ロング ブレス 石原 慎太郎。 『ロングブレス』石原慎太郎にも効果があったやり方とは?【動画】

ロングブレスは高齢者に話題の呼吸法!やり方を詳しく解説!初めてでも簡単!美木良介

ロング ブレス 石原 慎太郎

ロングブレスダイエットとは? ダイエットに効果があるとされ、7年前からブームが続いている「ロングブレスダイエット」。 俳優の美木良介さん考案の呼吸法です。 引用: 具体的なやり方は、こちらの動画を参考にどうぞ。 リンク 石原慎太郎さんに起きた激変 27日放送の【金スマ】によると、歩くことが大変だった石原慎太郎さんが激変、元気にしっかりと歩けるようになったとのことでした。 その理由は 石原さんがロングブレストレーニングを取り入れているからと紹介。 ロングブレス療法を勧められ、トレイニングに通う内に、なんとか安心して、毎日二キロは大股で歩けるようになりました。 どうせ長生きするなら、元気で過ごしたいものです。 石原慎太郎 脳梗塞の後遺症の影響があった石原さんが、ふたたび歩けるまで回復したのは、ロングブレスを加えたエクササイズにチャレンジしたからでした。 エクササイズをはじめて1年3ヶ月後には、かなりの速度(ほぼ小走り)で歩けるまで回復。 2年3ヶ月後には、87歳とは思えないほど、勢いのあるスクワットができるまでに。 驚きです…。 石原さんはなぜ歩けるようになったか? 【金スマ】で紹介された医学博士のによると、呼吸法には次のような効果があるとのことでした。

次の

【金スマ】最新版ロングブレスダイエットを徹底解説!下っ腹を引っ込ませる呼吸法

ロング ブレス 石原 慎太郎

2019年11月26日『徹子の部屋』に、ロングブレスダイエットで一時期話題になった 美木良介さんと、美木良介さんの妻、 寺田奈菜子さんがゲストで出演されました。 美木良介(62)の妻:寺田奈菜子(52) 奥様は、52歳とは思えない美しさですね。 2人は、現在結婚18年! 高校生の娘さんがいらっしゃいます。 そして、2人は、ロングブレスダイエットをやる前からのお付き合いです。 今、美木良介さんは、一体何をしているのか、気になりますね。 徹子の部屋を見逃した方、美木良介さんの現在が気になる方、寺田奈菜子さんの画像が見たい方、一緒に、見ていきましょう。 そんなことより、 ロングブレスのやり方が知りたいんだ!という方は、 目次からロングブレスの基本(やり方)へ 2019年12月27日「金スマ」で、最新ロングブレス呼吸法の特集が放送されました。 効果とやり方(方法)をわかりやすくまとめました。 出典:徹子の部屋 ロングブレスと一緒に 歩くトレーニングをする これも、ロングブレスと同じく、座ったままできる、そんなにきつくないトレーニング。 これをすると、 歩きやすくなる。 歩くトレーニングやり方 座ったまま、大きく手を振る。 これだけ。 手を振ることを覚えると、手と足は、必ず連動するので、歩けるようになる。 (歩きにくい方は、手を振らない、そして、つま先から行くのでつまづく。 ) 普段、歩く時は、 手を振って、なるべくかかとから歩くようにする。 それだけでも、歩くのがスムーズになる。 手を振るのに慣れたら、次は 足を上げるトレーニング 手を振るトレーニングに慣れてきたら、次は、足を上げるトレーニングを入れる。 足のトレーニングやり方• 吐くと同時に、片足を上げる• 吐くと同時に、片足を上げる 吸って(スー)、 フー(吐く)+足上げるを繰り返す。 これを 片足10回ずつやるだけでいい。

次の

ロングブレスを石原真太郎さんも実践【美木良介さんの120歳まで生きるエクササイズ】

ロング ブレス 石原 慎太郎

2019年12月27日放送 中居正広の金曜日のスマイルたちへで話題となった 美木良介さんの最新版!座ったまま出来る「ロングブレス呼吸法」について取り上げます。 脳梗塞で左手にまひが残り、歩行困難となっていた石原慎太郎さん(87歳)が美木良介さんの指導の下、「ロングブレス呼吸法」を使ったエクササイズを行ったところ、スタスタ歩きにまで回復したといいます。 今回紹介されるロングブレスは、高齢者向けなので、全て椅子に座ったまま行うことができます。 美木良介さんの著書「120歳まで生きるロングブレス」の中でも、そのエクササイズが詳しく書かれています。 こちらでは、「高齢者向け!ロングブレスを加えたエクササイズ」のやり方について、詳しくご紹介していきたいと思います! 目次よりお好きなところよりお読みください。 金スマで話題!石原慎太郎 最新版ロングブレスで復活!そのやり方とは?• ロングブレスを加えたエクササイズとは!? 全身の60兆個の細胞に酸素を送れるのは、 「呼吸」です。 脳神経細胞を活性化するには、呼吸法しかないと美木さんは言います。 医師によると、「 エクササイズにロングブレスをかけあわせること」に意味があるんだとか。 呼吸と運動を連動させること、つまり血流を良くしながら筋トレを行うということが 筋肉を効率よく鍛えることができると推測されると言います。 石原さんはこのロングブレスのレッスンを週一回受けたところ、劇的な変化が起こりました。 石原慎太郎さんが行ったエクササイズは誰でも出来るような簡単なものだったそうなのですが、どのようなエクササイズだったのでしょうか? 座ったままできる!高齢者向け最新版「ロングブレス」とは? 美木良介さん著書「 120歳まで生きるロングブレス」は、 基本の呼吸法「ロングブレス」を使って行います。 その方法は3つ! ロングブレスを加えたエクササイズです。 その基本となるロングブレス呼吸法から、ご紹介していきます。 基本の呼吸法「ロングブレス」 高齢者にお勧めしたい ロングブレスの基本となります。 全てのトレーニングを座ったまま行います。 効果は、立って行う時と同じです。 お尻を締めることで、骨盤底筋を上げることが出来る。 大切なポイントはこの一つのみ。 ほっぺたを少しふくらまし、下腹部に力を入れた状態で、 鼻から3秒で息を吸い、口から7秒で息を吐きます。 ここが衰えると、すり足になり、躓いてしまうことも。 歩行や階段を上るなどの動作で、非常に重要な筋肉となります。 この動作をすれば、簡単に立ち上がることができます。 椅子に腰かけた状態で息を吸い、立ち上がると同時に息を吐きます。 慣れてきたら、 椅子にお尻を付けずに行うことで、太ももに負荷がかかり効果がアップします。 歩く時に太ももを持ち上げているのが「腸腰筋」です。 腸腰筋を鍛えると、すぐに下っ腹も引っ込むそう!!! やり方 イスに腰かけた状態で息を吸い、片足を90度まで持ち上げながら息を吐く。 反対の足も同様に行ってください。 30回で1セット、反対の足も同様に行います! エクササイズは、ご自身の体調や体力とご相談の上、回数を調整します。 毎日続けていくことが大切です。 このエクササイズのポイントは「手を大きく振ること」。 これがとても大事だと言います。 高齢者の方が普通に歩こうとすると、うまく歩けずに躓くということがあります。 しかしこのエクササイズを行うことで、手と体の連動を脳が覚えることによって、問題なく歩けるようになるんだとか。

次の