木村拓哉 ドラマ。 木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』続編が4月から放送へ 斎藤工、菜々緒らも続投|Real Sound|リアルサウンド 映画部

木村拓哉「BG」5話 狙われた美人秘書14・4%

木村拓哉 ドラマ

テレビ朝日公式サイトより 木村拓哉主演のテレビ朝日系連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(木曜午後9時~)の第2話が25日に放送され、視聴率は14. 8%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)で、初回(同18日)の17. 0%から大幅ダウンとなった。 初回の放送翌日、木村は自身のインスタグラムを更新し、「昨日からのセカンドシーズン、たくさんの方々に受け取っていただけたのが、本当にうれしいです。 視聴率が一気に下がったショックを伺わせた。 初回で、主人公の島崎章(木村)は、KICKSガードを退職して、個人事務所を設立していたが、第2話では元同僚の高梨雅也(斎藤工)が「一緒にやりたい」と申し出て、KICKSガードが降りた、盲目の天才ピアニスト・守尾恵麻(川栄李奈)の警護を2人で務めるという展開だった。 「『BG』は、シーズン1(2018年1月期)では、初回15. 7%で、最高が最終回(第9話)の17. 3%で、17%超えしたのは最終回のみでした。 今シーズンの初回17. 0%はバブルだったということでしょう。 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下でドラマの撮影ができず、各局とも過去の作品を特別編や傑作選として垂れ流していた状態で、『新作が見たい!』とのドラマファンの願いは切実でした。 それが初回の高視聴率に結び付いたんでしょう。 第2話の14. 8%が実力。 木村の主演ドラマは制作費がかかっていることから、平均15%突破がノルマで、CMスポンサーも、それを望んでいます。 シーズン1は平均15. 2%でしたから、今後は数字を落とすわけにはいきませんよ」(テレビ誌記者) 各局のほとんどの連ドラは中断もしくは放送開始ができていなかったが、先週から本格的にスタート(再開)。 その週では、おおむね、注目ドラマはハイレベルな視聴率を獲っていた。 だが、今週は『BG』のみならず、篠原涼子主演『ハケンの品格』(日本テレビ系)が14. 9%、V6・井ノ原快彦主演『特捜9』(テレビ朝日系)が15. 8%、内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長2020』(同)が14. 6%と軒並みダウンした。 木村も手綱を締め直して臨まないと、15%のノルマは達成できないだろう。

次の

木村拓哉おすすめドラマランキング!全話動画の無料視聴方法もチェック!

木村拓哉 ドラマ

作品情報 原作は「週刊文春ミステリーベスト10」 2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」 2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を席巻し話題となった長岡弘樹の『教場』(きょうじょう)。 警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化(累計57万部)、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品である。 その骨太でありながら人の心理を鋭くえぐる究極のミステリー作品が遂に映像化!警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様が描かれる本作。 主人公の冷徹な教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じるのは、日本が誇るトップ俳優、木村拓哉。 その木村演じる風間が受け持つことになったクラスの生徒役として工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった豪華実力派俳優たちが集結。 脚本は『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛けるヒットメーカー君塚良一が担当。 メガホンを握るのは木村とは『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年)、『プライド』(2004年)などの作品で共に伝説を作ってきた中江功。 2020年新春に二夜連続放送された、総計4時間越えの大作となる今作がBlu-ray&DVDで登場!! 公式Twitter あらすじ• ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。 冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。 何より厳しいのがルール厳守。 その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。 携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。 そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。 また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。 「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。 また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。 果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか? さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか? そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは? キャスト• 木村拓哉• 工藤阿須加 川口春奈 林遣都 葵わかな• 井之脇海 西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr. ) 富田望生 味方良介 村井良大• 佐藤仁美 和田正人 石田 明(NON STYLE) 高橋ひとみ• 筧 利夫 光石 研(友情出演)• 大島優子 三浦翔平• 小日向文世 他 スタッフ• 原作:長岡弘樹『教場』(小学館刊)• 脚本:君塚良一• 演出:中江功• 制作協力:The icon• 制作著作:フジテレビ• 発売元:フジテレビジョン• 販売元:TCエンタテインメント.

次の

名作揃い!木村拓哉のドラマおすすめランキングTOP10!

木村拓哉 ドラマ

テレビ朝日公式サイトより 木村拓哉主演のテレビ朝日系連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(木曜午後9時~)の第2話が25日に放送され、視聴率は14. 8%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)で、初回(同18日)の17. 0%から大幅ダウンとなった。 初回の放送翌日、木村は自身のインスタグラムを更新し、「昨日からのセカンドシーズン、たくさんの方々に受け取っていただけたのが、本当にうれしいです。 視聴率が一気に下がったショックを伺わせた。 初回で、主人公の島崎章(木村)は、KICKSガードを退職して、個人事務所を設立していたが、第2話では元同僚の高梨雅也(斎藤工)が「一緒にやりたい」と申し出て、KICKSガードが降りた、盲目の天才ピアニスト・守尾恵麻(川栄李奈)の警護を2人で務めるという展開だった。 「『BG』は、シーズン1(2018年1月期)では、初回15. 7%で、最高が最終回(第9話)の17. 3%で、17%超えしたのは最終回のみでした。 今シーズンの初回17. 0%はバブルだったということでしょう。 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下でドラマの撮影ができず、各局とも過去の作品を特別編や傑作選として垂れ流していた状態で、『新作が見たい!』とのドラマファンの願いは切実でした。 それが初回の高視聴率に結び付いたんでしょう。 第2話の14. 8%が実力。 木村の主演ドラマは制作費がかかっていることから、平均15%突破がノルマで、CMスポンサーも、それを望んでいます。 シーズン1は平均15. 2%でしたから、今後は数字を落とすわけにはいきませんよ」(テレビ誌記者) 各局のほとんどの連ドラは中断もしくは放送開始ができていなかったが、先週から本格的にスタート(再開)。 その週では、おおむね、注目ドラマはハイレベルな視聴率を獲っていた。 だが、今週は『BG』のみならず、篠原涼子主演『ハケンの品格』(日本テレビ系)が14. 9%、V6・井ノ原快彦主演『特捜9』(テレビ朝日系)が15. 8%、内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長2020』(同)が14. 6%と軒並みダウンした。 木村も手綱を締め直して臨まないと、15%のノルマは達成できないだろう。

次の