ストレッチ ポール 腰痛。 顎関節症・反り腰腰痛改善! LPNストレッチポール効果レビュー | アイハーブフリーク

ストレッチポールで腰をほぐすのはダメ?腰痛が悪化する使い方とは

ストレッチ ポール 腰痛

位置を変えたパソコンのデスクと椅子の高さがあってない事に気が回らないほど熱中してパソコン作業に没頭してたら、結果凄まじい腰痛になりました。 低過ぎる椅子の腰への殺傷能力なめちゃダメ。 寝ようとした時点で、あれ?なんかちょっと腰が痛い?って感じはあったけど、寝てる間に人間は修復される神話を信じて眠りについたらなぜかものすごい悪化してて、起きた瞬間腰痛で死にかけたww もうなにやっても痛くてマッサージチェアに慰められてたんだけど全然痛み取れなくて、youtubeで私の反り腰に効くストレッチ探して色々やってたら、ストレッチポール使った運動出てきてハッとしたw 私良いの持ってたじゃん!って思って、さっそくストレッチポールに乗って、推奨されている運動から骨盤を調える運動までやってたら、とりあず椅子に座れるレベルになったので、改めてレビューしますよっと。 LPNストレッチポールの効果とレビュー まずストレッチポールって何?って思う人も多いと思いますが、このようなただの棒です。 太さが選べて、私は細いやつ買ったけど、上に乗って寝っ転がっても床からかなり距離が取れるほど太い棒です。 実はこれ、「寝るだけダイエット」という魅惑のキャッチコピーに引き寄せられて買いましたw よく整骨院やスポーツジムに置いてあるアイツです。 ぶっちゃけ上に乗って寝てるだけでは痩せなくてイラついたけどw、定期的におかしくなる体のバランスが、ストレッチポールの上でウニョウニョと体を動かすだけで元に戻るという、素晴らしい骨格矯正のグッツでした。 首を痛めたり腰を痛めた時に、何度も命拾いさせてもらってます。 もうこれ無しでは生きられないぐらいの大事な大事な相棒です。 顎関節症とストレートネックにすさまじい効果を発揮するのは体感していたけど、反り腰による腰痛にも超効きます!!マジ生き返った助かったー いつも暇な時にポールの上でお昼寝するんだけど、忙しい時はポールに見向きもしないでパソコンやってて、それで毎回どこそこ痛めて死にかけてるのに、私はいつになったら学習するのだろうかw 今日は反省の意味も込めて、この慈しむべきLPNストレッチポールのちゃんとしたレビューをしたいと思います。 以降ストレッチポール使用2年半の反り腰腰痛持ち・顎関節症・ストレートネックで頸椎捻挫をよくやる私の熱い思いを込めたレビューです!w ストレッチポールにはどのような効果がある? ストレッチポールに寝っ転がるだけで猫背を矯正し、胸骨を開いて呼吸を深くし結果的に代謝が上がって痩せるという「寝るだけダイエット」に関しては、胸骨開いたぐらいでは痩せませんでしたw 私の純粋な心を弄びよってからに!!プンスカプンプンww ですが、呼吸が深くなるのと、ストレッチポールに寝るだけで健康骨の位置は正常に戻るようで、肌の透明感は放っておいても出ます。 これはぶっちゃけテンション上がったww そして、肩甲骨の位置が変わる事により、ストレートネックと顎関節症も勝手に治ります。 これには驚き!! ポールを買ってからは、首にコルセット巻いて悶絶しながらボルタレン漬けの日々を送るほどに首を痛める事がなくなりました。 あれ?おかしい?と思ったらすぐにポールに乗ることで、恐怖の頸椎捻挫の負のループからの卒業を果たす。 ストレッチポール前傾骨盤と反り腰に効果のある使い方 私がまずやったのはこのレベルの運動で、足のワイパーの動きと、肩甲骨ほぐしと、手をスリスリ回す運動まで。 これで前傾骨盤が正しい位置に押し戻され、壁に踵とお尻と頭をつけて立った時に、余裕でこぶしが2つぐらい入っていた私の個性的なS字曲線が、通常のS字になりました。 つまりはヒール女子に流行りの反り腰も卒業! 正しい位置での生活に必要な筋肉が無いので、使い始めのころは首が鞭打ちみたいになって、尾てい骨あたりなんかは折れたかも?というほど痛くなって、これ大丈夫なの?と心配したのはいい思い出。。 私のストレッチポールの使い方は自堕落すぎで、ほぼ運動は取り入れずにポールの上でお昼寝をする使い方ですw それでも効果は十分で、前傾していた骨盤を意識しないと倒せないほどに姿勢自体が変わっていき、生活に使う筋肉がついてきて、肩甲骨は完全に天使の羽を背中に作ってくれるようになりました。 さっき顔に透明感が出たと書きましたが、頭がい骨のバランスも変わり、ハチが恐ろしく張っていた私の頭がい骨が少しマシになり、顔のむくみが取れたのか二重の幅が広くなってクッキリしてきた事に気づいてからは、もうテンション上がりまくりで、身の回りの人におすすめしてポール売りのタラコみたいになってましたね。 うん、懐かしいw ストレッチポールの効果は持続しない こんなに素晴らしいストレッチポールですが、乗らないと元に戻るんですよ・・ 私クラスの運動嫌いの怠け者なんかは、1週間に1度は乗らないとおかしくなるのに、忙しくなるとストレッチポールの存在を忘れて暮らしてしまいます。 その間徐々に前傾してくる骨盤に気づかずに姿勢悪く椅子に座って1日中パソコンを触り続けていると、骨盤は見事に前傾して肩が内側に入り、肩甲骨どこー?状態になって顎は前に突き出てきて、最終的に首を痛めて自分の愚かさに気づきますw 想像してください、怖いですよねー。 今朝の私は割とその状態!w ストレッチポールはとにかく継続が大事。 1日10分ただストレッチポールの上で寝っ転がってるだけでも良いから、骨を正しい位置に戻してあげることによって万病を防ぐことができます。 今朝確信しました。 猛反しました!! 今朝なんとかこの腰痛を和らげようと、30分ぐらいストレッチポールのおすすめ体操とかやっていたら、腸がグルグルキュルキュルとすごい音を立てて動き出しました。 骨盤の位置がおかしくなりすぎてて、内臓まで圧迫していたんですね。 歪みって本当に怖い・・ 姿勢を正す方法はヨガとか色々あるけど、ずぼらな運動嫌いはストレッチポールならタンスの肥やしにはならないです。 ヨガのDVDなんか埃かぶって全然やってないけど、上で寝るだけでも大丈夫なストレッチポールだけはなんとか続いてますので、これ続かない人は居ないんじゃないかなーと思いますw 私はストレッチポールの上で、iPhoneやタブレットでネット界をサーフィンしちゃってますが、それでも効果はあります。 寝るだけでは痩せないけど、寝るだけでずれた骨は整います! コタツに半分つっこんで、コタツで寝っ転がる時にもポールの上で寝っ転がってますが、変形したり壊れたりもないので、コタツでの昼寝も可能なんですよ!続かない要素がないですよねwww ストレッチポールの種類の選び方と正規品の最安値 ストレッチポールには二種類あって、私が買った細い方のMXは女性向けや医療向けのちょっと柔らかい素材だそうで、バリバリ鍛えたい人はEXで、気持ち良さを求める女性はMXだと思う。 私は快適を求めてMXにしましたが、この上でお昼寝できる快適さと安心の高さなので、ずぼらな使い方したい人や女性にはMXがおすすめw 注意しないといけないのが、このストレッチポールは人気商品なので、偽物や類似品がたくさんあります。 AmazonはLPN正規店なので写真リンクしてるAmazonが安心なんですが、楽天などから購入するにも「 LPNストレッチポール」を買う事が大事。 他の名前のは類似品です! バスタオル代用で満足できる人なら偽物でも類似品でも良いかもしれないけど、それだったらバスタオル使ってればいいわけだし・・ 本物と偽物や類似品の違いは「素材」です。 強度が違います。 LPNストレッチポールは長く持ちます。 私は2年半使っているけど、へたりなどは感じません!コタツに突っ込んだって平気です。 ストレッチポールは上に乗って運動したりするので、どうしても負荷が一点にかかったりしてしまい、素材がへぼいと破損の原因になります。 そして、破損までせずとも凹みや歪みがあるポールの上で運動しても、なんのメリットも得られませんよね。 しっかりした効果を得たいのならば、正規品を買う事は大事な事だと思います。 カラーはブルーが王道ですが、私はリビングのソファーと同じアイボリーにしました。 クローゼットの中なんかに片付けちゃうとつい億劫になっちゃう私のような人は、インテリアの雰囲気を壊さないカラーにして、部屋の片隅の目につくところに置いておきましょう! LPNストレッチポールのおすすめの運動 youtubeの拾い物ですが、参考になったものを貼っておきます! 他にもyoutubeにいっぱい動画あるけど、私はこの3つの運動で腰痛から復帰しました。

次の

【2020年最新】ストレッチポールのおすすめ人気ランキング!効果的な使い方や選び方も合わせて紹介

ストレッチ ポール 腰痛

デスクワークが引き起こす、「肩こり・腰痛・猫背」の原因 一口に「肩こり・腰痛・猫背」と言っても、原因は人それぞれ。 デスクワークのような生活習慣が引き起こすものもあれば、怪我から発した古傷が原因のものもあります。 後者は病院的な治療が必要ですが、前者は日々意識して 「筋肉を動かす」ことが改善への道です。 「筋肉を動かす」とは、「筋トレ」と「ほぐす」こと 「筋肉を動かす」には、2つのアプローチがあります。 ひとつは「 筋トレ」。 筋力に偏りがあると、どうしても強い部分に頼りがちになります。 結果、弱い部分は動かさなくなり、ますます凝り固まってしまいます。 ムキムキになる必要はありません。 弱い部分を鍛えることで筋力差を無くし、 体にかかる負荷が均等になることを目指します。 問題は「ほぐし」の方にあります。 デスクワークで凝り固まる筋肉は、主に首筋から肩甲骨、背中、お尻、太ももの裏側といった、体の背面側の筋肉。 セルフマッサージを行うには、少々難しい部位ばかりです。 そこで活躍するのが、道具の力です。 「ストレッチポール」と「フォームローラー」の違い 体の背面側の筋肉をほぐすのに役立つのが、「 ストレッチポール」や「 フォームローラー」といったセルフメンテナンス用の器具。 どちらも円柱形でよく似た風貌ですが、使ってみると、結構違いがあるのに気付きます。 ストレッチポールの特徴 「 ストレッチポール(R)」は、です。 他社製品では「エクササイズポール」、「ヨガポール」、「リセットポール」などと呼ばれています。 基本の長さは 約1m。 仰向けに乗っかって リラックスし、ゆったりとストレッチを行います。 芯材には、EPE(発泡オレフィン系樹脂)やEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)などが使われています。 いずれも 柔軟性と弾力性のある素材で、 適度に体重を吸収してくれます。 フォームローラーの特徴 一方「 フォームローラー」は、芯材にABS樹脂やPVCといった 硬めの素材が使われています。 変形はせず、 自重がダイレクトに跳ね返ってきます。 長さも約30cmと短く、まさにローラーといった感じ。 体全体を乗っけるというよりは、ほぐしたい筋肉を ピンポイントにゴリゴリ攻める、といった使い方になります。 アルインコの「 エクササイズポール EXP200N」です。 値段が手頃で、なにより有名メーカー製ということが決め手でした。 でもやっぱり本家は高い。 入門用なので値段優先です。 ゴリッゴリに効果アリ 初めて使った時は、とてもじゃないけど続けられない、と思いました。 肩甲骨から背中、腰、太もも、ふくらはぎ、あらゆる部位がゴリゴリに凝り固まっているため、ローラーに乗せるだけでも痛くて、1往復もできません。 正直、 恐怖を感じるほどの痛さです。 それでも、慎重にゆっくりとゴリゴリを続けました。 1週間ほど経つと恐怖は消え、さらに1週間経つと快感に変わり、ほぐすのが楽しみになっていきました。 痛気持ち良い、というやつです。 2ヶ月間、ほぼ毎日使った結果、体にも変化が見られるように。 体が軽く感じる• 寝入り、寝起きが良くなった• 姿勢が良くなり、視点が上がった• 指先まで温まる など。 そんな気がするという話ではなく、 はっきりと効果を感じます。 これは僕だけの感想ではなく、妻も同様の意見。 ストレッチポールを使う姿はあまり見かけなかった彼女も、フォームローラーに変えてからは毎日ゴリゴリしています。 あらゆる部位に使える 使用する部位を問わないことも、フォームローラーの良いところ。 先述の通り、肩甲骨からふくらはぎにかけて、体の背面側は隅から隅までほぐせます。 さらに太ももの前面や脇、胸など、体の正面部分や側面部分にもアタック可能。 当てる角度を調整すれば、 ほぐせるポイントは無限大です。 ストレッチポールとしても使える 長さが足りないので、乗せる部分は限られますが、 ストレッチポールのように使うこともできなくはありません。 ただしリラックスするには、硬さによる痛みを感じないことが前提にはなります。 コンパクトで自立するので置き場所に困らない ストレッチポールは約1mの長さがあったので、置き場所は悩みのタネでした。 リビングに出しておくと、まぁまぁ邪魔で目立ちます。 かと言って、押し入れにしまうと、途端に使わなくなってしまう。 その点、フォームローラーは コンパクトなので場所を取りません。 部屋に合う色味を選べば、 悪目立ちせず、インテリアと化します。 の製品は、どれも素敵です。

次の

【完治】腰痛にはフォームローラー(ストレッチローラー)しかない! 反り腰に効果的な使い方まとめ

ストレッチ ポール 腰痛

デスクワークが引き起こす、「肩こり・腰痛・猫背」の原因 一口に「肩こり・腰痛・猫背」と言っても、原因は人それぞれ。 デスクワークのような生活習慣が引き起こすものもあれば、怪我から発した古傷が原因のものもあります。 後者は病院的な治療が必要ですが、前者は日々意識して 「筋肉を動かす」ことが改善への道です。 「筋肉を動かす」とは、「筋トレ」と「ほぐす」こと 「筋肉を動かす」には、2つのアプローチがあります。 ひとつは「 筋トレ」。 筋力に偏りがあると、どうしても強い部分に頼りがちになります。 結果、弱い部分は動かさなくなり、ますます凝り固まってしまいます。 ムキムキになる必要はありません。 弱い部分を鍛えることで筋力差を無くし、 体にかかる負荷が均等になることを目指します。 問題は「ほぐし」の方にあります。 デスクワークで凝り固まる筋肉は、主に首筋から肩甲骨、背中、お尻、太ももの裏側といった、体の背面側の筋肉。 セルフマッサージを行うには、少々難しい部位ばかりです。 そこで活躍するのが、道具の力です。 「ストレッチポール」と「フォームローラー」の違い 体の背面側の筋肉をほぐすのに役立つのが、「 ストレッチポール」や「 フォームローラー」といったセルフメンテナンス用の器具。 どちらも円柱形でよく似た風貌ですが、使ってみると、結構違いがあるのに気付きます。 ストレッチポールの特徴 「 ストレッチポール(R)」は、です。 他社製品では「エクササイズポール」、「ヨガポール」、「リセットポール」などと呼ばれています。 基本の長さは 約1m。 仰向けに乗っかって リラックスし、ゆったりとストレッチを行います。 芯材には、EPE(発泡オレフィン系樹脂)やEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)などが使われています。 いずれも 柔軟性と弾力性のある素材で、 適度に体重を吸収してくれます。 フォームローラーの特徴 一方「 フォームローラー」は、芯材にABS樹脂やPVCといった 硬めの素材が使われています。 変形はせず、 自重がダイレクトに跳ね返ってきます。 長さも約30cmと短く、まさにローラーといった感じ。 体全体を乗っけるというよりは、ほぐしたい筋肉を ピンポイントにゴリゴリ攻める、といった使い方になります。 アルインコの「 エクササイズポール EXP200N」です。 値段が手頃で、なにより有名メーカー製ということが決め手でした。 でもやっぱり本家は高い。 入門用なので値段優先です。 ゴリッゴリに効果アリ 初めて使った時は、とてもじゃないけど続けられない、と思いました。 肩甲骨から背中、腰、太もも、ふくらはぎ、あらゆる部位がゴリゴリに凝り固まっているため、ローラーに乗せるだけでも痛くて、1往復もできません。 正直、 恐怖を感じるほどの痛さです。 それでも、慎重にゆっくりとゴリゴリを続けました。 1週間ほど経つと恐怖は消え、さらに1週間経つと快感に変わり、ほぐすのが楽しみになっていきました。 痛気持ち良い、というやつです。 2ヶ月間、ほぼ毎日使った結果、体にも変化が見られるように。 体が軽く感じる• 寝入り、寝起きが良くなった• 姿勢が良くなり、視点が上がった• 指先まで温まる など。 そんな気がするという話ではなく、 はっきりと効果を感じます。 これは僕だけの感想ではなく、妻も同様の意見。 ストレッチポールを使う姿はあまり見かけなかった彼女も、フォームローラーに変えてからは毎日ゴリゴリしています。 あらゆる部位に使える 使用する部位を問わないことも、フォームローラーの良いところ。 先述の通り、肩甲骨からふくらはぎにかけて、体の背面側は隅から隅までほぐせます。 さらに太ももの前面や脇、胸など、体の正面部分や側面部分にもアタック可能。 当てる角度を調整すれば、 ほぐせるポイントは無限大です。 ストレッチポールとしても使える 長さが足りないので、乗せる部分は限られますが、 ストレッチポールのように使うこともできなくはありません。 ただしリラックスするには、硬さによる痛みを感じないことが前提にはなります。 コンパクトで自立するので置き場所に困らない ストレッチポールは約1mの長さがあったので、置き場所は悩みのタネでした。 リビングに出しておくと、まぁまぁ邪魔で目立ちます。 かと言って、押し入れにしまうと、途端に使わなくなってしまう。 その点、フォームローラーは コンパクトなので場所を取りません。 部屋に合う色味を選べば、 悪目立ちせず、インテリアと化します。 の製品は、どれも素敵です。

次の