ぬか漬け オクラ。 ぬか漬け(ためしてガッテン流)

オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

ぬか漬け オクラ

Contents• 人参のぬか漬けの漬け方 人参のぬか漬けの漬け方は、シンプルです。 人参を水洗いし、半割にし、ぬか床に漬けて完成です。 まずは、人参を用意します。 パックに入った人参 人参を下ごしらえする 次に人参の汚れを水洗いして落とし、水気を拭き取ります。 人参の汚れを水洗いして落とし、水気を拭き取る 汚れを落としたら、人参を切っていきます。 まな板の上の人参 人参を切る まず人参の頭を切り落とします。 頭を切り落とされた人参 次に人参の根本を切り落とします。 根本を切り落とされた人参 ここから人参を切り分けます。 必要な分量に応じて切り方を工夫してみて下さい。 大きめの人参は三等分の長さに、小さめの人参は半分に切ります。 今回は小さめの人参なので、半分に切ります。 半分に切られる人参 どのくらいの大きさに切るかは、 ぬか床にどれくらいスペースがあるか、 どれくらいの量を一度の食事で食べるか、 に応じて、決めます。 この人参を皿に半分に切ります。 四分割された人参 次は、ぬか床に人参を漬けていきます。 人参をぬか床に漬ける 切った人参をぬか床に漬けていきます。 ぬか床を用意します。 用意されたぬか床 人参をぬか床に漬けていきます。 ぬか床に漬けられる人参 人参を漬けるスペースを見つけたら、ぬかをかぶせていきます。 ぬかを被せられる人参 人参を全ておおうように、ぬかをかぶせて完了です。 人参を漬けたぬか床 人参がすべて、ぬかに接するように、空気を抜くよう、 ぬかを敷き詰めます。 さいごに、容器についたぬかを拭き取って、保管します。 漬け時間を過ぎたら、人参のぬか漬けをぬか床から取り出します。 人参をぬか床から取り出す 人参のぬか漬けをぬか床から取り出します。 人参をぬか床から取り出す ぬか床を用意します。 用意されたぬか床 人参のぬか漬けを取り出していきます。 ぬか床から取り出される人参のぬか漬け 一度に食べる量を取り出します。 ぬか床から取り出された人参のぬか漬け まな板で切ってから戻すと、まな板の雑菌がぬか床に入るので、 気になる人は、最初から、一度に食べる量まで、 細切れにしておくといいでしょう。 取り出した人参のぬか漬けは、ぬかを落とし、切って盛り付けます。 人参のぬか漬けを切って盛り付ける 取り出した人参のぬか漬けから、ぬかを落とします。 ぬかを落としたら、人参のぬか漬けを切っていきます。 皿に盛り付ければ、人参のぬか漬けの完成です。 皿に盛り付けられた人参のぬか漬け 私は、人参のぬか漬けは拍子切りにすることが多いです。 つぎは、人参のぬか漬けの漬け時間を紹介します。 人参のぬか漬けの漬け時間 人参のぬか漬けの漬け時間です。 人参のぬか漬けの漬け時間 常温 常温で保存する場合、人参のぬか漬けの漬け時間は 夏は、半日から、1日以上が目安です。 冬の場合は、漬かりが遅くなるので、1日以上が目安になります。 人参のぬか漬けの常温での漬け時間の目安を示した棒グラフ 冬でも、暖房などで、部屋が暖められている場合は、 漬け時間も変わってくるので、じっさいの室温をチェックします。 つぎは、人参のぬか漬けを冷蔵庫で漬けたばあいの漬け時間を紹介します。 人参のぬか漬けの冷蔵庫での漬け時間 人参のぬか漬けの冷蔵庫での漬け時間は、 1日以上を目安にします。 人参のぬか漬けの冷蔵庫での漬け時間の目安を示した棒グラフ 漬け時間は、ぬか漬けの大きさや、ぬか床の塩分、ぬか床の手入れのされ具合によって変化します。 さいごにまとめと、人参のぬか漬けの漬け方のコツを紹介します。 あとがき 人参のぬか漬けの漬け方のまとめです。 人参のぬか漬けの漬け方のまとめ 人参は洗って、切って、ぬか床に漬けるだけです。 人参を下ごしらえする• 人参をぬか床に漬ける 人参のぬか漬けの漬け方のコツ 人参のぬか漬けが、黒い、固い場合について、対処法を紹介します。 人参のぬか漬けが黒い場合の対処法 人参のぬか漬けが黒い場合、褐変が原因です、詳しく知りたい人は、「褐変」で調べてみてください。 人参の皮は傷ついているため、黒くなりやすいです。 まずは、人参の皮をむいてからぬか床に入れるのが、一つの手です。 それでも、ぬか床に隙間があり、人参がぬか床の中で空気に触れていると、黒くなります。 ぬか床を平らにならしてから、人参を押し込むようにして漬ける。 ぬか床を押しつけて、空気をよく抜き、適度にぬか床に水分を含ませる。 これらが、人参のぬか漬けが黒い場合の対処法です。 ぬか床が調子が良いことが、条件です。 私は、人参の皮を向かずに漬けますが、色が暗くはなりますが、黒くはなりません。 人参のぬか漬けが固い場合の対処法 人参のぬか漬けが固い場合は人参を小さく切ってから漬けるのが、対処法です。 それでも、固い場合は、ぬか床の手入れを見直します。 あとがき 人参のぬか漬けは、彩りがきれいな食材です。 人参のぬか漬け 古漬けにも向いており、見た目だけでなく、味も楽しめる食材です。

次の

ぬか漬け野菜のおすすめランキング!ベスト10を紹介

ぬか漬け オクラ

「オクラって、ぬか漬けにできるの?下処理は?」 「生か下茹でどっちがいいの?ぬか床ってヌルヌルにならない?」 こんにちは、発酵食品に絶賛注目中の主婦Ogaです。 スーパーの野菜売り場を歩いていると、 オクラが出ていました。 オクラが出始めると「 夏だなぁ~」思います。 ところで、オクラってどうやって食べます?一般的には、• 茹でてサラダ• ジャガイモや鶏ももと一緒に煮もの といったところでしょうか。 私は星形に薄く刻んで醤油と鰹節をかけて、 納豆のようにまぜてネバネバにしてご飯にかけて食べるのが好きなんですよ^^ これまで ・ といった、ちょっと 変わり種のぬか漬けを試した私。 密かにちょっとだけ心配していたんですが、ぬか床に ヌルヌルが移ったり 糸ひいたりすることはなく無事でした。 生のオクラを切って漬けるわけではないので、まずあり得ないと思ってたんですが…。 (まあ、初めてだったので) つまり、オクラを取り出した後もいつもの野菜を漬けた時と同じ状態だったというわけ。 ( 大事なマイぬか床なので、内心よかった~^^) では次に、 下処理として さっと茹でしたオクラはどうだったのか?お話しましょう! まず、 見た目がハッキリ変わりました。 色がちょっと茶色っぽくなって、少し小さくなったような気が。 そして、予想通り生のオクラよりもよく漬かっていて、 塩味も濃く香りもしっかりとしていました! 下茹でしたオクラも、噛めば噛むほどに ネバネバが出てきてぬかの香りがどんどん増してくるんですよね^^ ということで、 ぬか漬け感は生のオクラよりかなりありました。 で、 息子の感想は生のオクラと変わりない感じでしたが、どちらかというと下茹でしたものより生のオクラの方が好みだったようです。 あと、漬けた後の ぬか床は特にヌルヌルした感じもなく、いつもとほとんど変わりませんでした。 (出したオクラが、ちょっと ネバッとしていたので心配だったんですけどね…) それでは最後に、今回の内容を振り返っておきましょう! まとめ• 生のオクラのぬか漬け( 24時間)• 色は変わりなく、鮮やかな緑色でフレッシュ感があった。 噛めば噛むほどに、オクラのネバネバとぬかの香りが出てきた。 塩味もぬかの香りもちょうどよく美味しかった。 ぬか床もネバネバしなかった。 下茹でしたオクラのぬか漬け( 24時間)• 色はちょっと茶色っぽかった。 味や香りは生のオクラよりもよく漬かっている感じで、塩味もよくきいていて香りもはっきりしていた。 噛めば噛むほどに、オクラのネバネバとぬかの香りが美味しかった。 ぬか床にはヌルヌルは移っていなかった。

次の

【みんなが作ってる】 オクラ ぬか漬けのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ぬか漬け オクラ

そうすることで、早く漬かるし、ぬか床が水っぽくなったり塩分が足りなくなるのを防ぐことができます。 ただし、中には塩もみのいらない食材や、下ゆでなどが必要な場合、肉や魚など直に漬けるとぬか床が痛んでしまうものは、ぬかを分けて塗ったりする必要があるので、都度確認するようにしましょう。 Point2|野菜を取り出す時についでに手でぬか床を混ぜる。 ぬか床は混ぜるのが手間と言われますが、食べる時にささっとやってしまえばいいのです。 そして、「素手で」混ぜるのが大事。 このことについては、また次回ご説明します。 Point3|食べる直前にぬか床から出して洗う。 洗って時間の経ったぬか漬けは水っぽくて美味しくなくなってしまいます。 食べる前に洗って切るようにしましょう。 Point4|漬け時間を逆算して漬ける ぬか漬けはうっかりすると漬かりすぎてしまうことがあるし、食べる直前に取り出すことを考えると逆算してちょうどよく漬かるように調整する必要があります。 ズッキーニ 漬け時間|12時間程度 ぬか漬けの定番といったらきゅうり!他にも白瓜など、ウリ科の食材はぬか漬けとの相性が良いですが、加熱して食べることの多いズッキーニも、ぬか漬けにして美味しい食材です! きゅうりよりも身が詰まって、食感はシャキシャキとした感じ。 わたしはきゅうりよりズッキーニ派です! 【漬け方】 ・縦半分に切り、軽く塩もみしてからぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 パプリカ 漬け時間|6時間程度 ぬか漬けは野菜の色が悪くなってしまいがちですが、パプリカは漬けても色が鮮やかなまま!眩しいばかりの赤色を保っています…! 食感も程よくしんなり、シャキシャキ感も残って美味しいです。 乳酸菌の酸味はお酢とは違った酸味なので、ピクルスとはまた違った味わいが楽しめます。 すぐ漬かるので、お休みの日などはお昼にぬか床に仕込んで夜には食べられるのもうれしいです! 【漬け方】 ・縦半分に切り、種を取って、軽く塩もみしてからぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 アスパラガス 漬け時間|細め6時間・太め12時間程度 アスパラは普段生のまま食べませんが、漬けるときは生のままで。 ナスもそうですが、普段は火を通して食べる食材を生のまま食べられて、野菜の酵素も摂れるのもぬか漬けの魅力です。 【漬け方】 ・生のまま切らずにぬか床へ。 軽く塩もみしてからぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 オクラ 漬け時間|1日程度 オクラも生のままで。 大きいオクラは筋っぽくなりがちなので、小ぶりで緑色の深いものを選ぶと美味しくたべられます! 【漬け方】 ・生のまま、切らずにぬか床へ。 軽く塩もみしてからぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 ごぼう 漬け時間|1日程度 根菜は生のまま食べられるにんじんや大根をぬか漬けにするイメージですが、ごぼうも美味しく漬かってくれます。 ただし、アクがあるので下茹でしてからぬか床へ。 しっかりした歯ごたえと、ごぼうの風味に乳酸菌の酸味が合間って、新しい発見のある味わいです。 【漬け方】 ・皮を剥いて、太めなら5分、細めなら3分ほど茹でてからぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 アボカド 漬け時間|12時間程度 え!アボカドを漬物に!? と最初は思いましたが、これが、すっっっごく美味しいのです。 濃厚さが増して、チーズのような味わいに。 漬けていると柔らかくなるので少し固めのものを選ぶのがコツ。 色が茶色くなりがちですが、味わいには影響しないのでご安心を。 ごはんはもちろん、ビールが死ぬほど進んでしまいます…美味しすぎて最近は常に常備しています。 【漬け方】 ・半分に切って皮をむき、種を取ったら、キッチンペーパーに巻いてぬか床へ。 ペーパーのまま、むぎゅっとぬか床へ。 ・食べるときは洗わずに、そのまま切って食べる。 ゆで卵 漬け時間|12時間程度 ぬか漬けは野菜しか漬けてはいけないという決まりはありません。 一度卵を茹でなければなりませんが、この美味しさを知ってしまったらそんな手間なんてことないです!アボカド同様、濃厚なチーズのような味わいがクセになってついついお酒が… そして、酸味が加わるせいか、マヨネーズをかけていないのにマヨネーズのような風味がするという不思議。 一見ただのゆで卵ですが、よく見ると白身の水分が抜けてぎゅっと縮んでいるのがわかります。 卵そのものの旨みも凝縮するのだと思います。 半日漬ければ、黄身の真ん中まで味が染み込んで、すっかり食べごろに! 【漬け方】 ・卵を固めの半熟か、固茹でに茹でて、ぬか床へ。 ・食べるときはぬかは洗ってもいいですが、ぬかごと食べると栄養価UPでオススメ。 番外編|ぬか床ドレッシング ぬか床の発酵具合、塩加減を確認するためにぬか床そのものを少し食べるのですが、 「なんか、ぬか床がそもそも美味しい!!!」 ぬかの香ばしさや、乳酸発酵の酸味、そして昆布や煮干しを固形のままではなく、だしパックという粉末状になった状態で入れていることもあってか、ぬか床そのものが美味しいのです。 そこで作ったのがなんと「ぬか床ドレッシング」。 【作り方】 ・ぬか床 … 大さじ2 ・マヨネーズ … 大さじ2 ・レモン汁 … 大さじ1 ・はちみつ … 少々 を混ぜるだけ! 濃厚なのでディップのようにして野菜につけてもいいですし、マグロなどのお刺身にかけても美味しいです。

次の