お 題目 を 唱える。 お題目の祈り・願いが叶わない 絶対に願いが叶う信心という方法|唱題の功徳

「すでに説き」「今説き」「まさに説かん」|お題目を素直な心に受ける

お 題目 を 唱える

題目をつけるときのポイント 題目をつけるには、以下のポイントに気をつけます。 研究対象と論点 あなたが取り組んでいる研究対象と、論点が最低限伝わらないといけません。 研究対象は何か、どんな論点から考察・研究を行なっているのかをいったん明確にしましょう。 研究対象や論点が複数あって…という場合は、いったん抽象度をあげて考えてみましょう。 抽象度を上げるというのは、「幼稚園児・小学生・中学生」だったら、「児童」という抽象度の高い言葉でまとめてみるということです。 抽象度を上下させて、適切な言葉を探し出しましょう。 キーワードを明確にする あなたの論文は、何に関する論文でしょうか。 それを示す大きなヒントは、「キーワード」です。 特に、専門用語のキーワードが入ることが望ましいです。 心理学ひとつとっても、「認知的不協和」「カクテルパーティ効果」「単純接触効果」などたくさんのキーワードがありますよね。 もし、研究した場所が重要なら、「淡路島」のように地名がキーワードして入るでしょうし、手法に独自性があるなら「文献学的考察」のように手法や着目点がキーワードとして入るでしょう。 あなたの研究に関する専門用語(キーワード)はどんなものがあるかをまず洗い出してみましょう。 その中で最も大事なものを1〜2語、厳選して題目に盛り込みます。 研究内容を一言で他人に説明できるか あなたの研究を20文字以内で言うとなんでしょうか。 専門用語が長いなどの事情がありますから必ずしも20字以内とダメというわけではありません。 要するに、一言で言うとどんな研究かというのをいったん自分の中で明確にしないといけません。 これが自分の中で明確になっていない限りは、いい題目は決めようがありません。 自分の研究の内容を一言で他人に説明してみてください。 これができないようなら、自分の中で煮詰まっていない証拠です。 抽象的にしてみたり、逆に具体的にしてみたりして的確に表現できることを目指しましょう。 型に沿う 卒論に限らず、論文の題目はある程度型があります。 ここまでの3点が抑えられれば、あとは型に沿って当てはめるだけです。 型に沿えば妙な題目にはなりません。 論文は独自性・新規性が大事だとは言いますが、論文の付け方で出すもんじゃありません。 いくつか型のパターンがありますので、続いて論文の題目の型について紹介していきます。 卒論の題目の型について 卒論の題目を眺めていると、いくつかのパターンに分かれていることがわかります。 逆に言えば、論文の題目のつけ方は数種類のパターンしかないということです。 どんな型があるのか、参考例と一緒に紹介していきます。 なお、ここでの題目の型は私が勝手に分類して名前をつけたものなので、公式なものではありませんが、考える参考になると思います。 問題提起型(〜か) 最後に「〜か」「〜とは」と疑問文で終わる題目です。 読者に対して疑問を投げかけるような題目です。 論文の論点が明確で、何かを検証していく感が強いです。 発生現象学において他我がどのように構築されるか• ハトはトポロジーを知覚できるのかートポロジー的特徴を手がかりにした弁別課題による検討ー• 観光によるイメージ形成がもたらすものとはー道の駅とみうら枇杷倶楽部の事例からー 出典: 体言止め型 最後に名刺で終わる題目のつけ方が『体言止め型』です。 重要なキーワードを最後に持ってくることで、重要なキーワードが何であるか、論文の主題がなんであるかを示しやすくなります。 スピノザから学ぶ自由論• コミュニケーション・メディアと自己承認欲求• 出征順位と関わり合いから見るきょうだい 出典: について型(〜について) 最後に「について」「〜に関する考察」「〜の検討」などといった言葉で 安直に思いつきやすく何にでも使えるのですが、論文の焦点がぼやける可能性があり、使用には注意が必要です。 待機児童問題の実態について• 強化学習に基づくカテゴリー弁別における影響遙邨ついての検討• 有舌尖頭器の携帯分類・編年試案と考察 出典: サブタイトル型(ー〇〇ー) 補足のように、末尾に「ー〇〇ー」とつけるタイトルのつけ方もあります。 他の型と併用可能です。 一言にまとめるとなんだかややこしくなってしまう場合や、研究の範囲(時代・場所・論点など)を絞り込む場合などに用いられます。 「抽象的な概念ー具体的な手法・観点ー」という使われ方が多いです。 ミュージアムにおける仕掛けの検討ー美術館のキャプションを題材に• 選択型における確率知覚ー非現実的楽観傾向の検討ー• 非行少年の抑止について支援の現状ーボランティア活動を通してー 出典: まとめ|題目の書き方はポイントと型を抑えよう 今回は、卒論(卒業論文)の題目について解説をしました。

次の

題目を唱える時の姿勢

お 題目 を 唱える

今年に入り、いくつかのブログで引かれていたものです。 私自身、とても心に残るご指導であります。 池田先生のスピーチ 題目をバカにして策に走れば、、結局は敗れる。 生命を賭けた戦いに福運はつく。 皆のが一緒にならないと、戦いがうねりになって行かないのです。 誰がどう言おうと何をしようと題目にはかなわないのです。 行動がないと信心とは言えないのです。 御本尊様は見通している。 信心の世界は不思議なもので、本気になってやれば 今の千倍 万倍の功徳がでるのです。 信心の世界は題目をあげきっていけば、鉄の扉が開く力があるのです。 宿命転換ができないわけがありません。 信心の世界は皆で大勢で嵐のように題目をあげていく世界なのだ。 題目だね。 一切題目だ。 百万言の指導より、百万冊の哲学書より題目です。 題目をうんとあげなさい。 なさい。 願いなさい。 全部そのとおりになって、戦いは開いてゆく。 君自身がどれだけ題目をあげたかということでしょう。 題目をあげれば自然に教学が必要となります。 題目をあげれば自然にその仕事が充実します。 苦しいことだってある。 悲しいことだってある。 涙にむせぶ夜もある。 ひどい心の傷を受けた日だって、そんな時はぼくの心の扉をノックしてごらん。 ぼくの心は君のために開いている。 この耳だって、いつもどんな時だってきいてあげる。 この眼だって、ともに涙をいっぱいためてあげる。 うれしいことは云わなくてもよい。 君の顔を見ればわかる。 辛く嫌なことはすべてぼくに話してごらん。 君の重苦しい身体を半分背負ってあげる。 そして一緒に歩いていこう。 私が心に残ったところ、1つ目は、 一切題目だ。 百万言の指導より、百万冊の哲学書より題目です。 題目をうんとあげなさい。 なさい。 願いなさい。 この姿勢は、私自身まだまだ弱いと感じること多々あります。 池田先生のこの姿勢を、継いでいこう!! 2つ目に、ここを読んで涙した方もおられると思います。 ひどい心の傷を受けた日だって、そんな時はぼくの心の扉をノックしてごらん。 ぼくの心は君のために開いている。 この耳だって、いつもどんな時だってきいてあげる。 この眼だって、ともに涙をいっぱいためてあげる。 うれしいことは云わなくてもよい。 君の顔を見ればわかる。 辛く嫌なことはすべてぼくに話してごらん。 君の重苦しい身体を半分背負ってあげる。 そして一緒に歩いていこう。 これが、同苦する姿勢は、どういう姿勢だろうという疑問に答えるものだと思います。 私自身、に陥った時、この御指導を拝して、どれだけ、心が温かくなったかわかりません。 心理学を学んでいる人間として思うことでもありますが、これこそが、カウンセラーのあるべき姿であると思います。 私も、人を包み込める、元気・勇気・希望を与えていく存在になろうと、改めて決意!! に参加しております。 「ぽちっ」とヨロシク!.

次の

お題目の祈り・願いが叶わない 絶対に願いが叶う信心という方法|唱題の功徳

お 題目 を 唱える

本来の題目の唱え方 はたして日蓮聖人ご本人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どのように唱えていたのだろうか? 現代の諸宗派や諸会派で行われている発音やイントネーションなどと どこがどう違うのか はたして日蓮聖人ご本人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どのように唱えていたのだろうか? 現代の諸宗派や諸会派で行われている発音やイントネーションなどと どこがどう違うのだろうか? 日蓮聖人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を 「題目」と言い 「題目」を唱えることを 「唱題」と言い 上下を問わず当時の人に強く勧めました 現代でも『法華経』又は「法華經」を信仰する宗派や会派は多く存在します (例えそれが建前だけのものであれ明らかにまちっがっているものであれ) しかし肝心要の「お題目」であるはずの 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」の発音やイントネーションが この日本というわずかな小島の中でというのに 会派によって細かい部分がバラバラです そこでこの問題の一つの解決として お祖師様の日蓮聖人は 「南無妙法蓮華経」又は「南無妙法蓮華經」を どう発音していたか? どのようなイントネーションで どれくらいの速さで どの法具を用いて あるいは用いないで 唱題をしていたのか? このことについて 分かりやすく知っている人がいたら答えてください 又はその人の話を聞ける場所を教えてください こちらから出向きます 又はこのことについて 分かりやすく書かれている 参考文献やインターネット上の情報があれば 教えてください 今回は 日蓮聖人ご本人が題目をどう唱えていたかについて 特化した質問です ですから 何に対して唱えなければダメだとか 日蓮正宗ではこう唱えているから他のはすべて間違いだ などの全く説得力のない言いがかりはやめてください どうしてもやめられないのなら 創価学会の人相手に似た者同士でいつまでも言い掛かりをつけあっていがみ合うのをお楽しみになってください もちろん説得力のある歴史的な考証がされるのであればそれが仮に日蓮正宗であっても意見は採用するつもりです その他マントラとして効果を考えれば 日蓮聖人ご本人がどう唱えていようとそれとは別問題として こういう唱え方をした方がより効果的であろうということもあろうかと思いますが この件につきましては話が混乱しないように 改めて話題にしたいと思います どのような立場の人でも結構です 知っていることがあれば教えてください 多様な意見をお待ちしています 私がではなく多くの人の疑問を晴らすことができる重要な質問になると思います よろしくお願いします 長くなりました 最後までお読みいただきありがとうございます 補足storaiさん ありがとうございます より詳しく補足で教えていただけないでしょうか 日蓮真筆の遺文などで 仮名で何か記述があれば 決定的な資料になると思うんです 何しろ筆まめな日蓮聖人のことですから どこかにないでしょうか 日興上人の遺文などで 仮名で記述があれば やはり決定的な資料になると思います その他の古文書に何かしらヒントになる記述があれば やはりかなり参考になると思います よろしくお願いします 『日蓮正宗ではこう唱えているから他のはすべて間違いだ などの全く説得力のない言いがかりはやめてください』 とありますのでそういった主張はやめておきます。 まず創価学会、日蓮正宗、正信会、顕正会などの日興門流の宗派は『ナンミョウホウレンゲキョウ』と発音します。 日蓮宗など五老僧系の宗派は『ナムミョウホウレンゲキョウ』と発音します。 どちらも功徳があると言っているわけですが、さて信徒さんの感想はどうでしょうか? 『ナンミョウホウレンゲキョウ』と唱える日興門流ではどこの信徒さんも『元気になる』『歓喜が湧く』などの効果があると発言しています。 『ナムミョウホウレンゲキョウ』と唱える五老僧系の宗派の信徒さんはそういった事を言いません。 『ナンミョウホウレンゲキョウ』は効果がある。 『ナムミョウホウレンゲキョウ』は効果が低い。 この実証をもって日興門流の『ナンミョウホウレンゲキョウ』の発音が正しいとわたしは主張いたします。 storaikar01000さんへ 『まず最初に。 題目の「効果を前提にしない」で下さいね。 』 とありますが効果が無いものをやる意味は無いと思いますよ。 それこそ時間の無駄です。 人間は一生のうちに使える時間に限りがあります。 数秒でも数時間でも大切な時間なんです。 時間を使うということは『命を使って』いるんです。 だから『効果』が一番重要なんですよ。 『悟り』とも関係があります。 唱題により自身の仏界が開いていくんですよ。 だから歓喜が湧いたり元気になるわけです。 こういった事すらわからないのがあなたの勧める日蓮宗ならそこには意味が無いでしょう。 創価学会に帰依するべきです。 わたしはプラシーボ効果と言うものは知っています。 そのわたしでも唱題で『効果は出ます。 』 それくらい凄いものなんですよ。 万年救護写瓶の弟子日興に之を授与す云云、 脱種合して一百六箇之れ在り、霊山浄土多宝塔中久遠実成無上覚王直授相承本迹勝劣の口決相伝譜、久遠名字より已来た本因本果の主本地自受用報身の垂迹上行菩薩の再誕本門の大師日蓮詮要す。 原文中略 事の一念三千一心三観の本迹 (理の住処の・信力行力の南無妙法蓮華経(如来)・常住仏性・(十界の)一切衆生の慈悲心所具の)釈迦三世の諸仏声聞縁覚人天の唱る方は迹なり、 (仏力法力の)南無妙法蓮華経(如来)は本なり。 題目の「効果を前提にしない」で下さいね。 唱えた時間や回数に重きを置く今の日蓮正宗や創価学会にはありませんが、昔の唱え方はありますよ。 タンタンタータンのリズムですが、早さは遅すぎず、回数重視でも無いので早すぎもせず、穏やかに意を込めて「一言で唱え切る」つもりで唱えます。 一過性ですが、結構な高揚の効用があるでしょう。 法具は厳密には本尊と唱題ですから、邪気を払う等の効果を考えてのことでしたら、詳細は日蓮宗の方に聞いたほうが適切かと思います。 他の効果は「思い込み効果」によるものです。 プラシーボ効果や潜在意識の活用法ですから、信じることで発現する力、それが及ぶ範囲に限定されます。 仏教における悟りとは、まったく無関係でしょうね。 何故、題目の効果を前提にしないよう添えたかは、そもそもが法華経に帰依します(南無妙法蓮華経)を連呼して何がしたいの? と言うことです。 知ってるかも知れませんが、法華経は釈迦没後の凡そ500年も後に成立したものですし、釈迦が否定的であったバラモン教、法華経に登場する神々は殆どはバラモン教の神々です。 まったく的外れとは言いませんが、法華経が釈迦の本意を伝えてるとは、とても思えませんし、その経典に帰依しますを連呼したとて何がある訳でも無いでしょう。 【補足】 半分が偽書と真贋未決の日蓮遺文。 私は実戦重視なので、文字列より「伝承の確認」から回答に及びました。 創価の元二世にして日蓮の研究家、犀角独歩氏と言えば関係者なら分かる方で、現在は日蓮宗に居られます。 氏と幾人かを通して、日蓮正宗の昔の唱え方を頂いた次第です。 私は日蓮正宗創価学会当時の元二世でして、その経験から特定の思想に偏らない為に「気功」を軸として、唱えるところに於いて、どう作用するかを確認した次第です。 ご期待に添えず申し訳ない。

次の