出生 扶養 マイナンバー。 会社内で従業員扶養家族分のマイナンバーを集める際の注意点

(2)マイナンバー(個人番号)に関する質問 : マイナンバー(社会保障・税番号制度)

出生 扶養 マイナンバー

2015年10月からスタートしたマイナンバー制度。 国民、一人ひとりに番号が振りついたということは、新たに生まれた赤ちゃんにも付けられるハズ。 「赤ちゃんのマイナンバーは、いつ決まるの?」 また、 「赤ちゃんのマイナンバーの記入された書類は、いつもらえるの?」 ここでは、そのような疑問にお答えします。 マイナンバーが振りつけられるのは、出生届を提出したとき。 出生届が受理された後、従来から 住民票コード通知といわれる11桁の数字の書いた用紙を、役所職員が届出人に渡すことになっています。 マイナンバー制度が始まってから、それに加えて、赤ちゃんのマイナンバーも通知されることになっているんですね。 でも、住民票コードとは違い、 マイナンバーの通知は即日、すぐにはもらえません。 それでは、「生まれてきた赤ちゃんのマイナンバーを知ろうと思うと、通知が届くのを待ってなければならないの?」 という疑問がわいてくるのですが、その心配はいりません。 マイナンバーは、出生届が受理された直後、役所職員の端末操作でマイナンバーを振りつけています。 (実際は、役所職員がマイナンバーを決定しているのではなく、役所の住基端末の操作で国の委託機関からマイナンバーの要求をして取得しているだけです) なので、もし、平日の業務時間中に出生届を提出するのであれば、 即日、マイナンバーを知ることが出来るのです。 具体的には、赤ちゃんのマイナンバーをすぐに知ろうと思うと 住民票の取得をすれば良いことになります。 出生届の後に、証明発行の申請書を記入して、 マイナンバー付きの住民票を希望し、取得すれば、簡単に赤ちゃんのマイナンバーを知ることが出来ますよ。 (マイナンバー付住民票は、委任状では即日交付出来ず、本人の自宅へ郵送されます) Sponsored Link マイナンバーの記入された書類は、いつもらえるの? 赤ちゃんのマイナンバーは、住民票コードとは違い、 通知書は即日交付されません。 マイナンバーの通知は、 「通知カード」というマイナンバーの書かれた紙のカードを、後日に送付することで行われているんです。 出生届を受理した後、役所職員が住基端末といわれるコンピューターで、国の第三者機関である「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」へ、生まれた赤ちゃんのマイナンバー通知カードの送付依頼をしているんですよ。 直接、通知カードを役所から発行しているなら、いくぶんかスムーズなのですが、国の第三者機関から通知カードを送付しているために、届出人の元に届くのが2週間から3週間後になってしまいます。 (1週間ごとに締め日を決めてJ-LISが処理をしていくために、依頼のタイミングで2週間から3週間の幅が出てきてしまうんです) また、郵便局から 簡易書留で送られてくるので、通知カードが届けられるときに家に誰もいなければ郵便局へ戻されてしまいます。 (その後、受け取りがなく一定期間が過ぎてしまうと、郵便局から役所へ戻されます) そうなると、ますます届出人の手元に通知カードが届くことが遅れてしまうことになるので、注意したいところです。 Sponsored Link 手続きで、赤ちゃんのマイナンバーが必要になる時って? 今のところ、生まれた赤ちゃんのマイナンバー(個人番号)が必要になる時は、 児童手当や 乳児医療費助成制度(マル福)などの申請時です。 ただ、 児童手当の申請時についても、出生届を提出後、そのまま引き続いて児童手当の手続きをすることが出来るので、赤ちゃんのマイナンバーを知る手段の通知カードが手元に無いのは当然です。 (共済保険の人は、お勤め先での児童手当の手続きとなるので、出生届に引き続いて手続きができませんが。。。 ) 乳児医療費助成制度(マル福)の申請は、 健康保険に加入されている会社員の場合、赤ちゃんの保険証が会社で作られてからの後日の申請になるので、申請時には赤ちゃんの通知カードが自宅に届いているケースもあります。 ( 自営業など国保加入の人は、即日、申請可能なので、通知カードは手元に無いハズです) いずれにせよ、 出生届を提出して間もない頃は、赤ちゃんのマイナンバーを知る手段としての通知カードは、手元にないことが当然ということ。 なので、赤ちゃんのマイナンバーが不明の状態で、申請を受け付ける市区町村も多いことが実情で、それほど神経質になることは不要なんですね。 マイナンバー制度の初動時期なので、経過措置として市区町村も、そのあたりは甘くなっているようにも見受けられます。 赤ちゃんの通知カードが自宅に届くまで、早くて2週間、遅くて3週間ちょっとだということは、マイナンバーの提出を求める各機関にとっても周知の事実なので、マイナンバーの提出にそれほど急かされることは無いと言えます。 どうしても、マイナンバーが必要ということなら、即日、マイナンバー付きの住民票を発行してもらえば済むことです。 (住民票を取ってまで、マイナンバーを知らなければならないケースは、稀と言えますが。。。 ) 出生届後に、マイナンバー付きの住民票を希望されるお客さんの傾向を見ていても、赤ちゃんが生まれた記念として取得されることが多いようですね。 Sponsored Link まとめ 生まれた赤ちゃんのマイナンバーが確定するタイミングは、出生届を受理された後に、役所職員の端末操作で国の第三者機関にナンバー要求した直後。 なので、住所地の市区町村に出生届を提出した場合という条件は付きますが、 即日、赤ちゃんの住民票を取得することでマイナンバーを知ることが出来ます。 「たちまち、マイナンバーを知る必要はない」という場合は、マイナンバー通知カードが届くのを待っているのも良いでしょう。 マイナンバー通知カードが届けられる期間は、 概ね2週間から3週間後。 国の第三者機関である「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」から直接、自宅へ簡易書留文書で送付されるので、受け取るようにしましょうね。 ところで、 「手続きなどで赤ちゃんのマイナンバーが必要になってくるケースってどのようなとき?」という疑問が湧いてくるのですが、特に急ぎでマイナンバーが必要になるケースは少ないのではと感じます。 お勤めの会社によったら、保険手続き等の関係で、赤ちゃんのマイナンバーを求められるケースもあるかもしれませんが、通知カードの送付も数週間かかることですし、早急に知る必要があるという場合は、稀なのではないでしょうか。 マル福や児童手当の手続き時でも、通知カードが手元に届いてなければ、マイナンバー付きの住民票を取ってまでということは求められていませんよ。

次の

従業員やその家族のマイナンバーは、どうやって確認するのか?

出生 扶養 マイナンバー

on Aug 22, 2019 at 5:58pm PDT 出産後に行う手続きや申請書類って? 出産後にするべき手続きにはさまざまなものがありますが、次の五つについては、すべての方が対象のため必ず申請しましょう。 出生届• 健康保険の加入• 乳幼児医療費助成• 児童手当• 出産育児一時金 出産後の手続きは、基本的にそれぞれ上記の期限内に申請しなければなりませんが、手順や必要な書類を整理しておけば慌てなくて済みます。 一つ一つ見ていきましょう。 出生届 赤ちゃんが生まれたら、生まれた日を含む14日以内に出生届の申請をすることが義務付けられています 日本国外で生まれた場合は3ヶ月以内。 届け出をする人の住所地・赤ちゃんが生まれたところ・父母の本籍地のいずれかの市区町村役場に提出します。 手続き上の注意点• 提出期限:出生日から14日以内• 提出先:届出人の所在地、子供の出生地、父・母の本籍地のうち、いずれかの市区町村役所・役場• 届出人:子供の父または母。 難しい場合は代理人 同居者、出産に立ち会った医師・助産師等 でも可能。 ただし出生届の届出人欄の署名捺印は父・母が行う 出生届を申請するときに必要なもの• 出生届• 出生証明書 出生届の右側。 出産に立ち会った医師または助産師が記入・押印• 届出人の印鑑 スタンプ印は不可• 母子健康手帳 2. 健康保険への加入 出産後、赤ちゃんの出生届を提出したら、できるだけ早く健康保険の加入手続きをしましょう。 赤ちゃんは両親どちらかの健康保険に扶養家族として加入します。 両親が共働きの場合、原則として年収が高い方の親の扶養に入ります。 赤ちゃんの扶養をする親が勤務先の健康保険や共済組合などに入っている場合は、勤務先を通して赤ちゃんの健康保険加入の手続きを行います。 扶養する親が自営業者などで国民健康保険に入っている場合は、赤ちゃんも国民健康保険に入ります。 国民健康保険の申請期限・申請先• 申請期限:出生日から14日以内• 申請先:子供の住民票がある市区町役所・役場• 申請人:同居の家族または代理人 代理人が届出をするときは委任状が必要 国民健康保険の加入手続きに必要な書類は以下です。 加入手続きが遅れると、赤ちゃんが生まれた月までさかのぼって保険税を納めなければなりません。 また、保険証の交付を受けないままだった場合、赤ちゃんが病院を受診しても医療費を全額負担することになります。 必ず期限内に手続きをすませましょう。 国民健康保険の加入手続きをするときに必要なもの• 母子健康手帳• 国民健康保険被保険者証• 官公庁発行の顔写真付の身分証明書 運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど• マイナンバー確認書類 個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカードのいずれか• 共働きの夫婦が子供を扶養申請する場合は、両親の昨年度分の収入を証明できるもの 前年の源泉徴収票など 社会保険に加入する場合 赤ちゃんの扶養をする親が勤務先の健康保険組合や共済組合などに入っている場合は、勤務先を通して赤ちゃんの健康保険加入の手続きを行います。 申請期限や申請に用意する書類はそれぞれの健康保険組合によって異なるため、事前に勤務先を通して確認し、必要なものをそろえておきましょう。 乳幼児医療費助成 乳幼児医療費助成は、市区町村が実施している医療費の助成制度です。 乳幼児が病院にかかったときの経済負担を軽くするための制度です。 医療費の助成を受ける手続きをすると乳幼児医療証が交付され、病院の窓口や調剤薬局で提示すると、医療費の自己負担分が無料もしくは軽減されます。 市区町村によって助成の内容は異なり、対象となる子供の年齢に上限があったり、親の所得制限があったりします。 助成の内容だけでなく、手続きに必要な書類も市区町村によって違いがあります。 手続きに出向く前に調べておくとスムーズに申請できるでしょう。 乳幼児医療費助成の申請期限・申請先• 申請期限:出生日から15日以内、1ヶ月以内など市区町村によって異なる• 申請先:住民票のある市区町村役所・役場• 申請人:保護者 代理人の申請や郵送で手続きが可能な市区町村もある 乳幼児医療費助成の申請をするときに必要なもの 以下は一例です。 市区町村によって違いがあるため、詳細はお住まいの役所の窓口に問い合わせてください。 乳幼児医療証の交付申請書• 子供の健康保険証• 届出人の印鑑• 本人確認書類 運転免許証やパスポートなど• マイナンバー確認書類 個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカードのいずれか• 所得証明書もしくは課税証明書 不要な場合もある 4. 児童手当 児童手当とは中学校卒業までの子供を養育している人に支給される手当です。 1ヶ月あたりの支給額は、0歳~3歳未満で15,000円、3歳~小学生で10,000円 第3子以降は15,000円 、中学生で10,000円です。 所得制限限度額以上の場合は、特例給付として子供1人あたり5,000円が支給されます。 なお、実際に支給されるのは毎年6月 2月〜5月分 、10月 6月〜9月分 、2月 10月〜1月分 の3回です。 手続き上の注意点• 申請期限:出生日の翌日から数えて15日以内• 申請先:住民票のある市区町村役所・役場 手当を受け取る人が公務員の場合は勤務先• 申請人:保護者のうち所得の高い方 生計中心者 児童手当の手続きの申請期限は、赤ちゃんが生まれた翌日から数えて15日以内となっています。 申請が遅れた場合、原則として遅れた月の分の手当は受けられません。 必ず期限内に手続きを済ませましょう。 児童手当の申請をするときに必要なもの• 児童手当・特例給付認定請求書• 申請者 保護者 の印鑑• 申請者 保護者 の健康保険証の写しまたは年金加入証明書 申請者が国民健康保険加入者の場合は不要• 申請者名義の振込先口座のわかるもの• 本人確認書類 運転免許証やパスポートなど• マイナンバー確認書類 個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカードのいずれか 5. 早産や流産、死産、人工妊娠中絶の場合でも、妊娠4ヶ月以降であれば支給対象になります。 出産した産院が「直接支払制度」に対応している場合は、産院の窓口で健康保険証を提示し、制度を利用する旨の文書を取り交わせばOKです。 4万円 産院が直接支払制度に対応していない、もしくは直接支払制度を利用しない場合は、産院を退院するときにいったん出産にかかった費用の実費を支払います。 そのときの領収書・明細書を添えて出産育児一時金の支給申請をすると、追って指定口座へ振り込まれます。 以下に挙げる手続き内容は、直接支払制度を利用しない場合の例です。 手続き上の注意点• 申請期限:できるだけ早く• 申請先:会社の担当窓口 国民健康保険の場合は住民票のある市区町村役所・役場 出産一時金:直接支払制度を利用しない場合の手続きに必要なもの• 出産育児一時金支給申請書• 直接支払制度に係る代理契約に関する合意文書の写し 直接支払制度を利用しない旨を示すもの• 出産費用の領収書・明細書の写し• 医師又は助産師が発行した出生証明書等 出典元:• 全国健康保険協会「子どもが生まれたとき」(,2019年8月7日最終閲覧)• 厚生労働省「出産育児一時金の支給額・支払方法について」(,2019年8月7日最終閲覧)• FR健康保険組合「出産育児一時金の申請手続き」(,2019年8月7日最終閲覧)• 味の素健康保険組合「本人または被扶養者が出産したとき」(,2019年8月7日最終閲覧)• 東京実業健康保険組合「出産したとき」(,2019年8月23日最終閲覧) 産休・育休を取得している人は他にも申請、提出すべき書類がある 上記でご紹介した手続き以外に、働いている人は「出産手当金」や「育児休業給付金」、妊娠・出産で高額の医療費を払った人は「高額医療費」を申請することができます。 出産手当金 出産手当金は働いている人が産前産後休業 産休 をとった場合、出産予定日以前42日 多胎妊娠の場合98日 から出産の翌日以後56日目までの期間中に支給されるものです。 出産予定日が遅れた場合は、予定日から出産日までの期間も支給されます。 これは出産のために仕事を休み、収入が減ることに配慮した制度です。 既に退職している場合でも、退職日まで被保険者期間が継続して1年以上あり 出産日以前42日目が加入期間 、かつ支給期間内に退職している、などの条件を満たせば出産手当金を受け取れることがあるため、勤務先に確認しましょう。 なお、国民健康保険からは支給されません。 手続き上の注意点• 申請期限:出産のため労務に服さなかった日ごとにその翌日から2年• 申請先:勤務先の窓口• 支給要件:被保険者本人 出産手当金の手続きは、基本的に勤務先の担当者を通して行います。 疑問点などがあったら、勤務先に確認しましょう。 出産手当金の申請に必要なもの• 出産手当金の支給申請書• 勤怠表の写し・給与明細書の写し 出典元:• 全国健康保険協会「出産で会社を休んだとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• SCSK健康保険組合「出産育児一時金・出産手当金を申請する」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国健康保険協会「健康保険給付について」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全日本理美容健康保険組合「出産のために仕事を休んでいた期間の生活費が補助されます」(,2019年8月8日最終閲覧) 2. 育児休業給付金 育児休業給付金とはその名の通り、育児休業中に支給される給付金です。 勤務先を通してハローワークへ申請します。 育児休業給付金を受け取るためには、雇用保険の加入期間や出勤日数など一定の条件を満たす必要があります。 詳細は勤務先や最寄りのハローワークへ問い合わせを 手続き上の注意点• 申請期限:ハローワークから指定された期日• 申請先:勤務先の担当窓口• 申請人:育児休業を取得する本人 育児休業給付金の申請をするときに必要なもの• 育児休業基本給付金の申請書• 賃金台帳、出勤簿や母子健康手帳など、申請書の記載内容を確認できる書類 3. 自己負担限度額は年齢や所得によって異なります。 妊娠・出産に関して医療費がかさんだとしても、自己負担分の上限が決まっている、つまり一定額以上は負担しなくてよい制度です。 あらかじめ「限度額適用認定証 限度額証 」をもらって医療機関の窓口で提示すると、窓口での支払いが自己負担限度額のみになります。 帝王切開が決まっているなど、事前に高額の医療費がかかることが決まっている場合は入手しておくとよいでしょう。 以下は、窓口でいったんかかった分の医療費を全額支払い、後から高額療養費の払い戻しを受ける場合の手続きです。 手続き上の注意点:国民健康保険に加入している人 国民健康保険に加入している人の場合、自治体から高額療養費の支給対象となった世帯へ申請書が送付されます。 必要事項を記入して押印し、自治体の窓口に提出します。 期限内に手続きを行わなかった場合、権利が消滅してしまうため、必ず期限内に手続きをしましょう。 申請期限:診療月の翌月から2年間 自治体によって違いがあるため確認を• 申請先:住民票のある市区町村役所・役場• 申請人:世帯主、世帯主と住民票が同一の世帯人、世帯主から委任を受けた代理人 高額療養費の払い戻し申請に必要なもの 国民健康保険• 高額療養費支給申請書• 世帯主の印鑑• 振込先の金融機関口座• 医療費の領収証 原本• 本人確認書類 運転免許証やパスポートなど• マイナンバー確認書類 個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカードのいずれか 手続き上の注意点:勤務先の健康保険に加入している人• 申請期限:診察日の翌月1日から2年以内• 申請先:加入している健康保険や共済組合の窓口• 申請人:本人 高額療養費の払い戻し申請に必要なもの 国民健康保険 加入している健康保険によって、下記以外に書類を求められる場合があります。 勤務先の窓口に確認してください。 健康保険高額療養費支給申請書 出典元:• 全国協会保険協会「高額な医療費を払ったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国協会保険協会「医療費が高額になったとき P24、26、35」(,2019年8月8日最終閲覧)• JXTGグループ健康保険組合「医療費が高額になったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 相模原市「【国保・給付】高額療養費の支給申請手続きはどのようにすればよいのですか。 」(,2019年8月8日最終閲覧)• 豊田市「国民健康保険 療養費・高額療養費」(,2019年8月8日最終閲覧)• 東京都医業健康保険組合「医療費が高額になったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国協会保険協会「健康保険給付について」(,2019年8月8日最終閲覧) 出典元一覧• ハシイ産婦人科「入院について」(,2019年8月7日最終閲覧)• 足立区「出生にともなう手続きのご案内」(,2019年8月7日最終閲覧)• 法務省「出生届」(,2019年8月7日最終閲覧)• 渋谷区「出生届」(,2019年8月7日最終閲覧)• 目黒区「出生届」(,2019年8月7日最終閲覧)• 松戸市「まつどDE子育て」(,2019年8月7日最終閲覧)• 文京区「妊娠・出産」(,2019年8月7日最終閲覧)• 大阪市「国民健康保険の加入(お子さんが生まれた場合)」(,2019年8月7日最終閲覧)• 藤沢市「国民健康保険の手続きにおけるマイナンバーについて」(,2019年8月7日最終閲覧)• こしがや子育てネット「子どもが生まれたらどのような手続きが必要ですか?」(,2019年8月7日最終閲覧)• 渋谷区「手続き・届け出」(,2019年8月7日最終閲覧)• 博報堂けんぽ「家族の加入について」(,2019年8月7日最終閲覧)• 味の素健康保険組合「子供について」(,2019年8月7日最終閲覧)• 小平市「出生のときの手当と医療費助成の手続き」(,2019年8月7日最終閲覧)• 横浜市「小児医療費助成」(,2019年8月7日最終閲覧)• 高槻市「子ども医療費助成の手続き」(,2019年8月7日最終閲覧)• 目黒区「子ども医療費助成制度 医療証の交付を受けるには」(,2019年8月7日最終閲覧)• 板橋区「児童手当よくある質問と回答」(,2019年8月7日最終閲覧)• 町田市「まちだ子育てサイト 児童手当」(,2019年8月7日最終閲覧)• 杉並区「児童手当・特例給付」(,2019年8月7日最終閲覧)• 板橋区「児童手当」(,2019年8月7日最終閲覧)• 全国健康保険協会「子どもが生まれたとき」(,2019年8月7日最終閲覧)• 厚生労働省「出産育児一時金の支給額・支払方法について」(,2019年8月7日最終閲覧)• FR健康保険組合「出産育児一時金の申請手続き」(,2019年8月7日最終閲覧)• 味の素健康保険組合「本人または被扶養者が出産したとき」(,2019年8月7日最終閲覧)• 東京実業健康保険組合「出産したとき」(,2019年8月23日最終閲覧)• 全国健康保険協会「出産で会社を休んだとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• SCSK健康保険組合「出産育児一時金・出産手当金を申請する」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国健康保険協会「健康保険給付について」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全日本理美容健康保険組合「出産のために仕事を休んでいた期間の生活費が補助されます」(,2019年8月8日最終閲覧)• ハローワークインターネットサービス「育児休業給付の内容及び支給申請手続について」(,2019年8月8日最終閲覧)• 厚生労働省「Q&A~育児休業給付~」(,2019年8月8日最終閲覧)• ハローワークインターネットサービス「雇用継続給付」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国協会保険協会「高額な医療費を払ったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国協会保険協会「医療費が高額になったとき P24、26、35」(,2019年8月8日最終閲覧)• JXTGグループ健康保険組合「医療費が高額になったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 相模原市「【国保・給付】高額療養費の支給申請手続きはどのようにすればよいのですか。 」(,2019年8月8日最終閲覧)• 豊田市「国民健康保険 療養費・高額療養費」(,2019年8月8日最終閲覧)• 東京都医業健康保険組合「医療費が高額になったとき」(,2019年8月8日最終閲覧)• 全国協会保険協会「健康保険給付について」(,2019年8月8日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

協会けんぽにおけるマイナンバーの取扱いについて

出生 扶養 マイナンバー

マイナンバーの必要性 マイナンバー制度の運用が開始された後、証券会社で未成年口座を開く際には個人番号が必要になるなどマイナンバーの運用が本格化してきました。 証券会社と銀行で新たに口座を開設する場合のマイナンバーの取り扱いは、次のとおりです。 1.証券会社 マイナンバーの登録が義務付けられたため、マイナンバーなしで口座が開設できる証券会社はありません。 中には通知カードや個人番号カードではなくマイナンバーが記載された住民票で開設できる証券会社もあります。 これまでに口座を開設しいてマイナンバー未登録の方は2018年末までにマイナンバーを証券会社に通知する必要となりました。 SBI証券で未成年口座を開設する際の必要書類まとめの記事はこちらから。 2.銀行 2018年から預金口座にも適用されており、投資信託や海外への送金などマイナンバーの登録が必要な取引が決まっています。 こちらも該当する方は2018年末までに銀行へ通知する必要があります。 マイナンバーはいつ決まる?住民票ならその日のうちに発行可能に これから生まれてくる子供のマイナンバーはいつ決まるのでしょうか。 15年10月6日以降に生まれた子供のマイナンバーは出生届を出した時点で決定されます。 すぐにマイナンバーを確認したい時は、マイナンバーを記載した住民票の発行を申請が可能です。 最近は出生届を出した日のうちに住民票の発行が可能という自治体が多くなっています。 マイナンバーの記載を希望しなければ、マイナンバーが記載されていない住民票が発行されます。 16年5月生まれの我が家の次男の場合は、手元に届いた個人番号通知カードの発行日は出生届を届出た翌日となっていました。 18年12月うまれの三男の場合は、その日の午後から住民票が発行可能となっていました。 通知カードはいつ届く? では、マイナンバー通知カードは出生届をだしてから何日くらいで手元に届くのでしょうか。 各自治体で異なりますが、せっかく子供のために資産運用をとおもっているご両親なら早く手に入れて、証券口座を開きたいと思いますので、次男誕生時の金沢市の例をご紹介します。 手元に届くまでの日数は 出生届:2016年5月26日 発行日:2016年5月27日(通知カードに記載されています) 配達日:2016年6月14日(簡易書留で届きます) とトータル18日を要しました。 だいたい3週間を目安に証券口座の開設の準備をすればいいのではないのでしょうか。

次の