薬屋のひとりごと 小説 web 違い。 薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと文庫化について|日向夏の活動報告

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

薬屋のひとりごと あらすじ 猫猫は医師である養父を手伝って薬師として花街で働く少女だったが、人攫いによって後宮に下女として売られてしまう。 年季が明けるまで目立たぬように勤めるつもりだったが、皇子の衰弱事件の謎を解いてしまったことから美形の宦官である壬氏の目に留まり、様々な事件の解決を手伝わされることとなる。 やがて発生した寵姫の失踪事件は、猫猫を巻き込み国家転覆計画に広がっていく。 そして明らかになる壬氏の正体。 二人の関係は微妙に変化していく。 引用: 私がこの漫画に興味を持ったのは 中国を思わせる架空の帝国を舞台と言う事でキングダムの後宮の内容を想像させた事ですね。 薬に詳しい女の子がその知識を使い、事件を解決していくのでちょっとした知識も手に入ります。 薬屋のひとりごと 感想 ちょいネタバレ注意 薬屋のひとりごとの面白い所は 猫猫(マオマオ)と壬氏(ジンシ)の関係性と猫猫(マオマオ)が事件の謎を解いていく所の二つにあると思います。 猫猫(マオマオ)と壬氏(ジンシ)の関係性が面白いし今後気になる 女性どころか男性までも恋に落としてしまう美貌の持ち主の壬氏(ジンシ)とそれを難なく交わしていく猫猫(マオマオ)とのやり取りが面白いです。 最初の出会いはイケメン壬氏(ジンシ)に惑わされ落とされちゃうかと思いきや二人の関係性はボケとツッコミの様な関係性になっていきます。 壬氏(ジンシ)自身は猫猫(マオマオ)をペットの様に扱って、猫猫(マオマオ)は壬氏(ジンシ)を暇な変な人と捉えている感じです。 毎回の様に壬氏(ジンシ)に対する猫猫(マオマオ)の面白い表情が描かれているのでそこに注目です 笑 物語の途中で壬氏(ジンシ)が簪 かんざし を猫猫(マオマオ)にあげるシーンがあるのですが実は好きになってきているでは? と想像しちゃったりと今後が気になりますね。 私は漫画派なので小説は読みませんが続きが気になる方は小説を先読みしましょう。 宿での男女心中事件を推理して解決する猫猫(マオマオ) この話は男女二人共に毒を飲んで意識を失った状態で発見されそれを助ける所です。 残されたモノから猫猫(マオマオ)は心中でなく殺人なのではと気づき、犯人は誰でどうやって毒を飲ませたのか薬屋で学んだ知識を使って推理していきます。 ここで得た知識は タバコを誤飲した人に水を飲ませてはいけない事。 胃液が毒の吸収を抑える事もあるから水を飲ませるのは逆効果みたいです。 こんな知識も得る事が出来ます。 赤ちゃんがタバコを誤飲した時にも使えますね。 犯人が誰でどうやって飲ませたのかと言うトリックはネタバレになるので漫画を見てください。 薬屋のひとりごとと薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~の違い 冒頭でも書きましたが薬屋のひとりごとは3種類あります。 元となっている小説版とビッグガンガン版とサンデー版の3つです。 第1巻 後宮編~第8巻 壬氏編の完結まで読む事が可能です。 のweb版や漫画版では猫猫(マオマオ)と壬氏(ジンシ)の恋の? 進展は描かれていないが小説では書かれているのでそちらが気になる方は小説版を読みましょう。 ビッグガンガン版は小説版を読んだうえで、コミカライズした事による情景描写の強化に重きが置かれているように感じました。 いい意味で無駄な描写が多く話の進みが圧倒的に遅いです。 サンデー版を読んで始めて明確になった事がかなりありました。 小説も読んできっとさらに補完される事でしょう。 どちらのコミカライズも違った良さがあり、むしろ、どちらを読んでも、もう片方を読みたくなるように仕向けられた巧妙な罠にはまってしまった気分です。 それぞれ違った楽しみ方が出来ますが自分が読みたいタイプの薬屋のひとりごとを購入する時は注意しましょう。 薬屋のひとりごとをほぼ無料で見る方法は3種類 1つ目は無料漫画アプリのマンガupで公開中です。

次の

薬屋のひとりごとは面白い?コミックとの違いやかわいいキャラも紹介

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

基本的なストーリーはほぼ同じですが、 同じ公式でも作画が違うので ちょっとした雰囲気はそれぞれ異なります。 特にコミックは小説としては珍しく 2種類あり、 作画担当が違うことから 同じシーンでも少し違いがあります。 違いを楽しめることも、 薬屋のひとりごとならではのポイントですね。 好みの絵柄で選ぶのもおすすめです。 感じ方はそれぞれ違うと思いますが、 キャラクターの印象が 小説とコミックで違いがあると感じる方も多いのではないでしょうか。 Sponsored Link 薬屋のひとりごとは面白いと評判? 薬屋のひとりごとは、ファンタジーでありながら 推理要素も持っている面白いストーリーです。 キャラクターにはクセがありますが、 中華系ファンタジーが好きな方なら楽しめるのではないでしょうか。 ゲーム要素の強い小説家になろう発の作品としては、 ちょっと雰囲気が違うことで評判にもなっています。 薬屋のひとりごとのキャラを紹介! 猫猫(マオマオ) 養父が医師でもある猫猫は、 花街で 薬師として働いていました。 人買いにさらわれるというトラブルによって 後宮の女官として働くことになった猫猫は ある問題をきっかけに後宮でも薬師として活躍することとなります。 「薬や毒の研究好きな変人」っぽいイメージです。 かわいい系ではありませんが、 個性的でいいキャラクターをしていますよ! 壬氏(ジンシ) 後宮で働く 宦官の一人。 美しい顔立ちで、男女問わずに憧れを持たれる存在です。 彼の外見にとらわれない猫猫に興味を抱いており、 好意もあるようですが…。 薬屋のひとりごとのかわいいキャラって? 薬屋のひとりごとには、 後宮の 女官や妃などがたくさん出てきます。 玉葉妃や 梨花妃、 里樹妃などかわいい女性キャラも豊富です。 後宮という場所柄もあって、 かわいいだけでなくいろいろなキャラクターの 策謀や計略なども見られます。

次の

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと 小説 web 違い

具体的にどんなところが違うのか解説します! webと書籍小説 基本的に大まかな流れはweb・書籍共に同じですが、ストーリーそのものは加筆修正によってかなり変わっている部分もあります。 webにしかない話があったり、逆に書籍にしかない話があったりするので、例えば文庫を読んでよく分からなかった部分がwebを読めば解決するかもしれません。 例えば「恋愛要素」「ちょっとグロい表現」「イラスト」などの有無。 恋愛模様だと『猫猫と壬氏の恋人関係的な要素』はwebにはなくて書籍では描かれています。 ちなみに壬氏はwebではちょっとヘタレな乙女男子ですが、小説だと積極系男子に変貌します(笑) 逆に書籍では「ちょっとグロい系」の生々しい表現が丸々カットされてます。 文庫本なのでこの修正は仕方ない。 また作者の日向夏によると、 webと文庫でストーリーは2~6割違う webはノーマルエンド、小説はグッドエンドになる とのことです。 じゃあついでに薬屋のひとりごと小説版だ。 なんとWebに全部載ってるのさ。 そんなんなら本を買う必要なくね?と思うかもしれないけど、本なら内容は二割から六割加筆修正して、ノーマルエンドをグッドエンドにしてます。 そこまで気にしないという人はWebで十分よー。 — 日向夏🐗 NaMelanza やっぱり結構違うような気もしますね! 漫画と書籍小説 漫画は書籍小説をベースにしてストーリーが展開されています。 なので話の展開に大きな違いはありませんが、 漫画には『薬屋のひとりごと』と『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の2種類あり、ストーリーに影響を与えない程度の違いがあります。 ひとことで言うと…、『漫画2つは 小説のどのシーンをどちらの漫画で絵にするかで区別されてる』感じです。 2種類両方読めば忠実に原作文庫の再現になると勝手に思っています。 なお漫画2種類の違いは下記にまとめてるので読んでみてくださいな。 webと漫画 漫画は書籍小説がベースで書籍はwebと大きく違ってるので、webと漫画はかなり違うことになります! 小説と漫画はどっちがおすすめ?読む順番は? 完全に個人的な意見ですが、自分は漫画をおすすめする派です。 特に絵がアニメっぽい「薬屋のひとりごと」の方が好き。 猫猫に付き纏う怪しげな男に、一風変わった官女。 この辺はホント人それぞれで、小説が苦手な人もいるわけで。 なので好きなのから読んでいいんじゃないかな…って思います。 もし全部読む場合、自分だったらこういう順番にします。 webで新要素が追加された物が書籍小説で、その書籍が漫画2作品のベースになるので順番的には妥当かと。 漫画だけ読む場合でも上の順が良いと思います。 こっちの方がストーリー重視でいける。 「薬屋のひとりごと」は全部合わせてひとつの作品になるように作られてる気がします。 多分わからなくなる。 漫画2種類の同時読みなら大丈夫かも。 『薬屋のひとりごと』web・書籍小説・漫画の詳細 『薬屋のひとりごと』はweb・書籍小説・漫画2種類があって、内容的には似てたり違ってたりします。 無料とか有料とかもあります。 内容の特徴は読めば分かる!(というか読まないと分からない)ので、それ以外で簡単な特徴をまとめます。 web 著者:日向夏 掲載サイト:小説家になろう 掲載時期:2011年~ 『薬屋のひとりごと』の原作中の原作は、web上の「小説家になろう」という小説投稿サイト内で連載されています。 なんと 無料で読めるのでその手の人とってはたまらないかもしれません。 内容はこんな感じ。 後宮編 宮廷編1 宮廷編2 市井編1 市井編2 砂欧編 壬氏編 壬氏編2 西都編 それぞれで25~30話程あります。 2011年から連載が始まり2020年5月時点でも絶賛更新中なので量はものすごいですが、1話当たりの文章量はそこまで長くないです。 サクッと読むにはいいかも。 「小説家になろう!」からは『薬屋のひとりごと』だけでなく、たくさんの小説が書籍化、漫画化されているので要チェックかもしれません。 書籍小説 著者:日向夏 イラスト:しのとうこ 出版社:主婦の友(ヒーロー文庫) 発行日:2014年8月29日 巻数:9巻 小説版『薬屋のひとりごと』はweb版を加筆修正したものです。 発売日はこんな感じ(2020年5月時点) 1年に1冊か2冊なのでちょっとスローペースかなと。 2つの違いは下記で解説してます! 『薬屋のひとりごと』あらすじと基本情報 『薬屋のひとりごと』は小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載・書籍化、ヒーロー文庫にて書籍化、ビックガンガンとサンデーGXにて漫画が連載・書籍化された、シリーズ累計発行部数600万部超(2020年5月)を誇る推理ファンタジー作品です。 あらすじ 舞台は中華風の架空帝国。 医師である父の下で薬師として働く少女・猫猫(マオマオ)。 ある日彼女は薬草を採るため出掛けた際、人攫いによって誘拐され後宮の下級女官として売られてしまう。 猫猫は解放されるまでの間、薬師であることも隠して可能な限り目立たないよう働いていた。 そんな折、玉葉妃と皇子が衰弱しているという話が猫猫の耳に入ってきた。 大人しくしていたい猫猫だったが、興味本位でふたりの元に向かい、薬師としての知識で病気の原因を突き止め解決してしまう。 その行動を見逃さなかったのは宦官である壬氏だった…。 猫猫は上級妃と皇子の推薦で上級妃付きの侍女に大出世するものの、壬氏の目に留まったため宮廷内に起きる様々な事件に巻き込まれていくことになる…。 結論 『薬屋のひとりごと』は原作小説(web)・書籍の小説・2種類の漫画があります。 大きく違うのはwebと書籍小説・漫画です。 そして漫画は2種類の間でストーリーに影響がない程度に違う。 もし全部読むならweb、書籍小説、漫画(猫猫の後宮謎解き手帳)、漫画(薬屋のひとりごと)の順が良いかなと。 小説や漫画のまとめ買いならebookjapanがおすすめ 漫画や小説のまとめ買いなら電子書籍がおすすめです。 でも大量購入はお金が悩みの種。 そんな時に役立つのが。 初回ログイン特典でもらえる『6枚の半額クーポン』を使えば、 最大6巻購入で3巻分を無料で読めます。 また利用に 面倒な登録は一切不要、Yahoo! IDでログイン後、 すぐに、 お得に、 確実に読むことが可能です! 常にキャンペーンも行われていて無料で読める書籍も大量にあります。

次の