時節の挨拶 6月。 班長必見!回覧板を作る時の季節の挨拶、すぐに使える文章教えます。

季節の挨拶6月

時節の挨拶 6月

梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしのことと思います。 梅雨空が続く毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 衣替えの季節となりました。 いかがお過ごしですか。 梅雨寒の日が続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しい毎日ですが、お変わりありませんでしょうか。 ひと雨ごとに山々の緑も濃くなってまいりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 紫陽花の花が美しく咲く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 ようやく梅雨が明け夏が感じられる季節となりましたが、お元気ですか。 吹く風も次第に夏めいてまいりました。 皆さんお元気で過ごしのことと思います。 鬱陶しい梅雨の季節が過ぎていよいよ夏本番、お元気でいらっしゃいますか。 [ad co-1] ビジネス向けならこれ!6月の時候の挨拶文例 次に、ビジネス向けに使いやすい6月の時候の挨拶の文例を紹介します。 ビジネス向けには、季節感を出しつつもやや硬めの印象がある次のような時候の挨拶を選ぶとよいですね。 梅雨の侯、貴社におかれましては益々ご繁栄のことと心よりお慶び申し上げます。 入梅のみぎり、天候に負けずますますご活躍のことと存じます。 長雨の折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 向暑のみぎり、お引き立てをいただきありがとうございます。 初夏の侯、すっかりご無沙汰しておりますがいかがお過ごしでしょうか。 蒸し暑い日が続きますが、お元気でご活躍のことと存じます。 暑さが日増しに厳しきなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 青葉若葉の季節となりました。 平素よりご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 梅雨明けが待たれる今日この頃、平素はお力添えをいただきありがとうございます。 日ごとに暑さが増す折、毎々特段のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 [ad co-2] Sponsored Links 6月の時候の挨拶の作成ポイント 6月は季節の変わり目で天候も変わりやすいため、時候の挨拶も上旬と下旬で言葉を使い分けましょう。 寒かったり暑かったり、雨が多い鬱陶しい季節だからこそ、相手に共感してもらえる挨拶文のバリエーションも増やしたいものですね。 私たちの日本語には、同じ雨でも「長雨」だったり「空梅雨」だったりと、いろんな表現の仕方があります。 その年の梅雨の傾向を取り入れるなどして、時候の挨拶では次のような工夫をしてみましょう。 6月というと梅雨のイメージがありますが、暦の季節としては夏。 なので、上旬と下旬で時候の挨拶を変えるのがオススメです。 また、長雨が続いて肌寒かったり空梅雨だったり、6月の天候は気まぐれ。 天気予報などを見てその年の梅雨の傾向をうまく取り入れると、より一層、気持ちの伝わる書き出し文になりますよ。 時候のあいさつでは、まず季節を感じる文を書き、その次に、相手の体調を気遣う言葉を続けるのが基本ルールです。 季節を感じる文は、親しい相手なら「梅雨入りが近いようですが……」と柔らかい文体の時候の挨拶でOKです。 目上の人やかしこまった相手への手紙なら、「~の折」「~の侯」「~のみぎり」といった書き出しがよいでしょう。 「みぎり」とは時節のことで、意味としては「候」と同じ。 昔は女性が使っていた言葉で、固くなり過ぎず柔らかい雰囲気の書き出しになります。 せっかく季節を感じる言葉で書き始めた手紙ですので「用件を書いて終わり」ではなく、末尾にも相手の体調を思いやる言葉を添えると全体のバランスがよくなりますよ。 紫陽花• 花菖蒲• 杜若(かきつばた)• あやめ• 釣鐘草• 梔子(くちなし)• 矢車草• グラジオラス• アイリス 6月の花は色鮮やかで大柄、心華やぐものが多いです。 定番は紫陽花や花菖蒲ですが、庭や近所の公園の草花の名前を挙げてみましょう。 また、花と同じくらい華やかに木々を彩るのが枇杷の実。 6月のご馳走でもありますね。 「我が家の枇杷の木、今年もたくさん実りました」 「店頭に枇杷が並ぶ季節になりましたね」 こんな書き出しもおすすめです。 手紙がより一層、華やかになりますよ。 [ad co-5] らっきょう・鮎・冷やし中華…食べ物の6月季語 食べ物や飲み物にも6月ならではの季語として使えるものがあります。 らっきょう• 梅干し• うなぎ• えだまめ• アスパラガス• そらまめ• あんず• さくらんぼ• 夏みかん• 冷やし中華 スーパーに並ぶ食材で季節を感じる…という人もいらっしゃるかもしれませんね。 お料理をする人、田舎暮らしを楽しんでいる人に手紙を出すなら、時候の挨拶として食材を用いるのもおすすめです。 旬のものや、暑くなり始めた頃に食べたくなるもの、滋養強壮によいものなどは6月の季語にぴったりです。 身近な食材で季節を感じる時候の挨拶、気持ちが伝わる手紙になりますね。 [ad co-1] 雨傘・半袖・衣替え~身近な話題でぱっと華やぐ書き出し文に その他にも、以下のような言葉を使った書き出しも6月らしくて良いでしょう。 衣替え• ジューンブライド• 田植え• カエル• カワセミ• ゲンゴロウ• ホタル• すだれ [ad co-2] 家の中や街中にも、6月という季節を感じる言葉がたくさんあります。 衣服や身につけるもの、街を行き交う人の服装などで季節を感じる人も多いはずです。 「衣替えの季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか」 「近所の小川でカワセミをよく見かけます。 季節の移り変わりは早いものですね」 そんな書き出しで始まる手紙、もらったら嬉しいですよね。

次の

6月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

時節の挨拶 6月

ビジネスマナー 2018. 15 2018. 29 lismile 【時候の挨拶】6月 ビジネス文例と結び!上旬・下旬の例文や挨拶文 6月は梅雨が始まる季節のため、梅雨にちなんだ時候の挨拶が多くなります。 本州の梅雨は6月10日頃から7月20日頃が平均的であるため、6月上旬と下旬では挨拶文も変化します。 ここでは6月の「時候・季節のあいさつ」を取り入れたビジネスレターの書き方を、用いる時期の説明とともに紹介します。 「時候・季節のあいさつ」は「〇〇の候」という漢語調と、語りかける口語調の2種類があるので、それぞれについて結びの言葉とともに、シーン別の例文もあわせて紹介します。 手紙の基本的な書き方や構成の仕方は以下の記事を参考にしてください。 6月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 6月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 「初夏の候」【5月下旬~6月上旬】 「初夏の候」(しょかのこう)の「初夏」とは、夏の初めの意味で、暦の上では6月上旬までとなります。 梅雨入り前の6月上旬に用いるとよいでしょう。 「入梅の候」【6月上旬~中旬】 「入梅の候」(にゅうばいのこう)とは、「梅雨の季節に入る時節」を表します。 実際の梅雨入りの時期にあわせて用います。 「梅雨の候」【6月中旬~下旬】 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は梅雨の期間に用います。 一般的には6月中旬から下旬頃に用いることが多いでしょう。 「夏至の候」【6月下旬】 「夏至の候」(げしのこう)は「夏至」の期間にあわせて使います。 毎年6月22日頃が「夏至」の日で、夏至の期間は7月7日頃の「小暑」の前日までとなります。 6月下旬の挨拶に使うのがよいでしょう。 「向暑の候」【6月全般】 「向暑の候」(こうしょのこう)とは「暑さに向かう時候」を表します。 梅雨の無い地方や梅雨らしさを感じない年などの6月全般に使えます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>も参考にしてください。 拝啓 梅雨の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 6月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 【5月下旬~6月上旬】の慣用句と結びの言葉 さわやかな初夏となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 【6月上旬~中旬】の慣用句と結びの言葉 入梅とともに梅雨空が続きますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> うっとうしい毎日が続きますが、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 【6月下旬】の慣用句と結びの言葉 木々の緑の深みも増し、夏めいてまいりましたが、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【6月全般】の慣用句と結びの言葉 雨後の緑が目に鮮やかな季節ですが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 「梅雨」に関する時候の挨拶文と結びの言葉 「梅雨」に関する事項の挨拶はこれまで紹介したものの他にもいろいろな表現があります。 「梅雨寒」は「つゆざむ」と読み、梅雨の期間中の季節はずれの寒さを表す言葉です。 「空梅雨」は「からつゆ」と読み、梅雨の期間に雨が少ないことを表します。 入梅とともに雨が続きますが• うっとうしい梅雨空の毎日ですが、• 今年は空梅雨でしょうか、夏を思わせる暑い日が続いております。 梅雨明けが待たれるこのごろですが• 底冷えのする梅雨寒の日が続いておりますが• 今日は梅雨晴れで青空が広がっています。 紫陽花の花が雨に映える季節となりました。 雨に濡れる紫陽花が美しさを増しています。 梅雨寒の日が続きます。 どうぞご自愛くださいませ。 梅雨寒の折、ご自愛のほどお祈りいたします。 梅雨は、まだしばらく続きそうです。 どうかくれぐれもご自愛下さい。 うっとうしい毎日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください。 6月のシーン別「時候の挨拶・季節の挨拶」の例文 6月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(6月) 拝啓 向暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(6月) 拝啓 木々の緑が深まる季節となりましたが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 6月は梅雨の曇天が続き、気分が晴れないことも多い月です。 そのような時こそ季節の挨拶によって、さりげなくねぎらいの気持ちを伝えたいものです。 梅雨の表現を結びの言葉に使って健康を気遣うなど、自分だけのオリジナルの表現も工夫してみてください。

次の

6月の時候の挨拶上旬中旬下旬のビジネスでも使える文例集

時節の挨拶 6月

知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 7月は、小暑・大暑と「暑中」の時期ですので、暑さに関連する定型表現が多い月です。 冷夏や梅雨明けが遅れているときは、気候にあわせて挨拶を選びましょう。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 7月には、 夏バテ、夏休み、蝉、海開き、夏祭り、朝顔市など、夏ならではの事柄がたくさんありますね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの7月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶 7月の上旬は、 梅雨明け間近で、まだお天気が不安定な時期です。 ですが、梅雨の雨や曇り空よりも、 梅雨明け後にやってくる夏を中心とした時候の挨拶を使います。 七夕や、海開き・山開きなども、7月上旬の時候の挨拶にピッタリです。 また、暦の上では 7月6日前後から「小暑」が始まります。 「小暑」と続く「大暑」を合わせた約1ヶ月は、昔から一年で最も暑い時期として「 暑中」と呼ばれてきました。 暑中見舞いというのは、小暑・大暑の時期に出す夏のご機嫌伺いですね。 そんな7月上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暦の上では暑中に入り• 長かった梅雨も明け• 梅雨明けの暑さはひとしお 親しい人への時候の挨拶• 長い梅雨がようやく明け• 夏本番を迎え• 本格的な夏を目前に• 七夕、 ビアガーデンなど では、7月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月上旬の時候の挨拶の例文• 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。 色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる頃になりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き抜け、本格的な夏がやってまいりました。 梅雨明けを待たずに暑さが本格的になってい参りました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 本格的な夏を目前に、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。 お変わりございませんか。 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 七夕の短冊に願い事をしたことがついこないだのように思い出されます。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七夕飾りに、子供たちの願い事を書いた短冊が揺れております。 その後お変わりございませんでしょうか。 梅雨明けと同時の猛暑に早くも少々夏バテ気味です。 ご家族の皆様はお元気でしょうか。 長い梅雨が明けたらと思ったら、早速毎日暑いですね。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でいらっしゃいますか。 いよいよ梅雨も明け、木立の緑が色濃く感じられるこの頃です。 その後、お変わりございませんか。 7月中旬の時候の挨拶 7月の中旬は、各地で梅雨が明けて、夏の暑さが一気に押し寄せる時期ですね。 暑さに体がまだ慣れていないため、体調管理が難しく、いきなり夏バテという人も多くいらっしゃいます。 7月中旬の手紙では、 暑さに対して体調を気遣う挨拶が定番です。 近年の暑さは本当に厳しく、冷夏ということは少なくなりましたが、梅雨明けが遅れるということはあります。 実際の季節感を表現する挨拶を使う時は、その年の気候にあわせて選んでくださいね。 改まった時候の挨拶• 真夏の候、折、みぎり• 酷暑の候、折、みぎり• 猛暑の候、折、みぎり• 驟雨の候、折、みぎり• 夕立の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暑さ厳しい日々• 連日の猛暑• 酷暑の折がら 親しい人への時候の挨拶• 海や山が恋しい季節• うだるような暑さ• もうすぐ夏休み• 蝉時雨、 風鈴など では、7月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月中旬の時候の挨拶の例文• 酷暑の折がら、久しぶりの雨に花壇の花も生き返ったかのようです。 皆様お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。 夏に入ったとはいえ、ここ数日の暑さは格別です。 ご家族の皆様もお元気と承り何よりと存じます。 時折の驟雨が酷暑の日々に、一時の涼をもたらす昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 蝉の声に暑さを覚える今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 土用の入りとなり日ごとに暑さが増してきましたが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 連日の猛暑しのぎがたい昨今、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃です。 今年も朝顔市の季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 海や山が恋しい季節となりました。 お変わりございませんか。 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。 お元気でいらっしゃいますか。 蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 蝉の声に暑さもひとしおの今日この頃でございますが、いかがお過ごしでしょうか。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 もうすぐ夏休み、子どもの昼ごはんのしたくがたいへんな時期に入りますね。 お元気ですか。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に、日本の夏を感じるこの頃です。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 ほおずき市に参りましたところ、たいへんな人出でにぎわっておりました。 いかがお過ごしでしょうか。 外は猛暑、中は冷房と体にこたえる時期です。 皆様お変わりございませんか。 草木も萎れてしまいそうな炎暑が続いております。 ご一同様にはお変わりございませんでしょうか。 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑の本日、まさに暑さも絶頂を迎えたような一日でした。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 寝苦しい熱帯夜が続いております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 エアコンなしでは過ごせない昨今ですが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 花火が夜空を彩る季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 垣根の朝顔も咲き始め、いよいよ夏本番。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 連日の炎暑でございます。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 暑さ本番、生ビールが美味しい季節がやってきましたね。 ご家族の皆様もその後お元気ですか。 ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。 お変わりございませんか。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 真っ白な入道雲と青空のコントラストが美しい季節になりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 お元気ですか。 上旬は、 梅雨明け間近という気候。 暦の上では 小暑を迎え、 一年で最も暑い時期とされる「暑中」に入ります。 各地で海開きや山開きも相次ぎます• 中旬は、 梅雨明けの頃。 体がまだ暑さに慣れていないため体調管理が難しい時期です。 お相手の健康を気遣う挨拶が定番です。 暑さの最盛期とされる大暑を迎える 下旬、厳しい暑さが続きます。 これらの季節感を表す 7月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 7月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり.

次の