審査 が 緩い クレジット カード。 審査で比較!クレジットカード

審査が甘いクレジットカード10選!一番審査が甘いのは?

審査 が 緩い クレジット カード

「完全に」審査なしで作れるクレジットカードは無い 結論から言いますと、審査が全くないクレジットカードというものは存在しません。 残念ながら「」をクリアした人にしかカードを発行できません。 なぜクレジットカード審査が必要なのかと言いますと、クレジットカード(信用カード)とは、商品を購入する際に提示することで、カード会社に商品代金を立て替えてもらい、後払いでカード会社に対して代金を返す仕組みです。 カード会社にしてみれば、 お金を一時的に立て替えているので、きちんと返済してくれる人でなければカードを使わせるわけにはいきません。 そのため、 事前に申込者の返済能力を調査し、立て替えたお金を返してくれる人かどうかを審査して、カードの発行可否を判断する必要があるのです。 申込者のクレジットヒストリーに問題がないか• 申込者の申告内容がカード発行の基準に達しているか 【審査基準1】申込者のクレジットヒストリーに問題がないか カード会社の審査では、「個人信用情報機関」の情報を参照し、申込者のクレジットやローンの利用履歴であるに延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報がないか調べます。 そこで、 過去に金融事故情報を起こしている場合、基本的にはクレジットカード審査には通りません。 国内3つの個人信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されてしまう条件は以下の場合です。 また、30代後半になってもクレジットヒストリーがない人もクレジットカードが作れません。 これは、ブラックとして登録される期間が5年~10年なのですが、その期間を終えた「喪明け」や「」と呼ばれる、 前科があるような状態と同じだからです。 【審査基準2】申込者の申告内容がカード発行の基準に達しているか カード会社では、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「」という手法で審査を行っています。 スコアリングでは、「属性」と呼ばれる 職業や勤続年数、年収などの項目を、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。 例えば 勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。 スコアリングの結果、 各カード会社が独自に設定する基準点数を満たせていなければ、審査に落ちてしまいます。 点数化する属性はカード会社によって異なりますが、年収・職業・勤続年数・勤務先の従業員数・居住形態・居住年数などの項目は、どの会社でも共通して点数化されています。 審査なし同然!無職やブラックの人でも作れるカード 過去に支払いを3か月以上滞納してしまったり、自己破産を行ったなどの理由で 信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されている人は、・・・といった 一般的なカードに申し込んでもほとんど審査に通りません。 何枚も申し込めばどれかが通るかも?と可能性を信じて複数枚のカードに申し込んでも、 信用情報機関には申し込みの履歴や審査落ちの履歴も残っているので「」扱いにされてしまうので、むやみに申し込むのはやめましょう。 どうしても確実にクレジットカード、もしくはクレジットカードの代わりになるカードが欲しいのであれば以下のカードであれば、たとえ 延滞を重ねた上で債務整理をおこなった超ブラックの人でも審査なしも同然に作ることが可能です。 家族カード• デビットカード• プリペイドカード 以下でどういうカードなのか、順に説明していきます。 家族カードならブラック・無職でも審査なし同然でクレジットカードが作れる クレジットカードの審査に通らない人がカードを作る手段に、 審査なしも同然の「」を作るという方法があります。 家族カードとは、契約者である本会員の高校生を除く18歳以上の家族に発行できるカードで、家族カードの利用代金も本会員が支払うため、家族会員に返済能力がなくても、本会員に安定した収入と返済能力があれば作ることができます。 家族カードの契約者は本会員なので、家族会員に対する審査はほとんどありません。 すでに本会員がカードを持っている場合は、本会員に滞納などがなければ家族カードは発行されます。 家族カードの申し込みでも本会員の利用状況に問題があるなど、本会員が原因で家族カードの申し込みが却下されることもあります。 「確実」「100%」というわけではないので注意しましょう。 審査なしも同然の審査難易度の低いカード 審査に通らないので審査が甘いクレジットカードがあれば申し込みたいと考えている方も多いはず。 クレジットカードは、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードといったカードは審査難易度が厳しいということはよく知られていますが、 発行するカード会社によっても審査難易度が異なるということをご存知でしょうか? 例えば、アメックスやダイナースクラブカードなどのいわゆる「外資系カード」は審査難易度が厳しいことでも知られていますよね。 カード会社と審査難易度の具体例は以下表をご覧ください。 カード会社の種類 審査難易度 代表的なカード 独自 甘い 普通 普通 厳しい 外資系カード 超厳しい これは一般的に言われている審査難易度の順番なので、流通系カードの審査に落ちた人でも信販系カードの審査に通る場合も十分にあります。 は、ダイエー傘下のOMCカードと合併したセディナが発行する年会費無料のカードです。 申し込み資格は18歳以上で電話連絡が可能な方となり、収入のない主婦でも申し込み可能です。 セディナカードの審査ではクレヒスより積極的にカードを利用してくれるかを重視するため、他社で審査落ちした方でも作れる可能性があります。 (とはいえ、ブラックの人だとこのカードよりも上記で紹介しているの方がおすすめ) 支払い方法や毎月の支払い額が選べるのが特徴で、余裕がある月はインターネットやATMで支払うこともできます。 ですが、支払い方法を全額払いに設定すると金利手数料が無料にすることが可能です。 セブンイレブンやイオン、ダイエーなどで還元率3倍(1. 5%)、かわいいハローキティデザインのカードも選べます。 審査難易度が極甘なクレジットカードでいうと「SBS Premium Card」(SBSプレミアムカード)があります。 このカードは 過去に支払いの延滞をした人や収入が不安定な人でも、デポジット(保証金)として最低10万円を支払うことで利用できるカードです。 (現在も滞納している場合は審査不可の可能性大) デポジットが10万円の場合は限度額も10万円と低めですが、より高いデポジットを支払うことで限度額も上げることが可能です。 もちろん、デポジットはあくまで保証金なので、カード退会時に全額戻ってきます。 デポジットも年会費も高めですが「とにかくクレジットカードが必要」「クレカを作ってクレヒス修行をしたい」という人にはおすすめのカードです。 Tカード プラス(SMBCモビットnext)は、SMBCモビットと三井住友カードが提携した 年会費無料のカードです。 このカードは通常のクレジットカードとは異なる審査基準の「」に含まれます。 一般的なクレジットカードは過去の支払い実績や現在の職業などから「お金に困っていない人」を評価しているのに対し、 消費者金融系カードは「お金に困っている人」を対象にして発行しているカードなので、クレジットヒストリー(過去の支払い実績)よりも現在の収入を重視してくれます。 消費者金融系カードには「」というカードもありますが、ポイントが貯まらず、ETCカードも発行できず、リボ払い専用のため手数料がかかるといったデメリットがあるのに対し、Tカード プラス(SMBCモビットnext)は、 Tポイントが貯まり、ETCカードが発行でき、新規入会時は「マイ・ペイすリボ」の支払い方法ではありますが、入会後に通常の支払い方法に変更も可能と、利用のしやすいカードになっています。 デビットカードなら無職でも審査なしで作れる クレジットカードの審査に通らない人でも、 デビットカードであれば職業をもたない「無職」の人でも審査なしで作ることができます。 デビットカードとは、クレジットカードと同様に店頭やネットでの買い物で利用することができる、銀行が発行しているカードです。 クレジットカードは商品代金を後払いでカード会社に返しますが、デビットカードは自分の銀行口座から即時に利用代金が引き落とされます。 銀行が商品代金を立て替えるわけではないため、銀行にとっては貸したお金を返してもらえないリスクがありません。 そのため、デビットカードはクレジットカードと同じように利用できるにもかかわらず、審査なしで作れます。 審査なしのデビットカードを作りたい人におすすめなのが、楽天銀行デビットカード(Visa)です。 楽天銀行デビットカード(Visa)は、と同じ楽天銀行株式会社が発行するデビットカードで、楽天市場や楽天トラベルといった楽天系のサービスで利用することでポイントがお得に貯まるカードです。 「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」は税抜2,000円の年会費、白い券面の「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」は年会費永年無料で持つことができます。 デビットカードでも審査に落ちる可能性があるカードもありますが、 楽天銀行デビットカード(Visa)は公式サイトで「入会審査不要!」「審査なし」と明確に記載してあるので審査に落ちる心配のない、 誰でも作れるカードです。 家族カードとデビットカードはクレヒスが作れないのがデメリット 家族カードとデビットカードに共通するデメリットとして、クレジットカード審査に通るためにもっとも重要視される、クレジットカードの利用履歴()が作れないことが言えます。 カード会社は審査の際、過去の利用履歴を見て「この人はカードを使ったらちゃんと返済してくれる人だ」と判断するため、ほとんどのクレジットカードの場合、クレヒスがないと審査で厳しく見られてしまいます。 そのため、 クレヒスを審査基準にしていないアコムが発行する「」をまず作って、クレヒス修行と言って、毎月少額でもクレジットカードを利用してクレヒスを作っていく人も多いです。 プリペイドカードも審査なしで発行できる プリペイドカードもクレジットカードと同様に使え「審査不要」、「審査なし」、「無審査」で発行できるカードです。 プリペイドカードとは、 カードにチャージ(入金)した金額内で決済可能なカードのことを言います。 suicaやPASMOといった電車に乗る際に使うカードと同じイメージです。 チャージ方法は、コンビニ払いや銀行口座からの引き落とし、携帯電話料金と一緒に支払いなど、カードによって様々です。 クレジットカードとの大きな違いは、 クレジットカードが翌月後払い制なのに対して、カードにチャージした金額から即時カード利用分が決済されるという点です。 (プリペイドカードもクレヒスは作れません) デビットカードは銀行口座が作れる年齢(16歳以上)であれば誰でも持てるカードなのに対して、プリペイドカードはカードによって何歳からでも持てるカードです。 以下で人気のプリペイドカードを紹介します。 スマホアプリだけで決済可能なVISAブランドのプリペイドカード LINE Payカード は、全世界4億人を超える会員数を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を管理しているLINE株式会社が発行するプリペイドカードで、発行手数料や年会費が無料、LINEアカウントさえあれば年齢や職業など一切問わず必ず審査に通るカードです。 貯めた「LINEポイント」の交換先もLINE内のサービスやAmazonギフト券、マイルなどで使いやすいことで利用者も多いカードです。 <> 審査通過のためのコツ・テクニック ここまで、審査に通らない理由について説明してきましたが、それでは審査通過するためにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、審査通過のためのコツやテクニックを解説していきます。 ブラックの人は延滞金を完済して「喪明け」を待ってから申し込む ブラックリストとなった場合、自分でブラック情報を消すことはできません。 滞納のブラック情報が消えるのは「契約終了後5年間」となるため、 完済して滞納を解消しなければ更にブラック期間は延びてしまいます。 例えば、滞納を起こしてブラックとなった際にすぐ滞納を解消すれば約5年間で「喪明け」となりますが、ブラックとなった後も更に1年間滞納を続けているとブラック解消までに6年間かかるのです。 クレジットカードの審査に通るために「クレヒス修行」をしよう クレジットカードやカードローンの支払いを遅延なく毎月利用していくと、いわゆる「良いクレジットヒストリー」が個人信用情報機関に貯まっていき、カード会社が審査を行う際に「この人は利用した金額をきちんと返済してくれる人だ」と判断してもらえるので、審査難易度の高いカードでも審査に通過しやすくなります。 また、クレジットヒストリーが無いまま年齢を重ねていくと、ブラックリストの情報保存期間後と同じ「」と呼ばれる状態になるため、 クレジットカード審査に通過しにくくなるのはもちろんのこと、お金を借りたいのでカードローンを利用したい!住宅ローンを利用したい!車のローンを組みたい!という場合にも、審査に通りづらくなってしまいます。 クレジットカードなどの各種審査に通るために毎月カード利用をして個人信用情報機関にコツコツ良いクレジットヒストリーを築き上げていくことは「」と呼ばれています。 後で説明する デビットカードやプリペイドカード、家族カードはいくら利用しても、クレヒスが個人信用情報機関に記録されないというデメリットがあるので、「審査なし」という言葉ばかりを重視せずにクレジットカードを利用していくのが良いでしょう。 キャッシング枠はなるべく低い金額で申し込む キャッシング枠とは、クレジットカードでお買い物をする際に利用する金額の上限である「ショッピング枠」とは別の、お金を借りるための上限金額のことです。 多くのクレジットカードは、申し込み画面で「キャッシング枠」の金額を設定できるのですが、ここでなるべく低めの設定金額で申し込むことで審査通過率が上がり、審査も早く完了します。 (カードにもよりますが大体0円で申し込み可能です。 ) なぜなら、ショッピング枠を得るための「割賦販売法」に基づく審査より、キャッシング枠を得るための「貸金業法」に基づく審査は、年収の3分の1以上借り入れをできない「総量規制」という法律に引っかかる可能性もあり、2種類の審査に通過する必要があるからです。 クレジットカードが手元に届いてからでも、キャッシング枠の増枠はインターネットや電話で可能なので、とりあえずクレジットカードの審査に通りたいという方は、 まずキャッシング枠無しで申し込むことをおすすめします。 すぐにクレカが欲しい方は「即日発行可能」なクレジットカードがおすすめ 「審査の時間を待ってられない」という理由で審査なしのクレジットカードを探している方は、即日発行可能なクレジットカードを申し込むのがおすすめです。 一般的なクレジットカードの場合は、審査にかかる時間だけでも1~3週間かかるところがほとんどという中、即日発行可能なカードはその名の通り申し込んだその日のうちに審査回答、カードの発行、カードの受け取りまでができるというものです。 即日発行でクレジットカードを作る場合、郵送ではその日のうちにカードを受け取れないので、自分で店頭(店舗のカウンター)にカードを受け取りに行く必要があります。 審査基準がクレジットカードの審査よりもカードローン審査の方が甘いので、とにかく急ぎでお金を手にしたいという人はカードローンの利用がおすすめです。 「お金がないのでクレジットカードのキャッシングを利用したい」「お金がないのでクレジットカードで支払いを次月以降にしたい」ということであれば、即日融資可能で無利息期間のあるカードローンを利用してクレヒス修行をするのはいかがでしょうか。 カードローンにも必ず審査はありますが、消費者金融のカードローンは過去の利用履歴()を最重視するクレジットカードの審査基準とは異なり、 アルバイト・フリーターでも働いていて支払い能力があるとみなされれば、クレジットカード審査で落ちた人でも通過できる可能性が高いです。 アイフルの申し込み方法はで申し込み手続きをし、最短30分の審査完了後、インターネットや電話で振り込んでもらい融資を受ける方法と、アイフルの無人契約機「てまいらず」でカードを受け取って銀行やコンビニのATMで融資を受ける方法があります。 また、カードローンは「借金」という印象があるため、家族や会社に利用がバレたくない。 という方もいるかと思いますが、 Webでの申し込みなら会社への在籍確認なし、自宅に郵便物が届く心配もなしで契約・利用することができます。 年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力するだけで、 融資可能かを診断できる「1秒診断」もあるので、審査が不安な方は試してみてください。 クレジットカードの審査なしで発行できるETCカード ETCカードを持つには、まずクレジットカードを作ってから追加カードとしてETCカードを発行するしか方法がないと思っている人も多いのではないでしょうか。 もちろん、クレジットカードの追加カードとしてETCカードを持つ人は確かに多いのですが、クレジットカードを発行するまでには審査に通る必要があるというハードルがあるので、何かしらの理由でクレジットカード審査に通れないという人にとっては、ほかの方法でETCカードを発行できれば嬉しいですよね。 「」というETCカードであれば、クレジットカードの審査なしで発行できます。 <注意点>利用にはデポジット額が必要 ETCパーソナルカードとは、クレジットカードを持っていない人でも、有料道路(高速道路)のETC専用ゲートを通ることが出来るカードです。 ただし、ETCパーソナルカードの利用には、預金口座から引き落としの有料道路の利用料金とは別に、デポジットという保証金を支払う必要があります。 デポジット額には、有料道路の平均利用月額の4倍の金額(最低20,000円)を預ける必要があります。 具体的には、有料道路を毎月平均5,000円利用の方だと20,000円を保証金として預託し、平均10,000円利用の方だと40,000円を預託することになります。 デポジット額について、suicaやPASMOのチャージ金額にあたると考える方もたまにいますが、どれだけ高額の保証金を払っても有料道路の通行料金としては支払われません。 高速料金が口座から引き落としできなかったときにデポジットから充当されます。 デポジット額が返金されるのは、ETCパーソナルカードの解約時です。 ETCを持つなら面倒でもクレジットカードを作った方がお得 ETCパーソナルカードは、高額なデポジット額が必要なのに対し、クレジットカードはクレカ自体の年会費とETCカードの年会費を支払うだけで発行できるので、 基本的にはクレジットカードを作ってからETCカードを作る方がおすすめです。 中には、クレカ自体の年会費も、ETCカードの年会費も無料という「」のようなカードもあります。 しかし、このページを読んでいる方は基本的には審査に不安を抱えている方が多いと思いますので、そういう方は審査が柔軟な「」をおすすめします。 すぐにETCカードが必要というのであれば、がおすすめです。 ただし、ETCカードを即日で受け取れるのはだけなのでご注意ください。 クレジットカードは 審査に落ちると信用情報機関に申し込み履歴が残ってしまい、カード会社はこれを確認することができるため他のカードの審査にも影響してしまいます。 「審査なしも同然」として一般的なを紹介しているサイトには注意しましょう。 何度もクレカの審査落ちをしている人や、ブラックリスト入りしている人は、審査を通過する信用状態になるまで(5年~10年)は審査なしのカードを検討してみてはいかがでしょうか。 条件によっては審査なしで作れるクレカや、クレカと同じようにショッピングが可能なカードがあります。 この記事を読んで今の自分にあった無審査のカードを探してみましょう。

次の

審査が甘いクレジットカード10選!一番審査が甘いのは?

審査 が 緩い クレジット カード

何度か落ちてしまった人や収入などに不安がある人は多く、クレジットカードのことをきちんと理解していないために審査落ちの回数を重ねてしまいます。 審査に落ちた履歴は残るので、落ちる回数を重ねるだけ審査に通りにくくなります。 そのため、クレジットカードでの審査基準などをきちんと理解しておくことが大切です。 そこで気になるのが「 審査の甘いクレジットカード」。 厳密にいえば確実に通るといったカードはありません。 しかし、クレジットカードの中には 審査の甘い・通りやすいカードが存在します。 この記事では、 審査が甘い・通りやすいクレジットカード10枚を厳選し、総合的に 一番審査の甘いクレジットカードをご紹介しています。 また、クレジットカードの審査基準や審査を通るポイントなども徹底解説していますので、審査が不安なあなたもクレジットカードの審査をきちんと理解し、自身を持って審査に臨みましょう。 審査が甘いクレジットカードは本当にあるの? 一般的にクレジットカードには、 審査が甘いクレジットカードと 審査が厳しいクレジットカードがあると言われています。 それにはきちんと理由があるので、しっかりクレジットカードの特性を理解しておきましょう! クレジットカードによって審査基準が違う? 基本的にはクレジットカードの審査というのは、申請者が申込書に記載した内容 (年齢、勤務先、勤続年数、年収、移住年数など)に点数をつける クレジットカード独自の審査があります。 また、個人情報を管理する機関による支払い履歴や借り入れの状況 (クレジットヒストリー:通称クレヒス)を審査として設けています。 つまり「 信用度」ですね。 これら審査基準はクレジットカードの審査として基本的な部分となりますが、クレジットカード会社・種類などで 求めるターゲット層が異なるため、 審査基準が異なってくるのです。 クレジットカードの審査に「 甘い・厳しい」と言われているのは、そのクレジットカードを利用してほしいターゲット層が年収や位を意識していたり、逆に普段の生活でより多くの人に利用してほしいため一般の人をターゲットにしているからなんですね。 そのため、当然審査基準となる申込基準の間口も異なり、 申込者によって審査が甘い・厳しいとなるわけです。 「流通系」カードは審査が甘い クレジットカードの審査に不安がある人などに、「 審査が甘い・通りやすい流通系カードを選ぼう!」という話を聞いたことはありませんか。 クレジットカードには大きく分けて、「 消費者金融系」「 流通系」「 通信系」「 銀行系」の 4つのタイプがあります。 「消費者金融系」や「銀行系」はその名の通り、金融機関関係が発行するカードで「安心・信頼」という意味でも審査が厳しいカードになります。 一方「流通系」と呼ばれるクレジットカードは、スーパーやコンビニ、ショッピングモールやデパートなどの「流通」に関する会社が発行しているクレジットカードになります。 「流通系」カードは、 ショッピングなど普段の生活で活用することを目的に作られているため、ターゲット層を広く設定しています。 所得の低いユーザーや主婦・学生などをターゲットにしているため、審査のハードルが低く、一般的に「 審査が甘い」と言われています。 クレジットカード会社が何を重視しているかが重要! クレジットカードによって審査が甘い・厳しいというのは、つまるところ 作りたいクレジットカード会社が何を重視しているかです。 先ほども解説したように、クレジットカード会社によって狙うターゲット層が違います。 例え年収が高くても、あまりそのカードを使わないような人が落ち、年収が低くても主婦や学生などそのカードを日常でたくさん使ってくれるような人が通る場合もあります。 クレジットカードの審査を通るためには、その クレジットカード会社の個性を理解して申し込むことが、クレジットカード取得のコツでもあるのです。 審査が甘いおすすめのクレジットカード10選! わくわくポイント 最大10,000ポイントプレゼント!! は、 新規入会キャンペーンで大量ポイントが獲得ができる機会が多いため、 利用者拡大に力を入れていることが分かります。 一般的に審査が甘いといわれている「 流通系カード」なので、満18歳以上なら 学生 高校生は除く ・パート・アルバイト・フリーターなど幅広いユーザーが申込み可能です。 つまり、このクレジットカードはターゲットが広く、クレジットカード初心者や年収の低い方でも審査に通りやすい傾向があり、人気が高く 審査の甘い超狙い目のクレジットカードといえるでしょう。 ショッピングでもキャッシングでも使いやすい!• 日本で最も身近なカード!• 最短即日発行で、専業主婦や学生でも手に入れやすい! 年会費 無料 申込資格 18歳以上(高校生を除く) セゾンカードインターナショナルは、18歳以上であれば審査申込みができ、学生・若年層をターゲットにした 比較的審査の甘いクレジットカードといえます。 年会費無料で、発行スピードが速いのも強みですね。 また、ショッピングでもキャッシングでも使いやすく、SEIYUやセゾン系列でお買い物をする 主婦の方にもおススメです。 幅広く利用者獲得をしている「 流通系カード」なので、 圧倒的な会員数と実績ある流通系の代表的人気カードです。 作るだけでお得!使ってもお得!• 楽天市場の利用者には欠かせない一枚! 年会費 無料 申込資格 18歳以上で日本在住の方 楽天カードは、お買いものパンダのCMでもおなじみのクレジットカードですね。 ここ数年で利用者数を相当伸ばしている人気カードです。 年会費が永年無料なのはもちろんですが、楽天市場など楽天利用者には大変 ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。 つまり、楽天コンテンツを日常から利用している人に「 審査が甘い」傾向と言っても過言ではないでしょう。 また、高校生を除く18歳以上の方なら申込みが可能です。 新規入会キャンペーンも頻繁に行っているので、ターゲットも幅広く、楽天コンテンツ利用者なら所持していたい おすすめのクレジットカードです。 加入後、3ヵ月間は ポイント3倍!• 年会費無料!家族カードも 無料!• セブン-イレブンなどでポイント 1. 本会員だけでなく、家族会員も年会費無料です。 ネットショッピングするだけで ポイント最大20倍になる超おトクなモールに、安心のショッピング保険まで付いています。 高校生を除く18歳以上から申込み可能で、幅広く利用者を獲得し、一般的に 審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、「」に次ぐ狙い目のおすすめクレジットカードです。 毎月20日・30日はイオングループ各店舗で代金が5%割引!• 55歳以上なら毎月15日も5%割引! 年会費 無料 申込資格 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方 イオンカード WAON一体型 は、スーパー・コンビニ系のクレジットカードの中でも主婦の方に人気です。 対象のイオン系列店などでお得に利用できるので、使いやすいカードとして親しまれています。 イオングループをよく利用してくれそうな主婦層や高齢者をターゲットにしている流通系クレジットカードで、高校生を除いた18歳以上で電話連絡が可能であれば入会審査基準もクリアできますので、 審査が甘いクレジットカードとしておすすめしたい1枚です。 年会費永年無料で、Tポイントがどんどん貯まるカード!• スマホならYahoo! ショッピングで最大3%還元! 年会費 無料 申込資格 ・有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方 ・18歳以上の方(高校生を除く) ヤフーカード(Yahoo! カード)は、クレジットカード利用100円につきTポイントが1ポイントが貯まる!さらに、Yahoo! ショッピングとLOHACOでの利用の場合は、ポイントが毎日合計3倍!常時1%の高還元なので、通常のTポイントカードよりも多く貯めることができ、Yahoo! サービスが断然お得に使えるクレジットカードになっています。 月額490円(税抜)の「プラチナ補償」を追加すれば、買い物や災害時に役立つ11の補償を付帯させることができるのも魅力の1つですね。 ETCカード・家族カードを含め、年会費無料のカード!• 入会後1年間はポイントが1. 5倍、誕生月はポイントが3倍! 年会費 無料 申込資格 日本国内在住の18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。 ライフカードは、クレジットカード利用で1,000円ごとに1ポイント貯まるLIFEサンクスポイント。 使うほどおトクになるクレジットカードで、年間利用金額に応じて決まるポイントステージがあります。 入会後1年間はポイント1. 5倍になるなど、ポイント倍増サービスを上手に活用すると ポイントがどんどん貯まるクレジットカードです。 充実した海外アシスタンスサービスや安心の保証制度がついているので、何かと不安な海外旅行も安心して楽しめます。 さらに、カードの紛失・盗難による不正使用を補償する「 カード会員補償制度」も利用可能なので、生活に密着した 安心レベルの高いクレジットカードとしておすすめです! わくわくポイント 最大10,000ポイントプレゼント!! 」でしょう。 セディナカード Jiyu! は、一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、満18歳以上なら学生 高校生は除く ・パート・アルバイト・フリーターなど幅広いユーザーが申込み可能。 新規入会キャンペーンで大量ポイントが獲得ができる機会が多いため、利用者拡大に力を入れていることが分かります。 つまり、このクレジットカードはターゲットが広く、クレジットカード初心者や年収の低い方でも審査に通りやすい傾向があり、 審査が甘いクレジットカードとしては超狙い目なのです。 セディナカードは審査に通りやすい クレジットカードの中でも、 セディナカードは審査に通りやすいと言われる理由をご存知でしょうか。 ネット上でも「 セディナカードの審査は甘い」といった記事やコメントは多く見られます。 そのためターゲットとしている層が広く、審査が通る基準に当てはまるユーザーが増えることで、 審査のハードルが下がっているのです。 審査が甘いと言われる「流通系カード」 「セディナカード Jiyu! 」は、クレジットカードの中でも審査が甘く通りやすいと言われる「 流通系カード」です。 流通系カードはより多くの人に使ってもらいたい・普段の生活でどれだけ使ってくれるかを重視するカードのため、 買い物を多くする主婦や学生にも審査が甘めで作りやすいと人気があります。 セディナの審査は独自システム「IBIS」 セディナカードでは、他者とは異なる独自審査システム「 IBIS」を審査基準としています。 「IBIS」の審査では、支払いの安定性よりも、 セディナカードの利用の可能性が高いかを重視しています。 そのため、他者のクレジットカード審査で「支払い能力なし」と判断されても、「IBIS」が優良顧客やよくカードを使ってくれる人と判断すれば審査が通ります。 逆に他者で「支払い能力あり」と判断されていても、「IBIS」で「この人はセディナカードを使わない」と判断されれば、審査に落ちることがあるのです。 つまり、 セディナカードの求める人物像に当てはまる活用を心がけると、より一層審査には通りやすくなります。 クレジットカード会社は審査でココを見ている! クレジットカード審査の判断基準として、一般的に「 3C」と「 クレジットヒストリー」が審査に大きく影響があると言われています。 「3C」とは、3つの言葉の頭文字を並べたもので、 Capacity (返済能力)・Character (性格)・Capital (資産)の3つを表しています。 中でも最も大切であるといわれるのが「 Capacity (返済能力)」で、年収や雇用形態などの「 この人は返済する経済力があるか」という項目です。 クレジットカードは、利用者が返済できないにカード会社が支払うことになるので、返済できない人はリスクと見なされ、 審査落ちの理由になりやすいのです。 ただ、クレジットカードの審査において「年収」などは自己申告となるため、 源泉徴収などの提出はありません。 審査ではあくまでその人の情報から平均年収を把握するので、少しくらいなら多めに記載しても大丈夫です。 ただ、あまり かけ離れた年収や虚実は絶対にダメです! 仮に提出を求められることがあるのは、 キャッシング枠に大きな額を記載していた場合です。 審査に不安がある人は、 キャッシング枠を0円にして申込めば通りやすくなります。 キャッシング枠は後から変更できるので、審査に通ってからキャッシング枠を申し込みましょう。 審査落ちすることでのデメリット クレジットカードを作る際に心配になるのが「 審査落ち」ですよね。 一度クレジットカードの審査に落ちてしまうとクレジットヒストリーとして履歴が残り、信用情報として記録が残ってしまいます。 記録が残ると他のクレジットカードでも審査落ちしやすくなるため、さらにクレジットカードが作りづらくなってしまいます。 そのため、初めてクレジットカードを作る場合や審査を通る自身がない場合は、 審査が厳しいと言われる「消費者金融系」や「銀行系」、申請基準が高いと言われるクレジットカードの申込はまず避けます。 まずは 審査が甘い・通りやすいと言われるクレジットカードを作ることで、自分の望むクレジットカードを作る土台を作っていきましょう!もちろん、審査に落ちたことがある人も二度とクレジットカードが作れない訳ではなく、もしかしたら審査基準の高いクレジットカードに申し込んでいたかもしれません。 VISA VISA (ビザ)は、日本国内・世界中で利用できる最もメジャーなブランドです。 利用している人が世界中で最も多く、 海外でも利用することがあるならVISAを作っておけば間違いはないでしょう。 JCB JCB (ジェーシービー)は、日本で生まれた国際ブランドで、 日本国内の加盟店はダントツで多いです。 つまり、日本国内の田舎やクレジットカードに対応しているお店でも「JCBのみ」のところが多いです。 海外でも日本人がよく行く店はJCBが多いです。 マスターカード MasterCard (マスターカード)は、VISAに次ぐNo. 2世界ブランドで、 特にヨーロッパ地方に強いです。 もちろん日本国内でも普通に使えますし、加盟店もVISA同様にあります。 違いを理解した上で審査の難易度ですが、明確に難易度の差はありません。 厳密に言えば、審査の難易度 (甘い・厳しい)は、クレジットカード会社の審査基準になります。 そのため、 どの国際ブランドでクレジットカードを作るかではなく、どこの会社でクレジットカードを作るかで審査の難易度に違いがあります。 そのため、 審査の甘いクレジットカードを望むのであれば、作るカード会社をよく精査したほうがよいでしょう。 クレジットカードの審査を通るコツ! 審査に通らない理由をクリアに! 審査が甘いクレジットカードに申し込んでいても、 審査に落ちる人は同じような特徴があります。 以下に当てはまる場合は、申し込む前に改善しておきましょう。 収入が低いので虚実申告をした• 手当たり次第に申込みをした• 延滞や事故歴がある• お金に困っている雰囲気全開 クレジットカードの審査において、収入面は一番の心配ですよね。 しかし、審査を通すために嘘偽りを申告してしまうことは絶対にNGです。 虚実の申告が判明すれば、今後ブラックリストに載りクレジットカードが作れない可能性も出てきてしまいます。 主婦や学生を対象にしたクレジットカードがあるように、「18歳以上で電話連絡が可能な方」といった、 収入がなくても条件を満たしていれば審査に通るクレジットカードもあります。 また、同時に複数のクレジットカード申込みは、審査機関に記録が残るため、警戒されて審査に落ちてしまう可能性が高くなります。 きちんとクレジットカードの審査基準や特性を理解し、あなたにとって 審査が甘いクレジットカードを申し込むようにしましょう。 専業主婦でもクレジットカードは作れるの? 以前は、専業主婦は「年収がないから審査に落ちる」ということがありました。 しかし、それは昔の話。 カード会社はむしろ、 専業主婦にもっとクレジットカードを利用してほしいと考えています。 近年では、女性向けクレジットカードがたくさん出てきました。 ですので、 専業主婦をターゲットにしたクレジットカードなら発行しやすいということを覚えておきましょう。 主婦向けのクレジットカードが「 主婦に甘い」のは当然ですが、主婦なら誰でも審査に通るというわけでもありません。 あくまでカード会社との信用が成り立つ必要がありますので、自身のクレヒスに傷があるような状況では新規申し込みは難しいでしょう。 専業主婦の方がはじめてクレジットカードを発行する場合のほとんどが、利用限度額 (ショッピング枠とキャッシング枠の合計)を低く設定されます。 なので申込み時点ではキャッシング枠を可能な限り「ゼロ」にして、審査をできるかぎり甘くするほうがよいでしょう。 返済実績をしっかり積み上げて、クレジットヒストリー (信用履歴)を積み重ねることで、将来的に他のクレジットカードにも通りやすくなります。 まずはしっかり1枚、上記で紹介した「」から始めてみましょう。 審査の甘いクレジットカードまとめ! いかがでしたか?今回の記事では、クレジットカードの審査基準や審査を通るポイントを踏まえたうえで、 審査の甘い作りやすいクレジットカードをご紹介しました。 クレジットカードの審査基準は、カード会社やターゲットにしている層によって大きく異なります。 例え すでに落ちている場合でも、他のクレジットカードの審査には通ることはザラにあります。 審査の甘いクレジットカードであれば必ず通るということではなく、きちんとクレジットカードの特性やターゲットを理解し、あなたにとって 審査の甘いクレジットカードを申込むことが大切です。 まずは審査基準をしっかり理解し、上記でご紹介したクレジットカードの中から始めてみてはいかがですか? こちらの記事も読まれています.

次の

審査が優しい?おすすめクレジットカード4選とその理由!

審査 が 緩い クレジット カード

経営者が気になる法人クレジットカードの審査基準 一般的に、個人向けのクレジットカードよりも法人カードの方が審査が厳しいと言われています。 その審査基準は、大きく分けて2つあると言われています。 それが「 会社のステータス」と「 代表者個人のステータス」です。 審査を通るためにはその人のステータス、つまり信頼のける人かどうかが審査基準になります。 それに加え、法人格である以上、会社の業績などもチェックされるのです。 それでは、1つずつ詳しく解説していきましょう。 事業そのものが審査基準 設立年数や赤字の有無 まず、会社のステータスに注目した場合、 設立年数と 黒字決算の2点が重要となります。 設立年数でいうと、「 会社設立から3年間経過している」、これが一般に言われている審査通過のラインです。 起業したばかりの会社は、一般的に事業を持続させる体力が少なく、信頼があると言いきれないため、このように3年という期間を設けています。 ただ、設立3年以上運営している会社であっても、法人カードの審査に確実に通過できるわけではありません。 この「設立から3年以上経過している」というのは、審査の項目として明確に表記されているものではなく、 あくまで「基準」。 ですので、2年目だから絶対に通らない、4年なら確実に大丈夫ということではないのです。 カード発行会社にとっても、会社の業績がきちんと軌道に乗っているか、一定以上の期間つぶれずに経営されていくか、ということが重要です。 これらを判断するための1つの指標が、3年という設立期間なのです。 上記に加え、カード発行会社が一番恐れているのは、 貸したお金が返されない、つまり未回収という事態です。 一般的に複数のカードを発行できる法人カードは、複数の社員が使用するのでその分利用額が高額になります。 さらに、企業は常に倒産のリスクがあるため、カード発行会社は高額のお金を回収できないかもしれないというリスクがあるわけです。 こういったこともあり、 重要になってくるのが 黒字決算。 最近では決算書の提出まで求めてくることは少なくなりましたが、現在でも法人向けのカード申込書には、売上高や最終利益を記入する欄があります。 つまり、カード発行会社は会社の決算状況を見ているということが伺えます。 「設立年数」「黒字決算」2つの審査基準をクリアしていれば、審査に通りやすくなるでしょう。 個人事業主または法人代表者本人を指標に クレヒスなど 会社を基準にした審査条件をクリアしていれば、確実に審査に通るという訳ではありません。 審査においては、 代表者個人がどんな人物であるのかということも大切になります。 というのも法人カードは、法人名義、あるいは個人事業主名義で申し込みをしていたとしても、契約者は代表者本人の名前を書くことになります。 そのため、 代表者のこれまでのクレジットカード履歴(クレヒス)は重要な判断基準となってきます。 これまでに個人を含むクレジットカードの審査をどれだけ受けたか、ということ自体も審査の対象です。 いつカード審査をしたか、という情報は一定期間保管され、各クレジットカード会社で共有されています。 代表者個人のクレジットカードにおいて、過去にブラックリストに載っていたり、支払遅延などがあった場合には信用が損なわれるため、法人カードの審査にも影響がでる可能性が非常に高いと言えるでしょう。 以上2つのポイントを踏まえた上で、審査を受けることによってより通りやすくなりますので、ぜひこの際にご確認下さい。 カード審査に通るための3つの方法 これまでご紹介した審査基準をクリアしていない会社、例えば 設立間もない企業であっても、どうしても法人カードが必要なことってありますよね。 そういった方々のために、ちょっとした審査通過のコツをご紹介します。 今回ご紹介するのは 3つのポイント。 1つずつ見ていきましょう。 固定電話を引く 固定電話回線を引くことによって、代表電話番号に固定電話の番号を書くことができます。 これによって、常駐する社員がいると思ってもらえる点や電話加入権を得ているということで、信用を生むことが可能。 もし、代表者の携帯電話しかない場合は、固定電話をひくことで審査を有利にすることができるので、ぜひ検討してみて下さい。 代表者がステータスの高いクレジットカードを所有 代表者個人がステータスの高いクレジットカード(ゴールドやプラチナなど)を所有していることで、代表者に信頼があるとみなされ、法人カードの審査が通りやすくなるケースがあります。 一般ランクのカード比べ、ゴールドやプラチナは審査が厳しく、その分利用できる額が大きくなります。 つまり、ある程度大きな金額を貸しても返せるという信頼に綱がります。 ですので、法人カードの審査を有利にする際、 現在個人名義で所有しているクレジットカードをアップグレードすることで、審査通過の可能性を高めることができるかもしれません。 プロモーションで申し込んでみる よく空港などでクレジットカードの勧誘をしている営業スタッフを見かけませんか?この「プロモーション」とは、街中で見かけるような出張ブースのことです。 こういった空港や主要駅でのプロモーションの場合、個人カードに限らず、法人カードの申し込みも可能であることが多いです。 また一概には言えませんが、こういった営業担当には一定のノルマなどが設定されていることもあり、 審査が有利にはたらくケースがあります。 この際注意してもらいたいのは、 提携カードなどのカード発行会社がしているプロモーションではなく、JCBやアメックスなどカードブランド会社が直接行っているものであること。 こういったコツもあるので、もし審査を通過できるか心配な時は、これらのポイントも押さえておくことをおすすめします。 さて、審査を有利にする3つのテクニックをご紹介しましたが、 そもそも審査に落ちにくい法人カードに申し込むというのも、とても有効な手段です。 例えば、一般ランクのクレジットカードとゴールド、プラチナランクに申し込むのではどちらが審査が甘いでしょうか? もちろん一般ランクのカードの方が比較的審査は甘いでしょう。 ここでご紹介するのはこちらの3枚!• それぞれ基本概要と口コミをご説明していきたいと思います。 三井住友ビジネスカード for Owners 最初にご紹介するのは、 三井住友ビジネスカード for Ownersです。 法人カードにしては珍しく キャッシング機能を搭載。 支払い方法や締め日を選択できる柔軟性のあるカードとなっています。 貯まったポイントをマイルに変換することも、実質キャッシュバックとして翌月の支払いに充てることもできます。 そして、追加カードや電子マネーは全6種類。 Apple Payにも対応しているので、スマートな決済を加速させる1枚です。 これだけの機能がついているにも関わらず、年会費はなんと最安クラス 1,250円という驚きの価格です。 設立して3年未満ですが、ビジネスカードを申し込むことはできますか? はい。 お申し込みいただけます。 ビジネスカードは申し込み時に前期、前々期と当期見込みの業績を記載していただく必要がございます。 また、会社設立1年未満の場合は、お電話で事業内容等の詳細をお聞きする場合がございます。 ビジネスカード for Ownersは法人代表者の情報のみでお申し込みみいただけますので、設立して間もない会社の場合はビジネスカード for Ownersのお申し込みをおすすめいたします。 オリコEx Gold for Biz 当サイトでご紹介している法人カードの中で、年会費・限度額・ポイントなどを総合的に見て最もおすすめなのがこの法人カード。 「オリコEx Gold for Biz」です。 なんと 当サイトからの申込数も圧倒的No. 1の超人気カードです。 2,000円というリーズナブルな年会費ながらも高いスペックを持つゴールドカードで、ポイント還元率も非常に高く、さらに旅行傷害保険・疾病治療保険・ショッピング保険もしっかり付帯します。 このトップレベルのコストパフォーマンスの高さが人気の理由。 では、審査についてはどうでしょうか。 当サイトに実際に投稿された口コミをご紹介します。 私が申し込んだのはオリコのEx Gold for Biz Mというカード。 ゴールド法人カードの中でも群を抜いて年会費が安く、それでいて他のゴールドカードに負けないスペックなのが嬉しいです。 見た目も他のゴールドカードにありがちな派手な金ピカのデザインではなく、落ち着いた「大人のゴールド」という感じで、とても気に入っています。 私が経営している会社は、立ち上げてから2年半、社員10人未満のとても小さな組織。 「原則として3年以上の営業年数」が法人カードの最低限の入会条件だと思っていたので、申し込んだ時は正直ダメ元でした。 ところが申し込みから約3週間後、無事に親カードとETCカードが発行され、晴れてゴールド法人カードを持つことが出来ました! 私と同じような状況の法人経営者または個人事業主様で、法人カードをお探しの方には是非おすすめしたいカードですね。 この口コミからわかることは、 設立3年未満の小さな会社であってもオリコEx Gold for Bizの審査を通過する可能性はある、ということ。 コストパフォーマンスを重視されるのであれば、この法人カードに勝るものはないでしょう。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード アメックス アメリカン・エキスプレス(以下:アメックス)はステータスの高いクレジットカードとして世界的に知られており、特に個人向けのゴールドカードの審査の厳しさはとても有名です。 そんなアメックスのクレジットカードなのだから、「 当然、法人カードも審査に通りづらいのでは?」と思っている方も多いはず。 ところが、実は アメックスの法人カードは個人カードと比べるとそれほど厳しくないと言われているのです。 当サイトに寄せられた口コミを見ると、会社設立3年が目安と言われている中、 設立1年目の企業でも審査に通ったとの声や、大赤字でも審査に通過したとの口コミもあります。 そして、個人事業主様も申し込めるのは特徴の一つです。 それではここで、当サイトに実際に寄せられたアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの口コミを見てみましょう。 2016年11月末から個人事業主として主に業務請負をしている44歳です。 クレジットカードは個人用のヤフーカード(Y! Japan JCBから切替)しか所有していなかったので、法人カードを申し込もうと思い物色。。。 15年ほど前に事故歴があり、ヤフーカードを所有してからの数年間は延滞等ありませんでした。 ちなみに、ヤフーカードを所有するまで、クレカは一切所有していません(というより審査通らなかったw)。 アメックスの申込自体、人生初でしたので自信はまったくなかったのですが、開業間もなくでも本当に通過するようです。 もちろん、税務署に開業届を提出済みですが、審査に影響したのかは不明です・・・ 他の個人事業主様の参考になればと思い、投稿させて頂きました。 末永く大事に大事に育てて行きたいです。 一般的に法人カードが取れるのは設立から3年以上経過している企業だと言われているのに対して、1年未満でも発行できるというのは驚きです。 アメックスであれば、ステータスが高いですし、ゴールドクラスの法人カードとなれば 取引先に対しても良い印象を与えることができるはずです。 当サイトがランキングとは別にピックアップしたのは、「ライフカードビジネスライト」です。 なぜなら、公式サイト上でスタートアップ・フリーランスの方へとうたっている、加えて審査書類も本人確認書類だけで良いということから審査に通りやすいことが伺えます。 もちろん、法人カードとしての機能も十分で、 クラウド会計freeeとの連携や、弁護士への無料相談サービスなど、個人事業主様にとって使い勝手の良い付帯サービスが盛りだくさん。 とにかく審査を通したい、過去に何回も審査落ちしてしまったという方はぜひライフカードビジネスライトへお申し込みください。 最後に ここまで、法人カードの審査基準や審査に通りやすくする3つの方法をご紹介してきました。 個人のステータスはもちろんのこと、法人格としても経営状況が健全かとうかが審査されるということがわかりました。 ですので、 審査に落ちないためにも常日頃からお金の収支を把握する必要があります。 とはいえ、審査に通るか不安という状況であっても審査に通ることは大いにあります。 ですので、そういったときには、こちらでご紹介した3つの法人カードの申し込んでみてはいかがでしょうか。 法人カードによってビジネスを効率化し、よりよい経営ができれば幸いです。

次の