遺族 年金 所得。 遺族年金は非課税所得!税金・保険料を安くする方法も紹介

遺族厚生年金を受けられるとき|日本年金機構

遺族 年金 所得

寡婦年金とは? 寡婦年金とは、一般的には主たる生計の維持者であった夫と死別した寡婦に支給される年金です。 nta. htm) 寡婦年金の受給条件は、• 亡くなった夫と10年以上継続して婚姻関係にあるとき• 夫が亡くなった際に、夫が生計を立てていたとき• 亡くなった夫が65歳未満であったとき• 亡くなった夫が、第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上あるとき• 亡くなった夫が生前に年金を受給したことがないとき• 夫が亡くなってから5年以内に請求しているとき• 妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金を受けていないとき のすべてを満たすことです。 ただし、 再婚したり養子に入ったりする場合は寡婦年金を受給することはできません。 寡婦年金の受給期間は妻が60~65歳の間で、受給金額は夫がもらえるはずだった金額の4分の3となります。 もし夫が亡くなっていなければ夫本人が年金を受給しており、妻や子どもはその年金によって生計を立てていたかもしれません。 寡婦年金はいわば、夫の年金を妻が相続し、代わりに受給するようなものと考えていただければと思います。 しかし、若くして夫を亡くした場合は受給開始までに長い時間が掛かります。 その際は死亡一時金を受け取り、寡婦年金を放棄するケースもあります。 夫を亡くした際の状況によって柔軟に対応するべきでしょう。 遺族年金との違い 遺族年金とは一言で言うと、遺族の方に支給される公的年金等のことです。 (平成30年4月1日現在法令等) つまり、 寡婦年金の給付対象条件に当てはまらない人でも、遺族年金では給付の対象になり得るということです。 なお遺族年金では、亡くなった方が加入していた年金の種類によって、相続税や所得税の課税についての決まりが異なります。 一般的な厚生年金や国民年金などの遺族年金の場合 厚生年金や国民年金などの被保険者であった人が亡くなったときは、遺族の方に対して遺族年金が支給されます。 また、恩給を受けていた人が亡くなった場合には、遺族の方に対して遺族恩給が支給されます。 次の法律に基づいて遺族の方に支給される遺族年金や遺族恩給は、所得税も相続税も課税されませんので注意しましょう。 国民年金法、厚生年金保険法、恩給法、旧船員保険法、国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、旧農林漁業団体職員共済組合法など。 注 これらの法律に基づいて支払を受ける年金の受給権者が死亡した場合においては、その死亡した人に支給されるべき年金給付のうちまだ支給されていなかったもの(未支給年金)があるときには、その受給権者の遺族で一定の要件に該当する人がその人の名前でその未支給年金の支給を請求することができます。 nta. htm)• 確定給付企業年金法などに基づく遺族年金のケース 遺族の方に支給される以下の年金などは、相続税の課税の対象になりますが、毎年受け取る年金には所得税が課税されません。 1 確定給付企業年金法第3条第1項に規定する確定給付企業年金に係る規約に基づいて支給される年金 2. 2 所得税法施行令第73条第1項に規定する特定退職金共済団体が行う退職金共済に関する制度に基づいて支給される年金 3. nta. htm) 寡婦年金の支給額 遺族年金との違いがわかったところで、寡婦年金の支給額はいくらになるのでしょうか。 子どものいない妻は遺族基礎年金がもらえませんので、大黒柱を失い今後の生活を不安に思っているかもしれません。 ですので生活を保証してくれる制度を少しでも知っていると、基盤が整うのではないでしょうか。 そこで気になるのが寡婦年金の支給額でしょう。 そして、支給額には相続税がかかるのかも気になるところです。 支給額について まずは、支給額について見てみましょう。 この「受け取ったであろう年金」と言うのは老齢基礎年金を指し、65歳から受給できます。 支給条件は20歳から60歳までの間に25年以上国民年金を支払い、その期間に応じた金額が一生涯支給されます。 遺された家族が不自由をしないように支給されるのが寡婦年金 なのです。 受給期間はどのくらい? 妻が寡婦年金を受給できる期間は、60歳から65歳になるまでの間です。 この期間の前に夫が亡くなった場合は、60歳の誕生日を迎えてからの受給になります。 65歳を過ぎると、妻自身も老齢基礎年金が受給できるので、寡婦年金の支給は終了になります。 また、寡婦年金を受給資格者は、死亡一時金を受給する資格もあります。 死亡一時金は一度きりで、金額も最大32万円までもらえるお金ですが、寡婦年金と死亡一時金の両方を受け取ることはできず、どちらか一方になりますのでご注意ください。 受給する際には、どちらか受給金額の高い方をもらうことをお勧めします。 亡くなった人がどのくらいの保険料を納めたかによって金額が様々なので、年金事務所や年金相談センターなどで相談するか、税理士のようなお金のプロにも相談するとスムーズです。 また、寡婦年金は相続税や所得税がかからない仕組みになっています。 寡婦年金の相続税が非課税になる金額に上限はなく、相続税が引かれたり支払ったりする必要もありません。 相続税がかからないとわかっていると安心して受給できますね。 ちなみに、老齢基礎年金や老齢厚生年金は相続税がかかりますので混乱しないようご注意ください。 寡婦年金の受給に必要な書類 寡婦年金を受給するためには、年金事務所・日本年金機構に届けを提出する必要があります。 具体的にどのようなものが必要なのか、下記にまとめてみました。 年金請求書• 年金手帳• 戸籍謄本(記載事項証明書)• 世帯全員の住民票の写し• 死亡者の住民票の除票• 請求者の収入が確認できる書類• 受取先金融機関の通帳等(本人名義)• 年金証書• 印鑑(認印可) また、死亡の原因が交通事故のような第三者行為の場合には、下記の書類も必要です。 第三者行為事故状況届• 交通事故承継(または事故が確認できる書類)• 確認書• 被害者に被扶養者がいた場合に、扶養していたことがわかる書類• 損害賠償金の算定書 つまり、 寡婦年金の受給対象条件を満たすことを証明できる書類が必要ということですね。 提出先は住所地の市区町村役場や年金事務所で可能ですので、お住まいの場所から近い窓口に行ってみましょう。 窓口での相談を受けながら個人で用意することもできますが、大切な人の亡くした後、心に余裕のない方は大勢おられます。 また、届出の準備がややこしいと感じた場合は、税理士や公認会計士、弁護士などに相談してみると申請がスムーズに進むでしょう。 寡婦年金の申請手続き方法 寡婦年金は相続税がかからないので安心して申請ができます。 申請書類のうち、年金請求書は日本年金機構のホームページからダウンロードできますので、ご利用ください。 必要書類が揃ったら、市区町村役場の窓口、年金事務所または年金相談センターにて手続き申請を行ってください。 また、寡婦年金は相続税がかからないため、申請の手続きのみで確定申告をする必要はありません。 申請の流れについて それでは、寡婦年金の申請の流れを見てみましょう。 寡婦年金の申請を行う 2. 日本年金機構から「年金決定通知書」が届く(約60日くらい) 3. 初回受給(約50日くらい) 寡婦年金の初回の受給は、受給権を取得し申請した翌月からです。 また、初回の受給金額は受給開始月から直近の前月分までになり、2ヶ月分です。 寡婦年金がいくらもらえるかを調べたい場合は、「年金決定通知書」に記載があるので、そちらで確認してみましょう。 上記の申請の流れからもわかるように、申請をしてから受給できるまでに約3ヶ月はかかります。 申請はゆとりを持って行いましょう。 支給月はいつ? 申請の流れがわかったところで、支給月についても見てみましょう。 寡婦年金の 支給月は偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の15日です。 初回の支給や過去をさかのぼっての支給がある場合は、奇数月になることもあります。 申請手続きをせず自動的に寡婦年金が受け取れるわけではありません。 寡婦年金の申請手続きは5年以内なら可能ですが、後回しにせず必要書類が揃ったらなるべく早く手続きを済ませましょう。 状況によっては必要書類が変わることがありますので、事前に日本年金機構のホームページを確認しておくことをお勧めします。 寡婦年金は収入によって変化する? 寡婦年金を受給されている方には様々なケースがあり、寡婦年金を受給しながら働いている人もいることでしょう。 このように、ほかに収入があると受給の金額は変動するのでしょうか。 寡婦年金を支給される期間は、ほかに収入があっても減額はされませんし相続税も非課税のままです。 例えば、扶養内でパートタイムワーカーが、寡婦年金受給中にフルタイムで働くことになり、自分で厚生年金を支払うことになったとします。 収入額によっては、老齢厚生年金を特別支給されている場合は減額になりますが、遺族年金に関するものに支給の調整はありません。 いずれの場合も相続税は非課税のままです。 また、働き方による将来の年金額に上乗せは多少あっても、調整があるので大差はあまり感じられません。 寡婦年金の受給は気にせず、将来のために働けるうちはフルタイムで働いて蓄えを作っておいて老後に備えることも可能です。 反対に寡婦年金の支給額が変わらないのなら扶養内で働く、という選択もあると思います。 どちらを選択するにしても、老後にどのような生活になるのかシミュレーションをしておくとよいでしょう。 相続税はかかるのか? 寡婦年金に相続税がかかるのか、というと「かかりません」。 前述した遺族年金と同様に、 亡くなった夫が加入していた年金の種類によって課税の有無がことなります。 一般的な国民年金、厚生年金などから支給される場合は非課税となり、確定給付企業年金や特定退職金共済から支給される場合は相続税が掛かります。 非課税となった場合は、支給額がいくらであろうとも非課税です。 非課税対象の寡婦年金を受け取る際は、ややこしい相続税の計算をする必要は基本的に生じません。 なお、どちらにせよ所得税は掛かりません。 そのため、もしものときに備え、夫が加入している年金について、妻は知っておくべきです。 もし確定給付企業年金や特定退職金共済から支給される寡婦年金を受け取る場合は、相続税についてきちんと計算する必要があります。 相続税についての計算はややこしく、計算ミスにより納税額に間違いがあると大変です。 不慣れな場合は弁護士や税理士などのプロに相談してみることをおすすめします。 それでは、相続税がどれだけかかるのかも気になりますので、なるべく分かりやすく紹介します。 相続税のしくみ 相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額です。 基礎控除額を超える場合にその超える部分 課税遺産総額 に対して、課税されます。 この場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。 注 被相続人とは、死亡した人のことをいいます。 nta. htm) 基礎控除額と正味の遺産額 分かりやすい様に、表にするとこの様になります。 正味の遺産額が基礎控除額を超える場合は相続税がかかりますので、相続税の申告及び納税が必要になります。 正味の遺産額とは、上記イメージ図のとおり、遺産総額と相続時精算課税の適用を受ける贈与財産の合計から、非課税財産、葬式費用及び債務を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産を加えたものになります。 つまり、 遺産総額が贈与財産額を超えてしまうと、寡婦の負担額が増大するのです。 相続税の納税義務者と課税財産は? その、相続税がかかる人及び相続税の課税される財産の範囲は、次のようになっています。 相続税のかかる人と課税される財産の範囲 相続税のかかる人 課税される財産の範囲 1 相続や遺贈で財産を取得した人で、財産をもらった時に日本国内に住所を有している人(その人が一時居住者である場合には、被相続人が一時居住被相続人又は非居住被相続人である場合を除きます。 ) 取得したすべての財産 2 相続や遺贈で財産を取得した人で、財産をもらった時に日本国内に住所を有しない次に掲げる人 イ 財産をもらった時に日本国籍を有している人の場合は、次のいずれかの人 イ 相続の開始前10年以内に日本に住所を有していたことがある人 ロ 相続の開始前10年以内に日本に住所を有していたことがない人(被相続人が一時居住被相続人又は非居住被相続人である場合を除きます。 ) ロ 財産をもらった時に日本国籍を有していない人(被相続人が一時居住被相続人、非居住被相続人又は非居住外国人である場合を除きます。 ) 取得したすべての財産 3相続や遺贈で日本国内にある財産を取得した人で、財産をもらった時に日本国内に住所を有している人((1)に掲げる人を除きます。 ) 日本国内にある財産 4相続や遺贈で日本国内にある財産を取得した人で、財産をもらった時に日本国内に住所を有しない人( 2 に掲げる人を除きます。 相続税がかかる財産 [平成30年4月1日現在法令等]• 相続税がかかる財産 相続税は原則として、死亡した人の財産を相続や遺贈 死因贈与を含みます。 によって取得した場合に、その取得した財産にかかります。 この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのものをいいます。 1 相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産 死亡退職金、被相続人が保険料を負担していた生命保険契約の死亡保険金などが、これに相当します。 2 被相続人から死亡前3年以内に贈与により取得した財産 相続や遺贈で財産を取得した人が、被相続人の死亡前3年以内に被相続人から財産の贈与を受けている場合には、原則としてその財産の贈与された時の価額を相続財産の価額に加算します。 3 相続時精算課税の適用を受ける贈与財産 被相続人から、生前、相続時精算課税の適用を受ける財産を贈与により取得した場合には、その贈与財産の価額 贈与時の価額 を相続財産の価額に加算します。 nta. htm)• 相続税が特別にかかる財産 次のものについても、相続や遺贈によって取得したものとして課税されます。 nta. htm) 税額の計算• 贈与税額の計算 実際に、どれくらい贈与額があるのかを知りたい時には、こちらを参考下さい。 相続時精算課税の適用を受ける贈与財産については、その選択をした年以後、相続時精算課税に係る贈与者以外の者からの贈与財産と区分して、1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額を基に贈与税額を計算します。 その贈与税の額は、贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額(限度額:2,500万円。 ただし、前年以前において、既にこの特別控除額を控除している場合は、残額が限度額となります。 )を控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。 なお、相続時精算課税を選択した受贈者が、相続時精算課税に係る贈与者以外の者から贈与を受けた財産については、その贈与財産の価額の合計額から暦年課税の基礎控除額110万円を控除し、を適用し贈与税額を計算します。 注 相続時精算課税に係る贈与税額を計算する際には、暦年課税の基礎控除額110万円を控除することはできませんので、贈与を受けた財産が110万円以下であっても贈与税の申告をする必要があります。 nta. htm)• 相続税額の計算 相続時精算課税を選択した者に係る相続税額は、相続時精算課税に係る贈与者が亡くなった時に、それまでに贈与を受けた相続時精算課税の適用を受ける贈与財産の価額と相続や遺贈により取得した財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めた相続時精算課税に係る贈与税相当額を控除して算出します。 nta. htm) その際、相続税額から控除しきれない相続時精算課税に係る贈与税相当額については、 相続税の申告をすることにより還付を受けることができます。 まとめ 遺産を受け取るのが、寡婦であったとしても、相続をこうして順に見て考えると大変な手続きを行わなくてはなりません。 手続きを円滑に、手間なく終わらせるためにも、相続に関わることは専門家へ相談しましょう。 都道府県 事務所所在地 北海道・東北 北海道 18 青森県 3 岩手県 4 宮城県 2 秋田県 3 山形県 6 福島県 9 関東 茨城県 19 栃木県 33 群馬県 21 埼玉県 63 千葉県 41 東京都 364 神奈川県 19 北陸・甲信越 新潟県 12 富山県 6 石川県 14 福井県 10 山梨県 25 長野県 19 東海 岐阜県 28 静岡県 28 愛知県 75 三重県 25 関西 滋賀県 11 京都府 13 大阪府 60 兵庫県 35 奈良県 13 和歌山県 21 中国 鳥取県 2 島根県 4 岡山県 7 広島県 11 山口県 10 四国 徳島県 5 香川県 10 愛媛県 8 高知県 7 九州・沖縄 福岡県 11 佐賀県 2 長崎県 3 熊本県 5 大分県 9 宮崎県 6 鹿児島県 9 沖縄県 13.

次の

遺族年金とは?いつまでにいくら受給できる?

遺族 年金 所得

遺族年金とは、厚生年金などの被保険者が死亡した時に遺族に対して支払われる年金です。 通常、家族の生活を支える年金被保険者が死亡してしまうと、収入が途絶え経済的な困窮状態に陥ってしまいます。 しかしこの遺族年金があれば、遺族の生活は経済的に支えられるのです。 支給される金額は、被保険者の受け取る年金の全額ではありません。 平均的な報酬月額と残された家族構成によって変動します。 被保険者である夫が死亡した場合は、子供が多いほど遺族年金の額も多くなるでしょう。 反対に遺族が妻のみしかいなければ、国民年金からの支給額はゼロ、厚生年金でも4分の1程度に下がります。 所得としての扱いが他と異なり特別なのが遺族年金 遺族年金は、残された遺族の生活を支えるために支給されるものです。 ですので、所得としての扱いが特別となります。 税務処理や扶養家族にする際には対象となる人物の所得が問題になりますが、この所得が遺族年金のみの場合は、他の所得と一緒に扱われないケースがあるのです。 この点につきましては、遺族年金の手続きを行う前に確認しておきましょう。 遺族年金は課税対象とならず所得税も発生しない 遺族年金は、経済的に困窮する遺族の生活を支援する年金です。 そのため通常の所得とは扱いが異なり、課税対象とはなりません。 一般的に年金といえば「老齢年金」を指します。 毎月年金保険料を支払って基準年齢に達すると受給が可能になる老齢年金は、給与所得などと同じように課税対象として扱われるため、確定申告をして所得税を支払わなければいけません。 しかし、遺族年金に関しては給与所得などとは異なる非課税所得のため、確定申告は不要で納税の義務も発生しないのです。 遺族年金以外に公的年金でない所得があれば還付を受けられる ただし、遺族年金以外の所得がある場合、その分の所得税の納税義務は発生します。 非課税所得として扱われるのはあくまでも遺族年金のみなので、その他の所得に関しては確定申告をしてきちんと所得税を納めなくてはいけません。 また、遺族年金を受給していて公的年金でない所得がある方は、所得から遺族年金額を除外した金額に対して還付を受けられます。 還付を受けるには、確定申告での手続きを行いましょう。 遺族年金受給者を扶養控除の対象にすることは可能 遺族年金の受給者を、扶養家族として扶養控除の対象にするのは問題ありません。 扶養家族にする場合も税務処理と同様、遺族年金による所得は非課税として扱われます。 ですので、扶養家族の条件である所得制限などには抵触しません。 遺族年金の受給者に遺族年金以外の所得がない場合は、所得がゼロであるとみなされて扶養控除対象者として扱われます。 遺族年金以外の所得がある場合は遺族年金のみ課税ゼロとして所得が処理され、所得制限の基準になるのは全所得から遺族年金所得を引いた金額となるでしょう。 年度ごとに扶養対象と条件が変更される可能性があるので注意 ただし、年度によって扶養対象と条件は変更される可能性があります。 前年度までは扶養対象として認められていても、今年度は条件から外れてしまうケースが考えられるでしょう。 遺族年金受給者の年齢や状況が控除対象に該当するかどうかは、申告の前に確認しておいてください。 扶養控除の手続き自体はとてもシンプルで、年末調整で扶養控除等申告書に「扶養控除あり」と記入して提出するだけです。 覚えておきましょう。 障害年金も遺族年金同様に非課税所得となる 遺族年金は非課税所得のため、税金が発生しないという点をご説明しました。 対して、老齢年金は課税対象として扱われるため、所得税が発生します。 そしてこの「遺族年金」「老齢年金」以外にもう1つ公的年金としてあるのが、「障害年金」です。 障害年金は遺族年金同様、非課税所得の収入となります。 そのため、確定申告も不要となるでしょう。 併せて覚えておいてください。 遺族年金はその目的から所得としての扱いが異なるため課税対象外である 遺族年金は残された遺族の生活を支えるために支給されるものなので、通常の年金や手当などの所得とは扱いが異なります。 課税対象にならないのも一種の遺族への生活支援であり、生活の基盤となる最低限の遺族年金から更に税を徴収するのはふさわしくないと考えられるのです。 所得としての扱いがわからない場合には、自治体や近くの年金事務所に問い合わせて下さい。 どんな質問にも、誠意をもって回答してくれるでしょう。

次の

遺族年金などの年金は、所得税確定申告をする必要があるのか!?

遺族 年金 所得

恩給を受給している方やご家族の方からのよくあるお問い合わせ Q1 恩給の支払開始日はいつですか? (A) 恩給は、年4回、4月、7月、10月、12月に、原則後払いで、前3ヶ月分(ただし、12月の支払いは当月を含んだ3ヶ月分)を支払うこととされています。 また、恩給の支払開始日は、4月、7月、10月の各支払月の6日及び12月21日となっています。 (支払日が日曜日、土曜日又は休日の場合は、その日の直前の日曜日等でない日(平日)が支払日となります。 ) 令和2年度の具体的な年金恩給の支払開始日は、以下のとおりです。 令和2年度 月 恩給支払開始日 4月 6日(月)(1月,2月,3月分) 7月 6日(月)(4月,5月,6月分) 10月 6日(火)(7月,8月,9月分) 12月 21日(月)(10月,11月,12月分) Q2 恩給を受けていた者が亡くなりました。 どのような手続きが必要ですか? jp によりお知らせください。 亡くなられた時期により、未支給金又は過払金が生じることがあります。 未支給金がある場合や扶助料を受けることができる遺族がある場合には請求手続きが必要です。 国外居住の受給者が亡くなられた場合は、「」に所要事項を記載の上、戸籍謄本等の証明書類を添えて、政策統括官(恩給担当)に提出していただく必要があります(国内居住の受給者が亡くなられたときは、住民基本台帳ネットワークシステムの利用により「失権届」を提出していただく必要はなくなりました。 なお、株式会社日本政策金融公庫又は沖縄振興開発金融公庫から恩給を担保に借入れをされている場合は、借入先の公庫支店にも連絡してください。 送信の際には「@」を「 」に置き換えてください。 Q3 恩給受給者の死亡による恩給の未支給金は、どんな人が受け取れるのですか? (A) 公務員の遺族(扶助料を受けることができる遺族と同様です。 )が受け取ることができます。 また、遺族がいないときは死亡した方の相続人が受け取ることができます。 なお、恩給の未支給金を受ける権利は、恩給受給者の死亡した日の翌日から5年間請求し ないときは時効により消滅しますので、ご注意ください。 Q4 受取金融機関を変更したいのですが、どのようにすればよいですか? (A) 「振込先口座変更届」の提出が必要となりますので、恩給相談室(03-5273-1400)にお電話をください。 Q5 住所変更した場合の手続はどのようにすればよいですか? (A) 住民票に記載の住所にお住まいの方が、転居とともに住民票も移転される場合には、住所変更届を提出していただく必要はありませんが、住民票に記載の住所とは異なる住所にお住まいの方が住所を変更した場合などは、「」を政策統括官(恩給担当)に提出してください。 なお、転居される場合は、念のため郵便局で郵便物の転送手続きをしてください。 Q6 恩給を担保にお金を借りたいのですが、どうすればよいですか? (A) 政策統括官(恩給担当)から「支給状態証明書」の発行を受け、その「支給状態証明書」、「借入申込書」及び「恩給証書」を株式会社日本政策金融公庫(沖縄在住の方は沖縄振興開発金融公庫)に提示して融資を受けることになります。 「支給状態証明書」の発行に当たっては、各金融公庫に備え付けの「支給状態証明書発行申請書」に所要事項を記入の上、政策統括官(恩給担当)に提出していただく必要があります。 なお、上記の金融公庫以外からの借入れはできません。 Q7 恩給受給者の成年後見人(任意後見人、保佐人、補助人を含む。 )に選任されましたが、どのような手続きが必要ですか? (A) 恩給受給者のには、「」に、所要事項を記入の上、登記事項証明書(法務局交付)又は審判書「謄本」(家庭裁判所交付)の原本を添えて、政策統括官(恩給担当)に提出してください。 また、や にも届出が必要となりますのでご留意ください。 Q8 恩給は相続できますか? (A) 恩給を受ける権利は、恩給権者の一身に専属する権利ですので、相続の対象とはなりません。 Q9 恩給は課税されますか? (A) 普通恩給(増加恩給に併給されている普通恩給を除く。 )及び一時恩給は課税の対象となります。 なお、課税の対象となる年金恩給等で、年額158万円(65歳未満の方は108万円)以上の年金恩給等を受給されている方につきましては、支払われる年金恩給等から所得税が源泉徴収されることになります。 (平成31年1月現在) ただし、「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を政策統括官(恩給担当)に提出していただくことにより、控除後の年額が上記の額を下回る場合には、源泉徴収されないことになります。 この用紙は、毎年政策統括官(恩給担当)から受給者の方に直接送付いたしますので所要事項を記入の上、提出してください。 Q10 年金恩給等送金通知書を紛失してしまいました。 どうすればよいですか? (A) 支払を受ける支払店(郵便局)に年金恩給等送金通知書を紛失してしまったことを申し出てください。 支払店(郵便局)で年金恩給等送金通知書の再発行の手続きをします。 Q11 恩給証書をなくしました。 再交付してもらえますか? それにより、再交付の申請書を送付いたしますので、所要事項を記入の上、提出してください。 なお、再交付の恩給証書は新しい番号になり、お手元に届くまでには申請書が受け付けられてから1ヶ月ぐらいの期間がかかりますので、ご承知願います。 注 現在有効の恩給証書は、「平成3年」又は「平成3年4月1日以降の日付」のあるものです。 Q12 インターネットによって恩給の申請・届出を行うことができますか? (A) 恩給の電子申請・届出を行うことはできません。 Q14 恩給受給者の遺族に恩給が支給されると聞きましたが、どのような人がもらえるのですか? また、どのような手続きが必要ですか? (A) 恩給受給者が亡くなられたとき、一定条件を備えた遺族には、年金恩給(「扶助料」といいます。 )が支給されます。 扶助料を受けることができる遺族とは、恩給受給者が亡くなられたときに、その方と生計関係があった次の方です。 配偶者(戸籍上の妻又は夫)• 未成年の子• 重度障害(増加恩給を給する程度の障害)のある所得の少ない成年の子• 祖父母 上記1から5の順序で、先順位者から後順位者へと扶助料を受ける権利は受け継がれていきます。 扶助料は、亡くなられた方が受けていたなどによって、次の5つに分けられます。 オ 恩給受給者が亡くなられたことの連絡を受けますと、扶助料を受けることができる遺族がいる場合は、 請求に必要な書類を送付いたしますので、戸籍謄本、恩給証書を添えて、直接、政策統括官(恩給担当)へ提出してください。 Q15 父は戦争に行きましたが、恩給をもらっていません。 請求するにはどうしたらよいですか? (A) 年金である旧軍人普通恩給は、 在職年数(実在職年と加算年の合計)が下士官以下の場合は12年以上、准士官以上の場合は13年以上で受給権が発生します。 また、一時恩給は引き続く実在職年が3年以上で、一時金は引き続かない実在職年の合計が3年以上で、それぞれ受給権が発生します。 なお、旧軍人の軍歴につきましては、恩給の裁定庁である当省では保有しておりませんので、旧軍人退職当時の本籍地の都道府県()にお問い合わせください。 (仮に恩給受給権があるとした場合には、旧軍人退職当時の本籍地の都道府県及び厚生労働省を経由して請求していただくことになります。 ) Q16 恩給と年金は両方もらえますか? このように恩給制度と旧共済年金制度は、その対象範囲は必ずしも一致しないものの、基本的にはどちらも公務員を対象にした年金制度であることから、恩給制度を引き継いだ旧共済年金を決定する際に不利益を生じないように恩給期間と旧共済年金期間は原則として通算することになっています。 次に、恩給と旧共済年金制度以外の公的年金制度との関係を見てみますと、恩給は公務員を対象にしているのに対して、厚生年金は民間会社に雇用されている人、国民年金は自営業者の人を主に対象にしており、その対象者を異にしています。 このように恩給と厚生年金又は国民年金とは、基本的な枠組みが相違しており、まったく別個の制度として発足したことから、恩給期間と厚生年金期間又は国民年金期間が通算されることはありません。 このような観点から、恩給受給者が他の公的年金(国民年金、厚生年金、旧共済年金)も受けられる場合、その両方を受給できるかどうかは、基本的には次のように考えることができます。 (1) 厚生年金又は国民年金も受けられる場合 上記のとおり恩給期間と厚生年金期間又は国民年金期間とは通算されませんので、恩給を受給している方が民間会社を退職して老齢厚生年金を受給すること、あるいは自営業者の方が国民年金を受給することになっても、恩給は打ち切られることなく引き続き支給されます()。 また、旧私立学校教職員共済年金の場合も同じ扱いで併給されます。 (2) 国家公務員又は地方公務員の旧共済年金も受けられる場合 この場合は、原則として恩給期間を有している方が旧共済年金制度施行後に公務員を退職した場合、恩給期間は旧共済年金期間に通算され、旧共済組合から年金が支給されることになります。 したがって恩給は支給されません。 ただし、旧共済年金制度施行前に、既に恩給を受給しているような場合は、例外的に恩給と旧共済年金を併給されることもあります()。 Q17 旧軍人在職中のけがや病気が最近になり悪化したようです。 どこに相談すればよいですか? (A1)いわゆる爾後(じご)重症による改定請求の場合 傷病恩給を受給している方が、公務による障害の程度が悪化した場合(加齢によるものは含みません。 なお、お問い合わせの際には、証書記号番号が必要です。 (A2)はじめての請求の場合 旧軍人在職中のけがや病気が、その後悪化し、傷病恩給を給する程度以上の機能障害になったと思われる場合()には、旧軍人退職当時の本籍地の都道府県()を経由して総務大臣に傷病恩給の請求をすることができます。 したがって、請求に必要な書類や手続き等の詳細については、上記都道府県の担当課にご相談ください。 恩給のことを調べたい方からのよくあるお問い合わせ Q18 恩給とはどういうものですか? (A) 恩給制度は、旧軍人等が公務のために死亡した場合、公務による傷病のために退職した場合、相当年限忠実に勤務して退職した場合において、国家に身体、生命を捧げて尽くすべき関係にあった、これらの者及びその遺族の生活の支えとして給付される国家補償を基本とする年金制度です。 Q19 恩給はどんな人がもらえるのですか? (A) 一般文官、旧軍人とそれらの遺族がその対象です。 恩給を受けられるのは、旧共済年金制度に移行する前(昭和34年:国家公務員、昭和31年:公共企業体職員、昭和37年:地方公務員)に公務員(文官、教育職員、警察監獄職員等)を退職した人やその遺族、それに旧軍人やその遺族です。 なお、恩給法でいう旧軍属とは、旧陸海軍部内の文官(原則として高等官)や警察監獄職員のことです。 したがって、旧陸海軍部内の雇傭人や工員等の軍属は、恩給法の旧軍属には該当いたしません。 Q20 恩給にはどんな種類がありますか? (A)• 一定年限以上勤務した者及びその遺族• ア 普通恩給…本人に給付• イ 普通扶助料…遺族に給付• 公務でけがや病気をした者等及びその遺族• ア 増加恩給、傷病年金、特例傷病恩給…本人に給付• イ 増加非公死扶助料…遺族に給付• ウ 傷病者遺族特別年金…遺族に給付• 公務により死亡した者等の遺族• ア 公務扶助料…遺族に給付• イ 特例扶助料…遺族に給付 の大きく3つに分けられます。 詳しくはこちら Q21 恩給受給者はどれくらいいるのですか? (A) 令和2年度予算人員では、約23万人です。 () () Q22 恩給費予算の総額はいくらですか? (A) 令和2年度における恩給費予算の総額は、1,640億円です。 () Q23 恩給と他の年金との違いは何ですか? (A) 恩給がもともと対象としていたのは、明治憲法下の国家における軍人、官吏等であり、国家に身体、生命を捧げて尽くした公務員です。 恩給制度は、こうした公務員の傷病等の場合や死亡後の遺族に対し、国家として補償を行うという考え方に基づいてつくられた年金制度です。 このような恩給の基本的性格については、相互扶助の考え方に基づき、保険数理の原則によって運営される社会保障としての公的年金とは異なっているものと考えています。 Q24 恩給額はどういう計算で決めているのですか? (A1)普通恩給 普通恩給の給与要件は、在職年が一定の年数以上に達していることが必要ですが、この一定の年数のことを最短恩給年限と呼んでいます。 最短恩給年限は、公務員の種類によって次のように定められています。 文官、教育職員及び待遇職員 17年 警察監獄職員 12年 旧軍人 兵、下士官 12年 准士官以上 13年 普通恩給の年額は、原則として在職年(実在職年と加算年の合計)と退職当時の俸給から算定した仮定俸給年額で計算されます。 ただし、在職年は40年(旧軍人の実在職年は50年)で頭打ちになります。 (A2)傷病恩給 傷病恩給は公務員が公務のためにけがをし、又は病気にかかり、一定の障害の状態となって退職したとき又は退職後一定の障害の状態となったときに支給される恩給で、その障害の程度によって次のように区分されています。 ア 増加恩給…公務に起因する傷病により、重度の障害を有する方に対して支給される年金()• イ 傷病年金… 公務に起因する傷病により、増加恩給より比較的軽度の障害を有する方に対して支給される年金()• ウ 傷病賜金…公務に起因する傷病により、軽度な障害を有する方に対して支給される一時金() 傷病恩給の年額は、重度障害を有する方から軽度な障害を有する方まで、その障害の程度に応じて定められています。 () なお、増加恩給には、普通恩給が併給されます。 (A3)扶助料 扶助料には、普通恩給受給者の遺族に支給される「普通扶助料」、公務に起因する傷病により死亡した者の遺族に支給される「公務扶助料」、公務以外の事由により死亡した増加恩給受給者の遺族に支給される「増加非公死扶助料」等があります。 ア 普通扶助料の年額は、公務員に給される普通恩給の10分の5に相当する額となります。 イ 公務扶助料の年額は、普通扶助料の年額に退職当時の俸給年額に応じて定めた倍率 一般文官:23.0〜34.5割、旧軍人:23.0〜46.1割 をかけた額になります。 ウ 増加非公死扶助料の年額は、普通扶助料の年額に退職当時の俸給年額に応じて定められた倍率 一般文官:17.3〜25.8割、旧軍人:17.3〜34.6割 をかけた額になります。 Q25 加算制度とは何ですか? (A) 公務員が在職中特殊な勤務に服した場合に、その間の勤務期間を割増しして評価するために加えられる仮想の在職年を加算年といいますが、この加算年を加えるという恩給独特の制度を加算制度といいます。 加算年の種類や内容は様々で、対象となる地域、期間、勤務の状況、加算の程度などは、その時々の法令によって詳細に決められています。 ()() 例 太平洋戦争中の南方地域(戦地)で3年間戦務に従事した兵・下士官の場合、• (a) 実在職年…実際の勤務期間3年となります。 (b) 加算年…太平洋戦争中の南方地域(戦地)で戦務に従事しているので、1月につき3月が加算され、3年の3倍で9年になります。 恩給の基礎となる在職年は、(a)3年 +(b)9年 = 12年 となり、最短恩給年限に達します。

次の