ティアマト マリス hl。 主観考察置き場 : 【グラブル】ティアマトマリスHLの簡単立ち回り

【グラブル】ティアマト・マリスHLを火属性マグナ編成でソロ討伐したので編成や内容を見ていきます。今回はランバージャックにドラゴニックハープを持たせて挑戦。ファランクスは無くても問題は無し。その代わりにゼタ・アニラ・アテナでしっかりスロウを入れること。後は黒麒麟でどうにかする。

ティアマト マリス hl

アニラ この枠はアニラである役割的な理由は特にないけど、マギサだとちょっと安定しない。 アテナ 何度か試す中で、一度も外れる事がなかった鉄板キャラ。 スロウとダメアビの貢献度が高いですが、1アビの風ダメージ変転がいぶし銀の活躍を見せます。 特に終盤に闇モードはとてつもなくダメージが痛いので、必須級の役割。 ゼタ ディスペル&スロウとして採用。 シヴァと枠を争う形でしたが、シヴァだとダメージが出る反面、特殊技を高頻度高火力で食らう羽目になって終盤までHPがもたない事が多かったです。 火ジーク 即死技(キリングバイト)に主人公の奥義(ハドロンブレイズ)がピッタリ合わなかった時に登場して、主に防御面の強化を目指す枠。 いまのところ他の適任者が見つかっていません。 アラナン 後ろから出てきて恐怖を叩き込むだけでありがたい。 デモプレイ 動画では、即死技を幻影で躱しているのでかなり余裕がありますが、1人落ちてもなんとか最後まで走り切れます。

次の

ティアマト・マリスHLソロ攻略

ティアマト マリス hl

ティアマト・マリスHLを火属性アグニス編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。 ちなみにリロードしてないので時間がかかっています。 ティアマト・マリスの場合だと、 「殲嵐を鎮めし孤高の翼」 ですね。 称号の報酬にはレジェンドガチャチケットが入手出来るので、1度はソロでクリアをしておきたいクエストです。 それでティアマト・マリスについてですが。 風属性の敵で、特長的なことは特殊技を使用してもCTがリセットされないことですね。 なので連続で特殊技を受けてしまうことがあるので、ダメージカットのタイミング等には注意ですね。 CTがリセットされないことなんて、今ではザラですけどね。 また特殊技の一部には強化アビリティの使用間隔が3ターン延長されてしまうという厄介なことも。 特殊技は火力が高く、クルーエルバイト辺りだと何もしないと3万位のダメージを受けてしまいます。 他にも殲嵐のトルネードディザスターは闇属性の攻撃となるので属性ダメージカットを入れる場合は注意ですね。 そして入手出来る武器は通常ティアマトのマグナ武器に加えてマリス限定の 「ハツオイイルハル」 「マジェスタス」 があります。 「ハツオイイルハル」はイクシードと背水の風属性武器、「マジェスタス」は神威と堅守の闇属性武器となっていますね。 この2つの武器は6周年記念武器交換に含まれているので、どちらか1つを入手することは可能です。 基本的にはティアマト・マリスからのドロップのみから入手することになります。 武器以外にも「マリス・フラグメント」が入手できます。 これが入手できるのは現状は他に「リヴァイアサンマリス」だけです。 マリス・フラグメントはバハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムですね。 私はマリス自体結構サボっていたのであまり素材を持っていないので、今更ながらデイリーで挑戦している感じです。 ということで編成について、 召喚石は両面アグニスで、ジョブはスパルタにしました。 各キャラ共にスロウ効果を持ちティアマト・マリスからの特殊技を受ける回数を減らしてくれます。 同時にアサシン効果もあるので火力にも貢献してくれます。 それでは本題です。 ・敵のCTが1なのでグラビティを設定。 ・他にはいつものミゼラブルミストによる弱体とシールドワイヤにスロウ。 ・ラプソディー使用ターンは各アビリティが2回発動可能となるので、ダメージ稼ぎや連続スロウやディスペルができたりする。 ・アルベス・フェルマーレにより奥義火力、加えてラプソディーに攻撃大幅UP、そしてトリプルアタック時の追撃により火力がかなり出せる。 ・他のキャラ同様にスロウによる遅延。 ・ダメージカットと再生、奥義で火属性攻撃UPとガード効果という攻防関連が充実したアテナちゃん。 敵は風属性なの与ダメージUPのザ・サンを投入してあります。 奥義で吸収と再生の付与でHPの維持をしていきます。 開幕からグラビティも入れていきます。 アテナのスロウは暗闇効果もあるので通常攻撃による被ダメージ自体も抑えてくれます。 火力はそこまでありませんが、常に全体攻撃で戦闘が長いので自動回復で凌いでいきます。 できればゼタのサウザンドフレイム(ディスペル)で解除したい効果です。 そしてこの頃から弱体効果が安定しなくなってきています。 風属性の全体攻撃となります。 とりあえずは幻影を召喚等の全体攻撃で解除して、風の障壁をディスペルしていきます。 1ターンとはいえ強力なので可能ならディスペルですね。 ほぼ4万ダメージという壊滅的なダメージです。 こちらのトルネードディザスターは闇属性となるので素で受けるとかなりのダメージとなります。 今回は直前に黒麒麟を召喚しているので、再び被ダメージを0にしています。 エリクシールも使用不可なので戦力がある程度必要となります。 ただどうしても受ける時は来るので、その時はダメージカットを必ず入れる。 もし弱体を外したらリロードしてターン回しを急げば割と安定します。 ただし特殊技に突撃しないように注意。 画像引用元:グランブルーファンタジー 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】イーウィヤをフルオート(カグヤ編成)で攻略してきたのでまとめていきます。... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき...

次の

ティアマトマリスは6人HLの中でかなり強敵なので事前準備は怠らないで!!

ティアマト マリス hl

アニラ この枠はアニラである役割的な理由は特にないけど、マギサだとちょっと安定しない。 アテナ 何度か試す中で、一度も外れる事がなかった鉄板キャラ。 スロウとダメアビの貢献度が高いですが、1アビの風ダメージ変転がいぶし銀の活躍を見せます。 特に終盤に闇モードはとてつもなくダメージが痛いので、必須級の役割。 ゼタ ディスペル&スロウとして採用。 シヴァと枠を争う形でしたが、シヴァだとダメージが出る反面、特殊技を高頻度高火力で食らう羽目になって終盤までHPがもたない事が多かったです。 火ジーク 即死技(キリングバイト)に主人公の奥義(ハドロンブレイズ)がピッタリ合わなかった時に登場して、主に防御面の強化を目指す枠。 いまのところ他の適任者が見つかっていません。 アラナン 後ろから出てきて恐怖を叩き込むだけでありがたい。 デモプレイ 動画では、即死技を幻影で躱しているのでかなり余裕がありますが、1人落ちてもなんとか最後まで走り切れます。

次の