いいお墓。 お墓が無い人はどうすればいいのか?供養の方法について知りたい|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します|終活ねっとのお墓探し

いいお墓

代表的な墓地に生えている雑草の種類は、スギナやドクダミです。 地下茎が張り巡らされ、除草困難な多年性の 難防除雑草に指定されています。 難防除雑草の除草には、有効な除草剤以外はすぐに再生してしまうことも多々ありますので、適切な除草剤を選ぶことが必要になってきます。 なぜ雑草が生えるのか 墓地・霊園には一般的に土が使用されることが多いですが、その土の中に雑草の根が残っている場合があります。 それが元となり、地下茎や根の強い雑草が芽吹いてしまうケースがほとんどです。 また、雑草の生育には日当たりがよく湿気の多い土壌が適していますので、屋外にある墓地・霊園は雑草の生育に対して、 絶好の環境になってしまうのです。 墓地・霊園にはどんな雑草が生えるのか 墓地・霊園で主によく生えている 雑草の種類は何なのでしょうか。 ここではその雑草にはどのような特徴があるのかまとめました。 スギナ トクサ科の植物で日本全国に生息する難防除雑草の代表格(別名: 地獄草)。 地下茎の勢力が強く、草の上部をどんなに除去してもすぐに再生してしまいます。 春になると食用のつくしが胞子を飛散させ、さらに強固な地下茎が形成され雑草も増えていきます。 ドクダミ ドクダミ科の多年草でスギナと並び全国に生息します。 難防除雑草であり、地下茎が繁殖力旺盛です。 そして、除草の際には独特の匂いがして 気分が悪くなることがあります。 また再生力が強く、除草剤で一時的に枯らしてもすぐに生えてきます。 ススキ イネ科の多年草で地下茎の繁殖力が強く、カヤ(茅)と呼ばれることもあります。 大きくなったススキの除去は除草剤が効かないほど根の再生力が旺盛で、葉はギザギザしていて 手を切ることもありますので注意が必要です。 チガヤ イネ科でススキと似たような形状ですが、ススキより背が低いのが特徴です。 日当たりのよい空き地一面などによく生えています。 細い葉は硬く、強靭な地下茎は横にも這いめぐらされています。 道端や畑などにも生息する大変 厄介な雑草の一つです。 タラノキ ウコギ科の落葉低木で、春になるとタラの新芽をてんぷらにして食すことができます。 日当たりの良い山野によく生息しています。 樹木の繁殖力が強く1年で20センチ以上伸び、樹皮には棘が多くあります。 素人では駆除しにくい雑草 スギナやドクダミなどのしつこい雑草も、可能な範囲の除草量であれば、素人の管理でも大丈夫です。 しかし、難防除雑草は繁殖力がとても強いので、一度墓地・霊園にびっしり増えてしまった場合、素人の力で除草するのはとても 大変な作業になってきます。 難防除雑草は、少しの隙間でも地下茎を広く張り巡らせ、手に負えなくなることも多いのです。 また、ススキ、チガヤも葉がギザギザしていることから手で触れると怪我をしてしまうこともあります。 墓地・霊園のしつこい雑草の除草は、 専門家へ相談に行くことも選択肢の一つに入れておきましょう。 墓地・霊園で除草剤を使ってもいいのか お墓の大切さは、特に終活を考えている世代の方々には、身に染みるものがあるのではないでしょうか? お墓は家と同じく、いつでもきれいで居心地の良い場所にしておきたいですよね。 しかし、いくら除草をしてきれいにしたいからといって 墓地・霊園で除草剤を使用することは少し気が引けたりしませんか? それはやはり、墓地・霊園は故人が眠る神聖な場所であることからも十分理解できる感情です。 墓地・霊園で除草剤を使用することは、本当に大丈夫なのでしょうか? 結論から言えば、除草剤の使用に関しては用量・用途をしっかりと守れば、 全く問題ありません。 短時間・軽労働でサッと済ませることができれば良いに越したことはありません。 お墓をきれいにすることは心を清めることと同じですし、その気持ちが一番尊いのです。 雑草ででびっしり覆われた墓石では、逆にご先祖様が可哀そうではないですか。 また、びっしりと生えた難防除雑草の除草には、除草剤が必要不可欠であるとも言えます。 除草剤はしつこい雑草をやっつける強い味方であることは、間違いありません。 しかし墓地・霊園において、準備なく気軽に除草剤を撒いてしまうことは、避けなければなりません。 除草剤には毒性があり、除草剤を撒いた場所(墓石や土地)や人体に 被害が出ることがあります。 墓石にはシミがついてとれなくなってしまったり、周囲の植物の生態系を壊してしまうこともあるのです。 除草剤の使用時には、マスク・長袖・手袋などしっかりとした準備をして、 除草剤を体内に取り込まないよう十分に気を付けましょう。 除草を成功させることは、お墓掃除の第一歩です。 晴れ晴れとした空の元、掃除の行き届いたお墓が堂々と立っている姿は何度見ても気持ちがいいものです。 霊園・墓地について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください 除草対策には先ほど紹介した除草剤が一番効果的です。 しかし、 除草剤以外にも個人でできる墓地・霊園での除草対策はあります。 ここでは除草剤以外にも、道具や資材を使って除草対策ができるのでまとめました。 コンクリートを打つ コンクリートを土の地面に直打ちすることにより、雑草は半永久的に生えなくなります。 除草対策としては最強の対策と言えるでしょう。 最近では、モザイク調やレンガ細工調のおしゃれなものも出てきているので、庭の外観リフォームも兼ねる目的であればなおさら良いでしょう。 しかし、 費用が高いのが現状であり、除草対策を主として考えるなら少々贅沢な買い物になってしまうのも確かです。 防草シート 防草シートはコンクリートよりも 安価で長期間にわたり雑草を防いでくれる優れものです。 また、耐久年数は5年程度が一般的です。 ホームセンターやインターネットで簡単に購入でき、色や素材なども多種多様です。 しかし、景観が損なわれたり、劣化してしまったりとデメリットもあるので、できるだけ 紫外線に強い素材を選び、シートの上に負荷がかからないように管理していくことが重要です。 固まる土を使う 固まる土とは、 土にセメントを混ぜて固まった地面のことを指します。 自然の景観を損ないたくない人にとっては、土の質感を出しながら雑草を抑えることができるというメリットがあるので人気が出ています。 しかし、固まる土で施工しても再び雑草が生えてきてしまったり、耐久性が5年ももたない場合が多く、除草対策としては 一時的なものであると言えるでしょう。 砂利 雑草が生えてこないように砂利を敷くという方法もありますが、これはあまり 効果がありません。 しかし、砂利の下に防草シートを敷いて、二重の対策などをすれば効果は上がることもあるようです。 まだご遺骨の納骨先が決まっていない方は、 「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。 墓地・霊園に生える代表的な雑草は、スギナやドクダミなどの難防除雑草であること。 墓地・霊園での除草剤の使用は大丈夫!ただし、注意事項を厳守すること。 除草剤以外の雑草対策も、コンクリート打ち、防草シート、固まる土などがあること。 墓地・霊園にあるお墓の除草は、私たちがお墓を守っていく上で欠かせないものです。 墓地・霊園での除草剤の使用も、注意書きをしっかり守れば大丈夫なことも分かりました。 ご先祖様やお参りに来てくれる人のためにも、雑草のないきれいなお墓を保ちたいですね。 いつもピカピカなお墓を目指して、がんばりましょう! 最後までお読みくださりありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「いいお墓」の評判と口コミについてお墓ディレクターが解説

いいお墓

創価学会のお墓 創価学会のお墓には、いくつかのお墓の様式があります。 お墓の様式には、故人を個別に埋葬する「墓地公園」、20年間遺骨を収容した後に併設の永久収蔵納骨室に移動する「長期収蔵型納骨堂」、永久に収蔵できる「常楽納骨堂」があります。 特に、墓地公園は全面芝生墓所で、平等の精神から墓石の大きさがすべて同じ規格で統一されています。 さらに、使用する石も白みかげ石に限定されています。 創価学会のお墓は、厚めの台石の上に低くて幅の広い石が乗せられている、洋型に近い形状をしています。 竿石には上部に「妙法」、その下に故人の名前や家名が掘られる形式が多くあります。 墓誌には一般的なお墓と同様に、水鉢と線香立てが設置されています。 そして墓誌の手前側には、創価学会のシンボルマークである八葉蓮華が、エンブレムのようにつけられています。 また、墓誌の両側には花立がついています。 他にも、風を避けるために水鉢の下に線香立てがあるタイプのお墓では、両側の花立の下に八葉蓮華が掲げられていることがあるなど、若干の差があるようです。 こうした同じ形状のお墓が等間隔で並んでいる光景は、整然としていて圧倒されることでしょう。 また、全面芝生なので、緑とみかげ石の白の対比も見ものです。 長期収蔵型納骨堂は、ロッカーのような形状の納骨場所に遺骨を納めます。 納骨堂に参拝する方は遺骨と対面し、礼拝堂で焼香ができるようになっています。 常楽納骨堂は、長期収蔵型とは異なり、遺骨と対面することができず、設置された墓碑に向かって参拝する形式のお墓となっています。 創価学会のお墓は少々特殊な決まりごとが多い傾向があります。 葬式でも、僧侶を呼ばない「友人葬」という形式の葬儀になるなど、一般的な仏教式とは違った形をとります。 制約が多いために、創価学会員でも創価学会直営の墓地公園を利用しない方もいます。 例えば、ペットと一緒にお墓に入りたい、同じご家庭の中で信仰する宗教が違う、和型のお墓に入りたいなどといった希望がある方は使用できないことがあります。 創価学会直営の墓地公園以外で霊園を探す場合、寺院墓地は基本的に過去の宗教を問わないものの、宗派に帰依する、檀家になるなどの条件を設定しているところが多いため、公営霊園・墓地や、宗教不問で利用できる民営の霊園を探すことになります。 創価学会のお墓参り お墓参りは、元来、行かなければいけない回数が決まっているものではありません。 一般的には、死後の世界と近づく彼岸やお盆、正月などにお墓参りに出掛ける方が多いのではないでしょうか。 他にも入学・卒業、就職や結婚など、人生の節目にあたるような時には、ご先祖様への報告も兼ねて、お墓参りに出掛ける方も多いと思います。 創価学会でも、そうした日本の習慣としてのお盆やお彼岸にお墓参りに出掛ける方もいますが、必ずお参りしなければならない、ということはありません。 通常は遠方であったとしても「お盆くらいはお墓参りに行こう」となるものですが、創価学会の場合は遠方だったり、何かの都合でお彼岸に行けなかったりする場合は無理に出掛けなくてもいいように、各地の創価学会の会館で法要が執り行われています。 創価学会の教えでは、学会員の方々が勤行や唱題をすることで功徳を得て、それを毎日故人やご先祖が成仏できるように捧げ、常彼岸としています。 そのため、特定の時期にお参りに出掛けるというような決まりはないのです。 お墓参りの際、祭壇にご安置された御本尊にお供えするのはシキビと決まっていますが、外部のお墓参りであれば故人のお好きだったお花を供えることもできます。 お供え物にも特に決まりはないので、故人のお好きだった食べ物や果物などをお供えします。 また、創価学会の葬儀は「友人葬」で行われるため、僧侶は参列せず、導師という立場の方を中心に読経・唱題を行うなど、葬儀を執り行います。 同じように法要についても四十九日や一周忌など、故人を偲び、お集まりになったご友人やご親戚が自宅やお墓にお参りになって追善供養をするくらいで、特定のしきたりはないようです。 そのため、地域の特色などに柔軟に対応する形で供養します。 創価学会のお墓案内 創価学会のお墓ご購入に関するお悩みをお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

次の

お墓が無い人はどうすればいいのか?供養の方法について知りたい|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

いいお墓

先々週、お父さまの一周忌に合わせてお墓の建立をさせていただいたお施主の納骨法要が無事に終わりました。 隣に親戚のお墓が建っているので、基礎工事は不要。 ご自身はそのお墓に入るかわからず、 「父と母が入るくらいの小さなお墓でいい」というお話でした。 最近の傾向として、「子どもたちは一緒に住んでいないし、将来このお墓に入るか分からないから、大きいのはいらない」とのお声が多くなってきました。 富山県のお墓はお骨壺も大きく、それを納骨する納骨堂が地上にあるのが基本形で、さらにその上に石碑を乗せることを考えると、地下納骨でない限り、墓石を小さくするにも限度があるのが実情です。 また、墓地の敷地面積が大きいと、いくら墓石を小さくしても、土台コンクリートやそこに貼る石などは、墓石が大きかろうが小さかろうが変わりがないので、敷地が大きいとそれなりの費用はかかってしまいます。 墓石そのものについても、小さくても基本の構造を維持しないといけないので、決して小さければ小さいほど安くなるわけではないんですね。 今回は、墓地の敷地がじっさいに大きくないこともあり、このような事情をご説明して、なるべくお施主さまの意向に沿うように、不必要に大きくしないように計らいました。 左側に建っている親戚のお墓よりも小さく、ということで、スナダ石材の 「小さな墓シリーズ」を小さく作り直しています。 既製の図面でも敷地内に収まるのですが、そのままだと隣の墓よりも気持ち程度高くなるので、ひと回り小さい図面をあらたに起こしました。 全体的にほんの数㎝小さく 低く なるだけなので、金額的には数万円しか変わりません。 従来の感覚であれば敷地内に収まるのに、わざわざ石の才数を小さくすることを自ら進んでしなかったと思いますが、それでは今の時代にそぐわないだろうと、ほんの少し小さくする手間を怠らないようにしました。 できあがったお墓の納骨堂は観音扉式ではないので、納骨時は少しコツが必要ですが、今回ははじめての納骨なのでお手伝いさせていただきました。 納骨法要の際の天気が心配だったので、テントを張っておきました。 ビールケースは、墓碑に巻いたサラシをとるための台の代わりです。 決して飲んだくれてるわけではありません。 これ、軽くて持ち運びしやすいんです 笑 当日はわたしは子どもの用事のため、お立ち合い出来なかったのですが、夫 社長 の話によると、皆さん「いい墓が建った」と喜んでおられて、ご親戚もたくさんいらっしゃっていたそうです。 納骨をするときにはお母さまが涙を流されていたと聞きました。 一年間、お父さまと一緒に家で過ごされていたことを想像すると、納骨は二度目のお別れなのだなとあらためて感じます。 お墓はご自宅から遠くないこと。 周りにはご兄弟のお墓があること。 お盆の墓参りには、ご親戚が周りに建つ墓と一緒に手を合わせていかれるので、きっと寂しくないだろうと想像します。 小さなお墓でも、たくさんのご縁ある方たちに囲まれるであろうお墓を建立させていただきました。

次の