ビタミン c コロナ ウイルス。 コロナウイルス と ビタミンC と 幹細胞培養上清療法

新型コロナウイルスとの戦いにおけるビタミンとメラトニン — みんな健康

ビタミン c コロナ ウイルス

先日、帯状疱疹になった際、病院に行かずに自然治癒するのを待ちました。 自然治癒を待ったと言っても、ビタミンCのサプリメントを大量に摂取しているのですが。 帯状疱疹は、風邪やインフルエンザと同じくウイルス感染によって起こる病気です。 ウイルス感染を予防したり治したりするには、ビタミンCを多く摂取することが大事だと言われていますから、帯状疱疹の場合も、ビタミンCを多く摂取すれば治りが早いだろうと思って大量摂取したわけです。 ウイルス感染の仕組み ウイルス感染にビタミンCが有効だと言われるようになったのは戦後からのようです。 分子栄養学を提唱した三石巌先生の「ビタミンC健康法」という本では、ライナス・ポーリング先生が1970年に「さらば風邪薬」を書いたことでアメリカで賛否の嵐が巻き起こったと紹介されていました。 ポーリング先生は、2度もノーベル賞を受賞した科学者で、ビタミンCによる健康自主管理をすすめてきました。 ビタミンCが、なぜウィルス感染に効果があるのかを紹介する前にウィルス感染の仕組みを簡単に説明します。 ウイルスは、生物のようでもあり無生物のようでもある不思議な存在。 彼らは、自力で増殖する能力を持っていません。 だから、増殖するためには、他者の力を借りる必要があります。 ウイルスは、自らの遺伝情報が書きこまれたDNAまたはRNAを宿主の細胞の中に入れます。 そして、DNAやRNAが細胞内に入ると、ウイルスの増殖が始まります。 「ビタミンC健康法」では、以下のようにウイルスの増殖の仕組みを説明しています。 ウイルス細胞が標的細胞とドッキングした時、衣は細胞膜の外に置き去りにされるから、細胞に侵入するものは、DNAまたはRNAである。 本来なら、リボゾームは、その細胞の遺伝情報の解読を始める。 すなわち、本来の作業は、ここで放棄される。 この時、リボゾームで作られたアミノ酸の鎖、すなわちタンパク質は、ウイルスの衣のそれである。 ウイルスに感染した細胞は、全力をあげてウイルスの衣を作る。 その衣の中には複製したDNAなりRNAなりが収められる。 ということは、細胞がウイルス製造工場に変貌したことを意味している。 (118~119ページ) 細胞内で製造されたウイルスは、細胞膜を破って外に放出されます。 放出されたウイルスは、次の細胞の中にDNAまたはRNAを入れ込み、さらにウイルスの複製を作っていきます。 このようにしてウイルスが増殖していくと、宿主の細胞が破壊されていくので、ウイルスに感染すると辛い思いをしなければならないんですね。 インターフェロンを作るのにビタミンCが必要 宿主がウイルスをやっつけるためには、免疫細胞がウイルスをやっつける抗体を作らなければなりません。 でも、抗体が作られるまでには、数日から数週間かかるので、その間はウイルスの増殖を許すことになります。 もしも、抗体ができあがる前にウイルスに多くの細胞を破壊されてしまえば、宿主の体は大きなダメージを受けますし、最悪の場合は死にいたります。 では、せめて、ウイルスの増殖だけでも抑えることはできないでしょうか。 それができるのです。 インターフェロンというものを使って。 ある細胞がウイルスに感染すると、その中でインターフェロンが作られ、それが周囲の細胞に摂り入れられる。 インターフェロンを持っている細胞は、ウイルスに奉仕することができなくなるのだ。 (127~128ページ) この イ ンターフェロンを合成するのに必要となるのがビタミンCです。 インターフェロン合成にビタミンCは補酵素の役割を持つと考えられています。 したがって、体内のビタミンCが少なければ、作られるインターフェロンも少なくなるので、細胞がウイルスに感染しやすくなります。 反対に体内のビタミンCが多ければ、インターフェロンの合成量が増えることが期待されるので、細胞に侵入するウイルスを減らすことができると考えられます。 ここにビタミンCが、ウイルス感染に有効だという根拠が見出せるわけですね。 ビタミンCそのものによるウイルス破壊 さらにビタミンCには、それそのものにウイルスを破壊する作用があるとされています。 試験管内にウイルスとビタミンCを入れて混ぜると、ウイルスが破壊されるそうです。 試験管内ですから、インターフェロンはありませんし、ウイルスをやっつける免疫細胞もいません。 だから、ビタミンCがウイルスをやっつけたと想像するしかありません。 ビタミンCがウイルスを破壊する仕組みは以下のように説明されています。 この環境には酸素があるために、ビタミンCは自動的に酸化する。 (133ページ) アスコルビン酸は、ビタミンCのことです。 ビタミンCは、他の物質に電子を与える作用が強く酸素が近くにあると電子を酸素に渡します。 すると、ビタミンCは電子を失った酸化型ビタミンCとなります。 酸化型ビタミンCは、今度は他の物質から電子を奪う力を持ち、試験管内のウイルスが持つ電子はビタミンCに取られてしまいます。 そして、電子を失ったウイルスは破壊されるということですね。 医学界ではビタミンCの抗ウイルス作用に否定的 ここまで読まれた方は、ビタミンCは風邪やインフルエンザなどのウイルス感染の予防や治療に役立ちそうだと思ったのではないでしょうか。 しかし、医学界では、ビタミンCの抗ウイルス作用には否定的です。 実験しても、ビタミンC摂取で優位にウイルス感染症の治りが早まったという結果は認められなかったそうです。 これに対して、ポーリング先生は、風邪薬は製薬会社のドル箱になっているからビタミンC予防薬説を圧殺するのだという旨の主張をしています。 あなたは、どちらの言い分を信じますか? 信じるも何も、こんなことは実際にやってみれば良いだけです。 多くの人は1年に1回くらいは風邪をひくでしょう。 そして、風邪になった時、風邪薬を飲んでいると思います。 その風邪薬を飲むのを止めてビタミンCを大量摂取すれば結果がわかります。 風邪気味だと感じた時にドラッグストアでビタミンCを買ってきて、大量摂取します。 ビタミンCは摂取し過ぎると下痢をします。 下痢をした時点で、体のビタミンC要求量を超えたことを意味します。 下痢をすると、いろんな栄養素が外に出てしまいますから、軟便になってきたところで、ビタミンCの摂取量を減らしていきましょう。 いつもよりも早く風邪が治ればビタミンCのおかげと想像できますし、いつもよりも苦しんだ場合は風邪薬の方が効き目があるとわかりますよね。 ビタミンC要求量は人によって差がありますし、同一人でも、その時の状況によってビタミンC要求量は変わってきます。 だから、数値でどれだけのビタミンCを摂取すれ良いかを示すことはできません。 また、ビタミンCはビタミンEと連携して体内で働くので、ビタミンCを大量摂取する際はビタミンEも摂取しておいた方が良いでしょう。 ビタミンCのサプリメントは、60グラムが400円程度で買えます。 アスコルビン酸の粉末だと、1kgで2千円くらいですから、こちらの方がコスパが良いです。 でも、スーパーには置いてませんでしたし、ドラッグストアでは200グラムで3千円もするアスコルビン酸しか売ってませんでした。 なので、アスコルビン酸が欲しい方は、通販を利用するしかなさそうです。 参考文献•

次の

ビタミンC大量摂取でウイルス感染の予防と治療は可能なのか?

ビタミン c コロナ ウイルス

栄養素を分子レベルで投与、病気を予防・治療 1994年に設立された「オーソモレキュラー医学会」はカナダのトロントに本部を置き、現在22カ国が参加している。 現在3代目となる会長は柳沢氏が務めている。 日本の会員数は1200名で、主に医師・看護師などのヘルスケア従事者が参加している。 オーソモレキュラー医学とは「人間の体の中に自然に存在するビタミン・ミネラル・アミノ酸などの適切な栄養素を分子レベルで最適な量を投与し、病気の予防や治療をする医学である」と柳沢氏。 「オーソモレキュラー」は、ノーベル平和賞を2回受賞したライナス・ポーリング博士(米国)が1968年に提唱した、ギリシャ語の「Ortho(正しい)」と「Molecular 分子 」という単語を組み合わせた造語である。 オーソモレキュラー医学では、単なる健康維持ではなく病気の予防や治療を積極的に行う栄養医学を目指している。 オーソモレキュラー医学会、新型コロナウイルスに関する声明を発表 現在世界中で問題になっている新型コロナウイルスについては、有効なワクチンや抗ウイルス製剤が現時点で承認されていない。 そのため、「うがい・手洗い・外出を控える」が予防や感染拡大防止の基本となっている。 現状、無症状の人から重症の人まで幅広く、特に高齢者や基礎疾患のある人は重篤な状況に陥りやすく、発症は個々の免疫力にかかっているとされている。 そうした中、オーソモレキュラー医学会では新型コロナウイルスに関する声明を発表した。 アンドリュー・ソウル編集長を中心に、世界中から42人の栄養療法の専門家である編集委員に情報収集や記事作成を依頼、集まった情報や記事を全編集委員で推敲、24〜44時間で全世界に配信している。 摂取目安量の根拠について、ビタミンCは、「1gを1時間ごとに6回、以後1日3回投与することで風邪とインフルエンザの症状が緩和。 また、ビタミンC1gを1日3回投与することで症状の予防ができた」という1996年に出された論文に基づいているとした。 ビタミンD3(1日5000IUでスタート、3週目から2000IUに減量を推奨)については、慈恵医大の分子疫学研究室の浦島教授の研究で「ビタミンDにはA型インフルエンザの罹患率を減少させる作用がある」(2010年論文)とした。 一般的な成人の血中にビタミンDがどの程度あるのか調べたところ(慶應義塾大学医学部付属病院の女性勤務者571名の血清ビタミンD測定値)、日照時間が長い夏の後でもビタミンDが正常値である成人女性は30%以下で、70%以上にビタミンDの低下や欠乏が見られたという。 ちなみにビタミンDは紫外線を浴びることで生成される。 食品ではキノコ類や魚類の内蔵に含まれている。 新型コロナウイルスが北海道でオーバーシュートしたこととビタミンDの血中濃度の関係も示唆されている。 マグネシウムとセレン、細胞内のさまざまな代謝に深く関わり、健康な免疫機能を維持 亜鉛の摂取目安量は1日20mgだが、日本人の子供、老人、女性で亜鉛の摂取量が減少していることが指摘されている。 また、マグネシウムとセレンは細胞内のさまざまな代謝に深く関わり、健康な免疫機能を維持する、また抗炎症にも必須の栄養素である。 こうした栄養素を推奨目安量、通常の食事から摂取することができるかについて。 そのためサプリメントの摂取が望ましい、と柳沢氏。 5切れに相当する。 また冬でも太陽を1時間浴びることや、キノコ類など様々な食材で補うことである程度カバーできる可能性がある。 亜鉛は牡蠣のむき身2個、セレンはマグロ切り身5切れ、マグネシウムは納豆8パックに相当するが、納豆だけでなくさまざまな豆類、イモ類、カカオなどにも含まれているのでバランス良い食事でカバーできる可能性が十分ある。 理想的な献立例としては、朝食に焼き鮭・納豆・青菜のおひたし・油揚げの味噌汁・ごはん、昼食にマグロの刺身定食、夕食に牡蠣鍋、そしてビタミンCのみサプリメントで補充するのが良い。 またこれに海藻類を足すことで、良好な腸内フローラの育成にも役立つ。 インフルエンザや肺炎などあらゆるウイルスにビタミンCは有効 さらに、「医療機関に入院した場合のコロナウイルスおよび関連疾患へのビタミン C 点滴療法について」で、ビタミン C はある程度大量に投与することによってコロナウイルス重症者を助けることができるであろう、ということ。 オーソモレキュラー学会では、従来の基本治療に加え高濃度ビタミンC点滴とサプリメントの投与を推奨している。 具体的に軽症者にはビタミンC点滴12. 5g、重症者には25gのビタミンC点滴を行う。 これは2017年に発表されたビタミンC投与に関する論文に「重症の敗血症患者の院内死亡率は40. 4%だが、これにビタミンC6gを併用することで死亡率が8. また、中国の武漢大学付属中南病院では、新型コロナウイルスによる重症肺炎患者の治療に1日24gのビタミンC点滴を併用する試験を開始していて、実際に回復例も確認されたという。 ビタミンC摂取の有効性については「証明されていない」という意見もあるが、新型コロナウイルスは「新型」であるためビタミンCだけでなくまだ何も証明されていない。 ただウイルスである以上、これまでの経験で対応できる部分もある。 これまでの経験とは「インフルエンザや肺炎などあらゆるウイルスにビタミンCは有効だ」ということ。 先が見えない感染拡大状況の中、「安全な栄養療法」を取り入れる もちろんビタミンCはCOVID19を治すわけではない。 しかし、ビタミンCは免疫システムをサポートし、高め、感染症状を緩和し、重症度を下げることに役立つ。 「手洗い・うがい・外出を控える」ことに加え、安全な栄養療法を加えることで健康レベルを高く保つことを心がける必要がある。 具体的には、少なくとも1日3gのビタミンCを何度かに分けて摂取すること、と柳沢氏。 会場からは「ビタミンCの摂取について、普通の食事から摂れない量をあえて摂取することが本当に健康に良いのか疑問」という質問が上がったが、これに対し柳沢氏は「人間と猿以外の動物は体内でビタミンCを大量に作れるシステムを持っている。 人間もオーガニックな食事と十分な睡眠とストレスフリーな生活ができるのであれば、普通の食事から摂取できる量でカバーできると思うが、そうではない以上サプリメントで補うというのは選択肢の一つではないか」と回答した。 先が見えない感染拡大状況を鑑みると、「うがい・手洗い・外出を控える」に加え、「安全な栄養療法」を取り入れるという選択肢を加える必要があるとした。

次の

新型コロナウイルスとの戦いにおけるビタミンとメラトニン — みんな健康

ビタミン c コロナ ウイルス

栄養素を分子レベルで投与、病気を予防・治療 1994年に設立された「オーソモレキュラー医学会」はカナダのトロントに本部を置き、現在22カ国が参加している。 現在3代目となる会長は柳沢氏が務めている。 日本の会員数は1200名で、主に医師・看護師などのヘルスケア従事者が参加している。 オーソモレキュラー医学とは「人間の体の中に自然に存在するビタミン・ミネラル・アミノ酸などの適切な栄養素を分子レベルで最適な量を投与し、病気の予防や治療をする医学である」と柳沢氏。 「オーソモレキュラー」は、ノーベル平和賞を2回受賞したライナス・ポーリング博士(米国)が1968年に提唱した、ギリシャ語の「Ortho(正しい)」と「Molecular 分子 」という単語を組み合わせた造語である。 オーソモレキュラー医学では、単なる健康維持ではなく病気の予防や治療を積極的に行う栄養医学を目指している。 オーソモレキュラー医学会、新型コロナウイルスに関する声明を発表 現在世界中で問題になっている新型コロナウイルスについては、有効なワクチンや抗ウイルス製剤が現時点で承認されていない。 そのため、「うがい・手洗い・外出を控える」が予防や感染拡大防止の基本となっている。 現状、無症状の人から重症の人まで幅広く、特に高齢者や基礎疾患のある人は重篤な状況に陥りやすく、発症は個々の免疫力にかかっているとされている。 そうした中、オーソモレキュラー医学会では新型コロナウイルスに関する声明を発表した。 アンドリュー・ソウル編集長を中心に、世界中から42人の栄養療法の専門家である編集委員に情報収集や記事作成を依頼、集まった情報や記事を全編集委員で推敲、24〜44時間で全世界に配信している。 摂取目安量の根拠について、ビタミンCは、「1gを1時間ごとに6回、以後1日3回投与することで風邪とインフルエンザの症状が緩和。 また、ビタミンC1gを1日3回投与することで症状の予防ができた」という1996年に出された論文に基づいているとした。 ビタミンD3(1日5000IUでスタート、3週目から2000IUに減量を推奨)については、慈恵医大の分子疫学研究室の浦島教授の研究で「ビタミンDにはA型インフルエンザの罹患率を減少させる作用がある」(2010年論文)とした。 一般的な成人の血中にビタミンDがどの程度あるのか調べたところ(慶應義塾大学医学部付属病院の女性勤務者571名の血清ビタミンD測定値)、日照時間が長い夏の後でもビタミンDが正常値である成人女性は30%以下で、70%以上にビタミンDの低下や欠乏が見られたという。 ちなみにビタミンDは紫外線を浴びることで生成される。 食品ではキノコ類や魚類の内蔵に含まれている。 新型コロナウイルスが北海道でオーバーシュートしたこととビタミンDの血中濃度の関係も示唆されている。 マグネシウムとセレン、細胞内のさまざまな代謝に深く関わり、健康な免疫機能を維持 亜鉛の摂取目安量は1日20mgだが、日本人の子供、老人、女性で亜鉛の摂取量が減少していることが指摘されている。 また、マグネシウムとセレンは細胞内のさまざまな代謝に深く関わり、健康な免疫機能を維持する、また抗炎症にも必須の栄養素である。 こうした栄養素を推奨目安量、通常の食事から摂取することができるかについて。 そのためサプリメントの摂取が望ましい、と柳沢氏。 5切れに相当する。 また冬でも太陽を1時間浴びることや、キノコ類など様々な食材で補うことである程度カバーできる可能性がある。 亜鉛は牡蠣のむき身2個、セレンはマグロ切り身5切れ、マグネシウムは納豆8パックに相当するが、納豆だけでなくさまざまな豆類、イモ類、カカオなどにも含まれているのでバランス良い食事でカバーできる可能性が十分ある。 理想的な献立例としては、朝食に焼き鮭・納豆・青菜のおひたし・油揚げの味噌汁・ごはん、昼食にマグロの刺身定食、夕食に牡蠣鍋、そしてビタミンCのみサプリメントで補充するのが良い。 またこれに海藻類を足すことで、良好な腸内フローラの育成にも役立つ。 インフルエンザや肺炎などあらゆるウイルスにビタミンCは有効 さらに、「医療機関に入院した場合のコロナウイルスおよび関連疾患へのビタミン C 点滴療法について」で、ビタミン C はある程度大量に投与することによってコロナウイルス重症者を助けることができるであろう、ということ。 オーソモレキュラー学会では、従来の基本治療に加え高濃度ビタミンC点滴とサプリメントの投与を推奨している。 具体的に軽症者にはビタミンC点滴12. 5g、重症者には25gのビタミンC点滴を行う。 これは2017年に発表されたビタミンC投与に関する論文に「重症の敗血症患者の院内死亡率は40. 4%だが、これにビタミンC6gを併用することで死亡率が8. また、中国の武漢大学付属中南病院では、新型コロナウイルスによる重症肺炎患者の治療に1日24gのビタミンC点滴を併用する試験を開始していて、実際に回復例も確認されたという。 ビタミンC摂取の有効性については「証明されていない」という意見もあるが、新型コロナウイルスは「新型」であるためビタミンCだけでなくまだ何も証明されていない。 ただウイルスである以上、これまでの経験で対応できる部分もある。 これまでの経験とは「インフルエンザや肺炎などあらゆるウイルスにビタミンCは有効だ」ということ。 先が見えない感染拡大状況の中、「安全な栄養療法」を取り入れる もちろんビタミンCはCOVID19を治すわけではない。 しかし、ビタミンCは免疫システムをサポートし、高め、感染症状を緩和し、重症度を下げることに役立つ。 「手洗い・うがい・外出を控える」ことに加え、安全な栄養療法を加えることで健康レベルを高く保つことを心がける必要がある。 具体的には、少なくとも1日3gのビタミンCを何度かに分けて摂取すること、と柳沢氏。 会場からは「ビタミンCの摂取について、普通の食事から摂れない量をあえて摂取することが本当に健康に良いのか疑問」という質問が上がったが、これに対し柳沢氏は「人間と猿以外の動物は体内でビタミンCを大量に作れるシステムを持っている。 人間もオーガニックな食事と十分な睡眠とストレスフリーな生活ができるのであれば、普通の食事から摂取できる量でカバーできると思うが、そうではない以上サプリメントで補うというのは選択肢の一つではないか」と回答した。 先が見えない感染拡大状況を鑑みると、「うがい・手洗い・外出を控える」に加え、「安全な栄養療法」を取り入れるという選択肢を加える必要があるとした。

次の