スウェーデン 環境 少女。 国連で演説の環境少女グレタさんに世界中から非難の声「環境ヒステリー」「両親に洗脳された精神障害」

【環境少女グレタさんが国連で演説】「気候正義」は正義なのか? (1/2)

スウェーデン 環境 少女

Image copyright AFP Image caption ステージに登壇したグレタ・トゥーンバリさんは熱烈な歓迎を受けた 15日から始まった「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」と名付けられた抗議運動は、21日に7日目を迎えた。 抗議運動の中心組織は、議員が国会に入るのを阻止するなどの「1週間におよぶ活動」を計画していると述べている。 21日19時の時点で、逮捕者は963人に上った。 ロンドン警視庁によると、19歳から77歳の40人が「高速道路の妨害や、警察への妨害行為による1986年の第14条公共秩序法違反を含む様々な罪」で訴追された。 「絶滅への反逆」は、ウェストミンスターのオールドパレスヤードでの抗議運動の継続と、他の場所からの撤収について、ロンドンのサディク・カーン市長およびロンドン警視庁との交渉を望んでいる。 22日午後には、今週の抗議運動の方針について決定するため、マーブルアーチで「民衆議会」を開催する予定だという。 Image copyright PA Image caption 管轄の異なる数百もの警察官がロンドン警視庁の応援のために動員されている 「絶滅への反逆」のメンバーのファーハナ・ヤミン氏によると、抗議グループは「政治的目的」を達成するために抗議の「一時停止」と「反逆の新たな段階」を開始することを申し出たという。 ヤミン氏は、この動きはグループが「侮れない組織化された長期的な政治勢力」であることを示すだろうと述べた。 ところが「絶滅への反逆」の別のメンバー、ラーチ・マクシー氏はBBCに対し、「我々の抗議運動において一時停止は絶対にありえない」と述べた。 「我々は23日、最大級の経済的混乱を引き起こすためにロンドン市内の戦略上の要衝を押さえると同時に、議員が議会に入れないようにする」 もし議員が国会に入ることができたらどうするかと問われると、マクシー氏は「たとえ成功しなくても、我々が妨害することで議員は政治活動から切り離され、何が最大の問題なのかに専念する時間ができる」と付け加えた。 Image copyright AFP Image caption ウォータールー・ブリッジに居座っていた活動家が持ち込んだ木材を撤去する警察 警察は抗議運動をマーブルアーチ周辺に限定しようとしたものの、活動家は逮捕するとの勧告を無視して中心部で道路の封鎖を続けた。 繁華街のオックスフォード・サーカスや国会議事堂前のパーラメント・スクエア周辺からは活動家が排除され、通行止めは解除された。 21日午後には、ウォータールー・ブリッジに居座っていた活動家が持ち込んだ料理用テントなどが警察によって撤去された。 一部の活動家は持ち込んだ木々や植物を自ら運び出し、同日22時頃には警察が最後の1人を排除した。 抗議運動に対処するため、ロンドン市警のほか、ケントやサセックス、エセックス、ハンプシャーやグレート・マンチェスターなどの警察官が応援に入っている。 ロンドンのカーン市長は「9000人以上の警察官」がこの抗議運動に対処しており、暴力的な犯罪などへの取り組みへの影響を「非常に懸念している」と述べた。 ところが、気候の抗議運動の世界では一種の有名人であるトゥーンベリさんから話を聞くチャンスとあって、その数は数千人にまで膨れ上がった。 パーラメント・スクエアからも人が流れ込み、スローガンを掲げた。 トゥーンベリさんの2日間におよぶロンドンへの鉄道の旅は、ソーシャルメディア上で熱烈にフォローされていた。 ステージに到着した際には大きな歓声が上がった。 演説は短く、愛らしいものだった。 しかしそのメッセージはまさに群集が聞きたかったもの、そのものだった。 「続けましょう。 事態を進めているのはあなたたちです」.

次の

16歳の環境保護少女をもてはやす「大人たちへの違和感」 グレタさん言動に賛否…「大人にいいように操られている」との声も (1/2ページ)

スウェーデン 環境 少女

未開社会の特徴:未開人は少女や障害者や子供、外国人をすぐに崇拝する。 そして、未開人は彼らの発言を無批判に受け入れようとする。 西側社会は子供を過剰に重視する。 例えば、シリア難民の受け入れも死んだ子供が関係した。 この種の子供崇拝や少女崇拝、そして障害者崇拝は未開的社会の証である。 インド人の一部が障害まみれの子供を神や神からの贈り物として崇拝すると仮定する。 そのとき、多くの人間は彼らは土人であると審判する。 これは日本人による障害者崇拝(乙武やALS患者の議員:船後)にも応用される。 障害者に必要なのは治療や社会支援であり、彼らを崇拝して政治家にして祭り上げることでない。 同様に、グレタ・トゥーンベリに必要なのは政治的道具として扱われることでない。 障害者を崇拝して議員にしても、障害まみれの少女を崇拝して環境問題を演説させても、問題は解決されないし、障害も治らないし、社会制度も設計されない。 東洋における倫理と道徳:東洋人にとって、倫理や道徳は不要である。 礼>倫理、道徳 西側の白人はキリスト教が与える道徳や倫理で動く。 その結果、グレタ・トゥーンベリのような少女が効果的な政治的道具として悪用されてきた。 白人は子供や少女や弱者を好み、彼らを崇拝するので、グレタ・トゥーンベリのような存在が生成される。 現代における倫理や道徳は他人を悪用するために使用されているので、倫理や道徳それ自体が不要であるように思える。 もし西洋人が少女崇拝や子供崇拝や障害者崇拝をやめるならば、グレタ・トゥーンベリのような存在は国連で演説できなかっただろう。 倫理や道徳が彼女のような存在を形成したと言える。 3:礼節の重要性 東洋人のあり方:東洋人は道徳や倫理でなく礼節で動け 無宗教の東洋人の大部分はグレタ・トゥーンベリを嫌う。 なぜなら、彼女も背後の大人も道徳や倫理や他人の善意を悪用した無礼な人間である。 東洋人は道徳観や礼節で動かないので、彼らはグレタ・トゥーンベリを非常に嫌う。 西洋は礼の文明でなく、罪の文明であるので、彼らは非常に無礼である。 他人の善意や道徳や倫理を悪用することは「非礼」や「無礼」であるが、彼らはそれを認識できない。 その結果、グレタ・トゥーンベリが生まれてくる。 東洋人は道徳や倫理でなく礼で動くので、海岸に打ち捨てられた子供を助けようとしない。 そのとき、西側の白人はイキって、「子供を見捨てるのか!!!ひどいっ!!」と侮辱してくるが、その行為それ自体が 「非礼」で「無礼」である。 他者を助けないことは他者に対する無礼でないが、西洋は罪と罰の文明であり、礼と罰の文明でないので、西洋は東洋人の思考を認識できない。

次の

スウェーデンの10代少女、英温暖化抗議は「変化をもたらす」 抗議活動続く

スウェーデン 環境 少女

【ロンドン=板東和正】学校を休んで地球温暖化対策を訴えてきたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)とロシアのプーチン大統領の応酬が話題になっている。 グレタさんは今月11日に発表されるノーベル平和賞の候補として、英メディアに紹介されている。 ロイター通信などによると、プーチン氏は2日にモスクワで開催されたエネルギーフォーラムに出席した際、「がっかりされるかもしれないが、グレタさんの発言に感動する人たちに共感はしない」と話した。 「誰も彼女に世界の複雑さや多様性を教えなかったのだろう」と指摘し、「途上国に太陽光発電を強要するとコストの問題はどうなるのか」などと訴えた。 その上で、グレタさんを「優しくて誠実な女の子だが、情報に乏しい」と批判した。 それに対し、グレタさんはすぐさま反応。 自身のツイッターのプロフィルに「優しいが情報に乏しいティーンエージャー」と表記し、プーチン氏の発言を揶揄(やゆ)した。 欧米メディアは、グレタさんの行動について「プーチン氏にやり返した」「まねをしてからかった」などと報じている。 グレタさんは2日、ツイッターで「(気候変動の影響は)現在の最善で、利用可能な科学によって証明されている」と持論を述べた。 グレタさんは9月23日、米ニューヨークの国連本部で開かれた各国の首脳らが集う「気候行動サミット」の開会式で演説した。 温暖化対策に後ろ向きだとの批判もあるトランプ米大統領がサミットの会場に姿を見せた際、グレタさんがトランプ氏をにらむような表情を見せた姿を捉えた映像が話題になっていた。

次の