グレイヘア 髪型。 グレイヘアの作り方!50代60代女性のおしゃれなヘアスタイルとは!

「グレイヘア」に失敗する人に共通する勘違い

グレイヘア 髪型

グレイヘアに本格的に取り掛かったのは2015年、3年がかりで今のスタイルに行き着きました。 私の家族は若白髪家系で、私も20代という早い段階から白髪が生えていました。 最初は気になる程度でしたが、白髪の量がだんだん増え、伸びてくると見て見ぬフリなんてできなくなるんですよね。 40代半ばになると、頭頂部の髪の分け目や髪の生え際などの白髪が目立つようになり、当時通っていたヘアサロンでカラーリングをしていました。 実はこの時、グレイヘアの相談もしていたのですが……10年前のその当時はグレイヘアなんて言葉も無い時代。 グレイヘアにしたい気持ちはあったのですが、それを叶える術も無く悶々としていましたね。 50代になるとさらに白髪が目立ち始め、月に2度のペースで白髪染めをしていました。 使用していたのはドラッグストアで販売されている市販の白髪染めです。 月に2度のペースって実際やってみると、結構な頻度なんですよね。 しかも、染めてもすぐに白髪が生えてきて、(染めるまで)ずっと気になるし、白髪染めを使うと頭皮は痛み、髪はパサつくというダメージも伴います。 何より、「染める」という行為自体がストレスでした。 たかが髪、とお思いでしょうが、自分でもこんなにストレスを感じるなんて思いもしませんでした。 40代から50代前半はモヤモヤな気持ちを抱いたまま、白髪を隠して乗り切っていました。 ひとつは、友人の存在です。 すでにグレイヘアに移行している友人のヘアが本当に美しく、素敵だったんです。 白髪でも老けた印象はなく、おしゃれで彼女に似合っていました。 お手本となる人が身近にいたから、グレイヘアへの想いを諦めずにいられたのだと思います。 もうひとつは、グレイヘアを応援してくれるヘアサロンと出合えたことです。 自分に似合うヘアスタイルは、ヘアサロンとの信頼関係がないと成り立ちません。 しかもグレイヘアを応援してくれるヘアサロンを見つけるのは至難の業でした。 そんな時、トータルビューティサロン「uka」のPRをしていた友人が「ヘアカタログのモデルをして欲しい」と声をかけてくれたんです。 この時に担当してくださった方が、現在丸の内KITTE店に在籍している中田里美さん。 カットをしている時に「ブリーチをしてゆくゆくはグレイヘアにしていきたい」と相談したところ、移行期のケア法なども提案してくださり「この人なら安心して任せられる」と。 そのままお願いすることになりました。 白髪を美しく魅せる方法はたくさんある! ピンクの髪色にも挑戦した移行期 完璧なグレイヘアになるまでは思った以上に時間がかかります。 しかも、グレイヘアへ移行する初期段階は白と黒のコントラストが悪目立ちしたり、白髪が黄ばみ、「手入れをしていない=汚い」と見られがち。 今までは白髪が悪者になっていましたが、今回は「いかに黒髪を目立たなくさせるか?」がカギになるわけです。 黒髪を目立たなくさせる方法なんてあるのかしら? と思っていたのですが、そこはやはりプロですね。 「後頭部から襟足の黒髪はカットして全体の印象を軽くしよう」と提案いただきました。 清潔感のあるスタイルを心掛けようと思っていましたし、黒髪が悪目立ちしないのであれば一石二鳥。

次の

40代[白髪/グレイヘア]メンズ髪型厳選【17選】&40代メンズ[アッシュグレー]の取扱い! | 軟毛メンズ髪型|25歳以上の出来る男の大人ヘアスタイル!

グレイヘア 髪型

グレイヘア[50代]男性のオシャレな髪型にするために! 「グレイヘア[50代]男性のオシャレな髪型にするために!」ということで、まずは3つのコンテンツ「グレイヘアは50代で自然に白髪になるのを待つ?」「50代のグレイヘアで白髪と黒髪の比率は?」「グレイヘアは30代40代には主張が強すぎるのか?」を紹介していきます。 || グレイヘアは50代で自然に白髪になるのを待つ? まず「グレイヘア」というヘアスタイルを一気に広めた人と言えば、女性では近藤サトさん、男性だと吉川晃司さんになります。 であるなら、50代で自然な白髪もグレイヘアと言えるかというと、日本人の場合の「白髪」は「黄ばみが入った白髪」になってしまうんです。 だから、オシャレなグレイヘアにするには、美容室や美容院でグレイヘアに染めてもらった方が近道だたりします。 どうしても、自分の白髪を活かして綺麗な白髪にしたい方は、「 」を使うと良いそうです。 「黄ばみが入った白髪」をキレイな白髪にしてくれるシャンプーなんです。 また、美容院でグレイヘアにした方でも、色持ちを良くするためにムラサキシャンプーはおすすめということです。 これは、美容院でヘアカラーをした方に美容師さんがおススメしているシャンプーでもあるんです。 グレイヘアは30代40代には主張が強すぎるのか? 「50代に入って急に白髪が目立ってきたから白髪染めをする」というのが、今までの日本の文化?常識?とされていました。 そのためか、グレイヘアは主張が強すぎるという見方も、まだ一部で聞こえてきたりします。 でも、近藤サトさんや吉川晃司さんのグレイヘアが注目されてからは、30代40代の若い人にもグレイヘアをファッションの一つとして楽しむ時代になってきました。 なので、同じグレイヘアでも、どんなヘアスタイルでグレイヘアにするかがポイントになってきます。 これは、30代40代50代、さらには60代以上の男女年齢問わず言えることなので、グレイヘアにすることは担当する美容師さんと良く相談することをおすすめします。 || グレイヘア[50代]男性のメンズ髪型厳選【15選】 グレイヘア[50代]男性のメンズ髪型の画像と写真を徹底してリサーチしてきました。 その中で厳選した [50代]男性のグレイヘア[メンズ]セットの厳選【15選】を紹介していきます。 また、男性のメンズヘアの画像写真だけでなく、担当した美容師さんやスタイリストさんのコメントと髪量・髪質・太さ・クセのデータ、そして、美容室・ヘアサロン情報も紹介しています。 良かったら、参考にして下さい。 || 50代男性グレイヘア[ベリーショート]メンズ髪型厳選【5選】 || 自毛をいかした短髪ワイルドグレイヘア 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 田畑 佑涼さんのコメント 白髪を活かしたワイルドな短髪ヘア。 自毛をいかしてオシャレにです。 || エッジのきいたブルーグレイヘア 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 坂井 由典さんのコメント エッジのきいたカットとブルーグレイのカラーリングがポイントです。 [アレンジのポイント] ダブルブリーチでベースの明るさをハイトーンにするとブルー味が表現しやすいです。 || グレイヘアを生かした大人のショート 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 齊藤 隆英さんのコメント グレイヘアを生かした大人ショート。 ワックスのつけ方のポイントは『束感』を意識していきましょう。 『やや太めの束感』を意識しながらスタイリングしていきます。 || 50代男性グレイヘア[ショートヘア]メンズ髪型厳選【5選】 || 大人の雰囲気漂うダンディショート 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 武石 美紀さんのコメント ナチュラルに流す大人スタイル。 カラーもあえて自然なままのグレイヘア。 バングは上げても下ろしても気分で。 [アレンジのポイント] ハード系ジェルワックスでかきあげるようにセットします。 || デキる男のアップバンクグレイヘア&パーマ 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 遠矢 裕昭さんのコメント デキる男のグレイヘア&パーマ [アレンジのポイント] ワックスもいいですが、ジェルスタイリンングをオススメします。 || 刈り上げツーブロックグレイヘアショート 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 菅原 敏郎さんのコメント サイドをかなり短く刈ったツーブロスタイル。 グレイヘアとの相性も抜群です!ミドルエイジメンズにオススメ! [アレンジのポイント] 乾かしたのちワックスを馴染ませて型を整えたら完成です。 [アレンジのポイント] ドライヤーで乾かしてワックスをつけるだけ。 || グレージュワイルドツーブロックビジカジオールバック 出典:HOT PEPPER BEAUTY 美容師: 原田 悠希さんのコメント ツヤ感のあるリバースアップバングで男らしいワイルドなスタイルです! [アレンジのポイント] 全体をリバースにドライ後ワックスとグリースを揉み込んみ前髪をしっかりと立ち上げます。 || [グレイヘア[50代]男性のメンズ髪型]関連記事【3選】 当サイトで他にまとめている[グレイヘア[50代]男性]のメンズ髪型に関連する特集記事を、厳選して3つピックアップしてきました。 ここで紹介しているコンテンツと同じように、いろんな髪型の画像と写真を紹介していますので良かったら参考にして下さい。 || 50代[男性]の短髪に似合うヘアスタイル 「50代[男性]の短髪に似合うヘアスタイル」ということで、まずは3つのコンテンツ「50代[男性]の髪型に「73分け」と「短髪ツーブロック」がおすすめの3つの理由」「50代[男性]がかっこいい短髪ヘアを探しているならコレ!」「M字はげ[短髪ヘア]は悩める50代[男性]の救世主になる?」を紹介していきます。 「73分け」と「短髪ツーブロック」は50代[男性]の髪型におすすめである理由が3つあります。 先ず、1.「73分け」と「短髪ツーブロック」は相性がいい髪型である点を挙げることが出来ます。 次に、2.フォーマルで最新の流行を演出できる髪型であることも理由のひとつだと言えるでしょう。 さらに、3.ビジネスシーンでも清潔感をアップできる髪型であり、相手に好印象を与えることが出来ます。 それだけでなく、もちろん、プライベートでも活躍してくれる髪型であることも魅力点だと言えるでしょう。 50代ビジネスパーソンにおすすめな髪型は組み合わせで、ベリーショートの特徴はモテル男には必須な短い髪で、2ブロックの特徴は頭頂部から耳の上くらいまで長くそれより下を短くカットし長い髪を短い部分へかぶせたスタイルです。 どちらも爽やかで清潔感がありカッコイイ髪型になるのでおすすめで、どれが似合うか迷ったときにも美容師さんに相談するとヒントがたくさんあるので、まずは相談してみるのが良いです。 短髪はセットもしやすくアレンジも出来ます。 50代男性のビジネスシーンでの髪型でお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひお勧めなのが、パーマを取り入れた髪型です。 パーマヘアを取り入れた場合、ビジネスシーンはもちろんのことワックスを使えばフォーマルスタイルにも最適になります。 パーマと相性がいい髪型はいくつかありますが、中でも取り入れやすいのがパーマにオールバックを組み合わせた髪型です。 大人の男性の格好良さも醸し出せますし、お洒落さも出すことが出来ます。 自毛植毛の【定着】に絞ってリサーチ!定着期間や定着率も関係してきます。 「自毛植毛の【定着】に絞ってリサーチ!定着期間や定着率も関係してきます。 」ということで、9つのコンテンツにまとめています。 トピックとしては、 「施術後の洗髪について」「植毛が定着する期間」「定着率とお仕事の関係」から、 「生活リズムと定着について」「自毛植毛とAGAの影響」「交通費がバカにならない!」まで、いろんな角度から「自毛植毛の定着」についてリサーチしてきました。 もちろん、参考にした自毛植毛クリニックもたくさんあります。 その中で特に参考になったクリニックさんはこちらです。 そして、 『グレイヘア[50代]男性のメンズ髪型厳選【15選】』として、[50代]男性のグレイヘアでカッコいい髪型画像を厳選して15スタイルをピックアップして紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 各ヘアスタイルの「髪質・髪量・クセ毛のデータ」や「この髪型をオーダーするときのポイント」などを参考に、一度、グレイヘアでカッコいいメンズヘアに挑戦してみて下さい。

次の

グレイヘアは老ける・日本人に似合わないと50代の友人は言う

グレイヘア 髪型

、、まで髪の長さ別• などテーマに分けて、いろんなヘアスタイルを載せています。 適応年齢は白髪が始まる30代から80代ぐらいまで、幅広い年代に似合うようにバランスの整った髪型をチョイスしています。 一部グレイヘアじゃない若い人のヘアスタイルも載せていますが、年齢が上がっても、白髪になっても、同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 黒髪で若いヘアモデルだからといって、60代やそれ以上の人ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、• なども最後の方でご紹介しています。 30代40代50代だけじゃなく、全世代にいける万能ヘアです。 前髪は短くてもいいし、もう少し眉毛にかかる長さでも大丈夫ですよ。 ショートカットにレイヤーで動きを出したヘアスタイル。 ゆるふわパーマでシルエットがキレイですね。 少し長めのグラデーションボブ。 無造作感のある仕上がりが大人女性にピッタリです。 ボブですが軽くカールがあって丸いフォルムです。 ロングボブに外ハネを取り入れたヘアスタイル。 長めのグレイヘアになってくると、こういった動きを出していくほうがいいですね。 60代70代80代女性に似合うおしゃれなグレイヘア ベリーベリーショートです。 ツンツンと動きを出していますね。 外ハネも何気にポイントです。 アシンメトリーショート。 グレイヘアになってくるとこれぐらいメリハリをつけたヘアスタイルの方が、ボケた感じにならなくていいですね。 可愛らしい丸みを帯びたボブ。 短くて軽い感じに仕上がってます。 グレイヘアで長さが出てくると野暮ったく見えてしまいがちなので、これぐらい動きをしっかり出していく方が見栄えがしていいですね。 スパイラルパーマを根元付近からかけています。 長めのボブに毛先カールをつけたヘアスタイル。 これぐらいのカールでも十分上品に仕上がります。 グレイヘアでこれぐらの長さはキレイに見せるには作り込んで行ったほうがベターです。 カールもしっかり目に出して、顔周りはスッキリさせることがポイントです。 【レングス別】 グレイヘア ヘアカタログ ベリーショート&ショートヘア ツンツンしたスパイキーなベリーショートヘアです。 ボリュームが出にくい髪質だと思いますが、動きがあることで全体的なバランスが取れています。 アクティブなイメージがいいですね。 この髪質だとワックスなしだとぺったんこになってしまうので、軽く動き付けるようにセットするといいですよ。 これは風のせいでしょうか、前髪が散ってますね。 (でもその感じがいい) 横を短く刈っているショートヘアです。 服装がかわいい感じで、ショートカットでも女性らしさを感じるファッションになっています。 ショートなグラデーションボブですが、ファッションとのバランスが素敵ですね。 前髪にある白髪がちょうどハイライト入れたみたいになっています。 ショートカットですが髪のボリュームもあるし、刈り込んでいない適度な長さのショートなので、柔らかい感じが出て女性らしいヘアスタイルですね。 サイドパートから風があたっている様に流れがついています。 無造作なのか作為的なのかは分かりませんが、キレイなフォルムです。 所々ハネていますが、これはあった方が映えるのでいいですよ。 動きがでない人はワックスで仕上げるとワンランク上の仕上がりになりますよ。 トップを長く残したグラデーションボブですが、カールがあるので華やかさが出ています。 シックな服装にアクセサリーでゴージャスなスタイルなので、クールな印象のマダムにピッタリですね。 ななめ前髪で流しているショートカット。 髪型がシンプルな分アクセサリーや服装で地味になり過ぎないようにしています。 ファッションもやはり大事ですね。 前髪長めのショートヘアです。 目にかかる長さの前髪は、年齢を重ねていくにつれてあまりおすすめではなくなっていきますが、前髪の量が少なめなことと、白髪でハイライト状になっていることで、うっとおしくない仕上がりです。 全体的にトップも長めで丸みのあるシルエットで、ショートですが女性らしさも感じられるヘアスタイルです。 パーマがかかっているショートヘア。 前髪上げてスッキリしていますね。 白髪染めをしている場合だと、前髪上げれば伸びてきた白髪が見えてしまいますが、こういったグレイヘアは前髪上げても全然気になりませんね。 サイド短めのクールなショートヘアです。 バリカンではなくハサミでソフトに刈り上げて、七三分けから横に流しています。 このヘアスタイルだったらワックスなし、セットなしでも大丈夫ですね。 ショートカットにパーマで流れをつけて、かっちりとセットしている七三分けとオールバックがミックスされたヘアスタイルです。 少しお固い感もありますが、きっちりした感じが好きな人はいいですね 切りっぱなしでワックスなしセットなしでも良いベリーショート。 前髪が短くて厚めにしてあるので、クールというよりも可愛らしいイメージのショートです。 ハネさして動きを作っているショート。 ブロー後にワックスつけてもこういった仕上がりにできますが、ゆるいパーマかピンパーマをかけるとセットが楽になります。 グレイヘアは動きが出る方が映えますね。 トップをポンパドール風にセットしてピンピンハネるカールが特徴のショートレイヤー。 上手にセットしてるので、一見ラフなスタイルですが、バランスがキレイです。 ピンパーマかゆるいパーマをかけるとセットしやすいですね。 くせ毛の人はベリーショートだとこういったスタリングできると思います。 くせ毛をいかしたヘアおすすめです。 前髪長め、アシンメトリー、トップ短めで動きを出す、サイドとえり足は刈り上げでスッキリ、シルバーアッシュのヘアカラーといろいろ手の込んだヘアスタイルですね。 個人的にはこういったメリハリ効いたショートは好きです。 ヘアスタイルの完成度が高いので案外誰にでも似合う髪型ですよ。 (ぽっちゃり丸顔さん以外) 絶妙なバランスのショートカット。 トップを七三ぐらいから分けてボリュームを出す、前髪の量と透け感、長過ぎず短すぎない丸みのあるシルエット、などとても高得点のヘアスタイルです。 見た目はごくごく普通のショートカットですが、全体的なバランスが素晴らしい。 ななめに前髪を下ろしたショートボブ。 パーマなしで動きはあまり感じられませんが、ななめ前髪にして片方を耳にかけているので、顔周りがスッキリとして見えます。 年齢を重ねていくにつれて皆さん「顔を出したくない」とおっしゃいますが、逆に出した方が好印象になる場合がほとんどです。 思い切って顔出しましょうね^^ ヘレン・ミレンさん。 長めのグラデーションボブですが、髪を両耳にかけて、顔を出すことでスッキリとした印象です。 耳が見えるのでイヤリングを付けると華やかになりますね。 上のヘアスタイルとほとんど同じ様に見えますが、トップからレイヤーが入っているショートカットですね。 六四分けにして前髪が目にかからないようにしているので、明るくて爽やかな仕上がりになっています。 髪質が硬めで多そうです。 ツンツン感のあるスパイキーなベリーショートカット。 白髪が透き通ってキレイな色ですね。 黄ばみを取るぐらいのカラーリングしてるのかな?黄ばんだ白髪はキレイに見えないので、ひと手間入れる工夫が必要です。 それで洗うだけでケアできるので、特別大変なわけじゃありません。 前髪をアシンメトリーにしているショートカットです。 これはカラーリングでグレイヘアにしてますね。 ホワイトブリーチかな?髪の毛相当痛みますが、キレイに脱色されています。 アシンメトリーを取り入れるとおしゃれに見えるので、グレイヘアにもおすすめです。 左側のサイドとえり足を刈り上げたアシンメトリー・ショートヘア。 グレイヘアするならこれぐらいメリハリつけてもいいですね。 サイドと後ろを刈り上げて、急角度のアシンメトリーを前髪に入れてます。 後頭部に丸みが出るようにカットされてますので、フォルムもキレイです。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 毛先はハネないように内巻きにブローしてくださいね。 ボブですがレイヤーを入れて毛先を軽くしています。 そこにパーマをかけて、ゆるい大きなウェーブが出るようにしています。 顔周りのカールが外に流れるようになっていて、顔を隠していないので、カットのニュアンスと相まって軽やかなヘアスタイルです。 顔まわりの白髪がアクセントになっていますね。 本物の白髪ではなくて、ブリーチで脱色しています。 大きなウェーブが特徴的ですが、大きくてハッキリと出ているカールですので、アイロンで仕上げていそうですね。 トップのボリュームとサイドのカールのバランスがキレイです。 根元には黒髪がありますが、それがあることで逆に、ヘアスタイルに奥行きが出て立体感を感じるようになっています。 いわゆる前下りボブです。 えり足が生え際ギリギリの首筋をスッキリとし見える髪型ですね。 サイドの長さも短く全体的にコンパクトにまとまっていますが、グレイヘアには軽くてアクティブな印象に仕上がるのでいいのではないでしょうか。 キャリアウーマンに似合いそう。 レトロなボブですが、カールをつけてサイドを横に流していることで華やかさがあります。 カールアイロンで巻いてもいいですし、ゆるいパーマをかけても同じようなヘアスタイルに仕上げることができます。 40代~80代ぐらいまで、おちついた雰囲気のあるマダムにピッタリな髪型ですね。 こちらもマダムに似合いそうなボブです。 先程の髪型よりも短いグラデーションボブ。 こちらはパーマを強めにかけて、ブローしながら仕上げていく感じです。 動きがしっかりと入っていますので、華やかさがありますね。 ひし形シルエットのフォルムがキレイです。 上と似たようなボブですが、こちらは柔らかい感じがしますよね。 ゆるいパーマをかけて、カールを伸ばすように乾かすことで、こういったふんわり感が出ます。 セットの仕方一つでイメージが変わる良い例です。 さらさらストレートの内巻きボブです。 基本まっすぐ乾かすだけでOKですが、最後に少しだけ毛先が内巻きになるようにすると、柔らかい感じの印象に仕上げることができます。 真っ直ぐな直毛ストレートだと、堅いクールなイメージが強くなるので、内巻きを足してあげるといいですね。 片耳にかけているので、顔周りがスッキリと見えることもポイントです。 日本人女性にも時々見かける髪型です。 短めのボブに根元から強めのパーマをかけています。 こういったヘアスタイルはセットがムース1本でよくて楽なのと、薄毛をカバーできるので、年配層に好まれる髪型です。 40代50代といった働き盛りの女性がしても、アクティブなキャリアウーマン的イメージに仕上がるのでいいですよ。 長めのロングボブ(ロブ)です。 黒髪部分が多く重い印象のボブですが、毛先にカールがあるのでキツさが柔らいでいます。 また前髪の白髪がハイライトを入れたようなアクセントになっていてちょうどいいですね。 内巻きカールはブローかアイロンで十分ですが、面倒な人はゆるいパーマでもOK。 ミディアムのレイヤー少なめヘアスタイルです。 白髪が伸びかけのグレイヘア。 両方の耳にかけて明るい印象です。 何もしないと地味に見えてしまうグレイヘアも服装やファッションを合わせることで華やかに見えますね。 スパイラルパーマで作ったボブです。 根元から強めのカールを全体に入れてます。 ムースを握り込むようにつけると形をウェットの状態に戻すことができます。 スタリングが楽な髪型ですね。 カール少なめのヘアスタイルです。 カールがあるのとないのじゃイメージがまた違いますね。 くせ毛の人はこういった感じにすることができますし、ゆるいパーマをあてても同じ髪型にできます。 ナチュラルな感じでうねりがあるのがいいですね。 少し昔な感じもありますが、トップ短めのウルフカットです。 ミディアムレングスは重くなりやすいですが、トップからレイヤーをたくさん入れてるので動きがあるヘアスタイルです。 トップのボリュームが気になる人、ボリュームが欲しい人にピッタリの髪型です。 ゆるいパーマをかけて流れがついています。 これもレイヤーを多めに入れて動きを出しているヘアスタイルです。 まっすぐだと重い&味気ないので、パーマして動きをつけるほうがいいですね。 ブローはざっくり乾かす感じに、ラフに仕上げます。 セミロング&ロングヘア 自然なくせ毛っぽいのナチュラル・セミロング。 ゆるいウェーブがあって所々に隙間があるので、セミロングでも軽く見えるヘアスタイルです。 ロングヘアにスパイラルパーマ。 根元からしっかりとウェーブがかかっています。 全部白髪なのと、顔周りを隠していないので、これぐらいのロングでもスッキリとして見えます。 色も黄ばんでいない透き通るようなキレイなグレイヘアですね。 こちらは黒髪ベースに白髪交じりのグレイヘア。 これでウェーブがないと重たく暗いイメージになってると思いますが、ウェーブをつけて、顔と首筋も出してカバーしています。 上の髪型と同じスパイラルパーマをしていますが、もっと大きくゆるい感じになっていますね。 全体的に大きなパーマがかかっているロングヘア。 レイヤーは多めに入っているのと、毛先をすいて軽くしてあるので、全体的に動きが感じられるヘアスタイルです。 グレイヘアはヘアカラーをしなくても良いので、その分、3ヶ月~4ヶ月に一回ぐらいはパーマをしてカールが出るようにする方が、華やかに見えるのでいいですよ。 こちらはストレート・セミロングヘア。 外人さんに多い猫毛・細毛の髪質じゃないでしょうか。 ストレートでも軽く見えますね。 毛先だけはワンカール入っている所が何気にポイントです。 直毛だとまた違った印象に見えますが、おすすめはカール付ける方です。 さらさらストレート・ロングです。 こちらはフェイク・グレイヘアです。 ホワイトブリーチしてから、黄色を消すパープル色のカラーリングしていますね。 動きがないスタイルですが、毛先が軽い感じなのと、均一に脱色されたグレーがキレイな仕上がりです。 ロングヘアをポンパドール風にしてハーフアップでまとめて、前髪を少しサイドに流して、ワンポイント作っています。 カールはくせ毛かパーマか分かりにくいですね。 くせ毛かな?パーマだとしたらかなり自然な仕上がりです。 (笑) メガネがあることでカジュアルな印象に見えます。 こちらはくせ毛じゃなくてパーマをあてたロングヘアですね。 白髪交じりではなくて完全に白髪になっているので、ロングでも重たく感じないですね。 【くせ毛&グレイヘア】に似合う髪型 くせ毛で毛先がクルンクルンとなる場合に選びたいのがこういった髪型。 ワックスつけて動きを出すようにすると、ピンパーマをあてたように見えるのでおすすめです。 重く見えやすいくせ毛の人は、短い前髪にするとスッキリとした印象でくせ毛との相性はバッチリですね。 30代でも80代でも幅広く似合うし、白髪交じりや完全に白髪のグレイヘアでもこの髪型はピッタリですよ。 くせ毛で膨らみやすい人におすすめなのが、最近流行りの女性のツーブロック。 サイドや後ろを刈り上げているのでスッキリと見せることができますし、グレイヘアにも清潔感とかっこよさ&モード感が加わっておしゃれに仕上がります。 セットなしでもおしゃれに見えるので、髪に構わない人ほどいいかも知れませんね。 レイヤーを入れたショートカットで毛先を軽くしておいて、大きめで強めのスパイラルパーマをかけてもいいですね。 グレイヘアの場合だとこういった動きのあるヘアスタイルの方が見栄えがするのでおすすめです。 ポイントはソフトなムースを使って、しっかりとカールを出すことがミソです。 カール感が出ないとボサボサ・バサバサに見えてしまうので逆効果です。 上と同じく大きめ強めのスパイラルパーマですが、上はショートレイヤーのカットに対して、こちらはボブベースのカットです。 こちらの方が少し丸いフォルムに仕上がっていますね。 くせ毛で広がりやすい人もしっかりカールを出すことでボリュームを調節することができます。 くせ毛の人でもこういった強めのカールならできるので挑戦してみるのもいいと思いますよ。 グレイヘアや薄毛との相性もバッチリです。 この髪型はパーマをブローしていますが、ゆるい大きめのくせ毛の人だったら同じような感じに仕上げることができます。 バランスのとれた髪型なので、30代ぐらいの若いグレイヘアの人から80代ぐらいの完全に白髪になってしまった人まで、幅広く似合うヘアスタイルです。 白髪交じりでも似合うグレイヘア向け【パーマ】ヘアスタイル ベリーショートの髪型です。 これはワックスで動きを出している感じですが、この髪型にピンパーマをかけると、同じようなセットが楽にできます。 その場合はワックスなしでも大丈夫です。 カールがあって華やかです。 トップ・サイドのバランスがいいですね。 もう80代ぐらいでしょうか、可愛らしいおばあちゃんですね。 短めのボブにトップを軽く動きをつけやすいようにレイヤー入れています。 ショートのレイヤーボブ。 パーマでカールをつけて、あまりセットしすぎないようにラフに仕上げています。 前髪に隙間を作って顔出しているところも明るく見えるポイントです。 キュートなイメージがいいですね。 一昔前のアメリカの中西部の田舎にいるおばあちゃん的な感じ。 (よく知らないけど 笑) 髪のボリュームと動きのあるカールで、華やかなヘアスタイルです。 カールが全体的に流れるように整ってセットされているので、少しお堅いイメージもあります。 もう少し崩してセットすると今っぽくなりますよ。 レイヤーボブに根元から全体的にカールを入れているパーマヘアです。 街中でソバージュ的なパーマをかけているおばあちゃんを時々見かけますが、小さめ強めにあてたパーマよりも、こういった大き目カールの方が華やかさも演出できます。 同じ強めのパーマをかけるなら、大きめカールがおすすめです。 カールの動きとフォルムがキレイですね。 トップ短めのウルフっぽいミディアムレイヤー。 しっかり目にあてたパーマをブローで伸ばしながら乾かすと、こういったヘアスタイルを作ることができます。 手で引っ張りながら乾かすだけなので、セットが楽です。 動きとボリュームも出せるので、毛量が減りつつある人にもおすすめです。 全体が白髪だと軽い感じで、これぐらいの長さでも重たく見えませんね。 ロブ(ロングボブ)に中間~毛先のパーマをかけているヘアスタイルです。 モデルさんはまだまだ毛量が多そうですが、カールをしっかり出すことで、重たくなりすぎない仕上がりです。 片耳に髪をかけて、顔をもう少し出すともっと軽く見えていいですね。 明るい印象にもなりますよ。 ミディアムレイヤーに大きなカールをつけて、顔まわりもスッキリと見せて、大きなピアスで華やかさをプラス。 ファッションも相まってハイセンスな仕上がりですね。 毛先にゆるい大き目のパーマをかけたロングヘア。 グリーンがアクセントカラーになっていて、落ち着いた感じのマダム的印象です。 グレイヘアにはワンポイント アクセントになるようなカラーを取り入れるとグッとおしゃれ度が増しますね。 薄毛でボリュームが出ない人はこういったピンパーマかゆるいパーマを全体にかけて、くせ毛風に仕上げてもいいですね。 前髪が薄くなる場合も思い切って短くしてしまえば、逆に魅力的なポイントになります。 普段のスタイリングも楽ですよ。 白髪交じりのグレイヘアにも似合いますが、どちらかというとほとんど白髪になってしまった人の方が見栄えがしそうですね。 滝川クリステルさんのショートカットです。 薄い前髪の人でもアシンメトリーなら作りやすいですし、トップもレイヤー入れて動きを出しやすい長さですので、薄毛の人でも似合う髪型です。 白髪交じりでも完全に白髪でも、どの時期の人でもキレイに見える髪型です。 ボブベースに根本からの大きめスパイラルパーマをかけたヘアスタイルです。 これぐらいの大きめカールだとソバージュっぽさが消えて今っぽくなりますね。 薄毛の方にはこういったボリュームが出しやすいパーマが弱点カバーできていいですね。 またセンターではなく七三分けぐらいにする方が、トップのボリュームがさらに出せるのでいいですよ。 前髪とトップを短くしたグラデーションボブにゆるいパーマをかけています。 前髪やトップの薄毛が気になる人もカールや髪の長さでカバーできる髪型です。 全体的にふんわりと仕上がるのでぺたんとボリュームが出ない人にもピッタリですね。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 片耳かけて、アシンメトリー風の仕上がりがアクセントあっていいですね。 短いレイヤーを全体に入れたショートカット。 上から下まで、ほとんど同じ長さのレイヤーを入れてます。 真っ直ぐにブローしてしまわずに、ざっくりと乾かしてから、ハネさして動きを出すことがポイントです。 ヘレン・ミレンさん。 上の方でも度々紹介しました。 外人さんには珍しく、前髪下ろしたヘアスタイル。 全体的に軽い感じでふんわりとセットしやすいですね。 シルエットのバランスがキレイです。 重たく仕上げたボブに、毛先だけカールを入れたヘアスタイル。 シックで落ち着いた感じに仕上がります。 髪が顔にかからないようにセットすることがポイントです。 服装がシンプルでもヘアスタイルがグラマラスなので、バランスが取れています。 ミディアムレイヤーに強めのパーマをかけたヘアスタイルです。 外人さんはこういった重めのスタイル好きですね。 まだ完全に白髪になりきっていないので、若干重くボリュームが出過ぎている感もありますね。 同じ髪型でもあと5cmも伸びたら、横広がりを感じにくくなって、また違った印象に仕上がると思いますよ。 グレイヘアの有名人として再注目を集めている近藤サトさん。 セミロングの重ためレイヤーカット。 着物を着られるみたいなのでアップをしやすいように、毛先を重たくしているのではないでしょうか。 まとめ髪をする人は、毛先を軽くし過ぎるとパラパラ落ちやすくなるし、ツヤが出にくいのでNGです。 以上がグレイヘアの髪型のご紹介になります。 今回は各カテゴリーに分けて代表的なものをピックアップしました。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 世代別の髪型( / / ) / / グレイヘアの作り方&お手入れ方法 3つのポイント グレイヘアをキレイに見せるポイントはいくつかあります。 ブラシが一周できるタイプ(ロールブラシタイプ)が使いやすくて便利です。 それより、明るくて、活発で、イキイキしてる感じを押し出す方が、エネルギーを感じていいと思います。 顔を隠さずに、カールで動きをプラス。 ファッションもあまりゴチャゴチャしすぎないように、シンプル・キレイ目な感じが清潔感が出てきますよ。 黄ばんだ感じだと、毎日ちゃんとお手入れしていないように見えてしまいます。 清潔感に乏しくなるので、そういった場合はするといいですよ。 これで時々洗髪するだけでキレイな仕上がりになります。 グレイヘアの人は1本持ってたいシャンプーです。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 薄毛になってから本格的に使用する育毛剤と違って、予防のための育毛剤なら高価なものを使用する必要はありません。 この「ザクローペリ」は続けていきやすい価格なので、毎日のケアを継続的に行うことができます。 薄毛予防には日々のケアを欠かさないことが大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 ヘアカラーの色持ちを良くする• 黄ばんだ髪を色ツヤ良く仕上げる• 黄ばんだ白髪を透明感のあるキレイな白髪にする 髪の見た目は第一印象に大きく影響します。 黄色っぽい髪だとせっかくヘアカラーしていても、良い印象に見えません。 そんな時に活躍するのが黄色を打ち消してくれる「紫シャンプー」です。 これで週1回~週2回シャンプーするだけでキレイに仕上げることができます。 いつものシャンプーをこれに替えるだけなので余計な手間も入りません。 簡単なのに第一印象を大きく変えられるシャンプー、始めてみませんか? 以上、女性のグレイヘアに関することをまとめてみました。 これらの点を意識するとグッと素敵なグレイヘアになれると思います。 すでにグレイヘアにしている人、またこれからグレイヘアにしようと思っている人の参考になれば幸いです。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の