おおつかあきお。 大塚 明夫

大塚明夫 X バイク

おおつかあきお

[ みんなの声(2019年更新)] ・なんと言ってもMGSのスネークはどの作品でも魅力的で大好きなキャラです。 その中でもBIG BOSSは少しお茶目な面も多々見られて、シリアスなストーリーとギャップを感じ、より身近な存在に感じられました。 またカズラジの中でのBOSSの演技も声だけで、その状況やBOSSの表情が容易に想像でき、表現力の奥深さを感じました。 その中でも、一つのセリフが今でも印象に残っています。 あるシーンでの「何に忠を尽くすべきか。 それがわかったからだ」というセリフがMGS3からの解答に聞こえ、鳥肌が止まりませんでした。 今までで一番魂のこもったセリフだと感じました。 MGSに一番長く関わり続け、誰よりもスネークと一緒にいた大塚さん以外には絶対にできない演技だと思いました。 心から大塚さんがスネークを担当してくださり、最後まで一緒に歩んでくださりありがとうございました。 ジュニア ・楽しいムーミン一家 ムーミンパパ ・-ブリーチ- 京楽春水 ・フルメタル・パニック! アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン ・フルメタル・パニック!

次の

大塚明夫「声優の大多数が仕事にあぶれる理由」

おおつかあきお

[ みんなの声(2019年更新)] ・なんと言ってもMGSのスネークはどの作品でも魅力的で大好きなキャラです。 その中でもBIG BOSSは少しお茶目な面も多々見られて、シリアスなストーリーとギャップを感じ、より身近な存在に感じられました。 またカズラジの中でのBOSSの演技も声だけで、その状況やBOSSの表情が容易に想像でき、表現力の奥深さを感じました。 その中でも、一つのセリフが今でも印象に残っています。 あるシーンでの「何に忠を尽くすべきか。 それがわかったからだ」というセリフがMGS3からの解答に聞こえ、鳥肌が止まりませんでした。 今までで一番魂のこもったセリフだと感じました。 MGSに一番長く関わり続け、誰よりもスネークと一緒にいた大塚さん以外には絶対にできない演技だと思いました。 心から大塚さんがスネークを担当してくださり、最後まで一緒に歩んでくださりありがとうございました。 ジュニア ・楽しいムーミン一家 ムーミンパパ ・-ブリーチ- 京楽春水 ・フルメタル・パニック! アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン ・フルメタル・パニック!

次の

大塚明夫 (おおつかあきお)とは【ピクシブ百科事典】

おおつかあきお

『攻殻機動隊』シリーズのバトー役や、『機動戦士ガンダム0083』のアナベル・ガトー役など、多くの代表作を持つベテラン声優の大塚明夫氏が語る「声優論」。 第1回では、「多くの声優が仕事にあぶれてしまう理由」について解説します。 「声優ブーム」と言われるようになって大分たちました。 今がいったい第何次ブームなのかよく知りませんが、声優に憧れる人は相変わらず大変多いようです。 現場ですれ違う新人の数も、この10年ほどで把握しきれないほどに増えました。 声優志望者や若手声優と話していて不思議なのは、「声優になる」ことを、まるで就職でもするかのような感覚で捉えている人が多いことです。 声優志望者の甘すぎる未来予想図 話を聞くと、彼らは極めて無邪気に、こんな青地図を思い浮かべているのですね。 まず声優学校に入り、養成所に進んで、いい声の出し方や演技の仕方を教えてもらおう。 最初のうちは安い仕事しかないだろうから、アルバイトと半々くらいで声優の仕事をしよう。 そのうち大きな役がもらえるようにもなるだろうし、そうすれば後はだんだん軌道にのって、いつかは食えるようにもなるはずだ。 「声優になりたい」。 そう思うことは自由です。 しかし、「声優になる」ことを「職業の選択」のようには思わないほうがいい。 この道を選ぶということは、「医者になる」「パティシエになる」「バンダイの社員になる」なんて道とは根本的に違います。 少なくとも、私はそう考えています。 よく考えてみてください。 この世界には、「声優」という身分を保証するものは何もありません。 資格やら免許があるわけでもない。 それだって、誰にでも通じる自己紹介にはなりえません。 社会的に見れば極めて頼りない、むしろ存在しないに等しい肩書きなのです。

次の