沢尻 エリカ 入院 先。 【入院先】沢尻エリカの大学病院は慶応!VIP個室の料金は24万w|LifeNews Media

【入院先はどこ】沢尻エリカは慶應大学病院に!VIP用の特別病棟の料金も

沢尻 エリカ 入院 先

芸能界復帰は茨の道(時事通信フォト) 入院先のベッドの上で、彼女は今頃、頭を抱えているかもしれない。 麻薬取締法違反で起訴された沢尻エリカ被告(33才)は、保釈後、都内の病院へ直行。 所属事務所を通じて、専門家の指導を受け、立ち直る決意を表明した。 「大河ドラマ『麒麟がくる』の制作費や、外資系CMスポンサーの賠償金もあり、総額は20億円ともいわれています。 一部では、入院先の病院は1泊20万円で、入院費用は1000万円以上などと報じられましたが、事実じゃない。 そんな大金を彼女も事務所も払えませんよ。 彼女は売れっ子でしたが、貯金がほとんどない。 支払いの道筋すら立っていないのでは…」(広告代理店関係者) 芸歴20年を超える沢尻は、これまで多くのドラマや映画、CMに出てきた。 しかし、彼女の知人は、「エリカさんは金銭感覚が世間と大きくずれていて、貯金という考えもなかったと思います」と明かす。 「別に」発言での活動休止から2年半後の2010年3月、「たかの友梨」のCMでセミヌードを披露し、センセーショナルに復帰を果たした際のこと。 先の知人はこんなシーンを見たという。 「この時、エリカさんは個人事務所に所属していたので、CM契約料が丸ごと手に入ると思っていた。 税金で半分ほど引かれることを知らなかったんです。 当時の彼女は税金にあまりに無頓着で…10代の頃からセレブ経営者らと派手に夜遊びしていたため、金遣いも相当荒かった」 実際に、沢尻は2016年に出演したテレビ番組で貯金について尋ねられると「気にしない」ときっぱり。 「ある時は本当にお金を使うし、周りにもいろいろ買ったり、奢ってあげることもすごくあります」と豪快なエピソードを披露している。

次の

沢尻エリカVIP用の特別病棟の料金はいくら?病室の写真がスゴイ

沢尻 エリカ 入院 先

沢尻エリカが転院へ 沢尻さんの転院について「女性自身」は次のように報じています。 そんななか、薬物依存からの脱却を目指して都内の病院へと入院した沢尻。 選んだのは超VIPな病院だった。 「特別個室も用意されており、 高級ホテルのスイートルームのような豪華さだそうです。 その分、費用も高め。 1泊20万円以上かかるといわれています。 薬物治療の入院は、 通常2カ月以上かかるともいわれています。 総額1千万円は超えることになるでしょう」 (芸能関係者) 事件による損害賠償額が20億円ともいわれている沢尻。 さらに高額な入院費用がかかるとあって、 最近は 転院を計画しているという。 「場所は、 関東近郊にある心療内科専門の病院。 プライバシー保護が徹底されていることから政治家や芸能人に人気で、 最近だと元TOKIOの 山口達也さん(47)も静養していました。 」 「ここの施設も超豪華で、 トレーニングルームやスパが完備。 さらにはアロママッサージなども受けられるそうです。 にもかかわらず、費用は1泊1万円程度。 長期療養も視野に入れているため、 治療計画の見直しを考えていると聞きました」 (前出・芸能関係者) (2019年12月20日配信) 上記の通り、転院先の病院は山口達也さんが治療していた病院でした。 もし、これが事実であれば、沢尻さんの転院先も久里浜医療センターとなります。 また、 横須賀市に所在しているため、報道にもあった「関東近郊」という表現にも一致します。 そのため、ネット上では沢尻さんの転院先として久里浜医療センターの名前が挙がっているというわけです。 しかし、これは 確定情報ではないため、参考程度に留めておくといいでしょう。

次の

沢尻エリカの転院先=関東近郊の心療内科の場所はどこ?病院名は?

沢尻 エリカ 入院 先

沢尻エリカ被告 保釈、車は病院へ 麻薬取締法違反の罪で起訴された女優の沢尻エリカ被告(33)が保釈されました。 「午後7時20分過ぎです。 沢尻エリカ被告が保釈されました。 中の様子は窺い知ることはできません」(記者) 女優の沢尻エリカ被告は先月16日、東京・目黒区の自宅で合成麻薬MDMAを含む粉末や、LSDを含む紙片と液体を単独で所持した麻薬取締法違反の罪で6日、起訴されました。 沢尻被告側の保釈請求に対し、東京地裁は保釈を認める決定をして、沢尻被告側が保釈保証金500万円を現金で納めたため、午後7時半前に、身柄が勾留されていた警視庁東京湾岸警察署から保釈されました。 その後、 沢尻被告は首都高速で都心に向かい、午後8時ごろに東京・新宿区の大学病院に入り、入院しました。 沢尻被告は、「専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」とのコメントを発表しました。 引用:2019年12月6日 JNN 2019年12月6日午後7時20分頃、沢尻エリカさんが警視庁東京湾岸警察署から保釈され、その後すぐに新宿区の大学病院に入院しました。 沢尻エリカの病院名は?新宿区の慶應大学病院 一部報道では、沢尻エリカさんが保釈後に向かった先は 新宿区信濃町の大学病院と報じられました。 信濃町の大学病院は1つしかなく、すぐに 『慶應義塾病院』と特定されました。 沢尻エリカの入院先…。 信濃町の大学病院って、慶應しかないやん。 沢尻被告が保釈後に入院した都内の有名大学病院は名医が多く、先進的で質の高い安全な医療を提供することで知られる。 多くの著名人が利用しており、これまでも俳優の 石原裕次郎さんや女優の 夏目雅子さん、歌手の 坂井泉水さん、フリーアナウンサーの 小林麻央さんらが入院している。 引用:2019年12月7日 スポニチアネックス また、慶応大学病院は情報管理が徹底されており、情報が外部に漏れないシステムが構築されていることから、芸能界・政界御用達の病院のようです。 「同病院はかつてZARDの坂井泉水が入院していたことがあり、 政界御用達の病院としても知られています。 多くの著名人が利用するのは 情報管理が徹底しているから。 病院内でのことが外部に漏れないようなシステムが構築されているといいます。 会議や来客対応に利用可能 「特別個室」は全7種類あり、 宿泊費は1泊52,250円~242,000円となっています。 また、シャワー、トイレ、洗面台、冷蔵庫、テーブルなどの設備がついており、入院費用のほとんどは事務所のエイベックスが負担するとのこと。 このことから、 沢尻エリカさんは1泊66,000円する特別個室・1号館10Dに入院している可能性が高いです。 沢尻エリカの入院期間や治療費は 沢尻エリカさんの担当医は、薬物依存治療に定評のある名医のようです。 沢尻被告の治療に当たる名門大学病院の担当医は、 薬物依存脱却や「心のケア」を重要視する治療プログラムに定評がある人物。 認知症や老年期うつ病、高次脳機能障害など幅広い専門領域を持つ 教授の右腕だ。 引用:2019年12月8日 スポニチアネックス 沢尻エリカさんは更生のため、 「認知行動療法」という薬物治療を受けるとのこと。 この治療はコカイン使用で逮捕されたピエール瀧さんも受けています。 依存度によって異なりますが、 認知療法行動の治療期間は3ヶ月から1年とのことです。 そして気になる入院費用ですが、有名人の沢尻エリカさんですから、個室の中でも高額な1泊198,000円か242,000円の個室に入院する可能性が高いです。 入院期間を3ヶ月 90日 とすると、 入院費用は 1782万円~2178万円となります。 この金額はあくまで宿泊費なので、これにさらに治療費も含まれてきます。 損害賠償金が20億円とも言われている沢尻エリカさんですが、もはや一般人の想像が及ばない世界に住んでいるようです。

次の