スマホプラン s スマホ ベーシック プラン s。 “ワイモバイル”、スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要!法改正による旧プランとの変更点について徹底解説!

スマホプラン s スマホ ベーシック プラン s

SPONSORED LINK 「スマホベーシックプラン」がワイモバイルの新料金プランに これまで、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プランは「スマホプラン」でした。 しかし、ワイモバイルがスマートフォン向けの新料金プラン「スマホベーシックプラン」を発表したことで、2019年10月1日より「スマホベーシックプラン」が新たなスマートフォン向けの料金プランとなります。 これに伴い、スマホプランの新規申し込み受付は終了となり、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込む場合「スマホベーシックプラン」を利用するようになります。 ただし、現在スマホプランを利用しているワイモバイルユーザーは、2019年10月1日以降も継続してスマホプランを利用する事ができます。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは 画像引用元: ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」とは、契約期間 縛り なしの料金プランで、簡単にまとめると下記のような料金プランになります。 また、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の月額料金などについて詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホベーシックプランの月額料金 上記では、スマホベーシックプランの月額料金を紹介しましたが、スマホベーシックプラン本来の月額料金は下記のようになっており、• スマホベーシックプランS:月額2,680円• スマホベーシックプランM:月額3,680円• スマホベーシックプランR:月額4,680円 新規割などの割引が適用されることで、スマホベーシックプランを月額1,480円~利用する事ができるようになります。 というのも、スマホベーシックプランに適用される「新規割」という割引には、適用期間が設定されているためです。 新規割には、6ヶ月間という適用期間があるので新規割の適用期間が終了すると、• スマホベーシックプランS:月々4GB• スマホベーシックプランM:月々12GB• しかし、データ増量無料キャンペーンは2年経つと、適用終了となります。 その際、データ増量オプションを継続して利用する場合、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は変わりませんが、データ増量オプションの月額料金500円が発生するようになります。 また、データ増量無料キャンペーンの適用終了後、データ増量オプションを解約すればデータ増量オプションの月額料金は発生しませんが、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB が少なくなってしまうので、ご注意ください。 関連サイト: スマホベーシックプランの通話料 ワイモバイルのスマホベーシックプランには、通話無料サービスがセットになっており、1回10分以内の国内通話であればかけ放題となっています。 そのため、1回10分以内の国内通話であれば、何度電話をかけても通話料が発生することはありません。 また、通話無料サービスはスマホベーシックプランに含まれているサービスなので、通話無料サービスを利用するにあたって利用料金は発生しません。 スマホベーシックプランは契約期間 縛り ・違約金 契約解除料 なし ワイモバイルのスマホベーシックプランの最大の特徴は、2年縛りなど契約期間がないという点です。 ワイモバイルの旧プラン「スマホプラン」では、2年間の契約期間が設定されており、契約期間中にワイモバイルを解約・ワイモバイルから他社に乗り換え MNP転出 を行うと、違約金として契約解除料が発生するようになっていました。 しかし、ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」は契約期間がないので、いつ解約や乗り換えを行っても、違約金が発生することはありません。 ワイモバイルの「スマホプラン」と新プラン「スマホベーシックプラン」の比較 ここまで、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」について解説してきましたが、• スマホベーシックプランは料金プランの月額料金が安くなった• スマホベーシックプランは契約期間と違約金がなくなった• ただし、スマホベーシックプランは スマホベーシックプランRが一番高速データ通信容量 GB が多いプランとなっており、スマホプランのように20GBを超える大容量プランがないので、その点には注意が必要です。 関連サイト: ワイモバイルの「スマホプラン」から新プラン「スマホベーシックプラン」へ変更する場合 現在、ワイモバイルでスマホプランを利用している方の中には、 スマホベーシックプランについてわかったし、ワイモバイルに申し込もう。 と思っている方もいるでしょう。 新プランのスマホベーシックプランは、2019年10月1日より受付が開始されるので、ワイモバイルに申し込んでスマホベーシックプランが利用したいのであれば、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込むようにしましょう。 また、ワイモバイルの申し込み方法については、下記の記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。 関連記事: ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは・まとめ• スマホベーシックプランはワイモバイルのスマートフォン向けの新しい料金プラン• スマホベーシックプランは月額2,680円~利用できる• スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は「S:4GB」「M:12GB」「R:17GB」• スマホベーシックプランは1回10分以内の国内通話がかけ放題• スマホベーシックプランには契約期間 縛り がなく違約金も発生しない• スマホプランよりもスマホベーシックプランのほうが月額料金が安い• スマホベーシックプランには大容量プランがない• スマホプランからスマホベーシックプランに変更する際条件を満たせば違約金はかからない 関連サイト:.

次の

【一番安いプラン!ワイモバイルのスマホプランSを解説】通話料や2年目3年目に起きる変化についても紹介!

スマホプラン s スマホ ベーシック プラン s

プラン 基本容量 増量後 (1年間) S 3GB 4GB M 9GB 10GB 12GB 13GB R 14GB 17GB 容量超過後も最大1Mbps また、 プランM・Rは速度制限時の速度が最大1Mbpsとなりました。 これまでワイモバイルでは契約容量を使い切ると最大128kbps(0. 128Mbps)に速度が制限されていました。 128kbpsは他社に比べても遅かったのですが、最大1Mbpsならかなり快適です。 速度制限後も、WEBサイトやSNS閲覧は全く問題ないでしょう。 Youtubeの動画も480pなら快適に視聴できますので、スマホで動画を見るのも可能です。 最大1Mbpsの速度で使い放題ですし、時間帯による制限などもないのでかなりお得です。 スマホーシックプランの料金表 あらためて、7月1日以降の料金表をまとめると以下のとおりです。 しかし、 プランSは対象外です。 プランSで容量を使い切った場合、速度は最大128kbps(0. 128Mbps)に制限されますので注意してください。 プランSを契約中の方で、毎月容量が足りなくて2回以上データチャージしている方は、プランMに乗り換えたほうがお得です。 最大13GBと使える容量が一気に増えますし、速度制限後の速度も最大1Mbpsになります。 シェアSIMは最大128kbps ワイモバイルでは、契約している音声SIMに対し追加でSIMカードを発行し、契約容量を複数のSIM間で分け合う「シェアプラン」という仕組みがあります。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 詳細: しかし、速度制限時の最大速度は親回線と子回線で異なります。 親回線がプランM・Rの場合、 容量を使い切っても親回線は最大1Mbpsで通信できますが、子回線は最大128kbpsです。 子回線は最大1Mbps使い放題の対象外なので注意してください。 プラン変更は手数料無料 現在スマホベーシックプランS・M・Rに契約中の方が、S・M・Rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、 毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 またこれまでプランRを契約していた方も、制限後の最大1Mbpsで我慢できるのであればプランMに乗り換えるのもおすすめです。 スマホプランから変更時の違約金 2019年9月末まで、ワイモバイルでは「スマホプラン」がメインプランでした。 現在スマホプランを契約中の方は、プラン変更しない限りスマホプランのままです。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 また、次章の条件を満たさずにスマホベーシックプランに変更する場合も契約解除料・違約金が発生します。 プラン変更で違約金免除の場合 ただし、 スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。 以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。 特に 14GB(1年間は17GB)まで使える大容量プランを選べるのがワイモバイルのメリットですね。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 対してワイモバイルはプランMが10GB(1年間は13GB)です。 同じ10GBプランでも 増量中はワイモバイルのほうが1GB多いです。 UQは節約モード時も1Mbps 両者の大きな違いの一つに節約モードの有無があります。 UQモバイルには、節約モードというサービスがあります。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 UQモバイルの プランRは節約モード設定時でも最大1Mbpsの速度で使えます。 よって、普段から節約モードをONにしていればデータ容量を節約できるのです。 一方、ワイモバイルに節約モードはありませんので、最大1Mbpsで使い放題になるのは容量を使い切ってからのみです。 普段から節約モードを利用して高速通信容量を温存できるUQモバイルの方が活用の幅が広いですね。 よって、月によってデータ使用量に差がある場合もデータ繰り越しにより吸収できます。 一方、 ワイモバイルに繰越はありません。 余ったデータは没収されますので、データの節約においてはUQモバイルの方がお得です。 他にも違いあり ここまで読むと、選べるプランは少ないものの、データ使用に関してはUQモバイルの方がお得のように見えます。 ただし、 ワイモバイルとUQモバイルには他にも違いがあります。 例えば ワイモバイルは留守電が無料ですが、UQモバイルは有料オプションです。 また、店舗数はワイモバイルが圧倒的に多いので、店舗でのサポートが必要な方はワイモバイルのほうが安心でしょう。 他にも ワイモバイルはデータ容量をシェアする仕組みもありますし、契約回線数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。 データ使用においてはUQモバイルの方がお得ですが、他のポイントもみて検討しましょう。 ワイモバイルとUQモバイルの違いはこちらにまとめています。

次の

ワイモバイル「スマホベーシックプランM・R」の変更内容とUQモバイルの「スマホプランR」を比較

スマホプラン s スマホ ベーシック プラン s

スマホプランS• スマホプランM• スマホプランL という3つのスマホプランがありますが、スマホプランの中でもスマホプランSは一番安いプランとなっています。 ただ、スマホプランSの月額1,980円というのは、割引が適用された場合の月額料金になります。 詳しくは、後述します。 スマホプランSの高速データ通信容量 GB 画像引用元: スマホプランSの高速データ通信容量 GB は、「月々3GB」となっています。 スマホプランSは、スマホプランの中で一番安いプランですが、1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量 GB が一番少ないプランでもあります。 そのため、月々3GB以上高速データ通信容量 GB を使用する方が、ワイモバイルに申し込んでスマホプランSを利用すると、通信速度制限がかかる可能性が高いでしょう。 そういった場合には、一番安いプランにこだわらず、自分にあった高速データ通信容量のスマホプランを選ぶことをおすすめします。 また、スマホプランSの高速データ通信容量 GB 「月々3GB」というのは、キャンペーンが適用になった場合の容量となります。 詳しくは、後述します。 スマホプランSの通話料 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランには、通話無料サービスが付属しており、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても通話料無料となっています。 つまり、 スマホプランSの通話料は、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても無料です。 しかし、通話時間が10分を超える場合には、30秒につき20円の通話料が発生するようになるので、その点には十分にご注意ください。 また、 一番安いプランがいいからスマホプランSを利用してたけど、高速データ通信容量が少ないから、他のスマホプランに変更したい・・・ という場合もあるかと思います。 そういった場合には、プラン変更手続きを行えば、スマホプランSから別のスマホプランに変更することが可能です。 スマホプランSは契約期間がある ワイモバイルのスマホプランには契約期間 2年縛り があるという注意点があり、ワイモバイル公式サイトにも 2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。 引用元: と記載されています。 これは、スマホプランSも例外ではなく、 スマホプランSにも2年間という契約期間が設定されています。 もし、ワイモバイルに申し込んでスマホプランSを利用していて、スマホプランSの契約期間内に• ワイモバイルを解約• ワイモバイルから他社に乗り換え• 契約期間がない料金プランに変更 上記の手続きを行った場合には、違約金として「9,500円」の契約解除料が発生してしまいます。 そのため、ワイモバイルでスマホプランSを利用する方は、スマホプランSには契約期間があること、場合によっては違約金が発生するという注意点があることは理解しておく必要があります。 ワイモバイルのスマホプランSに適用されるお得なキャンペーン 上記では、スマホプランSの月額料金・高速データ通信容量 GB は、割引やキャンペーンが適用された場合の金額・容量だと説明しましたが、具体的にはスマホプランSには下記のお得な割引・キャンペーンが適用されています。 ワンキュッパ割:月額料金が1,000円割引になる• データ増量無料キャンペーン:高速データ通信容量 GB が増えるキャンペーン 詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホプランSにはワンキュッパ割が適用される スマホプランSの月額料金は「月額1,980円」ですが、これはワンキュッパ割が適用された場合の月額料金になります。 本来、ワイモバイルのスマホプランSの月額料金は「月額2,980円」ですが、月額料金が1,000円割引になるワンキュッパ割という割引が適用されると、スマホプランSが「月額1,980円」で利用できるようになります。 つまり、ワイモバイルのスマホプランSが月額1,980円なのは、ワンキュッパ割が適用されているためだということは理解しておきましょう。 スマホプランSにはデータ増量無料キャンペーンが適用される スマホプランSの高速データ通信容量 GB は「月々3GB」ですが、これはデータ増量無料キャンペーンが適用された場合の高速データ通信容量 GB になります。 データ増量無料キャンペーンとは、「データ増量オプション」というオプションサービスの月額料金が無料になるキャンペーンです。 本来、ワイモバイルのスマホプランSの高速データ通信容量は「月々2GB」ですが、データ増量無料キャンペーンが適用されることで1GB増量となり、高速データ通信容量 GB が「月々3GB」に増量されます。 つまり、ワイモバイルのスマホプランSの高速データ通信容量 GB が「月々3GB」なのは、データ増量無料キャンペーンが適用されているためだということは理解しておきましょう。 ワイモバイルのスマホプランS契約から2年目・3年目に起きる変化 上記では、スマホプランSに適用されている割引・キャンペーンについて解説しましたが、ワンキュッパ割・データ増量無料キャンペーンには適用期間があります。 ワンキュッパ割:12ヵ月間• データ増量無料キャンペーン:24 ヶ月間 つまり、ワンキュッパ割・データ増量無料キャンペーン適用終了後には、スマホプランSの月額料金・高速データ通信容量 GB に変化が起きるので、スマホプランSを利用しようと思っている方は、理解しておきましょう。 詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホプランS契約2年目に起きる変化 スマホプランS契約2年目に起きる変化は、下記のようになります。 スマホプランS契約2年目に起きる変化 月額料金 2,980円 ワンキュッパ割 — 月々の利用料金 2,980円 高速データ通信容量 GB 2GB データ増量無料キャンペーン 1GB 使用可能な高速データ通信容量 GB 3GB スマホプランS契約2年目には、ワンキュッパ割の適用が終了となるので、スマホプランSの月額料金は「月額2,980円」となります。 また、高速データ通信容量 GB については、スマホプランS契約2年目もデータ増量無料キャンペーンの適用は継続されるので、高速データ通信容量 GB は1年目と変わらず、「月々3GB」使用することができます。 スマホプランS契約から3年目に起きる変化 スマホプランS契約3年目に起きる変化は、下記のようになります。 スマホプランS契約3年目に起きる変化 月額料金 2,980円 ワンキュッパ割 — 月々の利用料金 2,980円 高速データ通信容量 GB 2GB データ増量無料キャンペーン — 使用可能な高速データ通信容量 GB 2GB ワンキュッパ割の適用は既に終了しているため月額料金に変化はなく、スマホプランS契約3年目も「月額2,980円」でスマホプランSを利用することができます。 ただ、スマホプランS契約3年目になると、データ増量無料キャンペーンが終了となるので、高速データ通信容量 GB は「月々2GB」となります。 もし、データ増量無料キャンペーン適用終了後以降も、高速データ通信容量 GB を「月々3GB」にしたいのであれば、データ増量オプションを継続利用すれば月々3GBの高速データ通信容量 GB を使用することができます。 その場合、「データ増量オプション」の月額料金500円が必要になり、その分月々の利用料金が高くなります。 ワイモバイルのスマホプランSはこんな方におすすめのプラン ここまで、ワイモバイルのスマホプランSについて解説してきましたが、スマホプランSは下記のような方におすすめの料金プランとなっています。 スマホであまりネットを利用しない方• スマホでゲームはしない方• スマホで動画は観ない方• スマホは基本的にWi-Fiに接続して使用する方 上記の通り、ワイモバイルのスマホプランSは、高速データ通信容量 GB が「月々3GB」と、使用できるデータ容量が多いプランではありません。 従って、ワイモバイルのスマホプランSは、スマホでインターネットやゲームをあまり利用しない、動画は観ないといった、ライトユーザーに向いている料金プランになります。 スマホでネットやゲームをよく利用するが、必ずWi-Fiに接続しているという方も、スマホプランSで問題ないでしょう。 しかし、Wi-Fiに接続せずスマホで頻繁にゲームをしたり、よく動画を視聴する方がスマホプランSを利用すると、すぐに通信速度制限がかかってしまう恐れがあるので、そういった方は一番安いスマホプランにこだわらず、自分にあったスマホプランを利用したほうがいいかと思います。 また、自分に合ったスマホプランについては、スマホプラン診断で診断することが可能です。 ワイモバイルのスマホプラン診断について詳しくは、下記のサイトをご覧ください。 関連サイト: ワイモバイルで一番安いプラン「スマホプランS」について・まとめ• スマホプランSはワイモバイルで一番安いスマホプラン• スマホプランSの月額料金は1,980円• スマホプランSの高速データ通信容量は月々3GB• スマホプランSの通話料は1回10分以内の国内通話であれば何度かけても通話料無料• スマホプランSから別のスマホプランに変更することも可能• スマホプランSには2年間の契約期間がある• スマホプランSには「ワンキュッパ割」「データ増量無料キャンペーン」が適用される• スマホプランS契約2年目は月額料金が2,980円になる• スマホプランS契約3年目は高速データ通信容量が2GBになる• ワイモバイルのスマホプランSはスマホライトユーザーにおすすめの料金プラン 関連サイト:.

次の