妊娠後期 貧血。 【助産師監修】妊娠中の貧血の症状は?原因と対策│AMOMA

妊娠後期の血液検査の結果|肝機能、貧血、タンパク質、白血球でアウト?

妊娠後期 貧血

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 多くの妊婦さんを悩ませる貧血。 妊婦健診で貧血と診断されると、症状によっては鉄剤という薬が処方されることがあります。 貧血は悪化してしまうと、妊婦さんだけでなく赤ちゃんにも影響が出ることがあるので、早めに治したいと思う一方で、妊娠中の薬の服用に抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。 今回は妊娠中に服用する鉄剤の効果や副作用、鉄剤以外での鉄分補給方法などをご紹介します。 妊婦は貧血になりやすいの? 妊娠すると、摂取した栄養素はお腹の中の赤ちゃんに送られ、発育のために使われます。 妊娠初期はつわりで食べ物が食べられなくなることが多く、栄養が不足して貧血になりやすい時期なので注意が必要です。 関連記事 妊婦の貧血に使われる鉄剤の効果は?副作用は? 厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日に推奨されている鉄の摂取量は18〜29歳の女性で6. 0g、30〜49歳の女性で6. 5gです。 0gの摂取が推奨されています。 普段の食事では必要な分の鉄分が不足していると医師が判断した場合、鉄剤が処方されることがあります。 鉄剤は、貧血などに用いられる鉄分を補給するための薬です。 鉄剤を服用すると、体で吸収しきれなかった鉄分が便として排出されるため、便が黒く固くなり、便秘になることがあるのです。 鉄剤の服用により便秘が起こった場合は、しっかり水分補給を行うか、医師に下剤を処方してもらい対処します。 嘔吐は、鉄剤の種類を変えると治まることがあるので、医師に相談してみましょう。 その場合、定期的に病院に通って注射を打ってもらう必要があります。 関連記事 妊婦が鉄剤を服用すると問題があるの? 赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中に薬を飲むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。 しかし、産婦人科の医師が鉄剤を処方したということは、「鉄剤を使用した方がリスクを減らせる」と判断したということなので、自己判断で鉄剤の服用を中止するのは控えるようにしましょう。 処方された鉄剤の服用を勝手にやめて、貧血がひどくなってしまうと、赤ちゃんに十分な酸素や鉄分を届けられず、早産や胎児発育不全になる恐れがあります。 妊娠中に薬を服用することに不安や疑問を感じるときは、遠慮せず医師に相談してみましょう。 自分が納得できる形で妊娠中の貧血対策法を見つけることが大切です。 妊婦が鉄剤の使用以外でできる貧血対策は? 妊娠中の貧血対策法として、鉄剤の使用以外にも、食べ物を通しての鉄分補給があります。 鉄分が不足しがちな妊娠中は、鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取していきましょう。 ビタミンCを豊富に含んだレモンやピーマン、たんぱく質を豊富に含んだ乳製品や卵、銅を豊富に含んだしゃこや桜エビを意識的に食べるようにするのもいいですね。 豚レバーや鶏レバーも鉄分を多く含む代表的な食品ですが、妊娠中は控えるようにしましょう。 胎児の成長をサポートする葉酸も貧血対策に効果的です。 また、睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送ることも貧血予防につながるので、生活習慣を見直すことも大切ですよ。 関連記事 鉄剤と上手に付き合って妊娠中の貧血を乗り越えよう 妊娠中の貧血を防ぐためには、しっかりと鉄分を摂ることが大切ですが、食べ物だけで推奨量を摂取するのは難しいかもしれません。 また、偏った食事になってしまっても、体重が増えてしまったり、栄養が偏ったりする恐れもあります。 医師から鉄剤を処方されたときは、用法・用量を守って正しく飲むようにしてください。 胎児への鉄剤の影響が心配なときは、医師や薬剤師に相談し、薬の効果やリスクについてきちんと説明してもらいましょう。 また、副作用が強いときも医師にきちんと伝え、対処してもらうことが大切です。 妊娠中の貧血対策のために、赤ちゃんと自分のためにできることを実践して、健康的なマタニティライフを送れるといいですね。

次の

妊娠貧血について

妊娠後期 貧血

妊婦さんは疲れやすかったりめまいがしやすいといわれますが、その症状は 貧血が原因になっているかもしれません。 実は、妊婦さんの約30~40%は貧血症状を訴えているといわれる程、妊娠中は貧血になりやすいのです。 そこで今回は、妊婦さんの貧血の症状、貧血と診断される数値について、貧血対策に積極的に摂りたい鉄分を多く含む食べ物などをご紹介します。 妊婦の貧血の症状は? もともと貧血は男性よりも女性に多く、特に20~30代の若年層の女性に多い症状です。 さらに、日本国内の妊婦さんの貧血の割合は全体の約30~40%に上るというデータもあります。 特に妊娠後期の妊婦さんは貧血になりやすく、分娩時の出血に備えるためにも貧血の対策が必要です。 妊婦さんの貧血によって起こる代表的な症状は次のとおりです。 顔色が悪い• めまいや立ちくらみがある• 疲れやすくて体がだるい• 朝の目覚めが悪い、疲れが取れない• 就寝時の寝付きが悪い• 耳鳴りがする• イライラしたり、情緒不安定になりやすい• 起きている時、ぼーっとしてしまうことがある• 少し体を動かしただけですぐに息が上がる• 少し動いただけで動悸がする• 爪が弱くなり割れる、へこむ これら貧血の症状がひどく感じる妊婦さんは、一度かかりつけの医師に相談しましょう。 また、妊婦貧血は非妊娠時にも起こる脳貧血とは異なり、自覚症状がないこともあります。 妊婦の貧血の数値はどのくらい? 妊婦さんの貧血の検査は、病産院によって異なりますが、一般的には2~3回程度。 主に妊娠初期と妊娠後期におこなわれ、血液検査で数値を測ります。 血液検査では、赤血球、白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット等の複数項目の数値をチェックします。 その中で、貧血と特に関係性が高いのがヘモグロビン濃度(Hb)、ヘマトクリット値(Ht)、赤血球数(RBC)の数値です。 健康な女性のヘモグロビン値は12. WHO(世界保健機構)による貧血の基準では、妊婦の場合、ヘモグロビン値が11. 基本的には、この数値を下回った妊婦さんには、状況に応じて注意勧告や食事の指導、サプリメントのすすめ、さらには鉄剤が処方されることがあります。 また数値が二桁以下になると貧血の症状が強くなります。 妊婦が貧血になりやすい原因とは? 妊婦さんはお腹の赤ちゃんや胎盤に血液を運ぶため、血液内のヘモグロビン濃度が薄くなります。 また、妊娠すると胎児の成長のために鉄分必要量が増加し、母体の鉄分は胎児に優先的に送られるため、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。 妊婦貧血の90%以上は鉄欠乏症貧血だといわれています。 妊婦の貧血の対策に摂りたい食べ物 妊婦さんの貧血の予防・対策には、食事の見直しをしましょう。 鉄分を豊富に含む食べ物を意識的に摂るようにしてください。 また、貧血になりやすいのは妊娠中だけではありません。 産後の授乳中も貧血になりやすいといわれています。 母乳のもとになる「血液」をつくるためにも、鉄分を多く含む食べ物を意識して摂るようにしましょう。 妊娠中に必要な鉄分/日• 妊娠初期:9mg• 妊娠中期~後期:21. 5mg• 2 納豆 3. 3mg ほうれんそう 2. 7mg 小松菜 2. 1mg 煮干し 18mg 干しえび 15. 1mg あさり 3. 8mg 豚肉レバー 13mg 鶏肉レバー 9mg 切干大根 9. 7mg いわし丸干し 4. 4mg 食べ物から鉄分を上手に摂るポイント 薬やサプリメントと違って食材には副作用の心配がなく、妊娠中も安心です。 ただし、鉄分を含む豚レバーや鶏肉レバー、うなぎにはビタミンAが多く含まれており、妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると胎児に影響を及ぼす影響があります。 すべての栄養素にいえることですが、特定の食材・食品を摂り過ぎることなく、できるだけ栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。 また、肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぱく質やビタミンCには、鉄分の吸収率を高めてくれる働きがあるため、一緒に摂るのがおすすめです。 妊婦の貧血の対策に薬やサプリの服用は医師に相談しよう 貧血に効く医薬品は手軽に貧血の対策ができる反面、妊娠中の服用は副作用などに注意が必要です。 市販薬は自己判断で飲まずに、かかりつけの医師に確認してください。 貧血の症状がひどいときは、病産院で鉄剤を処方してもらうことができます。 また、妊娠中に必要な葉酸や鉄分が含まれた、妊婦さん用のサプリメントもあります。 サプリはたくさん飲めば効果がある、というものではないため、サプリに記載の目安量を守るようにしましょう。

次の

妊娠後期の貧血に要注意!妊娠中の貧血予防と治療法とは?

妊娠後期 貧血

妊娠すると疲れやすくなったり、息切れが起こったりする方もいらっしゃると思いますが、その原因の一つに貧血があります。 妊娠すると貧血になりやすく、後期になるほど悪化する傾向があります。 貧血症状がある方はその原因と対策法を知って、出産までに改善させておきましょう。 妊娠による貧血の症状 妊婦の貧血症状 貧血が強くなるにつれ、疲れやすさや息切れ、動悸、めまい、頭痛などの症状が現れます。 また、妊娠が原因で貧血になった方は貧血を自覚できますが、妊娠前から貧血の方はその状態に慣れてしまっており、かなり悪化するまで自覚できないことがあります。 赤ちゃんへの影響 赤ちゃんは10ヶ月の間、たくさんの栄養と酸素が必要で、その源は母親の血液です。 そのため母親に貧血があると赤ちゃんへの栄養が十分行き渡らない可能性があります。 赤ちゃんには優先的に栄養が運ばれるためすぐに何か起こるわけではありませんが、貧血が強い妊婦さんから生まれた赤ちゃんは低体重児が多いという報告もあります。 赤ちゃんのためにも妊娠初期から貧血対策をする必要があります。 妊娠による貧血の原因 原因1. 血液量の変化によるもの 非妊娠時の女性の血液量は体重50kgの人で4Lくらいありますが、妊娠すると妊娠初期より徐々に増加し、32週頃には最大の約1. 5倍、6Lにまで増えます。 ところが、血液成分は全てが同じように増えるわけではなく、赤血球などの血球成分より水分の増加量の方が多いため、実際は薄まった状態となり血液が増加するとともに貧血傾向になりやすいです。 血液量が増えるのは赤ちゃんに必要な栄養と酸素を送るためと、分娩時の出血に備えるためです。 貧血のまま放っておくと体がしんどいばかりでなく、分娩時の出血にも耐えられなくなる可能性あるので、分娩までに改善させておくことが大切です。 原因2. 赤ちゃんを優先させるため 妊娠すると赤ちゃんに酸素や栄養を送るためにたくさんの鉄分が必要になり、赤ちゃんには優先的にママの体の鉄分が使われていきます。 妊娠による貧血の対策 ヘム鉄を意識して摂る 鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄は非ヘム鉄より体内に吸収されやすいので積極的に摂るとよいでしょう。 ヘム鉄が多い食品は肉や魚などの動物性たんぱく質で、レバー、牛肉、牡蠣、いわし、卵黄、あさりなどです。 で肉類が食べられない方は、卵黄やかつお節、あさりなどあっさりしたヘム鉄の多い食品を摂るとよいでしょう。 鉄分の吸収を促す食品を摂る 例え非ヘム鉄であっても、鉄分の吸収を促すビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ると、鉄分を効果的に吸収することができます。 非ヘム鉄を多く含むのはひじきやほうれん草、納豆などの大豆製品です。 たんぱく質を多く含む肉や魚、ビタミンCを多く含むレモンや果汁ジュースを鉄分と一緒に上手く取り入れましょう。 レモン果汁や果汁ジュースはハーブティーにしぼって一緒に飲むとつわりのときでも飲みやすいです。 特にハーブティーの中でもは鉄分やビタミンCを多く含んでいるのでおすすめです。 また、葉酸やビタミンB12は鉄分を作るのに欠かせない栄養素です。 葉酸を必要とする初期には特に意識して摂りたい食品です。 ビタミン12は貝類や肉類に、葉酸はほうれん草など葉物野菜に多く含まれています。 鉄分の吸収を妨げるものは避ける 特に非ヘム鉄を摂るときは、コーヒーや緑茶に含まれるタンニンと一緒に摂ると吸収を阻害するので控えましょう。 ひと息つきたいときや食事中でもタンニンを含まないノンカフェインのものを飲むとよいでしょう。 コーヒーが好きな妊婦さんは、ノンカフェインでコーヒー風味のあるを試してみても良いかもしれません。 鉄剤を飲む 貧血が進んだ場合は、病院で少なくても2週間の鉄剤処方がされます。 指示があったときはきちんと服用して改善させておきましょう。 鉄剤を内服するとムカムカする、便秘になる、便の色が黒くなるなどの副作用もあります。 どうしても服用出来ない時はお医者さんに相談して、サプリメントなどで代用しましょう。 貧血対策の基本はバランス 貧血を予防、改善するための方法をお伝えしましたが、基本はバランスのよい食事をとることです。 偏った食事や単品ばかりを食べてはいけません。 ポイントは鉄分を意識して食材を選ぶことです。 それだけでも積み重ねると貧血が改善されます。 貧血はすぐには治らないので、なるべく長く意識して鉄分の多い食事に心がけることが大切です。 その他、妊娠中のマイナートラブルについてお悩みの方はこちらもご覧ください。

次の