野戦行動。 【荒野行動】バグの対処方法は?覚えておきたい解決策! 【KNIVES OUT】

野戦教範に見る日本のブラック性について・下: 戦闘教師「ケン」 華東大乱編

野戦行動

私は、上杉謙信 が 野戦操兵術の天才No. 1 だと信じています。 謙信は、戦国時代どころか 日本歴史史上 最強の 戦闘指揮官 だとさえ 思っています。 特に、実現して欲しかった 戦い は、 信長の前に 事実上 畿内を制圧していた 当時の事実上の天下人 三好 長慶 松永勢力との戦いです。 その際、三好勢に 悲惨に虐げられていた 将軍 足利義輝 を助けるために、約2万人の戦闘員を抱えていると言われていた三好勢に対して、 謙信が 戦に及ぼうかと思案したことがあったと思います。 畿内を制圧していた当時の三好勢は 大量の鉄砲を所有してたのに対して、謙信軍は 鉄砲をほとんど所有していなかった上に 約5千と少勢だったために、戦争をすれば 謙信軍が不利であると 巷では 噂されていたようですが、いざ 実際に 戦闘になった場合、 我らが謙信のことですから 当時の上方軍 三好勢 を 一蹴 していた可能性も否定できません。 しかしながら、もし 島津軍が 謙信率いる上杉軍よりも 精強であったのならば、秀吉が九州征伐 島津征伐 を行った際に 約20万人の秀吉軍を撃破すればよかったのでは?と 私は考えております。 実は 戦国時代の日本の軍隊は 恐らくは 世界最強だったのです。 特に 島津軍は 比較的早い時期から 他の戦国大名を比して 鉄砲の装備率が大変高く、鉄砲隊をフル活用した 釣り野伏せ といわれる戦術に大いに長けておりました。 ですから、鉄砲の装備率が大変低かった当時の 中国 朝鮮連合の大軍を撃破したところで、それだけで 戦国時代の 日本国内 最強の軍隊を率いる 戦闘指揮官であることの証明にはならないと考えております。 加えて、当時の中国や朝鮮軍の士気も それほどは 高くはなかったと私は考えております。 また、近年の研究では 信長が今川軍を撃破できた主な要因は 決して奇襲攻撃の成果だった訳ではなくて 単純な 正攻法によって 真っ向勝負での勝利であることが 通説 になりつつあります。 ただし、それだけで 信長が野戦の才能に富んだ戦闘指揮官であったということの裏付けにはなりません。 背景として 今川義元の軍勢 人数 は大規模だったものの 明らかに 油断のし過ぎであり かつ 弱過ぎたのです。 信長は 局地的な戦術は あまり得意な方ではなくて、実際は むしろ 苦手な方で、かなりの数の敗戦を重ねております。 信長は 日本歴史史上を代表する英雄であることは誰もが認めておりますが、信長の真骨頂は・・・もっともっと大きな戦略であり 創造性・革新性であり 優れた情報収集・分析能力であり 統率能力なのであって、8千~1万5千人を率いるの戦闘指揮官としての野戦操兵術の天才 才能 においては、 残念ながら 上杉謙信に遥か遠く及びません。 織田信長は、野戦が得意だが城攻め は 苦手、籠城は、もっと苦手だったようだ。 今川の大軍は、このとき信長の軍勢を 阻止できなかった。 善照寺砦で信長の軍勢を 今川軍団は包囲したが、砦から約300人の オトリ軍勢が包囲を引き付ける中 (オトリ約300人全員、戦死。 ) 信長の軍勢は中島砦に到着。 そのころ今川義元は約5000人の軍勢 ひきいて沓掛城から出発して大高城へ向かう時、 善照寺砦から使者が来て織田の武者らの首を 運んできた。 おろかなことに、クビ実検の使者ら 中島砦から進発した織田信長の率いる軍勢を 気付かず追い抜いてしまったようだ。 ノンキに首実検を して合戦は楽勝だと 昼飯を くって酒のみ、出発しようとした 今川義元の軍勢を織田信長の軍勢は急襲。 目の覚めるようなアザヤカな手並み の野戦。 上杉謙信よりも、島津義弘の方が強いですよ… 中国連合20万の大軍を撃破!! 韓国最強武将を撃ち殺す! 天下分け目の関ヶ原で、わずか300人で徳川家康本陣の大軍、真ん中を敵中突破ッ!! 豊臣秀吉の賤ヶ岳七本槍の筆頭の、福島正則軍をも真正面突破ッ!! 本多忠勝を落馬させる! 徳川家康の四天王の井伊直政を狙撃! 家康四男の松平忠吉らを次々に斬り倒し、死ぬ思いで生き残って、薩摩に帰還した戦士は、鬼島津率いるたったの30名だけ! 「風林火山! 発表寸前に中、韓の対日摩擦 尖閣、竹島 が連日ニュースにオンエア… 死体の山を築いた島津義弘に対する中国や韓国の抗議は必至! あえなく、NHKは鬼島津を却下! 無難な黒田官兵衛と変更された。 残念だが、裏を返せば、 史実上、鬼島津がいかに強過ぎたかを物語っている!ゆえの結果と言えよう… 上杉謙信はご存知の通り、野戦においては右に出る者がいない といわれました。 それは、迅速な行動と統率力が生んだものです。 他に野戦が強かった大名としては、島津家が筆頭かと。 「釣の伏せ」と呼ばれる伏兵術で、数々の相手を破っています。 しかし、それは土地の構造に頼っているため、異国の地でも有効か どうかはわかりません。 また、徳川家康も野戦派だったと言われていますね。 関ヶ原の戦いは、大垣城での攻防を望んだ石田三成を 場外へおびき出すため、「大阪城を落とす」と誤報を流して 行われた戦いだということは有名です。 いずれにしても、戦略に頼っているものであり、 純粋な武力・戦術対決においては謙信がトップと言えるのでは。

次の

歩兵の戦術

野戦行動

個々の戦闘の事例については「」を、戦闘を指導する方法については「」を、戦闘を遂行するための技術については「」を参照 戦闘とは一般的に、敵対している部隊が特定の目的を達成するためにを行使する行動、またはその行動によって引き起こされる一連の交戦状況であり、具体的には発見()、、・、追撃・と段階的に進展する。 戦闘において部隊を指導するのはであり、戦闘の目的や投入される戦力の装備、規模は計画によって決定される。 戦闘では敵と敵施設に対して、を使用して殺傷することによって抵抗行動を排除、し、作戦目標を達成することが主要な作業となる。 戦闘当事者であるたちは非常に強い肉体的・精神的なを受けながら戦闘行動をとることになるため、被弾や被爆でするだけでなく、衝撃的な経験からなどのを患う場合もある。 また戦闘は戦闘当事者双方ともに生死の狭間という極限状況において活動するため、と呼ばれる特別な状態になることもある。 そのため、の要素として火力や機動力などのほかにが含まれると考えられている。 研究史 [ ] 古典的研究 [ ] 戦闘を構成する諸要素や相互の関係性、そして戦闘の形態や構造、原理に関する最古の研究として古代中国における(紀元前535年 - ?)の研究業績が挙げられるが、彼の後に研究が発展することはなかった。 ヨーロッパにおいてもが発生する前には(4世紀頃)、(539 - 602)、 [ ]、、などの先駆的な研究がある。 だが、近代的な戦闘理論が成立したのはナポレオンの時代に入ってからである。 (1769 - 1821)は軍事理論に関する論文を執筆しなかったが、が物的要素に対して三倍の効果をもたらすこと、また機動的に戦力を運用する重要性を指摘するなどの研究成果を残した。 ナポレオンの幕僚でもあったはナポレオンの軍事思想の本質を理論化し [ ]、戦闘を規定するを確立した。 それは主力をある決定的な地点、敵の側面や背後に対して集中させるという普遍的な原則である。 またナポレオン戦争で参加した(1780 - 1831)はジョミニとは別のアプローチでナポレオンの軍事思想を解釈し、独自のアプローチで戦闘の法則、戦闘力の要素、攻撃や防御の行動を体系化した。 クラウゼヴィッツの戦闘理論は敵の殲滅を目的とする暴力的な行動によって定義されるものであり、戦闘力の優劣によって勝敗が決定されるものと定式化される。 近代の研究 [ ] ジョミニやクラウゼヴィッツに影響を受けた研究者たちは後に戦闘の研究を理論的に発展させるための研究成果を残してきた。 アメリカでは(1802-1871)はジョミニの影響の下で戦闘にいて依拠するべき原則を提示し、ドイツでははと包囲を重視した理論を提起した。 一方のフランスではによって戦闘における士気という心理的要素を解明して戦闘理論の研究に寄与した。 海上戦闘の研究者である(1840 - 1914)はジョミニや父親のデニス・ハート・マハンの影響の下で陸上戦闘の研究を海上戦闘に応用することに成果を挙げ、戦闘の一般理論が地理的環境の変化にも適応可能であることを示した。 またモルトケの研究を受け継いだ(1833 - 1913)は戦闘における殲滅の原理を発展させて包囲殲滅の教義を確立し、その研究成果はとして結実した。 はモルトケやシュリーフェンの影響の下でそれまでのドイツにおける戦闘の研究を総合し、フランスやイギリスに紹介する役割を果たした。 はドゥ・ピッグの研究に影響を受けるとともにドイツの殲滅の原理を受容しており、特に士気などの精神的要素を戦闘の理論において位置づけた。 航空戦闘に戦闘の理論を始めて応用したは陸上や海上とは異なる地理的、技術的条件の下で行われる戦闘が理論的にどのような作戦を可能とするかを明らかにした。 または現代の戦闘の理論を研究するための科学的な方法論を準備し、戦いの原則を現代の戦闘の形態に応じて発展させた。 (1868 - 1946)は戦闘の数学的モデル化に取組み、特に戦闘力と戦闘結果の因果的な関係を定式化した。 戦闘理論 [ ] 戦闘の概念 [ ] 戦闘の理論において戦闘の本質をはじめて哲学的に定義したクラウゼヴィッツは戦争との関係から戦闘の性格を捉えている。 クラウゼヴィッツの見解によれば、戦争とは政治の延長として位置づけられており、政策の道具として戦争が特徴付けられることを論じており、これを現実の戦争と呼んでいる。 同時にクラウゼヴィッツは政策の道具として戦争を見なさずあくまで政治に対して孤立的な行動として戦争を見なした場合、戦争本来の性格が無制限の暴力にあることを明らかにしてとして定式化した。 彼の戦闘の基本的な概念は絶対戦争と同様に本来の性格が敵の殲滅に他ならないことを論じている。 なぜならば、「戦闘は即ち闘争であり、この闘争の目的は敵の撃滅もしくは征服である」ためであり、これが戦闘の最も簡潔な概念であると定義づけた。 彼にとって戦争におけるあらゆる戦略的な行動は戦闘に行き着くのであって、個々の戦闘はその規模を問わず、戦争全体の目的に従属する目標のために行われる。 戦争の階層構造 [ ] 戦闘とは戦争の階層構造の中で理解することができる。 ここでは戦闘の下位における交戦、そして戦闘の上位における作戦と戦争について概観する(Field Manual 100-5を参考)。 交戦(engagements) - 敵対する戦力間で発生する小衝突、小競り合いを指す。 ただし、片方の戦力が防御行動に出ている場合は、これが戦闘に発展することはない。 ただし航空戦においてはミサイル、機関砲が使用された時点で交戦と見なされる。 戦闘(battles) - 戦闘とはある目的を達成するため(を通じて)に敵対する戦力によって組織的に行われる戦術的な衝突であり、交戦の集合体である。 各種戦力の特徴によってその進展はさまざまであり、非常に広範な地域において長時間にわたって行われることがあるが、即時決戦となる場合もある。 交戦において双方が事態を発展させていくと戦闘に至る場合もある。 - 戦闘を円滑かつ合理的に遂行するために計画実行されるのが作戦である。 この作戦に基づいて戦闘は進められる。 戦闘は作戦のである。 - 戦争とは主に国家間において方面作戦及び一連の作戦が継続的に実行されている状況であり、作戦・戦闘の集合体であると言える。 戦闘の法則 [ ] 戦闘における勝敗が戦力の優劣によって決定付けられることを示した数の法則 Law of numbers はクラウゼヴィッツによって提唱された。 彼の見解によれば、部隊の数量が勝利を決定し、数的な優位性こそが唯一の勝利の原因である。 またクラウゼヴィッツは戦闘を分析する上では部隊の性質にも着目することで、この数の法則は時代や地域を問わずあらゆる戦闘に一般的に適応可能であることを主張する。 クラウゼヴィッツのこの理論は後に戦闘の理論として明確に整理されることになり、部隊の戦闘能力は両軍のそれぞれの数的な戦力と戦力の性質、そして戦闘に影響を及ぼす環境変数の積によって求められ、青軍と赤軍の両軍の部隊の戦闘能力を割った数が戦果として求められることを明らかにした。 これを数式として表すと次のようになる。 同様の法則化はランチェスターによるやオシポフによるとしてまとめられている。 摩擦 [ ] 詳細は「」を参照 クラウゼヴィッツは現実の戦闘が机上のそれと全く異なる性格を持つ要素としてを考案している。 摩擦とは地形、天候などの自然環境や敵の不規則な行動、偶発的な出来事などを含む障害を指している。 実際に計画を実行に移すと予測不可能な事態が連続し、計画が依拠していた前提が崩れる場合がある。 戦闘において摩擦はさまざまな形で現れるが、その一つに情報的要素がある。 戦闘においては敵部隊は通常偽装・隠蔽によって自らの存在をできるだけ知らせないように努めるため、敵部隊の情報を得ることは基本的に容易ではない。 断片的な情報を総合的に分析するだけでなく、変化する状況に応じて情報を更新することも必要である。 しかし状況の全てについて完璧に把握することは事実上不可能であり、指揮官は常に不完全な情報に頼って決断を下す必要性がある。 この情報の不確実性は摩擦の中でも特にと名づけてられており、戦場における意思決定の困難性を示している。 戦闘行動 [ ] 計画の立案において、作戦の目的、敵部隊の規模や配置、作戦に投入可能な部隊、作戦区域の地形などに基づいて策定し、戦闘を具体的にどのように遂行するのかを計画する。 例えば敵に対する攻勢作戦を立案する場合、敵の位置や規模などについて考慮した上で、どのような機動攻撃(包囲・迂回・突破など)を行うのかを決定して攻勢を計画する。 この過程で必要な武器弾薬、時間、予想される失敗のリスクなどを考慮して具体的な運用が決められていく。 作戦が策定された後、上級指揮官からまず各級指揮官に作戦内容が伝えられる。 この内容に基づいて作戦部隊はそれぞれが自分の任務を理解して装備を整備し、砲兵部隊や航空部隊に火力支援を要請し、組織から弾薬や食料などを受け取り、戦闘を準備する。 戦闘で敵を殲滅するためには、まず敵の動きを「拘束」することが必要である。 迅速に機動する敵に対して確実に機動攻撃を行うことは難しいため、迂回や包囲によって敵の機動力を減衰させる。 敵の拘束に成功したら、敵の戦闘力を無力化・低下させるために、敵を混乱に陥らせる「攪乱」を行う。 攪乱によって敵部隊の連携を分断して組織的な抵抗を封じ込め、逆襲の間隙を与えないように努める。 戦闘では常に位置の優位性を巡る攻防があり、戦場では敵味方がしばしば移動している。 この移動は「機動」と呼ばれ、この能力は機動力と考えられており、機動力は緊要地形の確保や迂回・包囲などの敵との移動速度を争う戦術行動に大きな影響を与える。 また敵を拘束・攪乱して無力化すれば、最終的に火力攻撃・を行う。 これを「打撃」と呼び、ここで敵を制圧することができる。 戦闘後に敵の一部が孤立化して残存していれば、戦果拡張が行われる。 戦果拡張によってより多くの被害を敵に与え、戦闘の戦果をより拡大することができる。 またこれに続いて戦場から離脱する敵に対してが行われる場合もある。 作戦が終了してからは、戦場を捜索して、死傷者に適当な処置、遺棄物を収集などの戦場掃除を行い、死傷者を収容、を収集、を防止する。 戦闘理論の応用 [ ] 陸上戦闘 [ ] 詳細は「」を参照 陸戦は陸上で実施される戦闘である。 徒歩、装輪などの複数の機動手段と部隊編制、多様な・・の戦術行動、火器が発達した現代では長短射程、直曲射弾道射撃などを有機的に組み合わせて行われる。 また陸地は人間の生活基盤が存在するため、陸戦は複雑な心理的影響を与える。 加えては非常に多様な側面を持っており、、、、時間帯、などにより様々に分類することができる。 野戦 - 人工建築物がほとんど存在しない地域における陸上戦闘。 - いくつもの・が準備された地域で行われる戦闘。 戦線が膠着し、その野戦陣地が逐次増強されてきている場合に発生する(はこれに含まれる)。 - 一方が・城砦に立て篭もって防勢をとり、敵対する戦力がそれに対してして起こる戦闘(近代以降は要塞戦と呼ばれる)。 - 攻撃を仕掛けてくる敵に対し要塞・城砦に立て篭もって迎え撃つ戦闘。 攻城戦の守勢側からの呼称(因みに、ではあるが南北戦争で目と鼻の先にある要塞同士で戦闘が行われた事例があった)。 - など植生が濃い地域における陸上戦闘。 - 湿地などの湿り気の多い場所での戦闘。 - 寒冷地における戦闘。 - 高低起伏が激しい山岳地域における戦闘。 - 地域における戦闘。 - 上陸を試みる戦力とそれを阻止しようとする戦力が衝突する海岸・川岸における戦闘。 - 人工建築物が密集する都市部における戦闘。 - 部隊が機動しながら遂行される戦闘。 - 敵戦力の後方または敵の支配地域における戦闘(とほぼ同義)。 - 大規模な部隊が決戦を目的として準備した上で、戦場で対峙してから行われる戦闘。 主に近代の世界大戦以前の戦闘を指す。 - 機動中に敵と不用意に接触して起こる戦闘をいう。 会戦の対義語。 - 近接戦闘部隊によるを主要な戦術行動とした戦闘。 海上戦闘 [ ] 詳細は「」を参照 は水域において海上戦力が戦術的に衝突した戦闘をいう。 、水路、海洋短波、などに影響され、また補給・整備の関係から持久戦を実施することができず、決戦となり、またその結果も完全な勝利か殲滅的敗北のどちらかになる傾向が強い。 特徴として水域における戦闘であるために陸上戦力のように地形を戦力化することが殆どできず、兵器の性能が戦闘の勝敗を直接的に決める。 そのため海戦はが殆どそのまま適用される。 分類には以下のようなものが代表的に挙げられるが、さらに特殊作戦、監視・哨戒、情報戦、指揮統制、電子戦、補給などが関わる。 水上打撃戦 - 水上艦艇を以って敵の水上艦艇、地上戦力、陸地の施設などに対して砲やミサイルなどで攻撃する戦闘。 空母航空打撃戦 - の航空隊を用いて敵艦隊に対して航空攻撃を行う戦闘。 対空戦闘 - 敵の航空戦力に対して航空攻撃を妨害するために対空ミサイルや機関砲などで攻撃を行う戦闘。 対潜戦闘 - に対する対潜艦艇、航空機による戦闘をいう。 その要領として、聴音、などを用いて捜索、探知して、で攻撃を行う。 また潜水艦の攻撃に迅速に対応するために精度を犠牲にして行う攻撃を行う場合もある。 - 戦略的、作戦的、戦術的な機雷の敷設と掃海。 航空戦闘 [ ] 詳細は「」を参照 は航空戦力による戦闘をいう。 航空戦は極めて迅速に進展し、また地球上あらゆる場所で発生し、高度な打撃力で敵と交戦できる特徴がある。 航空戦力は長時間その空域に駐留することはできないため、その進展は即時決戦であり、敵航空戦力を撃破することによってを得ることができる。 確保ただしはその戦力の特徴上から作戦によって分類している。 戦略的航空作戦 - 敵の戦略要地・要線に対する攻撃を行う作戦をいう。 戦術的航空作戦 - 作戦地域において味方陸上及び海上戦力と連携して敵部隊を攻撃する作戦をいう。 防空作戦 - 侵攻する敵航空戦力を撃破、妨害することにより防護対象を防護する作戦をいう。 その他の戦闘 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2011年3月)• Ardant du Picq, C. 1921. Battle studies. New York: Macmillan. Belyakov, V. 1979. Correlation of Forces and Means. Sovetskakila voennakila entsiklopedkila. Soviet military encyclopedia. Moscow: Voyenizdat. Clausewitz, C. von. 1976. On war. ed and trans. Howard and P. Paret. Princeton, N. : Princeton Univ. Press. クラウゼヴィッツ著、清水多吉訳『戦争論 上下』中公文庫、2001年• Dodge, T. 1889-1907. Great captains. 6 vols. Bonston: Houghton Miffiin. Douhet, G. 1942. The command of the air. trans. Ferrari. New York. Wilson. Dupuy, T. 1987. Understanding war. New York: Paragon House. Dupuy, T. , C. Johnson, and G. Hayes. 1986. Dictionary of military terms. New York: Wilson. Earle, E. , ed. 1971. Makers of modern strategy. Princeton, N. : Princeton Univ. Press. Foch, F. 1970. The principles of war. Trans. de Morinni. New York: AMS Press. Foertsch, H. 1940. The art of modern warfare. Trans. Knauth. New York: Veritas. Fuller, J. 1961. The conduct of war, 1789-1961. London: Eyre and Spottiswoode. フラー著、中村好寿訳『制限戦争指導論』原書房、昭和50年• Groener, W. 1927. Das Testament des Grafen Schlieffen. Berlin: E. Jomini, A. 1830. Tableau analytique des principales combinations de la guerre, et de leurs rapports avec la politique des etats, pour servir D'introduction au Traite des grandes operations militaries. Paris: Anselin. ジョミニ著、佐藤徳太郎訳『戦争概論』中央公論新社、2000年• Jomini, A. 1851. Traite des prandes operations militaries, ou Histore critique des guerre de Frederic le Grand comparees au Systeme moderne. Paris: J. Dumaine. Lanchester, F. 1914. The princeiple of concentration. Engineering, 2 October. Mahan, A. 1884. The influcence of sea power on history, 1660-1783. Boston: Little, Brown. マハン著、北村謙一訳『マハン海上権力史論』原書房、2008年• Paret, P. , ed. 1986. Makers of modern strategy. princeton, N. : Princeton Univ. Press. ピーター・パレット編、防衛大学校「戦争・戦略の変遷」研究会訳『現代戦略思想の系譜 マキャヴェリから核時代まで』ダイヤモンド社、1989年• Schilieffen, A. von. 1931. Cannae. Fort Leavenworth, Kans. : Command and General Staff School Press. Trythall, A. 1977. Boney Fuller: The intellectual general. London: Cassell. Military Academy, Dept. Of Military Art and Engineering. 1944. Jomini, Clausewitz, and Schlieffen. West Point, N. : Dept. of Military Art and Engineering, U. Military Academy. Wright, Q. 1942. A study of war. Chicago: Univ. of Chicago. Yorck von Wartenburg, M. Graf. 1902. Napoleon as a general. 2 vols. London: K. Paul, Trench, Trubner. 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

【創造・戦国立志伝】野戦での戦い方

野戦行動

小銃分隊の基本装備 ここでは、戦争初期の歩兵科小銃分隊の基本 的装備の装着法を展示しています。 歩兵科小銃分隊の標準的な野戦装備例( 1939年〜1940年頃) はじめに ここでは、戦争初期(1939〜1940年頃)の、歩兵科小銃分隊の基本的野戦装備の装 着例を紹介する。 第2次世界大戦時のドイツ歩兵師団の場合、小銃分隊と言っても、火力の中心はMG34やMG42等の軽機関銃であった。 各分隊には分隊長 以下、機関銃手を含む機関銃兵と小銃兵がいて、機関銃手以外の機関銃兵達は弾薬運搬手の役割を担い、小銃兵達は機関銃の掩護役も兼ねていたのである。 ちなみに1939年までの標準的小銃分隊は、分隊長を含む13人編成で機関銃兵は4人、 1940年からは9人編成で機関銃兵は3人となっていた。 下士官(分隊長) この画像は、1939〜1940年頃の前線における下士官の装備例である。 下士官の火器というと、MP38やMP40の様な短機関銃が使用されていたと思われがちであるが、これら短機関銃が、一般歩兵部隊の下 士官に行き渡ったのは1941年になってからの事で、開戦当初は下士官も、Kar98kなどの小銃を携行していたケースが多かった。 この装備例ではウエストベルトに、小銃用弾薬盒と書類ケース(マップケース)を付け、Dリング付き 重装備用サスペンダー (以降Dリング付きサスペンダーと 記す)で吊っている。 野戦装備 これは、上の画像の下士官の後姿である。 1939年4月18日に 採用された、Dリング付 きサスペンダーを付けた状態で、ウエスとベルトに飯盒と水筒を付けた雑嚢と、銃剣を吊っている。 この画像では、各装備の位置関係がわかりやすい様に、ガスマスクコンテナを省いてある が、付けた状態は下の方を参照されたい。 なお、装備類は、移動時や戦闘中などの状況に応じて、様々に増減されていた。 特に戦闘行動に入る時は、不必要な装備を外した方が身軽に動けるので、その時々の状況を 指揮官が判断し、装着する装備を決めていた。 機関銃手 これは、分隊火器MG34の射手の装備例である。 襟元から左脇に布製のストラップが写っているが、これはガスマスクコンテナに付けられて いる、キャリングストラップである。 開戦当初は、このストラップに、毒ガス攻撃を受けた場合に被る、ガスシートを入れた袋、ガスシートケースを付ける事と されていた。 (ガスシートケースを付けた状態は下の画像を参照されたい。 ) 小銃兵・機関銃兵 この画像は、いわゆる小銃兵・機関銃兵の装備例である。 ウエストベルトの左右には、小銃用弾薬盒を付け、それをDリング付きサスペンダーで吊っ ている。 また、この兵はウエストベルトに24年型柄付き手榴弾を1本差し込んでいる。 胸にある長方形の袋は、ガスシートケースであるが、これはガスマスクコンテナのストラッ プに通している。 この携行法は規定通りの方法であるが、実際にはかなり鬱陶しいので、兵達には不評であった。 1939年のポーランド戦、1940年の西方戦役、1941年のバルバロッサ作戦時の写 真では、まだこの規定通りの着用例が見られるが、戦争中期以降にはガスマスクコンテナに装備用ベルトで巻き付けている兵が多い。 野戦装備 上の画像の小銃兵の後姿。 Dリング付きサスペンダーで吊ったウエストベルトには、水筒を 付けた雑嚢と、銃剣及びスコップが装着されている。 また、肩からはガスマスクコンテナを下げている。 ライヒスヘーア期には、水筒は雑嚢の左側(体の中央より)に吊る事とされていたが、2次 戦時のドイツ軍の場合は、写真の様に右側に吊っている場合が多い。 これは、当初携行している小銃などとぶつかる事を避けるために、中央よりに付けていた水 筒が、車両などの座席に座るのに都合が悪かったために変更されたにではないかと思われる。 (ただし、写真などでは単一部隊でも、水筒を左右バラバラに吊っ ている兵士が混在するものもある。 ) 野戦装備 上の画像の装備に加えて、ウエストベルトに装備用ベルトでツェルトバーンを付け、雑嚢に は飯盒を付けた状態。 これはAフレーム導入前や、Aフレームが支給されなかった部隊では、良く見かける装着方法である。 ツェルトバーンや飯盒は、戦闘自体使用しない事が多いので、戦闘前に背嚢と共に輜重部隊 などに預けるケースもあったが、輜重部隊を伴わない小隊以下での行動時や、戦闘の状況によっては、各自が携行して行動していた。 野戦装備 上の装備例に、MG34用の予備銃身ケースを加えた状態。 通常この予備銃身ケースは、機 関銃手以外の機関銃兵が携行していた。 また、機関銃兵は通常装備以外に、300発入り弾薬箱2箱を携行した。 野戦装備 これも、Aフレームを使用しないで、飯盒とツェルトバーンを携行する装備例の一つであ る。 Dリング付きサスペンダーの、3本のパーツをつないでいる、Oリングに装備用ベルトで、 飯盒とベルトを吊り下げ、更にサスペンダー垂直方向の部分と、装備用ベルトで、飯盒とツェルトバーンが揺れない様に固定している。 この装着法は、自分では 飯盒やツェルトバーンを外せない欠点があるが、重心が腰だけに集中しない利点がある。 野戦装備 この画像は、1939年にDリング付きサスペンダーと共に採用された、Aフレームに飯盒 とツェルトバーンを装着した装備例である。 Aフレームは、歩兵用の戦闘用簡易背嚢として開発採用され、戦争中期頃までの基本装備と して、あらゆる戦場で使われていた。 採用は1939年で、順次歩兵部隊に支給が開始されたが、1939年9月のポーランド戦 では、まだ全部隊に行き渡るには至っていない。 写真などで見る限り、1940年の西方戦役から、1942年の東部戦線あたりの、標準的戦闘装備例であった と思われる。 ただし、在庫は支給使用が続けられため、1943年以降での使用例も多数確認出来る。 野戦装備 この画像は、Aフレームに軍用毛布を付けた状態を示す。 Aフレームは簡易背嚢として、毛 布及びコートを装備用ベルトを用いて装着する事が出来た。 また、長さの余った装備用ベルトの先端は、写真の様にまるめてベルトのループに通して固 定した。 今回は、開戦当初の歩兵科小銃分隊の、基本的野戦装備を紹介したが、戦争中期以降の装備例や背嚢を付けた行軍装備、重機関銃分隊、支援 部隊、また、他の兵科の装備例などは、また改めて紹介する事とする。 本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。 Copyright 2003 STEINER 10. Dec. 2003 公開.

次の