トータス パートナーズ。 法人保険 乗合代理店 生命保険

トータスパートナーズに投資するべき…?怪しい評判や口コミを解説!

トータス パートナーズ

気になるトータスパートナーズの実績やファンドマネージャーの正体とは? まとまった資金の運用先として、ヘッジファンド等がだんだん一般的になりつつあります。 とは言え、まだ日本には広く名の知れたヘッジファンドが多くなく、得られる情報も限られるため怪しいという評判ばかりがひとり歩きしているようです。 ここではヘッジファンドのうちPEファンド(未公開株へ投資するファンド)と呼ばれるカテゴリーに分類される トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)について解説致します。 これから、PEファンドへの投資をお考えの方は必見です。 まずは、トータスパートナーズが該当するPEファンドの仕組みについてご説明致します。 1-1. 1-2. 1-3. 2-1. 2-2. 2-3. 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 5-1. 5-2. 5-3. PEファンドとは PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)は、大きな枠組みで見た時にヘッジファンドの1つと言われることもあれば、ヘッジファンドとは全くの別物であると区別されたり、複雑な位置関係にあります。 さらに、トータスパートナーズについては少し特殊で、PEファンドとヘッジファンド両方の側面を持ち合わせていますが、これについては後の章で詳しく説明致します。 PEファンドの仕組みついて理解するために、まずPEファンドの収益モデルを見ていきます。 PEファンドの基本的な収益化は、以下のような手順で行います。 未公開株式に投資(買収/バイアウト)• あらゆる手段を使って企業価値を上げる• 十分に価値が高まったところで売却し利益化 1、未公開株式に投資 PE=Private Equity(未公開株)のことを指します。 ようするに、取引所に上場していない株式のことですね。 上場していない企業の株式であることから、中小企業が主な投資先と思われる方もいらっしゃいますが、サントリーやロッテ、JTB等も非上場の企業のひとつです。 少々古いデータになりますが、日本にある株式会社約254万のうち、大多数を占める約242万企業が非上場となっており、非上場企業を投資先として選ぶのは決して珍しいことではありません。 (引用) ・「」(外部リンク・PDF) 2、国内外の機関投資家も運用先として選んでいる 低金利下で利回りの良い運用先がなかなか無い中、国内外の機関投資家も積極的にPEファンドでの運用を始めています。 (引用) ・日本銀行「」(外部リンク・PDF) リーマン・ショック時に資金流入額が落ち込みましたが、現在では2007年につけた最高流入額を超えています。 未公開株は証券会社を通した売買ができないために、株式を取得するには経営者と直接交渉する必要があることや、買収など、規模が大きくなると数十億、数百億となることも珍しくありません。 株式の取得が出来たとしても、経営者との接触~買付までかなりの時間と労力を要するか、破談となる可能性もゼロではありません。 経営者としても見ず知らずの個人投資家に自社株式を売却することはリスクがありますから、なかなか認めては貰えないでしょう。 以上のような理由から、個人での未公開株への投資は一般的とは言えません。 しかし、未公開株式に投資をすることは、高い利回りを狙えることからとても魅力的な投資手法で、個人投資家間でもじわじわと人気を集めて来ているのが確かです。 日本では現在、個人レベルで未公開株式に投資する方法はかなり限られていますが、トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)を通じて投資することが可能となっています。 3、上場株式と違って相場の上下に左右されない 上場株式ですと、自社の経営や事業が上手く行っていたとしても、投資家の心理等、まったく関連性のない話題ひとつで株価が上下することがあります。 未公開株はこういった相場の上下による影響を受けづらいことから、行っている事業に価値があるならほぼ確実に企業価値は高まっていきます。 上場株式のように取引所で売買されるものではないため、取得するのが難しい未公開株ですが、事業に価値があれば高い利回りが見込めるので、投資先としてはかなり優良です。 実際にトータスパートナーズがどういった方法で収益を上げているのか、詳しく解説していいきます。 トータスパートナーズの投資手法 トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)では、主に以下の手順で収益をあげています。 中小の優良企業を買い取る• 経営に精通した専門家を企業に送り込む• 企業価値を上げて投資家に還元 1つ目から順を追って説明していきます。 1、中小の優良企業を買い取る 上場企業と違い、未上場企業では開示された情報がほとんどありません。 よってトータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)では、みなさんが株式投資として思い浮かぶトレード画面をいくつも机に並べて取引を行うトレーダーのような売買方法ではなく、直接足を運んだりして会社の情報を得ていきます。 トータスパートナーズが買収する企業は成熟した企業に限定され、ベンチャー企業やスタートアップは除外しているため、事業が上手くいくかどうかわからない、不透明で高いリスクを負うようなことはしません。 トータスパートナーズ独自の基準に達した成熟した優良企業を買収し、経営に携わっていきます。 2、経営に精通した専門家を企業に送り込む トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)では、企業の価値を高めていくために、経営に詳しいプロを送り込んで行きます。 企業の無駄を省くとともに、あらゆる手段を使って企業そのものの価値を高めて行き、目標とする価値に届いた時点で売却をします。 企業探しも重要ですが、この段階でトータスパートナーズ側がどれだけ価値を高められるかによって、得られる収益が左右されます。 3、企業価値を上げて投資家に還元 企業価値が十分に上がったところで、株式を売却し、利益をトータスパートナーズと投資家に配分します。 トータスパートナーズでは1社だけでなく複数の企業に対して投資していきますから、1社の売却が済み次第投資家へ還元というわけではなく、決算ごとに報告されます。 トータスパートナーズがどのような投資手法を用いて利益を生み出しているかおわかり頂けたところで、トータスパートナーズに投資することによって得られるメリットについてもご説明致します。 メリット トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)の強みは、以下の4つです。 高い利回りと独占性• 待機資金も使って効率の良い運用ができる• 優良企業の存続を助ける• 積極的なESG投資 1、高い利回りと独占性 トータスパートナーズをはじめとするPEファンドは、近年利回りの高さから注目を浴びて、ファンド自体の数も増加傾向にあります。 しかし多くのファンドの最低出資額は億単位のところが多く、まだ個人用に開かれた市場では無いと言えます。 個人レベルで投資できるPEファンドは大変珍しくトータスパートナーズのほぼ独占市場となっています。 2、待機資金も使って効率の良い運用ができる PEファンドに流れるお金全額を使って未公開株式に投資しているわけではありません。 流入額に対して、投資できる企業の株式が限られているためです。 この使い切れていないお金をドライパウダーと呼びますが、この資金を使って従来トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)が実績を出してきたバリュー株投資を行います。 トータスパートナーズは待機資金を持て余すこと無く運用に回してさらなる利回りの向上を図ってくれるので、効率よく運用することができます。 トータスパートナーズはPEファンドに位置づけされますが、ヘッジファンドの側面も持ち合わせる少々特殊な構造であると言えます。 また、トータスパートナーズがもたらすメリットは、投資家への還元だけでなく企業に対しても大きな役割を担います。 3、優良企業の存続を助ける 団塊の世代と呼ばれる日本の高度成長を担ってきた世代が60歳、70歳を超えてくる段階に来ており、中小企業の経営者は高齢化がかなり進んでいます。 子供がいたとしても継ぐ意志がなかったり、せっかく優良事業を行っていたとしてもそのまま衰退・廃業となる企業は少なくありません。 赤字となって倒産するのではなく、経営者の寿命によって黒字のまま倒産していく企業が多いのが現状です。 トータスパートナーズは後継者の居ない優良企業へ積極的に投資を行うことで、存続に導く手立てを作ります。 4、積極的なESG投資 ESG投資という言葉。 (引用) ・トータスパートナーズHP 欧米ではすでに主流となっているESG投資ですが、日本はやっとスタートラインに立ったという段階にあります。 ESGに配慮していない企業は、目先の利益ばかりに囚われて長期的な目標をおろそかにしていると判断されます。 たとえばESGのG(企業統治)がしっかりできていなかった日産ではカルロス・ゴーン氏も、次の社長西川氏もトップの座を降りることになりましたよね。 ESGを後回しにしている会社は、配慮している会社に比べて企業価値暴落のリスクが高いと言い換えることが出来ます。 短期的には問題が表面化しなかったとしても、長期投資を見据えた場合、大変重要な項目であると言えます。 トータスパートナーズではまだ認知度の低いESG投資を日本で積極的に行い、ESG投資の先駆者となることが期待されています。 投資家への利益還元ももちろんですが、こういった社会的に重要な役割も果たしているのがトータスパートナーズです。 ファンドマネージャーの正体 ファンドマネージャーとは、ファンドの投資方針や実際の決定権を握り、司令塔のような役割を担います。 トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)に限らず、ファンドではファンドマネージャーの力量によって成績が左右されるケースが多いので、ファンドマネージャーがどのような人物であるのかも大変重要です。 トータスパートナーズのファンドマネージャーは、外資系の金融機関に勤めたあと、ヘッジファンドを設立し上場株式の運用で活躍しているこの界隈では有名な人物です。 上場株式とはいっても割安水準にある株式を株式に投資して高値で売却して利益を出すバリュー株投資という部類の投資手法で、こちらのヘッジファンドでは年間利回りが10%を超える好成績を出しています。 ファンドマネージャーは自身のファンド運用経験から、トータスパートナーズにおける企業選定の際にも割安とされる水準にある企業だけをピックアップしているため、ローリスクであるにも関わらず比較的高い利回りを得られる可能性が高いと言えます。 トータスパートナーズに投資をする前には、もちろん投資のデメリットについてもしっかり確認しておく必要があります。 デメリット トータスパートナーズに投資するデメリットは、以下の3点です。 運用期間が短く、実績がない• 投資金額が通常の投資信託よりも高額• 解約は年に4回の決められた時期のみ 1、運用期間が短く判断材料が少ない トータスパートナーズの設立が2018年11月、個人からの出資を募集し始めたのは2019年3月とまだまだ若いファンドです。 よって、何年も継続して運用を行ってきたファンドと比べると過去に蓄積されたデータ量が違いますから、出資の可否を決める判断材料は比較的少ないと言えますね。 また、同ファンドはインターネット上にもまだ評判や口コミはほとんど出てきていませんが、これはトータスパートナーズが私募のため仕方ないと言えます。 ネット上での情報収集に限界のある同ファンドへ出資を決める際は、お問い合わせ後の実際の面談時に設定来の運用成績、投資先などについて質問・理解した上で決められると良いでしょう。 投資において、「理解する」ということは大切なこと。 まあいいやで流さずに、納得の行くまでしっかり質問し、ファンドの強み・弱みの両方をしっかり理解が出来た上で投資を行うべきです。 2、投資金額が通常の投資信託よりも高額 PEファンドを含むヘッジファンドは私募という形態に分類されます。 不特定多数に向けて販売される投資信託よりも、出資者の数が少ない為、一人あたりが出資する金額が大きくなります。 トータスパートナーズを含むほとんどのヘッジファンドでは1,000万円から出資を受け付けているために、最低投資額がどうしても高くなってしまう点がデメリットの1つであります。 しかし、本来未公開株式を取得しようとすると数十億~数百億はくだらないので、1,000万円で投資ができるのはトータスパートナーズで投資する強みのひとつとも言い換えられるでしょう。 3、解約は年に4回の決められた時期のみ ヘッジファンドやPEファンドは投資信託のように、いつでも解約ができるわけではありません。 1人あたりが占める投資額が大きいので、1人が解約すると必要になる現金を用意するために資産の売却が必要となり、バランスが崩れてしまうからです。 トータスパートナーズでは年に4回行われる決算期前に解約の申し出が必要となりますから、急に入用となる可能性のある資金では行わないようにしましょう。 トータスパートナーズはまだ若いファンドで実績に関する情報がほとんど出ていませんが、PEファンドに個人レベルで投資できるファンドがトータスパートナーズだけであることを考えると、まとまった資金の投資先として検討する余地は十分あるのではないでしょうか? トータスパートナーズで投資をはじめるなら さてここまで話題のPEファンド トータスパートナーズ(TORTOISE PARTNERS)について紹介してきました。 いかがでしたでしょうか? 投資家へはしっかり利益還元を行いながらも、社会的な存在意義も追い求める国内ファンド「トータスパートナーズ」。 同ファンドに実際に投資をする場合は、ファンドの公式サイトから直接担当者に問い合わせ、面談を行うことになります。 面談時には、詳しい投資方針はもちろん、手数料などの料金体系についても改めてしっかり確認しておくことが大切です。 ファンドへの問い合わせ、面談については無料ですし、未公開株への投資に興味のある方は、問い合わせをして気になることを色々聞いてみると良いでしょう。

次の

トータスパートナーズ(Tortoise Partners) 評価、評判、レビュー、口コミ

トータス パートナーズ

本日は現在注目度が急速に高まっている安定・安全な長期運用を根本としながらも日本の社会的な問題の解決にも取り組む、 TORTOISE PARTNERS トータスオアートナーズ について、運用手法と運用哲学、 更に狙える利回りについて切り込んでいきたいと思います。 運用手法については後で詳しく説明いたしますが、 80年以上有効であることが確認されている本格的なバリュー株を根幹の運用手法としています。 更にトータスパートナーズでは一部の資金を投じて日本の未公開株企業への投資を実行しています。 皆さんが普段株式投資で取引している銘柄は上場企業なのですが、 日本の株式会社総数250万社の中の上場企業は4000社と全体の0. 残りの 99. 現在日本は少子高齢化の影響で 有望な黒字企業であっても22万社が廃業の危機に瀕しています。 トータスパートナーズは、廃業の危機に瀕している有望な黒字企業を買収して、優秀な経営陣を送り込み企業価値を上昇させた上で売却を行う運用も実行しています。 後で詳しく説明しますが、有望な未公開株への投資は非常に高い成績を残していることが確認されています。 ファンドマネージャーは東大卒外資系金融出身の剛腕で、今までの小型株バリュー株投資に加えて、 運用哲学で申し上げた未公開株投資を取り入れて、 更に高い利益を安定的に狙うためにトータスパートナーズを立ち上げたとのことです。 実績と才覚ともに長期投資に申し分ないファンドであるということできるでしょう。 バリュー株投資の真髄 バリュー株というワードを聞いてまず思い浮かべるのは低PER、低PBR株に投資をする手法なのではないでしょうか。 確かに上記のような単純なバリュー株もグロース株投資に対して高いリターンとなっていますが、 それでは芸がありませんし自分でも投資を実行できます。 また 単純なバリュー株投資では金融ショックが起こった時に大きく下落してしまいます。 トータスパートナーズが行うバリュー株投資は確りと財務諸表まで切り込んで理論的に考えて安全域が高い銘柄に投資を行います。 元となっているのはベンジャミン・グレアムのネットネット株ですが、更に発展させています。 企業の理論的な株価というのは簡単にいうと以下の式で算出されます。 あまり人間を数的に表すのは気が進みませんが、例えば太郎さんが• 1億円の現金と3000万円のローン =純粋な資産は7000万円• 今後稼ぐ金額を1億円 とすると太郎さんは3000万円と1億円で1億3000万円の価値がある人材ということになりますぅよね。 企業も同じことです。 つまり今後稼がないとした前提で考えるということです。 通常は純資産というのは総資産から総負債を差し引いたものです。 しかし総資産の中には現金や売掛金・受取手形、有価証券のように現金への換金性が高いものも含まれれば、 商品や設備投資や不動産のように換金が容易ではなく、また簿価の金額の価値があるのか怪しい銘柄も存在しています。 つまりトータスパートナーズ流の理論株価は通常の理論株価と比較すると以下のようになります。 上記の条件を満たす銘柄は言うなれば、保有している現金よりも安い価格で取引されている銘柄で、 1株あたり2000円保有している株が1500円で売っていたら、大バーゲン価格ですよね。 そしてこのような銘柄は想像してもらえれば分かるのですが、 下落耐性が非常に高いのです。 未公開株投資 Private Equity 次に今回ファンドマネージャーが新たに取り入れた未公開株投資です。 未公開企業を買収して価値を上げた上で売却する手法をとっているファンドをPrivate Equityといいますが、 日銀のレポートでも通常の株式市場はおろかヘッジファンドよりも高い成績が出ていると確認されています。 また 未公開株投資を行うことで利回りが安定するというメリットもあります。 通常の上場株はたとえ利益が安定して上昇したとしても、市場の環境要因や景気に左右されて下落してしまいます。 しかし 未公開株は上場していないので。 業績と純資産に裏打ちされた価格で評価がなされます。 デメリットとしては売却先が見つかるまでに時間がかかるという点ですが、 将来売却した時には大きな利益を期待することができるのです。 非常に期待できるファンドであるということができるでしょう。 最低出資額は1000万円からとなっていますが、場合によってはそれ以下でも受け付けることもあるとのことなので問い合わせしてみることをおすすめします。

次の

法人保険 乗合代理店 生命保険

トータス パートナーズ

トータスパートナーズ(Tortoise Partners) 評価、評判、レビュー、口コミ 管理人のmakotoこと私がご説明していきます。 トータスパートナーズは、ヘッジファンド、投資信託です。 ヘッジファンドと投資信託はほぼ意味は同じと理解しておいていいでしょう、公募と私募の差みたいなものです。 突き詰めて拘る必要はありません。 少し私が気になった点は、ホームページ上での情報が少なすぎるという点ですね、業者によってかなり細かい情報まで掲載しているところもありますからそういった観点からみると怪しいわけではないのですが、どちらかと言えばマイナス点でしょう。 トータスパートナーズ おおきなデメリットが目立ってしまいます。 ・資金の引き出しが年対応で月対応ではない ・最低出資額が1,000万~でハードルが高い 上の資金の引き出しが月単位でないというところはかなりの数であるので、目をつむるとしても、最低出資額の高さはかなり厳しいと思います。 まずは様子をみて数か月回してから増資というレベルでもありません。 トータスパートナーズは国内の未上場企業に投資をするといった特徴があってなかなかあ面白い着眼点であると共に、大丈夫?といった要素も含ませてくれます。 会社の理念としてはESGという独自の方向性を掲げて運用しているようです。 結局どうする? 正直に書きますと、個人的には無しです。 実績が不明確、ハードルが高い。 この2つの要素があるだけでポートフォリオにさえ入れなくてもよいかなと判断できます、なかなか厳しいかと思います。 評価…D ご相談は365日24時間受け付けています。 自分の大切な資産を大切にしましょう。

次の