トイレつまり クエン酸。 トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器・床・見落としやすい場所のお掃除方法

排水溝つまりを重曹クエン酸でお掃除!台所・風呂つまりの原因とは?|水漏れ修理・水回りのトラブル3,000円~スピード対応|水110番

トイレつまり クエン酸

家の中でも特に汚れが溜まりやすい場所といえばトイレ。 汚れもニオイもスッキリさせたいものですが、何しろ狭い空間であるトイレです。 成分の強いトイレ用漂白剤などを使うのはちょっと不安だし準備が面倒……なんて人も多いはず。 そこで今回は、手肌や人体にも安全に使えるクエン酸と重曹を使ったトイレ掃除について紹介します。 「本当にスッキリ汚れが落ちるの?」なんてあなどることなかれ。 この2つ、実はトイレ掃除にぴったりなのです! クエン酸と重曹がトイレ掃除に適している理由 クエン酸と重曹が、なぜトイレ掃除に使えるのか?その理由はそれぞれの性質にあり。 汚れは反対の性質を持つ洗剤などで中和させることで落としやすくなります。 トイレに溜まりやすい汚れである水垢や尿石、黄ばみなどはアルカリ性の汚れ。 アルカリ性の汚れは酸性で中和させることでスッキリと落とすことができます。 そこで登場するのがクエン酸です。 クエン酸の酸性がトイレの汚れに効果てきめんなのですね。 逆に、重曹はアルカリ性の性質を持っているため、黒ずみや手垢などの酸性の汚れに効果を発揮します。 また、重曹は消臭効果も兼ね備えているのです。 この2つを揃えておけば、トイレにはびこる様々な汚れに対応できるというわけです。 クエン酸、重曹のスプレーの作り方 それでは、トイレ掃除に使えるクエン酸と重曹スプレーの作り方を紹介しましょう。 どちらも、できるだけ早めに使い切るようにしてくださいね。 1: クエン酸スプレー スプレーボトルに水200ml、クエン酸小さじ1を入れてしっかりとフタをしめ、よく振ります。 たったこれだけでクエン酸スプレーは完成です。 しっかりと混ぜて使ってくださいね。 もし量を増やしたい場合は水とクエン酸が同じ割合になるように分量を増やしていきましょう。 2: 重曹スプレー 重曹スプレーもクエン酸スプレーと同じく、水200mlと重曹小さじ1をスプレーボトルに入れ、よく振り混ぜます。 重曹の場合は、粉が沈殿しやすいので、使うたびにボトルを振りながら使うといいですよ。 こちらも量を増やしたい場合は、水と重曹が同じ割合になるように分量を増やしてくださいね。 クエン酸・重曹スプレーを使った掃除の方法 それではこの2つのスプレー、どのように使い分けてお掃除をすれば良いのでしょうか?今回は、トイレの場所別にお掃除方法を紹介します。 1: 便器 やはりトイレの中で一番汚れが気になる場所と言えば便器ですよね。 まずはトイレットペーパーを便器の内側に貼り付けていきます。 その上からクエン酸水をしっかりとスプレー。 これは湿布法といい、パックをすることで頑固な汚れを落とす際に便利な方法です。 このまま30分程度放置し、パックに使ったトイレットペーパーで軽く便器を拭き取り、剥がします。 そのあとは通常のお掃除と同じくブラシなどでこすってお掃除して完了です。 ちなみにこれは便座裏のお掃除にも効果的な方法です。 その場合は、トイレットペーパーでパックしやすいよう、最初に軽くクエン酸水をスプレーして貼り付けるようにしましょう。 2: タンクの蛇口部分 タンクに水を流してくれる蛇口部分、そんなに汚れがたまる部分とは思えませんが、実はいつの間にか水垢がびっしり!なんてことも。 ここでもクエン酸が活躍してくれます。 まずは蛇口部分にクエン酸水をスプレーし、便器と同じくトイレットペーパーでパックし、その上からさらにクエン酸水をしっかりスプレー。 そのあと30分程度放置し、トイレ用のウェットシートや雑巾でしっかりと拭き取りましょう。 3: 便座 便座の表面は肌が直接触れる場所。 普段からトイレ用ウェットシートで掃除していてもいつの間にか皮脂汚れがついてしまうことも。 そんな時は、重曹スプレーを利用しましょう。 こちらも同じく湿布法が効果を発揮してくれます。 まず便座に重曹水をスプレーします。 そこへトイレットペーパーを貼り付けていき、その上からさらに重曹水をスプレーします。 ここでもまた30分程度放置して、あとは拭き取って完了!気になる皮脂汚れなどがスッキリ落とせます。 4: タンク トイレの貯水タンク、なかなか開ける機会がないですよね。 しかし、いざ開けてみると黒ずみがびっしりとついていることも。 そんな時は、重曹を直にタンクに入れてお掃除することで汚れを落とすことができます。 重曹120gを粉のまま貯水タンクにイン!そのまま6時間程度放置して水を流しましょう。 夜、寝る前などに行うといいですね。 月に一回程度、このお掃除をすることで、貯水タンクを常に清潔な状態に保つことができます。 5: クロスや床 クロスや床は、クエン酸スプレーと重曹スプレーの併用がおすすめです。 まずは尿の飛び散りなどを拭き取るため、クエン酸水を全体にスプレーし、雑巾などで丁寧に汚れを拭き取っていきます。 そのあとは重曹水を全体的にスプレーして、同じく雑巾で拭き取っていきましょう。 これをすることで、尿などのアルカリ性の汚れにアプローチできるだけではなく、床を歩いた際につく酸性の皮脂汚れを落とし、さらに重曹が消臭効果も発揮してくれます。 お掃除してもなかなかトイレのニオイがとれない!なんて場合は、このダブル使いを試してみてくださいね。 汚れやすい場所、だからこそ清潔を意識して! トイレは誰しもが毎日使う場所だからこそ、汚れが溜まりやすい場所です。 放っておくと、汚れだけでなくニオイも気になってしまいます。 自分も家族も毎日入る部分は、常に清潔さを保っておきたいですよね。

次の

【トイレつまりの解消】重曹とお酢をお湯で溶かして即解決!

トイレつまり クエン酸

トイレのつまりは重曹とクエン酸で解消されるのか? 重曹は洗剤変わりなどで使うというお話をよく聞くと思います。 また消臭剤としても効果が高いというお話を聞いたことがあると思います。 しかし、トイレのつまりというと、汚れではありませんよね。 なのになぜ重曹がトイレの詰まりを解消できると言われているのでしょうか? 実は、重曹だけではトイレのつまりを直すことはできません。 重曹に加えてクエン酸が必要になります。 重曹はもともと弱アルカリ性の性質です。 そして、クエン酸は弱酸性の性質を持っています。 実は、この2つの成分を混ぜると二酸化炭素の泡が発生します。 この二酸化炭素がトイレのつまりの原因を分解して、溶けやすくし、詰まりを解消するという作用があります。 そのような事から、重曹にクエン酸を加えることで、トイレの詰まりが解消できるという訳です。 しかし、全てのトイレの詰まりに重曹とクエン酸が有効なわけではありません。 ではどんなトイレのつまりに、重曹が有効なのか?また、重曹がでは効かないつまりは何なのか?についてお伝えします。 トイレのつまりを重曹とクエン酸を使って解消する方法 まず次の動画をご覧ください。 重曹とお酢(クエン酸の変わり)を使ったトイレのつまりの解消法についてお伝えされています。 結果どうなったかまでは解説されていないものの、作業方法が分かるので参考までにご覧ください。 【用意するもの】• 重曹 150グラム(約計量カップ4分の1)• お湯 50度程度、便器の半分ほどの量• クエン酸• 灯油ポンプ• バケツ(あると便利です) ここで注意することは、お湯の温度です。 熱湯にすると、便器にヒビ割れが発生する可能性があるからです。 また、作業中に二酸化炭素が発生するため、換気扇をつけたり窓を開けるなど、換気の良い状態で作業してください。 【作業1 便器内の水を少なくする】 よくあるのは、便器の3分の1くらいまで水が埋まっている便器がありますよね。 そのタイプの便器の場合は、灯油ポンプなどを使って、ある程度水を取り除きましょう。 なぜかというと、水の量が多いと、つまっている物体の位置まで、重曹+お酢の成分を行きわたらせにくいからです。 【作業2 重曹とお酢を入れる】 最初に重曹を入れてから、お酢をいれます。 重曹が先でないと、十分な効果が得られない可能性があるので、先に重曹を入れるようにしましょう。 【作業3 ぬるま湯を入れる】 重曹とお酢を入れた後に、ぬるま湯を入れます。 すると泡立ってきます。 ぬるま湯は便器の半分ぐらいまで入れるとよいでしょう。 【作業4 約60分間放置する】 作業3が終わったら、60分ほど待ちましょう。 【作業5 水をゆくっ繰り入れてみる】 60分まったら、バケツに水を入れます。 水を入れたバケツをトイレに持っていき、便器の中にゆーっくりと注ぎます。 これで、水が流れ、元の状態まで戻ると便器のつまりは解消されています。 どんなトイレのつまりに重曹とクエン酸が有効なのか? 重曹+クエン酸が有効のつまり 先ほどお伝えしたように、重曹とクエン酸を混ぜ合わせると、二酸化炭素が発生します。 つまり、二酸化炭素が発生する事で溶ける詰まりに対して有効であるというわけです。 具体的にどんなつまりに有効なのかというと、主に次の2つです。 トイレットペーパー• 排泄物 この2つのつまりに対しては、比較的有効です。 そのことから、詰まりの原因が、トイレットペーパーやティッシュペーパーとわかっている場合や、原因が分からないけど急に詰まった場合には試してみる価値があると思います。 パターン2:重曹とクエン酸では解決しないつまり 重曹では解決しないつまりというは、具体的には固形物などには効果が得られません。 例えば、• スマートフォン• 腕時計• 掃除用具• 消臭剤・芳香剤• オムツ• 生理用品• ペットシーツ 上記のようなものに対しては、重曹とお酢では効果が得られません。 オムツや生理用品などは、トイレットペーパーに近いので、溶けるのでは?と思われがちです。 しかし、オムツや生理用品は水を含むと膨らむ性質を思っています。 そのため、重曹とクエン酸を使ったぐらいでは溶けてはくれません。 重曹を使ってトイレの詰まりを解消できるのは、トイレットペーパーと排泄物の2点ほどだという事を念頭に置いておくと良いでしょう。 ちなみに、固形物を落としてしまって、自分ではどうしようもない位置で詰まらせてしまった場合、すぐさま業者さんを呼ぶようにしましょう。 オムツや生理用品など、溶かしにくい詰まりを解消するには、薬品を使うと効果的です。 そんな時は、次の記事を参考にしてみてください。 トイレの詰まりがどうしても直らない場合 上記のト解消法を試しても、トイレの詰まりが解消されない場合は、プロに依頼する事をお勧めします。 無理やり詰まりを直そうとしてしまって、更に悪化させてしまったという事例も少なくありません。 プロに依頼する場合は、無料で見積もりが取れて、出張費が掛からない業者さんに依頼するのが良いでしょう。 こちらの業者さんは、見積もりも出張費も無料で、土日祝日も対応しており、全国対応しているので、おススメです。 直してもらうかどうかは別として、ひとまず相談だけしてみるというのも一つの手ですよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回、トイレが詰まってしまって困っている人の為に、重曹でトイレのつまりを直す方法 という事についてお話しました。 トイレのつまりを解決するには、まずは、重曹とおクエン酸を用意して、二酸化炭素ガスの泡でつまりの原因を溶かしましょう! ただし水に溶ける性質のものにしか効果はありません!そして、固形物の場合は業者さんにお願いすることをお勧めします。 また、この方法は日頃のお掃除にも使えるのでつまりの予防にもなりますよ。 トイレが詰まってしまった方は、是非試してみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さい。

次の

トイレつまりは重曹×クエン酸×お湯で解消!作業手順と効果を解説!|生活110番ニュース

トイレつまり クエン酸

つまりが起こったときに、すぐに業者に頼むことを躊躇する人はいませんか。 つまりの原因の半数以上といわれるトイレットペーパーなどの紙詰まりは重曹とクエン酸を使って、自分の力で解消することができるのです。 重曹とクエン酸の効果があるのは便や紙つまりの時 つまりの解消方法といえばラバーカップで吸い出す方法ですが、実は道具がなくても解消できる方法があります。 その方法とは、40~50度のお湯を排水管に流して、ペーパー類を溶かしてしまう方法です。 もともとトイレットペーパーは水に溶けるものなので、普通に使っていればトイレがつまることはありません。 しかし、一度に大量のものを流してしまうと、溶けきれずに排水管に残り、そこにまたものが流れてきたりして、結果的につまってしまうのです。 水に溶けるタイプのペーパー類を溶かしてしまえば、詰まりは解消されます。 その方法も、お湯をトイレの排水口に流し込んで1時間くらい放置するだけです。 もちろん普通のお湯だけでも効果はありますが、家庭にあるものを使うとより効果をあげられるのです。 最近は掃除に重曹を使う人も多いため、重曹を家庭で備蓄している人も多いのではないでしょうか。 これにクエン酸であるお酢を加えます。 重曹はアルカリの性で水垢や尿石などの汚れに効果を発揮します。 またクエン酸であるお酢は酸性で油汚れに効果を発揮します。 さらに、この重曹とお酢を混ぜると化学反応が起きて、炭酸の泡が起きるのです。 この炭酸の泡がトイレットペーパーやお掃除用のシートなどの紙が原因の詰まりに有効なのです。 しかし、これはあくまでも「溶けるものが溶けきれないで詰まった」場合のみに効きますので、おもちゃを落としたなどのように、もともと溶けないものが詰まっている場合には効きませんので、詰まりの原因がそれらおもちゃなどだとわかっている場合には、初めから業者に連絡をするようにしましょう。 重曹とクエン酸でつまりを解消する手順 重曹とクエン酸でトイレのつまりを解消する手順は、次のとおりです。 また、作業を始める前に汚水で壁や床を汚さないように、ビニールなどで覆っておきましょう。 そして、便器の水位が高い場合は、あらかじめ水を汲んで便器の中の水を減らしておきます。 次に、止水栓を締めて水を止めます。 止水栓はタンクの横にありますが、わからなければ水道の元栓を締める方法もあります。 また、最近では当たり前にあるウォシュレットや温水便座ですが、作業中に感電や漏水などの二次災害が起きないように、電気コードを抜いておいた方がよいでしょう。 ここまでの準備が出来たら、いよいよ重曹を便器の中に撒きます。 この時に、水の中に撒くことが大切です。 次にクエン酸を入れます。 その後、便器にお湯を入れます。 そのうち、重曹とクエン酸が反応して泡が立ってきましたら、そのまま1時間程度放置します。 この時に、すぐに流してしまうと効果がなくなるので注意して下さい。 1時間放置した後、水が引いていればつまりは解消され、そのまま流しても大丈夫ですが、水を流すより前にラバーカップを使うとさらに効果があります。 ラバーカップを使えば排水管の中の詰まりの元であったトイレットペーパーやお掃除シートが溶けたかどうか確認できますし、さらに流れずスムーズになります。 ラバーカップを使って詰まりが解消されたことが確認できたら、止水栓を開けて水を流します。 水が正常に流れたのを確認したら、電気コードを入れれば詰まり解消作業は終了です。 もし1度で詰まりが解消されない場合は、重曹とクエン酸を何度か繰り返します。 重曹とクエン酸を使う際の注意点 重曹とクエン酸を使う時に注意すべきは、便器に入れる順番です。 お湯の中で混ぜるのだからどっちが先でもいいのではと思われがちですが、順番を間違うと効果が薄れてしまうますので、必ず重曹から入れてください。 次にクエン酸をいれ、最後にお湯の順番で便器に入れましょう。 ここまでの作業を行うと、炭酸の泡が発生します。 この泡で発生したガスは、二酸化炭素ですので怖いものではありませんが、作業をする時には、換気をしっかりすることを忘れずにいてください。 また、この時に用意するお湯は必ず40~50度にします。 熱湯を使うと便器にひびが入るおそれがあり、最悪便器そのものを交換しなければならなくなります。 せっかくトイレつまりの修理代を節約しようとしていたのに、便器を交換することになっては修理代以上の出費になってしまいます。 そうならないためにも、お湯の温度は注意して下さい。 その他の注意としては、重曹とクエン酸によるトイレつまりの解消方法として有効なのは、つまりの原因がトイレットペーパーやお掃除シート、または自分の汚物などといった「水に溶けるものが溶けきれずに詰まった」場合のみ有効だということです。 この対処方法は、もともと溶けるものだけど溶けるスピードが間に合わず詰まってしまった時に、重曹とクエン酸で溶ける力を助けてあげているのです。 つまり、あくまでも溶けるものがつまった時に効力を発揮する方法ということになります。 もしも、おもちゃなど水に溶けないものを落として詰まってしまつた場合には、この方法は使えません。 詰まりの原因がおもちゃなどの異物を流したからだと原因がわかっているのならば、初めから業者に依頼するべきでしょう。 まとめ トイレのつまりはある日突然起きます。 もちろん、それに備えてラバーカップや薬剤などを用意しておくことは大切でしょうが、普段特に問題がなければ、なかなかそこまで思いが至らないのではないでしょうか。 そんな時に、どの家庭でも大抵ある重曹とお酢でトイレ詰まりが解消できるのは大変便利です。 できればそんな事態にならない方がよいのですが、いざという時の知識として、この重曹とクエン酸による溶かして解消する方法は知っておくべき知識ではないでしょうか。

次の