、費用相場、施工例をご紹介します。 現在、外壁塗装を検討している方は、ぜひこのページを参考にしてみてください。 アトモス塗料とは 「アトモス塗料」とは株式会社アペティーが開発したセラミック系塗料のことで、「ATOMOS」という塗料ブランドとして販売されています。 なので、「アトモス」は製品名であり、塗料の種類やジャンル名ではありません。 アトモス塗料には粉状の天然石や陶磁器質骨材などが含まれており、塗装面が高級で上質な質感に仕上がることが特徴です。 光沢のある自然石と骨材の粒が立体感を出し、透過性を持ちつつも色彩の奥行と美しさを持った塗料です。 アトモス塗料のメリット・デメリット 外壁塗装にアトモス塗料を使用するにあたり、メリット・デメリットは知っておくべきです。 メリット・デメリットそれぞれをまとめましたので、以下でご紹介していきます。 アトモス塗料のメリット アトモス塗料のメリットは、次の6つです。 耐用年数が長い• 高級感のある仕上がりになる• 調湿効果がある• 防水効果がある• 除菌や防カビ効果がある• 断熱性・防火性が高い アトモスの最大のメリットは、外壁を高級感のあるデザインに塗装することができる点と、外的な影響を受けにくく耐用年数が長い点です。 アトモス塗料には天然石や陶器質が含まれており、塗装した後は大理石のような仕上がりになります。 自宅の塗装面が安っぽい見た目になることが嫌な方、重厚感のあるデザインが欲しいという方におすすめです。 アトモスは調質機能と有害物質の吸着機能を持ったホタテの貝殻を配合しています。 多孔質なホタテ貝の構造が湿気の吸収と放出を担うので湿度調整に優れ、貝殻の成分である炭酸カルシウムが有害物質やカビなどを防ぎます。 また、アトモスは有機溶剤を使わない塗料であるため引火の懸念が無く、防火性にも優れます。 溶剤を使わず、抗菌作用を持つことにより防臭効果も併せ持ちます。 これらの成分により住まいを様々な外的要因からガードできる耐久性があるため、約10~20年といった長期の耐用年数を持っています。 アトモス塗料のデメリット アトモス塗料のデメリットについては、下記の3つを把握しておきましょう。 一般的な塗装と比べて価格が高い• 工法が「吹き付け」しかない• 色のバリエーションが少ない アトモスのデメリットとしてまずあげられるのが、シリコン塗装やウレタン塗装などの一般的な塗装と比較すると価格が高いことです。 塗料そのものの値段も高いですが、高い技術が求められる「吹き付け塗装」という方法で塗装を行うため、熟練の職人による作業料で高くついてしまうケースもあります。 合わせてローラーやハケといった他の塗装を選ぶことができないため、対応できる業者が絞られてしまうというのもネックの1つです。 また、2020年2月現在ではアトモス塗料のカラーバリエーションは20種類のみ。 決して豊富な色合いが揃っているわけではないので、もっと自由に外壁のカラーリングを決めたいという方にはデメリットになります。 アトモス塗料の施工例と費用相場 アトモス塗料での塗装費用は1㎡当たり10,000~15,000円が相場で、アペティー社製の外壁塗料の中ではとても高額な商品です。 安価な塗料である「アクリル系塗料」が1㎡当たり1,000円台で塗装できることと比べれば、アトモス塗料の金額はとても高いことが分かります。 標準的な一軒家は100~120㎡の大きさですから、 家を丸ごとアトモスで塗装すると100万円以上の費用が必要になる計算です。 もし、塗装範囲について妥協できるのであれば、「 人目に付きやすい部分のみ塗装する」「 アクセントを出したいところだけ塗装する」といったプランがおすすめです。 上記の塗装方法であれば、建物全体を塗装するよりも、費用を抑えることが出来るでしょう。 アトモスで外壁塗装リフォームするときの注意点 アトモスで外壁塗装リフォームをする場合、いくつか注意点があります。 塗装は専門業者に依頼する• 業者選びは慎重に行う アトモスでの外壁塗装に失敗しないためにも、ここからの内容をしっかりと確認してください。 塗装は専門業者に依頼する アトモスでの塗装は、必ず専門業者に依頼しましょう。 なぜなら、アトモスは施工の難易度が高く、高度な技術力が求められるからです。 先ほども説明しましたが、アトモスは天然石や陶器質が含まれているため、ハケやローラーではなく吹き付け工法で塗装をします。 吹き付け工法での均一な塗装は、高い技術力と経験が必要なため、プロでも難しいのです。 アトモスでの塗装をDIYで…と、検討する方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、専門的な知識を持たない方が作業してしまうと、 仕上がりが悪くなり、最悪の場合ではひび割れや塗装が剥がれるといった事態を引き起こしてしまいます。 そのため、アトモスの塗装は必ず専門業者に依頼してください。 業者選びは慎重に行う アトモスで外壁塗装リフォームを行う場合は、業者選びを慎重に行いましょう。 アトモスを取り扱う業者中には悪質な施工やサービスを提供しているところもあるからです。 悪質な業者に引っかからないためには以下の4つのポイントを意識して業者選びをしましょう。 電話対応が丁寧な業者を選ぶ• 料金が明確な業者を選ぶ• 見積もり料が無料の業者を選ぶ• 保証が充実している業者を選ぶ 電話対応が丁寧な業者は社内教育が徹底されていることが多く、現場で担当してくれる作業員の教育も十分であることが考えられます。 教育が十分に行き届いている作業員が塗装を担当してくれれば、責任を持って丁寧に施工をしてくれるでしょう。 また、業者選びでは「料金が明確な専門会社」を選ぶことも大切です。 作業費や交通費など、不明確になりやすい項目は多いものですが、 あらかじめしっかりと金額を説明してくれる業者は信頼できます。 他にも「見積もり料」について必ずチェックしてください。 見積もり料が有料な業者に安易に「見積もり」を依頼してしまうと、作業を依頼しなかった場合にもお金を支払わなければなりません。 無駄な支出を減らすためにも「もしかしたら作業を依頼しないかもしれない」という可能性を考えて、見積もり料が無料の業者を選びましょう。 さらに、 塗装を依頼する際には「保証」が充実している業者を選んでください。 もし、施工後すぐに「塗装の剥がれ」「塗装場所の不備」などを見つけたとき、保証期間内であれば無償で対応してくれます。 万が一に備えて、保証が充実している業者を選びましょう。 アトモス塗料のメリットとデメリットまとめ 今回はアトモス塗料についてメリット・デメリットをご紹介しました。 アトモス塗料は高品質でグレードの高い塗料ですので、外壁塗装の際に「アトモス」を検討している方も多いと思います。 しかし、アトモス塗料にはメリットばかりではなく、デメリットもありますので、 メリット・デメリット両方を把握した上で塗料を選ぶようにしましょう。 現在、外壁塗装を考えている方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、使用する塗料を検討してみてください。 また、アトモス以外のセラミック系塗料について知りたい方は、下記の記事で詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてください。 使用する塗料でお悩みの場合は、ファインドプロにご相談ください。 ファインドプロは、信頼できるおすすめの業者の中から、塗料に詳しい外壁塗装業者をご紹介します。 ご相談は無料ですので、まずは気軽にお問い合わせしてください。 ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。 塗料・塗装の知識•

次の