安倍昭恵 森永。 安倍昭恵の実家は森永製菓?若い頃の学歴(成績)がヤバかった!

安倍昭恵の家系図は森永製菓だと判明!?若い頃の写真が流出!?

安倍昭恵 森永

聖心女子学院で、4年制の大学に進まないのはわずか1割以下。 昭恵夫人は、学歴を感じていたのだろう」(あるジャーナリスト) 物語の主人公は、首相(62)の昭恵夫人(54)。 1962年、創業家の長女として生まれた。 良家のお嬢様が通う聖心幼稚園に入園し、エスカレーター式で聖心女子学院初等科、中等科、高等科と進んだ。 その後、聖心女子専門学校英語科へ。 小中高の同級生が、当時を振り返る。 「けっして出しゃばらない人でした。 森永製菓のお嬢様ということは、みんな知っていましたよ。 そのころは地味な学校で、将来は結婚して、家庭に入るのが当然という雰囲気がありました」 専門学校を卒業し、電通に就職。 上司の紹介で父・晋太郎氏の秘書を務めていた晋三氏と出会った。 最初の待ち合わせに8歳年下の彼女は30分遅刻したが、3年後には結婚。 自民党幹事長、内閣官房長官と、スピード出世した夫とともに、2006年には44歳の若さでファーストレディに。 だが、「アッキー」の愛称で親しまれる一方で、昭恵夫人のコンプレックスは深まるばかりだった。 「当時本人は『首相夫人として何をやればいいかわからなかった』と言っていて、ニコニコすることしかできなかった。 各国のファーストレディの華麗な肩書に圧倒されているようだった。 でも、ブッシュ大統領夫人に、『自分が得意なことをやればいい』とアドバイスされ、『気が楽になった』と話していた」(前出・ジャーナリスト) だが2007年、晋三氏が突如辞任。 昭恵夫人はどん底に突き落とされたが、晋三氏が再登板するまで5年間、劣等感を振り切るような行動に出る。 そのひとつが大学院への進学だった。 2009年、彼女は、立教大学大学院に入学する。 彼女はNPO、NGO論などを学び、周囲には事業や団体などを立ち上げる人が多かったという。 大学院の同級生は、「リベラルな人が集まっていて、昭恵さんのなかで、自民党政治への懐疑の目が育まれたのだと思います」と話す。 そして彼女は、「大学院修了」という最終学歴を得る。 もうひとつ、熱を上げたのが「神社めぐり」だ。 昭恵夫人は、2014年から始めた首相公邸チャンネル「の幸せのカタチ」でこう語っている。 「主人が総理を辞めて、本当に落ち込んで、他人が笑っているのを見られないぐらいの精神状態だったとき、ふと、『神道』だと思ったんです」(2015年7月17日、「神道に魅せられて…」編より) 2012年には、東京・神田に居酒屋「UZU」をオープン。 『古事記』に登場する女神「アメノウズメ」からとったものだ。 「家庭内野党」を自負し、自民党へ向ける懐疑の目と、日本の伝統への傾倒。 一見、相反しているが……。 反原発活動や防潮堤問題などで、昭恵夫人の水先案内役を務めた、ジャーナリストの横田一氏が苦言を呈する。 「非常に感受性が強い方ですが、飽きっぽく冷めやすいところがあるんです。 原発問題では、当初考えと行動が首尾一貫していましたが最近は、原発発言は減り、熱は冷めたようです」 悪気はないのかもしれない。 だからこそ、夫は手を焼いてしまう。 「お嬢様特有のおおらかな性格で、物事を深く考えない。 森友学園の名誉校長になったことも、『どうしていけないの?』と、深刻さが理解できない様子だった。 安倍首相は『脇が甘すぎる』と怒っていた」(官邸担当記者) 自宅では1階と2階で別々に寝起きする夫婦ともいわれるが、離婚しないのには理由がある。 夫人の知人が明かす。 「安倍家は名門政治一家。 姑の洋子さんから小言をもらうことが多く、家庭内では気づまりだった。 安倍さんの首相復帰後は、完全に仮面夫婦。 『離婚を考えたことはないの?』と聞いたら、『外国に行けばVIPだし、どこに行っても特別待遇。 首相夫人を謳歌できると考えれば、離婚するつもりはまったくない』という答えが返ってきました」 コンプレックスを克服したかにみえる公人・アッキーの暴走が始まっている。 (週刊FLASH 2017年3月28日、4月4日号) 外部サイト.

次の

安倍昭恵の実家は森永製菓?若い頃の学歴(成績)がヤバかった!

安倍昭恵 森永

ファーストレディーとして、現在様々な問題を起こしている首相夫人・安倍昭恵。 安倍昭恵の若い頃は、どうやら 『美人』だが 『ヤンキー』だったという噂がネット上で騒がれています!! 更に、OL時代は 『パリピで宴会部長』だったと言われています!! 今回は、その真相について徹底的に調査していきたいと思います!! そこから見えてきたのは、安倍昭恵の 『驚愕の家柄』と、安倍昭恵の現在の 『奇行と愚行』の起源が見えてきました!! 更に、安倍晋三との結婚までの 『馴れ初め』と 『政略結婚説』、 『現在の仮面夫婦生活』について徹底的に暴露していきたいと思います!! では、今回も張り切って見て行きましょう!! 目次• 安倍昭恵のプロフィール 画像出典元: 本名:安倍 昭恵(あべ あきえ 旧姓:松崎 昭恵(まつざき あきえ) 生年月日:1962年6月10日 愛称:アッキー 安倍昭恵の若い頃の写真が流出! 画像出典元: 何かと世間を騒がせているファーストレディー『安倍昭恵』ですが、若い頃の写真が流出しています!! 上の写真が若かりし頃の『安倍昭恵』のようです! 現在とは別人クラスで美人ですよね・・・・・ 笑 現在の劣化は、歳のせいもありますが・・・・・・一番は首相夫人と言う重圧から来るストレスですかね・・・・・。 ですが、重圧がかかっているならば『現在の奇行』は起こさないとも考えられるので単に『劣化』かもしれません・・・・・ 笑 『安倍昭恵』の若い頃は、見た目通りの『ポンコツ娘』だったようなのです!!現在の奇行・愚行は若い頃に形成されたとも言われています!! 『安倍昭恵』の若い頃は、 美人だがヤンキーで夜遊びざんまいだったと言われています!!どうしようもない『チャラ娘』だったようです・・・・・・。 では、その詳細について見て行きましょう!! 安倍昭恵の若い頃は美人ヤンキーで夜遊びざんまい! 画像出典元: 画像出典元: どうやら調査をしてみると、 『安倍昭恵』は10代の頃から荒れていたと言われています。 ですが、この事実を両親は知らず表向きは『お嬢様』を演じていたようです!! と言うのも、親の目を盗み夜中に家を抜け出し 『ディスコ通い』をしていた様です。 見た目も当時流行っていた 『ソバージュヘア』にし、ヤンキー友達を引き連れ 『イケイケな夜遊びライフ』を満喫していたと当時の知人が証言しています!! 高校生だった頃は、制服の胸ボタンを開けて校則に従わない等、荒れていたとの証言も出ています・・・・・。 若い頃ですから・・・・・・少々羽目を外す事もあるだろうと思うのですが、現在暴露されてしまうのは立場的に危ういと感じます・・・・ 笑 表向きは『美人のお嬢様』を演じていた『安倍昭恵』ですが、 どうやら学歴と経歴に関して『嘘で固められている!』とも言われています! 全てがハリボテだったと揶揄される原因について徹底的に見て行きましょう!! 安倍昭恵の嘘で固められた学歴と経歴 『安倍昭恵』の学歴・経歴が『大嘘』と言われている根拠について詳しく調査してみると驚愕の事実が幾つも判明しました!! 正直な所、これが真実ならば 『詐欺決定』と筆者は感じます!! 気になる詳細について見て行きましょう!! 安倍昭恵は学歴詐称のペテン師決定! 安倍昭恵がサラッと経歴詐称している模様です。 ネット上に掲載されているインタビューで「私は短大を卒業したあと~」と言っていますが、聖心女子学院に短大は存在しません。 本当は聖心女子専門学校卒業なのに、なぜか短大と吹聴して回っている様子。 夫婦そろって経歴詐称ですか。 — HOM55 HON5437 まずは、安倍昭恵のこれまでの『学歴』について詳しく見て行きたいと思います!! 『安倍昭恵』は、幼稚園から『聖心女子学院』に通っていました!! 基本的には、この学校に関してはエスカレーター式に進学し4年生大学に進学するようですが『安倍昭恵』は違いました!! と言うのも、 『大の勉強嫌い』であり大学入学を逃したようです。 学生時代の 『派手な夜遊び』が原因だったと言われています。 このルートを通らない学院性は 『全体の1%にも満たない』と言われています!!どれ程、学力が低かったかが想像出来ますね・・・・・・・ 笑 その結果、2年制の聖心女子専門学校に進学する事になりました! ここに『学歴詐称』がありました!! 現在の『安倍昭恵』の学歴は『短大卒業』と公言していますが、聖心女子学院に短大は有りません!! イケイケ時代。 — mold lautream 社会に出た際に、社内の広報誌に『安倍昭恵の学歴』が記載されていますが、 当時は『聖心女子専門学校英語科』とハッキリ書かれています!! 首相夫人になり、学歴をよく見せる為に『詐称』した事は明白であると考えられます!! 当時に友人の証言の中にも、 ハッキリと『聖心女子専門学校英語科』に通っていたと証言されています!! 『派手めの服装でブランド物のバッグを持ち、ゴルフにテニスにスキーに、流行のスポーツをこなしていた。 一方、ディスコには高校時代も専門学校時代も通っていたようです』 安倍昭恵の知人 中々のペテン師ですよね・・・・・・現在の愚行・奇行が頷けるのではないでしょうか? 更に調査していくと専門学校卒業後は、コネで大手である 『電通の社員』になったと言われています!! その詳細について見て行きましょう!! 安倍昭恵はコネで電通社員になった! 画像出典元: 後程、詳細を記載しますが『安倍昭恵』はとある企業の『令嬢』でありました!! 両親も企業の事や自身の保身も考え、この 『ヤンキー娘をどうにかしなければ!!』と考えていたようで、 コネで安倍昭恵を『電通』に就職させたと言われています! 大手企業の社長の息がかかれば、そのようなコネ入社はあっても何ら不思議ではありません!! 安倍昭恵が配属になったのは電通の中でもエリートコースの 『新雑局』でした!! 出世街道が約束された部署とも言われており、誰もが憧れる部署のようです!! そんな部署に『安倍昭恵』が実力で入ったとは到底思えません!!『大の勉強嫌い』なら尚更です!!そう考えると『コネ入社は濃厚』であると考えられます!! では、電通時代の安倍昭恵は『職務を全う』していたのでしょうか?調査していくと、ここでも『愚行』を働いていました!! その詳細を見て行きましょう!! 安倍昭恵の『宴会部長でパリピの電通時代』 A post shared by akieabe on Nov 7, 2019 at 6:16pm PST 『安倍昭恵』は電通に入社後も仕事以上にプライベートを重視していたと言われています!!仕事について実績等の情報はありませんが就業後の行動が、どうも破天荒だったそうです!! 冒頭の若い頃の『安倍昭恵』は、一般的に見たら『美人の部類』である事は否めません!!その『美貌』と10代からの『遊び人魂』から、 電通社内では『 宴会部長』と言われ重宝されていたそうです!!媚びを売るのと色目を使うのが上手かったようです!! 『昭恵さんはディスコ好きで、酒に滅法強い。 社内に好きな男性がいて、なんでも親の力を使って結ばれようと画策したものの、うまくいかなかったとか』 知人が『宴会部長』だったと語っているように仕事を舐めているとしか思えません・・・・・・・。 更に親の権力を使い、意中の男性をモノにしようとするあたり『ゲスの極み』です!!両親からしたら『バカ娘』でしかありません・・・・・・・こんな伝説は残したくないものです!! 更に、社内だけに留まらず10代からのディスコ通いは健在で『 ジュリアナ東京』のVIP席で豪遊しているのを度々目撃されていたようです!! ほぼナンパ目的のディスコ通いだったのは確実です!!『尻軽・能天気女』のまま、現在も破天荒ぶりを継続している事が分かります!! 『安倍昭恵』の社会人とは言い難い『OL時代』を見てきましたが、ここで気になるのは親の力を存分に利用してきた事だと思います!! 安倍昭恵は『社長令嬢』だと言われていますが、では真相はどうなのでしょうか?調査してみると驚愕の事実が判明しました!! その詳細について見て行きましょう!! 安倍昭恵は森永製菓の社長令嬢!驚愕の家系図公開! 画像出典元: 調査してみると、『安倍昭恵』の両親は『森永製菓』の一族である事が判明しました!!• 父親:松崎昭雄 森永製菓5代目社長• 母親:松崎恵美子 『森永製菓』の社長令嬢ともなれば、学歴だろうと経歴だろうと幾らでもコネが使用出来る事は間違いありません!! ですが、父親が会社社長ですと反発から『子供はグレる事』もあると思います!!その結果、『モンスター昭恵が誕生』してしまったと考えられます!! 更に、安倍昭恵の家系が驚愕だと言われています!!その詳細についても見て行きましょう!! 安倍昭恵の家系は超エリートばかり! 画像出典元: 上の図が『安倍昭恵の家系図』です。 見て頂くと分かると思いますが、安倍昭恵の母親である『森永恵美子』が森永家の直系である事が明らかです!! これだけの名門一家ならば、一般的な感覚が無いのも仕方ないかもしれません・・・・・・。 『上級国民』と揶揄されても仕方ありません・・・・・。 ですが、『教養』や『モラル』が無いのは首相夫人としては有り得ません・・・・・・。 育ちのせいにする年齢でもありません・・・・。 現在の安倍昭恵が馬鹿と言われる原因は幼少期にあった!? 安倍昭恵が『馬鹿』だと言われる原因が『育ち』ではないかと言われていますが、どうやら違うようです!! その原因は、『幼少期』にあるのではないかと言われています!! その詳細について見て行きたいと思います!! 安倍昭恵の幼少時代は人格が別人 画像出典元: 『安倍昭恵』は幼少期は、現在とは人格・性格が別人だったと言われています!! 肌の色が白く、手足が細長く、夜泣きが酷く、ミルクも吐くなど両親も心配が絶えなかったと言われています。 その後の『幼稚園時代』も、おっとりとしていて目立たない存在だったようです!! 安倍昭恵の愚行・奇行癖の発端は留学が原因か? 画像出典元: 『おっとりとした目立たない存在』であった安倍昭恵の人格が豹変するきっかけになったと言われているのが、 『 11歳の留学 』です!! これは、小学校時代にシスターから 『もう少し積極性を出したら?』と言われ心境がガラッと変化したようです。 これをきっかけに 『カナダへの1か月留学』を決意したようです!! 現地の人達と交流した事で、積極性を発揮できるようになったと言います!! この『積極性』が後々の人格形成に多大な影響をもたらしたと言われています!! ここまで、『安倍昭恵』の若い頃の経歴や行いを多数見てきましたが・・・・・では、 安倍昭恵と安倍晋三の馴れ初めは一体どのようなものだったのでしょうか? 詳細を見て行きましょう!! 安倍昭恵と安倍晋三の馴れ初め A post shared by akieabe on Jan 19, 2017 at 8:06pm PST 安倍昭恵と安倍晋三の馴れ初めは、どのようなものだったのでしょうか?その詳細を見て行くと、2人の出会いと結婚についても様々な周りの人の力が働いている事が判明しました!! では、まずは2人の出会いについて見て行きましょう!! 安倍昭恵と安倍晋三の出会い 画像出典元: 安倍昭恵と安倍晋三との出会いは、『電通時代』だったようです。 当時の上司に紹介されたのが『安倍晋三』だったようです!!これは、実際の所は 『お見合い』だったと言われています!! この出会いをきっかけに交際をスタートさせ、 1987年6月9日に籍を入れたようです!! 安倍昭恵と安倍晋三の結婚は政略結婚! 画像出典元: この2人の結婚は、 政略結婚だったと言われています!!と言うのも、電通時代に安倍晋三を紹介された際に、安倍昭恵は知人にこんな事を漏らしていたそうです!! 『 お見合いで オジサンを紹介されたの。 政治家の家とか堅苦しそうだけど、先方が乗り気だから仕方ない・・』 このように発言していたようです!!と言うのも、 この当時『森永製菓』の事業が危機を迎えていたようで家の為に結婚に至ったとも言われています!! 安倍晋三の家柄は、超一流の家柄で『華麗なる政治家一家』でもあるので『安倍昭恵の両親』にとっても、かなりの良縁だったと思われます!! 安倍昭恵と安倍晋三は仮面夫婦! 画像出典元: 政略結婚の安倍昭恵と安倍晋三ですが、やはり『恋愛結婚』では無かった事が原因で現在は『仮面夫婦』だと言われています!! 現在は、2人の間に子供もおらず夫婦での生活にも息が詰まっているとも考えられます!!近年は、安倍昭恵の『奇行・愚行』がニュースを度々騒がれています!!夫婦での公務も演技だとも言われています!! 安倍晋三は、そんな仮面生活に対して不満を側近に漏らしているようです!! 森友学園問題が長期化し、メディアと野党のバッシングが酷くなった際には安倍昭恵に対して『露骨に苛立つ』様になったようです!!安倍昭恵は深刻さを理解しておらず、 『自分の方が偉いとでも思っているのか!』と安倍晋三は怒りを露わにしていたようです!! 更に安倍昭恵の『奇行』が報道される度に、安倍晋三は 『昭恵はただの目立ちたがりなんだ。 何もわかっちゃいないし、わからせることもできない。 離婚ができるならとっくにしてるよ。 (総理という)立場がなければね』とも発言しているようで、夫婦関係が破綻している事が明らかになりました!! しかし、安倍昭恵の問題が報道される度に庇い続けている安倍晋三は、イライラしながらも時に離婚したいと言いながらも、周囲に1度だけ 『それでも愛してるんだから仕方ないじゃないか!!』と発言したようです!! かなり複雑な心境である事は、間違いありません・・・・・・・。 政治家としては、『本当に無能』だと感じますが・・・・・・旦那・夫と言う立場では、同情してしまう部分もありますが・・・・・・。 夫人をコントロールしながら、国民の為にもより一層頑張ってもらいたいものです!! まとめ ・安倍昭恵の若い頃は、 美人でしたが夜遊びざんまいでディスコ通いをしていた事が判明!! ・安倍昭恵は 学歴を詐称している事が判明!!短大卒は『デマ』で真実は『専門学校』を卒業している!原因は学力が足らず、進学が出来なかった事である!! ・安倍昭恵は 『電通』に入社しているが、それは親の力を利用した『コネ』である事が判明!! ・安倍昭恵は『電通時代』は美人と評判で 『宴会部長』として仕事以外で忙しかったと判明!! ・安倍昭恵の家柄は 、『森永製菓』の社長令嬢である事が判明!! ・安倍昭恵の現在の奇行・愚行は、 幼少時代の『カナダへの留学』が起因していると考えられる!! ・安倍昭恵と安倍晋三は、 電通時代の上司からの紹介でお見合いをしたことが馴れ初めと判明!! ・安倍昭恵と安倍晋三は、 家の為の政略結婚である事が判明!! ・安倍昭恵と安倍晋三は、 現在仮面夫婦であるが安倍晋三は複雑な胸の内を吐露する事が多く、首の皮一枚で夫婦関係を保っている事が判明!!.

次の

安倍昭恵の若い頃が頭悪すぎでヤンキー?家系図は森永製菓お嬢様!

安倍昭恵 森永

自民党の総裁選に安倍首相が勝利しましたね。 その夫人である安倍昭恵さんは、森永製菓のお嬢様です。 森永製菓のお菓子を食べたことのない日本人などいないでしょう。 【参考】 安倍昭恵夫人の経歴 まずは、安倍昭恵さんの基本的なプロフィールを確認。 旧 姓:松崎昭恵 生年月日:1962年6月10日(2018年で56歳) 出 身:東京都 出 身 校 :聖心女子学院聖心女子専門学校 立教学院立教大学大学院 職 務:内閣総理大臣夫人 役 職: 森友学園「瑞穂の國記念小學院」 名誉校長(2017年2月辞任) 「御影インターナショナルこども園」 名誉園長 一般社団法人 「鈴蘭会」 名誉会長 80年代スキー復活実行委員会 名誉会長 ミャンマー祭り実行委員会 名誉会長 NPO法人メコン総合研究所 名誉顧問 古民家再生宿泊施設「田楽庵」 名誉会長 おんなたちの古民家 名誉会長 東京宗像会 名誉会長 社会福祉法人中部少年学院後援会 名誉会長 NPO法人「アース・アイデンティティー・プロジェクツ」 名誉会長 一般社団法人「スーパネスンスアカデミック」 名誉会長 ローズの会 名誉会長 全国身体障害者ほじょ犬サミット実行委員会 名誉会長 NPO法人「US-Japan LINK」 名誉会長 おなごの会 名誉会長 FUJISAN 地球フェスタ WA 2016発起人及び実行委員会 名誉顧問 一般社団法人「UKC JAPAN」 名誉顧問 JAL向津具ダブルマラソン 名誉顧問 全国棚田サミット 名誉顧問 一般社団法人 「日本障がい者雇用推進協会」 名誉顧問 女性未来農業創造研究会 名誉理事 ハイスクール世界サミットin福島大会 名誉顧問 一般社団法人 「日本ヒートアイランド対策協議会」 名誉顧問 日本エシカル推進協議会 名誉顧問 メディアに出るたびに国民のはてなスパークを誘発する安倍昭恵夫人ですが、ふだんどんな仕事をやっているのか調べてみたところ、総理夫人なのですからいろいろな団体から声がかかるものですが、不思議と「名誉」ばかりがついてます(爆笑)。 こういった肩書きにこれだけ「名誉」がつく理由は、 「ちょっとだけ関係を持って、総理大臣の影響力のおこぼれにあやかりたい」 という団体側の本音のあらわれです。 アベトモ候補ですね。 安倍昭恵夫人はそういう団体側の思惑を知ってか知らずか(たぶん利用されているんでしょうけれども)、善意の権力を行使できる対象がたくさんある方が、その分優越の満足に浸ることができます。 脇の甘すぎる善意につけこまれて多くの人に利用され続け、人間の本音に無神経で無頓着な安倍昭恵夫人の背景について調べてみました。 安倍晋三氏は あんなんでもものすごい名家出身のボンボンで、そうそうたる顔ぶれの親戚がわさわさしており、こちらを入れたら複雑になりすぎるので昭恵夫人の外戚関係は割愛します。 ここでは、昭恵夫人の実家の血筋にのみ焦点を当てて説明していきます。 スポンサーリンク 曽祖父・松崎半三郎 1874~1961 松崎半三郎氏は昭恵夫人の曽祖父、つまりひいおじいさんは、森永製菓の創業者の一員です。 森永製菓というのももともと、森永太一郎という人が1899年(明治32年 に設立した「森永西洋菓子製造所」が前身。 森永太一郎は半三郎氏より9歳年上で、没落した商家に生まれましたが明治という時代に渡米し、人種差別の苦難にあいながら様々な西洋菓子の製法を身に付け、森永製菓の前身となる「森永西洋菓子製造所」を設立、日本に西洋菓子を普及させました。 ちなみにキリスト教徒です。 半三郎氏は貿易会社に勤めていましたが、1905年の31歳の時に経営実務担当のパートナーとして森永太一郎氏に森永西洋菓子製造所に迎え入れられました。 以後、最近まで森永家と松崎家が交代で社長に就任しています。 最初から半三郎氏とは共同経営者的な立場で、招聘時から専務待遇だったようです。 1935年の61歳から1946年の72歳までの11年間、森永製菓の社長をしており、太平洋戦争中の激動の時代の日本人の食事を支えました。 日本陸軍医学校と共同でペニシリンの開発に着手し、国産ペニシリン「碧素一号」を完成した時の社長で、戦争で傷ついた人々を救った時の社長です。 戦争終了後に社長は退任していますが、その後は会長・相談役を歴任しています。 享年87歳。 副社長であって社長には就任しておらず、表立って目立たない2代目だった様子。 「ホットケーキの素」が販売された頃の人で、エンゼルパイ、キョロちゃんデザインのチョコボール、チョコフレークなど、むかし懐かしのチョコレート菓子がたくさん開発されました。 奥さんは医者・大学教授の家系で、1男4女をもうけました。 享年99歳。 父・松崎昭雄 1931~ まだ存命ですが、やはり森永製菓に人生の全てを捧げています。 東京都生まれ。 1955年 22歳で立教大学経済学部卒業、森永製菓に入社。 1974年 43歳で森永ゼネラルミルズ社長。 奥さんの旧姓は森永恵美子さんで、創業者の太一郎氏の孫娘です。 繰り返すようですが、森永製菓は2012年までの約100年間、森永家(製造技術)と松崎家(番頭)のツートップ体制で経営されてきています。 それがこの時、3代目の松崎昭雄氏の代になって、森永家と松崎家が婚姻により統合されました。 その結果生まれたのが昭恵夫人。 昭恵夫人の両親は、ふたりとも森永製菓の創業家の直系の血筋であり、つまり森永家と松崎家の ハイブリッドなのです。 なお、昭恵夫人には同じ 森永製菓ハイブリッドの弟がおり、松崎勲 2018年で53歳 という方で、やはり森永の執行役員をしております。 この人は大ヒット商品「ウィダーinゼリー」を販売した人です。 また、今まであまりに長いあいだ森永と松崎で固めた経営をしてきた森永製菓ですが、兄弟会社である森永乳業と統合話が出た時にいろいろすったもんだがありまして、現在の森永製菓の社長は創業家以外の人が社長に就任してます。 スポンサーリンク 森永ハイブリッドの昭恵夫人 森永製菓は「製造技術の森永家」と「番頭の松崎家」のふたつの血統で運営されており、交互に社長を輩出しています。 昭恵さんは母親が森永家、父親が松崎家の出身で、ふたつの家が統合した結果生まれた人です。 旧姓が「松崎」ですので、番頭の家の方の出身です。 「森永のご令嬢」昭恵夫人は、母親と同じ聖心女子学院聖心女子専門学校を卒業しています。 聖心女子というのはご存知のとおり、東京都港区白金に所在する、シロガネーゼな完全小中高一貫教育の私立の女子小学校・中学校・高等学校です。 イメージがだいぶ壊れますが、昭恵夫人は「生粋のお嬢様」という種族です。 何不自由なく育った昭恵夫人ですが、派手好きでキャリア志向が高く、広告業界で仕事をするために聖心女子「大学」ではなく聖心女子「専門学校」の英語科へ内部進学。 ときどき「昭恵夫人は成績が悪かったため大学に行けなかった」と噂されますが、早く社会に出て仕事をしたかったという動機だったのだとすれば、筋は通っているように思えます。 しかし、噂ではディスコに通ったり不良気味のファッションをしたりと、意外と活発に遊び歩いていたとききますので、やっぱり成績はイマイチだったのでは。 そして卒業後は電通に入社しました。 バブルまっただ中の1987年。 森永ハイブリッドのご令嬢でもありますし、万が一どんなに成績が悪くても、入社は容易だったでしょう。 しかし、 電通の上司の紹介で1984年の22歳の時に安倍晋三と出会い、1987年6月に25歳で結婚し、退社しています。 この電通の上司が安倍総理の友人で、「会ってみないか」と安倍総理を昭恵夫人に紹介したのです。 初めて安倍総理(この時は大臣やってた父親の秘書官でした)と昭恵さんが顔を合わせたのは、原宿のパブ。 その時の昭恵さんに対する第一印象は、 「約束の時間に30分くらい遅刻してきた」らしく、あまりよい印象ではなかったそうです。 大臣の息子を待たせるなんてすごい神経ですねえ。 その後は話が合い、世間知らずのお坊ちゃんとお嬢さんどうしで、ウマは合ったんじゃないかと思います。 日本が誇る大企業、 森永ハイブリッド出身とは言え、まあものすごい家に嫁いだものだと思います。 その後は、不妊に悩んだり、姑・安倍洋子さんとの確執に悩んだ時期もありました。 阿部洋子さんというのはもちろん安倍晋三氏の母親で、夫に阿部晋太郎元議員、父親に岸信介元総理、叔父に佐藤栄作元総理を血族に持つ、 安倍家のゴッドマザーです。 唯一昭恵夫人にモノを言うことができたという阿部洋子さんさえ、空気ノーリーディングの昭恵光線で撃退。 森永つええええええええ^^;。 そんな阿部洋子さんをして 「この嫁は何を言っても無駄」とまで言わしめ匙を投げられた昭恵夫人の破天荒レコードは、現在も更新中です。 まとめ: 森永製菓さんは、子女の教育をしっかりしてください。 日本を代表する大企業の創業者一族出身で、それぞれすごい家に嫁いだのに、 正田家 美智子皇后陛下の実家は日清製粉グループ とはずいぶん違うなあ……。 私たちが使ったお金の利益で日本国民をげんなりさせるような人材を製造するなんて何やってるんですか。 甘くていいのはお菓子だけです、一族の子女の頭の中まで甘くしてどーすんですか。 製造責任とってください。 伝統ある大企業の令嬢となると、うっかり政治家の家に嫁ぐことだってあるんです。 いえもううっかりじゃすまされません、そちらの会社の管理不行き届きで、どれほどの不利益が国民に降りかかっていることか。 昭恵夫人は名家出身としては珍しく、海外留学経験はないんですね。 「森永」という血統的に純粋な背景を持ち、聖心女子というお嬢様空間で純粋培養され、社会に出た経験も実質4年程度年しかありません(うち3年は政界の御曹司とお付き合いなので、気を遣われたんだろうな)。 世の中のことを全く知らないので、お嬢様育ちらしく、「私私私」と頭にお花を咲かせるばかりで深く考えないタチなのでしょう。 その場で求められる行動のポイントをいちいち外し、相手の要求に照準を合わせることがそもそもできない、そしていつまでたってもできない人なのです。 電通の上司が昭恵夫人に友人とはいえ安倍晋三氏を紹介したのも、仕事上あまりに使えなかったからで早くいなくなってほしかったからじゃねーの?と思います。 ファーストレディになってからの、あの 怪光線スパーク乱れ打ちぶりをみると、どうしてもそんな気がするんですけど……。 昭恵夫人は、安部総理と結婚してわずか6年後には「衆議院議員夫人」、さらにその3年後には44歳という若さで「内閣総理大臣夫人」になります。 無邪気で未熟な精神のまま、一国の最高権力者の妻になってしまったのです。 実家も学歴も「純粋」すぎた昭恵夫人。 私は安部総理のことは好きではないのですが、悪妻に悩まされる男性の悲哀は少し理解できますので、大変なんだろうなーと思います。 純粋培養のお嬢様に、財力と権力がブーストされると各方面に甚大な影響が出るという、良い例です。 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の