キンブレシート素材。 キンブレシートのサイズはどれくらい?必要な材料や作り方も紹介!

【スマホだけ】簡単キンブレシートの作り方≪文字入れから印刷まで≫

キンブレシート素材

キンブレシートをアプリで作る方法の工程の1つ目では、文字作成アプリで好みのフォントにしていきます。 「うちわ文字作成!ファンサーズ」というアプリをダウンロードしたら、「START」というボタンを押して編集画面に入りましょう。 キンブレシートに入れたい文字を1文字だけ左上の欄に入力します。 右の欄の「フォント」を押すと、書体を変更できます。 ゴシック体などのフォントを使って丸みを帯びたデザインにすると、文字が見やすいキンブレシートにしていくことができるでしょう。 キンブレシートに使う文字は白黒になっていた方がキンブレの色を邪魔しないため、下枠のボタンを押して文字色を変えていきます。 モノクロではありますが、ふちがはっきりとして見やすいデザインにすることができます。 キンブレシートをアプリで作る方法の工程の3つ目では、装飾用の素材を保存する作業をします。 キンブレシートには文字だけでなく装飾を入れるとより華やかな印象になります。 どのような形にすればよいか悩んだら、ハートの形の装飾などを用意すると良いでしょう。 文字と同じくモノクロのものを選ぶことがおすすめです。 また、推しのメンバーやキャラクターに関連したマークなどを選ぶようにするとよりオリジナリティのある応援グッズを作り上げることができます。 文字の横に縦のライン状に装飾を付けると豪華な見た目にできるので、適した素材があるかどうか探してみましょう。 文字のフォントに合ったイメージで探すのもおすすめです。 「合成写真PhotoLaayers」というアプリをダウンロードしたら、「背景画像を開く」というボタンを押します。 こちらで選ぶ画像は特に使われないため、キンブレシートに使わないものにしましょう。 完了ボタンを押すと編集画面に入りますが、「写真を追加」というボタンでキンブレシートに使いたい文字や素材を追加します。 下の欄から「切り取り」というボタンを押し、「抽出」で画像のうち残す部分を青い線で、消したい部分を赤い線でなぞって編集していきましょう。 拡大しながらなぞると編集しやすいです。 保存できた画像は写真アプリのうち「履歴PhotoLayers」というフォルダに保存されます。 画像がどのような出来になったか確認したい場合はそのフォルダから確認するようにしましょう。 キンブレシートを誰かに注文したりオーダーするのは「メルカリ」などの通販でもできます。 「メルカリ」や「オタマート」などの通販サイトを開き、検索欄にキンブレシートと入力してみましょう。 しかし、出品者の評価などはしっかりと確認することが大切です。 また、相場が適正かどうかもよく確認してオーダーしましょう。 キンブレシートを上手に作ってライブを楽しもう キンブレシートを上手に作って、ライブをより楽しみましょう。 好きな色に点灯できるキンブレを用意するのも良いでしょう。 しかし、さらにオリジナルのキンブレシートを作ることができれば、より思い入れのあるイベントにすることができます。 一緒にライブに行く知人とキンブレを見せ合うのも楽しいでしょう。 また、推しているメンバーやキャラクターの名前をデザインしたキンブレシートを作ることができればより自分の気持ちをアピールできるグッズに仕上げることができます。 アプリで作る方法でもオーダーする方法でも、自分の作りやすい方法でキンブレシートを作って、ライブやコンサートをもっと楽しみましょう。 ライブに行く際には服装を事前に計画しておくとより楽しめるでしょう。 こちらの記事では季節別にふさわしい服装を紹介しています。 また、服装で配慮するべきポイントについても説明されています。 コンサートやライブに行く時にどのような服装で言ったほうがより楽しみやすくなるか知りたい方はぜひご覧になって下さい。

次の

【トップレート】 キティ 画像 素材 ~ 無料の印刷可能なイラスト画像

キンブレシート素材

キンブレシートを作ってみよう!! キンブレシートの作り方をネットで調べてみたのですが、いまいち分かりづらいので 私流の作り方をまとめてみました。 まずそもそもキンブレとは。 はいみなさん。 早速ですがキンブレというものをご存知でしょうか。 担なら持っている方も多いのでは。 デビュー組の方も最近は持ってる方も多いですよね。 このようなキンブレを持ったプリを見かける方、多いのでは…。 キンブレの正式名称は キングブレードです。 ちなみに 筒が透明でないとキンブレシートを入れたときに見えないので買うときは 注意してください!!! 注意すること キンブレを使うことを 禁止している会場もあるので 注意してください。 使用する際は注意事項をよく読んで、 空気を読んで使用してくださいね。 また、 ジャニーズJr. の キンブレ型ペンラとよく似ていますのでご注意を。 何あの人、非公式使ってんじゃん~と思ってもそれは公式かもしれません。 これはサマステの2017年と2018年の公式ペンライトです。 でもけっこうめんどくさい OHPフィルムはプリンターで印刷できる透明なシートです。 自宅にあるプリンターがなら、必ずインクジェット対応のものを選んでください。 主に家電量販店で売っていますが、などでも売っているので探してみてください。 必要なものが用意できたら、まず で 画像を作っていきます!! 使うアプリはこの4つ!! プリ画像はアプリがなくてもサイトで検索すれば出てきます!! まず、 プリ画像でキンブレシートの装飾に使うハートや星などのパーツをダウンロードします。 『 キンブレシート 素材 』などと検索すれば出てきます。 自分で好きなものを選んでダウンロードしてください。 ちなみに完成しているテンプレートもあるので、わざわざ作るのが面倒な方はそれを使ってしまうのもいいかもしれません…!! 次に うちわ作成というアプリで文字を作ります。 さっきのプリ画像というサイトにも文字があり、ダウンロードできます。 検索するのが面倒なので私はこれで作っていますが…。 文字はうちわの枠からはみ出さない程度に大きくしてください。 完成したらこの画面をします。 ちなみに 1文字ずつやってくださいね!! 次に 背景透過 というアプリで背景を透過させます。 背景は、白い画像にします。 ハートとかで作った枠のパターンを作成して背景透過し、それを並べて枠にするというのも手です。 転送できたら Wordを開きます。 開いたら、ページレイアウトの余白をクリックし、ユーザー設定の余白をクリックして一番狭い余白に設定します。 3㎜が一番狭いです。 次に挿入をクリックし、画像を選択します。 選択したら画像を左クリックします。 画像のサイズを縦143. 99㎜、横96. 57㎜に設定します。 ついでに、サイズ変更の横に三角形の上に矢印が描いてある所をクリックし画像を 反転させます。 反転しておくと、シートの印刷がキンブレの筒の中で削れにくくなります。 そうしたらキンブレシートに 枠を付けます。 そうしたら、さっきクリックした画像に水色の枠がついているはずなので、それと同じ大きさに長方形を作ってください。 水色の枠の角に丸があるはずなので、その丸の中心にマークになっているカーソルを合わせクリックし、 クリックしたまま対角線上の角の丸まで引っ張っていきます。 丸の中心まで来たらクリックを離して大丈夫です。 分かりづらくてごめんなさい… そうするとキンブレシートの画像が青っぽい長方形に覆われると思います。 そうしたら、図形の塗りつぶしという所をクリックして、塗りつぶしなしをクリックしてください。 すると、長方形の枠だけ残ると思います。 そうしたら次に、図形の枠線をクリックし、灰色をクリックします。 そうすると、枠の色が灰色に変わります。 あとでこの灰色の枠線がはさみやカッターで切るときの目印になります。 あと、太さをクリックして一番細い0. 25ptにしておいてください。 これを繰り返すと、最大 4枚のキンブレシートを作ることができます。 A4の場合 次にファイルをクリックし、印刷をクリックします。 私の家はBrotherというプリンターなのでそう表示されていますが、皆さんは各自で自宅のプリンターにパソコンを接続してください。 接続したらプリンターのプロパティという所をクリックします。 用紙の種類などはOHPフィルムの説明を見て設定してください。 私の場合は普通紙です。 印刷品質という設定がもしあったら高速などの早く印刷できる設定にしてください。 ここで 注意しなければならないことは、 OHPフィルムだからといって 丁寧にゆっくり濃く印刷しない ということです。 普通紙とは違い、インクを吸収しないので、濃くゆっくり印刷するとインクが浮いてしまいます。 ここは絶対に注意してください。 設定が終わったら、まず普通紙で印刷をしてみます。 OHPフィルムで失敗してしまったらもったいないからです。 普通紙で印刷して大丈夫だったら、OHPフィルムで印刷します。 ここでまた 注意 しなければならないこと。 OHPフィルムの裏表を確認 し、 OHPフィルム以外 のものは プリンターに入れない ということです。 給紙する場所に普通紙と一緒に入れるのではなく、OHPフィルムだけを置いてください。 そうして準備ができたら、もう一度印刷をクリックしてOHPフィルムに印刷をします。 印刷出来たら、必ず インクのついていないところを持ってください。 インクがついているところを触るとインクがよれて台無しになってしまいます。 洗濯ばさみなどで挟んでハンガーなどに吊るし、 最低1日は乾かしてください。 ちゃんと乾かさないとキンブレの筒に入れたときに、インクがよれて筒にインクがつくという大惨事になります。 最低1日乾かしたら、灰色の線をはさみやカッターなどで切ります。 カッターの場合は、 シートがつるつるなので カッターが滑って怪我をしないように注意してくださいね!!! 切ったらやっと キンブレシートの完成です! 最後まで長い分かりづらい説明を読んでいただき、ありがとうございました。 皆さんの ジャニヲタライフ、 ヲタクライフに少しでも 貢献出来たらと思います!! ヲタクって最高!!! mao0615.

次の

キンブレシートの作り方は?100均材料・スマホでの自作方法も

キンブレシート素材

出典: キンブレシートとは、キンブレに貼り好みのメッセージやイラストでデコレーションするシールのことです。 コンサートに行くなら、世界に一つだけのペンライトで応援したいですよね。 推しの名前や「だいすき!」「がんばれ!」などのメッセージを書くなど、好みの画像でデコレーションをすればより応援に熱が入ります。 キンブレシートはこのようなオリジナルメッセージが作れるアイテムです。 シールのように画像付きシートをキンブレ本体に貼れば、簡単に自分だけのメッセージやイラスト入りのものが完成します。 なおキンブレシートの作り方は、こちらの記事でもご紹介しています。 まずはOHPシートを使ったキンブレシートの作り方をご紹介します。 OHPシートとは少し硬めの透明なシートで、表面に特殊な加工がされている為、インクジェットプリンターでのプリントが可能です。 これを使えば、透明なシートにお好みのプリントをして、自作のキンブレシートが作れます。 スマホアプリなども必要なので、作り方を覚えてみてくださいね。 OHPシートを使ったキンブレシートに必要な材料• OHPシート• パソコン(エクセル)• インクジェットプリンター• カッター OHPシートを使ったキンブレシートの作り方 OHPシートを使ったキンブレシートを作るには、まずスマホアプリで入れたい文字を作るのがおすすめです。 『ファンサーズ』というアプリは、簡単にキンブレシート用の文字が作れます。 更に『合成スタジオ』というアプリを使えば、ファンサーズで作った文字を合成できます。 そのデータをパソコンに送れば、OHPシートに印刷できます。 OHPシートを使ったキンブレシートの作り方• 1ファンサーズを使いお好みの文字を作ります。 2合成スタジオを使い先ほど作った文字を好きに配置します。 3作った文字データをパソコンに送り、エクセルで画像を開きます。 4サイズ調整の「縦横比を固定する」からチェックを外します。 5キンブレサイズである縦14. 8cmに調節します。 (種類によって若干差が出ます)• 6インクジェットプリンターにOHPシートをセットし、印刷します。 7キンブレの筒を外し、内側のシートを取り出します。 8印刷したOHPシートとキンブレのシートを重ね、同じサイズになるよう定規とカッターでカットします。 9元々入っていたシートの上に自作シートを重ね、丸めて筒の中に戻せば完成です。 ラミネートフィルムを使ったキンブレシートの材料と作り方とは? ラミネートフィルムを使ったキンブレシートに必要な材料 ラミネートフィルムを使ったキンブレシートの作り方は、途中まではOHPシートを使った方法と同じになります。 アプリを使って文字を作るところまでは同じです。 しかし、印刷するのはOHPシートではなく普通のコピー用紙で大丈夫です。 ご家庭にあるプリンターで、普通の用紙に文字を印刷しましょう。 詳しい手順は動画も参考にしてくださいね。 ラミネートフィルムを使ったキンブレシートの作り方• 1OHPシートを使った作り方の1~5の手順で文字のデータを用意します。 2プリンターでコピー用紙に文字を印刷します。 4ラミネートフィルムの薄いシートを剥がします。 5印刷した文字の用紙を、ラミネートフィルムの接着部分(硬い方)に貼り付けます。 6定規などを使い、フィルムに紙をしっかりとこすりつけていきます。 7桶にcmくらい水を入れ、フィルムを入れ紙を濡らします。 8紙がふやけたら、指でこすりながら紙を剥がしていきます。 9紙を完全に剥がし終わると印刷した文字だけがフィルムに残ります。 そのまま水分を乾かします。 10手順4で剥がした薄いフィルムを、再び同じように貼り直します。 11定規でこするように空気をしっかりと押し出します。 12ラミネートフィルムを筒のように丸めて、キンブレに入れたら完成です。

次の