ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が。 ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

・ご多忙のところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます ・ご多用の折、誠に恐縮でございますが、ご検討いただければと存じます ・ご多忙中とは存じますが、ご都合が合いましたらご参加いただければ幸いです といった表現が可能です。 どれも「お忙しいところ」を用いて類似表現をすることは可能ですが、「ご多忙」や「ご多用」を用いるとより敬語表現としては丁寧な印象を与えると知っておくといいでしょう。 また、「ご多忙」と「ご多用」の違いを気にかける人もいるのには注意しましょう。 忙殺という表現からもわかるように「ご多忙」にマイナスイメージを抱く人もいます。 それに対して用事が多いという程度の意味合いになる「ご多用」を好む人も多いため「ご多用」がより万人受けする無難な敬語です。 実際にビジネスメールを送る際は「お忙しいところ」は以下のように使います。 先日はお忙しいところお時間をいただき、誠にありがとうございました。 つきましては、詳細とお見積もりをお送りいただけますでしょうか。 ご多忙中恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。 しかし、ビジネスメールの基本マナーとして覚えておきたいのは、相手に対して制限をかけたり、相手に指図をしたりするのはマナー違反であるということです。 いくら相手を気遣って「お忙しいところ恐れ入りますが」と言ったとしても、気遣いが反映されていないメールになっていては元も子もありません。 ただの定型句として利用されているとしか相手は受け取ってくれないでしょう。 メールは多くの情報をまとめて伝えられる点で会話とは違います。 やり取りを簡単に済ませようと詳細な内容を一度に伝えてしまおうと考えることもあるかもしれませんが、詳細を伝えてしまうと相手が断りづらい状況を作ってしまう可能性もあります。 そのため、「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的に返信期日を伝えるのも少々マナー違反です。 自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 ビジネスメールを書く際にはうっかりこういった表現をしてしまわないように気をつけましょう。 いかがでしたでしょうか? ビジネスメールにおけるビジネスシーンにおける「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は相手を敬い、自分をへりくだる気持ちが表れる重要な表現、中でも「お忙しいところ恐れ入りますが」は相手を気遣う気持ちが表れる重要な表現です。 適切に使用して、丁寧で好印象な言葉遣いをするように心がけましょう。

次の

ご多忙とご多用は意味が違う?例文とメールでの正しい使い分け方

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

「ご多忙」を辞書で引いて調べてみました。 読み方は「ごたぼう」で書き方は「御多忙」と記載する時もあるようです。 「ご多忙」の意味は、「多忙」に丁寧の「御」をつけた言葉です。 何かと忙しくしている様子などを意味する表現のことを意味します。 」に置き換えると更に丁寧な使用例になります。 他の方々へお願い事をする歳に使用する文章の挨拶における定形文とも言えます。 例えば、親しい友人や会社の同僚・会社の部下などには「忙しいとは思うんだけど、仕様書の確認をお願いね!」などと言い伝えます。 しかし、会社の上役の方や学生時代の恩師・先輩方、お取引があるクライアント方には、「ご多忙中誠に恐縮ではございますが、仕様書のご確認をお願いいたします。 」「ご多忙中誠に恐縮ではございますが、仕様書のご確認をお願い申し上げます。 」と使用するケースが定番とされています。 「ご多忙」を敬語で使用するには? 「ご多忙」「御多忙」は「いろいろとあって忙しいと思うけれど…」の尊敬語(敬語)であると言って良いでしょう。 レターやインターネットEメール本文などで、お願いをする際に定形的に使用する言葉です。 使用例としては、「ご多忙中、お手数をおかけしますが・・・」「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが・・・」「ご多忙のところ大変恐縮ですが・・・」「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが・・・」「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが・・・」「ご多忙中とは存じますが・・・」「お多忙中でございますが・・・」などと使用するケースが多いようです。 ビジネス用語辞典やビジネス文例マニュアルのお手本やインターネット検索で使用例が多く掲載されています。 「ご多忙・・・」を敬語で使用する際は、会社の上役の方や学生時代の恩師・先輩方、お取引があるクライアント方に使用する言葉です。 親しい友人や学生時代の後輩、会社の部下・後輩には使用しません。 「ご多用」とは? 「ご多用」を辞書で引いて調べてみました。 読み方は「ごたよう」です。 「ご多用」の意味は、忙しい、多忙といった意味の「多用」の丁寧に使用する歳の表現方法です。 「多用」には「たくさん使う」という意味もあります。 例えば、国会の参考人質疑や証人喚問などで「記憶にございません。 」と答弁する場面が多い際は、「記憶にございません。 」との言葉を多用している。 彼女は偏頭痛に罹患しているために、痛み止めの薬を多用している。 あの部長はストレスやプレッシャーが多すぎて目が冴えて睡眠障害になっているので、睡眠導入剤を多用している。 など「たくさん使う」の意味でも使用します。 しかし「多用」の文頭に「ご」を付けて「ご多用」として使用する際は「多忙」を意味します。 日本語独特の難しさがある単語ですので、注意して使用しましょう。 「ご多忙」と「ご多用」の使い分けは? 「ご多忙」と「ご多用」の意味としての大きな違いはありません。 使用例として「多忙な毎日だね。 」と聞いたことがあると思います。 しかし「多用な毎日だね。 」とは聞いたことないと思います。 「ご多用」という言葉を使用する場面は、冠婚葬祭の挨拶に使用など日本古来の儀式的に使用することが多いようです。 「ご多用」とは、改まった表現方法になります。 例えば、「本日は、ご多用のところ新しい船出をする若い二人を見届けていただきまして、ありがとうございました。 」などと使用するケースが多いようです。 先方に用件をお伝える。 または、用件を申し入れる際の前置き文章として、「お忙しいところ申し訳ありませんが・・・」「お忙しいところ恐れ入りますが・・・」と使用します。 前記の使用例が、もっとも自然なやさしい文書だと言われています。 しかし、もう少し硬い文書・もう少し畏まった文書を使用するビジネス用のレターやインターネットEメールでは、「お忙しい」とは記入せず、「ご多忙のところ誠に申し訳ありません・・・」「ご多忙のところ恐縮でございますが・・・」などと書くのが一般的です。 また、「ご多忙のところ」に代えて、「ご多忙中・・・」「ご多忙の折・・・」「ご多忙のみぎり・・・」などと記載することも可能です。 「ご多忙中」の使用は差出人の勝手 「ご多忙中」を使用した文例たくさんありますが、代表的な使用例を紹介いたします。 」は「ご多忙中とは存じますが、よろしくお願いいたします。 」は「ご多忙中かとは存じますが、よろしくお願いいたします。 」は「ご多忙中と存じ上げますが、よろしくお願いいたします。 」は「ご多忙中かと存じ上げますが、よろしくお願いいたします。 」のように使用します。 また、「恐縮」の単語を組み合わせると、「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが・・・」「ご多忙中恐縮でございますが・・・」となり、謙った使用方法になるケースが多いようです。

次の

「ご多様・ご多忙・お忙しいところ」の違いと使い分け方と書き方

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

社外編「お忙しいところ申し訳ありませんが」 まずは社外編。 取引先の相手に直接会ったり、電話で話したりするときに使います。 I understand you are very busy, but…• I understand you are occupied at the moment, but… 直訳ならこのあたりが無難。 「busy」と「occupied」はほぼ同じ意味です。 「occupied」のほうが、単に忙しいというより、やることがあって手が空かないというニュアンスを含みます。 少しひねってこんな言い方も。 I'm very sorry to bother you at this time of year, but…• I'm terribly sorry to disturb you again, but … 「bother」「disturb」は「邪魔をする」という意味。 1文目は「こんな時期にすみません」というニュアンスです。 こう言えば、年末の忙しい時期なのか、プロジェクトで忙しい時期なのか相手も想像がつくでしょう。 2文目の「terribly」は「 本当に申し訳ありません」という具合に、申し訳なさを強調することができます。 社内編「お忙しいところすみません」 社内だと、外国人の上司や先輩に対して使うことが多いのではないでしょうか。 取引先の人と話すときよりは、カジュアルでOKだと思います。 I know you are very busy, …• Sorry to bother you, … 「understand」より「know」のほうが少しカジュアル。 また「Sorry to bother you... 」のように主語を省略することでカジュアル度が増します。 さらに「お忙しいところすみません」と言うかわりに、単刀直入に用件を伝え、そのあとで• I'll keep it short. (長くはかかりません)• I'll be quick. (早めに終わらせます) などと言って「あまり時間を取らせません」という意思を伝えるのもアリだと思います! メール編「お忙しいところ恐縮ですが」 最後はメール編。 日本語と同じで、対面や電話で話すよりも、さらに改まった感じになります。 「お忙しいとは存じますが…」「お忙しい中恐縮ですが…」というイメージですね。 I understand that you are very busy, but … 社外編の「お忙しいところ申し訳ありませんが」に似ていますが、違いは「that」が入っている点。 基本的にメールでは、接続詞や関係代名詞を省略しないのがルールです。 ですが最近はビジネスメールも、よりカジュアルになってきており、省略形を使う人も増えているようです。 ほかにも• I am afraid that you are having a hectic week, but... なんて言い方もあります。 「hectic」は「慌ただしい、てんてこ舞いの」という意味です。 メールで「お忙しいとは存じますが」とは書かない!? メールで使える文例を紹介しましたが、 実は「メールでこんな前置きしない!」という考え方も。 ネイティブからのメールに、このような前置きを見たことは、私も正直ありません。 直接話す相手なら、確かに「忙しいとは思いますが…」と前置きを入れるイメージは英語圏にもあります。 相手が仕事を中断して聞いてくれるわけですからね。 ですがメールとなると、相手にはいつメールを開くか決める権利があります。 しかも、あえて連絡するのは、忙しいと思いつつも「頼みごとがあるから」ですよね?それなら• 簡潔で分かりやすいメールにする• 相手をBCCやCCに入れない• タイトルで要件が分かるようにする• 金曜の午後になってメールしない などに気をつけるほうが、よほど大切。 忙しい人に対する思いやりですね。 英語のサイトですが「」というサイトが参考になりますよ。 「お忙しいところ…」に続く文例 「お忙しいところ…」という丁寧な前置き。 これに続く文章も、同じく丁寧な表現である必要があります。 日本人同士なら「お忙しいところすみませんが、あの件、よろしくお願いします」で事足りるかもしれません。 ですが英語に「よろしくお願いします」のように万能に使えるフレーズはありません。 「何をいつまでにしてほしいのか」はっきり伝えましょう。 ダイレクトに言ったほうが、時間を無駄にせず、むしろ好印象だと思います。 I understand you are occupied, but I would appreciate it if you could finish this project by Friday. I know you are busy, but it would be great if you could spend some time on this task, too. Sorry to bother you, but can you read through this document for me, please? (お忙しいところすみません、このドキュメントに目を通してもらえますか) フォーマル度は参考程度に付けましたが、3つ目の表現も、親しい上司や先輩に対して使うには全く問題ありません。 まとめ いかがでしたか?社外編、社内編、メール編に分けて「お忙しいところ恐縮ですが」に使える英文を紹介してきました。 英語圏であっても、口頭であればこのような前置きを使うのはアリです。 親しい先輩、上司、取引先の社長など、フォーマル度でしっかり使い分けましょう。 メールとなると、ネイティブはこのような前置きをあまり使いません。 むしろ「要件を簡潔に伝えること」が、忙しい人への一番の配慮になると思います。 みなさんの参考になれば幸いです!.

次の