長野 県 新型 コロナ。 「新型コロナ対策推進宣言の店」について/長野県

県内の最新感染動向

長野 県 新型 コロナ

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業・小規模事業者の皆さま を全力で 支援しています。 このページでは、当協会の支援策等をまとめています。 また、国・県の支援策を掲載しています。 【資金繰り支援】 長野県中小企業融資制度 長野県中小企業融資制度に、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業・小規模事業者の皆さまの資金繰りを支援するための資金が新設されています。 (一定の要件を満たす場合) 貸付対象者 次のアからウのいずれかの認定を受けた中小企業者 (ただし、県内に事業所等を有するものに限る)。 ア 中小企業信用保険法(以下「保険法」という)第2条第5項第4号の規定による認定 (令和二年新型コロナウイルス感染症に係るものに限る。 ただし、条件変更に伴い追加して生じる信用保証料については国の補助の対象外。 そ の 他 ・信用保証付き融資について借換が可能。 ・一定の要件を満たす場合、貸付から3年の間に生じる利子について補給をする。 8%)・保証料5分の1負担またはゼロでご利用いただけます。 ) 長野県信用保証協会 保証制度 各種保証制度で中小企業・小規模事業者の皆さまの資金繰りを支援いたします。 新型コロナウイルス感染症に関連したセーフティネット保証・危機関連保証をまとめた一覧表を作成しました。 ご参照ください。 災害緊急特別保証 通常より0.2%引き下げた保証料率でご利用いただけます。 売上高等を入力することで上記要件等に合致するかを簡易的に判定することができます。 ご活用ください。 【その他の支援策】 長野県信用保証協会 経営相談窓口を開設し、資金繰り等のご相談にお応えしております。 なお、土日祝日にWEB相談窓口へいただいたご相談へのご連絡は、翌営業日以降となる場合もあります。 お急ぎの場合は、電話相談窓口(フリーダイヤル0120-34-7680)へご相談ください。 長野県の主な支援策等 長野県のホームページに、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業・小規模事業者の 皆さま向けの支援施策等を紹介する「新型コロナウイルス感染症に伴う中小企業者向け ポータルサイト」が開設されています。 持続化給付金 新型コロナウイルス感染症により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金が支給されます。 農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となります。 業種別支援策リーフレット 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける、業種別支援策リーフレット。 「通常枠」に加え、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を対象に「特別枠」を設けられています。 本店営業部 〒380-0838 長野市南長野県町597-5 TEL. 026-234-7271 FAX. 026-234-9630• 松本営業部 〒390-0852 松本市島立976-1 TEL. 0263-47-1533 FAX. 0263-47-4209• 上田支店 〒386-0025 上田市天神3-4-8 TEL. 0268-22-5914 FAX. 0268-22-5927• 飯田支店 〒395-0084 飯田市鈴加町2-19 TEL. 0265-52-1522 FAX. 0265-52-1524• 諏訪支店 〒392-0022 諏訪市高島1-12-18 TEL. 0266-52-1946 FAX. 0266-52-1987• 佐久支店 〒385-0027 佐久市佐久平駅北19-5 TEL. 0267-68-8484 FAX. 0267-68-8485• 伊那支店 〒396-0015 伊那市中央4634-1 TEL. 0265-72-6148 FAX. 0265-72-6150• 中野支店 〒383-0025 中野市三好町2-1-58 TEL. 0269-22-4528 FAX. 0269-22-5442.

次の

長野県(補助金・助成金・融資情報)

長野 県 新型 コロナ

新型コロナの感染者発生を受けて会見する阿部知事 県によると男性は20日に短時間出勤し、倦怠(けんたい)感を覚えた。 翌21日に37~38度台の熱が出たため松本保健所管内の医療機関を受診。 その後松本保健所へ相談し、24日から県内の感染症指定医療機関に入院中。 重症ではなく、会話や食事ができる状態という。 本人の申告によれば、発症前の2週間以内に海外への渡航歴はなかった。 出張中は単独行動していたとみられ、県によればマスクをしていたという。 長野県は「県外で感染をした可能性が高い」(阿部守一知事)とする一方、出張前に感染した可能性も否定できないとみる。 北海道や東京で人が集まる場所を訪れたかなど今後調べるという。 県は現在、男性の家族や会社に濃厚接触者がいるか確認を進めており、二次感染を防ぐための対応をとるとしている。 長野県では新型コロナウイルスの検査を25日までに約40件実施しているが、感染の確認は初めて。 相談は25日朝までに約2600件寄せられている。 阿部知事は25日の記者会見で「高齢者や持病を持つ人は重症化しやすいため、不要不急の集まりや人混みを避けて頂きたい」と県民に訴えた。 長野県松本市は25日、対策本部を設置。 同市の菅谷昭市長は「大規模感染の状況ではない」と市民に冷静な対応を呼びかけた。 対策本部は26日朝に初会合を開き、感染拡大を防ぐ予防や啓発活動の強化などを協議する。 長野市の加藤久雄市長は25日「市内でいつ感染者が出てもおかしくない状況。 経済への影響も懸念される」との危機感をあらわにした。 今回の男性は国内出張中の感染の可能性があり、県内企業では警戒感を強めている。 県北部の機械メーカーは移動に公共交通機関を使わないよう社員に指示した。 「自社の工場が止まった場合のダメージが大きい」(同社社長)ため、遠方などの視察の受け入れは全てキャンセルするという。 同メーカーの社長自身は3月下旬ごろまでの出張などスケジュールを見直し「経営者同士の会合など、人が集まる所には行かない」と話す。 は中国への出張を完全に禁止し、その他の海外についても原則禁止とした。 さらに、国内についても出張を極力控えるように指示し、ネットやテレビ会議の活用を促している。 も不要不急の国内出張を控え、テレビ会議などの利用を進める。 東京など都市部の拠点の社員には状況に応じて時差出勤を活用するよう伝えているという。

次の

長野県新型コロナウイルス感染症対応医療従事者等慰労金交付事業/長野県

長野 県 新型 コロナ

県内の新型コロナウイルス新規感染者が2日、直近1週間で計25人に達し、県独自の感染警戒レベルで最高のレベル3「域内まん延期」に引き上げる基準の一つ、10万人当たり「1・2人」を超えた。 県はレベル引き上げの検討に入る。 全県にレベルを上げるか、感染が拡大する一部地域に適用するかなど、専門家懇談会から助言を得て、総合的に判断する考えだ。 県や長野市が2日発表したのは計6人。 このうちウイルス検査で1日に感染が確認されたのは3人、2日の確認は3人だった。 県が判断の基とする確認日ベースで計算すると、1日までの1週間は「10万人当たり1・18人(24人)」だったが、2日までの1週間で同1・23人となり、基準を超えた。 感染確認が夜になるなどして発表が翌日にずれこむケースがあり、3日に感染者が追加発表される可能性もあるが、2日の暫定値でも基準を上回った。 レベル3になると、県は該当地域に「警報」を出す見通し。 状況に応じて、クラスター(感染者集団)が発生しやすい場所の訪問を自粛するよう求めることも検討する。 県は7月に成立、施行した新型コロナ感染症等対策条例の審議段階では条例に基づく外出自粛や休業など「協力の求め」の実施をレベル3の段階で検討するとしていた。 しかし政府が、自治体が対策を強化する際の判断基準となる指標作りを進めており、県独自対策の実施判断も精査が必要になっている。 県によると、レベルの引き上げでは、感染経路が分からない感染者の割合や、新型コロナ患者が入院できる病床の埋まり具合なども注視する。 専門家懇談会で感染対策の助言を得た上で、県対策本部会議で決めるとしている。 (8月3日)•

次の