ジャックスカードゴールド。 最短1週間発行ジャックスカードゴールドの審査と評判

最短1週間発行ジャックスカードゴールドの審査と評判

ジャックスカードゴールド

JACCSが単独で発行する プロパーカードは名前の通り 「ジャックスカード」になります! REXカード・エクストリームカード・漢方スタイルクラブカードといった提携カードに比べて、ポイント還元率のインパクトなどは自体はあまり高くはありませんが、ジャックスの基本的なサービスがバランスよく付帯している、 正統派のクレジットカードになります。 特典やカードの特徴がハッキリしており「お得感」重視な提携カードに比べ、どちらかといえばプロパーカードは カードブランド自体に重視・惹かれている人に選ばれる傾向があります。 私自身は、提携先のサービス利用目的で圧倒的に提携カードのほうが財布の中に多くあるのですが、プロパーカードの魅力についても気になるところではあります。 今回はJACCSのプロパーカードである「ジャックスカード」についてまとめてみました!• 提携ブランド:VISA、Master、JCB• 支払日:月末締め/翌月27日払い(金融機関が休業日にあたる場合は翌営業日)• 年会費: 1,250円(税抜)• ポイント名称:ラブリィポイント• 5%)• ポイント有効期限:ポイント付与月から起算して24ヶ月• ポイント優遇対象サービス:JACCSモール• ポイントの提携:Jデポ、他社ポイント移行、商品・商品券引き換え• 利用可能最低ポイント数: 1,000ポイント以上(単位は交換先による)• 家族カード:3枚まで発行可能 年会費: 400円(税抜)• ETCカード:発行手数料・年会費ともに 無料• 旅行保険:海外旅行傷害保険(自動付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)• ショッピング保険:無 ジャックスカードは、VISA、Master、JCBと国際ブランドが主力3つから。 提携カードに比べて選択肢が広がっています。 VJAギフトカード(3,250ポイント=3,000円分)• Amazonギフト券(3,250ポイント=3,000円分)• クオ・カード(3,250ポイント=3,000円分)• ANAマイル(5ポイント=ANAマイル3/1,000ポイント以上500ポイント単位)• JALマイル(5ポイント=JALマイル2. 5/1,000ポイント以上500ポイント単位)• dポイント(1ポイント=dポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)• au WALLETポイント(1ポイント=au WALLETポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)• Tポイント(1ポイント=Tポイント0. 9/1,000ポイント以上500ポイント単位)• 楽天ポイント(1ポイント=楽天ポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)• nanacoポイント(1ポイント=nanacoポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)など… ポイントを有効的に使う例としては、Jデポがよさそうですね。 1,000ポイント=Jデポ1,050円相当と、交換レートの良さに加え、使い道を選ぶ請求額から引かれるというのは使い勝手が良いでしょう。 さらなるポイント獲得を目指して… オンラインショッピングやサービス利用をWeb上で検索&決済する場合は積極的に「 」経由で行うようにしましょう!JACCSモール経由で買い物をすると、 ショップやサービスごとに設定されている料率でJデポをプラスで獲得することができます。 JACCSモールには 有名なネットショップやサービスがたくさん用意されているので、使う機会はなかなか多いのではないでしょうか。 Amazon(0. 5%)• 楽天市場(0. 5%)• Yahoo! ショッピング(0. 5%)• ポンパレモール(0. 5%)• SEIYUドットコム(1%)• UNIQLO(0. 5%)• じゃらん(1%)• 楽天トラベル(0. 5%)• ヤフオク!(0. 5%)• Expedia(2. 5%) など… JACCSモールを経由することで、あまり高くはないジャックスカードの還元率が0. 5%を上手くカバーしてくれるでしょう。 20万円未満:0%• 20万円以上:40%• 50万円以上:50%• 100万円以上:70%• 150万円以上:80%• 200万円以上:90%• ジャックスカードのデメリット ジャックスカードはこれといって絶対的なメリットを見出すのが難しいところもありますが、デメリットとして挙げる点もそこまでありません。 しいて挙げるとしたら、 使っても使わなくても年会費発生があるため、どうしても年会費無料にこだわりたい人には向かないかもしれません。 普通に使っていても、提携カードのような高還元率というわけでもないのでオトク感をイマイチ感じられないというのもあるかもしれません。 ジャックスカードゴールド ジャックスカードには、上位ランクのカードとして 「ジャックスカードゴールド」があります!ベーシックなジャックスカードが更にハイスペックになったもので、基本的なカードスペックは共通ですが、 ゴールド独自の付帯サービスであったりポイント優遇サービスにも違いがあります。 年会費• 本会員:初年度無料/次年度以降5,000円(税抜)• 家族会員:初年度無料/次年度以降1人目無料、2人目以降500円(税抜) 上記のように、ゴールドの場合は年会費が5,000円(税抜)と普通カードより高い設定となっています。 ステージ次第では、年会費の元をとることも出来まよ!• ブロンズ(50万円以上):Jデポ1,000円分• シルバー(100万円以上):Jデポ2,000円分• ゴールド(150万円以上):Jデポ3,000円分• プラチナ(200万円以上):Jデポ5,000円分• ロイヤル(300万円以上):Jデポ10,000円分 ゴールドを選択してメインでの決済を行うのであれば、50万以上の決済は普段使いで達成できそうですね。 Jデポ1,000円分の値引きが上乗せされるだけでもかなりお得ではないでしょうか。 毎年12月がゴールド月間に指定されており、期間中はなんとショッピング獲得ポイントが3倍になります!家族カードも適用となりますので、ポイント獲得率が当該期間はグンとあがります! 12月はクリスマス・年末年始・正月などイベントが多数控えている月でもあり、クレジットカードで決済する機会も金額も多りがちなシーズンです。 ベーシックタイプにはついていないショッピング保険がゴールドでは付帯サービスとして用意されています!• 傷害治療費用 本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円• 疾病治療費用 本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円• 賠償責任 本会員:最高3,000万円/家族会員:最高3,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円• 携行品損害 本会員:最高20万円/家族会員:最高20万円/家族特約対象者:最高10万円• 救援者費用 本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円• 入院 本会員・家族会員・家族特約対象者共通:5,000円/1日につき• 通院 本会員・家族会員・家族特約対象者共通:3,000円/1日につき 年会費5,000円クラスこの付帯内容は、非常にコストパフォーマンスに優れているといえます。 また、付帯保険の中でも注目すべき点は、 航空便遅延費用補償が海外・国内旅行傷害保険にもついていることです!この年会費で考えると、かなり優秀な補償内容だと思います。 航空便遅延に関わる保険内容は、一般のカードにはついていないことが多く上級ランクのクレジットカードには付帯されますが、年会費が高額となることが多いです。 海外航空便遅延費用(ゴールドカードのみ付帯/金額は1回の限度額)• 保険金請求に関わるところの確認や保険金支払の対象にならないケースなど、注意事項については公式サイトで要チェックです。 空港ラウンジサービス また、ジャックスゴールドカードでは 「空港ラウンジサービス」がカードに付帯!ジャックスカードゴールドと当日の搭乗券あるいは航空券の提示で、国内の主要空港であれば年中無休・無料で利用することができますよ。 出発前にゆっくりとコーヒーを飲みながらくつろげたりと、充実とした旅にしてくれそうです。 ジャックスカードは、ラブリィポイントの使い道が提携カードより充実していることもあり、もしカード選びに悩んだ時の選択肢として加えるとよいでしょう。 また、ジャックスカードとジャックスカードゴールド二つを比較してみると、 ゴールドのメリットが非常に際立っている印象があります。 年会費の面を考慮してランニングコストがある程度高くなってしまうとはいえ、年会費初年度無料の優遇・家族カードが1枚までは無料で持つことが出来るなど、 年会費の金額だけでは一概に判断できないメリットがあると思います。 ポイント優遇サービスが普通カードに比べて多く用意されているところや、カード年会費と付帯内容・サービスを照らし合わせると 「ジャックスカードゴールド」が質の高い優れたサービスを包括しているといえます。 年会費初年度無料の優遇がない• 家族カードに年会費がかかる• ポイントアップゴールド専用プログラム対象外• ショッピング保険付帯無し• 旅行傷害保険に家族会員・家族特約対象外• 航空便遅延補償対象外• 空港ラウンジ利用が出来ない やはりベーシックタイプの場合、ゴールドはサービス比較の面ではなかなか追いつけないところが目立ちますね。 ゴールドのほうがコストパフォーマンスが高いと紹介しましたが、 実はカード入会条件がそれぞれ違うので要注意です。 学生や20歳未満はゴールドの申込は出来ません。

次の

株式会社ジャックス(JACCS)が発行するゴールドカード

ジャックスカードゴールド

審査通過のポイントは枠を欲しがらないこと しかし、これにも例外があり30万円以下の少額限度額の場合は、支払可能見込額を算定する必要はない。 どうしてもジャックスカード欲しければ既存のカードを解約して、与信枠を下げて再チャレンジするか。 属性を大きく変えるしか他に方法が無いと考える。 再チャレンジする場合は、申込情報が信用情報の履歴に残るため、少なくとも6ヶ月以上は空ける必要がある。 くれぐれも注意して欲しい。 キャッシングと違い年収証明の提出は不要なので、年収については自己申告となるが、実態とかけ離れた申告をしないようくれぐれも注意して欲しい。 詳細は、 で詳しく解説している。 なお、余談になるが、過去ジャックスに何かしらの迷惑行為 自己破産、債務整理、滞納 を及ぼした人は、クレジットカードはもちろんショッピングローンの審査にも落ちる可能性が大なので、他をあたるしかない。 jaccsカードの審査通過率を上げる方法は? ジャックスカードの審査通過率を上げるには、審査の際に引っかかりそうなポイントをあらかじめ避けておくといいだろう。 たとえば、年収にバラ付きがある方は、年収の高い金額(手取りではなく総額)を記載する。 虚偽申告はいけないが、年収は自己申告なのであまり煩く言われない。 申込用紙の記載した内容は、コンピューターが読み取って自動的に判断するので、あまり几帳面に書く必要はない。 もしも賃貸で暮らしている場合には、実家の住所(持ち家)を申告するのもありだろう。 ただし、持ち家(ローンあり)の場合、生活費が多くなる分、上記で述べた支払可能見込額が少なくなる。 一番通りやすいのは、生活費が少なく自由にできるお金の多い独身男性(20~30代)の正社員だ。 家計を同じくする家族が多い場合や、自宅のローンがある場合、社会的信用があってもクレジット審査ではマイナスに働くことがあるので注意したい。 ジャックスカードより審査基準の低いカードは? ジャックスカードの審査難易度は高めであり、信用情報に遅延や延滞の履歴がなく、一定の年収がある方でも審査に落ちている。 「アルバイトの自分にはジャックスカードは無理かもしれない」と不安に思われる方は、審査通過率の高い楽天カードがおすすめだ。 楽天カードは審査の間口が広く、信用情報に問題がなければ、大抵の方は審査に通る。 ジャックスカード(スタンダード)と楽天カードのサービス内容を比較すると、以下のような違いがある。 ジャックスカード 楽天カード 年会費 本人会員税抜1,250円(初年度年会費無料ではない) 家族会員税抜400円 本人会員・家族会員ともに年会費無料 入会プレゼント Jデポ1,000円分プレゼント(新規発行と同時にリボ払いに登録することが条件) 新規入会・利用で5,000ポイントプレゼント ポイントプログラム ラブリィポイント、ポイントアップ率最大100% 楽天スーパーポイント ポイント還元率 基本還元率0. 5%(200円につき1ポイント)、ジャックスモールなら還元率最大12% 基本還元率1. 0%(100円につき1ポイント)、提携店舗で最大3倍、さらに楽天市場内で最大11倍 ポイントの主な移行先 ANAマイル、JALマイル、dポイント、au WALLETポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、Gポイント、ベルメゾン・ポイント、nanacoポイント ANAマイル、楽天Edy ポイントの主な交換商品 Amazonギフト券、ANA SKYコイン、VJAギフトカード JCBギフトカード、QUOカード・図書券 付帯保険 最高2,000万円の海外旅行保険(自動付帯) 最高1,000万円の国内旅行傷害保険(利用付帯) ショッピング保険なし 最高2,000万円の海外旅行保険(利用付帯) 国内旅行保険なし 付帯サービス カード盗難保険(届出前60日間・届出後60日間、最大121日間補償) ネットあんしんサービス カード盗難保険(届出前60日間補償) ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 楽天カードはポイント付与率が高いのでメインカードとして使用できる。 ただし、楽天カードは「審査に通過しやすい」「サービス内容が充実している」というメリットで人気を博している一方、「ポイントの交換先が少ない」「些細なことで解約されやすい」などのデメリットもある。 「楽天カードは、利用可能枠の上限近くまで利用すると解約される」「他のカードと契約したら解約された」など、一見すると不合理と思われる理由で解約される場合もある。 審査の間口が広い分、契約後の与信審査で落とされやすいという特徴がある。 「長く付き合えるカードを探している」という方は、クレヒスを積んだ後である程度審査難易度の高いカードに申し込む方がいいだろう(もちろんジャックスカードでOKだ)。 ジャックスカードにはポイントのキャッシュバックサービス(Jデポ)もあり、請求金額からポイント分を差し引くこともできる。 カード名 年会費 特徴 初年度無料 次年度は条件付無料 ポイント還元最大1.

次の

ジャックスカードとジャックスカードゴールド徹底比較まとめ

ジャックスカードゴールド

ポイントについて ポイントプログラム 月間カード利用金額1,000円 税込 ごとに1ポイントプレゼント。 (通称ラブリィポイント) 前年度のショッピングでの年間合計利用金額と、入会年数の2つの組み合わせでステージが変動し、翌年1年間のポイントアップ率が最大70%アップします。 ちなみに入会から3年目までは、年間100万円以上のショッピング利用で翌年は50%ポイントがアップします。 有効期限は2年間となっています。 ショッピングモール セディナカード会員のためのショッピングモール「セディナビ!」を経由して買い物をすれば、ポイントが最大20倍貯まります。 「セディナビ!」には、楽天市場、Yahoo! ショッピング、nissen、日本旅行、H. 、Apple Store、ビックカメラ、高島屋、大丸松坂屋、伊勢丹などなど、誰もが知っている有名ショップが多数参加しています。 Jデポとは、Jデポ有効期間内のカードショッピングご利用金額から、Jデポ金額を差し引いてご請求させていただく値引きシステムのことで、下表に示す、該当ステージに応じてもらえるJデポ分をカードの利用金額から値引きしてもらえます。 なお、Jデポの有効期限は3ヶ月となっています。 年間利用金額 ステージ名称 特典 300万円以上 ロイヤル Jデポ10,000円分 200万円以上 プラチナ Jデポ5,000円分 150万円以上 ゴールド Jデポ3,000円分 100万円以上 シルバー Jデポ2,000円分 50万円以上 ブロンズ Jデポ1,000円分 保険 旅行傷害保険 最高3,000万円まで補償する国内旅行傷害保険および海外旅行傷害保険が付帯しています。 国内旅行傷害保険は、カードで事前に旅行代金等を支払った場合にのみ、保険が適用されます。 ショッピング保険 国内・海外を問わず、ジャックスカードゴールドで購入した商品が盗難・破損・火災等にあった場合に、購入日から90日間、最高100万円まで補償するショッピングプロテクションが付帯されています。 旅行・エンターテイメント ジャックス・トラベルデスク パッケージツアーやホテル、航空券、各種交通機関の予約や相談を承る会員専用のトラベルデスクを用意。 大手旅行会社の国内・海外パッケージツアーを3〜5%OFFで申込みできます。 J's コンシェル 旅行やグルメ、ショッピングなど様々なカテゴリで、会員向けの優待サービスが多数用意されています。 空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジを無料で利用できる特典が付帯されています。 Visa国際線手荷物宅配サービス 国際線を利用して海外へ行った際に、帰国時に手荷物を2個まで、1個につき500円で宅配してくれるサービス。

次の