人権作文 内容。 良い人権作文の条件とは?書き出しにインパクトを持たせる6つの工夫

法務省:全国中学生人権作文コンテスト

人権作文 内容

人権作文とは?書きやすいテーマは「いじめ」 そもそも人権作文とは何でしょうか。 簡単に説明すると、 人間の権利に関するテーマについて、 自分の意見や考えを述べる作文の事です。 人間の権利に関わることなので、 どんなテーマがあるかというと、• いじめ• 女性問題• 男女差別• 高齢者問題 などがあります。 では、こういった中から、 どういうテーマを選べば良いかというと、 書きやすいのは 自分の経験談が入れられるものになります。 例えば、「いじめ」の場合、 クラスで1回でもいじめが起きていたり、 あなた自身が過去にいじめたり、 いじめられたりしたことがある場合、 経験談を書くことができます。 いじめ以外だと「高齢者問題」が書きやすいです。 祖父母と話をしたり出かけたりした時、 「困った出来事」などがあれば、 それを 経験談として書くことができるからです。 一方、男女差別などのテーマは、 中学生ではやや書きづらいです。 この経験を通して、 いじめを起こさないためには、 次の2つが大事だという事がわかりました。 一つ目は、 クラスでいじられている子がいたら、 すぐに先生に報告するという事。 二つ目は、 誰かをいじることはいじめにつながるからやめよう という雰囲気をクラスで作ること。 こういった感じで、 最後は自分の考えをまとめていくと、 人権作文としては 非常にすっきりとした文章になります。 こういった型にそって人権作文を書いていけば、 誰でも1時間程度で書くことができると思います。 もう少し、時間をかけて体験談などを入れていけば、 入賞することも可能です。 国語力の有無は関係ないので、 一度試していただければと思います。 夏休み明けの実力テストで好スタートを切る方法 ここまでに解説した方法で、 夏休みの宿題や人権作文に取り組めば、 最速で終わるのはもちろん、 良い点数を取ることも可能です。 ただ、夏休みの課題以上に大事なのが、 夏休み明けに行われる実力テストです。 ここで良い点数を取らないと、 内申点は上がりません。 内申点が上がらないと、 高校受験に合格することもできません。 ではどうしたら、夏休み明けの定期テストで、 高得点を取ることができるのでしょうか? 大事なのは、• 効率の良い勉強法を行うこと• 上手に勉強時間を作ること• 勉強に対してやる気を出して取り組むこと の3つです。 そこで現在私は、 この3つのやり方を無料で解説する、 7日間で成績UP無料講座を配信しています。 この講座を読んだ方の中には、 既に5教科合計140点以上上がっている子もいます。 今なら3980円で販売してた成績UPマニュアルも、 受講特典としてプレゼントしていますので、 こちらも参考にし2学期最初のテストから、 好スタートを切っていただけると嬉しく思います。 動画で解説!! 人権作文の書き方の詳細編 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の

人権作文のテーマとしておすすめのインターネットによる人権侵害とは?

人権作文 内容

小学校の 2年生にもなると自分の意見もはっきりと伝えてくれるようになり、学校でもお友達ができたりして、その中で自分以外の人の気持ちについても考えられるようになってくる年頃ですね。 そんな時期だからこそ 人権作文という課題を通して、この夏にまた更に子どもたちの心は一回り大きく成長していくかと思われます。 ただ、子どもたちは人権作文といわれても、何をどうしたらよいのかと最初は分からずに悩むことと思います。 作文が苦手な子どもはとても多いです。 親としてうまくアドバイスができたら良いけれど、下手をすると2年生の子どもが書くのか疑問に思われるような立派すぎる 『親が言うとおりに書きました』というような作文が出来上がってしまうことも。 この人権作文、親はどこまで子どもにサポートしてもよいのか、どのようにコツを伝えると子どもたちは自分たちの考え・思いをのびのびと書けるのか、そのポイントを今回はお伝えします。 子どもは親が思っている以上に 感性豊かです。 その 成長を止めないサポートの仕方をしっかりと見てくださいね。 『人に優しくできるひとになってほしいけど、そのためには自分にも優しくなってね。 』 といったように、 自分を肯定する大切さも合わせて伝えることおすすめします。 自己を肯定できる子どもは、 他人を思いやることができるようになります。 自分の意見をしっかりともつことができ、他人のよいところにも気づきやすくなります。 人権について考えるには幼すぎるように見えてしまう子どもたちですが、もう考えようとする力は十分にあります。 ただ、考えたことや気持ちを言葉にできるようになってきても、それを 文字に起こすというのは子どもにとってとても大変な作業です。 文字にするためには、 「え」と「へ」や「は」と「わ」の違い、話し言葉にはカギカッコをつける、話が変わるときはひとマス下げるなど、 新しく覚えるルールも多いからです。 それに加えて、頭で書くことを考えながらまとめるという作業もしなくてはいけないので、時間も必要です。 夏休みなどの長期休暇に宿題として出ることが多いのはこのためです。 文字に起こせるようになることは、 考える力、書く力、表現する力、読む力とさまざまな方面から 国語力を向上させます。 作文は心を豊かに育てるだけではなく勉強の全ての基礎である国語(日本語)を学ぶことにも繋がりますので、できる限り子どもが自発的に書けるように見守りたいですね。 人権作文小学校2年生向けのテーマの見つけ方・設定方法は?おすすめのテーマは? まだ人権作文といっても、2年生だと身近な方でよく関わっていることがないと障害や病気についてのテーマを設定するのは少しむずかしいかもしれません。 おすすめは、ふだんから関わりのある 友達・家族・学校をテーマにすることです。 そのテーマでも、まだ多くを文章にするのはむずかしいので、3点ほどに分けて書くことをおすすめします。 経験したこと• そのときの気持ち• こんどから自分にできること・これからしていけること この3点をつかっての、小学校2年生らしい書き方・まとめ方の例は次の章に用意しましたのでそちらもごらんください。 また、 題名の決め方ですが、書いた文中で 一番子どもが強く感じている気持ちや印象に残っていることを題名にするとよいです。 例1『いっしょにあそぼうよ』• 例2『ことばがもつちから』• 例3『おじさんありがとう』• 例4『話しかけるゆうき』などです。 次は誰かがひとりでいたら、「一緒に遊ぼう」と声をかけてあげられるようになりたい。 困っている子がいたら元気になれるように勇気をだして声をかけてあげたい。 といった感じです。 実際に友達にしてもらって 嬉しかったことや、友達がすごいと思ったこと、優しいと感じたことなどを思いだし、どうして嬉しかったのか、どういうところがすごいのか、優しくされたときどんな気持ちになったかなどという 経験をもとにすると書きやすいですね。 『友達っていいな』とか、『やさしくしてもらって嬉しかったから、次は私もだれかにやさしくしてあげたいな。 』というように、 日常のことを書きながら そのときに感じた気持ちを素直に書くとよいです。 日常のささいに思うことでも 友達をテーマとした自分の思いや意見、これから誰かにできることを付け加えるだけで立派な人権作文になっています。 テーマ《家族》 これからは、自分の言葉を大事に考えて話そうと思った。 妹にも「大切だよ。 」と言ってあげたいし、友達と話すときもよく考えて話そうと思う。 嫌な気持ちじゃなくて、人を嬉しい気持ちにさせる言葉をつかえるようになりたいと思った。 というような感じです。 自分の思いを言葉にできるようになってきたからこそ、この 言葉の力というものは 良い面も悪い面もあるということは知っていてほしいですね。 ときに、 自分の口からでた言葉が人を傷つける武器になってしまうことがあるということを知ることは人権を学ぶ上で大切なことです。 その逆もまたしかりですので、 よい言葉という方面から人権作文を書くのも良いでしょう。 テーマ《学校関連》 あいさつはとても短い言葉だけど、人を元気にする魔法があると思う。 笑顔で明るく話しかけるとみんな笑顔になれるし、声をだすのは恥ずかしいこともあるけど元気にあいさつをしてあのおじさんみたいに、人を元気にできるようなあいさつをしていきたいです。 あいさつについて書くのも人権なの?と思う人もいるかもしれませんが、 あいさつというのは人権尊重の基本です。 あいさつは 相手のことを認め、自分のことを知ってもらう(他人と関わる)ための最初の一歩です。 とくにあいさつというのは、小学校でも大変重視されていることなので、 あいさつの大切さについて作文を通してさらに深く学ぶことができるというのもよいことです。 原稿用紙で 2枚(800字程度)を目安に書けるとよいです。 下記は、人権に関しての図書です。 参考にしてみてください。 「こころのふしぎ たんけんえほん (たのしいちしきえほん)」平木 典子 人権作文小学校2年生の宿題に親はどこまでサポートをする? ここまで、子どもにどうやって人権について教えるのかというのをお伝えしましたが、中には「もうよく分からないから、なんて書いたらいい?」と聞いてくる子もいるかもしれません。 よく子どもが作文を書くときにつまずくのがこの 『何を書いたらよいかが分からない』です。 人権についてなんとなくは分かったけど、じゃあ何を書こうかとなるわけです。 このときにできる サポートは、 子どもの話をよく聞いてみることです。 子どもが日常で感じていることや友達と遊んだときの話、家族との関わりの中でどんな気持ちで過ごしているのかしっかりと見て、聞いてあげてください。 それから、してもらってうれしかったこと、誰かがしていた素敵なこと、優しい人だとおもったひとのこと、ふだんどんな風にあいさつしているのかということなど、 思いつくことを紙に書いてみるように提案してみましょう。 その中から、 『これについて書こうかな』と思えるものを子どもに選んでもらうとよいです。 書かれている子どもの素直な気持ちに対しては、「そうかな?それだけしか思わなかった?〇〇な気持ちになったんじゃないかな?」というように誘導したりすると、子どもの自発性が失われてしまう親の作文となってしまいますので、あくまでも 見守るように心がけてくださいね。 他にも、まず勉強机の上をキレイに掃除させることで 環境を作りやる気をアップさせたり、親も子どもの隣で静かに本を読んだり勉強をするなどすると、いっしょにがんばろうというやる気アップにつながります。 子どもも同じ人間なので、どうしてもやる気になれない時間もあります。 そんなときは叱らず無理強いせずに、『よし、今からやってみよう。 』という気持ちになれるように 環境を整えながら待ってあげてください。 まとめ• 人権作文は子どもの心をまたひとつ大きく成長させる大切な宿題。 人権について考えるというのは子どもたちも日常から無意識にやっている。 ふだんの挨拶や家族・友達との関わりも人権と関係がある。 宿題のサポートは基本的に見守りであり、手伝いすぎず成長を妨げない。 やる気になれるように環境を整える・親として見本を見せことも大切。 いかがでしょうか。 作文は学校のテストのように答えが決まっているものとは違い、 自分の言葉で自由に表現することができるものです。 文字にすることで、それを自分で読み返すとまた更に 自分の思いや考えを振り返り深く考えられる力もつきます。 子どもは大人が思っているよりもずっと感性豊かで、大人が考えもしなかったような角度で物事を見ることができる 柔軟性ももっています。 その感性を言葉にして手伝ってあげるのではなく、子どもが 言葉にする力(語彙力)をつけられるように、親子の会話を大切にサポートしてあげてくださいね。 【こちらも読まれています】.

次の

中学生の人権作文とは?テーマや書き方とサンプル例文を紹介|アトランダム

人権作文 内容

最近、いじめという言葉が新聞やテレビにたくさん出てくるようになりました。 昔は、あまり聞きませんでした。 しかし、最近、その言葉を聞く機会が、とても、増えたと思います。 どうして、いじめは起こってしまうのでしょうか。 よく、本を読んでいると、「昔、いじめを受けていた。 」という人物が登場したりします。 その理由が、「名前が変」、「障害を持っている」、「見た目が変」などです。 それに、見た目や名前だけでなく、「自分が好きな人が自分ではなく他の人が好き」、「まわりにちやほやされている」などです。 つまり、「自分には無いものを持っている」、「普通とは違う」、「自分の思うように動かない」などです。 自分とは違うからといって、いじめをしていいとう理由には、なりません。 人は違ってあたりまえですし、自分の思うようにはなりません。 「名前が変」という理由は、その人の親が「こんなふうに育ってほしい」という願いをこめて付けた名前です。 「自分の好きな人が自分ではなく他の人が好き」という理由は、自分勝手だと思います。 だれを好きになるかは、その人の自由だと思うからです。 いじめが起こってしまうのは、とても、小さなことが原因だと思います。 では、いじめはどうして、増え続けているのでしょうか。 まず、一番の理由が、パソコンや携帯電話のインターネットなどです。 インターネットでかきこまれた言葉は、たくさんの人の目にとまります。 たとえ、そのかきこまれた言葉を消したとしても、見た人の記おくに残ってしまいます。 最近、「ネットいじめ」というのが、増えているそうです。 ネットでは、顔も名前も分からないので、だれにいじめられたのかも、分かりません。 そのため、だれにも心を開くことができなくなってしまうそうです。 一方、いじめる側は、顔も名前も分からないため、いじめたという自覚が、無いそうです。 他にも、LINEを使ったいじめが増えています。 無理矢理、LINEのグループに入れて、その中で、いじめをするそうです。 ネットいじめの、一番おそろしいところは、やはり、顔や名前などが分からないことだと思います。 顔や名前が分からない分、「もしかして、この人かもしれない。 」と疑ってしまい、人を信用することができなくなり、一人になってしまうのは、とてもおそろしいと思います。 それでは、いじめを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。 一つ目は、相手の気持ちを、考えることです。 自分では、悪気はまったくない言葉でも、相手には、とても、ひどいと聞こえてしまう言葉もあります。 そのせいで、深く傷ついてしまうこともあります。 また、その言葉のせいで、自殺してしまうかもしれません。 だから、自分の気持ちだけを、伝えるのではなく相手の気持ちも、考えるべきだと思います。 二つ目は、加害者のかかえる問題を解決することです。 いじめの加害者は、多くの場合、心や家族に問題をかかえています。 家族では、「子供に無関心な家庭。 」や「ぎゃく待家庭。 」、「放任家庭。 」などがあるそうです。 また、特性では、「自分に自信がない。 」、「自分が好きになれずに、コンプレックスをかかえている。 」や「小学校時代の被害者が、中学校では加害者に変わる。 」などがあるそうです。 そのため、加害者のかかえる問題を、解決することが大切です。 三つ目は、いじめは絶対にしてはいけないという、意識を持つことです。 いじめは犯罪ですから、たとえ、自分の悪口を言う人がいたとしても、その人を、いじめていいということにはなりません。 被害者が加害者にいじめを仕返しても、それは、絶対にしてはいけないことです。 いじめは絶対に許せないことです。 人はそれぞれ違ってあたりまえですから、いじめの理由にはなりません。 それに、普段、身近にあるインターネットまで、いじめに使われています。 それほど、いじめは増え続けています。 いじめは今も増え続けています。 自分が、被害者や加害者にならないためにも、相手の気持ちを考え、意識を持っていきたいです。

次の