宅建 通信講座 評判。 宅建の通信講座!オンスクの口コミや評判・評価まとめ!【令和2年(2020年)版】|宅建の通信講座 ~コスパ最強のおすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング

宅建試験の通信講座(初学者向け)

宅建 通信講座 評判

フォーサイトを受講して合格した方 サイドバー「合格者の声・合格体験記」へ 宅建の通信講座について。 今年の宅建を受験しようと考えております。 6月から10月の試験に向けて、時間はたっぷり確保できます。 そこで質問なのですが、おすすめの通信講座はありますか? どれも同じようなものですので、貴方がわかりやすいと思う講座を 選べば良いでしょう。 私は日建学院の短期集中コースに通学して1発で取りました。 グループ学習って制度があり、法学部出身者が居たので、けっこう役に立ちました。 DVDで聞いた事はすぐに忘れますが、仲間に言われた事ってけっこう記憶に残るんですよね。 Lecの水野先生がオススメです。 おもしろいので自然と頭に残ります。 しかし、相性がありますので、 ユーチューブなどで一度確認なさってください。 ユーキャンの宅建の通信講座を申し込むか迷っているのですが、市販でユーキャンの過去&予想問題集という本で今は勉強しています。 やはり通信講座と市販のテキストではだいぶ違うんですかね? ユーキャンの学習をして昨年合格致しましたが 市販との決定的な違いは、やはり教材もしかり、不明な点を 質問できたり、今年の法改正や判例の詳細をポイントで 資料をくれたり、また音声(車でもきける)解説など、自身に あった学習方法で能率良く勉強できます。 ユーキャンで宅建狙ってみようかなっと思ってるんですが合格ラインは、可能でしょうか? 可能です!私は、昨年10月の宅建試験に一発合格しました、ユーキャンで。 全く知識のない私でもわかりやすいテキストでした。 宅建に関してまったくの素人です 年齢も40半ばです。 使用して良かった参考書・通信講座・勉強方法と思い当たることなんでもお願いします。 どうしても取りたいということであれば、宅建などの資格の予備校に 通うことが一番だと思います。 予備校は試験に関するノウハウも持ってますし、法律関係で試験に出ない 無駄なところも知っているため、効率的に勉強ができます。 今年の秋に宅建の資格に挑戦しようと思っており、ネットで色々と学校のサイトを見たりしているのですが、TAC、LECなど色々な学校や講座があり大変迷っています。 フォーサイトの通信講座いいですよ。 DVD講義は飽きなくて、わかりやすくて、勉強進みます。 フォローも良くて、合格するまで何度でも受けられる永久サポートオプションなんてものもあります。 大原資格学院、日建学院など、色々専門学校がありますが、お勧め(高合格率、カリキュラム等)がありましたらお教えください。 合格率についてはほとんどのスクールで公表していないと思いますが、最終的には自分に合った学習カリキュラムであるか、予算は適正か、講師を信じてついていけそうか、教室の雰囲気はどうかの4点を実際に確認されることをお勧めします。 無料で体験入学をして、必要であれば講師に質問してみると良いでしょう。 宅宅建取引主任者の受験をしたいのですが、仕事の休みが不定期なので講座に通う事が出来ないので通信講座を考えていますが、それぞれの教材の金額の差があり 迷っています。 高い方が良い教材なのでしょうか? 立ち読みをした中でご自身が一番わかりやす いと思った著者が指導している機関の通信教育を利用してはどうでしょうか。 講座にしても、短期、休日のみ、というのもあります。 絶対に合格する、という意気込みがあるのでしたら、休日をつぶしてでも受講されることをお奨めします。

次の

宅建通信講座の口コミ、評判をまとめてみた|ユーキャン、TAC、LEC、フォーサイトの口コミ、評判

宅建 通信講座 評判

Contents• ユーキャン宅建講座の3つの特徴 大手資格スクールとしての実績! ユーキャン宅建講座は開講して 30年以上の歴史があります。 また平成30年度の合格者数は 1309人となっており、毎年多くの合格者を輩出してるという実績もあります。 大手資格スクールならではの安心感がありますね。 また、 合格者のほとんどは働いている社会人であることも特徴です。 ユーキャン宅建講座が少ない時間で効率的な学習が可能であることを証明しています。 【ユーキャン公式ページ参照】 講師20名による学習サポート ユーキャンの講師20名体制で質の高い学習サポートを行います。 宅建講座には全7回の添削課題(最後の一回は模試)がついており、課題に対して講師のアドバイスを受けることができます。 【ユーキャン公式ページ参照】 こんな感じですね。 学習の進捗管理、モチベーションアップにつながると受講生の評判は高いです。 オンラインシステムを利用したスキマ学習 ユーキャンのオンラインシステムを利用すれば、 基本テキスト3冊と 過去問題集3冊、 計6冊分のテキストをスマホやPC上で利用することができます。 宅建の学習方法で一番重要なのは、過去問題を繰り返し解くことです。 ユーキャンのオンラインシステムを使えばスキマ時間に過去問演習が行えるためかなりのメリットですね。 社会人が合格者に多いのもうなずけます。 ユーキャン宅建講座、受講料から見る評判 ユーキャン宅建講座の受講料 コース名 受講料 コンテンツ内容 ユーキャン宅建講座 63,000円 基本テキスト3冊、過去問題集3冊、ガイドブック、民法入門ブック、添削課題7回、その他 ユーキャン宅建講座には、講義動画や会場模試はついていないことには注意が必要です。 しかしながら、ほとんどの資格予備校は講義動画がありますが、ユーキャン宅建講座には講義動画はないこと、また会場模試もついていないことを踏まえると、受講料は少し割高かなと考えます。 ただ、添削課題による講師の学習サポートがあるため、そこまで気にすることではないかなと思います。 ユーキャン宅建講座、テキストの評判 ユーキャン宅建講座、テキストのいい点 ユーキャン宅建講座のテキストの特徴は、重要分野に絞った、効率重視のテキストになっていることです。 宅建試験の学習で一番重要なことは過去問演習の量をこなすことです。 ユーキャンテキストの要点を抑えたテキストは、最短でインプット作業を終えることができます。 そのため、過去問演習のアウトプットを重視した学習が可能です。 また、他の予備校のテキストは、講義動画と合わせることで100%になりテキストとなっていますが、ユーキャンのテキストは単体で100%完成されたテキストとなっています。 【ユーキャン公式ページ参照】 テキストの内容は図解が多く初学者でもわかりやすい内容です。 過去問題集の解説も分かりやすく詳細に記載してあるので安心してください。 副教材に、民法に関する会話形式のテキストがついています。 民法を苦手とする初学者は非常に多いので、会話形式のこのテキストはストレスなく読めることで、口コミ調査でも評判が良かったです。 ユーキャン宅建講座、テキストのイマイチな点 ユーキャン宅建講座は、効率重視のテキストのため、詳細な記述のあるテキストではありません。 難易度の高い応用問題などが出題された場合対応できない可能性があります。 また、テキストは2色刷りで、フォーサイトやアガルートのようなフルカラーテキストと比較すると、味気なく感じるかも知れません。 大手資格予備校としての安心感は高いですね。 ユーキャン宅建講座、イマイチな評判と口コミ.

次の

宅建通信講座を合格者がおすすめ!【比較ランキング・目的別・学習スタイル別】

宅建 通信講座 評判

資格スクエアの宅建講座の特徴 資格スクエアの宅建講座の特徴を箇条書きで整理すると以下のようになります。 講座費用は高い• 使いやすさにこだわった学習機能• 法律のプロによるオリジナルレジュメ• AIによる予想問題は数々の賞を受賞• 業界トップの合格率• 質問対応は実施していない 資格スクエアの特徴を端的に言い表すと、 「テクノロジーの力を最大限に活用した最先端の講座」となります。 利便性を追求したWEB学習機能やAIを使った出題予測など、他社よりも一歩進んだ技術で業界を牽引しています。 また使用する教材も、 勉強のプロである東大卒弁護士の鬼頭氏がプロデュースしており、難易度の高い民法分野も習得しやすくなっています。 このように優れた側面が多い魅力的な通信講座ですが、一方で講座費用が高かったり、質問対応を実施していないなど他社と比べて惜しい点もいくつか存在します。 資格スクエア宅建講座の価格は高め 資格スクエアの宅建講座の費用は 77,000円となっています。 受講料が100,000円以上かかる予備校と比べるとかなり安い価格ですが、 通信講座の中では割高な価格となっています。 特に最も安い通信講座であるスタディングの宅建講座(18,500円)と比べると、その価格差はなんと6万円近くにもなります。 そのためなるべく安い宅建講座をお探しの方にとっては、なかなか手を出しにくい講座だと言えるでしょう。 また、資格スクエアの宅建講座には教育訓練給付制度の対象となるコースは存在しません。 給付制度を使って通信講座を受講しようとお考えの方は注意が必要です。 業界最安値であるスタディングの宅建講座についてより詳しく知りたい方は、以下ページを参考にしてください。 資格スクエア宅建講座の教材を他社と比較 ここでは資格スクエアの宅建講座の教材について、その特徴を他社通信講座とも比べながらみていきましょう。 工夫を凝らした使いやすい講義画面 資格スクエアの教材の魅力の一つとして、 教材がWEB上で完結しているという点が挙げられます。 例えば講義を受けながらそのままPC上、あるいはスマホ上でノートを取ることができたり、重要な語句についてはその場で辞書に飛べるようになっているなど、 手元のノートや教材と行ったり来たりすることなく、画面上の講義に常に集中することができます。 このように情報が一元化されていることによって、スマホやPCでも従来の学習以上に快適に学習を進めることが可能となっています。 法律をイメージで掴める独自のレジュメ 資格スクエアでは通常のテキストに加えて重要事項を正確に捉えるためのオリジナルレジュメが存在します。 レジュメではイラストを用いて 法律の概念を視覚的にイメージできるように設計されており、多くの受験生が苦手とする権利関係の分野の対策もバッチリ行うことができます。 また、アウトプット学習で使用される問題集は、東大卒・弁護士・簿記1級・TOEIC900点など、 ありとあらゆる勉強を極めた鬼頭講師が作成しているので、クオリティの高さは疑いようがないでしょう。 AIを活用した「未来問」が強力 資格スクエアの最大の特徴が「未来問」です。 未来問とは、 AIにこれまでの宅建試験の過去問を学習させることで作成される、本試験の予想問題のことです。 AIを形作るディープラーニングの技術を資格試験の勉強に応用したのは資格スクエアが初めてであり、様々なメディアに取り上げられるなど大きな注目を集めています。 宅建試験に合格するためには満点の7割前後を得点すれば良いので、理論上は 未来問が示したカテゴリーの問題さえ勉強していれば合格できるということになります。 ちなみに「カテゴリー的中率」という言葉に引っかかる人も多いかと思いますが、宅建試験においては「カテゴリーが一致=出題内容が一致」と考えても問題ありません。 以下画像は実際の未来問の予測と本試験問題の比較です。 カテゴリーの予測は出題そのものの予測とほぼ変わらないことがわかるかと思います。 未来問によるカテゴリー的中例 一般的な出題予測との違いは? 予想問題を作ること自体は今に始まったことではなく、これまでも予備校や通信講座の講師の方々が毎年作成していました。 それでは、「AIによる出題予測」と昔ながらの「講師よる出題予測」はどちらが優れているのでしょうか? 結論から言えば、 必ずしもAIの方が予測精度が高いとは言い切れません。 ベテラン講師の方であれば、長年の経験や知見からより高い的中率を叩き出すこともあるでしょう。 しかし、こうした人間による予測は講師の方によって精度の差が激しい上に、やはり 講師1人1人のクセやこだわりが予測に影響を与えてしまいます。 そして個人のバイアスを排除した予測の方が、 安定して高い的中率を出し続ける可能性は高いでしょう。 未来問は数々の名誉ある賞を受賞 未来問のアイディアや予測精度の高さは各界隈で非常に高い評価を受けており、2019年には 日本eラーニング大賞のAI・人工知能特別部門賞を受賞しました。 さらに「テクノロジーの教育利用に多大な貢献のあった事例」を顕彰する、 IMS JAPAN賞において優秀賞も受賞しています。 このように、資格スクエアはまさに 絶賛大躍進中の通信講座だと言えるでしょう。 ちなみに未来問は資格スクエア公式サイトにて1回分が無料配布されているので、是非受け取って最先端の問題予測を体験してみてください。 資格スクエア宅建講座の惜しい点 最先端技術を応用した未来問や業界随一の合格実績など、非常に優れた特徴を持つ資格スクエアの宅建講座ですが、一方で他の講座と比べると少々惜しいポイントが存在するのも事実です。 費用負担が大きい 資格スクエアの最大の弱点は コストの高さです。 元々の講座費用が高いのはもちろんのこと、 割引による減額や合格後の返金制度などがほとんどないのも残念なところです。 フォーサイトの宅建講座などでは不合格者に対する全額返金制度を設けているので、こうした講座と比較すると費用負担の重さが気になってしまいます。 このことから講座を選択する際には高い費用に見合った満足のいく内容になっているかどうかよく検討する必要があります。 スマホで使える問題集は用意されていない 資格スクエアではWEB学習の利便性が優れている一方で、 スマホで使える問題演習機能が存在しません。 他社の講座だとスマホで一問一答形式の問題演習を行ったり確認テストなどを受けられたりするので、他の宅建講座と比べると 隙間時間を活かした学習の幅がやや狭くなってしまっています。 こうしたスマホ学習機能は「ゲーム感覚で勉強できる」と積極的に利用する受講生も多いので、人によってはかなり残念なポイントかもしれません。 質問は非対応 資格スクエアの宅建講座では 質問対応サービスを実施していません。 そのため疑問点が出てきたらどうしようと不安になる方も多いかと思います。 しかし資格スクエアの教材は解説が非常に丁寧で分かりやすいので、勉強していて 実際に質問が必要になる機会は少ないはずです。 この点については、講座を受講する前にあらかじめ知っておく必要はあるものの、そこまで気にする必要はないでしょう。 資格スクエアの宅建講座がおすすめな人 以下では、これまで見てきた資格スクエアの特徴を踏まえて、資格スクエアの宅建講座がどんな人におすすめなのかを確認していきましょう。 資格スクエアの宅建講座をおすすめできる人 資格スクエアの推しポイントにぴったり当てはまるのは、以下のような方々だと言えるでしょう。 値段よりも合格実績で講座を選びたい人• 民法などの権利関係が特に苦手な人• できるだけ少ない勉強量で合格したい人 特に未来問の存在は大きく、試験まで本当に時間がない人の場合は 未来問の予測範囲だけでも完璧にしておけば合格できる可能性があります。 もちろんそんなギリギリ合格を狙わずに、時間をかけてしっかり頻出論点を全て押さえた方が良いとは思いますが、未来問を利用することで 他社以上に的を絞った学習がしやすいのは間違いないでしょう。 資格スクエア宅建講座の評判・口コミ 資格スクエアの受講生は非常に増えてきており、 ここ3年間で受講者数は約7倍に伸長しています。 受講生の方の声を見ても 非常に満足されている方が大半であり、資格スクエアが多くの受講生に選ばれる理由がわかります。 以下では実際に資格スクエアを受講された方のリアルな口コミを確認していきましょう。 教材が分かりやすい 資格スクエアに対する口コミで特に多かったのが、 教材の分かりやすさを実感したという意見です。 ここではその一部を抜粋して紹介します。 法律関係などの複雑な項目も、田中講師が実務に基づいたコメントや噛み砕いた解説をしてくださったおかげでとっつきやすかったです!• 講師の方の説明は実務家ならではのものが多く、ただ講義を聞くだけで実務家になったような気持ちになることができて、大変面白く感じながら勉強することができました。 講座の利便性が高い 通信講座ならではのスキマ時間を使った学習など、 WEB講義の使いやすさについて言及されている方も多くいらっしゃいました。 講義はタブレットを使って聞いていました。 行儀が悪いですが寝転がって受講したりなど、とてもリラックスした環境で学習できました。 講義は倍速再生できるだけでなく、動画と音声のみの切り替えも自由自在にできるなど、とてもユーザーフレンドリーな仕様だったのでストレスなく快適に勉強できました。 幼い子供がいるので忙しい中で残された貴重なスキマ時間を有効活用する必要がありました。 未来問に助けられた 資格スクエアの目玉である未来問ですが、利用した受講生の中には「未来問をやっていなければ合格できなかった」と感じている方も少なからずいらっしゃることが分かりました。 (未来問で予測されていた)バルコニーの問題が本番に出た時は試験会場で声が出そうになりました。 未来問を直前期に解いて30点で、危機感を感じたのが良い方に作用したと思います。 本試験は37点でギリギリ一発合格を勝ち取りました。 合格できたのは未来問のおかげだと思っています。

次の