宇随天元 名言。 音柱・宇随天元プロフィールまとめ!誕生日・身長・生い立ちは?音の呼吸の技一覧を徹底解説

【鬼滅の刃】名言・名場面集「醜女は違うだろ」「余裕で勝つわボケ雑魚がァ」他

宇随天元 名言

コンテンツ• 鬼滅の刃善逸の迷言(名言)まとめ&ランキングにしてみた! 『迷言10選~ヘタレな善逸編~』 1位 「俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ」 コミック3巻・20話より引用 第11話「鼓の屋敷」 我妻善逸、登場でした! 来週の活躍も是非、御覧ください。 — ufotable ufotable 善逸は、任務の前に女性に結婚を迫りました。 そこで、炭治郎に向けていったセリフの一部です。 炭治郎のせいで結婚できなくなったと、 自分勝手な発言をします。 その後、 結婚できるまで自分を守れとまで語りました。 結婚願望があるのは素晴らしいと感じます。 このときで、まだ 16歳ですからね。 しかし善逸ファンの方には怒られそうですが、非常に情けなくも感じました。 ではなぜこれを1位に選んだのか。 それは自分をダメな奴と思っている方に、 この言葉で開き直って欲しいと感じたからです。 弱くったっていいんですよ。 自分がダメだと感じるのは、あなたが 謙虚で 人よりも下にいると思っているからです。 実はそういう人の方が、 本当の強さを持っていると昔の中国の思想家 老子は言いました。 なので善逸のこの言葉は、 とても良い言葉だなと感じます。 敵の出現に パニックになっている叫び声でした。 善逸といえばこのセリフと感じていた方もいるでしょう。 ジャンプの本誌の付録でも使われました。 文字だと想像しづらいですね。 3位 「俺じいちゃんが好きだよ!!」 コミック巻33話より引用 【人物情報ページを更新!! いい言葉なのですが、 ギャグ要素が強いためこちらに入れました。 彼は修行に耐えられなくなり木に登ります。 「じいちゃん」 そう呼ばれた元柱の桑島慈悟郎は、 師範と呼ぶように怒鳴りました。 しかし、善逸はいつも厳しい師匠を好いていました。 桑島は見捨てずに、どこまでも追いかけてきてくれます。 身寄りのない善逸にとっては、 本当の家族のような存在だったでしょうね。 じいちゃんも、好きといわれて 照れています。 この師弟関係は、実に 愛がありますね。 4位 「はあああ!!膝にきてる 恐怖が八割膝に!!」 コミック3巻・23話より引用 「」 本日、最新エピソード 第11話「鼓の屋敷」 の放送・配信日ですね。 我妻善逸、登場です。 23:30より。 本編にてお会いしましょう。 — ufotable ufotable 任務で 響凱(きょうがい)の潜む家の中に、潜入したときでの迷言です。 あまりの 恐怖から、助けを必要とする一般人に助けられていました。 しかも、おそらく 自分よりも年下の男の子に。 善逸は、恐怖で立てなくなっていました。 いつどこから敵が出てくるか わからない状況です。 確かに怖いですよね。 兄を助けに入った男の子が勇敢なんでしょうか。 けれども、炭治郎は平然と入っていきました。 やはり、彼が怖がりなだけですかね。 5位 「いいご身分だな・・・・・・!!!」 コミック4巻・27話より引用 TVアニメ 第15話「那田蜘蛛山」 今晩もお届けの提供絵をご紹介。 その一。 夜になり 炭治郎の背負っていた箱が、音を立てました。 中からは、妹の 禰豆子(ねずこ)が出てきます。 かわいい 美少女の登場に、善逸が言ったセリフがこれでした。 彼女と旅をしていた、と勘違いしたのです。 結局、怒りをぶつけたあとに妹だと知りました。 すると手のひらを返し、仏のような表情をします。 なんとも都合の良い善逸でした。 そのときになぜか、善逸だけは 可愛らしいスズメでした。 善逸最初の ギャグシーンとなります。 なぜ善逸だけ、スズメなのかは不明でした。 どうしてなのでしょうね。 善逸は、どうやら 楽器を弾くのが得意でした。 吉原遊郭に潜む鬼をあぶりだすため、 炭治郎、伊之助、柱の 宇随天元とで潜入します。 そのために、 女装していました。 天元が中々引き取り手のない善逸を、乱暴に扱います。 あの男とは、天元のことでした。 そして感極まり出たのが、この迷言だったのです。 しかし善逸は男の子なので、花魁にはなれないんですけどね。 8位 「俺 嫌われてんのかな」 コミック4巻・29話より引用 那多蜘蛛山(なたぐもやま)での任務に向かう途中での迷言です。 善逸は、鬼が怖くて仕方ありません。 山に入るのを嫌がりました。 すると、同行していた炭治郎と伊之助は、先に山に入ってしまいます。 置いて行かれた善逸は、一人寂しく残されました。 彼の悲しさが伝わる迷言です。 9位 「俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ」 コミック6巻・49話より引用 機能回復訓練のさい、炭治郎が カナヲとの違いを尋ねたときの迷言でした。 那多蜘蛛山(なたぐもやま)での戦いが終わり、善逸も蜘蛛化の症状が治まります。 カナヲの 反射訓練、全身訓練を受けました。 しかし、全く歯が立ちません。 炭治郎は、 同期なのにこの差は一体なにかと、善逸に尋ねました。 その際に、 返した答えがこの迷言です。 善逸にもわからないのでした。 コラボカフェグッズにて同イラストを使用したグッズも展開中です。 — ufotable ufotable 炭治郎が鬼の 響凱(きょうがい)を倒しに行く前に、善逸と出くわし聞いた迷言でした。 任務へ行く前に、なんとしても 妻が欲しかったようです。 しかし、 嫌がる女性にすり寄り、泣きじゃくる。 なんとも 迷惑なシーンです。 新手のナンパでしょうか。 いつあの世に逝くかわからないから、 今のうちに人並みの幸せを味わいたい。 言いたいことはわかります。 しかし女性からすれば、迷惑この上ないのでやめましょう。 鬼滅の刃 名言・迷言から分かる善逸『考察』 迷言だけを見た場合、善逸は 非常にネガティブな発言が目立ちます。 しかしその発言が、 彼を体現しているといっても過言ではありません。 迷言に残るセリフを話すときは、必ず 大きなリアクションを取ります。 見た人すべての目に焼き付くほどでした。 それが 笑いにつながり、印象にも残ります。 結果、善逸がネガティブな発言をすると、 名言を生むのでした。 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。

次の

鬼滅の刃のかっこいい・イケメンキャラクターランキング!名シーンや名言も!

宇随天元 名言

『鬼滅の刃』の甘露寺蜜璃とは? 甘露寺蜜璃は鬼を殲滅するための組織『鬼殺隊』の中でも特に優れた剣士である 「柱」の一人です。 「柱」は最も強い剣士に与えられる称号で、物語当初は9人の柱がいましたが、一人が殉職し、一人が深手を負ったことにより引退したため、現在は7人の柱が存在します。 蜜璃は 緑がかった桃色の長い髪を4つに分けて三つ編みに結んでおり、身長は無一郎やしのぶと同じくらいで、炭治郎よりは少し高いくらいと考えられます。 年齢は回想から17歳以上であることが判明しており、柱になるには2~5年かかると言われているため、恐らく現在は20歳前後であると考えられます。 また、柱の中で最も表情が豊かな人で、 明るく天真爛漫な性格をしています。 炭治郎や鬼の禰豆子に対しても、他の柱とは違い初めから優しく接しており、二人の存在を好意的に受け止めていました。 甘露寺蜜璃の知識その1:「恋」の呼吸を操る恋柱! 蜜璃ちゃん技がめっちゃ新体操っぽい — ししゃも sishyamo213nasi 蜜璃が使っている呼吸は 「恋」の呼吸で、型の名前も 「初恋のわななき」「懊悩めぐる恋」など、恋に関係する可愛らしいものになっています。 ちなみにこの「恋」の呼吸に関しては、質問コーナーでどの呼吸から派生しているのか質問があったものの、 なぜか「恋」だけスルーされてしまったため未だに不明のままです。 また、蜜璃が使っている刀は刀鍛冶の里の長・鉄珍が直々に鍛えたもので、 非常に刀身が長く、極めて薄く作られている特殊な刀です。 そのため、鞭のように自在にしならせることができます。 また、技を繰り出す速度は音柱・宇随天元以上で、一歩間違えば、自分の体も切り刻んでしまうのですが、強力な刀のしなりに加えて 女性特有の体の柔らかさと関節の可動域の広さがその繰り出す技の速さを可能にしています。 因みに型を出すポーズも新体操に似たものを感じさせます。 甘露寺蜜璃ちゃん! なお同設定の有名キャラと言えば嘘喰いの箕輪さんとケンガンアシュラの若槻さん。 やっぱ長期連先してる格闘漫画に1人は欲しい人材。 坂東ミツル?誰それ? — カジカガエルと足柄さん kazika 蜜璃は100話の温泉シーンを見て分かるように 華奢ながらグラマラスな体をしています。 しかし蜜璃は筋肉八倍娘、つまり 常人の8倍もの筋密度を持つ特異体質者のため、見た目からは想像が付かないほどの怪力の持ち主です。 そのため1歳2か月の頃、弟を身ごもっていた母親を気遣い、 15キロもの重さの漬物石を持ち上げたという逸話を持ち、この筋肉密度のおかげで上弦の肆・半天狗からの咆哮のような音波攻撃を受けても人の形を保つことができました。 因みに柱の腕相撲ランキングでは 煉獄さんや富岡さんといい勝負をするとのこと。 また、蜜璃はこの体を維持するために常に大量の食事を必要としており、 柱の中でも一番の大食漢と言われています。 その量は 相撲取りの3倍もあり、食事の量を控えると意識が朦朧とするなど、身体機能に影響が出てしまうようです。 また、元々鬼に恨みを持たずに鬼殺隊へ入っているため、 禰豆子に対しても優しく接しており、刀鍛冶の里編で禰豆子と出会った際にもすぐに打ち解け、可愛がっていたため禰豆子もすぐに懐き、別れ際にはしょんぼりとした顔をしていました。 さらに、非常に惚れっぽい性格でもあり、伊黒には 「ネチネチして蛇みたい しつこくて素敵」、不死川には 「また傷が増えて素敵」、そしてしのぶにさえ 「怒ってるところがカッコイイ」と誰彼構わず、どんな些細なことでもときめいており、「恋柱」の名を言動でも体現しています。 これを聞いた炭治郎も、目を点にして言葉を失っていました。 また、「女の子ならやっぱり自分より強い男性がいい」「守ってほしいから!」という理由から 「自分よりも強い人=柱クラスの強い人」との出会いを求めましたが、普通の隊士と柱とは中々会う機会がありません。 しかし蜜璃はそこで諦めず、 それならば自分が柱になってしまおうと思い立ち、それを実際にやり遂げてしまいました。 元々ポテンシャルが高かったとはいえ、結婚に対する意識の高さもここまでくればいっそ清々しさを覚えますね。 甘露寺蜜璃の知識その5:明らかになった蜜璃の過去! 鬼滅の刃、甘露寺蜜璃の走馬灯というタイトルにビックリ!! 途中まで読み進めて、もうダメかと思っていただけに良かった。。 今までは、ちょっと面白可笑しく描かれていた蜜璃が闘う動機。 自分が自分らしく、人の役に立ちたいという気持ちの描写がステキです。 これにショックを受けた蜜璃は髪を黒く染め、食事の量を無理やり減らし、力が弱いふりをしました。 それにより結婚したいという相手は見つかりましたが、蜜璃は 自分を偽って生きることに疑問を感じました。 そんな時に蜜璃はお館様と出会い 「君は神様から特別に愛された人」「自分の強さを誇りなさい」と言われ、「鬼殺隊」という自分の力を役立てることのできる居場所を手にすることができたのでした。 刀鍛冶の里編で見せた蜜璃の鬼殺隊への想いには胸を打たれるものがありますね・・・。 甘露寺蜜璃の知識その6:髪の色は桜餅の食べ過ぎで・・・ WJ43号、本日発売! 『鬼滅の刃』第127話掲載しています。 それによれば、 「蜜璃が大好物の桜餅を食べ過ぎたせいで髪の色が変わってしまった」とのこと。 蜜璃はこのことを恥ずかしく思っているようで、「お願いだから人に言わないで~」と焦っていました。 通常ではありえない話なのですが、『鬼滅の刃』の中では 雷に打たれて髪の毛が金髪になってしまった奴などもいるので、そうこうこともあるんだなと、何となく納得できてしまいますね。 甘露寺蜜璃の知識その7:隊服は衣装係の策略で・・・ 甘露寺さんといい、柱は変態武器使う人多いな… 伊黒さんとかどんな武器使ってるのか。 — 月見月まい FE風花雪月覇王ルートクリア??? tukimitukimai 恋柱・甘露寺蜜璃の隊服は胸元が大きく開き、下はミニスカートと、 蟲柱・胡蝶しのぶの隊服に比べて大きく露出しています。 蜜璃は隊服を受け取った際に「寸法が合っていない」と主張しましたが、縫製係の前田まさお(あだ名:ゲスメガネ)が「ドンピシャ」「完璧な状態」と取り合いませんでした。 「女の子はみんなそうなのかしら」と仕方なく納得した蜜璃でしたが、柱合会議でしのぶが普通の隊服を着ているのを見て理由を尋ねたところ、しのぶも初めは蜜璃と同じ隊服を渡されていましたが、 「その隊服は前田さんの前で油をかけて燃やしました」とのこと。 しかし、蜜璃は燃やすのが忍びなかったのか、現在も律儀に露出の高い服を着続けています。 ネチネチしてるイメージしか無かったからなー。 また、蜜璃と伊黒は 文通を行っているようで、炭治郎と蜜璃の仲がいいことを知った伊黒は、柱による隊士の訓練で炭治郎に嫉妬の炎を燃やし、炭治郎にだけかなり厳しく当たっていました。 気になる伊黒との関係とは・・・? 今週の鬼滅の刃の伊黒さんのセリフは雑魚鬼に向けられた言葉ではないですよ?来月発売の鬼滅の刃14巻の表紙を見たおれたちに向けられた言葉ですよ。 心に刻みましょう。 — でまるこ demaaaarco さらに、蜜璃が自身の体に痣が発現した際に、どのように痣が発現したのか説明を求められたものの、擬音語ばかりで上手く説明ができなかったとき、 蜜璃と一緒になって落ち込み「困った人だ・・・」と言わんばかりの表情になっていました。 もしかすると、伊黒は蜜璃に 親としての感情も持ち合わせているのかもしれません。 しかし、このように所々で蜜璃と伊黒の関係性は描写されているものの、 二人がどのように仲良くなったのか、そして現在どんな関係にあるのかについてはまだ明かされていないため、今後の二人の関係性の発展と合わせて注目です! 蜜璃にも痣が発現!鬼舞辻無惨との直接対決に注目! タンジロウが最初の1人で、柱の2人がそれに続いたから今後他にも痣持ちが出現するってことやろな? タンジロウや恋柱は原理わかってへんし、次回痣を発現させる方法が分かるのかどうかって感じやし、めちゃ気になるやん? また、現在本誌では柱達が無惨と接触するなど緊迫した状況が続いています。 1月から始まるアニメでは、蜜璃は登場はしたとしても恐らくそこまで大きな出番はないかと思いますが、痣出現の秘密と合わせ、原作でのこれからの活躍に期待したいと思います! 関連記事をご紹介!.

次の

「鬼滅の刃」天元さんマジで死にそうになっててヤバイ・・・・【ジャンプ感想】

宇随天元 名言

使用する呼吸:音の呼吸 誕生日:10月31日 年齢:23歳 身長:198cm 体重:95kg 出身地:不明 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し 好きな物:ふぐ刺し 音の呼吸の使い手であり、音柱。 左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。 遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。 隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。 そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。 女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。 その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。 忍だったが、今は抜け忍となっている。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。 その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。 伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。 よろしくな祭りの神。 」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。 」と引いていた。 それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。 髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。 それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。 特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。 妻は全員元くノ一である。 妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。 生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。 他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。 宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。 その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。 鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。 他に強力な爆薬を使用する。 使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。 『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。 『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。 時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。 宇髄天元の来歴・活躍 堕姫の頸を一瞬で落とした宇髄 遊郭に先に潜入していた宇髄の妻から連絡が途絶え、宇髄が直々に遊郭へ向かうことになる。 そこで、女性の鬼殺隊員が必要となり、『蝶屋敷』の隊員を無理やり連れ出そうとする。 そこを炭治郎たちに見つかって大きく顰蹙を買う。 炭治郎たちは女の子の代わりに遊郭に行くことを立候補し、宇髄はそれを了承する。 遊郭についた宇髄は、炭治郎たちに女装を施し、鬼が潜んでいると思われる店に送り込んだ。 遊郭には上弦の陸である堕姫が潜んでいた。 堕姫は帯を操る鬼で、宇髄の嫁は堕姫の帯に囚われていた。 伊之助が地中深くでその帯と戦っていると、その戦闘音を聞きつけた宇髄は、『音の呼吸』を使って地面を掘り進んで地下へたどり着く。 帯は逃げてしまったが、囚われていた人間を救った宇髄、伊之助、善逸は堕姫と先に戦っている炭治郎の元へ急ぐ。 宇髄は、伊之助・善逸よりも早く炭治郎の元へたどり着いた。 そこでは炭治郎の命の危機に際し、鬼化が進んで自身を律することができなくなった禰豆子がいた。 宇髄は、堕姫を無視して炭治郎と話をする。 堕姫が口を挟むと、宇髄は「お前上弦の鬼じゃねぇだろ。 弱すぎなんだよ。 俺が探ってたのはお前じゃない。 」と発言する。 次の瞬間、堕姫の頸が落ちた。 炭治郎が苦戦した堕姫の頸を宇髄はあっけなく斬り落とした。 しかし、堕姫の体は崩壊を始めなかった。 宇髄が不思議に思っていると、堕姫の体から新たな鬼が登場する。 上弦の陸は、新たに現れた鬼・妓夫太郎と堕姫の2体で一つの鬼で、倒すには2体の鬼の頸を落とさなければならなかった。 妓夫太郎と対峙した宇髄 妓夫太郎は堕姫よりも格段に強く、宇髄に容易に一太刀を浴びせる。 妓夫太郎が持つ鎌は、妓夫太郎の血で作られており、毒が含まれていた。 宇髄は忍であった故に毒への耐性を持っていたが、徐々に毒に侵されていた。 宇髄は反撃するが、頸を繋げた堕姫が妓夫太郎を守った。 宇髄の戦いぶりを見た妓夫太郎は「お前違うなぁ。 今まで殺した柱たちと違う。 お前は生まれた時から特別な奴だったんだろうなぁ。 選ばれた才能だなぁ。 妬ましいなぁ。 一刻も早く死んでもらいてぇなぁ。 」と言う。 それに対し、宇髄は「才能?ハッ!俺に才能なんてもんがあるように見えるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな。 俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ!俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ!」と返した。 その時、脳裏には煉獄の姿あり「俺は煉獄のようにはできねぇ」と思っていた。 2対1となるが、宇髄は再び堕姫の頸を落とす。 そこへ炭治郎・善逸・伊之助が合流する。 妓夫太郎を見た炭治郎は、恐れからか手が震えた。 宇髄はそんな炭治郎を励ますかのように「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は!」とハッパをかけた。 そして妓夫太郎を宇髄と炭治郎が、堕姫を善逸と伊之助が相手することになった。 妓夫太郎は恐ろしく速く、炭治郎は宇髄に守られてしまう。 炭治郎は妓夫太郎を捌いて宇髄をサポートする。 二人が苦戦していると、宇髄の嫁の一人が藤の花の毒が塗られたクナイを放つ。 その隙をついて宇髄が妓夫太郎の足を切り落とす。 クナイを受けた妓夫太郎はすることが出来なかったが、一瞬で毒を分解する。 炭治郎がその一瞬の隙をついて頸に日輪刀を振り下ろすが、妓夫太郎はノーモーションで両腕から血の斬撃を放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を繰り出す。 炭治郎は宇髄に投げられて窮地を脱した。 炭治郎が投げられた先では、善逸・伊之助が堕姫に苦戦していた。 炭治郎は先に堕姫の頸を狙う。 三人は協力して堕姫の頸を落とすことに成功する。 しかし、その瞬間、妓夫太郎が伊之助の胸部を突き刺す。 炭治郎が宇髄の方へ視線をやると宇髄は左手を斬り落とされて倒れていた。 そして炭治郎と善逸は建物の倒壊に巻き込まれてしまう。 炭治郎をサポートする宇髄 炭治郎以外は動けない絶望的な状況だったが、炭治郎は諦めず、妓夫太郎の虚をついて宇髄の嫁からもらったフジの花の毒がついたクナイを妓夫太郎に刺して頸に迫る。 妓夫太郎がそれに反撃しようとすると、宇髄が間に入って炭治郎をサポートする。 宇髄は筋肉で心臓を圧迫して毒が回るのを止めていた。 宇髄は独自の戦闘計算式『譜面』を完成させており、妓夫太郎が放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を片腕で防ぐ。 そして左眼を斬られながらも炭治郎の道を切り開く。 炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を落とした。 その一方で堕姫の頸を、瓦礫から抜け出した善逸と、内臓の位置をずらして致命傷を避けていた伊之助が斬り落とす。 こうして鬼殺隊が長い間滅することができなかった上弦の鬼を倒した。 宇髄を蝕んでいた妓夫太郎の毒は、禰󠄀豆子の血鬼術によって燃やし飛ばされた。 左眼と片腕を失った宇髄は前線を退き、後進の育成に励むことになる。 無惨が産屋敷邸に攻めて来た時には、産屋敷家の新たな家長である輝利哉の警護に煉獄の父親と共に務めた。

次の