濾胞性リンパ腫 アメブロ。 なぜ濾胞性リンパ腫は再発必至なのか? (維持療法中): がんばりません!

「ずーっと出来ないこと」を聞いて下さい: トムお坊ちゃま&リリー姫

濾胞性リンパ腫 アメブロ

「リンパ」とは免疫をコントロールする組織群のことで、リンパ節(喉や脇の下など)、胸腺、扁桃腺、脾臓などの組織・臓器とそれをつなぐリンパ管、そしてリンパ管の中を流れるリンパ液で構成されています。 がん細胞は主にリンパ液を伝わって遠隔転移を起こすので、がんの手術ではがんに冒された臓器の切除に加え「リンパ節郭清(かくせい)術」が併施されるケースがとても多くなります。 悪性リンパ腫とはリンパ節やリンパ系臓器に発生するがんで、がん細胞の種類によって「非ホジキンリンパ腫」と「ホジキンリンパ腫」とに大別され、「非ホジキンリンパ腫」はさらに細かい4種類に分類されています。 今回は「悪性リンパ腫ブログの闘病記」を10選ご紹介します。 スポンサーリンク 悪性リンパ腫ブログ闘病記のまとめ10選 01. ブログの趣旨はいわゆるカンパニーブログなのですが、2011年に脳腫瘍が見つかってからは闘病ブログとしての性格が強まっています。 白血病や悪性リンパ腫は免疫系に直接ダメージを受ける病気なので、合併症や感染症への罹患リスクが他のがんよりも高く、日常生活の送り方にも細心の注意が必要になります。 また副作用も強く出てしまうため、辛い闘病生活になりますが、決して感情的にはならない冷静なブログ本文はとても参考になります。 ライフクリエイト遠藤貴紀のブログ 「ライフクリエイト」とは生命保険を扱う専門職です。 生命保険に入る一番大きな動機はがんや脳梗塞などの病気に備えることが目的という人がほとんどだと思いますが、オーナーさん曰く、「自分が取り扱う保険に保険料を請求する側となる病気(悪性リンパ腫のこと)になってしまいました」と自虐気味に語っています。 ですが、実際の患者として保険料請求の際のタイミングやプロの目から見た「悪性リンパ腫」にとってより有利な保険商品選びのポイントなどはとても役に立つのではないでしょうか? 03. この事故で病院を受診した時に検査で「溶血反応」が確認され、精査した結果「悪性リンパ腫」がみつかったとのこと。 ご本人曰く、それまでは悪性リンパ腫を疑わせるような自覚症状は全くなく、思えば時々肩こりや首のこりが強まったかな?とか、そういえば脇の下が腫れたり治ったりを繰り返していたな?程度であまり心配していなかったそうです。 3児のパパさんです。 2007年に悪性リンパ腫(B細胞型濾胞性リンパ腫)と診断されました。 一旦は寛解するものの部分寛解なので2014年に骨髄移植を受け、現在も治療は継続中です。 悪性リンパ腫や白血病で使う抗がん剤は薬の効き目をよくするために一旦免疫力を叩いてから、治療に入ります。 ご家族の為にも是非悪性リンパ腫を克服してもらいたいものです。 2010年に悪性リンパ腫が発覚し、その後化学療法と放射線治療を経て、現在完全寛解した方です。 「完全寛解」とはいわゆる悪性リンパ腫の所見は見受けられなくなった状態。 現時点(2015年時点)ですでに5年生存を達成しているので、今後は外来フォローを継続し、再発が見られなければ「平癒」ということになります。 なので、同じ病気で闘病中の方には大きな力となることでしょう。 スポンサーリンク 06. 現在3児のママさんとして毎日を過ごしています。 悪性リンパ腫が発覚したきっかけは首にあった「しこり」でした。 気になって病院で調べてもらったところ「悪性リンパ腫」が見つかったのです。 細かい所見はブログからはわかりませんが、主治医曰く「進行が遅いタイプで、切除するならもう少し大きくなってから」ということで現在様子見をしているのであれば「濾胞性リンパ腫」ではないかと思われます。 リンパ腫は現在首、腋窩、鼠蹊部(股の付け根)にあるとのこと。 今は経過観察中なので、不安だらけの毎日だと思いますが、趣味の水泳で体力を温存しつつ来る日(手術や化学療法開始)に備えて闘病中です。 告知から1年あまり、今が一番不安や恐怖が強い時期だと思いますが、気持ちを切り替え、前向きになるためにブログを始めたとプロフィールにあります。 このように「ブログを書く」ということは一旦頭の中で現在の心理状態を客観的に見つめ、理論的に整理してから文章にするという作業になるので、気持ちに整理をつけるのにはとても役立ちます。 「日記」と違う点はその文章をネットで「公開」しているという点です。 これによって日記のような「自分語り」ではなく誰かに読んでもらうための文章作成になるので、考え方をポジティブにしやすいという効果があります。 読者からは励ましのコメントなども届くため、病気に対する不安や恐怖を和らげるのには非常に有益なツールであると言えるでしょう。 その後半年間化学療法を行い現在は経過観察中です。 悪性リンパ腫は甲状腺やリンパ節が腫脹し、それを切除する場合もありますが、基本的に血液のがんなので、抗がん剤でコントロールするケースの方が多くなります。 血液は全身をめぐるので、転移も早く、血液を作り出す骨髄に障害があると再発を繰り返す場合もあるので治療がとても厄介なのですが、抗がん剤が効けば完全寛解の確率も高くなります。 とはいえまだ予断を許すような状況ではないと思いますが、このまま病気が寛解すること願わずにいられません。 悪性リンパ腫と闘う夫の妻ブログ このブログは2013年11月13日で更新が止まっています。 がん闘病ブログが過去の日付で止まっている場合、残念なことにご本人が亡くなってしまって更新が止まるというケースが多いです。 ですが、このブログはその逆「寛解」し無事ご主人が社会復帰を果たしたのでブログの更新を止めます!という嬉しい宣言が最後になされていました。 こちらのブログは今も闘病中の方に、このご夫婦のように助かるケースもあるんだということを勇気付けてくれるブログだと思います。 悪性リンパ腫になっちゃった。 見つかった悪性リンパ腫は「非ホジキンリンパ腫(びまん性大細胞型B細胞性)」でしたが、少し特殊なタイプでホジキンリンパ腫の性質も少しあったようです。 悪性リンパ腫の発見後は化学療法を行い、現在は無事寛解したとのこと。 あとは再発がなければそのまま「平癒」となる段階まで来ています。 寛解した今でもブログは更新されていて、同じような病気に悩む人への情報発信を続けてくれています。 「病気の人間にとって最良の医者は同じ病気の経験のある人」だ、というのは有名な言葉ですが、この言葉通り、今でも同じ病気と戦っている人にとっては情報収集の場として、あるいは同じ病を克服した人として「今」の言葉を聞くことができる貴重なブログだと思います。 まとめ 悪性リンパ腫は基本的には「血液のがん」です。 血球細胞は脊椎の内部にある「骨髄」という組織で作られますので、骨髄移植が行われる場合や、甲状腺やリンパ節のようにリンパ組織を切除する手術も行われます。 ですが、化学療法が功を奏しやすい病気でもあるので、近年では治療の第一選択肢は化学療法が選択されるケースが多くなりました。 悪性リンパ腫も他のがんと同様、抗がん剤や手術で症状が消失すると「寛解」したと表現します。 しかし、「寛解」はあくまで「寛解」であり「治癒」とは違います。 抗がん剤で新たながんの発生や転移または再発が良好にコントロールされている状態です。 したがって、完全寛解となり、5年生存、7年生存、10年生存を果たしてようやく「平癒」(これでも治癒とは違います)という状態になります。 それだけ予後の難しい病気でもあるのです。 紹介したブログの中には「寛解」した人もいるので、今後も寛解状態がず〜っと続いてくれますようにと、一読者として思わずに入られません。

次の

#JWIJP photos and videos on Instagram

濾胞性リンパ腫 アメブロ

すごい久々に午前に起きられました。 11時です。 が、眠くて眠くてまだベッドから出られずにいます。 ずっとスマホして眠りはしないですがあくびが止まらないです。 明日以降もないと更に幸せだ。 — バショセン!(島田真里) basyosen 何もなく書いていた時、2桁アクセスだったアメブロですが、濾胞性リンパ腫のことを書いたとたんにこの数。 病気と闘う人、近親者に病気の方がいて調べている人、きっといろんな人がいるんだろうなと思った。 何でもそうだけど、明日は我が身。 11時です。 が、眠くて眠くてまだベッドから出られずにいます。 ずっとスマホして眠りはしないですがあくびが止まらないです。 明日以降もないと更に幸せだ。 — バショセン!(島田真里) basyosen 僕の壮絶闘病記録、そして知らないと損をする生きる知恵を記した「統合失調症サバイバル・マニュアル」、2020年1月、電子書籍 AmazonKindle にて配信予定です。 現在、鋭意制作中。 全部歌う気力なくてサビ前だけ。 あぁなんかスッキリ気持ち良い。 さんの「闘う珊瑚ちゃん🍓闘病記録」 をお気に入りにしました。

次の

悪性リンパ腫ブログ闘病記のまとめ10選

濾胞性リンパ腫 アメブロ

おはようございます。 また、初めて書き込みさせていただきます。 宜しくお願いします。 話題が、話題だったので、思わず書き込みに来てしまいました。 蟹を茹でるんでしょ。 最初は、ゆっくり暖かくなるので大人しいですが、それを過ぎるとやはり生きていたいので大騒ぎになります。 鍋の蓋に重石をしておかないと、気がつくと台所の隅で小さくなってます。 可愛そうですが、もう一度、熱めのお風呂に入って貰ったことがあります。 こちらは苦も無く出来ますが、相手が苦だらけで 大変だと思います。 あの時は、感謝していただきました。 川蟹だったと思います。 ガザミは、紐で縛ってお風呂に入ってもらいました。 自分が死んだら、灼熱地獄かもしれません。 投稿: p-con 2006年4月23日 日 08時34分 おはようございます。 モクズガニ・・わたしも初めて知りました。 蟹の大きさにもよるけれど・・あまり大きいと 生きていたら調理できない気がします。 小さい頃は食べていたそうなのですが、 戦争中、牛の射殺場の見学?というものが あったみたいで・・あまりのショックに 肉類を食べることができなくなったそうです。 きっとわたしも実際に見ると食べることが できなくなると思います。 けっこう痛いのよ~! 投稿: 2006年4月23日 日 14時04分.

次の