海外 旅行 いつから 可能。 海外旅行・旅にはいつ行けるか?どこの国が早く行ける様になるのか?

海外旅行・旅にはいつ行けるか?どこの国が早く行ける様になるのか?

海外 旅行 いつから 可能

レベル1:十分注意してください 当該国(地域)への渡航・滞在にあたって注意事項がありますという内容です。 注意事項を頭に入れ守っていれば特に問題なく渡航・滞在可能な現地状況のため、不用意に怖がる必要はありません。 また、WHOから渡航に危険が伴うと公表された場合にも発出されます。 旅行会社のツアー(航空券+ホテルを含む)では、どの旅行会社でも原則として『通常どおり催行』するのが一般的。 レベル2:不要不急の渡航はやめて下さい 渡航の是非を真剣に検討する必要があり、渡航する場合には十分な安全措置を講じることを勧めるもの。 つまり、海外渡航が不要不急である場合は延期または中止しましょうという内容。 また、WHOから「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が公表された場合にも発出されます。 大手旅行会社のツアーでは『原則として催行中止』になることが多いですが、中小の旅行会社では一部のツアーを催行することがあり、旅行会社によって対応が分かれます。 レベル3:渡航は止めてください (渡航中止勧告) どのような目的であっても海外渡航は延期し、現地に滞在している邦人に対しては退避の検討や準備をしましょうという、極めて強い内容。 また、WHOが感染拡大防止のために防疫・渡航制限を公表した場合にも発出されます。 JATA加盟の全旅行会社の全てのツアーが『催行中止』になります。 レベル4:退避してください。 渡航は止めてください (退避勧告) 現地に滞在している全ての邦人に対して当該国(地域)から、安全な国(地域)への退避(日本への帰国も含む)を勧告する内容。 つまり、一刻も早くその場から逃げなければ身の危険に関わりますという最上級の勧告です。 また、WHOが感染拡大防止のための渡航制限を公表し、かつ現地の医療体制の脆弱性が明白である場合にも発出されます。 「危険情報」がレベル1以下に引き下がった時が海外旅行再開の目安 上記「危険情報」による旅行会社のツアー対応を見ての通り、レベル3では全てのツアーが中止になり、レベル2でも催行されるツアーは限定的です。 旅行会社としてはレベル1まで引き下がらなければまともにツアーを催行することができません。 つまり、 「危険情報」がレベル1以下に引き下がった時 が誰もが海外旅行に行けるようになる時期と言えます。 レベル1以下に引き下がれば旅行会社は通常通りツアーを催行できるようになるため、ツアー募集再開のキャンペーンが始まり徐々に海外旅行需要が戻り始めることになります。 とは言え、治療薬やワクチンが日本のみならず世界的に普及するまでの間は小まめな手洗いやマスクの着用など一定の対策が必要になることは間違いありません。 国・地域ごとの危険情報は、外務省の「海外安全ホームページ」で確認できるので、定期的にチェックしてみて下さい。 個人旅行者の場合は? ツアーを利用せずに個人で航空券を予約している人の場合は、例えレベル3が発出されていても飛行機が飛んでいて渡航先の入国制限で問題なければ渡航可能なので、キャンセルするもしないも個人の判断となります。 とは言え、レベル3は「渡航中止勧告」という極めて重い勧告ですので、当サイトとしてはよほどの事情が無い限りは渡航をおすすめできません。 ただ、レベル2の場合は行先や滞在先での行動内容によっては特にリスクとはならない場合もあるので、必ずしも延期または中止にする必要は無いでしょう。 つまり、個人旅行者の場合は 「危険情報」がレベル2以下に引き下がった時 が海外旅行再開の目安です。 ただし、滞在先や行動内容を十分に検討したうえで、飛沫感染や接触感染に対する十分な対策を講じることが大前提であることは言うまでもなく、現地で予想外の動きになる可能性もあるためある程度現地知識に明るく、自力でトラブル処理が出来る人でなければ渡航は自粛すべきでしょう。 ところで、「いつレベル3から引き下げになるの?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これは誰にもわかりません。 ただ、予想をするとすれば、先進国の動向からヒントを得られるかもしれません。 例えば、第三国における日本からの入国制限が緩和された時は事態が大きく変わる可能性があります。 尚、「危険情報」については過去の例から見ても根本的な問題+政治判断が入ったと思われる事例もあるため、必ずしも問題解決していなくてもレベル引き下げになる可能性はあります。 上記でご案内した外務省の「危険情報」はあくまで日本政府の見解です。 つまり、日本政府が「A国はレベル1に引き下げになりました」と発表してもA国政府が「日本からの入国は禁止です」と表明していれば当然A国に行くことは出来ません。 このように、海外旅行にしても海外出張にしても、海外渡航する際は各国の入国制限についてしっかりと確認しておく必要があります。 ちなみに一般論として、日本とA国の出入国に関する制限は2国間の協議で決定される相互主義が原則ですので、A国が入国規制を緩和し日本からの渡航が可能になった場合、日本政府もA国に対してレベルを引き下げる可能性は高いと思われます。 尚、ツアーの場合は各旅行会社が当該国の入国制限を確認したうえでツアー催行するため、特にチェックする必要はありません。 尚、有益情報として各国における旅行状況を調べることが出来るWebサイトがあります。 英語サイトですが使い方は簡単。 地図を移動させる、もしくは国名を入力すれば、その国の国境が開かれているかどうか、旅行者に適用されている規則や制限は何か、公共交通機関が運行しているかどうか、レストランやバー、観光名所が開いているかどうかを調べることができます。 ただし、公的機関が出す情報ではないため100%情報を信用するのではなく、念のために情報の裏取りをすることをおすすめします。 ただし、全ての国からの入国を認めるのではなく、旅行制限を解除する第三国のリストを6月中に作成することを加盟各国に提案しています。 制限解除する国の基準は、感染状況がEUと同水準で抑え込みができていてコロナウイルスに対処するための十分な能力が整っている国とし、EUよりも状況が悪い国は引き続き制限を設けるとのこと。 この第三国リストに日本が含れるのか、今後注目です。 その他、下記ページも有益な情報がまとめられています。 (国際航空運送協会 IATA による各国の入国規制情報) 入国制限について確認するポイント• 入国禁止になっていないか?• 入国が認められている場合、入国後14日間の隔離などの「入国条件」が提示されていないか? その他の確認すべきポイント 入国に問題が無いことを確認のうえ、下記の点についても確認しましょう。 これらの問題が解決していない場合は現地での行動に大きな支障をきたすことになり、旅行を楽しむ環境が整っていないことになります。 尚、6月現在、日本へ再入国(帰国)する際は検疫所長が指定する場所で14日間の待機要請が出ているほか、公共交通機関を使わずに帰宅することを要請されています。 第三国への渡航が可能であっても、この措置が解除されていなければ帰国時に大きな制限を受けることになります。 航空会社の運航状況 2020年6月現在、多くの航空会社が国内線の減便や国際線の運航停止などの措置を取っています。 国際線の運航状況が以前と同じ水準に戻るにはかなりの時間を要すると思われますが、6月から運休している一部の便を運航再開する航空会社が多く出てきており、8月には多くの便が再開する見込みです。 ある程度運航再開してくれば国と国の行き来が再開したことを意味するため、海外旅行の再開時期の一つの目安になります。 現在予約をしている人は、各国の入国制限と同様に必ず運行状況は確認しましょう。 予約を取り消されていないか? 予約便が運行されているのか? 時間などの変更は無いか?を確認しておきましょう。 運行されていても減便の影響で時間変更されていることがあります。 また、飛行機の搭乗時に「マスク着用義務」を定めている航空会社もあるため、搭乗に関する注意事項もしっかりと確認して下さい。 その他、機材変更による座席の変更もあり得るので、座席指定している人は念のため座席の確認をしておくと安心です。 業界による自主的な感染防止策を前提とした旅行実施の段階的な緩和• 大規模な需要回復キャンペーン• 出国時の検温、健康チェックなどの仕組みを作り、入国可能な国同士での相互交流を再開 JATAが現在描いている回復シナリオとしては、まずは国内旅行から需要喚起に着手(キャンペーンを想定)。 その後、出入国制限の緩和状況に応じて可能な国から徐々に海外旅行とインバウンドの需要喚起に着手。 東京オリンピック開催年となる来年初めには全面的な再開に繋げたい考えです。 つまり、旅行業界的にはまずは国内旅行から需要を回復させるとの考えなので旅行会社もこの流れで進み、まずは国内ツアーから募集が始まると思われます。 ですので、海外旅行のツアー再開時期としては、国内ツアーの再開後で外務省が「危険情報」をレベル1以下に引き下げ、世界各国の出入国制限が大幅に緩和された時だと予想します。

次の

海外渡航いつ解禁?欧州へは7月以降か 観光客は最後に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

海外 旅行 いつから 可能

新型コロナウイルスの流行が収まりつつある国同士で、渡航制限の緩和を目指す動きが広がっている。 日本政府もまず4カ国と交渉する。 往来が増えれば流行の引き金になりかねないとして、政府は慎重姿勢を保つ。 検疫やPCR検査など水際の体制拡充が急務となっている。 「中韓が率先して往来に道を開いたことは、世界のモデルになる」 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は5月13日に行った韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との電話会談で、両国間の協力をたたえた。 中韓は同月1日から、重要なビジネスや物流に関わる企業関係者や技術者の入国を互いに認め合う「ファストトラック(迅速審査)」の制度を始めた。 健康チェックや新型コロナのPCR検査で問題がなければ、通常は14日間必要な隔離が免除される仕組みだ。 「世界の工場」として発展してきた中国が最も重視するのは、国際産業チェーンやサプライチェーンの安定だ。 中韓外交筋によると、実施から1カ月で約1500人の韓国企業関係者が中国に入国したという。 李克強(リーコーチアン)首相は5月28日の会見で「門を閉ざせば発展せず、農耕時代に戻るだけだ。 中国は対外開放を着実に進める」と強調した。 シンガポールも中国との間でビジネスマンらの往来再開を決めた。 ニュージーランドや韓国、隣国のマレーシアとも協議を続けている。 到着時にもPCR検査を行い、追跡用のアプリの使用も義務づけるという。 オーストラリアとニュージーランドも、両国間で7月以降に入国制限を解除することを検討している。 観光や経済で結びつきが強いフィジーなど太平洋の島国を加える可能性もあるという。 欧州では感染拡大がピークを過….

次の

海外旅行・旅にはいつ行けるか?どこの国が早く行ける様になるのか?

海外 旅行 いつから 可能

ニュージーランド、中国、オーストラリア、ベルギー、デンマーク、インド、ドイツ、ベトナム、香港、パキスタン、インドネシア、マレーシア、イギリス、フィリピン、フランス、カンボジア、韓国、ラオス、ミャンマー、バングラディシュ、スイス こちらを見てみると、新型コロナ感染者数世界1位となっているアメリカに関してはさすがに含まれていないようです。 また、アメリカ以外にも現在感染者数で上位を占めている国に関しては再開予定は立っていないようです。 【6月24日更新】タイ旅行の最新情報 7月からタイ旅行に行ける可能性がありましたが、残念なお知らせになります。 タイ国際空港が7月から日本路線を再開とされいましたが、日本路線の運行計画に変更があったようです。 バンコク発(羽田、成田、中部、大阪):7月31日まで運休• 日本発(羽田、成田、中部、大阪):8月31日まで運休 その他の路線や羽田、成田、中部、大阪に関しても便によっては10月24日まで延期となったようです。 気になるのが、バンコク発の便は7月末までの運休なのに対して、日本発の便が8月末まで運休になっている点です。 これは日本の感染状況を考えての延期になった可能性は否定できないかもしれません。 さらなる運休延期にならないよう願うばかりです。 タイ入国するためには条件がつく可能性あり 現在も外国人旅行者の入国制限をかけてはいますが、条件をクリアできれば入国可能となってはいますが、かなり厳しい条件となっているため、事実上の入国不可という状態です。 しかし、 今後は現在の厳しい入国条件を緩和されることが予想されますが、やはり何かしらの入国条件はつくのではないかと考えられます。 この何かしらの条件というのが「観光税」になります。 この税金は自然環境の回復などに利用する目的で以前から検討されていたようですが、旅行者にとっては負担が増えることで導入は見送られていました。 しかし、今回の新型コロナウイルスの影響でタイ国内の経済が悪化したことにより、いち早く観光業を再開させる必要があると考えています。 そのため、この観光税を徴収することにより、 外国人旅行者が感染していた場合にはこの徴収した税金を治療費に当てることで、外国人の受け入れを検討しており、また導入する良いタイミングと考えているようです。 そのため、タイ国内では徐々にですが経済が回り始めている状態になります。 【台湾】10月から行ける可能性は高い 日本人に人気の観光地である台湾ですが、 台湾への旅行が早ければ今年の 10 月から再開される見通しのようです。 台湾好きの方にとってはかなりの朗報です。 私も台湾はとても好きな国なのでこの情報は非常に嬉しい限りです。 日本の台湾観光局は日本国内の旅行会社と10月から旅行商品の検討をしているようなのでかなり現実味のある話だと思われます。 ただ、10月となると日本でも台湾でも台風が来る可能性がある時期になるため、行けるようにはなったが台風でフライトキャンセルということはあり得るかもしれません。 台湾旅行の再開は3段階にて行われる予定 台湾旅行が再開されるまでには3段階のフェーズがある模様です。 しかし、現在世界中に蔓延している新型コロナウイルスの感染を考えると多くの人が訪れるツアーは感染リスクという面では高くなってしまいます。 そのため、日本の台湾観光局は リスクが低いであろう個人旅行に関しては 10 月よりも前倒しで台湾旅行を可能とするかもしれないようです。 台湾の新型コロナウイルスの感染状況 6月5日時点 感染者数:443人 死者:7人 今回の新型コロナウイルスに対して世界一とも言える対応をしたのが台湾になり、現在54日連続で国内での新規感染者0を達成しており、すでに台湾国内での新型コロナウイルスは収束していると考えても良い状態になっています。 5月下旬に新規感染者は出たものの、ロシアからの帰国者になります。 年明けの1月5日には原因不明の肺炎に関する専門家会議を開いています。 そして、1月21日に台湾国内で感染者を確認すると、2月6日には中国全土からの入国を禁止にし、3月19日には全ての外国人に対しての入国を禁止する措置を取りました。 この素早い対応が台湾国内での感染者数の増加を抑える結果になりました。 【スペイン】7月から再開予定【首相自ら日本へメッセージ】 日本人にも非常に人気の観光地ですが、スペインへはいつから行けるのか?非常に気になる方も多いかと思います。 そんな中、7月から日本人を含む外国人旅行者の受け入れ再開するという情報が入ってきました。 5月23日にスペインのペドロ・サンチェス首相自ら発表し、翌日の24日にスペイン政府観光局が日本の旅行業界に対して発表されました。 「7月からしっかりした安全な体制のもとで外国人の入国を許可する。 観光客が危険でないとともに、スペインにとってのリスクもないと保証する」 スペインの新型コロナウイルスの感染状況【6月5日現在】 スペインへの旅行再開の目処は立ちましたが、やはり確認しておかなければいけないことが、新型コロナウイルスの感染状況です。 現在のスペインの感染状況はこちら• 空港から自宅までの公共交通機関の利用禁止• 自宅での14日間の隔離 このような措置をとっているため、早ければ7月から行くことができる国があっても、日本政府が海外からの帰国者に対しての対策を緩和しない限りは2週間の隔離となる可能性があります。 そのため、7月に海外旅行へ行くというのはまだ現実的ではないと思います。 感染状況によっては延長される可能性あり 今は7月~10月の再開を予定していても、日本で第2波とみられる感染拡大が起きれば日本人の入国禁止となる可能性も当然あります。 どの国も同じ考えなのが、国の経済を回復させるためにも海外旅行者の受け入れ再開はできる限りはやく再開させたいというのが本音だとは思います。 しかし、旅行者、帰国者からの感染拡大による第2波を考えると慎重にならざるを得ません。 今の日本はどうでしょうか? 緊急事態宣言が解除された途端、落ち着いていた感染者数が東京では毎日2桁続いている状況です。 これは日本人の受け入れ再開を考えている国に対して印象は良くないと思います。 そのため、このまま感染者が増えていくようだと、日本人が海外旅行へ行けるようになるのはまだまだ先になってしまう可能性もあり得ます。 まとめ 徐々にではありますが、経済を回復させるためにも海外旅行者の受け入れ再開を考え始めている国は出てきています。 しかし、やはりそこは慎重にならざるを得ません。 皆が安心して海外旅行を楽しめるようにするためにも、日々の生活での感染予防はしっかりと継続していきましょう。 特に東京の方々、本当にお願いします。

次の