りかこ 婚活。 『婚活中毒』(秋吉理香子)の感想(81レビュー)

『婚活中毒』(秋吉理香子)の感想(81レビュー)

りかこ 婚活

なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 今後の人生について悩める男性のお力になれたら嬉しいなと思ったのがまず1つです。 次に自分のスキルアップにも繋がると思いました。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? 会員さんとのお見合い特訓ではその採点を付ける際に様々なことを考えながら採点をします。 その時にその会員様のためを思ってコメントするのですがそこで私自身にも責任感が生まれ、かつ、このコメントによってより素敵な男性に生まれ変わることがとても楽しみで、やりがいを感じています。 あなたが思う魅力的な男性とは? 思いやりがあり、ポジティブで太陽が似合う方に魅力を感じます。 あとは会話をする上でリラックスして話せる方が素敵だと思います。 なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 超のつくコミュニケーション能力を持っていることがわたしの自慢です。 昔から年齢や性別に関係なくよく人に相談される事が多かったので、それを活かせるなら天職になると思いました。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? 最初の頃とはまるで見違えるように魅力的になっていく会員様を目の当たりにすると感動や喜びがあります。 内面から自信が溢れ、キラキラと輝いて男らしくなっていく会員様を見ると、私もパワーをもらっています。 あなたが思う魅力的な男性とは? 常に冷静な判断や態度でいる方にとても惹かれます。 謙虚な気持ちを忘れず、たとえ小さなことでも一生懸命に何かに取り組んでいるような方はステキだと感じます。 なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 私がマリアップガールになろうと思ったのは、以前から婚活業界に興味を持っていたことと、素敵なパートナーと結婚したい!と強く思う人のサポートをしたいと思ったからです。 また、マリアップは婚活トレーニングという今までにない新しいコンセプトの会社で、婚活サービス業界では初の実践式プログラムを取り入れており、とても興味深く感じました。 マリアップガールとして会員さんのサポートはもちろん、今後ますますマリアップの成長に色々な形で貢献していけたらと思っています。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? マリアップガールの仕事をして感じたことは、どの会員さんも前向きで一生懸命だということです。 既にマリアップの会員でいらっしゃる方も、無料体験にお越しになる方も、感じの良い方が多いのが印象的です。 また、多くの方がお見合い特訓を経るごとに、フィードバックシートの点数がどんどんアップしていることを見聞きします。 その度に客観的に自分を見ることの大切さや、第三者からのアドバイスの必要性に気付かされます。 もともと前向きに頑張ろうとしてくださる方が多いので、レベルアップされるスピードもとても速いのだと感じます。 少しでも迷っている方は、ぜひ一度無料体験にお越し頂ければと思います。 あなたが思う魅力的な男性とは? 私が思う魅力的な男性は、優しくて誠実、前向きに頑張っている人です。 そのような内面的な魅力はとても大切ですが、それだけでは恋愛はなかなかうまくいかないと思います。 その逆に外見だけ磨いても最終的にはうまくいきません。 大切なことは外見と内面の両方を磨くことだと私は思います。 自分が今持っている魅力は何か、反対に劣っているものや自分にないものは何なのか、また、今ある魅力をより向上させるためには、パートナーに喜んでもらうには何をすれば良いかなど、常にそれらを考えて努力している方はとても素敵だと思いますし、パートナーともうまく関係を続けられる方なのではないかと思います。 なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 元々、人の幸せに携わる仕事に就きたくウェディングプランナーを志望していましたが、「結婚した2人の幸せ」以上に「結婚したくてもできない方の幸せ」の為に貢献、サポートできるマリアップガールの仕事に、より大きな魅力、やり甲斐を感じたからです。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? お会いする会員様お一人お一人、長所や短所はもちろんのこと、理想とするお相手の女性像、思い描いている結婚イメージも皆様バラバラですので、毎回大きな発見や刺激があります。 初回でお見合い特訓を担当させていただいた会員様が、座学やお見合い特訓を重ねるたびに成長され、最終の告白デートでは外見、内面共に初回時とは見違えるほど魅力的な男性へと変貌されている御姿を拝見した時、たいへん大きなやり甲斐や喜びを感じております。 あなたが思う魅力的な男性とは? 気遣いのできる男性です。 常日頃から相手の立場に立って考え行動できる人は素敵だなぁと思います。 また、仕事でも趣味でも夢や目標に向かって努力し、ハツラツとしている男性の姿は尊敬でき、魅力的に映ります! Q1. なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 私は女子校育ちで男性への苦手意識が強く、自身へのコンプレックスも昔から強くありました。 ダイエットやメイク、仕草などの自分磨きから、恋愛本や心理学、自己啓発本などを読み込んだり、街コンや恋活パーティーなどにも積極的に通い、5年程コツコツと努力を続けてきました。 何とか今では男性・女性・年齢を問わず接することに懸念がなく、初対面の方とでも気さくに話すことがでるようになりました。 私は随分と時間をかけてしまいましたが、普通は婚活にそこまでの時間はかけられませんよね。 マリアップでは約半年ほどで効率的に結果を出せる、マリアップガールとして会員様を直接サポートさせていただける、そんな素敵な活動に、私の経験や当時の思いを活かせるのではないかと考え、マリアップガールになろうと思いました。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? マリアップに通うことはとても勇気がいる事だと思います。 勇気を持ち、自分のスキルアップにいらしてくださる会員様とマンツーマンでしっかりお見合い特訓をさせていただくことで、私自身ももっと頑張らねばと勇気をもらっています。 また、通常の仕事ではお会い出来ない様々な方とお話をすることで、自分には持っていない考え方や新たな学びを得られています。 さらには、自分でも気付かなかった長所を会員様が見つけて褒めてくださることもあり、会員様の成長のお手伝いをしながら自分自身の成長も出来るとても有意義なお仕事だと思っています。 あなたが思う魅力的な男性とは? 私の理想のタイプは価値観の違いを尊重し合える方です。 相手のことをまずは認められる方に魅力を感じます。 同じ価値観の人はいないので人生のパートナーとして、価値観が違うことでもお互いに寄り添っていくことが大切だと思います。 たとえ譲れないことがあっても、理屈や感情的になるのではなく、丁寧に相手の気持ちを汲みながら話し合える方はステキですね。 なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 実は私はもともと人付き合いが苦手で、なかなか会話が続かなかったり、自分の感情や想いを伝えられない性格でした。 そんな自分を変えたくて人と接する機会の多い飲食店で働くようになり、たくさんの人に出会い自分のあり方を考え、なりたい自分に近づくことができました。 マリアップの会員様は以前の私のように、会話に自信がない方もいらっしゃいますが、そういった経験があったので私はコミュニケーションに対する難しさや、特に異性に対する恐怖心が少なからず理解できると思ったのです。 マリアップガールのお仕事は、私自身がそうだったからこそ会員様の不安や悩みを理解し、その不安に寄り添えるものだと思っています。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? マリアップではお見合い特訓後にフィードバックシートを作成して点数を付けることで、自分の評価が目に見えるのが素晴らしい点だと思います。 良かった点は自信に繋がりますし、弱点もハッキリと分かるため、何を修正して、何を武器に次は頑張ればいいかが分かりやすいです。 そのため会員様は特訓を重ねる毎にどんどん点数が伸びますし、いい点が取れれば自信がついて表情も自然と明るく前向きになっていきます。 そんな大切なフィードバックシートを書く身として私も責任感もありますし、本当のデートさながらにドキドキしながら特訓のお相手をさせていただいております 笑。 あなたが思う魅力的な男性とは? 努力家で芯が通った人に惹かれます。 頑張ろうと思っても中々続かないことってよくあると思いますが、それでも真っ直ぐに努力できる人はどこにいっても強いですし尊敬します。 マリアップの会員様は努力家の方が多いので、私も鼓舞されしっかりサポートしていこうと思えます! Q1. なぜマリアップガールになろうと思ったのですか? 以前、婚活パーティーや街コンの司会業をしていたのですが、パーティー中に女性と上手に話せない、何度も参加しているのにカップリング成立しない男性を見る度に 「もっとこうしたら良くなるのにな」と思いつつ、司会者である以上直接男性にお伝えする事ができずにいました。 そんな時マリアップという会社を知り、何度も婚活パーティーに参加してもうまくいかないのは、事前準備が足ないのではないか、婚活トレーニングこそが婚活で悩んでいる男性に必要なのではと思い、私もマリアップガールとして携わりたいと思うようになりました。 今まで婚活の現場を見てきたからこそのリアルなアドバイスをしながら、一人でも多くの男性が婚活のステージで成功していく姿を応援したいと思っています。 マリアップガールの仕事をしてみて感じたことは? 会員さんとお会いしてお見合い特訓をさせていただく際、会員さんにとっても私にとっても「はじめまして」の状況は、まさに本番同様の緊張感が生まれます。 私はその程よい緊張感こそがお互いの真剣さに繋がると思っています。 限られた時間内でお相手の事を1から10まで知ることは難しいかもしれませんが、 心掛けているのは改善点だけではなく、伸ばしたら更によくなる点を沢山見つける事です。 人それぞれ個性があって、魅力的な部分はなかなか自分では気付けないものですよね! 会員さんがステップアップしていく姿は私自身のモチベーションにもなり、マリアップガールとして恥ずかしくないよう、身なりや言葉遣い、人への気遣いなど一層気を付けなくてはと思うようになりました。 マリアップガールの仕事は実生活でも役立つ事、学びが多くやりがいを感じています。 あなたが思う魅力的な男性とは? 前向きで気遣いのできる男性です。 実際デートしていて、愚痴やマイナス発言より、前向きな発言が多い男性はキラキラして見えます。 そのような男性は笑顔も素敵な方が多い気がします! そして、なかなか人が気付かない場面でさりげない気遣いや言葉掛けができる男性を見ると魅力的なだけでなく、人として尊敬します。

次の

マリアップ

りかこ 婚活

アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由と現実 アラサー、アラフォーと婚活女性自体はたくさんいると思いますが、具体的に アラフォー女性の婚活が厳しいと言われる理由は何でしょうか?• そもそもターゲットが少ない• 出会いがあっても決めきれない• 年齢以外のハードルも割と高い• 年齢が上になればなるほど既婚率が高まっていく、ということは逆を考えれば未婚者はどんどん少なくなっていく、ということ。 アラサーで男性も女性も、結婚を意識して一気に結婚式ラッシュが!という経験はありませんか? いったんアラサーでごっそりと未婚者が減っているのでアラフォーで婚活をしようと思っても、同年代、年齢が近い人、年上の人、と考えると ターゲットはとても少なくなってしまうのです。 また、男性側からしてみても、男性はできれば自分より年下を希望する人が多いので、アラフォー女性を対象として見てくれる人自体がとても少ないのです。 アラフォーくらいになると、仕事もある程度慣れて余裕が出ている頃なので趣味で習い事をしたり、スポーツをしたり様々な出会いの場があるはずです。 さらに本気で婚活をしようと思えば、アラフォーでもなんでも、最近では従来の結婚相談所から街コン、マッチングアプリや婚活サイト等、出会いの手段がさらに広がってきています。 普段の生活で出会う人に加えて、そういったツールを使って出会う人まで加えると、実は相当な人数の人に会うことができます。 逆に、だからこそこんなにたくさん出会いがあるなら、もう少し待っていればもっといい人が出てくるんじゃないか?と 待ってしまって決めきれないというのもアラフォー婚活の現実です。 もちろん20代の婚活とはわけが違いますからアラフォーであること、ということのハードルは高いのですが、そこ自体が問題というよりはアラフォーだからこそ、 取り巻く環境や結婚した後の生活イメージができるかどうか?ということの方に問題があります。 例えば、もちろん個人差はありますし最近は医療も発達してきているので全ての人が、とは言いませんが、年を重ねるにつれて子供を授かる可能性、そして健康な子供を産める可能性は低くなっていきます。 もし相手の男性がそれでもいいと言っていても、相手のご両親は本当に納得しているのか、という孫問題が発生する可能性があります。 さらに、アラフォーでの結婚となると当然両親もそれなりの年齢ですので、すぐそこに見える介護の問題はどうするのかというの懸念材料です。 アラフォーでの婚活、結婚は若くで結婚するよりも、理想だけではない具体的な将来設計が必要となるのです。 1度でも結婚を経験した人はその苦い経験から、私の悪い所はここだから次はこうしよう、というような自分自身を見直すきっかけがあったはずです。 ですが、なんとなく結婚しないでアラフォーになってしまったという人は、いざ婚活を本気でしようと思った時に困ってしまいます。 自分が婚活市場でどの程度の需要があるのか、自分はどんな人に出会いたいのか、という自分がどうしたいのかということが分かっていないのです。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活女性の特徴 婚活女性の中には、明らかにそれは 高望みでは?とかちょっと勘違いしてしまっている人がいます。 その人たちはどんな特徴を持っているのでしょう。 男性に求める条件が高すぎる• 自分を磨く方向がちょっと違う• そういった女性は若い頃はそれなりにモテて、恋愛もいろいろ楽しんだはずです。 それでも結婚までに至らなかった理由の1つとしては、それなりにキレイで自信があるがゆえに、 もっといい人、もっといい人、と思っているうちにアラフォーになってしまったということが考えられます。 そんな人たちは年齢を重ねれば重ねる程「ここまで独身で来たんだから、妥協したくない!」という自分の意地と「やっぱり妥協したのねと思われたくない」という見栄で、男性に対しての 条件を下げることができません。 自分自身も地位や年収がそれなりにあるからなおさらです。 自分磨きをすることは大事なことなので否定はできないのですが、その方向を間違ってしまうと、さらに出会いを遠ざけてしまうことになりかねません。 例えば、語学を身に着けて美容にも投資して、というアラフォー女性を想像してください。 素敵な人だ!と思われるかもしれませんが、ちょっと高嶺の花、という感じがしませんか? 世の中に、もっとターゲットを絞ってアラフォー男性の中にどれだけその高嶺の花にチャレンジしようと思う人がいるでしょうか? もしアラフォーで婚活を始めて自分磨きをしようと思ったら、過度に美容にかけるよりも年齢よりもちょっと若く見える、というくらいを目指しましょう。 アラフォーで婚活をしている男女は年齢的にゆっくり何年も付き合っていずれは結婚して、というよりもいい人がいたら結婚したい、という気持ちで婚活をしています。 だから、自分から高嶺の花になって男性を遠ざける必要はないのです。 婚活への本気度が高ければ高い程、 ついついぐいぐい行ってしまうものです。 多少の積極性は男性からも歓迎されますが、あまりにぐいぐい来られてもがっつきすぎと思われかねません。 しつこくLINEをしたり、自分のことを知ってほしいばかりに、相手が求めてもいない自分通信を一方的に送ってしまっていませんか? また1. 2回目のデートで結婚について、将来についての夢をあまりに語りすぎていませんか? 理想が詳細であればあるほど、男性にとっては重く感じてしまうものです。 もちろん、20代ほど時間があるわけではないですし、お互い婚活をしているアラフォー同士なら、最初から結婚前提に、ということは間違いないので結婚や将来の話をするな、とは言いません。 ちょっと話で出してみて、男性がどんな反応をするか見て判断した上で、その後の会話をする、というような余裕が必要です。 高望みや勘違いしてるアラフォー婚活男性の特徴 高望みや勘違いをしているのはアラフォーの婚活女性だけではありません。 アラフォー婚活男性の高望みや勘違いはどんなものでしょうか。 自分はモテると思っている• 男気の出し方が間違っている• 何となく奥手で出会いのチャンスすらなく、アラフォーになってしまった、というような男性だったら、親戚や知り合い等から紹介されたお見合いで意外とサクッと結婚してしまったりするものです。 勘違いアラフォー男性の特徴の1つ目は「なぜか」 自分はモテると思っている人です。 そういう人は「そろそろ結婚してもいいかなと思っている」「そろそろ落ち着こうかな」「もう存分に遊んだし」等、いかにもモテていたけど自分がその気にならなかったら結婚しなかった、というようなことを発言します。 本当にモテていたら、よほどの遊び人でない限り、たくさん寄ってきた女性の中から自分の好みの人とアラフォーになる前に結婚しているはずですよね。 だいたいこのような発言をする人は、周りはそうは思っていないのに、自分はイケていて、モテるんだ、と思っているので、とにかく女性は若くないといけない、と思っていたり、自分のことは棚に上げてモデルのような女性を理想としている場合が多いのです。 女性が望む男気は頼れる、とかさりげないやさしさや心遣い、というようなものだと思いますが、勘違いアラフォー男性の間違った男気は強引さ、決めつけ、恩着せがましいやさしさ、といったところです。 まだ出会って日が浅いにも関わらず、「君って〇〇だよね。 俺にはわかるよ」とさも全て見切ったかのような断言だったり、「払っておいたよ」等自分がしてあげたことに対して自己申告してきがちです。 そういう男性は、仮に付き合ってからもずっと褒めておだて続けなくてはいけないので疲れてしまうので、女性からは敬遠されがちです。 年をとればとるほど男女共に未既婚関わらず 身だしなみには気を付けなくてはいけません。 男性であれば体型や頭髪、女性も体型や肌等、どうしても年齢に逆らえない部分は出てきてしまうものです。 でもそれを無頓着にほっといて老化させ放題にするのか、それとも最低限気にして小ぎれいにしておくのとでは印象が大きく違います。 そして、身なりに無頓着な人程「中身で勝負」「中身を見てくれる人と付き合いたい」というような発言をします。 もちろん「中身で勝負」ですし「中身を見てくれる人」じゃないと、恋愛や結婚をすることができないのはわかりますが、中身を見る前に身だしなみで却下されている可能性を考えておくべきなのです。 アラフォー男性に20代の男性に求めるようなファッション性を求めているわけではありません。 あくまでも婚活をするならアラフォーなりの小ぎれいさは努力しておく必要があるでしょう。 アラフォー女性が婚活を成功させるコツ なかなか 難易度が高そうなアラフォー女性の婚活ですが、どんなことをしたら成功できるのでしょうか? 最低限押さえておきたいコツを5つご紹介いたしましょう。 間口を広げてみる• 出会いの場に積極的に行ってみる• 相手に求めすぎない• 客観的に自分を見つめなおす• 具体的でないと理想の人には出会えないかもしれませんが、理想が具体的であればあるほど間口は狭まって、出会えるチャンスを逃してしまっているかもしれません。 絶対に譲れないポイントを1. 2個に絞って、そこをクリアしている人はとりあえず会ってみましょう。 そうしたら、実はあなたが気づいていない理想の男性像が見えてくるかもしれません。 あれ?全部にこだわらなくてもいい人いるなぁ、と気づくことができればアラフォー女性の婚活は一歩前進したも同然です。 どれだけ出会いを望んでいても、どれだけ結婚したいと思っていても、まずは相手に出会わないことには始まりません。 新たな出会いがありそうな所にはどんどん出かけていきましょう。 また、親しい同僚や友人に婚活の協力を頼んでおくのもアリでしょう。 その同僚や友人が既婚者でも問題ありません。 例えば、友人の旦那さんが会社の人を紹介してくれる、等普通の生活をしていたら出会わないような人に出会えるチャンスが広がる可能性があるからです。 お互いもういい年齢になってきているので、どちらかがどちらかを養うというより、良いパートナーぽさが求められます。 だからこそ自分の理想にぴったりくる男性を探したり、男性に対して完璧やより厳しい条件を求めることよりも、一緒にどうやって幸せな未来を作っていけるだろうか?という思考にシフトするべきです。 相手にいろいろなことを求めて、「誰かにしてもらうのが当たり前」という考えは捨てなくてはいけません。 自分がどんな人と人生を共にしたいのかというようなパートナーに関する理想はもちろんのこと、自分が他人からはどんな人に見えているのか、自分の婚活市場での価値はどれくらいなのだろうか?と普通に生活していたら気づけなかったことや、考えなかったことをたくさん考える機会です。 そこでここは直した方がいいかな?とか、こういう発想転換したらどうかな?とか自分を見つめ直すと共に自分が成長するきっかけになり、今後の人生にきっと役に立ちます。 そして、年齢的な若さは肌のハリやしわ等、見た目の絶対的な強さを持っていることを再認識することでしょう。 だから、婚活の場に行く時には いつも以上に身だしなみに気を付けなくてはいけません。 20代、30代に張り合って若作りしろということではありません。 無理な若作りは逆効果です。 アラフォーにしか出せない余裕や上質感を服装や持ち物で出せるように心がけましょう。 目指すべきは20代に見えるアラフォーではなく、素敵なお姉さん、です。 アラフォー女性の婚活でのNG行動 アラフォー女性の婚活が成功するためのコツ、についてはお伝えしてきましたが、そのコツは実践していたとしてもこれをしたらダメよ!というNG行動を5つご紹介しておきましょう。 理想と違う、とすぐ拒絶する• 相手がどう思っているかを気にしすぎる• 前のめりになりすぎる• 自分アピールをしすぎる• アラフォー婚活をするならまずは間口を広げる、というお話をしたかと思いますが、それと同じようなことです。 もちろんあなたにも、こうあってほしいという理想があるのはわかります。 身長はこれくらい、性格はこんな感じ、年収はこれくらい欲しいな、いろいろな思いはあると思いますが、全てを満たしていないからと言って拒絶してはいけません。 どれか1つはちょっと足りないかもしれないけど、実は付き合ってみたらしっくりくるような人がいるかもしれません。 出会いはなるべく多いにこしたことはありませんから、自らチャンスをつぶしに行くようなことをしてはいけません。 最低限のマナーとして、こんなことを言ったら相手はどう思うかな?と考えて行動することは必要ですが、相手に気に入られるような発言や行動ばかりしているといずれそれはあなたのストレスになります。 もし、仮にその人と結婚できたとしてもずっと自分を偽って結婚生活を送るわけにはいかないので、ちゃんと自分を出していきましょう。 それがアラフォーならなおさらです。 でも 真剣になるのと前のめりになりすぎるのは違うのでそこは気を付けなくてはいけません。 婚活で出会ったからといって、相手の男性が婚活に対してあなたと同じ温度であるとも限りませんし、あなたと同じスピードで進みたいと思っているとも限りません。 出会ってすぐに次の展開を急かしたり、自分の人生設計を語りすぎるというのも前のめりすぎる印象を与えて男性に引かれてしまいます。 真剣だからこそ、早く結婚したいからこそ自分のことを早くわかってほしい!という思いが強くて私ってこういう人間です!こんなことを望んでいます!結婚相手としてはどうですか?と判断できるように出しているつもりなのでしょう。 でもあまりにぐいぐいアピールされても、伝わって判断するどころか拒否反応を示されてしまいかねません。 自分がどんな人なのか、結婚に対してどんな思いがあるのか、どうしたいのか、という情報は伝えなくてはいけませんが、誤解されないよう伝え方を工夫しなければ、伝わるものも伝わりません。 過度な自虐、というよりは相手が反応困るようなことと言った方がいいでしょうか? 例えば、「もうトシだからさ」とか「スタイルも崩れちゃったし…」というようなことです。 もちろんあなたにとってはちょっとした会話のスパイスのつもりでも、相手は反応に困ってしまいます。 せっかくいいな、と思ってくれていた人にあえて自分からマイナスな要素を与える必要はありません。 たとえ本当に体型が崩れてしまっていたとしても、男性は、いくら明るくしていたとしても開き直っている人よりも、維持しようと努力している姿をかわいい、と思うはずです。 せっかくのチャンスを自らつぶす必要はないのです。

次の

【アラフォー】リカコ【婚活】 Part.67

りかこ 婚活

この記事のポイント• アラフォー女性の婚活は厳しいのが普通。 結婚できないアラフォー女性は「現実を無視している」。 結婚できるアラフォー女性は「力強く成長した女性」。 この記事は約6分で読めます。 こんにちは、婚活FP山本です。 一般論として、アラフォー独身女性の婚活は厳しいなどと言われていますよね。 確かに若い頃と比べれば衰えも感じるものの、誘ってくる男性もいるし、まだまだイケるはずと考えているアラフォー女性も多いことでしょう。 ただ、 もしかしたらそのまま結婚できないのかもしれませんよ。 今回は注意喚起として、結婚できないアラフォー独身女性の特徴や現実をお伝えします。 知りたくもないかもですが、できれば最後までお読みくださいませ。 結論からいえば、アラフォー女性の結婚が厳しいのは「確かな現実」です。 きっとあなたも、若い頃は相応にモテたのではないでしょうか。 モテた理由は、シンプルに「若かったから」です。 若かったからモテたのですから、若くなくなったらモテなくなる、モテにくくなるのは当然ではないでしょうか。 アラフォーになっても男性から誘われる女性もいますが、 声をかけてくる「男性の質」は確実に落ちているはずです。 何となく、思い当たることはありませんか? 男性にとって若い女性、若さを感じる女性とは、素直に「30歳未満の女性」を指します。 30歳を過ぎれば、すでに若くありません。 アラフォーともなれば尚更なのが現実です。 人気のあるアラフォー女性などいないのが実情 最近では「モテる40代女性の特徴」などといった記事をよく見かけますね。 アラフォーになってもモテる女性芸能人もいますし、「アラフォーでもモテる」と考える女性も確かに一定数います。 しかし…… 人気のあるアラフォー女性などいないのが厳しい実情です。 アラフォーでもモテる女性は、 若い頃もっとモテたはず。 「まだモテる」というだけで、女性としての魅力は、年齢とともに確実に落ちる一方です。 イヤな現実でしょうが、結婚するためにもしっかり知っておきましょう。 実際のところ、多くのアラフォー女性は「婚活が厳しい」などと感じていません。 なぜなら、 婚活をしていないからです。 例えば男性にとって婚活と飲み会は別物ですが、これを理解せずに飲み会に参加し、声をかけてくる男性がいるからとも言えます。 一部の女性は婚活に励んでいますが、理屈でいえば、アラフォーになったらモテにくいのですから、 その前に婚活に励むべきでしょう。 ところが実際には、モテにくくなったアラフォーになってから焦って婚活に励み、想像以上にモテなくてさらに焦るのが現実といえます。 あなたの仲間も多いのかもしれませんね。 それはそれで一つの「嬉しい発見」かもしれませんが、 一緒に結婚できなかった人生を歩みたいですか?ぜひ、じっくりと考えてみて下さい。 「アラフォー限定婚活」の悲しい失敗談エピソード 筆者は過去、「アラフォー限定婚活パーティ」を企画しました。 どのような結果になったと思いますか?結論からいえば「企画倒れ」でした。 女性については即、定員いっぱいまで集まったのですが、 男性は誰一人、申し込みをしてこなかったのです。 筆者の集客力不足も否めませんが、実に悲しい失敗談エピソードといえます。 これが男性の、そしてアラフォー女性の一つのリアルです。 少なくとも、のんびり構えていてはダメでしょう。 残された時間はわずかですから、強く気合を入れて婚活に励みましょう。 まず結婚できないアラフォー女性は「実態を見ない」というのが特徴です。 これは複数の角度でいえますが、一番は「自分の魅力に関する実態」になります。 残念ながら、 もうモテないのが現実です。 魅力だけではありません。 自身の経済力、人間力、精神力……そういった「自分の欠点」も見ない傾向にあります。 欠点を見ないから改善もせず、 延々と同じ失敗を繰り返すのが結婚できない女性です。 自分の欠点を棚に上げ、男性の欠点ばかり気にする女性も多いですね。 少しは見ていても、やはり改善まではせず、 「そのまま受け入れてくれる男性を探す」女性も極めて多いといえます。 心当たりのある女性は、まず友人などに客観的な意見を求めたほうが賢明かもしれません。 男性はほぼ100%外見・年齢で女性を選ぶのが特徴 相応の年齢になると、そもそもイケメンが残っていないため、多くの女性は「年収や勤め先」で最初に男性を足切りしますね。 これと同じく、 多くの男性は「容姿や年齢」で最初に女性を足切りします。 なまじ年収で選ぶ男性が少ないからこそ、ほぼ100%外見や年齢で最初に女性を選ぶのが男性の特徴です。 残念ながら、 大半のアラフォー女性は選別の土台にすら上げてもらえません。 これを前提に、「では上げてもらう、見てもらうにはどうしたらいいか」を考えて動くことが大切です。 言い換えれば「(強めの)欠点がない人」でしょうか。 見た目も経済力も性格も、 全てにおいて大きな欠点がない人を探そうとします。 そして、少しでも欠点を感じるとすぐに見限る傾向です。 そもそも、人間には誰にでも欠点はあります。 イケメンなどは、その欠点を上回る長所を感じるから、見えなくなっているだけです。 無意識に見てないだけ……かもしれません。 そのような長所がある男性は、 周囲の女性がほっておかずに、すでに完売でしょう。 仮に残っていたとして、あなたを選ぶでしょうか?あなたは「普通の人」ですか? 結婚や男性に夢を見ているうちは、現実に耐えられず結婚できないでしょう。 なんとか、考えを改めましょう。 普通なのに残っている独身男性など滅多にいない ランク分けではありませんが、仮に男性を「上級・普通・下級」に分けます。 誰だってより良い人と結婚したいですから、自然と最初に上級から売れ、 次に普通の男性が売れるはずです。 女性がアラフォーになる頃には、もう普通水準の独身男性など残っていないのが基本といえます。 「まだマシな男性」であるほど、「まだマシな女性」を狙いますが……あなたは狙われるでしょうか。 選ぶ視点ばかりではなく、 アラフォー婚活では「選ばれる視点」が大切だと理解していきましょう。 本人の年収が極めて低い、そもそも働く気が弱い、男性の年収を気にしすぎ、などです。 女性は結婚して男性に養ってもらうもの……という昔の価値観を現代で持つ女性でしょうか。 少なくとも、女性として男性に養ってほしい、支えてほしいという気持ちは本能的なもので、自然なこととさえいえます。 しかし、その 本能の赴くままに婚活をしていても結婚には至りません。 そもそも、年収が低いからアラフォーまで残っていた男性に経済力を求めるのはムリがあるでしょう。 経済力のある男性が相手なら、今度はあなたを選ぶのかが問題です。 中には男性の年収を無視して強引に結婚し、無理やり専業主婦になる女性もいますが、多くは長続きしません。 アラフォーで残る男性の多くは、年収300~400万円です。 結婚しても貧困対策にならない点を理解して、それでも結婚したいなら婚活に励みましょう。 なお、別角度での結婚できない原因が知りたい方は以下記事も参考にどうぞ。 結論からいえば、それは「力強く成長した女性」です。 経済的にも人間的にも成長し、そして女性としても「大人の魅力」を兼ね備えているなら、アラフォーでも問題なく結婚できるでしょう。 あなたは今、どんな女性ですか? 十分な成長を遂げた女性なら、同年代の女性の中でも輝いて男性の目に止まりますし、時に無敵なはずの「若い女性」にすら勝てます。 このような女性は、 男性から見て「頼れる人生のパートナー」と映るわけです。 ただし、だからといって高望みするのは危険ですけどね。 今まで苦労を重ねてきた女性には、大きな朗報ではないでしょうか。 男性もそうですが、女性もけっして努力はムダにはなりません。 今までの自分を誇り、 自信を持って婚活に励みましょう。 今からでも経済力・人間力を養おう! 経済力や人間力というのは、一朝一夕では手に入りません。 今まで、特に何も努力してこなかったアラフォー女性には酷かもしれませんが、残念ながら自業自得です。 相応に努力していても、結果が付いてないなら同じといえます。 あなたなら、年収300万円の男性をどう見ますか? どんなに反省しても後悔しても、過去には戻れません。 できることは「未来に向かって」のみです。 アラフォーまでくると「結婚できない可能性」も高いですから、 独身人生への対処も兼ねて、今からでも経済力や人間力を養っていきましょう。 なお、他にもアラフォー女性の成功への方法が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。 結婚できないアラフォー独身女性の婚活に関するまとめ 今や結婚はゴールとは言いません。 あくまで結婚は始まりで、その後も苦労の連続です。 「結婚したらラクになれる」という心境の婚活では厳しく、仮に結婚できても離婚でしょう。 アラフォーともなれば男性も甘やかしてくれませんから、ぜひ就活に似た心境で婚活に挑み、そして幸せを掴み取っていきましょう。 まずは行動!ゼクシィから生まれた新しい形の結婚相談所に登録してみませんか? 「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リーズナブルに始められる手軽さとリクルート運営という安心感から2015年サービス開始にも関わらず既に紹介対象会員数は23,400人を突破。 今、最も勢いのある結婚相談所です。

次の